ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>転職>看護師転職サイトの選び方は?メリット・デメリットなど詳しく解説

看護師転職サイトの選び方は?メリット・デメリットなど詳しく解説

看護師の方が転職を行う際に便利なサービスとして看護師転職サイトを利用する方法があります。
看護師転職サイトを利用することで手厚いサービスが受けられ、希望する条件に合った転職に繋がることもあります。

そもそも看護師転職サイトとはどんなものなのでしょうか。
そして、良い看護師転職サイトを選ぶにはどういった点に気を付けると良いのでしょうか。

本記事では看護師転職サイトの選び方について以下の点を中心にご紹介します。

  • 看護師転職サイトの選び方とは
  • 看護師転職サイトを利用するメリットとデメリットとは
  • 転職サイトを上手に利用するポイントとは
  • 転職サイトで転職活動を行う流れとは

看護師転職サイトについて理解するためにもご参考にしていただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

看護師転職サイトとは

看護師転職サイトとは、転職を考えている看護師の方と求人を出している病院・企業などを繋ぎ、転職活動のサポートをするサイトのことです。

看護師転職サイトには、看護師を募集したい病院・企業などが求人情報を出しています。

転職を考えている看護師の方が転職サイトに登録すると、担当者とのヒアリングが行われ、転職先の条件・希望を踏まえた求人情報を紹介してもらうことができます。
また、応募書類の添削等をはじめ、転職活動におけるさまざまなサポートを受けることもできます。

転職サイトの特徴

転職サイトの最大の特徴は、転職を成功させるための幅広いサポートが無料で受けられる点です。

具体的には、以下のようなサポートが無料で受けられます。

  • 対面での面談・電話・メールなどによる担当者とのヒアリング(希望する条件・職務経歴・スキルなど)
  • ヒアリングを踏まえた求人情報の提案
  • 面接日の日程調整
  • 履歴書・職務経歴書の書き方のレクチャー
  • 面接対策
  • 勤務条件交渉の代行
  • 入社後のアフターフォロー

上記のサービスが無料で活用できる理由は、求人情報を登録した病院・企業などからサイトに仲介料が支払われ、その資金等によってサイトが運営されているためです。

転職サイトと求人サイトの違い

転職サイトと求人サイトは同じようなものだと思われがちですが、サポートの内容や利用をおすすめできる方に違いがあります。

転職サイトの場合、登録すると担当者がつき、転職活動におけるさまざまなサポートを受けることができます。
そのため、1人で転職活動をする自信がない方や初めて転職活動をする方などにおすすめです。

一方、求人サイトは網羅的に求人情報を掲載・提供していますが、担当者がついてサポートをするといったサービスはありません。

そのため求人サイトの利用は、以下のような方におすすめです。

  • 自分のペースで転職活動をしたい方
  • さまざまな求人情報の中から自分で応募先を選んで転職したい方

転職サイトと求人サイトのどちらを利用するかは、ご自身が転職活動をどのように行いたいのかによって決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

看護師転職サイトの失敗・後悔しない選び方

ここからは、看護師転職サイトの選び方をご紹介します。

看護師の転職に強い運営会社のサイトを選ぶ

看護師の転職サイトの数は多く、受けられるサポートの内容もサイトによってさまざまです。
そのため、似たようなサイトで選びきれなかったり、サイト選びを失敗して転職活動に影響が出てしまったりというケースもよく見られます。

転職サイトを選ぶ際には、基準の一つとして、看護師の転職に強い運営会社のサイトを選ぶようにしましょう。

転職サイトの運営母体は公式サイトの会社概要などで調べることができます。
どんな会社が運営しているのかよく確認することをおすすめします。

転職サイトの評判を口コミなどで調べる

看護師転職サイトの評判・口コミはさまざまな比較サイトなどで見ることができます。
サイトの評判・口コミの内容や紹介されているサイトの情報を基に、ご自身の使い方に合うのか、魅力あるサポート体制になっているのかなどを吟味して選ぶようにしましょう。

評判・口コミを見る際は、以下のポイントを確認することがおすすめです。

  • 担当者の対応
  • 転職の実績
  • サポート内容の満足度

対応しているサービス地域を確認する

看護師転職サイトによって、対応しているサービス地域が異なる場合があります。
そのため、サービス対象外の地域の場合、適切な求人情報の提供や十分なサポートが受けられない可能性もあります。

ご自身が住んでいる地域がサービス地域として対象になっているのか、確認するようにしましょう。

求人数を確認する

転職サイトを選ぶ際には求人数にも注目しましょう。

求人数が多いと応募先の候補を見つけやすくなり、選択の幅が広がります。
選択肢が増えることで、求人情報に記載されている職場内の情報や、働いている方の感想なども選択の判断材料とすることができます。

それらも加えて判断することで、ブラックな職場への転職を避けられたり、ご自身が納得して転職できたりすることにも繋がるでしょう。

求人の特徴・質をチェックする

看護師転職サイトで掲載される求人の情報はサイトごとに違いがあります。

基本的に以下の情報は掲載されています。

  • 職場の場所
  • 配属先
  • 収入

サイトによっては、以下のような情報を公開している場合があります。

  • 転職経験者のレビュー
  • スタッフの評価

特に、転職経験者のレビューやスタッフの評価などがあると、より詳しくイメージすることができ、実際に利用・転職した際の認識のギャップを減らせることが期待できます。

看護師転職サイトを選ぶ際は、求人の特徴と質もよく確認するようにしましょう。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれる強い[…]

順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

看護師転職サイトを利用するメリット

ここからは、看護師転職サイトを利用するメリットをご紹介します。

希望する条件に最適な求人に出会いやすくなる

担当者とのヒアリングの際にご自身が希望する条件を伝えることで、条件に合った求人を提案してくれます。
また、サイトには多くの求人情報がありますが、中には登録しないと見ることのできない非公開の求人もあります。

看護師転職サイトに登録することで、より条件に合った求人と出会う可能性が高くなります。

効率よく転職活動を進められる

1人で転職活動をするには、求人情報を探すことから応募や面接日などの連絡調整まですべてを行わなければならず、時間や手間がかかります。

看護師転職サイトを利用することで、それらの時間や手間を省くことができます。
特に働きながら転職活動をする方にとっては、効率的に転職活動を進めることができ、心強い味方となるでしょう。

転職先の内部情報を知れる

一般的な求人情報では、職場の雰囲気や環境といった内部の情報はわかりません。

看護師転職サイトを利用すると、その職場の雰囲気や忙しさ、人間関係といった情報まで知ることができます。

働く上で人間関係などを重視したい方にとっては、最大のメリットと言えるでしょう。

書類添削や面接の対策をしてくれる

看護師転職サイトでは書類添削や面接対策といったサポートも受けられます。

履歴書・職務経歴書などの書類添削のサービスは、どのように書けばいいのかわからない方や書き方のコツが知りたい方などにおすすめです。

面接対策では、面接の際に気を付けるべきポイントのレクチャーを受けたり、模擬面接によって直接アドバイスをもらったりすることもできます。

転職先との煩雑なやり取りや手続きを代行してくれる

転職活動には、応募後の面接日などの調整や、内定後の条件交渉、入社の準備に関する確認など、細かいやりとりや手続きも必要となります。
看護師転職サイトを利用すると、こうした煩雑なやりとりや手続きを担当者が代行してくれます。

負担をできるだけ軽くしてスムーズに転職活動を進めたい方にとって、嬉しいサービスとなるでしょう。

入社と退職のサポートをしてくれる

転職先が決まると、入社までに準備や手続きなどが必要となります。
同時に、現在の職場の退職に関するさまざまなやりとりや手続き、引き継ぎなどを行う必要もあります。

看護師転職サイトでは、このような入社と退職に関わる手続きなどもサポートしてくれます。

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉がありますが、現在の職場を円満退職できるよう、看護師転職サイトでサポートを受けてみましょう。

AGA

看護師転職サイトを利用するデメリット

看護師転職サイトの利用にはデメリットもありますので詳しく見ていきましょう。

自分のペースで進めにくい場合がある

看護師転職サイトには、理由をつけて転職活動を急かしてくる担当者がいることもあります。

看護師転職サイトは、登録者の転職先が決まったときにその勤務先から受け取る手数料で運営されています。
そのため、売上を重視している担当者に当たると、自分のペースで転職活動を進めることが難しくなる場合もあります。

自分のペースで転職活動を進めたい旨を伝えても急かされる場合、担当者の変更やサイト自体の変更を検討した方が良いでしょう。

担当者と相性が合わない場合がある

看護師転職サイトでは担当者によるさまざまなサポートを受けられる一方、利用者が担当者を選ぶことはできません。

担当者と相性が良くないとコミュニケーションが取りづらくなり、転職活動に支障をきたしかねません。

担当者と相性が良くないと感じる場合、担当者を変更してもらうことを検討しましょう。

連絡の頻度がストレスに感じる場合がある

看護師転職サイトで転職活動を行う場合、場合によっては担当者からの連絡の頻度が高くなることもあります。

連絡の内容には、重要度の低いものもあるかもしれません。
また、仕事などで応答しにくい時間帯に連絡が入ることもあるかもしれません。

連絡がストレスに繋がらないように、最初の段階で、担当者と「連絡方法・連絡時間帯・内容」に関して決めておくことが大事です。

健達ねっとECサイト

転職サイトを上手に利用するポイント

ここからは転職サイトを利用する際のポイントをご紹介します。

希望条件を明確にしておく

転職サイトを上手に使うポイントとして、まずはご自身の転職における希望条件を明確にしておくことが必要です。
また、条件の中で優先順位を決めておくと、担当者に希望が伝わりやすくなるでしょう。

担当者との認識共有度が高いほど、条件に合った応募先の提案を受けやすくなることが期待できます。

嘘をつかずに経歴やスキルを伝える

転職活動においてご自身のこれまでの職務経歴やスキルに自信がなくても、経歴やスキルはありのままに伝えましょう。

実際の経歴やスキルを上回る内容を伝えると、担当者や応募先からの信用を失う結果になり、転職活動にマイナスの影響を与えます。
仮に転職ができたとしても、本来持ち合わせていないスキルを求められ、転職先のスタッフだけでなく患者さんにも迷惑をかけてしまう可能性があります。

複数の転職サイトに登録する

複数の転職サイトに登録することで、各サイトの担当者の対応力や求人情報の質などを比較することができます。

比較した上で最終的に1つのサイトに絞ることで、より希望に沿った転職に繋がることが期待できます。
また、複数のサイトに登録する分求人数も多くなることもメリットの1つです。

不安な点や疑問点はしっかり相談する

些細な不安や疑問でも、解決しない状態で転職活動を進めると、後から「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあります。

どうにもできなくなってから後悔しないよう、不安な点や疑問点が少しでも出てきたら、担当者にしっかり相談して解決しましょう。
また、担当者やサイト自体に不安を感じるようであれば、変更を検討しましょう。

必要に感じたら担当者を変更してもらう

担当者の対応力や相性など見て、心配に感じたら担当者を変更してもらうことを検討しましょう。

転職を成功させるには、信頼できる担当者が必要です。

担当者を信頼しきれないと、転職活動に支障が出る可能性もあるのでご自身が必要と感じた場合は、担当者を変更してもらうようにサイトに相談しましょう。

薬の使い方
順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

注意すべき看護師転職サイト・担当者の特徴

看護師として転職をする場合、利用を避けた方がいい転職サイトは以下のようなサイトです。

  • 大手総合転職サイト
  • メリットばかり紹介している
  • 担当者の専門性・知識が低い
  • お祝い金を提示している

大手総合転職サイトは求人数が多く、転職実績も高いです。
しかし、看護師という医療分野の専門職の場合、大手総合転職サイトでは担当者が少ない可能性があります。
また、看護師の求人自体ほとんどないような場合もあります。

さらに、お祝い金を提示しているサイトは要注意です。
「お祝い金」とは、転職サイトを利用して転職した方にお祝い金として現金を渡すサービスです。
このようなサービスは、2021年の職業安定法の改正により禁止されました。
違法となったお祝い金を提示しているサイトがまだあるとすれば、それは信用できないサイトです。

また、看護師専門の転職サイトだったとしても、以下のような担当者の場合は、担当者の変更を検討しましょう。

  • 条件に合わない部分やネガティブな部分の説明をせずに求人を提案する
  • 看護師の転職活動に必要な専門性や知識などが不十分

なお、担当者の質の低さが気になる場合は、サイト自体の変更も検討しましょう。

転職サイトで転職活動をする流れ

ここからは、転職サイトで転職活動をする際の実際の流れをご説明します。

(1)登録

転職サイトを利用する際はサイトへの登録を行います。
氏名・住所・職種・保有資格など、さまざまな情報を登録します。
サイトによっては、転職エリアや配属先といった希望条件を登録するところもあります。

(2)エージェントとのカウンセリング

サイトへの登録後、担当者と電話・メール・面談などでカウンセリングを行います。
カウンセリングでは、登録した個人情報・ご自身が希望する条件・職務経歴やスキルに関する詳しい確認が行われます。

(3)求人紹介

カウンセリングが終わり次第、担当者より希望する条件に合った求人が紹介されます。
求人は複数件紹介されるので、ご自身で内容を比較検討します。
不明点や気にかかる点があれば担当者によく確認し、解消した上で応募先を選ぶようにしましょう。

(4)希望する求人への応募

希望する求人が決まれば応募の意志を担当者へ伝えます。
その後担当者が代行して応募を行いますが、その際に履歴書・職務経歴書を作成する必要があります。
作成した書類は担当者に添削してもらい、応募先へ送付します。

(5)選考

書類選考を通過したら面接の日程調整を行います。
面接に自信がない場合は、担当者に相談し、面接対策のレクチャーや模擬面接を受けてみましょう。
面接終了後は、選考の状況などを担当者に確認してもらうこともできます。

(6)内定・入社

面接の結果、内定の場合はオファーレターという書類が提示されます。
オファーレターには給与や福利厚生など労働条件が詳しく記載されています。
内容を確認して入社の意志が固まれば、内定承諾を伝えましょう。
入社決定後は、担当者に入社時の準備など必要事項を確認してもらうようにします。

スポンサーリンク

看護師転職サイトによくある質問

看護師転職サイトの利用について、よくある質問をまとめました。

無料で利用できる?手数料は?

転職サイトは基本的に全てのサービスにおいて手数料などの費用がかかりません

転職サイトは求人を出している企業・機関から紹介手数料を受け取ることで、サイトを運営しています。
そのため、求職者は転職サイトの各種サービスを無料で利用することができます。

連絡は電話なしでも可能?

連絡手段は、メールオンラインチャットなど、最近ではさまざまな方法を採用しているサイトが多いです。

しかし、基本的には電話で連絡をとることが多いです。
転職活動をよりスムーズに進めるためには、電話を使えるようにしておくことがおすすめです。

内定後に辞退はできる?

基本的には内定を辞退することは可能です。
しかし、内定を決めた企業・機関に迷惑をかけることになるので、内定を承諾する前にしっかりと考えることが必要です。
やむを得ず内定を辞退する場合は、担当者へ辞退の意思を伝えましょう。

求人票の経験加算ってなに?

これまでの看護師経験を評価して、基本給に加算するシステムのことです。

そのため、転職先で経験加算を取り入れている所では看護師経験が加味されて基本給が変動することがあります。
経験加算の評価対象は病院・クリニックで違う場合や、正看護師としての経験のみという場合もあるので確認する必要があります。

ブランクがあっても大丈夫?

結婚・出産・介護など、家庭の事情で退職された方でも、復職することは可能です。

ブランクが気になり再就職することに抵抗を感じる場合は、担当者にそのことを伝えましょう。
そうすることで、ブランクがある方でも安心して働けるような求人や、研修制度が充実している求人を提案してもらえる場合があります。

連絡がしつこいと感じたときは?

担当者からの連絡が多すぎる場合は、まずは連絡内容を確認しましょう。

重要度の低い連絡が含まれていれば、担当者と相談し、内容によっては連絡を控えてもらうことも1つの手段です。
また、連絡してもらう時間帯を決めておくことも、連絡によるストレスを減らすためには大切です。

なお、相談しても改善しない場合は、担当者以外のサイト関係者に相談し、担当者を変更してもらうことも検討しましょう。

担当エージェントの変更を希望する場合は?

担当者の変更を希望する場合、サイトによって相談方法や窓口となる連絡先が異なりますので、まずは利用しているサイトを確認してみてください。

変更希望を伝える際は言いにくいこともあると思いますが、転職を成功させるため、はっきり伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

看護師転職に関するよくある質問

看護師の転職についてよくある質問をまとめました。

どんな理由で転職する看護師が多い?

看護師の転職理由には、以下のようなものが多いです。

  • 結婚・出産・家族の介護などのきっかけで仕事量を減らしたい
  • 残業が多い・休みがない
  • 人間関係のストレス

看護師以外の道に進む人の割合は?

2020年の厚生労働省の調査では、病院などの医療分野以外で働く看護師は、全体の約13%でした。

また、看護師に対するある調査では、約41%が「看護職に限らず、(自分の)関心のある仕事をしてみたい」と答えており、6.3%が「看護職以外の仕事をしてみたい」と答えています。

転職先を選ぶ際に重視すべきポイントは?

転職先を選ぶ時に重視するべきポイントは、人それぞれ異なります。

例えば、職場の人間関係がストレスで転職を考えている方の場合、転職先を選ぶ際は人間関係等の職場環境が良好かどうかを重視するべきでしょう。
また、体力的に夜勤が難しくなったような方の場合、日勤のみの求人であるかどうかが、大事なポイントでしょう。

ご自身がどのような理由で転職したいのか、それに合わせて重視するポイントを見極めることが大切です。

スポンサーリンク

転職サイト以外の転職方法

ハローワーク

ご自身で求人情報を調べて、自分のペースで転職活動を行いたい人にはおすすめです。

ハローワークは全国に500ヶ所以上あり、地元密着の求人が多く、全体の求人数自体も多いので、さまざまな選択肢の中から転職先を選ぶことができます。
しかし、求人数が多い分、中にはブラックな企業などの求人もある可能性があり、慎重に選ぶことが必要です。
また、求人を探して応募するまでは相談員などの職員が対応しますが、その他のことは全てご自身で行うこととなります。

ナースセンター

転職活動に不慣れであったり、ブランクがあったりするために相談に乗ってもらいながら転職活動を進めたい方におすすめです。

ナースセンターは全国に47ヶ所あり、看護師経験のある職員からのアドバイスや提案を受けながら転職活動を行うことができます。
ブランクがある看護師の方が再就職しやすいように、看護技術や知識に関する研修を受けることも可能です。

また、ネット上で利用できるe-ナースセンターというものもあります。
なお、e-ナースセンターには、求人数に偏りがある、利用する際には登録が手間でサイトが使いにくい、といったデメリットもあります。

求人広告サイト

ご自身のペースで転職活動を進めたい方におすすめです。

求人広告サイトはさまざまなジャンルの求人情報を網羅的に掲載しているサイトのことで、看護師の求人も多く、気になる求人が見つかればそのままご自身で応募することが可能です。
求人広告サイト自体の数も多いことから、複数のサイトを利用することでより効率的に求人を探すことができます。

しかし、中には条件が誇張され、実態とはかけ離れたような求人も多く出回っていることがあります。
また、転職活動における全てのプロセスを1人で行わなければならないため、1人でやりきることができるのか、よく検討することが必要です。

知人からの紹介

転職活動に手間をあまりかけずに進めたい方・転職先の内部を知った上で転職したい方におすすめです。

同業で、別の医療機関や施設などで働く友人や知人を介して転職を行う方法です。

メリットとしては、一から始める転職活動と比べると手間がかからないことが多い点や、友人や知人から職場内の雰囲気・状況などを確認することができ、応募するか検討しやすいという点があります。

一方デメリットとして、友人・知人から職場内の確認を行う場合、主観的な情報であるため入社してみるとイメージと違っていたというミスマッチが起こる可能性があります。

メリットとデメリットを踏まえ、慎重に検討するようにしましょう。

転職希望先への直接応募

転職希望先がすでに決まっている方・ご自身でPRして転職したい方におすすめです。

この方法では、転職希望先の公式サイトなどの応募フォームからご自身で直接応募を行い、転職活動を進めます。
第3者を介さないため、書類選考・面接などでご自身の思う通りにPRを行うことができます。

なお、書類準備や面接日・条件などの交渉もご自身で行う必要があるため、その分の手間がかかるというデメリットもあります。

看護師の転職先の支援や制度をよくチェックしよう!

転職活動を行う前に転職先での支援や制度についても必ず確認するようにしましょう。

そうすることでよりご自身が求めている実生活や働き方に近づくことができる可能性があります。

看護職員に対するアンケートでは、「夜勤の免除・夜勤回数の軽減」「時間外労働の免除」「時差出勤・フレックスタイム」「休日労働の免除」「短時間勤務」を希望したのに対応してもらえなかったと答えた人が多くいました。
特に女性の看護師は結婚・出産・子育て・家族の介護などでプライベートな時間が必要となることが増えてきます。
そのため職場での支援や制度を活用して看護師の仕事を続けたいという思いで、条件に合った職場へ転職する人が多くいます。

こうした背景もあるので、転職先における支援や制度の内容と、どのように利用できるのかしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク

看護師転職サイトの選び方のまとめ

ここまで看護師転職サイトの選び方についてお伝えしてきました。
看護師転職サイトの選び方の要点をまとめると以下の通りです。

  • 看護師転職サイトを選ぶ際は、運営会社・評判・サービスに対応しているエリア・求人数・求人内容の特徴・質などに注目する
  • 看護師転職サイトのメリットは、担当者によるサポートで効率的に転職活動を進められること
  • 看護師転職サイトのデメリットは、転職活動に悪影響が出る場合があること
  • 看護師転職サイトを上手に使うには、希望条件を明確にし、複数のサイトに登録してより良い求人を見つけ、不安や悩みはすぐに解決することが必要
  • 理想の働き方に近づくことができるように、転職先で得られる支援や制度についても確認する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク