ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ヨガと瞑想の関係には何がある?ヨガの瞑想の方法について紹介!

ヨガと瞑想の関係には何がある?ヨガの瞑想の方法について紹介!

電車の中吊り広告などで、ヨガや瞑想の広告を見たことがある方は多いでしょう。
一方で、実際にヨガや瞑想を自分で体験した方は多くないかもしれません。

そもそもヨガや瞑想とは、どのようなものなのでしょうか。
また、ヨガと瞑想の関係や、それぞれの効果はどのようなものでしょうか。

本記事では、ヨガと瞑想について、以下の点を中心にご紹介します。

  • ヨガと瞑想の関係性
  • ヨガの瞑想の効果
  • ヨガの瞑想の方法
  • ヨガでの瞑想のポイント
  • ヨガの瞑想の効果を高めるために

ヨガと瞑想について理解するためにも参考にしてただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ヨガとは

ヨガには、様々な効果やメリットがあります。
身体だけでなく内面や心への良い影響も期待できるのがヨガです。

効果

ヨガの主な効果には、柔軟性の向上、筋力の増強があります。
ほかにも、ストレスの軽減、心身のリラックス、集中力の向上などがあるでしょう。

ヨガは呼吸法や瞑想を含んでおり、内面的な成長や自己認識の促進にも有用です。
呼吸器系の改善にも効果があるとされています。

ヨガは、身体だけでなく心にも効果があるとされています。
ヨガを行うことで、自分自身の思考を1回リセットし、気持ちをコントロールできます。

ヨガを通じて、自分の呼吸や身体の状態に目を向けてみましょう。
そうすることで、心が落ち着いて思いやりのあるマインドフルな状態にすることができます。

メリット

ヨガのメリットには、

  • 筋力アップ
  • 体の歪みの改善
  • 痩せやすくなる
  • 自律神経が整えられる

などのメリットがあります。

さらに、ストレスの軽減、リフレッシュ・リラックスも期待できます。
肩こり・腰痛の改善、冷え性の改善などにも有効です。

ヨガは、身体だけでなく心にも効果があるとされています。
ヨガを通じて、思考をリセットし、気持ちをコントロールできるようになるでしょう。

自分の呼吸や身体の状態に目を向けることで、様々なメリットが期待できます。
心が落ち着いて思いやりのあるマインドフルな状態にすることも可能です。

スポンサーリンク

ヨガと瞑想の関係性

ヨガと瞑想は密接に関連しており、瞑想はヨガの1つの要素として位置づけられています。
ヨガと瞑想により、身心を健康的に保ちつつ、精神的な成長や安定を促すことも可能です。

ヨガの起源として瞑想から始まっている

ヨガの起源は、紀元前800年〜200年ころに、「瞑想」や「座禅」から始まりました。
瞑想は、ヨガの中でも最も重要な要素の一つです。

1000年ごろ、ヨガに呼吸法やポーズが組み入れられて現在のヨガの原型が誕生しました。
このように、ヨガの歴史は瞑想と深く関わっています。

ヨガの3大要素の1つ

ヨガには、

  • 瞑想
  • 呼吸
  • ポーズ(アーサナ)

という三大要素があります。
これらが三位一体となって調和することで、初めてヨガは成立します。

ヨガの最終目的は、「自分自身を見つめ自分の中の大切なものをさがす」です。
瞑想は、このヨガの最終目的に必要な自己変容を叶える手段として、欠かせません。

ヨガと瞑想の目的が繋がっている

ヨガと瞑想は、目的が繋がっていると言えます。
両者の共通の目的は、身体と心の健康を促進するだけではありません。

内面的な成長や自己認識を促進することも、ヨガと瞑想の目的です。

ヨガには、以下の要素があります。

  • アーサナ(ポーズ)
  • プラーナーヤーマ(呼吸法)
  • ドラスティ(視点)

これらは、身体と心を整えるためのものです。

瞑想は、身体と心を整えた状態を基盤として、深い内省や自己認識を促進する手段です。
瞑想によって、心身がリラックスし、ストレスや不安を軽減することができます。

また、瞑想は自己認識を促進し、内面的な成長や精神的な安定に繋がるとされています。
ヨガと瞑想を組み合わせることで、内面的な成長や自己認識を促進することが可能です。

ヨガと瞑想を通じ、自分自身や他人、自然界との繋がりを感じられるようになります。
これは、自己超越や、より大きな意味や目的を見出すことに繋がる思想です。

総合すると、ヨガと瞑想は目的が繋がっています。
身体と心の健康をサポートしながら、内面的な成長や自己認識を促進することが可能です。

ヨガと一緒に行うことで効果が高まる

ヨガと瞑想を一緒に行うことで、心が落ち着きます。
また、集中力の向上やリラックス効果・ストレス軽減などの効果があると言われています。

ヨガを行う上で大切な3つの要素は、

  • 呼吸
  • 瞑想
  • ポーズ(アーサナ)

になります。
瞑想とは、頭をからっぽにして無心になり、意識をシャットアウトさせることです。

その結果、自分の内側だけに全集中させることが可能です。
瞑想は脳を休めて免疫機能を回復させたり、精神状態をリラックスさせます。

ストレス軽減を通じて、心身へのメリットが多く期待できる健康法とされています。
ヨガと瞑想は、呼吸とポーズの効果を高めるため、ヨガを行う上で欠かせません。

ヨガと瞑想は、それぞれの効果が相乗効果を生み出します。
そのため、一緒に行うことでより効果的なものになると言われています。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

ヨガの瞑想の効果とは?

前述のように、ヨガの瞑想は心身の健康に非常に良い効果があります。
日常生活でのストレスや不安を緩和し、リラックスした状態を保ちましょう。

そうすることで、健康的な生活を送ることができます。
自分に合った瞑想方法を見つけ、継続的に実践することが大切です。

リラックスができる

瞑想は、深い呼吸と集中力によって、心身のリラックスを促進します。
瞑想によって心が穏やかになり、身体の緊張がほぐれリラックスした状態になります。

ストレス軽減

瞑想では、ストレスホルモンの分泌が減少し、ストレスの軽減に効果があります。
瞑想により深い呼吸と集中力が身につき、ストレスへ冷静に対処することができます。

集中力の向上

瞑想は、集中力と注意力を高める効果があります。
瞑想を繰り返すことで、心の安定と思考の明確化が促進され、集中力が向上します。

安眠できる

瞑想は、睡眠にも良い影響を与えます。
瞑想により身体と心がリラックスしストレスが軽減され、安眠の促進に効果があります。

AGA

ヨガの瞑想の方法

基本の座位

ヨガの瞑想では、基本的にクロスレッグの座位をとります。
この座位は、身体を安定させる効果があるため、瞑想の実践に適しています。

基本の呼吸方法

ヨガの瞑想では、基本的にディープブレス(深い呼吸)を行います。
鼻からゆっくりと息を吸い込み、ゆっくりと口から息を吐き出す呼吸法です。

この呼吸法は、心身をリラックスさせる効果があります。

瞑想の方法

瞑想の方法は様々あります。
基本的には、目を閉じ、呼吸に意識を向け、内側に集中します。

思考が浮かんできた場合は、そっと観察し、また呼吸に戻ります。
繰り返し瞑想の実践を行うことで、瞑想に入るためのコツを掴むことができます。

また、マントラを使った瞑想等もあります。

瞑想のポーズのやり方

蓮華座(パドマーサナ)

蓮華座(パドマーサナ)は、座るための基本的なポーズです。
瞑想やプラーナーヤーマ(呼吸法)において、重要なポーズになります。

パドマーサナは、以下の手順で行います。

  • 両脚を伸ばして座り、左右の坐骨に体重を均等にのせ、背骨を伸ばす。両手は身体の横に。
  • 右膝を曲げ、右足の甲を左脚の鼠蹊部の窪みにのせる。
  • 左膝を曲げて、太腿とふくらはぎを一つにまとめるようにしっかりつけ、右手でサポートしながら右脚に近づける。
  • 右手で右足首を持ち上げ、左手で左足首を持ち上げる。
  • 足首を持ち上げたまま、両手で足裏を合わせる。
  • 膝が床につくようにする。

安楽座(スカーサナ)

安楽座(スカーサナ)は、ヨガや瞑想の際によく使われる座り方の1つです。
足首を90度に曲げて、膝をしっかり曲げてすねをクロスします。

両手は膝の上に置き、背筋を伸ばして呼吸を整えます。
「胡坐」と「安楽座」は、足の組み方が異なります。

「胡坐」は、片足をもう片方の太ももに乗せるようにして座る方法です。
一方、「安楽座」は、足首を90度に曲げて、膝をしっかり曲げてすねをクロスします。

リラックス目的の方法

以下の呼吸法を繰り返すことで、呼吸が深くなり心身がリラックスしやすくなります。
また、呼吸に集中することで、心を落ち着かせることができます。

忙しい日々、この呼吸法を繰り返しリラックスした状態を保ちストレスを軽減しましょう。
呼吸法は、場所や時間を選ばずに行えるので、日常生活でとり入れることができます。

足を肩幅を開いて立つ

足を肩幅程度に開き、ゆったりと立ちます。
足を肩幅に開いて立ち、お腹をぽっこりと出しましょう。

体重を均等にかけ、足裏全体で地面を感じるようにします。

足の裏で呼吸をするような意識を持ち、息を吸い上げる

口を閉じ、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
深い呼吸を意識しましょう。
足の裏から息を吸い上げるような感覚を持ちながら、鼻からゆっくりと息を吸い込みます。
息を吸うときは腹式呼吸を意識し、お腹が膨らむようにしましょう。

息を押し下げるように吐く

ゆっくりと口から息を吐き出しましょう。
息を押し下げるように吐くイメージを持ちながら、ゆっくりと息を吐き出します。

口から息を吐くイメージです。
吐く息を長めにすることでリラックス効果が高まるでしょう。

呼吸を何度か繰り返す

呼吸を何度か繰り返します。
吸う息と吐く息のリズムに意識を集中し、心身をリラックスさせましょう。

心地良いリラックス感を感じながら、自分のペースで呼吸を続けます。

集中力アップの目的の方法

集中力アップの目的の方法として、以下の手順で実践することができます。
以下の方法によって、片鼻呼吸を通じて集中力をアップすることが可能です。

片鼻呼吸は、脳の両側性を刺激し、脳のバランスを整える効果があります。
深い呼吸を行うことで、酸素を身体にとり込み、リラックスさせる効果も期待できます。

楽な姿勢をとって座る

楽な姿勢をとって座ります。
クロスレッグや蓮華座、安楽座など、自分に合った姿勢を選びましょう。

座った姿勢に身体が慣れるまで、深呼吸を繰り返してリラックスします。

片鼻呼吸を行う

片鼻呼吸を行いましょう。
片方の鼻から息を吸い、口を閉じ、もう片方の鼻から息を吐きます。

吸うときと吐くときの時間を均等にするように意識しましょう。

無理のないペース片鼻呼吸を繰り返す

無理のないペースで、片鼻呼吸を繰り返しましょう。
集中力アップの目的がある場合、吸うときと吐くときの時間を同じにすることが大切です。

集中力が切れそうになったら、深呼吸を行い、呼吸を整えましょう。

安眠目的の方法

額と膝を近づけるポーズで、身体をリラックスさせ、安眠を促進することができます。
深い呼吸を意識することで、ストレスや緊張を解消し、心身をリラックスできるでしょう。

この方法は就寝前に実践することで、質の高い睡眠を促進することが可能です。

仰向けの姿勢になって膝を曲げる

仰向けの姿勢になります。
背骨がまっすぐ伸びるように体勢を整え、膝を曲げましょう。

両手で膝を抱えて引き寄せる

両手で膝を抱え、膝を引き寄せます。
手で膝を引っ張り、膝を胸に近づけるようにしましょう。

肩甲骨を下に沈めるように意識し、胸を開きます。

額と膝を近づけたポーズを維持する

額と膝を近づけたポーズを維持します。
膝と額が接近するように意識し、背中を丸めるようにしましょう。

このポーズは、腰痛のある人には避けた方が良いです。

全身をリラックスさせる

全身をリラックスさせます。
腕や足、肩などの筋肉を緩め、呼吸に集中しましょう。

深い呼吸と、呼吸を吐ききるようにすることで、全身をリラックスさせることが可能です。

健達ねっとECサイト

ヨガでの瞑想のポイント

瞑想は、静かで安心できる場所で行い、適度な温度が保たれていることが望ましいです。
周りに気をとられることがないようにしましょう。
外部の音を遮断するために、イヤープラグを使用するなどの工夫も有効です。

また、呼吸に集中することも大切です。
腹式呼吸で鼻からゆっくり息を吸い込み、鼻からゆっくりと息を吐き出しましょう。
深くゆったりとした呼吸を心がけることで、リラックス効果が高まります。

また、姿勢は、背骨がS字カーブを描くようにまっすぐ伸びるように意識しましょう。
背筋を伸ばして座るのがポイントです。

座面が固い場合はクッションやブロックを用いて、腰を高くして安定した姿勢をとります。
目線は正面に固定し、前方を見つめることで集中力を高めることが可能です。

環境の整え方

ヨガの瞑想を行う際の環境としては、以下の3つのポイントが重要です。

  • 静かかどうか
  • 温度
  • 安心してできるかどうか

静かかどうか

ヨガを行う際には、静かな環境が望ましいとされています。
ヨガの瞑想をする時にもっとも気をつけたいのは、静かな環境に身を置くことです。

瞑想では内省や自己観察に集中するため、外部の刺激を最小限に抑える必要があります。
静かな場所で行うことで、心を落ち着かせることが可能です。

ヨガの最後のポーズ「シャヴァーサナ」も、静かな環境で行うことが推奨されています。

温度

適度な温度が保たれていることが望ましいです。

寒すぎる場所で瞑想を行うと、身体が縮こまり、集中力が低下する恐れがあります。
逆に暑すぎる場所でも、身体が疲れてしまい集中力が散漫になる場合があるでしょう。

ヨガを行う際の室温については、通常のヨガの場合は26〜27度が適温とされています。
ただし、ホットヨガの場合は、室温が38度程度に設定され、高温多湿な環境で行われます。

安心してできるかどうか

ヨガの瞑想を行う際の環境については、安心してできる環境に身を置くことが大切です。
瞑想に必要なのは、安心した状態で集中することです。

心配事があると集中できませんし、携帯が鳴ると気が散ってしまいます。
周りに気をとられることがないよう、外部の音を遮断するイヤープラグも有効でしょう。

ヨガの瞑想は自律神経を整える効果があるため、自分に合った場所で行うことが大切です。
また、安心して瞑想に集中できる時間帯を選ぶことも重要です。

呼吸

ヨガでの瞑想のときの呼吸法については、腹式呼吸が一般的です。
口から吐いても大丈夫で、出るように凹ませていきます。

次に吸う時は、自然にお腹が膨らみます。
吸って吐いての呼吸に意識を集中してください。

腹式呼吸で行う

ヨガでの瞑想の時の呼吸法は、腹式呼吸を行います。
腹式呼吸は、鼻からゆっくりと息を吸い込み、鼻からゆっくり息を吐き出す呼吸法です。

この呼吸法は、胸や肩を使わずに、お腹を使って呼吸します。
そのため、深くゆったりとした呼吸を心がけることで、リラックス効果が高まるでしょう。

鼻から吸って鼻から吐く

鼻呼吸にすることで、空気を温めることができます。
また、口呼吸に比べて体の内側に水分を保つことができるのもポイントです。

鼻呼吸では、のどが乾燥することがなく、健康に良いとされています。
また、鼻呼吸は呼吸筋を使いやすいため、無理なく長時間の瞑想を行うことが可能です。

鼻から吸って鼻から吐く呼吸法は、ヨガの呼吸法の一つ「プラーナヤーマ」に含まれます。
プラーナヤーマは、呼吸により生命エネルギーを循環させ、満たすという意味があります。

鼻から吸って鼻から吐く呼吸法は、リラックス効果が期待できるだけではありません。
血行を促進し、免疫力を高める効果もあるとされています。

姿勢

ヨガでの瞑想の時の姿勢は、座位をとります。
床に座り、背中をまっすぐにし、両足を交差させたり、蓮華座や安楽座などのポーズです。

このとき、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 背骨がS字カーブを描くように整える
  • 姿勢を安定させる
  • 目線を正面に固定する

背骨がS字カーブを描くように整える

背骨が自然なS字カーブを描いているのは、みなさんご存知でしょう。
ヨガのポーズで背骨を伸ばすことで、背骨がS字カーブを描くように整えられます。

ヨガで背骨を整えることで、呼吸が深くなり、集中力が高まると言われています。
また、背骨を伸ばすことで、姿勢が良くなり、猫背や反り腰を改善することが可能です。

姿勢を安定させる

ヨガで姿勢を安定させることができます。
ヨガにより本来の自然な姿勢に徐々に戻り、猫背も改善されると言われています。

ヨガのポーズをとるとき、全身でバランスをとり、姿勢をキープします。
このときにポイントとなるのが、重心を低く保ち、体幹を安定させることです。

目線を正面に固定する

ヨガでの瞑想のときの姿勢については、正しい姿勢をとることが大切です。
その1つに、目線を正面に固定することが挙げられます。

目線を正面に固定することで、内側に向けた集中力が高まります。
目線を下に向けると、頭が下がり血流が悪くなるため、正面を見るようにしましょう。

ただし、目線を正面に固定する場合、首が辛くなることがあります。
その場合、頭頂で上の空気を押し上げるイメージで、背骨を伸ばすようにすると良いです。

また、両方の耳の穴が繋がる横軸を軸を意識してみましょう。
目線を正面に固定する際のコツの1つです。

薬の使い方

ヨガの瞑想の効果を高めるために

ゆったりとした服を着ることで身体を縛らず、呼吸がしやすくなります。
身体が窮屈だと集中力が散漫になってしまい、瞑想に集中できなくなる場合があります。

筋肉が緊張しやすい場所にストレスを感じないよう、柔らかい服を選びましょう。
そうすることで、リラックスした状態を保ちやすくなります。

さらに、緊張感が少なり、ヨガの瞑想に没頭しやすくなって、効果的な瞑想が可能です。

瞑想で得たい目的を考える

目的に合わせた瞑想の方法を選ぶことで、より効果的な瞑想を行うことが可能です。
瞑想で得たい目的に応じて、瞑想の方法を変えることができます。

静的の瞑想効果

静的瞑想には、ストレスの軽減やリラックス以外に様々な効果があります。
たとえば、以下のような効果があります。

  • 不安の緩和
  • 前向きになりやすくなる
  • 集中力が高まる
  • 直感力が高まる
  • 感情抑制力が高まる
  • アンチエイジングにつながる
  • 睡眠の質が高まる

静的瞑想は、静かな場所で行い、目を閉じて呼吸に意識を集中すると良いでしょう。
また、呼吸法を取り入れることも効果的です。

動的の瞑想効果

動的瞑想でも、静かに意識を集中させることで、心の平穏を取り戻すことが可能です。
雑念や過去のトラウマ、将来の不安などから解放されることが期待できます。

動的瞑想では、ヨガやタイチなどの運動を行いながら呼吸に意識を集中しましょう。
そうすることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

瞑想を行うタイミングを考える

瞑想を行うタイミングによって効果が異なります。
適切なタイミングで瞑想を行うことで、より効果的な瞑想を実践することが可能です。

ここでは、以下の3つの観点から、瞑想を行うタイミングを考えてみましょう。

  • 朝起きたとき
  • 夜寝る前に
  • ポーズをとった後

朝起きたとき

朝の瞑想は、クリアな状態で1日を始めることができるため、多くの人におすすめです。
瞑想をすることで、脳がリラックスして創造性が高まり、集中力を高めることができます。

また、朝の瞑想は、ストレスを軽減し、1日の前向きなスタートにつながります。
そのため、心身ともに健康的な生活を送ることが可能です。

1日の始まりに、瞑想で自分自身を整える時間を設けましょう。
日常生活でのストレスやプレッシャーに対する抵抗力が高まることが期待されます。

夜寝る前に

夜寝る前に瞑想を行うことで、日中のストレスを解放することができます。
そのため、リラックスして質の高い睡眠が期待できるでしょう。

瞑想によって自律神経が整えられ、睡眠の質が向上するという研究結果もあります。
夜瞑想を行うことで、心身ともにリラックスして健康な睡眠を取ることが可能です。

ポーズをとった後

ヨガのポーズをとることで身体の緊張を解きほぐすことができます。
ポーズを終えた後に瞑想することで、心身のリラックス効果をより深めることが可能です。

筋肉の緊張やストレスを解消することで、自然なリラックス状態に繋がるでしょう。
その後、瞑想を行うことで、心身ともに深いリラックス状態に入りやすくなります。

また、ポーズをとった後に瞑想することで、ポーズの効果を長く維持することが可能です。
ポーズによって身体が緩んだ状態で瞑想することで、より長く瞑想を行うことができます。

瞑想によって心身のバランスが整い、深いリラックス状態が続くでしょう。
その結果、ポーズの効果が長時間維持されることが期待されます。

ヒーリング系の音楽を流す

ヒーリング系の音楽は、リラックスや癒しを与える効果があります。
そのため、瞑想に集中するための助けとなるでしょう。

また、瞑想中の思考や心理的なストレスを軽減してくれます。
これにより、深い瞑想状態に入りやすくなるのでおすすめです。

特に、自然の音やホワイトノイズなど、穏やかで継続的な音が流れる音楽が適しています。
ただし、音楽を必要としない人もいるため、好みや目的に応じて選択すると良いでしょう。 

ゆったりとした服を着る

ゆったりとした服を着ることで、体が自由に動きやすく、呼吸もしやすくなります。
ゆったりとした服装は、リラックスして集中することができ、おすすめです。

ゆったりとした服装は、瞑想の効果を高めることができます。
また、瞑想中に体温が上昇することがあるので、薄手の衣服が好ましいとされています。

逆に、タイトな服を着用すると、血行が悪くなって身体が冷えやすくなるので要注意です。
タイトな服の場合、ヨガの瞑想中に体調を崩す恐れもあります。

瞑想はヨガと組み合わせやすい

瞑想は、ヨガや他の身体の動きの方法と組み合わせやすいのもポイントです。
実際、瞑想は、様々なマインドフルネスのプログラムとして実践されています。

ヨガのポーズや呼吸法を組み合わせると、深いリラックスや集中力の向上が期待できます。
また、内面の探求などの効果を得ることも可能です。

瞑想はヨガの一部として実践されており、心身の健康改善のためにとり組まれています。

ストレス社会で瞑想が注目され、多くの瞑想プログラムが開発されているのも事実です。
瞑想は、医療やメンタルヘルス分野でも利用されています。


出典:厚生労働省【厚生労働省eJIM | 瞑想 | 各種施術・療法 | 医療関係者の方へ

スポンサーリンク

ヨガと瞑想のまとめ

ここまでヨガと瞑想についてお伝えしてきました。
ヨガの瞑想についての要点をまとめると以下の通りです。

  • ヨガと瞑想は密接に関連し、瞑想はヨガの一つの要素として位置づけられている
  • ヨガの瞑想の効果は「リラックス・ストレス軽減・集中力向上・安眠」
  • ヨガの瞑想では「目を閉じ、呼吸に意識を向け、内側に集中する」を意識する
  • ヨガでの瞑想のポイントは、「静かで安心な場所、適度な温度、呼吸」
  • ヨガの瞑想の効果を高めるには、ゆったりした服でヨガに没頭する

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク