ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>栄養>アボカドのカロリーは高いけど大丈夫?健康効果や摂取量について解説

アボカドのカロリーは高いけど大丈夫?健康効果や摂取量について解説

「アボカドはカロリーが高い!」
そう聞いたことはありませんか?

「ダイエットでアボカドを食べているけど太らないの?」
と思う方もいるでしょう。

そこでアボカドのカロリーがなぜ高いのかについて解説します。
本記事ではアボカドのカロリーについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • アボカドの特徴と効果
  • アボカドのカロリーとダイエットの関係
  • アボカドを使ったレシピの紹介

アボカドのカロリーについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

アボカドについて

アボカドはその栄養価の高さと多様な調理法があり、世界中で人気のある果物です。その特徴と人気の理由、そしてカロリーについての意識が高まっている背景について解説します。アボカドの特徴とその人気の理由、そしてカロリーについての意識が高まっている背景について詳しく見ていきましょう。

アボカドの人気と特徴

アボカドは「森のバター」とも呼ばれ、その理由は栄養が豊富であることと、滑らかな食感であることがあげられます。アボカドはクスノキ科ワニナシ属で、原産は中南米地方で、現在ではメキシコが世界最大の生産国となっています。日本で流通しているアボカドの多くはメキシコ産で、輸入量もアメリカに次いで2位となっています。

アボカドは、その独特の風味と栄養価の高さから、さまざまな料理に使用されます。サラダやスムージー、サンドイッチやディップなど、その使用方法は無限大です。また、アボカドはダイエット食品としても注目されています。その理由は、アボカドが含む不飽和脂肪酸(オレイン酸)が体内でコレステロールにならず、良質な油として体に吸収されるからです。さらに、食物繊維が豊富であるため、満腹感を得やすく、ダイエット中の間食に最適です。

カロリーに関心を持つ人が増えている理由

近年、健康意識の高まりとともに、食事のカロリーに対する関心が増えています。特に、肥満や生活習慣病の予防、美容やダイエットの観点から、食事のカロリー計算は重要な要素となっています。アボカドはその高い栄養価と満腹感を提供する一方で、カロリーも比較的高いとされています。しかし、そのカロリーの大部分は健康に良いとされる不飽和脂肪酸から来ており、適量を摂取することで健康的なダイエットをサポートすることができます。

また、アボカドはビタミンやミネラルが豊富で、特にカリウムは体内の余分な塩分を排出する効果があり、生活習慣病の予防に役立ちます。さらに、食物繊維が豊富であるため、腸内環境を整え、便秘解消にも効果的です。これらの理由から、アボカドはカロリーに敏感な現代人にとって、理想的な食材と言えるでしょう。

アボカドはその高い栄養価と美味しさから、さまざまな料理に使用されます。サラダやスムージー、サンドイッチやディップなど、その使用方法は無限大です。また、アボカドはダイエット食品としても注目されています。その理由は、アボカドが含む不飽和脂肪酸(オレイン酸)が体内でコレステロールにならず、良質な油として体に吸収されるからです。さらに、食物繊維が豊富であるため、満腹感を得やすく、ダイエット中の間食に最適です。

スポンサーリンク

アボカドのカロリーについて

アボカドは、その豊富な栄養価から「森のバター」とも称され、健康や美容に対する効果が注目されています。しかし、その一方で、カロリーが高いという特徴もあります。このセクションでは、アボカドのカロリーについて詳しく解説します。具体的には、アボカドのカロリーがどのように計算され、なぜカロリーが高いのかについて深く掘り下げていきます。

アボカド1個の平均カロリーとその計算方法

アボカドのカロリーはその重さによりますが、一般的に1個(種や皮を除いた可食部が約150g)のアボカドは約267カロリーとされています。これは、アボカド100gあたりのカロリーが約178カロリーであることから計算されます。これは主食であるご飯100gのカロリーが約156カロリーなので、それよりも少し多めです。

しかし、アボカドのカロリーが高いと感じるかどうかは、その栄養価とバランスを考慮することが重要です。アボカドはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維、葉酸、オレイン酸など、多くの栄養素を豊富に含んでいます。これらの栄養素は健康や美容にとって非常に重要であり、そのために多少カロリーが高くてもアボカドを食べる価値はあると言えます。

さらに、アボカドのカロリーを理解するためには、そのサイズと重さを考慮することも重要です。アボカドのサイズは品種や栽培条件により異なりますが、一般的にスーパーマーケットで販売されているアボカドの重さは約200gから300g程度です。しかし、この重さには種と皮が含まれており、実際に食べられる部分はその約75%、つまり150gから225g程度となります。したがって、アボカド1個のカロリーを計算する際には、この食べられる部分の重さを基に計算することが一般的です。

アボカドのカロリーが高い理由とは

アボカドのカロリーが高い理由は、その豊富な栄養素と脂質の含有量にあります。アボカドは果物の中でも特に脂質含有量が高く、その果肉の約20%脂質であり、その脂質の80%はオレイン酸などの不飽和脂肪酸です。オレイン酸は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。また、アボカドはビタミンEを豊富に含んでおり、これは脂溶性ビタミンであるため、脂質と一緒に摂ることで吸収率がアップします。アボカド自体に脂質が含まれているので、アボカド単体で効率良くビタミンEを摂ることができます。

これらの理由から、アボカドはカロリーが高いとされています。しかし、アボカドのカロリーが高いと言うだけで敬遠するのはもったいないです。アボカドに含まれるカロリーは、健康に良い不飽和脂肪酸やビタミンEなどの栄養素から来ています。これらの栄養素は、心臓病の予防、血圧の調整、肌の健康維持、免疫力の強化など、体にとって多くのメリットをもたらします。

そのため、アボカドのカロリーを気にするよりも、その栄養価を理解し、適量を摂取することが大切です。また、アボカドはそのまま食べるだけでなく、サラダやスムージー、料理の具材としても利用できます。これらの方法でアボカドを食べることで、その他の食材とのバランスを考慮した上で、アボカドの栄養を効率良く摂取することが可能です。

アボカドのカロリーについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

「アボカドはカロリーが高い!」そう聞いたことはありませんか?「ダイエットでアボカドを食べているけど太らないの?」と思う方もいるでしょう。そこでアボカドのカロリーがなぜ高いのかについて解説します。本記事ではアボカド[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

アボカドの栄養素

アボカドは、その驚異的な栄養価からスーパーフードとも称され、ビタミン、ミネラル、カリウム、葉酸、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンKなど、生命維持に必要な栄養素を豊富に含んでいます。これらの栄養素は、健康と美容に多大な利益をもたらします。さらに、アボカドには抗酸化物質であるルテインも含まれています。ここでは、アボカドに含まれる主要な栄養素とその効果について詳しく解説します。

アボカドの栄養素:その豊富さと効果

アボカドは、ビタミンE、不飽和脂肪酸、カリウム、葉酸など、健康と美容に寄与する栄養素を幅広く含んでいます。これらの栄養素は、美肌の維持、骨や筋肉の発達、血液の健康維持などに寄与します。また、食物繊維も豊富に含まれており、便秘解消やダイエットにも効果的です。

100gあたりのアボカドの栄養価は以下の通りです。

栄養素
カロリー186kcal
脂質(飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸)19g (3.2g・2.2g・11g)
コレステロール0mg
カリウム720mg
炭水化物(水溶性食物繊維・不溶性食物繊維)6g (1.7g・3.6g)
タンパク質2.5g
ビタミンC15mg
カルシウム9mg
0.7mg
ビタミンD0µg
ビタミンB60.3mg
コバラミン0µg
マグネシウム33mg

またアボカドには以下のような効果がある栄養素が含まれています。

  1. 銅: 血管、神経、免疫系、骨の健康維持に欠かせないミネラルです。
  2. 食物繊維: 心臓病、肥満、2型糖尿病のリスクを軽減する可能性があります。
  3. パントテン酸: 食物が体のエネルギーへと変換されるのを促進します。
  4. 葉酸: 脳が正常に機能するために重要なビタミンで、早産や胎児の先天異常のリスクを減らすことができます。
  5. ナイアシン: 食物を体のエネルギーに変換する働きをします。
  6. カリウム: ナトリウムの有害な影響を相殺し、血圧の上昇を防ぐのに役立ちます。
  7. マグネシウム: 筋肉および神経機能の調整など、体のさまざまな部分において重要な栄養素です。
  8. ビタミンC: 健康的な免疫機能に寄与する抗酸化物質であり、全身の組織の成長と修復に不可欠な栄養素です。
  9. ビタミンE: 体の組織の損傷を防ぎ、ウイルスや細菌に対抗する免疫システムの強化・維持を促進する抗酸化物質です。
  10. ビタミンK: 血液の凝固作用と健康な骨のために重要な栄養素です。

これらの栄養素は、アボカドを食べることで効率的に摂取することができます。アボカドはそのまま食べても美味しいですし、サラダやスムージーに加えることで、さまざまな料理と組み合わせて楽しむことができます。

出典:【アボカドの主な栄養素と効能

AGA

アボカドの健康効果

アボカドは、その栄養価の高さからスーパーフードとも称されています。ビタミンE、不飽和脂肪酸、カリウム、葉酸など、多くの栄養素が豊富に含まれており、これらは美肌や骨、筋肉の発達、血液の健康に寄与します。また、食物繊維も豊富で、美容と健康に良いとされています。ここでは、アボカドが持つ食物繊維とその効果、そしてアボカドの栄養素がもたらす健康への効果について詳しく解説します。

アボカドが持つ食物繊維とその健康への影響

アボカドは、その小さなサイズにもかかわらず、食物繊維が豊富に含まれています。特に、1/3サイズ(約50g)のアボカドには、1日に推奨される摂取量の11%に相当する3gの食物繊維が含まれています。食物繊維は、心臓病や肥満、2型糖尿病のリスクを軽減する可能性があります。また、便通を促し、毎日の健康維持に寄与します。

食物繊維は、体内で分解されにくいため、腸内をゆっくりと通過します。これにより、食事から摂取した栄養素の吸収を助け、血糖値の急激な上昇を防ぎます。また、食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える効果もあります。これらの効果は、アボカドを日常的に食事に取り入れることで得られます。

アボカドの栄養素がもたらす健康への効果

アボカドには、ビタミンE、不飽和脂肪酸、カリウム、葉酸など、多くの栄養素が含まれています。これらの栄養素は、体のさまざまな機能をサポートし、健康維持に寄与します。

例えば、ビタミンEは抗酸化作用を持ち、体の組織の損傷を防ぎ、免疫システムの強化を促進します。また、不飽和脂肪酸は心臓病のリスクを減らす効果があり、カリウムは血圧の上昇を防ぐのに役立ちます。葉酸は脳の正常な機能をサポートし、早産や胎児の先天異常のリスクを減らすことができます。

さらに、アボカドに含まれる栄養素は、他の食品と一緒に摂取することで、その吸収を助ける効果もあります。特に、脂溶性のビタミンA、D、E、Kやカロテノイドは、脂肪と一緒に摂取することで吸収が良くなります。アボカドに含まれる良質な脂肪は、これらの栄養素の吸収を助け、健康に寄与します。

アボカドはそのまま食べても美味しいですし、サラダやスムージー、トーストなど、さまざまな料理に加えることができます。その多様性と高い栄養価から、アボカドは健康的な食生活を送る上で非常に有用な食品と言えるでしょう。

健達ねっとECサイト

アボカドの摂取量とダイエットへの影響

アボカドはそのなめらかでクリーミーな食感と、多種多様な料理に合う特性から、世界中で愛されています。しかし、その美味しさだけでなく、アボカドが持つ栄養価と健康への影響について理解することは、私たちの食生活における重要な一部です。特に、アボカドの摂取量とダイエットへの影響については、多くの人々が関心を持っています。このセクションでは、アボカドの適量摂取とそのダイエットへの影響について詳しく解説します。

アボカドの摂取量の目安とは

アボカドはその豊富な栄養価からスーパーフードとして知られています。しかし、その摂取量については注意が必要です。アボカドは脂肪を多く含む食品であり、適量を超えて摂取するとカロリー過多につながる可能性があります。そのため、アボカドの適量摂取は健康的な食生活を維持するために重要です。

栄養士によると、アボカドの適量摂取は1食あたり1/4から1/2個分とされています。また、1日に1個以上のアボカドを食べることは避けるべきとのアドバイスがあります。これは、アボカドが含む脂肪が多いため、適量を超えて摂取するとカロリー過多につながる可能性があるからです。

また、アボカドを食べる際には、その食べ方も重要です。例えば、サラダにアボカドを加えると満腹感が増し、食事の量を自然と減らすことができます。また、マヨネーズの代わりにアボカドを使用すると、健康的な脂肪を摂取しながらカロリーを抑えることができます。さらに、アボカドをパスタソースやデザート、スムージーに使用することで、多様な料理にアボカドの栄養を取り入れることが可能です。

 アボカドがダイエットに適している理由と食べ方のポイント

アボカドがダイエットに適している理由は、その栄養成分と満腹感を引き起こす特性にあります。アボカドは一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸を豊富に含み、これらの脂肪酸は心臓病や脳卒中のリスクを軽減する効果が期待されています。また、アボカドを食べるとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が低下し、脂質とリポタンパク質の数値が改善することが臨床試験で確認されています。

さらに、アボカドには水分と食物繊維が豊富に含まれており、これらが満腹感を引き起こすため、食事の量を自然と抑えることができます。つまり、アボカドは食べ過ぎを予防し、ダイエットを助ける食品と言えます。

アボカドをダイエットに活用するための食べ方のポイントとしては、まず適量を守ることが重要です。1食あたり1/4から1/2個分、1日に1個以上は食べないようにしましょう。また、アボカドをサラダに加える、マヨネーズの代わりにする、パスタソースやデザート、スムージーに使用するなど、多様な料理に取り入れることで、飽きずに続けられます。

アボカドはその美味しさと栄養価から、健康的な食生活を送るための食品として注目されています。しかし、その摂取量と食べ方に注意を払うことで、より効果的にダイエットに活用することができます。

薬の使い方

アボカドを使った美味しいレシピの紹介

ここでは、アボカドを使ったおいしい料理の具体的なレシピを紹介します。

とろーりたまごとわさび香るアボカドの漬け丼

わさびしょうゆを染みこませたアボカドをごはんにのせていただく、アレンジたまごかけごはんのご紹介です。わさびのツーンとした風味とごま油の香りが濃厚な味わいのアボカドに染みこみ、ごはんにとても良く合います。お手軽に作れる一品なので、ぜひお試しくださいね。

調理時間:70分
費用目安:300円前後

材料(1人前)

ごはん 200g

アボカド 1個

かつお節 2g

(A)しょうゆ 小さじ2

(A)ごま油 小さじ2

(A)わさび 小さじ1

(A)白だし 小さじ1

卵黄 (Mサイズ) 1個

のり (刻み) 適量

作り方

  1. アボカドは皮と種を取り除いておきます。
  2. アボカドは1cm角に切ります。
  3. ボウルに(A)を入れよく混ぜ合わせ、1、かつお節を入れ全体に味がなじむように和え、落としラップをして冷蔵庫で1時間おきます。
  4. ごはんをよそった器に2、卵黄をのせ、のりを散らしたらでき上がりです。

料理のコツ・ポイント

ご高齢の方や、2歳以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、たまごの生食を避けてください。
白だしは種類によって風味や味の濃さが異なるので、パッケージに記載されている分量を目安にし、お好みに合わせてご使用ください。
辛味が苦手な方はわさびの量を調節してください。

出典:【とろーりたまごとわさび香るアボカドの漬け丼

アボカドとブロッコリーのゴロゴロたまごサラダ

大振りの具材がゴロゴロ入った、たっぷり食べごたえのあるサラダのご紹介です。いろどりも良く、おもてなしやパーティー料理などにもおすすめです。お好みでチーズなどを入れてもおいしくお召し上がりいただけますよ。

調理時間:10分
費用目安:400円前後

材料(2人前)

ゆでたまご 3個

アボカド 1個

ブロッコリー 120g

(A)マヨネーズ 大さじ2

(A)EVオリーブオイル 大さじ1

(A)レモン汁 小さじ1

(A)すりおろしニンニク 小さじ1/2

(A)塩 小さじ1/4

(A)黒こしょう ふたつまみ

作り方

  1. ブロッコリーは茎を切り落とし、小房に分けます。耐熱ボウルに入れて濡らしたキッチンペーパーをのせ、ラップをかけ、600Wの電子レンジでやわらかくなるまで2分加熱します。
  2. アボカドは半分に切り、種を取り除いて皮をむき、2cm角に切ります。
  3. ゆでたまごは半分に切ります。
  4. ボウルに(A)を入れてよく混ぜ合わせ、1、2、3を加え、全体に味がなじむように混ぜ合わせます。
  5. 器に盛り付けてでき上がりです。

料理のコツ・ポイント

塩加減は、お好みで調整してください。
ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。
ご高齢の方や、2歳以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、たまごの生食を避けてください。

出典:【アボカドとブロッコリーのゴロゴロたまごサラダ

アボカドと他の食材の比較

アボカドはその栄養価の高さからスーパーフードとも称され、その特性は他の食材と比較しても顕著です。アボカドには約20種類の必要不可欠なビタミン、ミネラル、カリウム、葉酸、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンKなどが豊富に含まれています。また、アボカドを食べることで脂溶性栄養素の吸収が促進され、健康に対する多大な利益が期待できます。以下がアボカド25gとその他フルーツ75g 中との比較表です。

アボカドリンゴバナナいちご
カリウム(mg)13080250110
葉酸(mcg)2001515
ルテインとゼアキサンチン(mcg)68211618
ビタミンK(mcg)5202
ビタミンE(mg)0.50.10.10.2
不飽和脂肪酸(g)2.5000
食物繊維(g)2221

出典:【アボカドの栄養素と他のフルーツの栄養素比較

スポンサーリンク

アボカドの冷凍とカロリー

アボカドはその栄養価の高さと美味しさから、健康を意識する人々にとって欠かせない食材となっています。特に、冷凍アボカドはその手軽さと保存性から注目を集めています。しかし、冷凍アボカドの栄養価やカロリーについては、まだ十分に理解されていないことも多いです。この記事では、冷凍アボカドの栄養価とカロリーについて詳しく解説し、その利点と注意点についても深掘りしていきます。

冷凍アボカドの栄養価とカロリー

業務スーパーの冷凍アボカドの栄養価を見てみると、100gあたりのカロリーは203kcal、脂質は20.10g、炭水化物は7.00g、タンパク質は1.90gとなっています。これは、アボカドが高脂質であり、その大部分が健康に良い不飽和脂肪酸であることを示しています。また、アボカドには食物繊維も豊富で、満腹感を得るのに役立ちます。

冷凍アボカドのカロリーは、生のアボカドと比較しても大きな違いはありません。これは冷凍することで栄養価が大きく変わるわけではないからです。しかし、冷凍アボカドは保存がきくため、手軽にアボカドを食事に取り入れることができます。

冷凍アボカドの利点と注意点

冷凍アボカドの最大の利点はその便利さです。生のアボカドは熟すまでに時間がかかり、一度熟すとすぐに食べなければならないというデメリットがあります。しかし、冷凍アボカドならいつでも手軽に使うことができ、無駄なく食べることができます。

また、冷凍アボカドはそのままスムージーに使ったり、サラダにトッピングとして加えたりすることができます。これにより、アボカドの栄養を手軽に摂取することができます。

しかし、冷凍アボカドにも注意点があります。一つは、冷凍により食感が変わることです。生のアボカドはクリーミーな食感が特徴ですが、冷凍すると少し硬くなります。そのため、食感を重視する料理には向かないかもしれません。

また、冷凍アボカドは解凍方法にも注意が必要です。急速に解凍すると、アボカドの中と外で温度差が生じ、味や食感が損なわれる可能性があります。最良の方法は、冷蔵庫でゆっくりと自然解凍することです。

スポンサーリンク

アボカドについてのよくある疑問

アボカドはその栄養価の高さから「世界一栄養価の高い果物としてギネスに認定されています。その美容効果や健康効果は広く知られていますが、それだけではなく、関節軟骨の磨耗を減少させ、補修修正する働きがあることも明らかになっています。しかし、アボカドについてはまだまだ知らないことが多いのではないでしょうか。ここでは、アボカドについてのよくある疑問を解説します。

アボカドを半分食べた場合のカロリーは?

アボカドのカロリーについては、その大きさや種類によりますが、一般的な中サイズのアボカド1個(約200g)のカロリーは約320kcalとされています。ですから、半分(約100g)を食べた場合のカロリーは約160kcalとなります。ただし、アボカドのカロリーの大部分は健康に良い不飽和脂肪酸から来ていますので、カロリーだけを見て避けるのではなく、その栄養価を理解した上で適量を摂取することが大切です。このような情報を知ることで、アボカドを上手にダイエットや健康維持に活用することができます。

アボカドを毎日半分食べると健康に良いの?

アボカドはビタミンA、C、Eといった抗酸化ビタミンや、心臓病予防に役立つとされる不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。また、食物繊維も多く含まれており、便秘解消や腸内環境の改善にも寄与します。さらに、アボカドには「ペルシンという成分が含まれており、これが抗酸化作用を持つことから、老化防止や美肌効果にも期待できます。しかし、アボカドを毎日食べることが健康に良いかどうかは、その人の体質や食生活全体を考慮する必要があります。アボカドはカロリーが高いため、過剰に摂取すると体重増加の原因となる可能性があります。また、アボカドはビタミンKも多く含んでいるため、血液を固まりにくくする薬を服用している人は注意が必要です。

それでも、アボカドはその栄養価の高さから、適量を摂取することで健康に多大な利益をもたらすことが期待できます。特に、心臓病予防や美肌効果、便秘解消などに興味がある人にとっては、毎日半分のアボカドを食べることは良い習慣と言えるでしょう。ただし、その人の体質や生活習慣に合わせて適量を調整し、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。このような情報を知ることで、アボカドを上手に健康維持に活用することができます。

アボカドの効果について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

アボカドは、スーパーの店頭に一年中置かれる果物となりました。アボカドは、サラダやハンバーガー、ディップなどで定番の食材です。アボカドには、どのような効果や効能があるのでしょう。本記事ではアボカドの効果について以下の点を中心に[…]

スポンサーリンク

アボカドのカロリーについてまとめ

今回は、アボカドのカロリーについてご紹介しました。
アボカドのカロリーについての要点を以下にまとめます。

  • アボカドはカロリーが高いが、大部分は不飽和脂肪酸
  • 不飽和脂肪酸は健康に良い油なので、適量であればダイエットや健康維持に効果がある
  • アボカドの適量摂取の目安は、1食あたり1/4から1/2個分、また1日1個まで

ここまでアボカドの栄養や特徴などを中心にお伝えしてきました。
これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク