ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>運動>ヨガで音楽をかける効果とは?シーンごとにかける音楽について解説!

ヨガで音楽をかける効果とは?シーンごとにかける音楽について解説!

ヨガのレッスンでは音楽が流れ、身体と心がリラックスできます。
ヨガと音楽は相乗効果もあるため、自分に合ったヨガのスタイルや環境を選ぶことが大切です。

では、ヨガでかける音楽にはどのような効果があるのでしょうか?
また、ヨガでかける音楽はどんなタイミングがいいのでしょうか?

本記事では、ヨガと音楽について以下の点を中心にご紹介します。

  • ヨガの音楽の効果とは
  • ヨガの音楽をかけるタイミングについて
  • ヨガの音楽の種類とは

ヨガと音楽について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ヨガとは

ヨガにはどのような効果・メリットがあるのでしょうか。
以下でそれぞれみていきましょう。

効果

ヨガを行うことで

  • 姿勢や身体の癖によるゆがみを整える
  • 筋肉や関節の可動域を広げる
  • 睡眠の質を高める
  • ホルモンバランスを整える
  • 自律神経を整える

などの効果が期待できます。

また、ヨガは血行を促進するため、新陳代謝が高まりホルモンの分泌が活性化されます。

メリット

ヨガを行うことで筋力アップや身体の歪みが改善されます。
結果として痩せやすくなることもメリットです。
さらに自律神経が整えられ、ストレスの軽減、リラックス効果が得られます。

スポンサーリンク

ヨガの音楽の効果

ヨガと音楽には深い関係があります。
心身をリラックスさせる効果や集中力を高める効果があるとされています。

音楽がヨガにどのような影響を与えるのか、具体的にどのような効果があるのでしょうか。ここでは、ヨガの音楽について詳しく解説いたします。

ヨガの環境作りができる

ヨガの環境作りに音楽を活用することで、より深い瞑想状態に入れます。
ここでは、ヨガの環境作りについてみていきましょう。

瞑想に集中できる

ヨガにおいて音楽を聴くことで、心地よい環境作りができるとされています。
静かで、できるだけ気が散るものが目に入らない環境を作ることが大切です。

心地よい環境づくりは、瞑想に集中するためです。
ヨガや瞑想において音楽を聴くことは、効果的な環境作りにつながるとされています。

レッスンごとに変えられる

レッスンでは音楽を変えることで雰囲気を変えたり、心地よい環境作りができます。
また、レッスンの種類や目的に合わせて音楽を選ぶことが大切です。

たとえばリラックス系のヨガをする際には、ヒーリング系の音楽を流します。
ヒーリング系の音楽を流すことでリラクゼーション効果を高められるでしょう。

集中力が高まる

音楽を聴くことでリラックス効果があるため、集中力が高まるとされています。
また音楽を聴くことで、呼吸法の練習にもなります。
音楽を聴くことで、ヨガの呼吸法に合わせたリズムを作れるからです。

レッスンにおける音楽の選び方は、以下のような曲を選ぶことが大切です。

  • 自分が好きな曲
  • リラックス効果のある曲

ストレスが解消できる

ヨガの音楽はリラックス効果があるため、ストレス解消に役立ちます。
ヨガの呼吸法に合わせたリズムを作れるので、呼吸法の練習にもなります。

また心地よいBGMとヨガを組み合わせることで、以下の効果を高められるでしょう。

  • ストレス解消
  • リラックス効果

心と身体が整う

ヨガの音楽は、心と身体を整える効果があります。
ヨガの呼吸法に合わせたリズムを作れるので、呼吸法の練習にもつながります。
自分が好きな曲や、リラックス効果のある曲を選ぶのがおすすめです。

ヨガの音楽をかけるタイミングは?

ヨガにおいて音楽は、レッスン中の心の状態を整えるのに役立ちます。
しかしどのタイミングで音楽をかけるべきかは、悩ましい問題でもあります。
ここからは、ヨガの音楽をかけるタイミングについてみていきましょう。

ずっとかけていても大丈夫

音楽をかけるタイミングは、基本的に最初から最後まで流していても大丈夫です。
ただし、音楽が邪魔になってしまう場合は、途中で止めましょう。

また音楽をかける場合、ヨガに合わせたリズムを作ることが大切です。
そうすることで、呼吸法の練習にもつながります。

ヨガの始めと終わりにかける

一般的には、ヨガの始めと終わりに音楽をかけることがおすすめです。
ヨガの始めに音楽をかける理由は、自分の心と身体に集中するためです。
音楽に耳を傾けながら、深呼吸して気持ちを落ち着かせましょう。

ヨガの終わりに音楽をかける理由は、リラックス効果を高めるためです。
ヨガの最後には、仰向けに寝て全身を伸ばす「シャバーサナ」というポーズをとります。
このときに音楽を聴くと、心身がより深くリラックスできます。

住環境が静かでないとき

住環境が静かでないときには、音楽をかけることで外部の雑音を遮断できます。
雑音が気になると、ヨガに集中できなくなってしまいます。
そこで、音楽をかけることで自分の心と身体にフォーカスできるのです。

住環境が静かでないときには、音楽をかけるボリュームにも注意しましょう。
音楽が大きすぎると、耳が痛くなったり、頭が痛くなったりする可能性があります。
また、周りの人に迷惑をかけることもあるので気をつけましょう。

AGA

ヨガの音楽をシーンごとの選び方

ヨガの音楽は緊張を和らげ、リラックスを促し、深い瞑想状態を作り出すのに役立ちます。
しかし、適切な音楽を選ぶことが重要です。

適切な音楽を選ばないと効果が薄れるばかりか、逆にストレスになる可能性もあります。
ここでは、ヨガのシーンごとに適切な音楽の選び方をご紹介します。

ヨガを始める前

ヨガを始める前に聴く音楽は、リラックス効果があるものがおすすめです。
音楽をかけることでヨガの雰囲気を作り出したり、リラックスしたりする効果があります。

ヨガにぴったりな音楽は、次のような音楽がおすすめです。

  • 自然音
  • ピアノなどの穏やかな楽器の音
  • 瞑想やスパで使われるような音楽など

リラックス系のヨガ

リラックス系のヨガは、音楽もリラックスできるものを選ぶことが大切です。

一般的に、以下のような特徴を持つ音楽がリラックスに適しています。

  • テンポがゆっくりで、リズムが安定している
  • 音量が小さく、音色が柔らかい
  • 歌詞がないか、あっても意味を考えなくてもいいもの
  • 自然の音や癒しの効果があると言われる周波数(528Hzや432Hzなど)を含むもの

リラックス系のヨガには、音楽が大きな役割を果たします。
自分の好きな音楽を聴きながら、心と身体を癒しましょう。

しっかりと動くヨガ

しっかりと動くヨガには、以下の効果があります。

  • 筋力や柔軟性を高める
  • 代謝や免疫力を向上させる

そのため、音楽も動きやすくて元気になるものを選ぶことが大切です。

一般的に、以下のような特徴を持つ音楽が動きやすいと感じられます。

  • テンポが速くて、リズムが明確である
  • 音量が大きくて、音色が明るい
  • 歌詞がある場合、歌いたくなるようなもの
  • エネルギーを感じさせるようなメロディーやハーモニーを持つもの

しっかりと動くヨガでも、音楽が大きな役割を果たします。
自分の好きな音楽を聴きながら、心と身体を活性化していきましょう。

朝のヨガ

朝のヨガは、一日の始まりにぴったりのヨガです。

一般的に、以下のような特徴を持つ音楽が朝に合っています。

  • テンポが中くらいで、リズムがゆるやかである
  • 音量が中くらいで、音色が清潔感のあるもの
  • 歌詞がある場合、気持ちを前向きにするようなもの
  • 朝の光や空気を感じさせるようなメロディーやハーモニーを持つもの

朝のヨガにおいても、音楽が大きな役割を果たします。
自分の好きな音楽を聴きながら、心と身体を目覚めさせましょう。

夜のヨガ

夜のヨガには、以下の効果があります。

  • 睡眠の質を高める
  • リラックスする
  • 疲れをとる

そのため、音楽も夜に合ったものを選ぶことが大切です。

一般的に、以下のような特徴を持つ音楽が夜におすすめです。

  • テンポが遅くて、リズムが不規則である
  • 音量が小さくて、音色が暖かい
  • 歌詞がないか、あっても心地よいもの
  • 夜の静けさや暗さを感じさせるようなメロディーやハーモニーを持つもの

ほかの時間帯と同様に、夜のヨガでも音楽が大きな役割を果たします。
自分の好きな音楽を聴きながら、心と身体を休めてください。

健達ねっとECサイト

ヨガの音楽の種類

ヨガの音楽にはさまざまな種類があります。
どのような音楽を選ぶかは、ヨガの目的によって異なります。
ここでは、ヨガの音楽の種類についてみていきましょう。

自然の音

ヨガには以下のような音楽が向いています。

  • リラックス効果を高める音楽
  • ストレス解消に役立つ音楽

ヨガ用に、自然の音をとり入れた音楽があります。
たとえば森林の中で鳥のさえずりや風の音を聞くような音楽です。

ヨガに合わせたBGMは、リラックス効果が高く、心地よい空間を作れるでしょう。

マントラ音楽

マントラとは、古代インドから伝わるサンスクリット語です。
土や水、風、太陽、月など自然のさまざまな存在やエネルギーを表現している音や言葉です。

マントラ音楽は、マントラを歌ったものや、マントラをとり入れたものがあります。
マントラ音楽は、瞑想に適した音楽とされています。

クラッシック

ヨガでよく聞かれる音楽には、以下のようなものがあります。

  • インド系
  • リラクゼーション系
  • クラシックなど

クラシックは、リラックス効果が期待できるとされています。
またクラシックは、瞑想に適した音楽といわれています。
ヨガを行う際は、クラシックをとり入れたヨガ用の音楽がおすすめです。

インド系音楽

インド系音楽は、ヨガに適した音楽とされています。
インド系音楽はリズムやメロディーが独特で、以下の効果が期待できます。

  • 聴くだけで心が落ち着く効果
  • リラックスする効果

インド系音楽をとり入れたヨガ用の音楽で、ヨガを始めてみましょう。

薬の使い方

ヨガと音楽の関係性

ヨガと音楽は、両方ともストレス緩和や心身の調和を促すことで知られています。
ポーズに合わせて音楽を選ぶことで、ポーズを深く掘り下げることにつながります。
ここからは、ヨガと音楽の関係性についてご紹介します。

かならずヨガのときに音楽をかける必要はない

ヨガをする際に音楽をかけることは一般的に行われています。
しかし、必ずしも音楽をかける必要はありません。

ヨガの主旨は、自分自身と向き合い、内面を探求することです。
音楽がなくてもヨガの効果は得られます。

また、ヨガには呼吸法や瞑想があります。
場合によっては静寂な中で行うことが必要です。

さらに、音楽に集中しすぎてヨガの本来の目的を見失ってしまうこともあるでしょう。
そのため、自分に合った方法でヨガを楽しむことが重要です。

歌うヨガがある

歌うヨガとは、バクティヨガ(献身のヨガ)の1つです。
バクティヨガは、サンスクリット語の歌うという意味に由来するヨガです。
静かに座って行う瞑想とは異なり、祈りを歌に込めて歌うことでリフレッシュできます。

また、「キルタン」とも呼ばれ、音楽に合わせて神々の名前を唱えていきます。
唱えることによって、心が鎮まり、ハートが開くとされています。

マントラと関係している

ヨガの瞑想では、マントラを唱えることがあります。
マントラには特定の音や言葉を繰り返すことで、心を落ち着かせる効果が期待できます。
マントラで多く使われるのは、サンスクリット語で書かれた祈りや詩などです。

オームは、ヨガのマントラの中でも最も有名なものの1つです。
オームは宇宙の始まりを表す音であり、万物が一つであることを象徴しています。

ヨガと音楽は精神的効果のつながりがある

ヨガと音楽は、どちらも精神的に効果が出やすいことが知られています。
ヨガは、呼吸法やポーズを通じて、以下の効果が期待できます。

  • 身体的なリラックス効果
  • ストレス解消効果

音楽は聴覚を通じて、心理的なリラックス効果やストレス解消効果が期待できるでしょう。
ヨガと音楽を合わせることで、より効果的にリラックス効果やストレス解消効果を得られるのです。

また、目的に合わせた音楽をかけることで、効果がより出やすくなります。
たとえばリラックスしたい場合、次のような落ち着いた曲を選ぶとよいでしょう。

  • 自然音楽
  • クラシック音楽など

一方で、集中力を高めたい場合は、テンポの速い曲をおすすめします。
目的に合わせた音楽を選ぶことで、より効果的にヨガの効果を得られます。
出典:厚生労働省【e-JIM「ヨガ」】

スポンサーリンク

ヨガの音楽のまとめ

ここまで、ヨガの音楽の情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • ヨガの音楽の効果は、ヨガの環境作りができる、集中力が高まる、ストレス解消ができるなど
  • ヨガの音楽をかけるタイミングは、ずっとかけていても大丈夫、ヨガの始めと終わりにかけるなど
  • ヨガの音楽の種類は、自然の音、マントラ音楽、クラシック、インド系音楽

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク