ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>乳がんのステージ別治療法と生存率について徹底解説

乳がんのステージ別治療法と生存率について徹底解説

乳がんは、日本人の女性が罹患するがんの中で一番多いといわれています。
乳がんの治療と向き合いながら生活をしている方は、決して少なくはありません。

乳がんの治療はステージごとに分かれていて、医師の診断によってそれぞれの患者さんの状態に合わせた正しい治療を受けることが必要となります。

以下の項目を中心に解説します。

  • 乳がんのステージ分類について
  • 乳がんステージ別の特徴、治療法、生存率について
  • 乳がんと向き合いながらの生活について

本記事が少しでも治療の手助けになれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

乳がんとは

乳がんは、乳腺組織から発生するがんで、乳房の健康と生命に重大な影響を及ぼす可能性があります。
乳がんは、早期に発見されれば治療の可能性が高く、そのための知識と理解が不可欠です。

乳がんの定義と原因

乳がんは、乳腺の組織に発生するがんで、乳腺は乳頭から放射状に広がる15〜20の乳腺葉から成り立っています。

乳がんの約90%は乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。
また、小葉から発生する乳がんが約5〜10%あり、これは小葉がんと呼ばれます。

乳がんは男性にも発生しますが、女性の乳がんの100分の1以下の頻度であり、非常にまれです。

乳がんのリスク要因と予防策

乳がんのリスク要因には、遺伝的要素ホルモンレベル生活習慣などがあります。
これらの要因は、乳腺組織の異常な細胞増殖を引き起こし、最終的には乳がんを発生させる可能性があります。

乳がんの予防策としては、健康的な食事、適度な運動、定期的な乳がん検診などがあります。

乳がんの症状と早期発見の重要性

乳がんの主な症状は、乳房のしこりです。
自分で乳房を触ることで気付く場合もあります。

他の症状としては、

  • 乳房にくぼみができる
  • 乳頭や乳輪がただれる
  • 左右の乳房の形が非対称になる
  • 乳頭から分泌物が出る

などがあります。

乳がんは早期に発見されれば治療の成功率が高く、そのためには定期的な乳がん検診が重要です。
乳がんが進行するとリンパ節や骨、肺、肝臓など、乳房以外の臓器にがん細胞が転移して、様々な症状を引き起こしたり、命を脅かす可能性があります。

関連記事

乳がんは、女性に最もよく見られるがんの一つです。乳がんの初期症状とはどのような症状なのでしょうか?また、痛みは伴うのでしょうか?本記事では、乳がんについて以下の点を中心にご紹介します。 乳がんの種類とステージ分類 乳がんの症[…]

スポンサーリンク

乳がんのステージ分類

乳がんのステージ分類は、乳がんの進行度を評価し、適切な治療法を決定するための重要なツールです。
ステージは、がんの大きさ、リンパ節への広がり、遠隔転移の有無など、多くの要素を考慮して決定されます。
以下では、ステージ分類の詳細について説明します。

乳がんのTNM分類とは

TNM分類は、乳がんの診断と治療計画を立てるための国際的な基準です。

  • T:Tumor(腫瘍)の大きさと位置
  • N:Node(リンパ節)への広がり
  • M:Metastasis(転移)の有無

これらの組み合わせにより、ステージ0からステージ4までの乳がんのステージが決定されます。
ステージが進行するほど、がんは体の他の部分に広がる可能性が高くなり、治療はより複雑になります。

乳がんステージの判定方法と確定診断

乳がんのステージは、主に画像診断や生体組織検査(バイオプシー)により判定されます。
マンモグラフィーや超音波検査、MRIなどの画像診断で腫瘍の大きさや位置、リンパ節への広がりを評価します。

また、バイオプシーにより取得した組織を顕微鏡で詳しく調べることで、がん細胞の性質や転移の有無を確認します。
これらの情報を基に、医師は最終的なステージを決定し、治療計画を立てます。

乳がんのステージ分類の重要性と影響

ステージ分類は、乳がんの治療と予後を決定する上で非常に重要です。
ステージが進行すると、治療の選択肢は減少し、予後は悪化する可能性があります。

しかし、適切なステージ分類により、適切な治療法を選択し、患者の生活の質と生存率を向上させることが可能です。
また、ステージ分類は、新たな治療法の開発や臨床試験の設計にも役立ちます。

乳がんステージ1

乳がんステージ1は、早期の乳がんを指し、その特性、治療法、生存率を理解することは、乳がんに対する知識を深め、適切な治療選択を行うために重要です。

乳がんステージ1の特徴

乳がんステージ1は、腫瘍が2センチメートル以下で、リンパ節への転移がない状態を示します。
この段階では、乳がんはまだ初期で、乳房内に限定されています。

腫瘍の大きさは、乳がんの進行度を示す重要な指標であり、ステージ1の乳がんでは、腫瘍は比較的小さいです。

乳がんステージ1の治療法

ステージ1の乳がんの治療は、病状や患者の希望に合わせて適切な局所治療と全身治療を組み合わせ、乳がんの再発を抑え、乳がんを完全に治すこと(治癒)を目指します。

初期治療には、

  • 手術、放射線療法などの局所治療
  • 化学療法(抗がん薬治療)
  • ホルモン療法(内分泌療法)
  • 抗HER2療法(分子標的治療)

などによる全身治療が含まれます。

乳がんステージ1の生存率

ステージ1の乳がんの5年生存率は非常に高く、90%以上と報告されています。

しかし、生存率はあくまで平均的な数値であり、個々の患者の予後は、乳がんの種類、治療の反応、年齢、一般的な健康状態など、多くの要因によって影響を受けます。

乳がんの予後を左右する重要な要素として、腫瘍の大きさ、リンパ節への転移の有無、がんの種類(ホルモン受容体やHER2の状況)、がんの悪性度(グレード)などがあります。

乳がんステージ2

乳がんステージ2は、がん細胞が乳房の一部に留まるか、または近くのリンパ節に広がっている可能性がある病状の進行度を示す重要な指標です。
治療法は、がんの大きさや広がり具合、患者の健康状態などにより異なります。

乳がんステージ2の特徴

乳がんのステージ2は、がん細胞が乳房の一部に留まるか、または近くのリンパ節に広がっている状態を指します。

このステージでは、がんは直径2cmから5cmの範囲で、リンパ節への拡散が見られることがあります。
また、がんが乳房全体に広がっていても、リンパ節への拡散がない場合もステージ2に分類されます。

リンパ節への拡散は、がんの進行と予後を判断する重要な要素であり、治療戦略を決定する上で重要な情報となります。

乳がんステージ2の治療法

ステージ2の乳がんの治療法は、がんの大きさや広がり具合、患者の健康状態などにより異なります。
一般的には、

  • 手術
  • 放射線療法
  • 化学療法
  • ホルモン療法
  • ターゲット療法

などが組み合わせて行われます。

手術の種類としては、乳房温存手術全乳房切除手術があります。

乳房温存手術がん細胞を取り除くとともに、乳房の形を保つ手術。
全乳房切除手術乳房全体を取り除く手術。
リンパ節への広がりがある場合に行われることが多い。

乳がんステージ2の生存率

乳がんのステージ2の5年生存率は、一般的には80%以上と報告されています。

しかし、生存率は患者の年齢、がんの種類、治療法などにより異なるため、個々の患者については専門医と詳しく話し合うことが重要です。

再発リスクについては、がんの種類、大きさ、リンパ節への広がり、治療法など多くの要素が関係します。
再発を防ぐためには、治療後の定期的なフォローアップが必要となります。

乳がんステージ3

乳がんのステージ3は、がんが乳房を超えて広がり、リンパ節に転移している状態を示します。
この段階では、がんの大きさ、転移の程度、そして選択される治療法が患者の生存率に大きな影響を与えます。

乳がんステージ3の特徴

ステージ3の乳がんは、3A、3B、3Cの3つのサブカテゴリーに細分化されます。

ステージ3Aがんの大きさは5cm以下で、腋窩リンパ節への転移が見られ、リンパ節が周囲の組織に固定されているか、リンパ節同士が癒着している状態
ステージ3Bがんの大きさに関わらず、皮膚にしこりが見られたり、皮膚が崩れたり、皮膚がむくんでいる状態
ステージ3Cがんの大きさに関わらず、腋窩リンパ節と胸骨の内側のリンパ節の両方に転移がある、または鎖骨の上下にあるリンパ節に転移がある状態

乳がんステージ3の治療法

ステージ3の乳がんの治療は、まずがんの性質を調べるための病理検査から始まります。
その後、サブタイプに応じて、

  • ホルモン療法
  • 化学療法
  • 抗HER2療法

などから1種類、または、複数の療法を組み合わせて行うこともあります。

薬物療法を行った後、患者の症状により、

  • 乳房部分切除
  • 乳房切除術
  • 腋窩リンパ節郭清
  • 放射線治療

が検討される場合もあります。

乳がんステージ3の生存率と治療後の経過

ステージ3の乳がんの生存率は、治療法やがんのサブタイプ、患者の一般的な健康状態などにより大きく変わります。

治療後の経過は、定期的な検査と追跡により監視され、再発や新たながんの発生を早期に検出することが重要です。
また、治療後の生活の質を改善するためのサポートも提供されます。

乳がんステージ4

乳がんのステージ4は、乳がんが最も進行した状態を指します。
このステージでは、がん細胞が乳房から遠くの臓器へと広がっています。

乳がんステージ4の特徴

ステージ4の乳がんは、しこりの大きさやリンパ節への転移の有無に関わらず、遠隔転移が存在することが特徴です。
遠隔転移とは、がん細胞が血液やリンパ液を通じて他の臓器へと広がることを指します。

ステージ4の乳がんでは、がん細胞が肺、肝臓、骨、脳など、乳房から遠くの臓器へと広がっています。

乳がんステージ4の治療法

ステージ4の乳がんの治療は、まずがんの性質を調べるための病理検査から始まります。

その後、

  • ホルモン剤
  • 抗がん剤
  • 分子標的薬

などによる薬物療法が行われます。
さらに、患者の症状によっては、乳房部分切除や乳房切除術、腋窩リンパ節郭清、放射線治療、緩和ケアが検討されます。

ステージ4の乳がんの治療は、がんの進行を遅らせ、症状を軽減し、生活の質を改善することを目指しています。

ステージ4の生存率と生活の質(QOL)

ステージ4の乳がんの生存率は、治療法や患者の健康状態、年齢などにより異なります。

しかし、重要なことは、生存率だけでなく、生活の質(QOL)にも注目することです。
ステージ4の乳がんの治療は、生存期間を延ばすだけでなく、痛みを管理し、症状を軽減し、日常生活を可能な限り快適にすることを目指しています。

治療の選択は、患者自身の価値観や生活スタイル、希望を尊重した上で行われます。

乳がん治療の一般的な選択肢

乳がんの治療法は多岐にわたり、手術放射線療法抗がん剤療法などがあります。
これらの治療法は単独で行われることもありますが、多くの場合、より良い治療結果を得るために複数の治療法が組み合わせられます。

治療法の選択は、がんの種類、進行度、患者の健康状態、年齢、既存の健康問題など、様々な要素を考慮して決定されます。

乳がんの手術治療の詳細

乳がんの手術治療は、主に初期から中期(ステージ0からIII期)の乳がん患者に対して行われます。
この段階では、がんは乳房とその周囲のリンパ節に限定されており、外科的に腫瘍を切除することが可能です。

また、ラジオ波熱焼灼療法という、腫瘍を切除するのではなく、腫瘍に針を刺して通電し、がん細胞を死滅させる治療法も存在します。
この方法は、乳房を切除せずに治療を行うことができ、美容面でのメリットがあります。

乳がんの放射線療法の詳細

放射線療法は、手術後の局所再発を防ぐために行われます。
部分切除後の残存乳房や乳房周囲のリンパ節に照射され、また、骨や脳に転移した場合にも症状の緩和のために照射されます。

しかし、放射線照射が防ぐことができるのは局所再発であり、遠隔再発(他の臓器への転移)を防ぐことはできません。

乳がんの抗がん剤療法の詳細

抗がん剤療法は、乳がんのタイプによって効果が異なります。
ホルモン感受性のない乳がんやホルモン感受性の少ない乳がんには、化学療法がより効果的であることが知られています。

再発の予防やがんの進行を抑制するために行われますが、副作用として脱毛や倦怠感、神経障害、骨髄抑制などがあります。
また、腫瘍を小さくするためや化学療法の効果を判定するために、手術前に行われる場合もあります。

スポンサーリンク

乳がん患者の生活とサポート

乳がんとの闘いは、身体的な挑戦だけでなく、日常生活のあらゆる側面に影響を及ぼします。
家事、育児、仕事など、生活スタイル全体を見直す必要があります。

以下では、乳がん患者が直面する可能性のある心理的な側面、サポートグループの利用、そして栄養と運動の重要性について詳しく説明します。

乳がんと向き合う心理的な側面

乳がんの診断を受けると、患者は多くの感情を経験します。

恐怖、不安、混乱、そして時には否認。
これらの感情は自然な反応であり、それぞれの人が異なるペースでこれらの感情を処理します。
重要なのは、自分の感情を認識し、それを適切に表現することです。

心理的なサポートは、乳がんの治療と回復の重要な部分です。
心理的な健康を維持するためのストラテジーを学ぶことは、患者自身だけでなく、家族やケアギバーにとっても有益に働きます。

乳がんのサポートグループ

乳がんの診断は孤独感を引き起こすことがありますが、サポートグループはその感情を軽減するのに役立ちます。

サポートグループは、同じ経験を共有する他の人々とつながる機会を提供し、情報、アドバイス、そして何よりも理解を提供します。

サポートグループは、乳がん患者が自分の経験を共有し、他の人々の経験から学ぶことを可能にします。
これは、自分の感情を理解し、新たな視点を得るのに役立ちます。

乳がん治療時の栄養と運動

乳がんの治療は体に大きな負担をかけ、栄養と運動はその負担を軽減するのに重要な役割を果たします。

栄養豊富な食事は、体力を維持し、免疫系を強化し、治療の副作用を管理するのに役立ちます。
また、適度な運動は、疲労を軽減し、筋力を維持し、心理的な健康を向上させるのに有効です。

しかし、治療中は食事や運動のパターンを調整する必要があるかもしれません。
医療チームと密に連携し、個々のニーズに合わせた栄養と運動の計画を立てることが重要です。

健達ねっとECサイト

乳がんの予防と定期検診

乳がんは、早期発見と適切な治療により、その予後が大きく改善する可能性があります。
そのため、乳がんの予防と定期検診は、乳がん対策の重要な要素となります。

以下では、乳がん予防のための生活習慣、定期的な乳がん検診、早期発見と治療のメリットについて詳しく解説します。

乳がん予防のための健康的な生活習慣

乳がんの予防には、健康的な生活習慣が不可欠です。

バランスの良い食事、適度な運動、アルコールの適量摂取、禁煙などが推奨されます。
特に、肥満は乳がんのリスクを高めるため、体重管理に注意が必要です。

また、乳がんのリスクを下げるためには、定期的な自己検診も重要です。
自己検診は、自分自身の乳房の状態を知り、異常を早期に発見するための手段です。

定期的な乳がん検診

乳がんの早期発見のためには、定期的な検診が必要です。

乳がん検診は、マンモグラフィーと超音波検査が主に用いられます。
マンモグラフィーは、乳房のX線写真を撮影し、がんの存在を探る検査です。

一方、超音波検査は、乳房の内部を超音波で映し出し、がんの存在を探る検査です。
これらの検査は、乳がんの早期発見に有効であり、定期的に受けることが推奨されます。

乳がんの早期発見と治療のメリット

乳がんの早期発見は、治療の成功率を大幅に向上させます。

早期の乳がんは、手術や放射線治療、薬物療法などの治療が可能であり、治療後の生活の質も維持しやすいです。
また、早期発見により、乳房を温存する手術が可能となる場合もあります。

これらの治療は、がんの進行度やがん細胞の性質、体の状態などに基づいて選択されます。
早期発見と適切な治療により、乳がんからの回復と健康な生活を取り戻すことが可能となります。

薬の使い方

乳がんのステージについてまとめ

ここまで乳がんのステージについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 乳がんのステージはTNMの組み合わせにより分類される
  • 乳がんの治療は手術、放射線療法、抗がん剤療法などがあり、ステージや患者の状態に合わせて適切な治療が行われる
  • 乳がんと診断されたら、サポートグループを利用したり、栄養をしっかり摂ったり適度な運動をしながら、治療と向き合うことが大切

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク