ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>転職>看護師が50代からの転職ってどう?需要や受け入れ先を詳しく解説

看護師が50代からの転職ってどう?需要や受け入れ先を詳しく解説

50代の看護師の方で転職を検討する際に、本当に需要があるのか悩まれる方は多いのでは無いでしょうか。

本記事では、以下の点について詳しく解説していきます。

  • 50代の看護師の需要はある?
  • 50代の看護師が転職を有利に進めるには?
  • 50代から看護師の道を目指すことはできる?

本記事が、50代の看護師の方で転職を希望している方や看護師をこれから目指そうとしている方のお役に立てれば幸いです。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

50代看護師に需要はある?

50代からの看護師の転職は本当に需要があるのでしょうか?
結論から言って、需要はあります

以下の表は50代看護師数の推移を表したものです。

平成14年平成24年
正看護師10%16%
准看護師23%29%

出典:「衛生行政報告例」(厚生労働省統計情報部)

この表から分かる通り、50代看護師は、正看護師も、准看護師も割合を増やしています。

その理由を具体的にお伝えしますので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

理由① 業界の人手不足

看護師の仕事は常に人手不足です。

厚生労働省の「看護職員の現状と推移」からでも、看護師の退職理由の多くが、出産・育児のため(22.1%)・結婚のため(17.7%)となっており、4割近くの看護師が結婚・出産・育児のために退職しています。

看護師業界での人手不足は深刻であり、改善すべき課題でもあるのです。

理由② 経験値の高さ

看護師という仕事は専門性の高い仕事であるため、経験値の高さは転職には有利です。
一般的には、50代の転職は不利となりますが、50代まで積み上げてきた看護師としてのキャリアは大きな武器となり、即戦力として生かされてきます。

理由③ リーダーシップ力がある

経験値の少ない若手の看護師にとって、知識の豊富さやスキルの高い50代看護師は、頼りになる存在になります。
職場の中でリーダーシップを発揮できるのも50代看護師なので、若手看護師のまとめ役にはピッタリなのです。

スポンサーリンク

50代看護師が転職時に知るべきポイント

一般的な転職よりも有利である看護師の転職ですが、50代となると少し不利な部分も出てきます。そこで、50代看護師の転職時に知るべきポイントをお伝えします。

経験を発揮できるか

看護師の仕事も職場によって今までとは違う仕事になることもあります。
未経験の職場では今までのキャリアを生かすことは難しいでしょう。

経験は大きな武器です。
経験を発揮できる職場を選ぶことがポイントとなってきます。

定年と再雇用

看護師にも定年はあり、職場によっては再雇用していないところもあります。

定年後も看護師として働き続けたいと希望する場合は、再雇用制度がある職場を転職先として選ぶことをおすすめします。

ブランクがあっても良いのか

看護師として転職する場合、即戦力が求められます。
しかし、看護師業界は常に人手不足であるため、たとえブランクがあったとしても採用してくれる職場は多いです。

全国のナースセンターや各病院などで実技研修などを行っているところもあります。
自分のスキルに不安がある場合は、これらの研修を受講してみることをおすすめします。

収入面とキャリアアップ

体力が落ちてくる50代看護師の場合、夜勤勤務など体力面を考慮した転職では収入面が下がってしまうことがあります。

しかし、管理職へのキャリアアップでは、仕事のレベルが上がるため年収も上がってくる可能性があります。
管理職は責任が伴ってきますが、その分やりがいを感じるので、看護師としてキャリアアップを望んでいる人にはおすすめです。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれる強い[…]

順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

50代からの看護師転職を有利に行うコツ

ここでは、50代からの看護師転職を有利に行うコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

経験の豊富さ

50代まで看護師として働いてきた経験の豊富さは、転職後も即戦力として活躍できるため、職場としても欲しい人材として評価されます。
経験の豊富さは大きな武器です。
体力面では年齢が不利になることもありますが、経験の豊富さは必要とされる人材となるでしょう。

教育側の人材として

看護師としてのスキルは、緊急などのときにも発揮されます。
そのスキルは、経験値が低い若手看護師の見本となり、
今までの看護師としての知識やスキルを今度は教える側にまわることで教育側の人材としても生かされてきます。

AGA

主な転職先となる施設

50代看護師としての転職先として、どのような施設があるのか。その施設のメリットとデメリットをお伝えします。

クリニック

クリニックの場合、夜勤がありません。
体力に不安を覚える50代看護師としては働きやすい職場となります。
重病の患者さんも少ないので、精神的な負担は軽く仕事とプライベートを充実させられることがメリットです。

一方、クリニックは働いている看護師の数が少ないため、人間関係での悩みが出やすい傾向にあります。
コミュニケーションを取ることが苦手な看護師には、働きにくい施設になるかもしれません。
しかも、メリットとしてあげていた重症患者が少ないことが、看護師としてのスキルアップにつながらないというデメリットにもなります。

介護施設

介護施設は、高齢者の健康管理が大きな仕事となります。
介護施設で過ごせるほど安定した体の状態なので、精神的な負担が少ないことがメリットです。
看護師のレベルでは対応できない状態だったとしても、医師につなげたり、病院へ搬送したりできるので仕事の上での負担は少ないでしょう。

しかし、入居者の人数に対して看護師の人数は少ない施設が多いので、一人の看護師に対するプレッシャーは大きくなります。
その上、高齢者相手の仕事ですので、向き不向きがあります。
自分に向いているのかどうかを考える必要があるでしょう。

デイサービス

高齢者施設のデイサービスは、通所してくる高齢者の方の日常介助や健康管理となります。
デイサービスは夜勤がないところがほとんどで、土日にお休みの施設もあるので、休日・時間でのやりくりがしやすいところがメリットとしてあげられます。

デメリットとしては、高齢者の方の日常の健康管理やレクリエーションが主な仕事となるため、看護師としてのレベルアップは期待できません。
その上、夜勤や休日出勤などがないので、収入面での低さもデメリットとしてあげられます。

訪問看護

病気や障がいを抱えた患者のもとへ出向いて看護するのが訪問看護です。
一人で患者のところを回るため、自分で判断し臨機応変に対応できるスキルが身に付いていきます。
キャリアや経験が積めて、看護師としてレベルアップしていきたい人にはおすすめの職場です。
看護師同士の人間関係も煩わしさがないこともメリットと言えるでしょう。

しかし、体力面・精神面においてかなり自信がないと厳しいです。
現場での自分の判断に責任も伴ってきますし、患者の家族とのコミュニケーションも必要となってきます。
休日に急な出勤に対応しなければならないこともあるため、その点もデメリットとなるでしょう。

訪問介護

介護士として、高齢者の日常のお世話をする仕事へ転職する看護師もいます。
看護師としてのスキルを生かして介護の仕事に就くことができ、資格も取得すれば、看護師と介護士両方のスキルを活かせるので、転職にも有利でしょう。

しかし、訪問介護の場合、バリアフリーでない家庭での介護になるので、体力面での負担は大きいです。
また、収入面でも看護師よりも下がるため、デメリットとなります。 

健達ねっとECサイト

50代看護師にオススメの求職サイト

50代看護師が転職する際にオススメの求職サイトがありますので、ご紹介します。

看護roo!

対応エリアは全国。公開求人数も約6万件と、求人数でもサポート面でも充実しています。

面接対策と相手側施設への条件交渉においては定評があり、利用者の満足度も約96%以上という高い満足度を誇っています。

公式サイトはこちら

ナース人材バンク

年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数NO.1」のサイトです。(株式会社エス・エム・エス調べ)

医療機関との繋がりが強いため、非公開求人の数も多く、全国的に幅広く転職先を探すことができます。
実績が豊富であり、全国展開していますので、求人数もあり情報もたくさん持っていることが特徴です。

公式サイトはこちら

看護のお仕事

公開されている求人数ではトップクラスです。

年間4,000回以上、職場訪問を行っているので、求人票では分からない実際の職場の雰囲気などの情報を豊富に持っています。
求人ごとにおすすめのポイントや実際の生の声など、これから転職しようと考えている看護師が欲しい情報がたくさん掲載されていますので参考にしてください。

公式サイトはこちら

マイナビ看護師

求人数は約8万件あり、面接対策・履歴書添削サービスなど専任のアドバイザーがサポートします。

看護師としての仕事をしながら転職する忙しい看護師のために、条件交渉や日程調整も積極的に行ってくれるので頼もしい味方になるでしょう。

公式サイトはこちら
薬の使い方
順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

看護師が50代から転職をした理由

実際に50代から転職した看護師の方の転職理由をご紹介します。

体力の限界を感じて、急患や夜勤の無い施設への転職を考えました。
クリニックや介護施設など、日勤勤務が主な施設を転職先に選び、定年まで働ける環境を第一に考えたのです。

給与アップを考えて転職しました。
管理職への挑戦や今までのスキルを全面に出してアピールすることが転職成功の道と考えます。
求人広告では、給料面で良い条件だったとしても、人間関係だったり体力面での不安だったり、見えない条件もありますので、情報収集だけは徹底的に行ったほうがいいでしょう。

人間関係の問題で転職せざるを得なかったです。
女性の割合が多い職場なので、人間関係には苦労しました。
若い看護師が多くなり、働きにくくなってきたのも原因でしょう。
転職先は、どのような人が働いているのかを知る必要があったので、転職サイトを利用して情報収集しました。

体力面や人間関係、待遇への不満といったものが転職理由の上位を占めることがわかります。

同じような不満を抱えてらっしゃる看護師の方で年齢が不安要素で転職に悩んでいる方は、転職して良いかどうかで悩む必要はありません。
50代でも十分に転職先の需要はあります。

自分が仕事や職場に求める条件が何か自己分析した上で、転職が最善の道であるかを判断してみてはいがでしょうか。

50代から看護師を目指す方へ

50代における看護師の転職のことをお伝えしてきました。
ですが、実は50代から看護師を目指す方もいます。
ここでは、50代から看護師を目指す際の注意点をお伝えします。

現役看護師からは否定的な声が多い

看護師の仕事は経験が必要です。
その上、体力的・精神的・瞬間の判断力が必要な仕事でもあります。

資格を取って知識だけあったとしても、現場での経験値が圧倒的に少ないため、現役看護師からは否定的な意見が多いです。

同じくらいの現役看護師は、すでに20年・30年と現場で戦ってきたベテラン看護師となります。
資格を取って働き出しただけでは一人前ではないので、記憶力・判断力も鈍りがちになる50代から看護師に挑戦することに理解を示す現役看護師は少ないです。

まずは家族の理解を得る

看護師を目指そうと考えたとき、看護学校にいく時間・費用を考慮してもまずは家族の理解を得ましょう。
看護師になってからも、夜勤・土日の仕事など家族の協力を得られないと続けることが難しくなってきます。

看護師の仕事は人の命を預かる仕事でもあり、生死に関わる仕事でもあるため、気持ちを引きずったまま帰宅することもあるでしょう。
そのときに、家族の理解が得られていないままでは、体力面だけでなく精神面でも看護師の仕事を続けていくことが厳しいです。

正看護師か准看護師か

看護師の資格には、規定の単位を取ってから試験に望む国家資格である「正看護師」と、各都道府県知事が発行する免許を取得してなれる「准看護師」があります。

「正看護師」の場合は、看護専門学校か看護短期大学での勉強が必要(3年間)ですが、「准看護師」の場合、准看護師養成所(准看護学校)で2年間勉強して卒業すれば受験資格が与えられます。

学校だけでしたら、昼間の看護学校か定時制の准看護学校の違いですが、将来的に看護師として働くときの働き方なども考えて、「正看護師」か「准看護師」かを選択するのがおすすめです。

学校さがし

看護師になるためには看護師資格を取る必要があります。
正看護師の資格を取るには、看護専門学校や看護短期大学への進学が必須であり、国家資格取得が最大条件となります。

「看護専門学校」の入試問題は、高校1年生レベルであり、社会人なら働きながら受験しても合格しやすいでしょう。

しかし、入学すると学校は昼間にあり3年間通わないといけないので、仕事をしながらの通学は難しいです。
今の会社を退職して進学する必要があります。

「准看護学校」は定時制であり2年間で受験資格を得られます。
働きながら進学することも可能で、学生の大半が社会人です。

自分がどこを目指したいのかをはっきりさせてから、学校を探しましょう。

職場さがしと就活

看護師として働く施設は、病院・クリニック・介護施設・訪問看護などさまざまな施設があります。
希望する施設を探したり、就活するためには転職サイトやハローワークなどを利用することがおすすめです。
看護師としての経験値がない状態での就活なので、なぜ看護師として働きたいのかを明確にしておきましょう。

採用後に覚悟しておくこと

まず、看護師は体力がいる仕事です。
おそらく想像以上だということを覚悟しておいた方がいいでしょう。
日頃から運動を取り入れたり、体力を維持する方法を探したり工夫が必要です。

と同時に、仕事を教えてくれる上司や先輩はほとんどが年下です。
中には自分の子供と同じくらいの歳の先輩も出てくるでしょう。
素直に指導を聞く覚悟を持つことも大切です。

社会人としての経験値を生かして、柔軟に対応していきましょう。

スポンサーリンク

看護師50代からの転職まとめ

ここまで、50代看護師の転職についてお伝えしてきました。

50代看護師の転職の要点は以下の通りです。

  • 体力面などを考えて、経験豊富な50代看護師の転職は決して不利ではない
  • 転職を成功させるために必要な情報収集は転職サイトなどの利用がおすすめ
  • 50代から看護師を目指す方には、家族の了解も得て実際の看護師の仕事を把握して臨むことがお勧め

これらの情報が50代で転職を希望している方にお役に立てたら幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク