ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>ヨガの資格を取得するメリットとは?資格の取り方まで徹底解説!

ヨガの資格を取得するメリットとは?資格の取り方まで徹底解説!

ヨガは追求するほど奥深さを味わえるとして人気です。
ヨガは独学でも習得可能ですが、もっと深めたいなら資格を取得するのもおすすめです。

ヨガの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

本記事では、ヨガの資格について、以下の点を中心にご紹介します。

  • ヨガの資格を取得するメリット
  • ヨガの資格の種類
  • ヨガ資格の取得方法

ヨガの資格について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ヨガとは

ヨガは決まったポーズを取る運動法です。
古代インドで修行の一環として誕生しました。

ヨガはもともと心のコントロールを目的としていました。
現代では健康増進・ダイエットにも広く利用されています
出典:厚生労働省【ヨガ | e-ヘルスネット(厚生労働省)

効果

ヨガには次のような効果を期待できます。

  • 脂肪燃焼効果
  • 血行促進
  • 筋肉・関節の柔軟性を高める
  • 身体の歪みの矯正
  • 心を落ち着ける

メリット

ヨガには次のようなメリットがあります

  • 運動が苦手な方・妊婦・高齢者の方でも取り組みやすい
  • マットが1枚あればどこでも取り組める
  • 身体能力にあわせて強度を選べる
  • 隙間時間でも取り組みやすい
  • 心身の健康管理に役立つ

スポンサーリンク

ヨガの資格があるメリットとは

ヨガは一定の条件を満たすと、インストラクターの資格を取得できます
ヨガ資格を取得すれば、独学での習得よりもさまざまなことが可能になります。

まずはヨガの資格を取得するメリットをご紹介します。

独立して教室を開くことができる

ヨガの資格を取得すると、ヨガインストラクターとして独立できます。
インストラクターになれば、ご自分のヨガ教室を持つことも可能です。

ヨガを学ぶだけでなく、他人に指導したい方はヨガ資格の取得がおすすめです。

ヨガをする際の自信に繋がる

ヨガ資格を取得すると、自信が持ちやすくなります
ヨガ資格取得にあたっては、ヨガの専門的な技・知識を習得しなければならないためです。

独学でのヨガの習得は、ときに知識や技が偏ることがあります。
しかし資格を取得するには、幅広くヨガについて学ばなければなりません。

ポーズのやり方・意義の理解を深めると、ヨガに自信を持って取り組みやすくなります。
正しい知識を持っているという自信は、他人にヨガを指導する際にも役立ちます。

仕事の幅が広がる

ヨガ資格を取得すると、仕事の幅が広がります

  • インストラクターとしてヨガ教室を開ける
  • ジム・ヨガ教室などのインストラクターとして就職できる
  • ヨガ関連の記事のライターになれる
  • 海外でヨガインストラクターとして働ける

ヨガ関連の仕事では、有資格者が優遇されやすいです。
ヨガに関わる仕事に就きたい方は、資格の取得がおすすめです。

身体の使い方の理解が深まる

ヨガ資格を取得すると、身体の使い方の理解が深まりやすくなります。
ヨガはもともと、身体を正しく使うことに重きを置いているためです。

資格取得のためにヨガを専門的に学ぶことで、よりヨガの本質に近づけます。
つまり、ヨガが目指す「正しい身体の使い方」を習得できるのです。

正しい身体の使い方を習得すると、心身のさまざまな不調の予防・解消が期待できます。
他人にもより専門的な指導が可能になります。

さまざまなヨガの種類に触れることができる

ヨガ資格を取得するには、さまざまな種類のヨガを一通り学びます。
そのため独学での習得よりも、幅広いヨガの知識・技を身につけられます

代表的なヨガの種類は次の通りです。

  • ホットヨガ
  • マタニティヨガ
  • ヴィンヤサヨガ
  • パワーヨガ
  • アシュタンガヨガ

ヨガには上記以外にもさまざまな種類があります。
幅広いヨガを身につけたいなら、ヨガ資格を取得してみるのも1つの方法です。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

ヨガの資格の種類

ヨガ資格は、大きく分けると次の4種類があります。

  • インド中央政府公認資格
  • 全米ヨガアライアンス認定資格
  • 日本国内のヨガ団体の認定資格
  • ヨガの流派別の認定資格

それぞれの特徴・取得方法などをご紹介します。

国際的なヨガ資格

国際的なヨガ資格を認定している団体は次の2つです。

  • インド中央政府公認資格
  • 全米ヨガアライアンス

国際ヨガ資格は、日本国内のヨガ資格よりも取得条件が厳しく設定されています。
取得が難しいぶん、専門性の高い知識・技を習得できるのがメリットです。

国際的なヨガ資格を取得すると海外でもヨガインストラクターとして活躍できます。
ヨガに本格的に取り組みたい方・海外で活動したい方は、国際的なヨガ資格がおすすめです。

インド中央政府公認資格

インドはヨガの発祥地です。
そのためインド中央政府公認のヨガ資格は、国際的に権威が高いのが特徴です。

インド中央政府公認資格は、日本国内にいても取得可能です。
具体的には、ヨーガ・ニケタンという団体が行っている養成講座を受講してください。

詳しい資格の取得要件は次の通りです。

  • 全10回の講習のうち最低7回以上の出席
  • 講習ごとにレポートを提出
  • 2回の実技・筆記試験に合格

取得期間は約1年です。
取得費用は、個人差はあるものの、10万円以上かかることが一般的です。

インド中央政府公認のヨガ資格は3年ごとに有効期限があります。
資格を保持し続けるには、常にヨガの研鑽を積んでいく必要があります。

全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンス認定資格は、ヨガ資格の代表格ともされています。
世界70カ国で通用するため、海外でヨガインストラクターとして働きたい方におすすめです。

資格を取得するには、公認スクール(RYS)で所定のトレーニングを受けます。
RYSは日本各地に存在します。

全米ヨガアライアンス資格は、トレーニング時間などに応じて次のように分類されています。

取得要件
RYT200200時間のトレーニング
RYT500500時間のトレーニング
E-RYT200RYT200取得・1,000時間または2年の指導経験
E-RYT500RYT500取得・2,000時間の指導経験
RCYT(認定チルドレンズヨガティーチャー)RYT200取得・95時間のキッズヨガ指導者養成コース・キッズヨガで30時間の指導
RPYT(認定マタニティヨガティーチャー)RYT200取得・マタニティヨガスクールでの85時間の指導トレーニング・マタニティヨガで30時間の指導経験

幅広い方におすすめな資格がRYT200です。
RYT200は、国際ヨガ資格のスタンダードモデルと目されています。

より本格的にヨガを学びたい場合は、RYT500を検討してみてください。
RYT500はRYT200より取得要件が厳しいため、中級者~上級者向けの資格です。
有資格者が少ないため、取得するとよりインストラクターとしての活動の幅が広がります。

各資格の取得にかかる期間はコースによって異なりますが、約半年~1年です。
費用は15万~30万円が相場です。

なお、各コースを修了しただけでは全米ヨガアライアンス資格は取得できません。
各コースの修了後は、全米ヨガアライアンスへの資格登録を忘れないでください。

国内のヨガ資格

日本国内のヨガ資格は、国際的な資格に比べると取得しやすいのがメリットです。
すぐインストラクターとして働きたいという方は、次のような資格を取得するのもおすすめです。

国際ホリスティックセラピー協会

国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)公認のヨガ資格には次があります。

  • ヨガインストラクター1級・2級
  • マタニティヨガ インストラクター
  • シニアヨガ インストラクター
  • キッズヨガ インストラクター
  • 小顔フェイシャルヨガ インストラクター
  • ピラティスインストラクターベーシック・アドバンス
  • リストラティブヨガインストラクター

いずれの資格も、IHTAの公認スクールでの研修修了・認定試験への合格で取得できます。
スクールではインストラクターに必要な技能を学べるだけでなく、独立・開業支援も受けられます。

一般的な資格取得期間は最短1ヶ月~1年です。
費用相場は6万~73万円です。

NPO法人日本YOGA盟

NPO法人日本YOGA連盟のヨガ資格には次があります。

  • ヨガインストラクター
  • ベビー&ママヨガ・産後ヨガインストラクター
  • キッズ&ママヨガインストラクター
  • マタニティヨガインストラクター
  • ハンディサポートヨガインストラクター
  • 健康ウォーキングヨガインストラクター

ヨガインストラクター資格は、所定の講座の終了と筆記試験への合格で取得できます。
その他の資格は、ヨガインストラクターコースの受講の際に、オプション講座の受講で取得できます。

ヨガインストラクター取得のための講座は全10日間で修了できます。
短期間でヨガ資格を取りたい方におすすめの資格です。

受講費用は24万9,450円です。
初年度の資格登録料は無料で、翌年から更新手続きの際に6,000円が必要です。

社団法人日本ヨガインストラクター協会

社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIA)認定の資格には次があります。

取得要件
3級マスターコース全5講義を受講
2級アドバンスコース全5講義を受講、学科試験・実技試験・面談に合格
1級シニアコースJYIA資格2級以上取得、各講義を所定回数受講(キッズヨガ・シニアヨガ・ピラティス:各4回、ヨガ上級ポーズ8回)、実技試験・面談に合格

各コースの受講料は7万7,000円~41万円です。
入学費5万4,000円と受験料5,000円~1万5,000円が別途発生します。
3級~2級は最短2週間で取得可能です。

JYIAは1クラス平均6人の少人数レッスンが特徴的です。
じっくりヨガについて学びたい方におすすめです。

流派別のヨガ資格

ヨガにはさまざまな流派があります。
各流派が認定している資格もあるため、気になる方は取得をご検討ください。

流派認定の資格は、1つのヨガを極めたい方におすすめです。
将来インストラクターとして独立した際に、他のヨガ教室と差をつけたいという方にもおすすめの資格です。

代表的な流派別のヨガ資格を2つご紹介します。

クリパルヨガ

クリパルヨガは、米国では主流のヨガとされています。
伝統的なヨガの要素を残しつつも、精神性に重きを置く点に特徴があります。
ポーズよりも内面を重視するため、初心者にも取り組みやすい流派の1つです。

クリパルヨガの資格取得には、次の2つの方法があります。

取得要件
基礎トレーニングヨガアライアンス(YA)認定の基礎トレーニングを200時間受講
アドバンス・トレーニングヨガアライアンス認定200時間トレーニング修了者が4つのモジュールを300時間受講

基礎トレーニングの受講料は52万8,000円です。

アイアンガーヨガ

アイアンガーヨガは、ヨガの中でもポピュラーな流派です。
柔軟性アップ・身体の歪み矯正効果が期待できるとして女性を中心に幅広い方から支持されています。

アイアンガーヨガ資格の認定は、日本アイアンガーヨガ協会が行っています。
資格取得者は認定指導員と呼ばれます。

アイアンガーヨガの資格はレベル1・レベル2があります。
各資格を取得するためのステップは次の通りです。

【レベル1】

  • 最低3年間、認定指導員の下でアイアンガーヨガを実践する
  • 認定試験に合格

【レベル2(レベル1取得後)】

  • 2年間、指導者プログラムを受講する
  • 認定試験に合格

認定指導員として他人をレッスンできるのは、レベル2の取得者です。

スポンサーリンク

ヨガの資格の取り方

ヨガ資格の取得方法は、認定団体によって異なります
一般的な資格の取得方法をご紹介します。

スクール・養成学校に通う

代表的な資格取得方法が、特定のスクール・養成学校に通うことです。
スクールなどでは、学科や実技を学びます。

対面で授業を受けるため、キメの細かい指導を受けられる点がメリットです。
一方で、学校に通うため、通学時間・通学費がかかるのがデメリットです。

なお、通学頻度・受講回数はスクールによって異なります。

通信講座で学ぶ

資格によっては、通信講座で習得できるものもあります。
通信講座は、場所・時間を問わずに受講しやすい点がメリットです。
また、スクールに比べると費用も安い傾向があります。

デメリットは、対面授業に比べると細かい指導が受けにくい点です。
また、実技は別途他の講座・スクールで取り直さなければならないことが多いです。

海外留学で学ぶ

ヨガ資格を取得するには、海外留学する方法あります。
人気の留学先は、インドやアメリカ・ハワイなどです。

海外留学のメリットは、ヨガの本場で本格的なレッスンを受けられることです。
コースにもよりますが、日本国内よりも短期間で資格を取得できることも多いです。

デメリットは、国内での取得に比べると費用が高くなる点です。
また、留学先の語学にある程度堪能でなければ、スムーズな資格取得は難しいでしょう。

目指す資格を調べて取得方法を確認する

資格の取得方法は、認定団体によって大きく異なります
スムーズに取得するには、まず希望する資格の取得要件を確認することが大切です。

健達ねっとECサイト

ヨガの資格で気を付けること

ヨガ資格を取得する際に注意すべきポイントをご紹介します。
資格取得を検討中の方はぜひ参考にしてください。

資格取得の目的を決める

資格を取得する際は、まず取得の目的を決めましょう
目的によって、資格の選び方・学び方が変わるためです。

ご自分のヨガを深めたい場合は、ヨガの知識・技能を専門的に学べる資格が良いでしょう。
インストラクターとして活躍したい場合は、他人を指導する術も学習する必要があります。

ヨガ資格の認定団体によっては、資格取得後の独立をサポートしていることもあります。
インストラクターを目指す方は、独立のサポートをしてくれる団体の資格を取るのもおすすめです。

種類がとても多い

ヨガの資格は国内外を含めて膨大です。
そのため、自分がどの資格を取得したいのかをしっかり見定める必要があります。

取得要件は、資格の種類によって異なります。
まずは自分が取りたい資格の種類や、自分でも取得可能か、しっかりリサーチしましょう。

費用がかかる

ヨガの資格の取得にはある程度の費用がかかります
資格取得の費用は認定団体・コースによって大きく異なります。
たとえば数万円程度のコースもあれば、70万円以上かかるコースもあります。

資格を選ぶときは、ご自分の予算と合致する種類・コースを選びましょう。

通信講座で取得できるヨガの資格の注意点

通信講座対応のヨガ資格は、場所・時間不問でコースを受講できる点がメリットです。
一方で通信講座のヨガ資格は、インストラクターとして活躍したい方には適さないことも多いです。

理由は通信講座のヨガ資格は、マイナーな民間企業が認定しているものが多いためです。
マイナーな資格は、メジャーな資格に比べるとインパクトが弱くなります。
ヨガインストラクターとして就職活動する際に、さほどアピールできない可能性があるのです。

通信講座のヨガ資格は、趣味としてヨガを学びたい方に向いています。
ヨガのインストラクター・ライターとして活躍したい方は、スクール制のヨガ資格をご検討ください。

薬の使い方

ヨガの資格の活用の仕方

ヨガ資格を取得すると、活動の幅が大きく広がります。
代表的な活用方法をご紹介します。

ヨガインストラクター

ヨガ資格を取得すると、ヨガインストラクターとして活動できます。
たとえばヨガ教室・ジムにヨガインストラクターとして就職するケースが代表的です。
あるいは、独立してご自分のヨガ教室を持つこともできます。

資格によっては、認定団体の提携イベントなどでインストラクターとして優遇されることもあります。

ヨガブランドの販売員

ヨガ資格を取得すると、ヨガ関連ブランドの販売員として活躍しやすくなります。
ヨガの有資格者=ヨガの知識が豊富であるためです。

ヨガの知識があれば、ヨガにどのようなアイテムが適しているか専門的に説明できます。
たとえばヨガウェア・ヨガマットを販売する際には、ヨガの深い知識があると有利でしょう。

Webライター

ヨガ関連のWebライターを目指す方にも、ヨガ資格はおすすめです。
豊富な知識があると見なされるため、優先的に契約を取りやすくなります。

あるいは契約後も、単価交渉などを有利に進めやすくなります。

トレーナー

ヨガ資格は、ヨガ以外のスポーツトレーナーをする上でも有利になります。
筋トレなどではカバーできない箇所の筋肉には、ヨガが効くこともあるためです。

ヨガでは正しい体の使い方を専門的に学びます。
そのためトレーナーがヨガの知識を有していると、指導中のケガを防ぎやすくなります。

セラピスト

ヨガ資格は各種のセラピストにもおすすめです。
ヨガは心身のリラックスに役立つためです。

ヨガの知識を有しておくと、さまざまな場面で仕事に生かせる可能性があります。

ヨガの資格に関するQ&A

ヨガ資格に関する疑問をQ&A方式でまとめました。
ぜひ参考にしてください。

どのヨガの資格が一番知名度がありますか?

世界的に有名なのは、全米ヨガアライアンス認定のRYT200です。
インドの本場であるインド中央政府認定の資格も世界的に権威があります。

海外でヨガの資格を取得する場合どの国がいいですか?

海外留学先として人気が高いのはインド・アメリカです。
ヨガが盛んなハワイ・バリに海外留学する方も多いです。

ヨガ資格の取得にかかる費用や期間は?

資格取得の期間・費用は、資格の種類や認定団体によって異なります
国内向けの資格の中には、2週間~数か月で取得できるものもあります。
なお、短期間で取得できるヨガは費用も安い傾向があります。

取得にかかる具体的な期間・費用は、事前に調べておきましょう。

スポンサーリンク

ヨガの資格で特に関わっている国とは

ヨガ資格を海外留学で取得する際、留学先として人気が高いのはインド・アメリカです。
インドはヨガの発祥の地です。

インドで盛んなのはハタ・ヨガにルーツを持つ静的なヨガです。
ポーズを取ることよりも、自己の内面に目を向けることを重視しています。

アメリカで主流なのはパワーヨガです。
パワーヨガは、一般的なヨガに比べると、ポーズの切り替えテンポが早めです。
そのぶん運動強度も高いため、積極的に体を動かしたい方におすすめです。

セラピー性のあるヨガを学びたいなら、インドでの習得が適しています。
ストレッチ要素のあるヨガを習得したい方は、アメリカへのヨガ留学をご検討ください。

ヨガは種類によって傾向・適している方が異なります。
資格を取得する際は、まずご自分に向いているヨガを吟味することが大切です。
出典:厚生労働省【ヨガ | e-ヘルスネット(厚生労働省)

スポンサーリンク

ヨガの資格のまとめ

ここまで、ヨガの資格についてお伝えしてきました。
ヨガの資格の要点を以下にまとめます。

  • ヨガの資格を取得するメリットは、インストラクターとして活躍できる・活動の幅が広がる・自分のヨガを深められる
  • ヨガの資格の種類は、国内外を含めてたくさんあるため、自分に合ったものを選ぶことが大切
  • ヨガ資格の取得方法はスクールや養成学校に通う・通信講座・海外留学など

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク