ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>認知症の検査費用はどれくらい?検査方法や受診のメリットを解説!

認知症の検査費用はどれくらい?検査方法や受診のメリットを解説!

認知症を早期発見する上で、大切となる認知症検査。
認知症検査では、あらゆる種類の検査が手順に従って行われます。

検査費用がどれくらいなのか、不安に思ったことはありませんか?

今回は認知症検査の費用について、以下の項目を中心に解説します。

  • 認知症検査の種類と費用
  • 認知症検査のメリット
  • 認知症検査を受けられる場所

家族や身近な人が認知症の検査を受ける時のために、役立てて下さい。
ぜひ、最後までご覧ください。

フェルラ酸「フェルラブレインPLUS」

おすすめのフェルラ酸サプリ「フェルラブレインPLUS」

社会問題である認知症を予防するための効果的な成分「フェルラ酸」を150mg、さらに脳の働きを活性化させる栄養素としてホスファチジルセリンを180mg配合。

ご家族が年齢を重ね「認知症が気になる・・・」「最近忘れっぽくなった?」「認知症が怖い」という方は是非一度手に取って効果を実感してみてください。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

認知症検査の種類と費用

認知症検査の種類と費用

認知症には様々な種類の検査方法があり、それぞれの検査にかかる費用も異なります。
ここからは、認知症の検査と費用について、詳しく解説します。

以下の費用に関しましては、介護認定の度合いやクリニックによっても変わるのでおおよその値段です。
費用に関しましては、診察前にかかるクリニックに問い合わせることをおすすめします。

関連記事

高齢者のご家族が、ひどい物忘れをしたり普段と違う行動を取ったりした場合「認知症かも?」と不安になるかもしれません。本当に認知症なのか診断するには、認知症検査を受けるのが有効な方法です。しかし、認知症検査を受けるとなると漠然とした不安を感[…]

認知機能テスト

認知症の検査として認知機能テストが行われます。

認知機能テストには、「長谷川式認知症簡易評価スケール」と呼ばれる方法をよく使われます。

長谷川式認知症簡易評価スケールに則った質問を通して、どのくらい認知機能が低下しているかを判断します

質問の内容は、名前や生年月日を尋ねるもの、簡単な計算、記憶力を試すものなどであり、トータルの点数が30点満点中20点以下の場合、認知症の可能性が高いです。

3割負担の医療保険が適用される場合、検査費用は約250円程度です。

CT検査

CT検査とはX線を患部に照射し、患部内部の断面図を撮影、確認することで異変を確認する検査方法です。

認知症の検査では、頭部の断面画像を得るために使われます。

認知機能テスト結果とCT検査で確認できる脳の状態を組み合わせて、認知症かどうかを診断します

3割負担の医療保険が適用される場合、検査費用は5千~1万円前後です。

MRI検査

MRI検査とは磁場や電波を患部に当て、患部内部の断面図を撮影、確認することで異変を確認する検査方法です。

認知症の検査では、頭部の断面画像を得るために使われます。

MRI検査も認知機能テスト結果と組み合わせて、認知症かどうかを診断します

3割負担の医療保険が適用される場合、検査費用は1万円前後です。

SPECT検査

SPECT検査とは、微量の放射線が含まれた薬剤を注射し、その薬剤から出される微弱な放射線を検知、画像化し、患部の状態を確認する検査方法です。

認知症の検査では、頭部の画像を得るために使われます。

SPECT検査も認知機能テスト結果と組み合わせて、認知症かどうかを診断します。

3割負担の医療保険が適用される場合、検査費用は2万5千円~3万円以上です。

MCIスクリーニング検査

MCIスクリーニング検査とは、血液中にあるアミロイドベータペプチドの排除や毒性を弱める機能を持つタンパク質を調べる血液検査です。

MCIスクリーニング検査は、健常者と認知症の中間段階を指す軽度認知障害かどうかを検査する際に使われることが多いです。

MCIスクリーニング検査は、健康保険適用外の検査であるため、検査費用として自費で2万円程度かかることが多いです。

APOE遺伝子検査

APOE遺伝子検査は、アルツハイマー病や認知機能低下に関与する重要な遺伝子であるAPOE遺伝子の型を調べることで、認知症の発症リスクを確かめる検査です。

APOE遺伝子は少量採血をすることで、認知症の早期発見、認知症予防につながる検査です。

APOE遺伝子検査は、健康保険適用外の検査であるため、検査費用として自費で2万円程度かかることが多いです。

PET検査

PET検査はCTやMRIなどでも見つからないような癌細胞をより詳細に調べる検査です。
一度に全身の検査をするため、癌の早期発見はもちろん、癌細胞の転移や再発の可能性も調べることができます。

また、身体的な負荷があまりかからないというのも特徴の一つです。

費用は取り扱う医療機関によって異なりますが、保険適用外の場合、約10万円前後です。
保険適用の対象である場合、1割負担の1万円~3割負担の3万円前後となります。

スポンサーリンク

認知症検査のメリット

認知症検査のメリット

徐々に進行していくため、なかなか前向きに検査を考えていないかも知れません。

ここからは、認知症検査を受診するメリットについて、詳しく解説します。

進行を抑えられる

認知症の検査を受診することで、認知症の進行を抑えられる可能性があります。

特にMCIスクリーニング検査やAPOE遺伝子検査を受けることで、認知症の早期発見や、認知症予防に努めることができます。

ほかの病気を見つけられる

認知症の検査を受信することで、ほかの病気を見つけられる可能性があります。

特に、CT検査、MRI検査、SPECT検査のような画像検査によって、認知症以外の脳に関する病気を発見できる可能性があります。
また、認知症の検査ではMCIスクリーニング検査のような血液検査も行われる場合があるため、血液検査から他の病気が見つかることもあります。

周囲に理解してもらう

認知症の検査を受診することで、周囲に理解してもらうことができます。

認知症の症状は、患者本人が自身の行動に困惑してしまうだけでなく、周囲の人もその行動に困惑してしまうことが多いです。
そのため、認知症検査を受診し、認知症だと診断を受けることで、今までの行動が認知症の症状によるものだったと理解できます。

そして、患者本人への対応の仕方も、認知症患者に適した対応に変えることができます

認知症検査の注意点

認知症検査の注意点

認知症検査には注意点がいくつかあります。
検査を正しく理解し、後悔しない心掛けが大切です。

本人だけでなく家族も注意点を押さえておきましょう。

前向きに考える

認知症検査を前向きに捉えるためにも、家族の環境作りが大切です。

認知症の根本的な治療方法はまだ見つかっていません。
治らない病気と一生向き合うことに恐怖を感じる方もいます。

しかし、治療によって症状の進行を抑制することはできます。

認知症の恐怖とではなく、早期治療によって伸びた自分の時間と向き合いましょう。

セカンドオピニオン

診断に不安がある場合は、迷わずセカンドオピオニオンを受けましょう。

認知症の診断は、上述した認知症検査だけでは行われません。
問診や身体検査も含めて最終的な診断が決定されます。

そのため、正確な診断のためには医師との信頼関係が非常に重要です。

セカンドオピニオンを受ける際は、1回目の診断で気がかりだったことを整理しておきましょう。

フェルラ酸「フェルラブレインPLUS」

おすすめのフェルラ酸サプリ「フェルラブレインPLUS」

社会問題である認知症を予防するための効果的な成分「フェルラ酸」を150mg、さらに脳の働きを活性化させる栄養素としてホスファチジルセリンを180mg配合。

ご家族が年齢を重ね「認知症が気になる・・・」「最近忘れっぽくなった?」「認知症が怖い」という方は是非一度手に取って効果を実感してみてください。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

認知症検査は何科で受けられる?

認知症検査は何科で受けられる?

認知症の検査は、精神科や神経科、神経内科、老年病内科といった診察を行っている病院で受けることができます。

しかし、いきなり大きな病院に行くよりも、かかりつけ医から紹介状をもらってから行くほうがスムーズに検査を受けることができます。

そのため、最初はかかりつけ医に相談することをおすすめします。

健達ねっとECサイト

自宅でできる認知症チェック

自宅でできる認知症チェック

認知症かも知れないご家族の方に検査を勧めても、酷く拒否する場合があります。

認知症の進行を抑えるためには、早期発見が重要です。
自宅でもある程度の認知症チェックを行うことができます。

認知症予防協会による「認知症自己診断テスト」を使用することで、簡易的な認知症検査が可能です。

薬の使い方

認知症の検査費用のまとめ

認知症の検査費用のまとめ

ここまで認知症の検査費用についてお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • 認知症の検査には様々な種類があり、検査費用にもばらつきがある
  • 認知症の検査を行うことで、早期発見、他の病気の発見につながる
  • 認知症の検査を受ける場合は、まずかかりつけ医に相談する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

フェルラ酸「フェルラブレインPLUS」

おすすめのフェルラ酸サプリ「フェルラブレインPLUS」

社会問題である認知症を予防するための効果的な成分「フェルラ酸」を150mg、さらに脳の働きを活性化させる栄養素としてホスファチジルセリンを180mg配合。

ご家族が年齢を重ね「認知症が気になる・・・」「最近忘れっぽくなった?」「認知症が怖い」という方は是非一度手に取って効果を実感してみてください。

公式サイトはこちら

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク