ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>流行性耳下腺炎ワクチン|効果、リスク、接種時期と回数を解説

流行性耳下腺炎ワクチン|効果、リスク、接種時期と回数を解説

流行性耳下腺炎は、一般的におたふくかぜとして知られています。
特に子供たちに多く見られる感染症ですが、大人にも感染するリスクがあり、大人の場合は症状が重篤になる可能性も高いです。

この病気の予防にはワクチン接種が非常に効果的であるとされています。
どのようなワクチンが存在し、接種時期や回数、副作用など詳しい情報を知ることで安心してワクチンを接種することができます。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 流行性耳下腺炎ワクチンとは
  • 流行性耳下腺炎ワクチンの接種時期と回数について
  • 流行性耳下腺炎ワクチンの注意点

流行性耳下腺炎ワクチンについて参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎とは

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)は、ムンプスウイルスによる感染症であり、主に小児に多く見られますが、成人でも感染する可能性があります。

この感染症は、耳の下の腺が腫れるという特徴的な症状を持ち、合併症としては髄膜炎や脳炎、膵炎、難聴などがあります。

流行性耳下腺炎の基本情報

流行性耳下腺炎は、一般的に「おたふく風邪」として知られています。
この感染症はムンプスウイルスによって引き起こされ、主に3~6歳の小児に多く見られます。
しかし、他の年齢層でも感染する可能性があります。

症状としては、耳の下の腺が腫れることが多く、これが最も特徴的な症状です。
潜伏期間は2~3週間程度で、突然の発熱とともに耳の下の腺が腫れることが多いです。

流行性耳下腺炎の感染経路と症状

流行性耳下腺炎の感染経路は主に二つあります。

一つは飛沫感染、すなわち患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスを吸い込むことによる感染です。
もう一つは接触感染で、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによって感染します。

症状としては、潜伏期間の後に突然発熱が起こり、耳の下の腺が腫れることが多いです。
この腫れは通常1~2週間で軽快しますが、まれに髄膜炎や難聴、精巣炎などの合併症を引き起こす可能性もあります。

関連記事

流行性耳下腺炎は、おたふくかぜとして知られています。おたふくかぜと聞くと、子供が感染するというイメージを持っている方も多いかと思います。しかし、免疫がなければ誰でも感染する可能性があります。流行性耳下腺炎の症状、予防法をしっかり理[…]

IMG

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎ワクチンとは

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は、ムンプスウイルスによって引き起こされる感染症です。
この病気は主に耳下腺の腫れとして現れ、一般的には軽症で経過しますが、重い合併症も存在します。

流行性耳下腺炎ワクチンは、この病気の予防に用いられるワクチンで、任意接種として行われています。
この章では、流行性耳下腺炎ワクチンの基本と目的、感染予防の仕組み、および合併症のリスクについて詳しく解説します。

流行性耳下腺炎ワクチンの基本と目的

流行性耳下腺炎ワクチンは、弱毒化したムンプスウイルスを用いた生ワクチンです。
かつてはMMR(麻しん・おたふくかぜ・風しん混合)ワクチンとして定期接種されていましたが、現在は任意接種となっています。

接種対象者に特定の規定はありませんが、ワクチン接種または感染経験がない場合、成人でも接種が推奨されています。
特に成人が感染すると、小児よりも重症化しやすいため、接種が強く推奨されます。

ワクチンによる感染予防の仕組み

ワクチン接種によって、体内でウイルスに対する免疫反応が促されます。
この免疫反応によって、将来的にウイルスに感染した場合でも、症状が軽くなるか、または発症を防ぐことができます。

日本小児科学会は、1歳以降早期に1回目、2回目は5~7歳ころの2回接種を推奨しています。

流行性耳下腺炎合併症のリスクとワクチン

流行性耳下腺炎にはいくつかの合併症が存在します。
最も重い合併症は髄膜炎であり、髄膜脳炎、睾丸炎、卵巣炎、難聴、膵炎などがあります。
ワクチン接種によって、これらの合併症のリスクを大幅に減らすことができます。

特に、成人が感染すると重症化しやすいため、ワクチン接種が強く推奨されています。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

流行性耳下腺炎ワクチンの種類

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)は、子供だけでなく大人にも影響を与える可能性がある感染症です。
この病気の予防にはワクチンが最も効果的な手段とされています。
日本では任意接種ですが、世界中で多くの国が定期接種を推奨しています。

以下では、流行性耳下腺炎ワクチンの種類、成分、そしてその効果について詳しく解説します。

流行性耳下腺炎ワクチンの種類

流行性耳下腺炎ワクチンにはいくつかの種類があり、日本で一般的に使用されているのは国産の「流行性耳下腺炎ワクチン」です。
さらに、MR(麻疹-風疹)混合ワクチンMMR(麻疹-おたふく風邪-風疹)混合ワクチンもあります。

特にMMRワクチンは、

  • Measles(麻疹)
  • Mumps(おたふく風邪)
  • Rubella(風疹)

の3つの病気を一度に予防することができます。
接種回数は基本的に1回または2回で、抗体価持続期間は約20~30年とされています。

ワクチンの成分と働き

流行性耳下腺炎ワクチンは、一般的に生ワクチンと呼ばれるカテゴリに属しています。
生ワクチンは、弱毒化されたウイルスまたは細菌を使用して、免疫システムを活性化させることで病気に対する抵抗力を高めます。

日本では、生ワクチンを接種した場合、基本的に1ヶ月間は他のワクチンとの同時接種が制限されています。
これは、生ワクチン同士の同日接種や不活化ワクチンとの同時接種が可能であっても、接種するワクチンの順番に注意が必要なためです。

流行性耳下腺炎ワクチンは、種類や成分によって異なる特性を持ち、それぞれが病気の予防に非常に有効です。
特に、年齢が上がると症状が重くなる可能性が高まるため、早めの接種が強く推奨されています。

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎ワクチンの接種時期と回数

フォトフェイシャルを受けるメリット

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は、ムンプスウイルスによる感染症で、特に子供に多く見られます。
しかし、大人も感染のリスクがあり、その場合は重症化する可能性が高くなります。

この病気の予防にはワクチンが最も効果的とされています。
この章では、流行性耳下腺炎ワクチンの接種対象、推奨スケジュール、そしてワクチンの重要性について詳しく解説します。

流行性耳下腺炎ワクチンの接種対象と推奨スケジュール

流行性耳下腺炎ワクチンは任意接種であり、特定の年齢や条件に縛られることはありません。

ただし、感染経験がない場合、特に成人は接種を強く推奨されています。
これは、成人が感染すると重症化しやすく、合併症のリスクが高まるためです。
妊娠を計画している女性にも、特に接種が推奨されています。

小児においては、1歳以降に1回または2回の接種が行われます。
日本では1回接種が多いですが、多くの国では2回接種が標準とされています。

ワクチンの重要性と定期的な受け方

流行性耳下腺炎ワクチンの接種は、感染を予防する上で非常に効果的とされています。
1回の接種で約78%、2回の接種で約88%の有効性が報告されています。

日本ではワクチン接種率が約40%と低いため、今後も大規模な流行の可能性があり、2回接種が強く推奨されています。

副反応のリスクもありますが、感染症による合併症よりもはるかに少なく、安全性が高いとされています。

健達ねっとECサイト

流行性耳下腺炎ワクチンの副作用と注意点

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は、特に子供に多く見られる感染症ですが、大人にも影響を及ぼす可能性があります。
この病気の予防にはワクチンが非常に効果的とされています。

しかし、ワクチン接種には副作用や注意すべき点も存在します。
以下では、流行性耳下腺炎ワクチンの副作用と注意すべき事項について詳しく解説します。

ワクチンの一般的な副作用

流行性耳下腺炎ワクチンの一般的な副作用には、軽度の耳下腺腫脹や微熱があります。
これらの症状は通常、接種後2週間以内に現れ、大多数の場合は一時的であり、特別な治療は必要ありません。

重篤な副作用とその頻度

ワクチンの副反応として、無菌性髄膜炎が出る可能性があります。
この症状は約1,000~2,000人に一人の頻度で出現するとされています。
無菌性髄膜炎は通常、軽症ですが、症状が重篤な場合もあります。

ワクチン接種を避けるべき人々

以前にゼラチンアレルギーのある小児には注意が必要でしたが、現在は各ワクチンメーカーがゼラチンを除去または低アレルゲン性ゼラチンを使用しているため、ゼラチンアレルギーのある人でも安全に接種が可能です。

薬の使い方

流行性耳下腺炎ワクチンの費用について

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の予防にはワクチンが効果的とされていますが、ワクチン接種には一定の費用が必要です。
以下では、流行性耳下腺炎ワクチンの費用、補助制度、費用を抑える方法、そして保険の活用について詳しく解説します。

ワクチン接種の費用と補助制度

流行性耳下腺炎ワクチンは「任意接種」に分類されるため、接種には費用がかかります。

一般的には、4,000〜6,000円程度で接種が可能です。
このワクチンは通常2回接種が推奨されるため、合計で8,000〜12,000円の費用がかかることになります。

また、自治体によっては接種費用の一部が助成される場合があります。
助成の有無や金額は自治体によって異なるため、お住いの地域のホームページや案内を確認することが重要です。

費用を抑える方法と保険の活用

ワクチン接種の費用を抑えるためには、いくつかの方法が考えられます。

まず、自治体の助成制度を活用することが一番手っ取り早い方法です。
また、一部の保険会社では、ワクチン接種にかかる費用を一部補填する保険商品も提供されています。

さらに、抗体の値を測定することで、必要な接種回数を減らすことも可能です。
ただし、抗体の値を測定するには追加の費用(約4,020円)がかかります。
この方法は、特に渡航予定などで急いでいる場合には不向きです。

流行性耳下腺炎の予防方法

流行性耳下腺炎、通称「おたふく風邪」は、特に幼児や学童に多く見られる感染症です。
季節に関係なく発生する可能性があり、集団生活を送る場所での感染リスクが高いです。

以下では、流行性耳下腺炎の予防方法に焦点を当て、感染拡大を防ぐ基本的な対策と、日常生活での手洗いや咳エチケットの重要性について詳しく解説します。

感染拡大予防のための基本的な対策

  • ワクチン接種
    ワクチン接種は最も効果的な予防策とされています。
    1歳以上の人に推奨され、接種後の罹患率は極めて低いです。
  • 濃厚接触を避ける
    感染者との密接な接触は避けるべきです。
    特に唾液が飛び散る可能性のある場所や状況からは距離を取ることが重要です。
  • タオルの共用を避ける
    感染者とタオルを共用することは、感染拡大のリスクを高めます。
    個々に専用のタオルを使用し、こまめに洗濯することが推奨されています。

手洗いと咳エチケットの重要性

  • 手洗いを徹底する
    手洗いは、多くの感染症の予防に有効です。
    外出先から帰った際や、食事前後、トイレ後など、こまめに手を洗うことが重要です。
  • 咳エチケットを守る
    咳やくしゃみをする際は、ティッシュやマスク、または肘で口と鼻を覆い、ウイルスの飛散を防ぐことが必要です。
  • アルコール消毒
    外出先で手洗いが難しい場合は、アルコール消毒を行うことで、手についたウイルスを除去できます。
関連記事

流行性耳下腺炎、通称「おたふく風邪」は、特に子供たちに多く見られる感染症であり、季節や場所を問わず発生する可能性があります。しかし、流行性耳下腺炎は何が原因で発生するのでしょうか?また、どのような状況で感染リスクが高まるのでしょうか?[…]

IMG

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎ワクチンについてのまとめ

流行性耳下腺炎ワクチンについてのまとめ
ここまで流行性耳下腺炎ワクチンについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 流行性耳下腺炎ワクチンとは、流行性耳下腺炎の予防に用いられる、弱毒化したムンプスウイルスを用いた生ワクチンのこと
  • 流行性耳下腺炎ワクチンは任意ではあるが、幼少時に接種するのが一般的で、1歳以降に1回または2回の接種が推奨されている
  • 流行性耳下腺炎ワクチンの副作用として軽度の耳下腺腫脹や微熱が出ることがあるが、一時的なもののため特別な治療は必要ない

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク