ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>高齢者の病気>alsの治療と最新情報|早期発見する方法と助成金について

alsの治療と最新情報|早期発見する方法と助成金について

alsは筋肉が次第に動かなくなる難病で、有効な治療法が確立していません。
現在は最新技術を用いたals治療法の研究が進められています。
具体的には、alsの治療ではどのようなことが行われるのでしょうか。

本記事では、alsの治療について、以下の点を中心にご紹介します。

  • alsの薬物療法とは
  • alsの対症療法とは
  • alsの最新の治療法の研究について
  • alsの治療費を軽減するには

alsの治療について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

alsとは

als(筋萎縮性側索硬化症)は、運動ニューロンの異常によって全身の筋肉が少しずつ動かなくなる病気です。

運動ニューロンとは、脳から筋肉に「動け」という命令を伝える神経回路です。
alsでは多くの場合、まず手足・口などの筋肉が動かしづらくなります。

筋肉の機能低下は次第に全身に広がり、最終的にはのど・肺・心臓などの生命維持に必要な筋肉が動かなくなります。

alsは進行性の病気であり、発症すると回復することはほぼありません。
発症原因や病態は不明で、国の指定難病に登録されています。

関連記事

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、運動神経が障害され全身の筋肉が麻痺していく病気です。症状が進行すると、車椅子や寝たきりの生活になる方がほとんどです。しかし、ALSの原因はまだはっきりと解明されていません。また、進行ス[…]

スポンサーリンク

alsの治療・診断は何科?

alsに対応しているのは脳神経内科です。
もしalsを疑うような症状があらわれた場合は、まず脳神経内科で検査を受けてください。

しかしalsは、初期段階では他の病気と見分けがつかない場合もあります。
そのため、多くの方が最寄りの内科や整形外科などを受診されています。

内科・整形外科の受診後、1ヶ月経っても症状が改善されない場合は、念のため脳神経内科を受診するのがおすすめです。

関連記事

alsとは、日本語で筋委縮性側索硬化症と呼ばれる疾患です。alsは難病指定疾患であり、今後どうなっていくのか不安になることも多いでしょう。alsの初期症状はどういったものがあるのでしょうか?alsの治療法にはどのよう[…]

alsの治療方法は2つ

alsは発症原因・病態が解明されていない難病です。
したがって、有効な治療法が確立されていません。

現段階では、alsの治療は薬物療法・対症療法によって行われています。
それぞれの治療内容についてご紹介します。

薬物療法

薬物療法の目的は、alsの進行を遅らせることです。
日本でalsの治療薬として認められている医薬品は、リルゾール・エダラボンなどです。

リルゾールは飲み薬で、1日2回50mlを服用します。
エダラボンは点滴注射によって投与されます。

リルゾールはグルタミン酸の興奮毒性を抑えることで、alsの進行を食い止めます。
グルタミン酸毒性とは、グルタミン酸が過剰に興奮した状態です。

グルタミン酸は脳内神経伝達物質の1つで、脳の指令を各器官に伝える作用があります。
何らかの原因によってグルタミン酸に興奮毒性が起こると、運動ニューロンなどの神経細胞がダメージを受けます。

すると運動ニューロンの機能が低下するため、alsに至ります。
認知症の1種であるアルツハイマーも、グルタミン酸毒性と関係があると指摘されています。

リルゾールはグルタミン酸の興奮を抑える効果が高い医薬品です。
平たくいえば、運動ニューロンをグルタミン酸毒性から保護する作用があるため、alsが進行しにくくなります。

対処療法

対症療法とは、alsによるさまざまな苦痛を緩和する治療法です。
たとえば鎮痛剤によって身体の痛みを緩和したり、筋力をなるべく維持したりするようなリハビリが代表的です。

対症療法には、精神的な苦痛の緩和も含まれます。
alsという難病にかかった方は、不安・絶望からうつや不眠を併発することが少なくありません。

精神症状がつらい場合は、抗うつ薬・精神安定薬・不眠薬などの医薬品が用いられることもあります。

alsの末期では、のどの筋肉低下によって、自力での食事・呼吸が難しくなります。
飲み込みやすい食事を用意したり、人工呼吸器の装着・管理を行ったりすることも、alsの対症療法に含まれます。

対症療法は、alsの根本的な治療ではありません。
しかし、できる限り患者の方が快適に過ごせるような対処をすることは、患者の方の予後を大きく左右します。

予後の質が高ければ、患者の方にも生きる希望がわきやすくなります。
生きる希望は治療・リハビリへのモチベーションにつながるため、結果として病状の改善を期待できることもあります。

そのため対症療法は、alsの治療では非常に重要視されています。

AGA

alsの根本的な治療法はまだない

alsは進行性の病気であり、根本的な治療法は未だ確立されていません
alsの治療では、進行を抑制する薬物療法と、生活の質を高く保つための対症療法が併用されています。

対症療法には、リハビリ・理学療法なども含まれます。
リハビリの主な目的は、筋力低下をできる限り防ぐことです。

筋力を維持することで、alsに伴う身体の痛みなどを軽減できる場合もあります。
リハビリとは、たとえば、ロボットを使った歩行訓練などが代表的です。

のどの筋肉を鍛えるために、嚥下訓練などが行われることもあります。
身体の痛みがある場合は、対症療法として、マッサージ・鍼灸などの理学療法が選択されることもあります。

対症療法の具体的な内容は、個人の状態や医師の治療方針などによって異なります。

関連記事

筋ジストロフィー、als、パーキンソン病には似ている症状が多くあります。それぞれの違いまで知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は、筋ジストロフィー、als、パーキンソン病の違いについて以下の点を中心にご紹介します。[…]

健達ねっとECサイト

最新のalsの治療法

現在はals治療法の確立を目指し、ips細胞を用いた治験が行われています
ips細胞とは、培養次第でさまざまな器官の細胞に生まれ変わる細胞です。

治験では、まずals患者の方からips細胞を採取して運動ニューロンに分化させます。
続いて運動ニューロンに分化したips細胞に、すでに他の疾患の治療に用いられている医薬品・成分を与えました。

結果、ボスチニブという成分が運動ニューロンの壊死を抑制することが分かりました。
ボスチニブは白血病の治療薬に用いられている成分です。

治験の結果は、今後のalsの最新の治療法研究に役立てられます。

関連記事

alsはかつて、原因も治療法も分からない難病といわれていました。ハッキリした原因はまだ特定されていませんが、有力な仮説がいくつか発見されています。果たしてalsの原因とはどのようなものなのでしょうか。本記事ではalsの原因について[…]

薬の使い方

alsを早期発見する方法

alsを早期発見するには、早めに脳神経内科を受診することが大切です。
一般内科で行われるような血液検査・MRIなどでは、alsを発見・診断できないためです。

alsの診断は、脳神経内科でしか確定されていません
もし疑わしい症状があらわれた場合は、すぐに脳神経内科を受診しましょう。

特にalsは発症後急激に進行しやすい病気です。
重症化を防ぐには、「早めに」検査を受けることがなによりも重要です。

具体的には、以下のような症状があらわれた場合は、脳神経内科を受診してください。

  • 手足だけが不自然に細くなった
  • 急激な体重の減少
  • 筋肉がぴくぴく痙攣する
  • ものが飲み込みづらくなり、誤嚥が増えた
  • 感情の起伏が激しくなった
  • ろれつが回らなくなった
関連記事

難病として知られているalsですが、どのような病気なのか、一般の方々には浸透しているとはいえないのが現状です。alsは何が原因で発症し、どういった経過をたどるのでしょうか。そして現在の医療による治療法にはどのようなものがある[…]

alsの治療に関する助成金

alsをはじめ難病の治療に関しては、国から治療費の助成金を受け取れます
難病の治療費用は一般的に高額です。

経済的な負担を減らすためにも、ぜひ助成金を活用してください。
alsの治療で利用できる助成制度の例は以下の通りです。

  • 難病医療費助成制度
  • 高額療養費の還付制度
  • 障害者医療費助成制度
  • 介護保険制度
  • 障害年金

難病医療費助成制度は、alsの場合重症度2以上で利用できます。
具体的な自己負担額の例は以下の通りです。

自己負担上限額(円/患者負担割合:2割、外来+入院)
原則
階層区分階層区分の基準一般高額かつ長期人工呼吸器等装着者
生活保護000
低所得Ⅰ市町村民税非課税(世帯)/本人年収80万円以下2,5002,5001,000
低所得Ⅱ市町村民税非課税(世帯)/本人収入80万円以上5,0005,000
一般所得Ⅰ市町村民税課税以上7.1万円未満(約160万円~約370万円)1万5,000
一般所得Ⅱ市町村民税7.1万円以上25.1万円未満(約370万円~約810万円)2万1万
上位所得市町村民税25.1万円以上

(約810万円~)

3万2万
入院時の食費全額自己負担

介護保険制度は原則として65歳以上の方が利用できますが、als患者の方は64歳以下でも利用できます。

関連記事

介護が必要になった際に、まず頭に浮かぶことに介護保険があると思います。介護保険には、申請や受けるための条件があります。では、介護保険の対象者や申請方法はどのように行えば良いのでしょうか?本記事では、介護保険の申請方法や申[…]

スポンサーリンク

als患者の大半が経験する痛みの要因

alsの発症者の方の40~73%は、身体の痛みを経験すると指摘されています。
alsで痛みが出る原因としては、以下が指摘されています。

  • 有痛性筋痙攣(こむら返り)
  • 痙縮(筋肉のつっぱり)
  • 拘縮(関節が固まる)
  • 不動・圧迫
  • 精神的な要因

alsでは運動ニューロンの障害によって、筋肉が自由に動かしづらくなります。
本人の意志に反して筋肉が攣ったり痙攣したりしやすくなるため、手足などに痛みが出ることがあります。

痛みの原因の1つとして、関節の硬直も挙げられます。
alsは進行するにつれ、自力で歩行・運動が難しくなります。

簡単にいえば寝たきり状態になるため、関節が固まりやすくなり、伴って痛みを感じることがあります。

同じ体位が続くことも苦痛の原因の1つです。
いつも身体の同じ部位が圧迫されると、痛み・苦痛・圧迫感を感じやすくなります。

精神的な不安から物理的な痛みを感じるケースも非常に多くみられます。
痛みの原因が精神状態にある場合は、抗うつ薬や精神安定薬などが有効です。

スポンサーリンク

alsの治療のまとめ

ここまで、alsの治療についてお伝えしてきました。

alsの治療の要点を以下にまとめます。

  • alsの薬物療法では、進行を抑制する効果のあるリルゾールが用いられる
  • 対症療法はalsの治療の中でも重要しされており、リハビリ・マッサージなどの理学療法・精神的なケアなどが行われる
  • 現在はips細胞を用いて、alsの最新の治療法の研究が進められている
  • alsの治療費を軽減するには、難病医療費助成制度などの公的な医療費助成制度を用いるとよい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク