ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>aga>AGAの治療薬とは?治療のメカニズムや副作用などを紹介

AGAの治療薬とは?治療のメカニズムや副作用などを紹介

「最近髪の毛が弱々しくなってきたかも?」
「薄毛治療したいけど、治療費ってなんか高そう」
など興味はあるけど、一歩踏み出せてない方多くいらっしゃいませんか?

そんな方のためにこの記事では

  • AGAではどのような治療薬があるのか?
  • 費用はどれくらいなのか?
  • 副作用は?

以上の項目に沿って詳しく説明していきます。
ぜひ最後までご覧ください!

病院・クリニック名

AGAメディカルケアクリニック

新宿AGAクリニック

ウイルAGAクリニック

B&Hメディカルクリニック

初診料0円0円0円0円
カウンセリング料0円0円0円0円
血液検査無料5,500円0円0円
遺伝子検査記載なし22,000円記載なし記載なし
AGA治療費内服薬:3,630円~

メディカルケアオリジナル治療薬:8,250円~

内服薬:1,800円~

外用薬:7,700円~

メソセラピー:39,600円~

植毛:275,000円~

内服薬:1,480円~

外用薬:5,000円~

治療プラン:10,400円~

内服薬:約1か月5,000~26,000円

外用薬:6,500円~

メソセラピー:15,000円~

電気導入治療:40,000円~

全額返金保証有り有り有り有り
AGA治療の種類内服薬・外用薬・育毛メソセラピー・シャンプー内服薬治療(フィナステリド・デュタステリドなど)・外用薬(ミノキシジン)・メソセラピー・外用治療・生活指導内服薬治療・外用薬治療・メソセラピー・HARG療法投薬治療・注入治療・植毛・育毛シャンプー・育毛剤・サプリメント
オンライン診療の有無有り有り有り

※2回目以降からLINE電話を用いた診療可

有り
クリニック数1院1院9院2院
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

AGA・薄毛とは?

AGAとは

  • AGAとは「男性型脱毛症」で約3人に1人が発症すると言われている
  • AGAは進行性の疾患である
  • AGA・薄毛はクリニックでの診断により早い段階で治療する必要がある

そもそも、AGAとは男性型脱毛症」のことで、成人男性によくみられる疾患です。

症状としては、主に思春期以降に頭頂部か額の生え際のどちらか一方、もしくは両方から髪の毛が薄くなっていきます。
20代〜60代の成人男性の約3人に1人がAGAを発症するといわれています。

しかし、早い方は10台後半から進行することもあり、違和感があれば早めに予防を始めておくことが大切です。

AGA・薄毛の進行パターン

薄毛の進行パターンには以下の1〜3の混合タイプがあったり、進行度によってさらに細かく分類されたりします。
基本的には大きくこの3タイプに分類できます。

  • O字タイプ
    頭頂部から薄くなっていきます。
  • M字タイプ
    額の生え際から薄くなっていきます。
  • U字タイプ
    前頭部から薄くなっていきます。

AGAは進行性の疾患であるため、早めのケア・治療が重要になります。

こちらの記事では、M字タイプの薄毛についてさらに詳しく解説しています。

関連記事

「M字はげ」男性の方で、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?M字はげは、M字型に見える薄毛のことをさし、男性に多く見られます。20代後半から出現する可能性があり、年齢を重ねるにつれて、発症しやすくなります。そもそも、M字はげ[…]

AGA・薄毛の原因

男性の薄毛の大部分は、AGA(男性型脱毛症)が原因とされています。

男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることが、薄毛の主要な原因とされています。
DHTは毛乳頭の男性ホルモンレセプターと結合し、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

さらに、不規則な食生活、睡眠不足、過度なストレス、喫煙などの生活習慣も、薄毛の進行を促進する要因となります。

AGA・薄毛は改善する?

AGAは、放置すると進行し続ける性質があります。
特に、生え際や頭頂部の薄毛が進行するのが特徴的です。

自然に改善することは期待できないため、できるだけ早い段階で治療をすることが大切です。
早期に専門医に相談し、適切な治療を開始するようにしましょう。

一度死滅してしまった毛根を再生させることは困難ですが、弱っている毛根の細胞を活性化させることができます。

医師が解説!AGA治療の基本知識

AGA治療を始める際に、知っておくべき知識に関して、リバイブAGAクリニック院長内富一仁先生に詳しく解説していただきました。

「最近薄毛が気になる」、「AGA治療を始めたい」と考えている方はぜひ参考にしてください。

AGA治療の種類は?

AGA治療クリニックで提供される治療方法は多岐にわたります。
主に、薬物療法、外用薬、植毛、メソセラピー療法などがあります。

薬物療法では、フィナステリドやミノキシジルといった成分が用いられ、これらは抜け毛の進行を食い止める効果や、弱った毛髪を太くする効果があるとされています。
植毛は自分の髪の毛を移植する方法や、人工毛を使用する方法があります。
メソセラピー療法は、成長因子と呼ばれる有効成分を毛根に直接注入する方法で、短期間での発毛効果が期待されます。

AGA治療は本当に効果があるの?

AGA治療の効果については、多くの研究や臨床試験が行われています。
フィナステリドやミノキシジルといった治療薬は、信頼のおける臨床試験結果をもとに、薄毛改善の効果が認められています。

日本皮膚科学会などが公表するデータによると、フィナステリドは、服用した男性のうち、90%以上に薄毛の改善が認められたようです。

しかし、治療の効果は個人差があり、一概に全ての人に効果があるわけではありません。
そのため、治療を始める前に、AGA治療クリニックの専門の医師と相談し、自分に合った治療方法を選択することが大切です。

”オンラインで気軽にAGA治療を受けたい方へ”

AGA治療ならクリニックフォア!
診療実績3,000,000件突破!
おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

AGAの治療薬


現在、AGA治療薬として使用されている主な薬はミノキシジルとプロペシアの2種類です。
それぞれの薬の概要を説明していきます。

ミノキシジル

もともとは降圧剤として開発された薬ですが、発毛効果が認められ、現在では多くのクリニックで薄毛治療薬として使用されています。
ミノキシジルには血行促進、毛乳頭細胞の増殖、毛母細胞を活発にさせる働きがあります。

フィナステリド

日本で初めて発売されたAGA治療薬「プロペシア」と同じ成分が含まれた後発医薬品としてフィナステリドが発売されました。
Ⅱ型5αリダクターゼを阻害し、男性ホルモンを抑制させる作用があります。

デュタステリド

AGA治療薬では「ザガーロ」という名称で発売されています。
もとは前立腺肥大症の薬として開発されましたが、フィナステリドと同じ効果が認められたため、AGA治療薬として使用されています。
5αリダクターゼを阻害し、薄毛の進行を抑えます。

フィナステリドとデュタステリドの違い

AGAでは、男性ホルモンの影響で薄毛や抜け毛につながります。

フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼを抑える働きをしますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型どちらも阻害する作用があるため、デュタステリドの方が増毛効果が高いとされています。
また効果持続期間もフィナステリドは数時間のところ、デュタステリドは数日間と効果が持続する時間にも差が出ています。

AGA治療薬の相場費用

紹介してきた3つの薬の費用相場をご紹介します。

  • ミノキシジル:8000円~10000円
  • フィナステリド:5000円~8000円
  • デュタステリド:8000円~10000円

治療薬の併用使用について


AGA(男性型脱毛症)治療において、複数の治療薬を併用することは一般的なアプローチです。
この方法は、治療の効果を高め、より速い結果を得るために採用されます。
しかし、併用する際には、薬剤間の相互作用や副作用のリスクを理解し、適切な管理が必要です。

併用使用の基本原則

薬剤の併用は、AGA治療の効果を最大化するための戦略です。
基本的に、異なる作用機序を持つ薬剤を組み合わせることで、脱毛の進行を抑制し、発毛を促進します。

例えば、ミノキシジルは血流を改善し毛母細胞を活性化させる一方で、フィナステリドやデュタステリドはDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、AGAの根本的な原因に対処します。
このように、異なるアプローチを組み合わせることで、治療効果を高めることができます。

併用時の注意点

併用治療を行う際には、薬剤間の相互作用に注意し、副作用のリスクを最小限に抑える必要があります。
特に、血圧降下薬や心臓病用の薬剤との併用は、慎重な検討が必要です。

また、治療薬の選択にあたっては、患者さんの健康状態や既往症、他の服用薬との相互作用を考慮することが重要です。
医師との十分な相談のもと、個々の状況に合った最適な治療計画を立てることが求められます。

併用推奨の薬剤例

AGA治療において推奨される併用薬剤の例として、ミノキシジルとフィナステリド(またはデュタステリド)の組み合わせがあります。
ミノキシジルは外用薬として頭皮に直接塗布し、血流促進と毛母細胞の活性化を促します。

一方、フィナステリドやデュタステリドは内服薬として、DHTの生成を抑制し、AGAの進行を遅らせる効果があります。
これらの薬剤を組み合わせることで、相乗効果が期待でき、より効果的な治療結果を得ることが可能です。

内服薬と外用薬はどっちがおすすめ?


内服薬は全身に作用するため、AGAの原因となるホルモンのバランスを直接調整することができます。
例えば、フィナステリドを含む内服薬は、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、脱毛の進行を遅らせることができます。
このような薬は、使用が簡単であり、日常生活において特別な時間を割く必要がないという利点があります。

しかし、全身に作用するがゆえに、性欲減退や勃起不全などの副作用が報告されています。
これらの副作用は全ての人に現れるわけではありませんが、内服薬を選択する際には慎重な検討が必要です。

また、効果を実感するまでに数ヶ月かかる場合が多く、長期間の服用が推奨されます。

外用薬のメリットとデメリット

外用薬は、特にミノキシジルを含む製品が有名で、直接頭皮に塗布することで毛母細胞を刺激し、発毛を促進します。
外用薬の最大のメリットは、局所的に作用するため、内服薬に比べて全身への副作用が少ない点です。
また、使用者は治療薬の効果を直接頭皮で感じることができ、治療へのモチベーション維持につながります。

しかし、外用薬は毎日の塗布が必要であり、継続的な使用が求められます。
塗布を忘れたり、使用を中断したりすると、得られた効果が失われる可能性があります。
また、頭皮にかぶれや赤みを引き起こすことがあり、敏感肌の人は特に注意が必要です。

症状に応じた選択基準

AGA治療薬を選択する際には、自身の症状の進行度、生活スタイル、副作用への耐性などを考慮する必要があります。
軽度の脱毛であれば外用薬から始め、症状が進行している場合は内服薬の使用を検討するという方法もあります。

また、両方の治療薬を組み合わせることで、より効果的な治療が期待できる場合もあります。

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬にも、それぞれ副作用があります。
以下に薬の副作用をまとめました。

ミノキシジル

ミノキシジルを内服することで血管拡張作用があり、血液循環が良くなります。
毛母細胞に直接働きかけ増殖を促す一方、以下のような副作用もみられます。

  • 多毛症
  • 動悸、息切れ
  • むくみ
  • 立ちくらみ
  • めまい

フィナステリド

フィナステリドとデュタステリドは男性ホルモンを抑制させる作用がありますが以下の副作用も報告されています。

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液量減少
  • 肝機能障害

デュタステリド

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 肝機能障害
  • 蕁麻疹

外用薬の副作用

AGA治療薬の外用薬でも副作用が起こることがあります。
特に肌が弱い方は、用法容量をしっかり確認するか医師に相談しましょう。
以下に副作用の特徴をあげます。

  • 塗布部位の掻痒感
  • ニキビ
  • 全身の痒み

【AGA治療】おすすめクリニック厳選4選

AGA(男性型脱毛症)治療において、適切なクリニック選びは非常に重要です。
最適な治療法を提供し、患者一人ひとりの状態に合わせたパーソナライズされたケアを提供するクリニックを選ぶことが、治療成功の鍵を握ります。

以下では、AGA治療を検討している方々に向けて、厳選したおすすめクリニック4選を紹介します。

病院・クリニック名

AGAメディカルケアクリニック

新宿AGAクリニック

ウイルAGAクリニック

B&Hメディカルクリニック

初診料0円0円0円0円
カウンセリング料0円0円0円0円
血液検査無料5,500円0円0円
遺伝子検査記載なし22,000円記載なし記載なし
AGA治療費内服薬:3,630円~

メディカルケアオリジナル治療薬:8,250円~

内服薬:1,800円~

外用薬:7,700円~

メソセラピー:39,600円~

植毛:275,000円~

内服薬:1,480円~

外用薬:5,000円~

治療プラン:10,400円~

内服薬:約1か月5,000~26,000円

外用薬:6,500円~

メソセラピー:15,000円~

電気導入治療:40,000円~

全額返金保証有り有り有り有り
AGA治療の種類内服薬・外用薬・育毛メソセラピー・シャンプー内服薬治療(フィナステリド・デュタステリドなど)・外用薬(ミノキシジン)・メソセラピー・外用治療・生活指導内服薬治療・外用薬治療・メソセラピー・HARG療法投薬治療・注入治療・植毛・育毛シャンプー・育毛剤・サプリメント
オンライン診療の有無有り有り有り

※2回目以降からLINE電話を用いた診療可

有り
クリニック数1院1院9院2院
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

クリニックについて、こちらの記事でも解説しています。

関連記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

AGA治療薬にはジェネリックも存在する?


日本でもジェネリック治療薬は存在し、厚生労働省から認可されている薬もいくつかあります。

ジェネリック治療薬とは

先発医薬品の特許期間が過ぎた後に、成分や品質などが同じで、国から承認を得た薬のことをいいます。
先発医薬品にくらべ、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は薬価がだいぶ抑えられるので、長期的に服用される方におすすめです。

国内認可薬されたジェネリックは?

現在、国内で認可されているジェネリック医薬品は以下の2つです。

  • フィナステリド
  • ミノキシジル外用薬

それ以外は外国製で未認可です。

ジェネリックの相場費用

ジェネリック治療薬の費用相場を紹介します。

  • プロペシアジェネリック:8000円~10000円
  • ミノキシジル外用薬:6000円~15000円

AGA治療はいつ終わる?


AGAは進行していく脱毛症のため、治療を継続していく必要があります。

治療を継続している時は効果を実感できるでしょう。
しかし完治するという概念はないので、途中でやめた場合は再発する可能性が高いです。

AGA治療をやめると髪はどうなる?

AGA治療を中断すると、多くの人がその後の髪の毛の状態について心配します。
治療をやめた後、髪の毛にどのような変化が起こるのか、そしてそれをどのように管理すればよいのかについて、この記事では詳しく解説していきます。

AGA治療の中断が髪に与える影響

AGA治療を中断すると、髪の毛への影響は避けられません。
治療によって得られた進行の抑制や毛髪の回復は、治療を止めることで失われる可能性が高いです。

特に、フィナステリドやミノキシジルなどの薬剤を使用していた場合、これらの薬の効果は服用をやめると徐々に減少し、最終的には完全に失われます。

これは、AGAの根本的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の作用が再び強まるためです。
治療中断後、多くの場合、3〜6カ月以内に髪の毛の脱落が増加し、薄毛の状態が再び進行することが報告されています。

治療中断後の髪の回復期間とその管理方法

AGA治療を中断した後、髪が元の状態に戻るまでの期間は個人差がありますが、一般的には数ヶ月から1年程度かかるとされています。
この期間中、髪の毛を健康に保つためには、適切な頭皮ケアが重要です。

頭皮の清潔を保ち、適度なマッサージで血行を促進すること、バランスの取れた食事を心がけることが推奨されます。

また、必要に応じて、ミノキシジルのような外用薬を継続することで、脱毛の進行を遅らせることができます。
しかし、治療の再開を考えている場合は、専門医との相談をお勧めします。

再開可能性とその際の注意点

AGA治療は、中断後も再開が可能ですが、再開する際にはいくつかの注意点があります。
まず、治療を再開する前には、再び専門医の診断を受けることが重要です。

治療中断期間中に髪の状態がどのように変化したかを評価し、以前と同じ治療法を続けるか、あるいは新しい治療法に切り替えるかを決定する必要があります。

再開後は、特に初期段階での副作用に注意し、定期的なフォローアップを行うことが大切です。
また、治療を長期間続けることで、より良い結果を得ることができます。

フィナステリドによる女性のリスク

そもそもフィナステリドが配合された薬を女性が服用することは、あまり推奨されていません

特に妊娠中の方の場合、お腹の赤ちゃんにまで悪影響をもたらすことがあります。
ジヒドロテストステロンは男性生殖器の発育に関与しているため、胎児が男の子の場合、胎児の生殖器が正常に発育しないこともあり得るのです。
そしてフィナステリドは触れただけでも成分が体内に吸収されるため、副作用を引き起こす可能性もあります。

ですので、触れたり、吸ったりしないよう注意してください

AGA治療薬は効果がない?


正しく治療をしているはずなのに、イマイチ効果が出ていないと感じる方もいらっしゃると思います。
用法容量を守れていなかったり、効果が出る前に自己判断でやめてしまってませんか?

治療効果は数ヶ月以上経過してからあらわれるといいます。
医師の指示に従い、自分の判断でやめてしまわないよう気をつけましょう。

服用しても変化がない

個人差はありますが、効果が実感できるまで最低でも6カ月程時間を要します。
即効性があるわけではないので、根気よく薄毛治療に向き合いましょう。

また偏った食生活、ストレスなど生活習慣の乱れが影響して、治療薬を服用していたとしても効果的な治療につながらない可能性もあります。

服用すると抜け毛が増える

服用開始後、数週間から1カ月くらい経過すると、抜け毛が多くなったように感じます。
ですが、治療が効いてる証拠なので途中で中断しないよう治療を継続しましょう。

心配なら医師に相談しよう

6カ月経っても効果がみられない場合は、現在の治療が効きにくい可能性があります。
医師と相談して処方内容や治療内容を変更するか検討しましょう。

AGA治療薬に併用できない食べ物はある?


基本的にはありませんが、主にグレープフルーツや一部の食べ物はAGA治療薬と相性が悪い可能性があり、副作用を強める恐れがあります。

AGA治療薬はドラッグストアで購入可能?


内服薬は医師が発行する処方箋が必要なため、購入はできません
ミノキシジルを配合した外用薬はドラッグストアで購入することができます。

AGA治療薬は通販でも購入可能?


AGA治療薬は通信販売でも購入が可能です。
そのほかにも購入手段がありますので紹介していきます。

通販での購入はリスクがある

現在日本国内では医師が発行する処方箋がないと治療薬は購入できません。
通販で購入を希望する場合、海外から個人で輸入するか、輸入代行業者を利用することになります。
しかし、中身が偽物の場合もあるので、完全に自己責任での購入となります。

オンライン診断でも処方してもらえる

AGAクリニックではオンライン診療を行っている機関もあるので、近くにクリニックが無い方でもお薬を受け取れます。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

治療薬以外のAGA治療方法


ここまでAGA治療の内服薬と外用薬の治療内容や方法をお伝えしてきました。
治療薬以外の治療方法が他にもございますので、紹介していきます。

植毛

植毛とは、人工の毛または自身の皮膚組織を植えることをいいます。
植毛には「人工植毛」と「自毛植毛」の2種類があります。
カツラとは異なり、自然な仕上がりが期待できます。

メソセラピー

メソセラピーとは頭皮に直接注射器で注入していく治療方法です。
服薬に比べると効果を確認するまでの時間が短くなります。

AGA治療をする人の割合


薄毛治療に関するアンケートによると、薄毛・抜け毛に悩んでいる方は40%ほど。
しかし「悩んでいる」のみの方がほとんどで、現在AGA治療を受けている方は5%にも満たない数値となっています。

そのほかに市販の育毛剤や養毛剤を使用してケアしている方が少しいらっしゃるようです。
そして現在AGA治療をしていない人の理由を聞くと「治療費が高そう」という意見が最も多くなっています。
治療費が高価という漠然とした理由で治療を受けていない方などは、生活習慣を見直す対策を主に実践しているようです。

そもそも薄毛や抜け毛についての危機感や理解がないなどの理由もあり、世間にはまだAGAの認知が低いことがわかります。
ただ、AGAが進行した時に専門の医療機関に受診を希望される方は50%以上いるようです。
出典:カッコイイ株式会社「薄毛治療に払えるのはいくらまで?」

AGA治療でよくある質問|Q&A

AGA治療を始める最適なタイミングはいつですか?

AGA(男性型脱毛症)治療を始める最適なタイミングは、脱毛の兆候が見られ始めた初期段階です。
早期に治療を開始することで、脱毛の進行を遅らせるか、さらには改善する可能性が高まります。
薄毛や抜け毛が気になり始めたら、専門の医師に相談することをお勧めします。

AGA治療にはどのような方法がありますか?

AGA治療には、主に薬物療法と外科的療法があります。
薬物療法には、フィナステリドやデュタステリドなどの内服薬と、ミノキシジルを含む外用薬があります。
外科的療法には、毛髪移植手術があります。

また、低出力レーザー治療やPRP(多血小板血漿)療法など、その他の治療方法も選択肢として存在します。

AGA治療薬の副作用はありますか?

はい、AGA治療薬には副作用が存在する可能性があります。

例えば、フィナステリドやデュタステリドの内服薬は、性欲減退や勃起不全などの性的副作用を引き起こす可能性があります。
ミノキシジルの外用薬は、頭皮のかゆみや発疹などの局所的な副作用が報告されています。

副作用に関して心配がある場合は、治療を開始する前に医師に相談してください。

AGA治療は保険が適用されますか?

日本では、AGA治療は基本的に自由診療となり、健康保険の適用外です。
そのため、治療費は全額自己負担となります。

ただし、治療方法やクリニックによっては、費用に差があるため、事前に複数のクリニックで情報を収集し、比較検討することが重要です。

AGA治療の効果はいつ頃から現れますか?

AGA治療の効果は個人差がありますが、薬物療法を始めてから3ヶ月~6ヶ月後に改善の兆候が見られることが多いです。
しかし、効果を実感するまでには時間がかかる場合があり、治療を続けることが重要です。

また、治療を中断すると、改善した症状が元に戻る可能性があるため、医師の指導のもとで継続的に治療を行うことが勧められます。

AGAの薬まとめ


ここまでAGAの薬について説明してきました。
もう一度内容をおさらいしましょう。

  • AGA治療薬として使用されている主な薬はミノキシジルとプロペシアの2種類
  • AGA治療薬の相場費用は5000円〜10000円程
  • AGA治療薬の副作用は薬の種類によって様々である

以上の内容を詳しくお話してきました。

AGAは進行性の脱毛症のため、治癒することはありません。
放っておくと薄毛が進行してしまう可能性もあります。

早期発見、早期治療があなたの髪を救うかもしれません。
少しでも気になったらすぐ医師に相談しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用