ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>サプリメント>【医師監修】コレステロールが高い原因とは?改善方法もご紹介!

【医師監修】コレステロールが高い原因とは?改善方法もご紹介!

スポンサーリンク

この記事の監修・取材協力

さわだクリニック 院長

澤田 樹佳 先生

2002年に金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を手掛ける。

コラムや監修で健康・美容の正しい知見を広めるために積極的に活動している。

クリニック公式HPはこちら


コレステロールには様々な健康への影響があると言われています。
コレステロールが高いほど、病気のリスクが高いというのが通説です。

では、コレステロールが高まる原因とは何なのでしょうか。
また、高コレステロールはどのような病気を招くのでしょう。

そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • コレステロールが高くなる原因
  • 高いコレステロールが招く病気
  • 高いコレステロールを改善する方法

高いコレステロールにぴったりのサプリメントもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

コレステロールとは

コレステロールは、私たちの体にとって重要な脂質であり、細胞膜の構成要素やホルモンの生成、胆汁酸の材料となるなど、体の正常な機能を維持するために必要な物質です。

しかし、その存在が過剰または不足すると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
以下では、コレステロールの基本的な定義と、その体内での役割について詳しく解説します。

コレステロールの基本的な理解

コレステロールは、人間の体に存在する脂質の一つで、体の正常な機能を維持するために必要な物質です。
体内のコレステロールの約2割から3割は食事から摂取され、残りの7割から8割は肝臓などで糖や脂肪を使って合成されます。
コレステロールの量は体内で適切に調整されており、過剰または不足すると健康に影響を及ぼす可能性があります。

コレステロールの重要性

コレステロールは、体内で重要な役割を果たしています。
コレステロールはホルモンや胆汁酸の生成や細胞膜の構成要素として、体の正常な機能を維持するために必要な物質です。

しかし、コレステロールが過剰になると、動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があります。
逆に、コレステロールが不足すると、免疫機能が低下し、脳出血のリスクが増加する可能性があります。

したがって、コレステロールの正常なレベルを維持することは、健康を維持するために非常に重要です。

LDLコレステロールとHDLコレステロールの違い

LDL(低比重リポタンパク質)とHDL(高比重リポタンパク質)は、コレステロールを体内で運搬するためのリポタンパク質で、それぞれ異なる役割を果たしています。
LDLは、肝臓で生成されたコレステロールを全身に運びます。

しかし、LDLが過剰になると、使用されずに血管や組織にコレステロールが堆積し、動脈硬化などの病気を引き起こす可能性があります。
そのため、LDLは「悪玉コレステロール」とも呼ばれます。

一方、HDLは、血管の壁などに堆積したコレステロールを肝臓に運び、体外に排出する役割を果たします。
そのため、HDLは「善玉コレステロール」とも呼ばれます。
HDLが多いほど、コレステロールが血管に堆積するリスクが低下します。

したがって、LDLとHDLのバランスを適切に保つことが、健康を維持するために重要となります。

コレステロール値が高まる3つの主要因

コレステロールは、私たちの体内に存在する脂質の一種で、細胞膜の構成要素や性ホルモンの生成に必要な物質です。

しかし、コレステロールの値が適切な範囲を超えてしまうと、命に関わる病気のリスクが高まる可能性があります。
以下では、コレステロール値が高くなる主要な原因と、それぞれの対策について解説します。

コレステロールと遺伝的要素

遺伝的要素は、コレステロール値に大きな影響を与えます。
特に、家族性高コレステロール症という遺伝性の疾患では、LDLコレステロール(いわゆる「悪玉コレステロール」)の値が異常に高くなります。
これは、LDLコレステロールを体内で分解、利用する能力が遺伝的に低下しているためです。

この状態は動脈硬化を引き起こしやすく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。
遺伝的要因によるコレステロール値の上昇は、食事や運動だけでなく、適切な医療的介入が必要となる場合があります。

コレステロールと生活習慣

生活習慣がコレステロール値に与える影響も無視できません。

特に食事習慣は、コレステロール値に大きな影響を及ぼします。
脂肪分が多い食生活は、LDLコレステロール値を上昇させる一方で、運動不足はHDLコレステロール(善玉コレステロール)の値を下げます。
これらは、コレステロールのバランスを崩し、動脈硬化を引き起こすリスクを高めます。

対策として、肉類や揚げ物、乳製品の摂取量を減らし、野菜や海藻、魚介類中心の料理に変えること、そして適度な運動を心掛けることが大事です。
適切な生活習慣がコレステロール値を正常に保つための基本的な対策となります。

妊娠・産後とコレステロール

妊娠や出産後の期間は、女性の体内でホルモンバランスが大きく変化します。
これにより、コレステロール値も一時的に上昇することがあります。

特に妊娠中は、胎児の成長と発育を支えるために、母体のコレステロール値が自然に上昇します。
また、産後もホルモンバランスの回復に時間がかかるため、一時的にコレステロール値が高くなることがあります。

しかし、これらは一時的な現象であり、通常は時間とともに自然に正常値に戻ります。
ただし、妊娠中や産後にコレステロール値が高くなったことをきっかけに、健康的な生活習慣を見直す良い機会とも捉えられます。
食事バランスを見直したり、適度な運動を取り入れたりすることで、健康的なコレステロール値を維持することが可能です。

AGA

コレステロール値が高いとどうなるのか

コレステロールは、私たちの体にとって必要不可欠な物質であり、健康維持に重要な役割を果たしています。

しかし、その量が適切な範囲を超えると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
特に、LDLコレステロール(いわゆる「悪玉コレステロール」)が多いと、動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。

以下では、高コレステロールが引き起こす可能性のある病気と、コレステロールと動脈硬化の関係について詳しく解説します。

 コレステロールが高いと引き起こされる病気

コレステロールは、体内で重要な役割を果たしています。
しかし、その量が適切な範囲を超えると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
特に、LDLコレステロール(いわゆる「悪玉コレステロール」)が多いと、動脈硬化を引き起こすリスクが高まります。

動脈硬化は、心臓への血流を妨げ、狭心症や心筋梗塞などの心疾患を引き起こす可能性があります。
また、脳への血流が妨げられると、脳卒中のリスクも高まります。
さらに、中性脂肪が多いと急性膵炎を引き起こす可能性もあります。

コレステロールと動脈硬化の関係

コレステロールは、体内で重要な役割を果たしていますが、その量が多すぎると動脈硬化を引き起こす可能性があります。
特に、LDLコレステロール(いわゆる「悪玉コレステロール」)が増えすぎると、血管壁に蓄積し、動脈壁が厚く硬くなることで血流が妨げられます。
これが動脈硬化です。

一方、HDLコレステロール(いわゆる「善玉コレステロール」)は余分なコレステロールを全身から回収し、肝臓へ戻す働きを持っています。
これにより、血管壁のコレステロールが取り除かれ、動脈硬化の進行を防いでくれます。
したがって、コレステロールのバランスを保つことが、動脈硬化を防ぐ上で重要となります。

健達ねっとECサイト

食事によるコレステロールの影響

フォトフェイシャルを受けるメリット

コレステロールは、私たちの体にとって重要な役割を果たす一方で、過剰な摂取は健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
特に、食事によるコレステロールの摂取は、血中のコレステロール値に影響を与え、心臓病のリスクを高める可能性があります。

以下では、コレステロール値を下げるための食品と、コレステロールを制限すべき食品について詳しく説明します。

コレステロール値を下げる食品

食事とコレステロール値の関係を理解するためには、食品の選択が重要です。
特に、飽和脂肪酸の摂取を抑え、不飽和脂肪酸を多く含む食品を選ぶことが推奨されます。

オメガ-3脂肪酸を多く含む魚類、モノ不飽和脂肪酸を多く含むオリーブオイルやアボカド、食物繊維が豊富な全粒穀物や果物、野菜などが良い選択となります。

また、大豆製品やナッツ類もコレステロール値を下げる効果が期待できます。

コレステロールを制限すべき食品

一方、高コレステロール食品トランス脂肪酸を多く含む食品は、コレステロール値を上げる可能性があるため、制限することが推奨されます。
特に、動物性食品の中でも内臓肉や脂肪部分、卵黄などはコレステロールが多く含まれています。

また、ファーストフードや加工食品、スナック菓子などに含まれるトランス脂肪酸も、LDLコレステロールを増やし、HDLコレステロールを減らすため、心臓病のリスクを高める可能性があります。
これらの食品の摂取を控えることで、健康的なコレステロール値を維持することが可能です。

関連記事

この記事の監修・取材協力さわだクリニック 院長澤田 樹佳 先生2002年に金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を[…]

薬の使い方

コレステロール値を改善する方法

コレステロール値を適正に保つためには、健康的な生活習慣が重要です。
適切な食事、適度な運動、禁煙などがその一部です。
これらの生活習慣を改善することで、体内のコレステロール値を適切な範囲に保つことが可能となります。

以下では、コレステロール値を改善するために取り入れるべき生活習慣について詳しくご紹介します。

健康的な生活習慣の推奨

コレステロール値を改善するためには、まず健康的な生活習慣の重要性を理解することが必要です。
適切な食事は、体内のコレステロール値を適切に保つための基本的な要素です。
特に、飽和脂肪酸の摂取を控え、不飽和脂肪酸を多く含む食品を選ぶことが推奨されます。

また、適度な運動は、体内のコレステロールのバランスを整えるだけでなく、心臓の健康を維持するためにも重要です。
さらに、喫煙はコレステロール値を上昇させる要因の一つであるため、禁煙はコレステロール値を改善するための重要なステップとなります。

メディカルケアとコレステロール

コレステロール値の改善には、医療ケアも重要な役割を果たします。
医師や栄養士との定期的なコンサルティングを通じて、個々の生活習慣や食事習慣を見直し、必要に応じて薬物療法を導入することもあります。

また、定期的な血液検査により、コレステロール値の変動を把握し、適切なケアを提供することが可能となります。

コレステロール値を下げるためのサプリメント

コレステロール値を改善するためには、食事や運動だけでなく、サプリメントの利用も考慮することがあります。
特定のサプリメントは、コレステロール値を下げる効果があるとされています。

しかし、サプリメントは医療的な治療ではなく、健康的な食事や適度な運動と並行して利用することが推奨されます。

関連記事

この記事の監修・取材協力さわだクリニック 院長澤田 樹佳 先生2002年に金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を[…]

高いコレステロール値にお悩みの方へおすすめのサプリ10選

コレステロール値を下げるための方法として、食習慣や生活習慣の改善と併せて活用していただきたいのがサプリメントです。
日々の食事や運動から意識することはもちろん、より良い効果を得るためにサプリメントを上手に活用していきましょう。

おすすめのサプリメントをご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

 商品名商品詳細定期購入価格通常価格内容量その他成分安全性総合評価
レイデルポリコサノール10レイデルポリコサノール10商品詳細はこちら初回お試し(7粒)500円

2回目以降:5,832円
6,480円初回お試し7粒/
通常商品30粒(コレステロール対策には1日1粒・血圧対策には1日2粒)
乳糖/サトウキビ抽出末/澱粉分解物/結晶セルロース/HPMC/HPC/CMC-Ca/グリセリン/ステアリン酸カルシウム機能性表示食品 【届出番号:E137 】4.5
こころ習慣(コレステ)
こころ習慣商品詳細はこちら初回(お試し):980円
2回目以降:4,299円
7,100円60粒(30日分)麦芽糖/ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物/松樹皮抽出物/セルロース/ステアリン酸カルシウム/二酸化ケイ素/ビタミンE機能性表示食品【届出番号:E445 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
3.5
極上グリル
極上クリル商品詳細はこちら初回(お試し):980円

2回目以降:5,227円
6.480円120粒(30日分)
DHA&EPA_3.5
コレステ生活
コレステ生活商品詳細はこちら

5,400円

3,700円62粒(31日分)
松樹皮由来プロシアニジン
_3.5
コレステサプリ
コレステサプリ商品詳細はこちら初回:980円

2回目以降:3,515円
2,500円60粒
デキストリン/ミルクカルシウム/マルトース/寒天/食用油脂/オリーブ葉抽出物
機能性表示食品【届出番号:G147】
3.0
緑でサラナ
緑でサラナ
商品詳細はこちら初回(お試し):

1,296円


2回目以降:1,523円
6,480円1缶160g✖️30缶
SMCS/ブロッコリー/キャベツ/パセリ/大根葉/セロリ/レタス/ほうれん草/小松菜/リンゴ/レモンSMCSを含んだ日本で唯一の特定保健用食品3.0
コレステライフ
コレステライフ
商品詳細はこちら1回のみ購入 5,832円
定期お届け便 5,508円
1,780円60粒(30日分)オリーブ由来ヒドロキシチロソール/紅麹/ナットウキナーゼ/DHA/EPA/難消化性デキストリン機能性表示食品3.0
コレステロールや中性脂肪気になる方のカプセル
コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル商品詳細はこちら初回(お試し):1,691円
2回目以降:1,691円
4,536円90粒/1袋(30日分)リコピン/EPA/DHA機能性表示食品
3.0

1位【オリーブ&ギャバの恵み

オリーブ&ギャバの恵みコレステは、オリーブの成分ギャバというアミノ酸を配合したサプリメントです。
オリーブのポリフェノール成分には、抗酸化作用があり、コレステロールの酸化を抑える効果があります。

また、ギャバはストレスを軽減し、自律神経を整える効果があるため、高ストレスな生活を送っている方にもおすすめです。

安全性が高く、副作用も少ないので、気軽に飲むことができます。
毎日の健康維持にもおすすめのサプリメントです。

商品名オリーブ&ギャバの恵み
定期購入価格初回(お試し):980円
2回目以降:4299円
通常価格5,373円
内容量60粒(30日分)
その他成分ギャバ/オリーブ葉エキス末含有加工食品還元麦芽糖水飴/大麦乳酸発酵液ギャバ/デンプン/オリーブ葉エキス末(オリーブ葉エキス、デキストリン)/有機田七人参末/フランス海岸松樹皮エキス末/紅麹末/結晶セルロース/HPC/ステアリン酸カルシウム/微粒二酸化ケイ素
安全性機能性表示食品【届出番号:E282 】
オリーブ&ギャバの恵み
公式サイトはこちら

2位【レイデルポリコサノール

レイデルポリコサノール

レイデルポリコサノールは、天然のポリフェノールである「ポリコサノール」を豊富に含むサプリメントです。
コレステロール値をサポートするために、LDLコレステロールの酸化を抑制し、血管を健康に保ちます。

また、血液をサラサラにする効果があります。
毎日の健康維持に役立ちます。

安全性が高く、副作用が少ないので、気軽に飲むことができます。
コレステロール値が気になる方におすすめのサプリメントです。

商品名レイデルポリコサノール10
定期購入価格初回お試し(7粒):500円
2回目以降:5,832円
通常価格6,480円
内容量初回お試し7粒/
通常商品30粒(コレステロール対策には1日1粒・血圧対策には1日2粒)
その他成分乳糖/サトウキビ抽出末/澱粉分解物/結晶セルロース/HPMC/HPC/CMC-Ca/グリセリン/ステアリン酸カルシウム
安全性機能性表示食品 【届出番号:E137 】
レイデルポリコサノール10
公式サイトはこちら

3位【DHA&リコピンの恵み コレステロール】

DHA&リコピンの恵みは、DHAやEPA、リコピンなどの成分を配合したサプリメントです。
DHAやEPAは、血液中の中性脂肪を減らし、コレステロール値を下げる効果があります。

また、リコピンには、 血中LDL(悪玉)コレステロールを低下させる機能が報告されています。

このサプリメントは、人工色素や保存料、香料などの添加物を使用していないため、安全性が高く、副作用の心配が少ない点が魅力的です。
毎日の健康維持におすすめのサプリメントです。

商品名DHA&リコピンの恵み
定期購入価格初回(お試し):980円
2回目以降:4,299円
通常価格5,373円
内容量60粒(30日分)
機能性関与成分名DHA・EPA、リコピン
その他成分田七人参/ヨモギ/ハブ茶/明日葉/ドクダミ/杜仲葉
安全性機能性表示食品【届出番号:G1193 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
DHAANDリコピンの恵み
公式サイトはこちら

4位【こころ習慣(コレステ)

こころ習慣(コレステ)は、米ぬかエキスやβ-グルカンなどの天然成分を配合したサプリメントです。
これらの天然成分は、腸内環境を整え、コレステロールの吸収を抑制する効果があります。

また、血液中の中性脂肪を減らす効果もあり、
さらに、血糖値を安定させる効果も期待できます。

安全性が高く、副作用も少ないので、健康維持のためにもおすすめのサプリメントです。
コレステロール値を気にする方に特におすすめです。

商品名こころ習慣
定期購入価格初回(お試し):980円
2回目以降:5,227円
通常価格7,100円
内容量60粒(30日分)
その他成分麦芽糖/ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物/松樹皮抽出物/セルロース/ステアリン酸カルシウム/二酸化ケイ素/ビタミンE
安全性機能性表示食品【届出番号:E445 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
こころ習慣(コレステ)
公式サイトはこちら

5位【極上クリル】

極上クリルは、コレステロール値改善に高い効果を示すEPA・DHAを豊富に含むクリルオイルを配合した商品です。
クリオオイルは、サプリ大国アメリカで600億円規模の市場を誇る成分として有名です。

特殊加工のカプセル仕様でクリル特有のにおい・クセもなく、どなたにも飲みやすい商品です。
美肌・美髪を目指す方にもおすすめです。

商品名極上クリル
定期購入価格
※3回以上の継続購入
5,400円
単品価格6,480円
主な成分クリルオイル
内容量(1包装)120粒(30日分)
特典定期購入10%OFF
送料無料
極上クリル
公式サイトはこちら

6位【コレステ生活(機能性表示食品)】

コレステ生活は松樹皮由来のプロシアニジン配合の商品です。
プロシアニジンはコレステロールの吸収を抑え、悪玉コレステロール値を下げる効果が高い成分です。

コレステ生活は機能性表示食品として届け出がされています。
高い品質管理の下、国内工場で製造されているため、安全性が気になる方にもおすすめの商品です。

商品名コレステ生活
定期購入価格初回:980円
2回目以降:3,515円
単品価格
送料:300円
3,700円
主な成分松樹皮由来プロシアニジン
内容量(1包装)62粒(31日分)
特典定期購入5%OFF
コレステ生活
公式サイトはこちら

7位【コレステサプリ】

コレステサプリは、オリーブ由来のヒドロキシチロソールが含まれた機能性表示食品です。
ヒドロキシチロソールには、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑える機能があります。
1日2粒を目安に水などと一緒にお召し上がりください。

添加物は一切使用していません。

株式会社グランデの「ナチュレライフ」で購入できます。

商品名コレステサプリ
定期購入価格初回(お試し):1,296円
2回目以降:1,523円
通常価格2,500円
内容量60粒
関与成分の含有量/日オリーブ由来ヒドロキシチロソール
含有量:5.25mg
その他成分デキストリン/ミルクカルシウム/マルトース/寒天/食用油脂/オリーブ葉抽出物
安全性機能性表示食品【届出番号:G147】
コレステサプリ
公式サイトはこちら

8位【緑でサラナ】

緑でサラナは、コレステロールを下げる野菜の力(SMCS)を含んだ特定保健用食品です。
SMCSとは、アブラナ科野菜(ブロッコリー・キャベツ)由来の天然アミノ酸です。

LDL(悪玉)コレステロールを低下させる作用があります。
1日2缶飲み続けることで、3週間目以降から効果が現れます。

味は甘酸っぱくて飲みやすいとされます。
野菜不足の方におすすめです。

コレステロール値の高い方や、健康維持に関心がある方におすすめのサプリメントです。

商品名緑でサラナ
定期購入価格1回のみ購入 5,832円
定期お届け便 5,508円
通常価格6,480円
内容量1缶160g✖️30缶
その他成分SMCS/ブロッコリー/キャベツ/パセリ/大根葉/セロリ/レタス/ほうれん草/小松菜/リンゴ/レモン
安全性SMCSを含んだ日本で唯一の特定保健用食品
緑でサラナ
公式サイトはこちら

9位【コレステライフ】

コレステロールは、体に必要な成分です。
しかし、過剰になるとリスクが高まります。

特に、LDL(悪玉)コレステロールは、酸化されると血管に付着しやすくなります。
そこでおすすめなのが、C.Lifeの「コレステライフ」です。

このサプリには、オリーブ由来のヒドロキシチロソールという成分が含まれています。
LDL-コレステロールの酸化を抑制する効果のある成分です。

また、紅麹やナットウキナーゼなどの他の成分も配合されています。
血液サラサラ効果や脂肪燃焼効果も期待できる成分です。

一日に3粒を目安に水かぬるま湯でお召し上がりください。

「コレステライフ」は、機能性表示食品として認められたサプリメントです。
LDLが気になる方は、「コレステライフ」で健康的な生活を始めてみませんか?

商品名

コレステライフ

定期購入価格

初回(お試し):1,691円
2回目以降:1,691円

通常価格1,780円
内容量60粒(30日分)
その他成分オリーブ由来ヒドロキシチロソール/紅麹/ナットウキナーゼ/DHA/EPA/難消化性デキストリン
安全性

機能性表示食品

コレステライフ
公式サイトはこちら

10位【コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル】


コレステロールや中性脂肪が気になる方におすすめな大正製薬のサプリがあります。
それは「コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル」です。

このサプリには、トマト由来のリコピンと青魚由来のDHA・EPAが配合されています。
リコピンには、実は血中LDL(悪玉)コレステロールを低下させる機能があるのです。

また、DHA・EPAには、中性脂肪を低下させる機能があります。
リコピンやDHA・EPAを同時に摂取できるサプリは、健康増進の強い味方です。

このサプリメントは、1日3粒を目安に水またはぬるま湯で飲みましょう。
このサプリメントでコレステロールや中性脂肪対策をしてみませんか?

商品名コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル
定期購入価格3袋セット 12,928円(5%オフ)
6袋セット 24,494円(10%オフ)
通常価格4,536円
内容量90粒/1袋(30日分)
その他成分リコピン/EPA/DHA
安全性機能性表示食品
コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル
公式サイトはこちら
関連記事

健康診断でコレステロール値に異常があり、コレステロール値を下げるための方法を探している人も多いのではないでしょうか。コレステロール値を下げるためには食生活の見直しと同時に、サプリメントを活用することも良い策となります。しかし[…]

スポンサーリンク

コレステロールを下げるサプリメントの成分

高コレステロールは、心臓病のリスクを高める一因となります。
しかし、適切な食事と運動に加えて、特定のサプリメントを摂取することで、コレステロールレベルを管理することが可能です。

以下では、コレステロールを下げる効果が期待できるサプリメントの主要な成分をご紹介します。
これらの成分は、コレステロールレベルを下げる可能性がありますが、それぞれの効果は個々の体質や生活習慣によります。
サプリメントを始める前には必ず医師に相談し、適切な容量と使用方法を確認してください。

オメガ-3脂肪酸

オメガ-3脂肪酸は、魚油や亜麻仁油に含まれる健康に良い脂肪です。
これらは心臓病のリスクを減少させ、特にトリグリセリド(一種の脂質)のレベルを下げることが研究で示されています。

ニコチン酸

ニコチン酸(またはナイアシン)は、コレステロールレベルを下げる効果が期待できるビタミンB3の一種です。
しかし、高用量を摂取すると副作用が出る可能性があるため、医師の指導のもとで使用しましょう。

プラントステロール

プラントステロールは、植物に自然に存在する物質で、コレステロールの吸収を阻害します。
これにより、体内のコレステロールレベルが下がると考えられています。

レッドイーストライス

レッドイーストライスは、酵母が発酵した米から作られ、コレステロールを下げる成分を含んでいます。
しかし、一部の製品には肝臓に有害な可能性がある成分も含まれているため、使用する際は注意が必要です。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、コレステロールをわずかに下げる可能性があるとされています。
ソイミルクや豆腐などの食品に含まれています。

関連記事

健康診断で、コレステロール値が気になるという方も多いのではないでしょうか。コレステロール値が高いと、動脈硬化などの生活習慣病リスクが高まります。生活習慣の見直しが最も大切ですが、サプリを活用するのもひとつの策です。では、コレ[…]

スポンサーリンク

コレステロールが高い場合の注意点

コレステロールは、体内で重要な役割を果たす脂質の一種です。
特に、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロールは、体内のコレステロールバランスを保つために重要です。

しかし、LDLコレステロールが多すぎると、血管の内壁に沈着し、動脈硬化を引き起こす可能性があります。
これが心臓病や脳卒中の原因となるため、定期的なモニタリングと適切な管理が必要となります。

コレステロール値が高いと診断された場合、まずはその原因を探ることが重要です。
原因となる病気がある場合には、その病気を治療することが必要になります。
また、加齢や食生活の乱れなどからくる場合は、食事の改善や適度な運動を心掛けることが推奨されます。

また、コレステロール値のモニタリングは、自己管理だけでなく、定期的な健診や医師の診察によるチェックも重要です。
特に、高齢者や糖尿病、高血圧などの持病を持つ人、家族に心臓病や脳卒中の既往がある人は、定期的なチェックが必要です。

コレステロール値の管理は、一時的なものではなく、生涯にわたる取り組みが必要です。
健康的な生活習慣を維持し、定期的にコレステロール値をチェックすることで、心臓病や脳卒中などのリスクを低減することが可能です。

スポンサーリンク

コレステロールが高いに関するよくある質問

.

高いコレステロールに関する質問を5つまとめました。
ぜひ参考にしてください。

高いコレステロール値とは具体的に何を意味しますか?

コレステロールは体内で生成され、また食事から摂取する脂質の一種です。
健康な生活を送るためには一定量のコレステロールが必要ですが、その値が適切な範囲を超えてしまうと、動脈硬化などの心血管疾患のリスクが高まります。
血液中の総コレステロールが200 mg/dL以上、またはLDL(悪玉コレステロール)が130 mg/dL以上であると、一般的に高いと判断されます。

高いコレステロール値はどのように健康に影響を及ぼしますか?

高いコレステロール値が長期間続くと、血液中に余分なコレステロールが蓄積し、血管にプラーク(硬い脂肪性の沈殿物)を形成する可能性があります。
これは動脈硬化として知られ、心臓への血流を阻害し、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを増加させます。

高いコレステロール値はどのようにして減らすことができますか?

健康的な食事、適度な運動、体重管理、禁煙はすべてコレステロール値を下げる助けとなります。
飽和脂肪酸とトランス脂肪酸の摂取を減らし、不飽和脂肪酸や食物繊維、オメガ-3脂肪酸を多く含む食事をとることが有効です。

それでもコレステロール値が改善しない場合は、医師の指導のもとで薬物療法を検討することがあります。

高いコレステロール値はどのようにして確認することができますか?

コレステロール値は血液検査で確認することができます。
総コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、HDL(善玉)コレステロールの値を含むリポ脂質プロファイルが一般的には測定されます。
検査は通常、空腹時に行われ、最も正確な結果を得るためには、検査前に9-12時間の断食が推奨されます。

コレステロール値は遺伝による影響も受けますか?

はい、遺伝もコレステロール値に影響を及ぼします。
特に家族性高コレステロール血症という遺伝性の病気では、LDLコレステロールの値が非常に高くなる可能性があります。

この病気は一般的に食生活や運動による管理だけではコントロールできず、専門的な医療ケアが必要となります。
そのため、家族に高コレステロールの歴史がある場合は、定期的なコレステロールチェックが推奨されます。

関連記事

この記事の監修・取材協力さわだクリニック 院長澤田 樹佳 先生2002年に金沢大学医学部を卒業後、様々な病院への勤務を経て2018年にさわだクリニックを開院。内科疾患治療、泌尿器科疾患治療、AGA治療まで幅広い診療を[…]

高いコレステロールのまとめ

ここまで高いコレステロールについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • コレステロールが高くなる原因は主に遺伝的要素・生活習慣・妊娠、産後の3つ
  • 高いコレステロールが招く病気は動脈硬化、脳卒中など
  • 高いコレステロールを改善する方法には適切な生活習慣や食事習慣のほかにサプリメントや薬物療法がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

さわだクリニック院長

澤田 樹佳さわだ きよし

日本泌尿器科学会
日本EE学会
日本癌治療学会

  • 日本泌尿器科学会
  • 日本EE学会
  • 日本癌治療学会

スポンサーリンク