ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>サプリメント>【2024年最新】NMN点滴の効果とは?費用や他のエイジングケアとの違いも紹介!

【2024年最新】NMN点滴の効果とは?費用や他のエイジングケアとの違いも紹介!

NMNは、さまざまな接種方法がありますが、中には点滴にして摂取する方法があります。
点滴は、NMNを効率的かつ迅速に体内に吸収できるため、高い効果が期待できるとされています。
では、NMN点滴は、どのような効果やメリットがあるのでしょうか。

本記事では、NMN点滴について以下の点を中心にご紹介します。

  • NMN点滴とは
  • NMN点滴のクリニックの選び方について
  • NMN点滴がおすすめな人とは

NMN点滴について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

NMN点滴とは

NMN点滴とは、NMNを液体として点滴にして体内に投与する方法です。
以下では、NMN点滴についてみていきましょう。

NMNの仕組み

NMNは、ニコチンアミドモノヌクレオチドの略です。
細胞内エネルギー産生の過程に関与する物質で、NMNは、細胞内でNAD+に変換されます。
NAD+は、細胞内でエネルギーを生産するために必要な酵素の一部を活性化するために必要です。

NMNは、体内で生成されますが、年齢とともに減少します。
NMN点滴は、体内のNMNレベルを補充するために使用されます。

NMN点滴の方法

NMN点滴は、NMNを点滴で血管に直接投与することで、身体の機能や見た目を改善する効果が期待できます。
1回のNMN点滴は100〜200mgを目安としており、点滴にかかる時間は約15〜30分です。

初回は150mg程度で、高容量のNMN点滴を希望される場合も、月に1〜4回ほど受けられます。

スポンサーリンク

NMN点滴の効果やメリットとは?

NMN点滴は、老化防止に効果が期待できるNMNを効率的に体内に吸収する方法です。
抗加齢、体力増強、免疫力向上、脳機能改善などの効果が期待されます。
以下では、NMN点滴の効果やメリットについて、それぞれ具体的にご紹介します。

効果

以下からは、NMN点滴の効果についてみていきましょう。
ぜひ参考にしてください。

老化予防・若見せ効果

NMN点滴療法では、損傷したDNAを修復して老化遺伝子の増加を抑制します。
そのため、若見せ・老化予防に効果が期待できます。

NMN点滴で「サーチュイン遺伝子」を活性化できることから

  • 肌のエイジングケア
  • 代謝アップ
  • エストロゲン上昇
  • ミトコンドリアの活性化

が期待できます。

NMN点滴療法のメリットは、新陳代謝の向上によって肌のシワやたるみだけでなく、肌ツヤの改善が期待できます。

病気や身体機能の改善

NMN点滴に期待できる効果は、

  • 思考力
  • 集中力
  • 認知力が向上すること
  • 疲労回復効果・疲れにくくなること
  • 睡眠の質の向上
  • 痩せやすい体質づくり
  • 神経の機能改善

などがあります。

NMN点滴やサプリの主な効果は、長寿遺伝子サーチュインを活性化し、ミトコンドリアの働きを上げることです。
加齢を遅らせて加齢による病気を予防し、神経伝達路の改善作用が期待できます。

NMN点滴療法では、損傷したDNAを修復して老化遺伝子の増加を抑制するとされています。
そのため、認知症の改善、集中力の高まり、運動機能の向上、睡眠の質が上がるなどの改善が期待できるでしょう。

しわやたるみ、くすみ等の肌トラブルの改善

NMN点滴に期待できる効果は

  • 肌のツヤ・キメやシミ・シワの改善
  • 肌のエイジングケア

などがあります。

NMN点滴では、しわやたるみ、くすみなどの肌トラブルの改善が期待できます。
ただし、NMN点滴は医療行為であり、医師による診断が必要です。

治療効果が期待できる疾患

ここからは治療効果が期待できる疾患についてみていきましょう。
参考いただけますと幸いです。

神経疾患

神経疾患は、ミトコンドリアの機能不全が重要な病因であると考えられています。
そのため、NMN点滴療法が有効であるとされています。
ただし、副作用もあるため、専門医に相談することをおすすめします。

糖尿病

糖尿病のマウスにNMNを与えた研究では、血糖値がほぼ正常になり、症状を劇的に改善させる効果が見られました。

ただし、NMN点滴にはデメリットもあります。
施術後に頭痛や吐き気、だるさなどの副作用が出る場合があるため、施術前に医師と相談することが大切です。

認知症

NMN点滴は、認知症の治療に効果が期待できるとされています。
NMNは、細胞のエネルギー産生に関与する物質で、加齢によって減少することが知られています。

そのため、NMNを補充することで、細胞の機能を改善し、認知症の進行を遅らせることが期待されています。

メリット

NMN点滴のメリットはいくつかあります。
以下で詳しくご紹介します。

他のNMNと違ってやり忘れる事がほとんどない

NMN点滴は、毎日摂取するサプリメントと違って、1〜4週間に1度の回数です。
そのため、NMN点滴をやり忘れることも少ないでしょう。

ただし、NMN点滴は、サプリメントよりも費用がかかります。
そのため、継続的に受けることが難しい場合もあります。

同一の成分や性能を有する国内承認医薬品がない

NMN点滴は、国内承認医薬品ではなく、まだ研究段階のものです。
そのため、同一の成分や性能を有する国内承認医薬品がありません。

ただし、NMN点滴は、海外では医療現場で使用されていることがあります。
また、日本でも、一部のクリニックでNMN点滴を受けられるようになっています。

効果が早く発揮しやすい

NMN点滴は、サプリメントよりも効果が早くあらわれるでしょう。
ただし、劇的な効果をすぐに実感できるという治療ではありません。

関連記事

この記事の監修・取材協力さわだクリニック 院長澤田 樹佳 先生2002年に金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を[…]

NMN点滴のクリニック選び方

NMN点滴を受ける際には、信頼性の高いクリニックを選ぶことが大切です。
クリニックの選び方には、いくつかのポイントがあります。
ここでは、NMN点滴のクリニック選び方について詳しくご紹介します。

アクセスが良いか

クリニック選びの際には、アクセスの良さも重要なポイントです。
NMN点滴は、定期的に通う必要があります。
そのため、駅近などの物理的な通いやすさを重視しましょう。

料金が明確にされているかどうか

NMN点滴のクリニック選びについて、料金が明確にされているかどうかが大切です。
NMN点滴の料金は、高額になりやすい傾向にあります。

また、NMN点滴は自由診療です。
そのため、保険適用はなく、費用は全て自己負担となります。

1回の投与100mgで数万円ほどかかり、定期的に施術するとなるとかなり高額となります。
そのため、費用の確認は必ずしましょう。

NMN製剤の説明がきちんとされているかどうか

NMN点滴を受ける際には、

  • 施術前の説明や問診がきちんとされているかどうか
  • 使用するNMN製剤の説明があるかどうか

などを確認することが大切です。

施術前には医師とのカウンセリングで、施術方法や副作用についても詳しく聞くようにしましょう。

気軽に質問しやすいかどうか

NMN点滴のクリニック選び方について、気軽に質問しやすいかどうかも重要です。
施術前の説明、問診を丁寧に行うクリニックを選ぶことが大切です。
また、電話、メール、WEB、LINEなどで気軽に質問しやすいかも確認しましょう。

安全なNMN製剤かどうか

NMN点滴は、若返りの効果が期待できる新しいケアとして注目されています。
NMNの摂取はその品質に関して、特にチェックしたい部分です。

製造されている施設の明示があるか、注意事項まで説明しているかなどを確認しましょう。

スポンサーリンク

NMN点滴が適している人

NMN点滴は、健康維持や美容、脳機能改善を目指す方などにおすすめです。
以下では、それぞれ具体的にご紹介します。

アトピー性皮膚炎で肌が弱いと感じている人

アトピー性皮膚炎は、肌が弱く、乾燥しやすく、痒みが出る病気です。
アトピー性皮膚炎の方は、NMN点滴がおすすめです。
NMNは、細胞のエネルギー産生を促進することで、細胞の活性化を促します。

ただし、アトピー性皮膚炎の方は、肌が敏感です。
そのため、点滴後にかゆみや赤みが出ることがあります。

施術前には、医師のカウンセリングを受けましょう。
施術前にパッチテストを行うことで、アレルギー反応が起こらないか確認することも大切です。

シミや毛穴が気になる人

シミや毛穴が気になる方には、NMN点滴がおすすめです。
NMNは、細胞のエネルギー産生を促進することで、細胞の活性化を促します。
また、抗酸化作用もあるため、肌の老化を防げます。

ただし、NMN点滴は、即効性はありません。
数回の施術を受けることで、効果を実感できます。
また、施術後は、紫外線対策しっかり行うことが大切です。

更年期障害などホルモンバランスの乱れを感じる人

更年期障害など、ホルモンバランスの乱れを感じる方には、NMN点滴がおすすめです。
NMNは、細胞のエネルギー産生を促進することで、細胞の活性化を促すからです。

更年期障害による不調には、ホルモン補充療法が一般的です。
しかし、NMN点滴は自然な方法で体内のホルモンバランスを整えられるでしょう。

NMNサプリメントで続けるのが難しい人

NMN点滴は、NMNを直接血管内に注入することで、効率的に摂取できます。

一方、NMNサプリメントは、継続的に摂取することで効果を期待できるものです。
しかし、継続することが難しい場合もあります。

そのため、NMNサプリメントで続けるのが難しい方や効果を早く実感したい方にはおすすめです。

NMNの効果を早く実感したい人

NMN点滴がおすすめな人は、NMNの効果を早く実感したい人です。
NMNは、細胞のエネルギー産生を促進し、細胞の老化を遅らせることが期待されています。

しかし、NMNをサプリメントで摂取しても、効果が現れるまでには時間がかかることがあります。
NMN点滴は、直接血液中にNMNを投与することで、効果を早く実感できるでしょう。

健達ねっとECサイト

NMN点滴の最適な受け方

NMN点滴を効果的に受けるためには、目的を決めたり、医師と相談したりすることが大切です。
ここからは、NMN点滴を効果的に受けるためにするべきことをみていきましょう。

NMN点滴を受ける目的を決める

NMN点滴を受ける目的を決めることは、効果的に受けるために非常に重要です。
NMN点滴は、美肌効果、疲労回復などの効果が期待されています。
しかし、それ以外にも、ホルモンバランスの乱れを改善したり、健康管理のために受けたりする人もいます。

自分の目的に合わせた適切な施術を受けることで、より多くの効果が期待できるでしょう。
また、健康状態によっては施術ができない場合もあるため、クリニックに相談してから受けることが大切です。

医師と相談をしっかりとする

NMN点滴を受ける前に、自分の体質や副作用について医師に相談しましょう。
NMN点滴療法は、血管痛、熱感、赤み、発疹、掻痒感などの副作用がでる場合もあります。
そのため、医師と相談してから受けるようにしましょう。

費用とクリニックにかかる時間を考える

NMN点滴の費用は、クリニックや病院によって異なります。

保険が適用されないため、自己負担が必要です。
一般的には、1回あたり数万円程度が相場とされています。

費用とクリニックにかかる時間を考慮したうえで、自分にあった方法を考えましょう。

効果が出やすい年齢がある

NMN点滴療法は、細胞の老化を遅らせる効果が期待されています。
40代〜50代以降の方が、細胞の老化が進んでいるため、効果が出やすいとされています。

ただし、年齢によって効果が変わるわけではなく、個人差があります。
そのため、医師と相談することが重要です。

薬の使い方

NMN点滴の注意点

NMN点滴の注意点には、どのようなことがあるのでしょうか。
以下でそれぞれ具体的にご紹介します。

点滴治療特有の血管痛のリスクがある

NMN点滴は、直接血液に注入する治療法です。
そのため、点滴治療特有の血管痛のリスクがあることを覚えておく必要があります。
血管痛は、一般的に短時間で軽減されますが、痛みを感じた場合はすぐに医師に相談しましょう。

また、点血管に異常がある場合は点滴を受ける前に詳細な検査を受けることが重要です。

未承認医薬品である

NMN点滴療法は、まだ厚生労働省から承認を受けていない未承認医薬品です。
そのため、安全性や有効性については確立されておらず、リスクがあるとされています。
また、NMN点滴療法は、医師の診断や指導のもとで行われる必要があります。

NMN点滴が受けられない人がいる

NMN点滴は以下の方は受けられません。
ご自身が受けられる対象か確認してから点滴を受けるようにしましょう。

妊娠中・授乳中の人

NMN点滴は一般的に安全な治療法ですが、妊娠中や授乳中の人は受けられません。
NMN点滴を受ける前には、医師に自分の健康状態、妊娠中・授乳中であるかなどを確認することが重要です。
医師からの指示に従い、適切な治療を受けることが必要です。

腫瘍性の病気がある

NMN点滴は、腫瘍性の疾患を患っている場合は、医師に相談してから治療しましょう。
また、点滴を受ける前に、医師としっかりとカウンセリングを行うことも大切です。
自身の体調や病歴、アレルギーなどを正確に伝えましょう。

重大な副作用はないとされているが研究中である

NMN点滴は、若返り効果が期待される注射です。
研究では、NMNサプリメントや点滴療法による重大な副作用は認められていません。

また、NMN点滴による重大な副作用については、現在も研究中です。
そのため、安全性についてはまだ不明な部分もあります。

NMN点滴の適切な頻度と量

NMN点滴の頻度や点滴の量は、個人の目的や体調によって異なります。
以下からは、NMN点滴の頻度や点滴の量について紹介いたします。

目的によって量や回数が異なる

NMN点滴の頻度や量は、目的によって異なります。
1回の点滴の量のおおよその目安は決まっています。

高容量のNMN点滴を希望される場合も、初回は150mgから可能な場合もあるでしょう。
NMN点滴は、医師としっかりカウンセリングを行うことが大切です。

1回の点滴にかかる時間

NMN点滴療法は、1回の点滴で15〜30分程度の時間をかけて投与するのが目安です。

1回の点滴の量

NMN点滴療法は、1回の点滴で100mg〜200mgを投与するのが一般的です。

1~4週間に1度継続的に受けると効果的である

治療を受ける頻度はクリニックによっても異なるでしょう。
通常、1〜4週間に1度継続的に受けることが推奨されています。

関連記事

若返りや美容効果が期待できると注目されているNMNをご存じでしょうか。知っていても摂取方法がわからないという方も多いでしょう。NMNの正しい摂取方法を知り、その効果を実感してみませんか?本記事ではNMNの摂取方法について[…]

スポンサーリンク

NMN点滴に必要な費用

NMN点滴を受けるために必要な費用は、施術するクリニックによって異なります。
ここからは、NMN点滴に必要な費用についてご紹介します。

NMN点滴の際の受診の費用

NMN点滴を受けるには、まずは医療機関での受診が必要です。
初回の受診時には、初診料として費用がかかります。

また、受診する医療機関によって費用が異なる場合があります。
そのため、比較検討することもおすすめです。

自由診療のためクリニックによって費用の幅がある

NMN点滴療法は自由診療のため、保険適用はなく、費用は全て自己負担となります。
そのため、クリニックによって費用の幅があります。
定期的に施術する場合はかなり高額となるので、費用の確認はとても重要です。

点滴の量

点滴の量はいくつかあり、費用も量によって異なります。
ここでは、点滴の量でどのくらいの費用がかかるのかご紹介します。

100mg

1回の投与100mgで3~5万円ほどが目安です。

150mg

1回の投与150mgで4~6万円ほどが目安となります。

300mg

1回の投与300mgで5~7万円ほどが目安となります。

スポンサーリンク

NMN点滴以外の摂取方法

NMNはサプリメントや食べ物からも摂取可能です。
以下では、NMN点滴以外の接種方法についてみていきましょう。

サプリメント

NMNは、点滴以外にもサプリメントで摂取できます。
サプリメントは、錠剤やカプセルなどの形で販売されています。

ただし、純度が高いものを選ぶことが重要です。
そのため、サプリメントに含まれている成分を確認しましょう。

食べ物

NMNを含む食品は、ブロッコリー、キャベツ、キュウリ、枝豆、アボカドなどです。
ただし、NMNが含まれている量はとても少ないため、サプリメントでの摂取が一般的です。

肌から摂取する

NMNは、NMNを含む美容液のパックを使用して、肌から摂取できるものがあります。
NMNを含むパックを肌に使用し、しばらく置いた後に洗い流すことで、肌に栄養を与えられます。

また、NMNは、紫外線ダメージから肌を守る効果もあるとされています。

スポンサーリンク

NMN点滴とサプリメントの比較

先ほどNMN点滴以外の摂取方法として、サプリメントの服用をご紹介しました。
以下では、NMN点滴とサプリメントの比較をみていきましょう。

NMN点滴NMNサプリメント
摂取方法専門の医療機関で直接血液に送り込む自宅で口から摂取
効果の発現速度即時的時間をかけて徐々に
吸収効率高い(直接血流に入るため)低い(消化吸収の過程で一部が分解される)
コスト高い(医療機関での施術費用が必要)比較的低い(自宅で摂取可能)
継続性低い(医療機関への通院が必要)高い(自宅で手軽に摂取可能)

NMN点滴は、NMNを直接血流に送り込む方法です。
点滴により、NMNが体内に素早く、かつ高濃度で吸収され、全身に効果を発揮します。

特に、疲労回復やアンチエイジング効果を即時に求める方には、NMN点滴がおすすめです。
ただし、点滴は専門の医療機関で行う必要があり、費用もそれなりにかかります。

一方、NMNサプリメントは、日常的に手軽にNMNを摂取できる方法です。
サプリメントは、自宅で簡単に摂取でき、継続的にNMNを体内に取り入れることが可能です。

しかし、サプリメントから摂取したNMNは、消化吸収の過程で一部が分解されるため、点滴と比較すると効率は若干劣ります。

NMN点滴による遺伝子の活性化と安全性

NMN点滴は、遺伝子の活性化を促進するという効果があることが知られています。
しかし、詳しいメカニズムや安全性については十分に解明されているわけではありません。
以下からは、NMN点滴による遺伝子の活性化と安全性についてご紹介します。

GMP準拠の研究所で作られている

NMN点滴は、GMP準拠の研究所で作られており、安全性が確保されています。
マウスなどの実験では、NMN点滴によって、血管機能や筋肉量の増加、脳機能の改善などが確認されています。

サーチュイン遺伝子活性化とは

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子や長生き遺伝子、抗老化遺伝子と呼ばれることもあります。
サーチュイン遺伝子が活性化することにより、生物の寿命が延びるといわれています。

サーチュインはヒストン脱アセチル化酵素です。
このことから、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝子発現を調節できます。

人に対する臨床実験も行われている

NMN点滴は、健康な人に対する安全性観察研究が行われており、安全性が確認されています。
また、NMN点滴は、加齢によるさまざまな問題に対して効果的であるとされています。
しかし、副作用の可能性があるため、医師の指導の下で受けることが重要です。

スポンサーリンク

NMN点滴と他のエイジングケアの違い

NMN点滴はエイジングケアの一つで、年齢による体の衰えに効果的です。
一方、ほかのエイジングケアには

  • 白玉注射
  • プラセンタ
  • 高濃度ビタミンC点滴

などがあります。
以下でそれぞれ具体的にみていきましょう。

白玉注射

白玉注射とは、美容目的で使用される注射の一種です。
ヒアルロン酸やビタミンCなどの成分を注入するものです。

白玉注射の相場は投与する量やクリニックによって異なります。
相場は、1回あたり1〜5万円程度といわれています。

プラセンタ

プラセンタは、美容目的で使用されることが多く、胎盤から抽出された成分を注射する治療法です。
プラセンタの相場は投与する量によって異なりますが、1回あたり3〜5万円程度といわれています。

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴は、週1回から2週間に1回程度受けるのが一般的です。
高濃度ビタミンC点滴の相場は投与する量やクリニックによって異なりますが、1回あたり1〜5万円程度といわれています。

高濃度ビタミンC点滴は、抗酸化作用や免疫力の向上に効果が期待できるとされています。

スポンサーリンク

NMN点滴は医師との相談が大事

NMN点滴に使われる医薬品は未承認のため、医師の責任によって行われることが多いです。
このため、NMNは、医師の資格や経験、専門性を確認することが大切です。

また、医師との十分なカウンセリングを受けることで、NMN点滴を受けるべきかどうかを判断できます。
NMN点滴は安全であるとされていますが、全ての人に適した治療法ではありません。
医師の判断に基づいて、NMN点滴を受けるかどうかを決めることが重要です。
出典:厚生労働省【無承認無許可医薬品情報】

スポンサーリンク

NMN点滴によくある質問

NMN点滴によくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれみていきましょう。

NMN点滴は保険適用できますか?

NMN点滴は自由診療に当たるため、保険適用はなく、費用は全て自己負担となります。
クリニックによっては、キャンペーンや割引も行っているため、確認してみましょう。

1回のNMN点滴で効果はありますか?

NMN点滴は、1回だけでも何らかの効果を認めます
しかし、健康維持、疲労回復が目的の方は1〜4週間に1度の治療を続けることによって効果が維持できます。

NMN点滴は白髪が減って髪の毛が増える?

NMN点滴によって白髪が減って髪の毛が増えるという効果は、医学的な根拠がないとされています。
NMN点滴は、まだ新しい治療法であり、今後の研究により情報が増えることもあります。
そのため、治療を受ける前に、医師に相談しましょう。

NMN点滴のまとめ

ここまで、NMN点滴の情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • NMN点滴は、NMNを液体として点滴にして体内に投与する方法
  • NMN点滴のクリニックの選び方は、アクセスが良いか、料金が明確かなど
  • NMN点滴がおすすめな人は、シミや毛穴が気になる人、効果を早く実感したい人など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク