ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>運動>モーニングルーティンとは?作り方から継続するコツなど徹底解説

モーニングルーティンとは?作り方から継続するコツなど徹底解説

モーニングルーティンは、朝、目覚めた瞬間から一日が始まります。
しかし、忙しい日々の中で、朝の時間を有効に使えず、慌ただしいことも多いのではないでしょうか。
では、モーニングルーティンのおすすめの方法にはどのようなことがあるのでしょうか。

本記事では、モーニングルーティンについて以下の点を中心にご紹介します。

  • モーニングルーティンの目的について
  • モーニングルーティンの作り方とは
  • モーニングルーティンを続けるコツについて

モーニングルーティンについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

モーニングルーティンとは

モーニングルーティンとは、朝起きてからする一連の習慣のことです。
モーニングルーティンを持つことで、一日の始まりをスムーズにし、気分や体調を整えられます。
モーニングルーティンは人によって違いますが、一般的には

  • 水分補給
  • ストレッチ
  • 朝食
  • 読書
  • 瞑想

などが含まれます。

モーニングルーティンは自分に合ったものを選び、毎日続けることが大切です。
モーニングルーティンを始めると、朝の時間が有意義になり、一日の生産性や幸福感が高まるといわれています。

スポンサーリンク

モーニングルーティンの目的とは

フォトフェイシャルの注意点

毎朝、目覚まし時計が鳴り、ベッドから抜け出すのが難しいと感じることもあるのではないでしょうか。
朝の忙しい時間に、どのように一日を過ごすかを考えることはストレスフルです。
そこで、モーニングルーティンが役立ちます。

ここでは、モーニングルーティンの目的について詳しく説明いたします。

身体を目覚めさせる

モーニングルーティンの目的は、身体を目覚めさせることです。
モーニングルーティンによって身体を動かし、刺激することで、心身が覚醒します。
シャキッとした気分で元気よく一日をスタートできます。

モーニングルーティンには、さまざまな方法があります。
たとえば、ストレッチや軽い運動で、身体を目覚めさせられるでしょう。
モーニングルーティンは、身体を目覚めさせられるため、健康的な生活を送るためにも重要です。

一日の準備ができる

モーニングルーティンとは、朝に行う習慣のことです。
その目的は、一日を効率的に過ごすことで、よりよい人生にすることです。
モーニングルーティンは、自分のために時間を作れるため、ストレスを減らし、自己肯定感を高められます。

自己投資する

モーニングルーティンは、一見すると些細なことのように思えるのではないでしょうか。
しかし、モーニングルーティンは自分自身に投資をしていることになります。
なぜなら、一日の始まりに心身を調整することで、その後の活動にポジティブな影響を与えるからです。

モーニングルーティンを続けることで、自分の健康や能力や幸福感を高められます。
これはまさに自己投資につながります。

メリット

ここでは、モーニングルーティンのメリットについてご紹介いたします。

規則正しい生活ができる

モーニングルーティーンで、日中も生活リズムにのりやすく、時間や仕事の作業の効率化がしやすくなります。
この流れを習慣化することで、規則正しい生活となります。

そのため、一日を軽快に気持ちよくスタートできるでしょう。

時間を効率よく使える

モーニングルーティンを取り入れることで、効率的に時間を使えます。
たとえば、朝に仕事や学習に取り組むことで、日中のタスクを効率化できます。
さらに、モーニングルーティンは自分の時間を確保するためのものです。

朝に自分の時間を持つことで、心身を整えられ、日中の仕事や活動に集中できます。
モーニングルーティンは、朝の時間を有効活用し、充実した一日をスタートさせるための有効な手段です。

モーニングルーティンの作り方

モーニングルーティンを作ることで、自分自身の時間を確保し、朝から充実した一日を過ごせます。
ここでは、モーニングルーティンの作り方についてご紹介いたします。

ルーティンの内容を決める

モーニングルーティンを作るには、まず、ルーティンの内容を決めます。
たとえば、朝食を食べたり、ストレッチをしたり、読書をしたりするなど、自分がやりたいことを決めます。

次に、やるべきことをリスト化します。
歯磨きなどの基本的なことから、仕事や勉強などのタスクまで、全てリストアップしましょう。
リストアップすることで、やらなければならないことが明確になり、実行しやすくなります。

作成したルーティン案を試す

作成したルーティン案を試す際は、まずはシンプルな内容から始めることがおすすめです。
たとえば、水を飲むことやストレッチなどから始めて、徐々に内容を増やしていくことがよいでしょう。

また、モーニングルーティンを続けるためには、自分に合った方法で行うことが大切です。

睡眠のスケジュールを決める

モーニングルーティンを作る際は、睡眠のスケジュールを決めることが重要です。
決まった時間に就寝し、決まった時間に起床することで適切な睡眠時間が確保できます。
また、急いで準備しなくて済むよう、朝は十分な時間を確保しましょう。

週末も決めた就寝時間や起床時間を守るようにすると、計画したモーニングルーティンが習慣化しやすくなります。

ルーティンに慣れていく

ルーティンに慣れるためには継続が大切です。
最初は少しずつ取り入れていき、徐々に時間を増やしていくことがよいでしょう。
毎日同じ時間に行うことで、体や心がルーティンに慣れていきます。

モーニングルーティンを始めるためには、まずは自分に合った活動を選ぶことが重要です。
たとえば、ストレッチや瞑想、読書、ジャーナリングなど、自分が心地よく感じる活動を選びましょう。

モーニングルーティンを継続して改善する

モーニングルーティンを継続的に改善することで、より効率的な時間管理や生産性の向上が期待できます。
自分に合ったルーティンを見つけ、段階的に改善していくことで、より充実した朝の時間を過ごせるでしょう。

目標やニーズに合わせてカスタマイズし、少しずつ改善していくことをおすすめします。
継続するためには、自分がやりたいことを楽しめるように工夫することも大切です。

AGA

モーニングルーティンのおすすめの方法

モーニングルーティンは朝の時間を自分のために使い、よいスタートを切るための方法です。
以下では、モーニングルーティンのおすすめの方法についてご紹介いたします。

起床時間を決める

モーニングルーティンのおすすめの方法の一つは、起床時間を決めることです。
起床時間を決める際には、適切な睡眠時間も考慮しましょう。
個人に合った睡眠時間を確保することで、朝の目覚めがスムーズになります。

また、起床時間を変える場合は、徐々にシフトしていくことが大切です。
急な変化は身体に負担をかける可能性があるため、少しずつ起床時間を早めていくことをおすすめします。

朝日を浴びる

朝日を浴びることは、体内時計を整え、目覚めをスムーズにする効果があります。
また、ビタミンDを生成するため、免疫力アップにもつながります。

朝日を浴びる時間帯は、朝の6時から9時頃がおすすめです。
この時間帯は、紫外線が少なく、肌にも優しいため、安心して朝日を浴びることができます。

朝食を摂る

朝食は、一日のエネルギー源となる大切な食事です。
朝食を摂ることで、代謝が上がり、脳が活性化され、集中力や記憶力がアップする効果があります。

朝食のおすすめのメニューは、バランスのよい栄養素を含むものがおすすめです。
卵や豆腐、魚などのたんぱく質、野菜や果物などのビタミン・ミネラル、炭水化物を含むパンやご飯などです。

水を飲む

朝起きたら、まずは1杯の水を飲むことがおすすめです。
水分補給は、体内の代謝を促進し、脳を活性化させる効果があります。
また、水分補給は便秘解消にも効果的です。

瞑想する

瞑想は、朝の時間に行うことで、一日をスタートさせるためのリラックス方法としておすすめです。
瞑想は、集中力の向上や不安の解消、イライラの軽減などの効果があります。
また、瞑想は前向きな気持ちになることができ、直感力や共感性が高まるとされています。

瞑想する場合は、静かな場所で行うことが大切です。
また、音声ガイド付きの瞑想アプリを利用することもおすすめです。

散歩する

朝の散歩は、健康的な生活習慣の一つとしておすすめです。
朝の散歩は、新鮮な空気を吸いながら、身体を動かします。
そのため、ストレス解消やリフレッシュ効果があるとされています。

朝に散歩する場合は、30分程度行うとよいでしょう。

健達ねっとECサイト

モーニングルーティンを続けるコツとは

モーニングルーティンを続けることは、朝の時間を有意義に過ごし、充実感を得るために重要です。
しかし、続けることは簡単ではありません。
そこで、モーニングルーティンを継続するためのコツをご紹介いたします。

無理なく暮らしに取り入れる

モーニングルーティンを続けるためには、無理なく暮らしに取り入れることが大切です。
たとえば、毎日同じ時間に起きることや、朝食を食べることが挙げられます。
また、自分に合った運動やストレッチもよいでしょう。

さらに、朝の時間を有効活用するために、前日の準備をしておくこともおすすめです。
洋服や靴を前日に決めておくことで、朝の時間を節約できます。

同じ時間に起床・就寝する

モーニングルーティンを続けるコツは、同じ時間に起床・就寝することが大切です。
同じ時間に起床することで、概日リズム(体内時計)が整い、睡眠の質が高くなり、早起きもしやすくなります。

また、同じ時間に就寝することで、睡眠の質が高くなるだけでなく、生活リズムが整い、体調管理にもつながります。

ルーティンに必要な時間を確認する

モーニングルーティンを続けるためには、ルーティンに必要な時間を確認することが大切です。
まずは、自分に必要な睡眠時間を考えましょう。
その上で、朝のタスク・ルーティンに必要な時間を考慮して起床時間を決めます。

たとえば、シャワーを浴びる時間や、朝食の準備にかかる時間などです。

ただし、いきなり2時間のモーニングルーティンを始める必要はありません。
まずはいつもより10~20分早起きすることから始めて、少しずつ起きる時間を早めていきましょう。

スマホを使わない

スマホを使わないことで、モーニングルーティンをより効果的に行えます。
スマホを使うと、SNSやメールなどに時間を取られてしまい、ルーティンの時間が削られてしまいます。
そのため、スマホを使わずにルーティンを行うことで、集中力を高められるのです。

時間を確認する際はスマホを使わずに、目覚まし時計などを使って時間を確認するようにしましょう。
また、スマホの代わりに本や新聞を読んだり、ストレッチや瞑想などの運動もおすすめです。
スマホを使わないことで、自分と向き合い、リラックスした状態で一日を始められます。

目的に沿ったものを作る

モーニングルーティンを続けるコツは、目的に沿ったものをモーニングルーティンを作ることです。
まずは、自分が何をしたいのか、何を目指しているのかを明確にすることが大切です。

たとえば、健康的な体を作りたい場合は、ストレッチやジョギングなどの運動を取り入れると良いでしょう。
また、仕事で成果を出したい場合は、読書や勉強などの時間を設けることが重要です。
目的に沿ったルーティンを作ることで、自分自身の成長や目標達成につながります。

薬の使い方

モーニングルーティン以外のルーティン

モーニングルーティン以外にも、日中や夜に取り入れるルーティンは重要です。
ここでは、モーニングルーティン以外のルーティンについて見ていきましょう。

デイタイムルーティン

デイタイムルーティンとは、朝のルーティン以外の、日中に行う習慣のことを指します。
たとえば、昼食後の散歩や、午後の休憩時間に読書することなどが挙げられます。
デイタイムルーティンは、一日の中でリフレッシュする時間を確保するために重要です。

また、仕事や勉強などの集中力を高める効果もあります。
自分に合ったデイタイムルーティンを見つけて、実践することで、より充実した一日を過ごせるでしょう。

ナイトルーティン

モーニングルーティンは朝に行い、ナイトルーティンは夜に行います。
モーニングルーティンでは朝食、運動、読書などが一般的です。
一方、ナイトルーティンでは入浴、ストレッチ、読書などがよいでしょう。

ナイトルーティンは、モーニングルーティンとは異なり、睡眠の前に行う活動や準備を指します。
主な目的は、質の高い睡眠を得ることやリラックス効果を得ることです。
睡眠の質は健康やパフォーマンスに直結するため、ナイトルーティンの継続的な実践は重要です。

アスリートのルーティン

アスリートのルーティンにはさまざまな種類があります。

具体的には

  • 本番を待っているときの「ウェイティング・ルーティン」
  • 本番直前に行う「プレ・スタート・ルーティン」
  • プレー中に行う「プレ・パフォーマンス・ルーティン」
  • プレー後に行われる「ポスト・パフォーマンス・ルーティン」
  • プレーとプレーの間に行われる「ウォーキング・ルーティン」

などです。

アスリートはそれぞれ異なるルーティンを持っています。
たとえば、イチロー選手はバッターボックスに立った際に袖をまくりバットを投手の方向に掲げ構えに入ります。

アスリートは日々のトレーニングや食事、睡眠などを管理することが必要です。
ルーティンを通じて自己統制力や計画性を高められます。

ビジネスのルーティン

ビジネスにおいても、ルーティンは重要です。
ビジネスに有効なルーティンは

  • 前日にタスク整理をしておく
  • 早起きする
  • マインドフルネスする
  • 散歩で頭を空っぽにする

などが考えられます。

ビジネスルーティンは、仕事のパフォーマンスが上がり、脳のキャパシティが空くなどの効果があります。
ルーティンを定着させるためには、継続することが重要です。

モーニングルーティンで規則正しい生活へ

モーニングルーティンは、朝の起きる時間を決めることで規則正しい生活につながります。
モーニングルーティンとは、毎朝同じ時間に起きて、同じ時間に寝るなど、毎日同じリズムで生活することです。
30分~1時間ほど早めにアラームをかけて朝活することで、規則正しい生活につながります。

また、規則正しい生活は、ストレスを軽減し、心身の健康を保つためにも重要です。
モーニングルーティンは、朝を効率的に過ごすことで、より良い人生にするための方法です。
朝の起きる時間を決めて、自分に合ったモーニングルーティンを見つけてみましょう。

スポンサーリンク

モーニングルーティンに関するよくある質問

モーニングルーティンは、生産性を高めるための重要な習慣です。
しかし、どのようなルーティンが最適か、疑問があるかもしれません。
ここでは、モーニングルーティンに関するよくある質問についてみていきましょう。

朝起きてやってはいけないことはありますか?

朝起きてやってはいけないことは

  • スヌーズ機能をセットすること
  • 朝食前のカフェイン摂取
  • 激しい運動
  • 仕事のメールチェック
  • ネガティブな予想
  • ストレスフルな状況にいること

などがあります。

また、朝にしてはいけないNG習慣として、カーテンをあけないことも挙げられます。

最強のモーニングルーティンはありますか?

最強のモーニングルーティンは、朝に散歩することです。
朝散歩は、メンタルにも身体にもいいことづくめで、ストレス解消や健康維持にも効果的です。
また、水を飲むこと、スヌーズ機能をセットしないこと、朝食を食べることなどが挙げられます。

スポンサーリンク

モーニングルーティンのまとめ

ここまで、モーニングルーティンの情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • モーニングルーティンの目的は、身体を目覚めさせられる、一日の準備ができる、自己投資ができる
  • モーニングルーティンの作り方は、ルーティンの内容を決める、作成したルーティン案を試すなど
  • モーニングルーティンを続けるコツは、無理なく暮らしに取り入れる、スマホを使わないこと

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク