ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>ダイエット>リベルサスダイエットとは?ダイエット効果や始め方などを紹介

リベルサスダイエットとは?ダイエット効果や始め方などを紹介

さまざまなダイエットをしても続かず、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
リベルサスは、2型糖尿病の治療に用いられ、インスリンの分泌を促進する効果が期待できます。
では、リベルサスダイエットはどのような効果や副作用があるのでしょうか。

本記事では、リベルサスダイエットについて以下の点を中心にご紹介します。

  • リベルサスダイエットの効果とは
  • リベスサスダイエットのメリットについて
  • リベスサスの副作用について

リベルサスダイエットについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

リベルサスとは

リベルサスは、GLP-1受容体作動薬という種類の薬です。
2021年2月に世界で唯一の飲み薬として発売され、有効成分は「セマグルチド」が含まれています。

通常、GLP-1受容体作動薬は注射剤の形で使用されています。
リベルサスは内服薬として利用できるため、使いやすいとされています。

リベスサスは、胃腸の働きを調整して食欲を抑える効果が期待できます。
2型糖尿病の治療に用いられ、インスリンの分泌を促進する効果があり、血糖値を下げるとされています。

スポンサーリンク

リベルサスダイエットの仕組みと効果

リベスサスダイエットの市区元効果はどのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれみていきましょう。

血糖値を下げる

糖尿病は、体の中でインスリンが上手に作用しなくなり、慢性的に高血糖が続いている状態です。
高血糖状態は、体を常に痛め続け、疲労や負担、さらに病気につながってしまう原因となります。

リベルサスは、インスリンの分泌を促して血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。
そのため、食事や運動療法では改善が難しい2型糖尿病の治療にも利用されています。

食欲の抑制

リベルサスは胃腸の働きをコントロールすることで、通常より少ない食事量でも満腹感を感じやすくなります。
また、満腹中枢に働きかけることで、空腹感を減らして食欲を抑制します。

さらに、食べ物を吸収する速度を遅くし、糖分の吸収を緩やかにするとされています。
その結果、食後に血糖値が急激に上昇するのを防ぎます。

リベルサスダイエットのメリット

リベルサスは、痩せやすい体を作るために効果が期待されている薬剤です。
リベルサスには、以下のような効果が期待できます。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 胃腸の働きを調整する
  • 基礎代謝を上げる

食欲は、血糖値が高いほど高くなり、低いほど低くなる傾向にあります。
また、食べてすぐにまたお腹が空く場合は、血糖値の変動によるものです。

リベルサスは、血糖値の変動を抑えるためにインスリンの分泌を増やし、食欲を抑制します。
さらに、胃腸の動きをコントロールして消化速度を緩やかにするため、服用後は満腹感が長持ちしやすくなります。

また、内臓脂肪の燃焼を促して基礎代謝量を増やすことで、痩せやすい体作りを目指します。

基本的にはリベルサスを服用することで食欲を抑えられるため、ハードな運動や食事制限をする必要はありません。
ただし、リベルサスの服用にあわせて、食事内容や運動量など生活習慣を見直すことも大切です。

スポンサーリンク

ダイエットが続かない主な理由

過去にダイエットを試みた方たちの中で、ダイエットをやめた理由を調査した結果があります。
調査の結果、「面倒くさくなった」が最も多い結果となりました。
そのほか、「ダイエットが成功した」「効果が実感できなかった」「忙しくなり、時間がなくなった」などがあります。

性別によっても理由に差があり、男性では「ダイエットが成功した」が多い傾向にありました。
女性では「面倒くさくなった」「効果が実感できなかった」などの理由が多いです。

リベルサスは、国内で認可された内服薬です。
注射の痛みや手間などがなく、自宅で簡単に始められるため、ダイエットが続かない方におすすめです。

関連記事

ダイエットの停滞期についてダイエットを頑張っていると、思うように体重が減らない時期があります。思うように体重が減らない時期は、「停滞期」と呼ばれ、ダイエットする誰にでも起きる自然な現象です。停滞期が起きる原因は何でしょうか?停[…]

健達ねっとECサイト

リベルサスの飲み方

リベルサスとは、体内のホルモンであるGLP-1はすぐに分解されるため、効果は短時間といわれています。
しかし、リベルサスは1日1回の服用で長時間効果が続くように改良されており、効果が期待できます。

効果を得るためには、錠剤を割ったりかみ砕いたりすることは避けるようにしましょう。割ったりかみ砕いたりすると、効果が正常にあらわれないだけでなく、副作用が強く出る可能性もあります。

リベルサスは、空腹時に水と共に服用するようにしましょう。
リベルサスは、胃に入っている食事や飲み物などの成分により、吸収が悪くなってしまいます。
そのため、服用後30分以上は飲食を避けましょう。

また、ほかの薬を服用している方は、リベルサスを服用してから30分以上経過してから服用しましょう。

お茶やコーヒーによっても影響を受けるため、水で服用することが望ましいです。
なお、服薬ゼリーを使用することも避けましょう。

起床時に水を飲みたい場合も、リベルサスを服用後に水を飲むようにしましょう。
リベルサスを服用した後は、しばらく飲食を控えることで、効果が期待できます。

薬の使い方

リベルサスはどこで購入できる?

リベルサスはどこで購入できるのでしょうか。
以下でそれぞれ具体的に紹介します。

購入方法

リベルサスは医療用医薬品です。
そのため、基本的に医師の処方に基づき、病院や薬局での購入が必要です。
美容クリニック、ダイエット外来、肥満外来などで処方してもらえます。

リベルサスは血糖値を抑える薬ですので、処方の際には血液検査が必要な病院が多くあります。
低血糖のリスクを確認するために、血液検査が必要となっています。

初回の処方はオンラインで受けられない場合があるので、事前に処方を受ける病院に確認しましょう。
2回目以降の処方はオンラインで受けられる場合もあります。

値段

リベルサスの値段は、処方される錠剤のグラム数によって異なります。
一般的には、1万5,000円から4万円の範囲で購入できます。

糖尿病治療薬として保険適用される場合もあります。
しかし、ダイエットや肥満治療の目的で処方される場合は保険の適用外となります。
そのため自費診療となり、費用が高額になることがあります。

リベルサスは個人輸入ができる?

リベルサスを入手するには、クリニックや病院で医師からの処方が必要です。
個人輸入は処方ではなく、インターネット上の通販などから個人で医薬品を購入する行為です。

リベルサスは個人輸入で入手できますが、安全性が確保されていない医薬品を入手する可能性があります。
また、体調や体質に合った薬の服用方法がわからないため、健康被害など重篤な副作用が生じることも考えられます。

そのため、リベルサスを扶養する場合は、必ずクリニックや病院で医師からの処方を受けましょう。
健康を守るためにも医師と相談して、適切な使用方法を確認することが大切です。

リベルサスの副作用・危険性

リベルサスの副作用・危険性には

  • 胃腸症状
  • 低血糖症状
  • めまい
  • 糖尿病網膜症
  • 膵炎

などがあります。
以下でそれぞれみていきましょう。

胃腸症状

リベルサスは胃腸に副作用を起こしやすいとされています。
胃腸症状は、とくに服用初期に起こりやすいです。

ほとんどの場合、消化器系の副作用は服用を続けると徐々に解消されます。
したがって、服用開始後、1カ月後に様子をみてから増量していきます。

低血糖症状

リベルサスはほかの糖尿病薬と比較して、血糖値が低い場合はインスリンを分泌させません。
そのため、低血糖症状が起こりにくい傾向にあります。

しかし、過度な食事制限を行いながらリベルサスを服用すると、血糖値が低下して低血糖症状がでる可能性があります。

また、ほかの糖尿病薬と併用する場合には、低血糖症状が強くあらわれることがあります。そのため、現在服用中の薬がある場合には、お薬手帳などに記載されている情報を医師に伝えましょう。

リベルサスを服用する場合は、適切な食事療法や運動療法を行い、定期的に医師の診断を受けることが大切です。
また、低血糖症状が出た場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

めまい

めまい、立ちくらみ、頭痛などの副作用があらわれることがあります。
症状がみられたら少量で十分ですので、ラムネなどのブドウ糖を口にしましょう。

糖尿病網膜症

リベルサスの副作用には、糖尿病網膜症があります。
糖尿病の方は、長期的に高血糖状態が続くことで全身の血管に負担がかかります。
中でも、眼には毛細血管がたくさん通っているため、糖尿病によるダメージを受けやすいとされています。

糖尿病網膜症は、初期段階では症状がなく、気付かないうちに進行することがあります。

糖尿病網膜症の進行を防ぐためには、血糖値をコントロールすることが大切です。
血糖値のコントロールが良好であっても、半年に1度は眼科での検査を受けることをおすすめします。

膵炎

膵炎は、嘔吐を伴う激しい腹痛、背中の痛みなどの症状がみられます。
嘔吐を伴う激しい腹痛などの症状はまれです。
症状があらわれた場合は、直ちに服用を中止し、医師に相談しましょう。

スポンサーリンク

リベルサスダイエットの注意点

リベルサスでのダイエット成功後に元の食事量に戻ってしまうと、リバウンドしてしまう恐れがあります。

リバウンドを防ぐためには、短期的なダイエットではなく、長期間続けて適切な食生活を身につける必要があります。

ダイエット前より少ない食事でも満足できるように、ゆっくりと食生活を変えていきましょう。

体調に合わせながら、少なくとも2〜3ヶ月以上はリベルサスの服用を続けましょう。

スポンサーリンク

リベルサスダイエットをおすすめできない方

以下の方は、リベルサスを服用できません。

  • 妊娠中、授乳中、妊娠を希望している方
  • 過去に膵炎を経験したことがある方
  • ほかの糖尿病治療薬を服用または注射中の方

さらに以下の方は、リベルサスを服用できない場合があります。

  • 重度の胃腸障害がある方
  • 胃の摘出手術を受けた方

また、甲状腺機能低下症でホルモン補充療法を行っている方は、リベルサスの服用に注意しましょう。
内服は可能ですが、定期的に血中の甲状腺ホルモン値を測定する必要があります。

リベルサスを服用する前には、必ず医師に相談してください。
現在治療中の疾患がある方、服用中の薬がある方、過去に重篤な病気を患ったことのある方は、とくに注意が必要です。

スポンサーリンク

ダイエット効果が出ない場合は?

リベルサスによる体重減少の効果は、早い方でも1ヶ月、通常は3~4ヶ月であらわれるとされています。
短い期間の服用では効果を実感できない場合がありますが、服用を続けることで効果を実感できる可能性があります。

リベルサスの服用中に自己判断で服用を中止することはやめましょう。
リベルサスによって減らした食習慣に体が慣れていないため、以前の食事量に戻りやすく、リバウンドしやすくなります。

リベルサスの効果が出るタイミングには、個人差が大きいとされています。
効果が実感できない場合や服用継続が不安な場合は、医師に相談しましょう。

リベルサスの処方可能なおすすめクリニック

リベルサスの処方可能なおすすめクリニックには

  • DMMオンラインクリニック
  • クリニックフォア
  • 東京美容外科

などがあります。
以下でそれぞれみていきましょう。

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、オンラインでの診療に特化しています。
診療予約、診察、処方箋の発行までを全てオンライン上で対応できます。(来院が必要になる場合もございます。)

さらに、処方された薬を自宅やコンビニに配送してもらえます。

診療時間も平日は22時まで、休日でも21時までと長く設定されているため、忙しい方でも利用しやすい点が魅力です。

クリニックフォア

クリニックフォアでは、オンライン診療を利用できます。
専用フォームやLINEから、簡単に予約ができます。

また、クリニックフォアで処方されるダイエット薬は元来、糖尿病の治療に使われるものです。
内科医である糖尿病に精通している医師が複数在籍しているため、副作用が気になる方は医師に相談しましょう。

Eーlife

E-lifeクリニックでは、GLP-1受容体作動薬の処方について、リベルサスとサクセンダの両方を取り扱っています。
ダイエットにおいて、自身に合った医薬品を選択できます。

さらに、E-lifeのホームページでは、丁寧にプランが解説されています。毎月、期間限定でお得な施術プランがあります。

スポンサーリンク

SGLT2阻害薬によるダイエット効果

SGLT2阻害薬は、もともとは2型糖尿病の治療薬として開発されたものです。
SGLT2は腎臓にあるタンパク質で、糖が尿に逃げ出すのを防ぐ役割があります。
SGLT2阻害薬は、SGLT2の作用を抑制することで血中の糖分を尿中に排出することを促進します。

そのため、食事から摂取された余分な糖分を体外に尿と一緒に排出できます。

リベルサスとSGLT2阻害薬のどちらか一方でも十分な効果がありますが、両方を併用することで相乗効果があるとされています。

スポンサーリンク

リベルサスダイエットのまとめ

ここまで、リベルサスダイエットの情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • リベルサスダイエットの効果は、血糖値を下げる、食欲の抑制など
  • リベスサスダイエットのメリットは、食欲を抑えられ、運動や食事制限をする必要がない
  • リベスサスの副作用は、胃腸症状、低血糖症状、めまい、糖尿病網膜症など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク