ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>認知症の方の施設>認知症の介護施設選び:種類、費用、対応策を徹底解説

認知症の介護施設選び:種類、費用、対応策を徹底解説

認知症は、高齢化社会を背景に増加する問題です。
介護施設は、認知症の方に専門的なケアを提供することで、患者とその家族に安心感を与え、日常生活の質を向上させられます。

しかし、その役割や具体的なサービス内容については、一般的にはあまり知られていません。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 認知症の介護施設の種類
  • 介護施設の選び方
  • 介護施設に費用

最後までお読みいただくことで、認知症の介護施設の役割や選び方、利用方法について理解を深められます。
これからの生活設計にぜひ役立ててください。

スポンサーリンク

認知症とは?

認知症は、人々の生活に深刻な影響を及ぼす可能性がある脳の疾患です。
それは記憶、思考、行動、そして日常生活のスキルに影響を及ぼします。

しかし、認知症は単一の疾患ではなく、さまざまな種類が存在します。
それぞれの種類は、特定の症状や進行のパターンを持っています。

この章では、認知症の基本的な定義と主な症状、そして主要な種類について詳しく説明します。

認知症の定義と症状

認知症は、脳の機能が低下し、日常生活に影響を及ぼす状態を指します。

主な症状としては、記憶力の低下、思考力の低下、判断力の低下、行動の変化などがあります。
これらの症状は、脳の異常な変化が原因であり、病状が進行するにつれて悪化します。
認知症は、高齢者に多く見られますが、若年者でも発症する可能性があります。

また、認知症は治療が難しく、現在では完治する方法はありません。
しかし、早期発見と適切なケアにより、症状の進行を遅らせることは可能です。

認知症の種類

認知症にはいくつかの種類があり、それぞれが特定の症状や進行パターンを持っています。
最も一般的な種類はアルツハイマー型認知症で、全認知症患者の約60%を占めています。

アルツハイマー型認知症は、記憶の喪失が最初の主な症状で、時間とともに思考や行動にも影響を及ぼします。
他の認知症には、血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症などがあります。

これらの認知症は、それぞれ異なる原因と症状を持ち、適切な診断とケアが必要です。
認知症の理解は、患者本人だけでなく、家族にとっても重要です。
適切な知識と理解を持つことで、より良いケアとサポートが可能になります。

スポンサーリンク

認知症の介護施設の種類

 

認知症の人々にとって、適切な介護施設を選ぶことは非常に重要です。
それぞれの施設は、特有のサービスや対応策を提供し、認知症の人々が安心して生活できる環境を提供します。

以下では、主な介護施設の種類とその特徴について詳しく説明します。

老人ホーム

老人ホームは、高齢者が安心して生活できる環境を提供する施設です。
認知症の人々に対しては、専門的なケアとサポートを提供します。
認知症の知識を持つスタッフが、日常生活の支援や機能訓練などサポートします。

また、認知症の進行を遅らせるためのプログラムも提供されます。
老人ホームは、安全で快適な生活空間を提供し、高齢者が社会と交流しながら規則正しい生活を送ることを可能にします。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、介護度3以上の高齢者が入所する施設です。
認知症の人々に対しては、専門的なケアとサポートを提供します。

また、認知症の進行を遅らせるためのプログラムも提供されます。
特別養護老人ホームは、安全で快適な生活空間を提供し、高齢者が社会と交流しながら規則正しい生活を送ることを可能にします。

グループホーム

グループホームは、認知症の人々が5人〜9人のグループで共同生活を送る施設です。

また、認知症の進行を遅らせるためのプログラムも提供されます。
グループホームは、家庭的な雰囲気の中で、役割を持っていきいき過ごすことや、機能訓練、レクリエーションなどにより、認知症の進行を遅らせる効果が期待できます。

その他の施設

その他の施設には、サービス付き高齢者住宅や小規模多機能型居宅介護などがあります。
これらの施設も、認知症の人々に対して専門的なケアとサポートを提供します。

また、認知症の進行を遅らせるためのプログラムも提供されます。
これらの施設は、安全で快適な生活空間を提供し、高齢者が社会と交流しながら規則正しい生活を送ることを可能にします。

認知症の介護施設の選び方

認知症の進行に伴い、家族の介護負担が増大したり、自宅での生活が困難になったりすると、介護施設への入居を検討することが必要になることがあります。

しかし、施設選びは一筋縄ではいきません。
施設の特性、提供するケアの内容、スタッフとのコミュニケーションなど、多くの要素を考慮する必要があります。

この章では、認知症の介護施設を選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

施設選びのポイント

介護施設を選ぶ際には、まず自分自身や家族の思いや希望を整理することが重要です。
施設選びは現在だけでなく、未来の視点も必要となります。
認知症は進行性の疾患であり、数か月後、数年後の生活を想像することが求められます。

また、全ての要望がかなう施設を探すのは難しいため、優先順位をつけることも重要です。
これらの思いや要望を整理した上で、ケアマネジャーや相談窓口に相談することがおすすめです。

施設が提供するケアの内容

認知症の方が入居可能な施設には、グループホーム、特別養護老人ホーム(特養)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などがあります。
それぞれの施設には特徴があり、提供するケアの内容も異なります。

例えば、グループホームは認知症ケアの専門職員によって、認知症を持つ人がその力を活かしながら必要な支援を受けつつ、家庭的な環境で共同生活をする場所です。
一方、特養は、身体介護が必要になっても対応ができ、配置された看護師によって緊急性の高い処置も可能です。

施設のスタッフとのコミュニケーション

施設のスタッフとのコミュニケーションは、施設生活の質を大きく左右します。
スタッフが常駐している施設では、認知症の方にとっても心強い住まいとなります。
多くの施設は最終的な入居判断を家族に委ねていますが、その判断を下すためにも、施設のスタッフとのコミュニケーションを重視することが重要です。

スポンサーリンク

認知症の介護施設の費用と補助

認知症の介護施設を利用する際には、費用や補助金の問題が重要な要素となります。
この章では、施設の費用の詳細、費用が足りない場合の対策、そして補助金の申請方法と条件について解説します。

介護施設の費用の詳細

介護施設の費用は、施設の種類やサービス内容により大きく異なります。

一般的に、

居住費食費管理費
日常生活費医療費施設介護サービス自己負担費
サービス加算上乗せ介護費その他介護保険対象外のサービス費

これらが費用に含まれます。

これらの費用は、施設の種類や地域、個々の介護度などによって変動します。
また、公的な団体が運営する施設と民間企業が運営する施設では、費用の内訳や料金体系が異なる場合があります。

介護施設の費用が足りない場合の対策

介護施設の費用が足りない場合、いくつかの対策や支援策が存在します。
例えば、高額介護サービス費制度や高額療養費制度、高額介護合算療養費制度などの公的制度を利用することで、一定の費用を軽減することが可能です。

また、特定入所者介護サービス費や社会福祉法人等利用者負担軽減制度などの制度もあります。
所得や預貯金の少ない方が介護保険施設へ入所した際に、居住費及び食費を軽減できます。

補助金の申請方法と条件

補助金の存在は、介護施設の費用負担を軽減する大きな手段となります。
補助金の申請方法や受給条件は、補助金の種類により異なります。
例えば、高額介護サービス費制度では、1か月間に支払った料金が一定額を超えた場合、超えた額が戻ってきます。

また、高額療養費制度では、1ヶ月間の医療費が自己負担上限額を超えた場合、超えた分が支給されます。
これらの補助金を利用するためには、適切な申請が必要です。
申請方法や条件は、各自治体のウェブサイトや窓口で確認できます。

健達ねっとECサイト

認知症の人が施設に入居する際の対応

認知症の方が施設に入居する際には、さまざまな準備と手続きが必要となります。
また、施設に入居できない場合や施設を嫌がる場合の対応も重要です。

この章では、それらの対応について詳しく解説します。

介護施設に入居する際の準備と手続き

認知症の方が施設に入居する際には、まず適切な施設を選ぶことが重要です。
そのためには、施設の種類やサービス、費用などを比較し検討する必要があります。

また、施設に入居するための手続きは、施設の種類や自治体によって異なるため、具体的な手続きは各施設や自治体に問い合わせることが必要です。
一般的には、医師の診断書やケアプラン、入居申込書などが必要となります。
また、入居前には施設の見学や面接、体験入居ができることもあります。

介護施設に入れない場合の対処法

施設に入居できない場合の対処法としては、ホームヘルパーやデイサービスなどの在宅サービスを利用する方法があります。
これらのサービスは、自宅での生活を支えるための支援を提供します。
また、ショートステイという一時的に施設に滞在するサービスもあります。

これらのサービスは、介護者の休息や緊急時の対応などに利用できます。
また、施設に入居できない理由が経済的な問題である場合は、公的な支援制度を利用することも可能です。

介護施設を嫌がる場合の対応策

施設を嫌がる認知症の方に対する対応策としては、まずその理由を理解することが重要です。
施設を嫌がる理由は人それぞれで、新しい環境への不安や、自宅を離れることへの抵抗などが考えられます。

その理由を理解した上で、ゆっくりと施設生活に慣れるために支援することが大切です。
また、施設のスタッフとのコミュニケーションを重視し、個々のニーズに対応したケアを提供することも重要です。

薬の使い方

認知症介護施設に関するよくある質問|Q&A

認知症のある家族を介護施設に預ける際の適切なタイミングはいつですか?

個々の状況に大きく依存します。
認知症の進行度、家族の介護能力や時間、そして認知症のある人自身の意思などが考慮されるべき要素です。
医療専門家やソーシャルワーカーと相談することが重要です。

認知症の家族を介護施設に預けることの心理的影響は何ですか?

これも個々の状況によります。
一部の家族は安堵感を感じるかもしれませんが、罪悪感や悲しみを感じる人もいます。
認知症のある人自身も、新しい環境に適応するために苦労することがあります。

認知症専門の介護施設を選ぶ際の重要な要素は何ですか?

施設のスタッフの専門性、施設内の活動プログラム、安全性、認知症のある人の対応策、地理的な位置、費用などが重要な選択要素となります。

認知症の人が介護施設に移住した後、どのように関与を続けるべきですか?

定期的に訪問をし、スタッフとの良好なコミュニケーションを保つことが重要です。
また、認知症のある人の好きな活動を一緒に行うことも関与を続ける良い方法です。

介護施設の費用はどのように賄われますか?

私的な貯金、長期ケア保険、メディケイドなどの公的なプログラム、退職金などを利用することが一般的です。
しかし、具体的な資金調達方法は個々の状況によりますので、専門家と相談することが重要です。

認知症の介護施設のまとめ

ここまで認知症の介護施設についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 認知症の介護施設の種類は老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム等がある
  • 介護施設の選び方は施設の特性、提供するケアの内容、スタッフとのコミュニケーションなど
  • 介護施設に費用は施設の種類や地域、個々の介護度などによって変動するが、資金面での補助制度もある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク