ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>ビタミンB12欠乏症が認知症を引き起こす?原因や治療法を解説!

ビタミンB12欠乏症が認知症を引き起こす?原因や治療法を解説!

超高齢社会の日本で広く知られている認知症。
家族が認知症にならないかと心配している方も多いことでしょう。

実は認知症とビタミンには関係があることを知っていましたか?

そこで今回の記事では、ビタミンB12と認知症について、以下の点を中心にご紹介します。

  • ビタミンB12欠乏症の症状とは何か
  • ビタミンB12欠乏症が認知症のリスクを高くする可能性
  • ビタミンB12欠乏症になりやすい人の特徴とは

ビタミンB12欠乏症を予防するだけでなく、認知症予防にもつながるためこの記事を参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ビタミンB12欠乏症による認知症リスク


まずは、ビタミンB12とは何かについて説明していきます。

ビタミンB12は、神経や血液細胞を健康に保ち、細胞の遺伝物質であるDNAの生成を助ける栄養素です。
そのため、ビタミンB12が不足すると記憶などの情報伝達に障害が起こるとされています。

ビタミンB12は、貝類や魚類、豚や牛、鶏の肝臓に多く含まれている栄養素です。
しかし、野菜にはほとんど含まれていません。

通常の食事からバランスよく食べている方は、ビタミンB12の不足を心配する必要がありませんが、菜食主義の方はビタミンB12不足が起こりやすくなります。

スポンサーリンク

ビタミンB12欠乏症の治療法


ビタミンB12欠乏症による認知症を治療するのに効果的なのは、ビタミンB12を多く含む食事や、サプリメントの摂取をすることです。

足りない分を補うといった非常にシンプルな治療法です。

食事療法ができる場合は、上記でご紹介したような貝類や魚類を豊富に調理しましょう。
特にレバーはビタミンB12を多く含むため、レバーを毎日少しずつ食べるという習慣を付けていくのもおすすめです。

それだけでは不安な場合や、なかなかそこまで配慮できない場合はサプリメントの摂取を試してみましょう。
サプリメントは気軽に飲めて、決まった時間に飲まなければいけない縛りもないものが多いため、飲むのを忘れても心配ありません。

ビタミンB12欠乏症の症状


ビタミンB12欠乏症の症状はどのようなものなのでしょうか。
ここでは、ビタミンB12欠乏症の症状について解説していきます。

貧血

ビタミンB12が不足すると、貧血の症状が表れることがあります。
座っていて急に立つと立ちくらみが発生、疲れやすいと感じることもあります。

爪の変形が見られたり、舌や目の粘膜が赤くなく、白っぽくなるため、定期的にチェックしておくことも大切です。

また、吐き気があったり頭痛が起こることも貧血の症状である可能性があるため、このような症状があったらビタミンの多い食事を心がけるようにしましょう。

手足の痺れ

ビタミンB12欠乏症になると、手足の痺れを感じることがあります。

これは、ビタミンB12が神経細胞を合成するという働きと関係しています。
ビタミンB12の欠乏によって末梢神経に問題が発生することで、手足の痺れが現れます。

手足の痺れといった症状が現れたら、ビタミン欠乏症を疑ってみることも重要になってきます。

スポンサーリンク

ビタミンB12欠乏症になりやすい人


では、ビタミンB12欠乏症になりやすい人とはどのような人なのでしょうか。
もしも自分自身や家族に以下の項目が多く当てはまるようでしたら、少し注意しておきましょう。

高齢の方

50歳を過ぎると、ビタミンB12の血中濃度が下がるとされているので、高齢の方はビタミンB12欠乏症になりやすいとされています。
年齢とともに胃腸も衰えてくるので普通に食事をしているだけでも、吸収が悪くなっていきます。

したがって、高齢の方は、日頃から貧血の症状や手足の痺れがないかチェックしておくことが大切です。

菜食主義の方

先ほど解説したように、ビタミンB12は植物にほとんど含まれていません。
そのため、菜食主義の方もビタミンB12欠乏症になりやすい傾向にあります。

貝類、魚類、そして豚や鶏、牛の肝臓を食べなければ外部からビタミンB12を摂取することはできません。

悪性貧血の方

悪性貧血の場合、内服ではビタミンB12を上手く吸収できません。
そのため、身体に摂取するのなら注射が必要になります。

ビタミンB12を摂取しても吸収できないのであれば、ビタミンB12欠乏症になりやすいというのも納得できるでしょう。

健達ねっとECサイト

ビタミンB12欠乏症と認知症のまとめ

まとめ
ここまでビタミンB12欠乏症や、それに伴う認知症を中心に書いてきました。

この記事のポイントをおさらいすると以下の通りです。

  • ビタミンB12欠乏症は認知症を引き起こすこともある
  • ビタミンB12欠乏症はビタミンを摂取することで改善される
  • ビタミンB12欠乏症になりやすい人は、高齢の方、菜食主義者、悪性貧血がある方、胃腸の手術歴がある方など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

薬の使い方

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク