ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>小麦アレルギーとは?症状や肌荒れ、チェック方法から対策について解説

小麦アレルギーとは?症状や肌荒れ、チェック方法から対策について解説

スポンサーリンク

小麦アレルギーについて

小麦は食物アレルギーの中でも上位を占めるアレルゲンといわれています。
小麦アレルギーが発症した場合、どのような症状がでるのか、どのように対処するべきなのかなど不安に感じる方は多いはずです。
本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 小麦アレルギーとは
  • 小麦アレルギーの症状と特徴
  • 小麦アレルギーの管理方法

小麦アレルギーについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

小麦アレルギーの基礎知識

小麦アレルギーは、食物アレルギーの中でも特に頻繁に見られるもので、乳幼児期から大人まで発症する可能性があります。

以下では、小麦アレルギーの定義、症状、原因、発症機序について詳しく解説します。

小麦アレルギーの定義と仕組み

小麦アレルギーとは、小麦を摂取することで体が過剰な免疫反応を引き起こし、アレルギー症状を発症する状態を指します。
体の免疫システムは、小麦のタンパク質を異物と誤認し、これを排除しようとすることでアレルギー反応が起こります。

小麦アレルギーは、乳幼児期に発症する可能性が高い一方で、大人になってから発症する可能性もあります。

小麦アレルギーの一般的な症状の概要

小麦アレルギーの症状は多岐にわたります。

皮膚症状としては蕁麻疹かゆみ、胃腸症状としては下痢腹痛、耳鼻科的症状としてはくしゃみ鼻水、呼吸器症状としては喘息呼吸困難などがあります。

また、食べた後に運動をすると発症する食物依存性運動誘発性アナフィラキシーの要因にもなります。

小麦アレルギーの原因とアレルゲン

小麦アレルギーの主な原因は、体の免疫システムが小麦のタンパク質を異物と誤認し、過剰な免疫反応を引き起こすことです。
小麦には多くのアレルゲンが含まれており、それぞれが異なるアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

また、小麦アレルギーの発症は、腸壁や消化酵素の未熟さ、腸壁の荒れ、消化酵素の不足など、消化・吸収能力の低下が関与していると考えられています。

小麦アレルギーの発症機序の詳細

小麦アレルギーの発症機序は、小麦タンパク質を摂取した後、体の免疫システムがこれを異物と誤認し、アレルギー反応を引き起こすというものです。

この反応は、体が異物を排除しようとする自然な防御反応の一部であり、この過程でヒスタミンなどの化学物質が放出され、アレルギー症状を引き起こします。

また、小麦は遅延型アレルギーのアレルゲンになりやすく、食物を摂取後、数時間から数日後に症状が発現することがあります。

関連記事

研究内容について編集部:小児の食物アレルギーに関する臨床疫学研究について今までの成果を教えて下さい。楠様:私が2020年に龍谷大学に赴任してからの成果としては主に以下の2つの業績があります。①鶏卵、牛乳、小麦アレルギーの[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

小麦アレルギーの症状と特徴

小麦アレルギーは、小麦を含む食品を摂取した後に体が反応を示す症状を指します。
その症状は皮膚、消化器、呼吸器、全身に及びます。

以下では、それぞれの症状とその特徴について詳しく解説します。

小麦アレルギーによる皮膚症状とその特徴

小麦アレルギーによる皮膚症状には

  • あかみ、蕁麻疹
  • 腫れ
  • かゆみ、湿疹
  • しゃく熱感

などがあります。

これらの症状は、小麦を食べた後、短時間で現れることが多いです。
特に乳幼児に多く見られ、小麦を食べてから2時間以内に症状が現れることが一般的です。

小麦アレルギーによる消化器症状とその特徴

小麦アレルギーによる消化器症状には

  • 気持ちが悪くなる
  • 嘔吐
  • 腹痛、下痢
  • 血便

などがあります。

これらの症状は、小麦を摂取した後、体が異常反応を示すことで起こります。
食べた量やその時の体調によって症状は異なります。

小麦アレルギーによる呼吸器症状とその特徴

小麦アレルギーによる呼吸器症状には

  • のどの違和感・かゆみ
  • 声がかすれる
  • 飲み込みにくい
  • 息が苦しい

などがあります。
これらの症状は、小麦を摂取した後、体が異常反応を示すことで起こります。

小麦アレルギーによる全身症状とその特徴

小麦アレルギーによる全身症状には

  • 頭痛
  • 意識がもうろうとする
  • 血圧低下
  • 脈が速い、触れにくい、不規則
  • 手足が冷たい
  • 顔色・唇や爪が白い

などがあります。
これらの症状は、小麦を摂取した後、体が異常反応を示すことで起こります。

関連記事

アレルギーの症状としては、かゆみやくしゃみ・鼻水、蕁麻疹などが挙げられます。アレルギー体質にて悩まれている方は多いかと思います。そもそもアレルギーを体質改善することはできるのでしょうか?体質改善はいつから始めれば良いのでしょ[…]

スポンサーリンク

小麦アレルギーの肌荒れについて

小麦アレルギーは、小麦を摂取した際に体が過剰な反応を示す状態を指します。
この反応は、皮膚症状として現れることがあり、肌荒れの一因となることもあります。

以下では、小麦アレルギーによる肌荒れのメカニズム、症状と程度、そして治療法とケア方法について詳しく解説します。

小麦アレルギーによる肌荒れのメカニズム

小麦アレルギーによる肌荒れのメカニズムは、体の免疫系が小麦に含まれるタンパク質に反応し、過剰な防御反応を引き起こすことにより生じます。
この反応により、皮膚に炎症が起こり、あかみ、かゆみ、湿疹などの症状が現れます。

特に、消化吸収機能が未熟な子どもや、胃腸の消化吸収機能が十分でない大人では、小麦に含まれる成分を適切に分解できず、アレルギー反応を引き起こしやすいとされています。

小麦アレルギーによる肌荒れの症状と程度

小麦アレルギーによる肌荒れの症状は個々により異なりますが、一般的には皮膚のあかみ、かゆみ、湿疹、腫れなどが見られます。

これらの症状は、小麦を摂取した直後から数時間以内に現れることが多いです。
症状の程度は、アレルギー反応の強さや、体の免疫状態により異なります。

小麦アレルギーによる肌荒れの治療法とケア方法

小麦アレルギーによる肌荒れの治療法は、まず症状の緩和を目指します。
皮膚の炎症を抑えるためのステロイドクリームの使用や、かゆみを和らげるための抗ヒスタミン薬の服用が一般的です。

また、小麦を含む食品の摂取を避けることも重要です。
しかし、これはあくまで対症療法であり、根本的な治療には胃腸の機能を改善することが必要です。
胃腸の機能を整えることで、小麦に対する過剰反応を抑制し、肌荒れの改善を目指します。

関連記事

肌荒れは、さまざまな原因で起こります。なかでも、食べ物は肌荒れの大きな原因のひとつです。どのような食べ物が肌荒れに効果があるのかを知って、肌荒れ対策をしませんか?本記事では肌荒れと食べ物について以下の点を中心にご紹介します。 […]

健達ねっとECサイト

小麦アレルギーの自己チェックと診断

小麦アレルギーは、小麦に含まれるタンパク質に対する体の過剰な反応で、その症状は個々の人により異なります。
自己診断から専門医による診断まで、小麦アレルギーの特定と診断について詳しく見ていきましょう。

小麦アレルギーの自己チェックリストと手順

小麦アレルギーの自己チェックは、自分自身の体調や食後の反応を観察することから始まります。
パンやうどん、そうめん、ケーキなどの小麦製品を食べた後に下痢や便秘、体調不良、集中力の低下などを感じる場合、あなたは小麦に敏感な体質かもしれません。

自己チェックの一環として、2週間程度小麦粉、大麦、ライ麦を完全に排除してみることをお勧めします
その間に体調が改善する場合、グルテン過敏体質の可能性があります。

小麦アレルギーの専門医による診断方法とテスト

自己チェックの結果、小麦アレルギーの可能性があると感じた場合、次のステップは専門医による診断です。

抗体検査やアレルギー検査は、小麦アレルギーの確定診断を得るための有効な手段です。

例えば、クリニックでは初診の患者に抗体検査を受けてもらうことがあります。
その結果、半数以上の人がグルテンに対する抗体を持っていることがわかります。

抗体とは、体が「これは毒!」とみなしたものから体を守るために作られるものです。
したがって、グルテンの抗体を持っているということは、その人にとってグルテンは毒ということなのです。

薬の使い方

小麦アレルギーと食事

小麦アレルギーは、小麦タンパク質に対する体の過剰な反応であり、その症状は個々の人により異なります。
食事制限が必要となる一方で、適切な代替品と栄養バランスを保つ工夫により、健康的な食生活を維持することが可能です。

小麦アレルギーと制限すべき食品のリスト

小麦アレルギーの人は、小麦を含む食品を避ける必要があります。

  • 小麦粉類:薄力粉、中力粉、強力粉など
  • 小麦製品:パン、うどん、マカロニ、スパゲティ、餃子の皮、お好み焼き、たこ焼き、天ぷら、とんかつなどの揚げ物など
  • 小麦を含む加工食品:シチューやカレーのルウ、洋菓子(ケーキなど)、和菓子(饅頭など)

しかし、醤油や穀物酢などは、原材料に小麦が含まれていても、製造過程で小麦アレルゲンが消失するため、基本的に除去する必要はありません。

小麦アレルギーにお勧めの代替品と調理法

小麦を除去した場合でも、米や雑穀、とうもろこし粉を使ったパン・麺類などが市販されており、これらを活用することで、栄養バランスを保つことが可能です。

カレーやシチューのルウ米粉、片栗粉、すりおろした芋
揚げ物の衣コーンフレーク、米粉パンのパン粉、砕いた春雨
パンやケーキの生地米粉、雑穀粉、大豆粉、芋、おから

小麦アレルギーの食事制限時の栄養バランスの保ち方

小麦アレルギーの食事制限時でも、栄養バランスを保つことは可能です。
主食は、米を中心に雑穀や米粉製品・芋類などを代用すれば、栄養素が不足する心配はほとんどありません。

栄養バランスを保つための献立例

主食ごはん、米麺、米パンなど
主菜肉、魚、大豆製品など
副菜野菜、芋類、果物など

小麦アレルギーの予防と管理方法

小麦アレルギーは、小麦を含む食品を摂取することで起こるアレルギー反応です。
その予防と管理は、日常生活の中での注意点や工夫が必要となります。

以下では、小麦アレルギーの予防策や、日常生活での管理方法、心理的なサポートについて詳しく解説します。

小麦アレルギーの予防策と注意点

小麦アレルギーの予防策として最も重要なのは、小麦を含む食品の摂取を避けることです。
特に加工食品には、表示されていない小麦が含まれていることがありますので、食品の原材料表示を必ず確認するようにしましょう。

また、家族全員がアレルギーの存在を理解し、誤食を防ぐための注意を払うことも重要です。
料理や食品の管理、調理や盛りつけ、食器の注意など、日常生活の中での小さな工夫が、アレルギー反応の予防に繋がります。

小麦アレルギーを管理するための日常生活の工夫

小麦アレルギーを管理するためには、日常生活の中での工夫が必要です。
家の中では、原因食物が含まれる料理や食品を本人の手の届かないところに置く、使用した調理器具や食器は丁寧に洗って片づけるなどの対策が有効です。

また、家の外でも、友人や親戚の家での食事、外食時には、アレルギー情報を伝え、理解を求めることが重要です。

小麦アレルギーとの上手な付き合い方と心理的なサポート

小麦アレルギーを持つ本人が言葉を理解し、他人とコミュニケーションをとれるようになってきたら、自身のアレルギーについての理解を深めることが大切です。

また、アレルギーを持つ本人だけでなく、その家族や周囲の人々にも、アレルギーに対する理解と配慮が求められます。
心理的なサポートも重要で、アレルギーを持つことで生じるストレスや不安を軽減するための対策を考えることが必要です。

スポンサーリンク

小麦アレルギーまとめ

ここまで小麦アレルギーについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 小麦アレルギーとは、体の免疫システムが小麦のタンパク質を異物と誤認し、過剰な免疫反応を引き起こすこと
  • 小麦アレルギーの症状は、皮膚、消化器、呼吸器、全身に及んで発症する
  • 小麦アレルギーの対策として、米粉製品や芋類などの代替品を使用することで栄養バランスを保つ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク