ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>体の不調>顔色が悪いのは病気のサイン?考えられる原因や疾患・改善方法を紹介

顔色が悪いのは病気のサイン?考えられる原因や疾患・改善方法を紹介

「顔色が悪い」とは、一般的に顔の色が蒼白やくすんだように見える状態を指します。
顔色が悪い症状はさまざまな原因によって引き起こされる可能性があります。
では、具体的に顔色が悪い原因や症状には、どのようなものがあるのでしょうか

本記事では、顔色が悪いについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 顔色が悪いことで考えられる原因とは
  • 顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケースについて
  • 日常生活でできる改善方法とは

顔色が悪いことについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

〜妊活中に必要な葉酸を効率よく摂取したい方へ〜

妊活・妊娠中に必要な栄養素&美容成分配合
公式サイトはこちら

スポンサーリンク

顔色が悪いことで考えられる原因

顔色が悪いことで考えられる原因には、どのようなことがあるのでしょうか。
以下でそれぞれ見ていきましょう。

日常生活で起こること

以下では、日常生活で起こることについてご紹介します。

低体温

顔色が悪いことで考えられる原因の一つは、体が冷えているという状態です。
体温が低下すると、血管が収縮して血の流れが悪くなり、顔色が悪くなります。
日常生活で起こることには、冷房や冷たい飲食物の過剰摂取、シャワーだけで済ますなどがあります。

これらを避けて、体を温める工夫することで、顔色を良くできるでしょう。

緊張や興奮

興奮や緊張すると、自律神経のうち交感神経が活発に働きます。
そのため、心拍数が上がったり、顔の毛細血管が収縮したりします。
これにより、顔色が青ざめたり赤くなったりします。
意識的に深呼吸したり、リラックスする方法を見つけたりすることで、顔色を良くできます。

寝不足

寝不足になると、体温が低下したり、血行が悪くなったりします。
寝不足により、顔色が黄色っぽくなったり、くすんだりします。

改善するためには、睡眠時間を確保することが大切です。
また、睡眠前にリラックスしたり、暗く静かな環境を作ったりすることも良いでしょう。

疲労

顔色が悪いことで考えられる原因の一つは、疲労によるものです。
疲労が溜まると、血行が悪くなったり、貧血になったりします。
その結果、顔色が青白くなったり、黒ずんだりします。

改善するためには、休息を取ることが大切です。
また、栄養バランスの良い食事や適度な運動も効果的です。

何らかの疾患によるもの

ここでは、顔色が悪くなる原因となる疾患について見ていきましょう。

貧血

貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンの量が減少することで、酸素を運ぶ能力が低下する状態です。
その結果、顔色が青白くなったり、黄色っぽくなったりします。

貧血の原因には、食事不足や出血などがあります。

一酸化炭素中毒

一酸化炭素中毒とは、毒ガスである一酸化炭素を大量に吸い込むことで、酸素を運ぶ赤血球が機能しなくなる状態です。
一酸化炭素中毒により、顔色が赤くなったり、頭痛や吐き気などの症状が出たりします。

一酸化炭素中毒の原因には、火災や密閉した空間での火の使用などがあります。
中毒になった場合は、すぐに救急車を呼んで医師の診断や治療を受けることが必要です。

腎不全

腎不全とは、腎臓の機能が低下して老廃物や水分を十分に排泄できない状態です。
これにより、顔色がドス黒くなったり、むくみや血尿などの症状が出たりします。

腎不全の原因には、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、腎臓に炎症や傷害が起こることなどがあります。

急性肝炎

急性肝炎とは、肝臓に炎症が起こる病気で、ウイルスや薬剤などが原因です。
その結果、黄疸が出て、顔色が黄土色や暗褐色に変わります。
ほかにも、発熱や食欲不振、吐き気などの症状が出ます。

急性肝炎の治療には、安静にすることや栄養バランスの良い食事を摂ることが大切です。

肝硬変

肝硬変とは、肝臓に繰り返し炎症が起こり、正常な肝細胞が破壊されて瘢痕組織に置き換わる病気です。
その結果、血行不良が起こり、顔色が土気色や暗褐色になったりします。
ほかにも、腹水や脚のむくみ、食欲不振、倦怠感などの症状が出たりします。

肝硬変の治療には、原因となるウイルスやアルコールなどを除去することや合併症の予防・対処が重要です。

肝がん

肝がんとは、肝臓に悪性の腫瘍ができる病気です。
肝がんは、肝機能の低下や血行不良によって、顔色が土気色や赤みを帯びたりします。
ほかにも、腹水やむくみ、食欲不振、倦怠感などの症状が出たりします。

肝がんの治療には、手術や放射線治療、化学療法などがありますが、早期発見・早期治療が重要です。

胃潰瘍

胃潰瘍とは、胃の壁に穴が開く病気です。
胃潰瘍は、ピロリ菌の感染や痛み止めの内服などが原因となって発症します。
胃潰瘍からの出血で貧血が起こると、顔色が青白くなることがあります。

ほかにも、腹痛や胸焼け、吐き気などの症状が出ます。
胃潰瘍の治療には、ピロリ菌の除菌や胃酸の分泌を抑える薬などです。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは、十二指腸の壁に穴が開く病気です。
十二指腸潰瘍は、ピロリ菌の感染や胃酸の過剰分泌などが原因となって発症します。

十二指腸潰瘍からの出血で貧血が起こると、顔色が青白くなることがあります。
さらに、空腹時や食後に腹痛が出たり、吐血や下血があったりします。

胆石症

胆石症は胆のうの中に結石ができた病気です。
胆汁の成分に異常があったり、胆のうの働きに問題が生じたりすると、胆石ができやすくなります。

胆石症の主な症状はみぞおちの痛み・右肩の痛み・吐き気・嘔吐・食欲の低下などです。
胆石が胆管を詰まらせると

  • 黄疸によって顔色が黄土色に変色
  • ショック症状が起こると顔色が真っ青

になることがあります。

胆石症は、コレステロール値の高い人・40代・女性・肥満の人に起こりやすいことが分かっています。

胆管がん

胆管がんは胆管に生じたがんです。
胆管は、肝臓から分泌された胆汁を胆のうや十二指腸に運ぶ管です。
胆管がんの主な症状は、黄疸・かゆみ・発熱・体重減少・腹痛・食欲不振などです。

黄疸は胆汁の成分であるビリルビンが血液中に増えることで、皮膚や白目が黄色くなる現象をいいます。
胆管がんでは、がんが胆管を圧迫して胆汁の流れを妨げることで、黄疸が起こりやすくなります。

アジソン病(慢性副腎脂質機能低下症)

アジソン病(慢性副腎脂質機能低下症)とは、副腎から分泌されるホルモンが不足することで起こる内分泌疾患です。
副腎皮質ホルモンは、血圧や水分代謝、ストレスへの対応などに重要な役割を果たしています。

アジソン病の原因は、自己免疫疾患や感染症、薬剤などがあります。
顔色が悪い症状は、副腎皮質ホルモンであるコルチゾールが低下することで、メラニン色素の分泌が増えるために起こります。

さらに、倦怠感や食欲不振、低血圧、低血糖などの症状が見られます。
アジソン病は難病指定されており、治療法は副腎皮質ホルモンの補充療法です。

スポンサーリンク

顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケース

顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケースについて

  • 大人の場合
  • 子供の場合

別にご紹介します。

大人の場合

顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケースは、以下のようなものがあります。

【貧血】
顔色が青白く、めまいや動悸、息切れなどの症状がある場合は、血液中のヘモグロビンが減少している可能性があります。

貧血は、重症化すると心不全や脳梗塞などの危険性があります。
そのため、内科や血液内科で診察を受けてください。

【一酸化炭素中毒】
顔色が赤く紅潮している場合は、一酸化炭素によって酸素が運べなくなっている可能性があります。
暖房器具や自動車の排気ガスなどに含まれる一酸化炭素を吸い込むことで起こります。

一酸化炭素中毒は、意識障害や死亡に至る重篤な状態ですので、すぐに救急車を呼んでください

しかし、救急車を呼ぶべきか迷う場合もあるでしょう。
その際は、♯7119 救急安心センターへ相談しましょう。

救急安心センターでは、小児科医師や看護師が電話で相談に応じてくれます。
病院の受診や救急車の呼び方などのアドバイスをもらえます。

子供の場合

顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケースは、子供でも大人と同じように貧血や一酸化炭素中毒などがあります。
重篤な合併症や死亡に至る可能性がありますので、自己判断せずに医師に相談することが大切です。

子供の場合は、顔色が悪いだけでなく

  • ふらつきや立ちくらみ
  • 息切れ

などの症状がある場合も貧血を疑います。

また、顔色が土色になる場合は、肝臓の病気の可能性があります。
子供は自分の体調をうまく伝えられないことも多いです。
そのため、親や保護者は子供の顔色や爪、皮膚の状態などをよく観察しましょう

顔色が悪い場合は、自分で判断せずに専門家に相談しましょう。
早期発見・早期治療が大切です。
子供の場合は、♯7119 救急安心センターやかかりつけの小児科医に相談すると良いでしょう。

顔色が悪い場合の検査方法

顔色が悪い場合の検査方法は、さまざまなものがあります。
貧血、一酸化炭素中毒、腎不全の検査方法は、以下のようになります。

  • 貧血:血液検査でヘモグロビン値や赤血球数などを調べます。

ヘモグロビン値が低いと貧血と診断されます。

  • 一酸化炭素中毒:血液ガス分析でカルボキシヘモグロビン値を調べます。

カルボキシヘモグロビン値が高いと一酸化炭素中毒と診断されます。

  • 腎不全:血液検査で尿素窒素やクレアチニンなどの腎機能指標を調べます。

腎機能指標が高いと腎不全と診断されます。
顔色が悪い場合は、自分で判断せずに専門家に相談しましょう。

AGA

顔色が悪い場合の治療方法

顔色が悪い場合の治療方法にもさまざまなものがあります。
ここでは、貧血、一酸化炭素中毒、腎不全の治療方法について見ていきましょう。

【貧血】
貧血は、血液中のヘモグロビンが減少し、酸素を運ぶ能力が低下することで起こります。
貧血の治療方法は、原因によって異なりますが、一般的には栄養補給や輸血などが行われます。

【一酸化炭素中毒】
一酸化炭素中毒は、一酸化炭素を吸入することで起こります。
一酸化炭素は、ヘモグロビンと強く結合し、酸素と結合できなくなります。
そのため、組織に酸素が届かなくなります。

一酸化炭素中毒の治療方法は、高濃度の酸素を吸入することや高圧酸素室での治療があります。

【腎不全】
腎不全は、腎臓の機能が低下し、老廃物や水分を排出できなくなることで起こります。
腎不全の治療方法は、原因によって異なりますが、透析や薬物療法、移植などが行われます。

健達ねっとECサイト

貧血のセルフチェック

以下に貧血の症状のチェックリストの項目をあらわしています。

  • めまいや立ちくらみがする
  • 動悸や息切れがする
  • 頭痛や耳鳴りがする
  • 顔色が悪い
  • 手足が冷える
  • 疲れやすい
  • 集中力や記憶力が低下する
  • 食欲がない
  • 異食症(土や氷などを食べたくなる)
  • 月経量が多い

以上の項目のうち、3つ以上にチェックが入った場合は、貧血の疑いがあります。

貧血の症状がひどい場合や、原因がわからない場合は、医師に相談してください。
貧血は慢性的な病気や出血などによっても起こることがあります。

薬の使い方

貧血予防のために摂取したい食べ物

貧血を予防するためには、鉄分やビタミンB12、葉酸などの栄養素が豊富な食べ物を摂取することが重要です。
ここでは、貧血予防におすすめの食べ物をご紹介します。

鉄分を多く含む食材

鉄分を多く含む食材には、動物性食品と植物性食品があります。
動物性食品に含まれる鉄分はヘム鉄と呼ばれ、吸収率が高いです。
ヘム鉄を多く含む食材には、レバー、赤身の肉や魚などがあります。

植物性食品に含まれる鉄分は非ヘム鉄と呼ばれ、吸収率が低いです。
非ヘム鉄を多く含む食材には、納豆、ほうれん草、小松菜などがあります。

非ヘム鉄の吸収率を高めるためには、ビタミンCやタンパク質を一緒に摂取することをおすすめします。
ビタミンCやタンパク質を多く含む食材には、緑黄色野菜や果物、卵や牛乳などがあります。

また、赤血球を作るためには、葉酸やビタミンB12なども必要です。
葉酸やビタミンB12を多く含む食材には、レバー、牛乳やチーズ、小松菜やほうれん草などがあります。

貧血予防のためには、毎日の食事から鉄分やそのほかの必要な栄養素を十分に摂取することが大切です。

とくに、女性や妊婦さんは鉄分の必要量が増えるので注意しましょう。
動物性食品と植物性食品をバランス良く組み合わせて、貧血対策しましょう。

鉄分を多く含む食材を使ったレシピ

鉄分を多く含む食材を使用したレシピをご紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

ブロッコリーのレバー和え

材料 (2人分):

  • レバー串焼き 2、3本
  • ブロッコリー 1/2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • マヨネーズ 小さじ1
  • ラー油 少々

作り方:

  • レバー串焼きを電子レンジ600wで、30秒加熱して串を抜く。
  • ブロッコリーを食べやすい大きさに切って洗う。
  • 耐熱袋にブロッコリー、鶏がらスープの素を加えてまぜる。
  • 電子レンジ600w1分40秒加熱する。
  • ブロッコリー、レバー、マヨネーズ、ラー油を和える。

日常生活でできる改善方法

日常生活でできる改善方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、貧血や疲労感を軽減するための実践的な方法をご紹介します。

体を冷やさない

顔色を良くするためには、血行を促進することが大切です。

血行を促進するには、マッサージをしましょう。
マッサージは、顔の筋肉をほぐし、血液やリンパの流れを改善します。
顔の中心から外側に向かってやさしく押したり、こぶしや指で軽くたたいたりします。

次に、首周りを温めることです。
首は血管が集まる部分であり、冷えると血行が悪くなります。
首周りを温めることで、血流がスムーズになります。

ネックウォーマーやストールなどを巻いたり、湯たんぽやカイロなどを使ったりします。

最後に、運動も行いましょう。
運動は全身の血行を良くするだけでなく、代謝や免疫力も高めます。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がおすすめです。

貧血体質にならない

顔色が悪いというのは、血液の循環や酸素の運搬に問題があるかもしれません。
貧血はその一つの原因で、鉄分やビタミンB12などの不足によって赤血球が減少すると起こります。

顔色を改善するには、日常生活で以下のことに気を付けましょう。

  • 水分を十分に摂る:水分不足は血液の流れを悪くします。
  • 睡眠をしっかり取る:睡眠不足は自律神経のバランスを崩します。
  • マッサージで顔の血行を良くする:目の周りやこめかみなどを指圧します。
  • 鉄分やビタミンB12などの栄養素を含む食事を摂る:レバーやほうれん草、卵などがおすすめです。

立ちくらみやめまいなどの症状がある場合は、内科で血液検査を受けて貧血の有無や原因を調べてもらいましょう。

市販薬・サプリの服用

顔色が悪いと感じるときは、市販薬やサプリメントを服用することで改善できるかもしれません。

市販薬やサプリメントには、以下のような種類があります。

  • 鉄分やビタミンB12などの血液サプリ:貧血を防ぐために必要な成分を補給します。

血液中のヘモグロビンが増えると、血色が良くなることが期待できます。

  • 抗酸化サプリ:ビタミンCやメロングリソディン®︎などの抗酸化成分を含みます。

抗酸化作用により、肌の老化やシミ・そばかすを防ぎます。美白・美肌効果が期待できます。

  • 血行促進サプリ:ショウガやトウガラシなどの温活成分を含みます。

血行を良くして、顔色を明るくし、代謝の向上も期待できます。

  • コラーゲンやヒアルロン酸などの美容サプリ:肌の水分や弾力を保つために必要な成分を補給します。

乾燥やたるみの予防につながります。

マッサージ

顔色を改善するには、血行やリンパの流れを良くすることが大切です。
そのためには、以下のようなマッサージ方法がおすすめです。

  • リンパマッサージ:顔のリンパ節は耳の下やあごの下にあります。

そこから内側から外側へ向かってやさしく押し流すようにマッサージします。
これで老廃物の排出が促されます。

  • 表情筋マッサージ:顔の筋肉をほぐして血行を良くします。

マッサージクリームを使って、顔全体をなでるようにマッサージします。
特に目や口の周りは表情筋が多いので、丁寧にほぐしましょう。

  • デコルテマッサージ:デコルテは顔の血流にも影響します。

グーの手で内側から外側へ向かって流したり、親指と他の指で脇の前を挟んだりしてマッサージします。
これらのマッサージは、朝や夜のスキンケア時に行うと良いです。

また、肝臓の働きを妨げない生活も大切です。
過度な飲酒や喫煙は控えましょう。

ヨガ

顔色が悪いと、疲れや不健康な印象を与えてしまいます。
顔色を改善するには、血行やリンパの流れを良くすることが大切です。
そのためには、ヨガがおすすめです。

ヨガは、呼吸法やポーズを通して、体の内側から血液や酸素を循環させます
これにより、顔の血色が良くなり、肌のツヤやハリもアップします。
また、ヨガはストレスを解消し、自律神経のバランスを整えます。

顔色を改善するヨガのポーズは、以下のようなものがあります。

  • 立位前屈:頭を下げることで顔に血液が流れます。
  • ブリッジ:胸や首の筋肉を伸ばし、血流を良くします。
  • シャバーサナ:全身をリラックスさせ、深く呼吸します。

これらのポーズは、朝や夜のスキンケア時に行うのがおすすめです。

スポンサーリンク

貧血は美容と健康に影響を与える

貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が減少し、酸素を運ぶ能力が低下する状態です。
貧血になると、疲れやすくなったり、めまいや動悸が起こったりします。
また、美容にも悪影響を及ぼします。

貧血は、肌や髪の新陳代謝を遅らせ、くすみやシワ、抜け毛などの原因です。
さらに、貧血は自律神経のバランスを崩し、冷え性やむくみ、便秘などを引き起こします。
これらは美容だけでなく健康にもマイナスです。

貧血を予防するには、鉄分をしっかり摂ることを意識しましょう。
鉄分はヘモグロビンの材料となるミネラルで、レバーや赤身の肉、小魚などに多く含まれます。
また、レモンなどのビタミンCも鉄分の吸収を助けます。

スポンサーリンク

日本人の睡眠状況

日本では忙しい生活やストレスの影響により、十分な睡眠時間を確保することが難しい傾向があります。
ここでは、日本人の睡眠状況についてご紹介します。

睡眠状況

令和元年における男女別の1日の平均睡眠時間を年齢別に以下の表にあらわしています。

年齢男性女性
20~29歳6時間以上7時間未満6時間以上7時間未満
30~39歳5時間以上6時間未満6時間以上7時間未満
40~49歳5時間以上6時間未満6時間以上7時間未満
50~59歳5時間以上6時間未満5時間以上6時間未満
60~69歳6時間以上7時間未満6時間以上7時間未満
70歳以上7時間以上8時間未満6時間以上7時間未満

一般的に、成人の場合、1日の推奨睡眠時間は7~8時間とされています。
しかし、男性の 30~50歳代、女性の 40~50歳代では6時間未満の者の割合が多い傾向にあります。

睡眠不足は、肥満や糖尿病などの生活習慣病や、うつ病や認知症などの精神的な問題につながる危険性があります。

また、集中力や判断力などの認知機能や免疫力も低下させます。
したがって、睡眠不足を解消するための工夫が必要です。

世界における日本の睡眠状況

平均睡眠時間は、日本は442分(7.3時間)でOECD加盟国30カ国中最下位です。
日本は、世界保健機関(WHO)が推奨する睡眠時間の下限である7時間をわずかに上回っているだけであり、十分な睡眠とはいえません。

また、日本は平日と休日の睡眠時間差が大きい国でもあります。
平日の睡眠不足を休日に取り戻そうとしていることを示しています。
しかし、実際には睡眠不足の影響は簡単に消えるものではありません。

日本人の睡眠状況の改善には、睡眠時間の確保と質の向上が重要です。
適切な睡眠環境の整備や睡眠リズムの調整など、日常生活での改善方法も考える必要があります。

スポンサーリンク

顔色が悪いに関するよくある質問

顔色が悪いに関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれ見ていきましょう。

顔色が悪くなるのはなぜですか?

顔色が悪くなる原因でよくあるのは貧血です。
貧血は、血液中の赤血球やヘモグロビンの量が減少することです。
全身に酸素を十分供給できなくなり、顔色の悪さの他にもめまいや頭痛などの症状が起こります。

また、肝臓や胃腸の不調も顔色が悪くなる原因となります。
肝臓は、体内の毒素を分解したり、胆汁を分泌したりする重要な臓器です。
肝機能が低下すると、黄疸や血行不良によって顔色が土っぽくなります。

顔色が悪いと感じたら、まずは自分の体調や生活習慣を見直してみましょう。
もし症状が長く続くなど気になることがあれば、医師に相談することをおすすめします。

顔色が悪いときに考えられる病気は何ですか?

顔色が悪いときに考えられる病気は、以下のようなものがあります。

  • 貧血:血液中の赤血球やヘモグロビンの量が減少することで、全身に酸素を十分供給できなくなります。
  • 胃潰瘍:胃の粘膜に穴が開くことで、胃酸や胃液が出血したり、炎症を起こしたりします。
  • 急性胃腸炎:ウイルスや細菌などに感染することで、胃や腸の粘膜が炎症を起こします。
  • 腎不全:腎臓の機能が低下することで、尿毒素や水分などが体内に溜まります。
  • 一酸化炭素中毒:一酸化炭素を吸い込むことで、赤血球が酸素を運べなくなります。
  • 自律神経失調症:自律神経のバランスが崩れることで、血圧や心拍数などに異常が起こります。
  • うつ病:気分や意欲が低下することで、食欲不振や睡眠障害などを引き起こします。

これらの病気は、顔色以外にもさまざまな症状を伴います。
もし自分に当てはまるものがあれば、早めに医師に相談しましょう。

顔色が青白いときの原因はなんですか?

顔色が青白いときの原因は、貧血が最も多いとされます。
貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンの量が減少することで、全身に酸素を十分供給できなくなる状態です。

貧血にはさまざまな種類がありますが、一般的には鉄欠乏性貧血が多く見られます。
鉄欠乏性貧血の原因としては、月経や出産などによる出血、食事による鉄分の不足、消化器系の病気などがあります。

顔色が青白い場合は、貧血のほかにも血行不良が考えられます。
血行不良とは、血液の流れが悪くなることで、皮膚や筋肉などに十分な栄養や酸素が届かない状態です。
血行不良の原因としては、冷えやストレス、運動不足、喫煙などがあります。

顔色が青白いときは、自分の体調や生活習慣を見直してみましょう。

顔色が悪いときは何を食べたらいいですか?

顔色が悪いときに食べるものは、貧血や血行不良の原因や状態によって異なります。

一般的には、以下のような食べ物がおすすめです。
貧血の場合は、鉄分やビタミンB12、葉酸などの栄養素が必要です。

鉄分は、レバー、赤身肉、ほうれん草、小松菜などに多く含まれます。
ビタミンB12は、動物性食品に多く含まれます。葉酸は、緑黄色野菜や豆類に多く含まれます。

血行不良の場合は、ビタミンEやオメガ3脂肪酸などの栄養素が必要です。
ビタミンEは、ナッツや種子類、植物油などに多く含まれます。
オメガ3脂肪酸は、青魚や亜麻仁油などに多く含まれます。

また、貧血や血行不良の予防や改善には、水分や食物繊維も重要です。
水分は、血液の流れをスムーズにするために必要です。
食物繊維は、便秘を防ぎ、消化器系の健康を保つために必要です。

顔色が悪いときは、これらの食べ物をバランス良く摂取することが大切です。

肝臓が悪いときの顔色は何色ですか?

肝臓が悪いときの顔色は、黄色っぽい色や土色になることがあります。
これは、肝臓の病気によって、ビリルビンという胆汁色素が増えたり、血流が低下したりするためです。
肝臓の病気には、肝炎や肝硬変や肝臓がんなどがあります。

もし顔色が黄色っぽい色や土色になっている場合は、肝臓の機能検査を受けることをおすすめします。
肝臓の病気は早期発見・早期治療が重要です。
また、肝臓の健康を保つためには、過度の飲酒や喫煙を控えることも大切です。

顔色が悪いまとめ

ここまで、顔色が悪いの情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • 顔色が悪いことで考えられる原因は、低体温、緊張や興奮、貧血、一酸化炭素中毒など
  • 顔色が悪い場合に早急に対処が必要なケースは、顔色が青白く、めまいや動悸、息切れなどの症状がある
  • 日常生活でできる改善方法は、体を冷やさない、貧血体質にならない、市販薬・サプリの利用など

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

〜妊活中に必要な葉酸を効率よく摂取したい方へ〜

妊活・妊娠中に必要な栄養素&美容成分配合
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク