ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)|症状から予防まで解説

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)|症状から予防まで解説

流行性耳下腺炎は、おたふくかぜとして知られています。

おたふくかぜと聞くと、子供が感染するというイメージを持っている方も多いかと思います。
しかし、免疫がなければ誰でも感染する可能性があります。

流行性耳下腺炎の症状、予防法をしっかり理解することで、私たちの健康を守ることができます。
そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 流行性耳下腺炎とは
  • 流行性耳下腺炎の症状と感染経路について
  • 流行性耳下腺炎の予防方法について
  • 流行性耳下腺炎になってしまった場合の対応

流行性耳下腺炎について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎とは?

一般的にはおたふくかぜとも呼ばれる流行性耳下腺炎は、一種の感染症です。

この病気は主に小学生や幼児に多く見られますが、大人でも感染する可能性があります。
特に、耳下腺が腫れるという症状が特徴的です。

この章では、流行性耳下腺炎の基本的な情報から、おたふくかぜとの違いまで詳しく解説します。

流行性耳下腺炎の基本情報

流行性耳下腺炎は、ムンプスウイルスによって引き起こされる感染症です。
このウイルスは飛沫感染によって広がり、特に密閉された環境での感染が多いです。

病名の「耳下腺炎」は、この病気の主な症状である「耳の下の腺(耳下腺)が炎症を起こす」ことから名付けられました。

潜伏期間は約2~3週間で、その後に耳下腺が腫れるという症状が現れます。

流行性耳下腺炎とおたふくかぜの違い

一般的に「おたふくかぜ」と呼ばれることが多いこの病気ですが、実は「流行性耳下腺炎」と「おたふくかぜ」は同一の病気を指します
しかし、一部の地域や文献では、おたふくかぜは流行性耳下腺炎の症状の一部とされることもあります。

主な違いは、おたふくかぜが一般的には子供に多く見られるのに対し、流行性耳下腺炎は大人でも感染する可能性があるとされています。

また、流行性耳下腺炎は合併症として髄膜炎や脳炎を引き起こす可能性がありますが、おたふくかぜは通常、そういった重篤な合併症を引き起こすことは少ないです。

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎の症状と感染経路

流行性耳下腺炎、またはおたふくかぜとは、ムンプスウイルスによって引き起こされる感染症です。
この病気は、特に耳下腺が腫れるという症状が目立ちます。

しかし、その他にも様々な症状や合併症が存在するため、しっかりとした知識と対策が必要です。

この章では、流行性耳下腺炎の感染経路から症状、そして合併症に至るまで、詳しく解説します。

流行性耳下腺炎の感染経路と感染期間

流行性耳下腺炎は主に飛沫感染や接触感染で広がります。
特に、咳やくしゃみ、話す際に飛沫が飛び散ることで他人に感染する可能性があります。
また、感染者の唾液や食器、タオルなどを共有することも感染の原因となります。

潜伏期間は約12~25日で、この期間が過ぎると症状が出始めます。

流行性耳下腺炎の症状の特徴と進行

流行性耳下腺炎の最も一般的な症状は、耳下腺の腫れです。
これは通常、耳の下、顎の近くに現れます

腫れは通常一方の耳下腺から始まり、しばしば両方に広がります。
痛み、発熱、咀嚼時の不快感などが伴うこともあります。

症状は通常、数日から1週間程度続きます。

合併症のリスクと注意点

流行性耳下腺炎は、それ自体の症状よりも合併症が問題となる場合があります。
特に、髄膜炎、脳炎、睾丸炎、卵巣炎などが報告されています。

これらの合併症は、特に成人男性や妊娠中の女性に重篤な影響を及ぼす可能性があります。
そのため、症状が現れた場合は速やかに医療機関での診断と治療が必要です。

関連記事

流行性耳下腺炎、通称「おたふく風邪」は、特に子供たちに多く見られる感染症であり、季節や場所を問わず発生する可能性があります。しかし、流行性耳下腺炎は何が原因で発生するのでしょうか?また、どのような状況で感染リスクが高まるのでしょうか?[…]

IMG
おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

流行性耳下腺炎の予防とワクチン接種

流行性耳下腺炎、一般におたふくかぜとして知られているこの病気は、特に子供に多く見られますが、大人でも感染する可能性があります。

感染すると、耳下腺の腫れや発熱、咳などの症状が出ることが多いです。
このような症状を避けるため、また、合併症のリスクを減らすためには、予防が非常に重要です。

流行性耳下腺炎の予防方法と日常生活での注意事項

流行性耳下腺炎は飛沫感染や接触感染で広がるため、日常生活での基本的な予防措置が重要です。

具体的には、手洗いやうがい、マスクの着用などがあります。
特に、公共の場所でのマスクの着用や、帰宅後すぐの手洗い・うがいは効果的とされています。

また、感染者との密接な接触、特に食器やタオルの共有は避けましょう。

流行性耳下腺炎の予防接種について

流行性耳下腺炎の最も効果的な予防方法はワクチン接種です。

日本では主に

  • MRワクチン(麻疹・ムンプス混合ワクチン)
  • MMRワクチン(麻疹・ムンプス・風疹混合ワクチン)

が用いられます。

これらのワクチンは、1歳6ヶ月頃と小学校入学前に接種されるのが一般的です。

流行性耳下腺炎ワクチンの効果と名前について

MRワクチンやMMRワクチンは非常に効果的で、接種後にはほとんどの人が免疫を獲得します。
特にMMRワクチンは、麻疹、ムンプス、風疹の3つの病気に対する予防効果があるとされています。

ワクチン接種は、感染症の拡大を防ぐだけでなく、合併症のリスクを大幅に減らす重要な手段です。

関連記事

流行性耳下腺炎は、一般的におたふくかぜとして知られています。特に子供たちに多く見られる感染症ですが、大人にも感染するリスクがあり、大人の場合は症状が重篤になる可能性も高いです。この病気の予防にはワクチン接種が非常に効果的であるとされて[…]

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎の大人への影響と対策

流行性耳下腺炎、一般におたふくかぜとして知られるこの病気は、子供に多く見られる感染症ですが、大人も決して安全ではありません。
特に、大人が感染した場合の症状は重くなる可能性が高く、不妊のリスクもあります。

この章では、大人が流行性耳下腺炎に感染した場合のリスクと症状、そしてその予防方法について詳しく解説します。

大人の流行性耳下腺炎の感染リスクと症状の特徴

流行性耳下腺炎は、大人にも感染する可能性があります。
特に、大人が感染すると症状が重くなる場合が多く、耳下腺の腫れや高熱、頭痛などが起こります。

さらに、男性の場合は睾丸の炎症が起こることもあり、これが不妊の原因となる可能性も指摘されています。
そのため、大人も流行性耳下腺炎の予防は非常に重要です。

大人のための流行性耳下腺炎の予防方法と注意点

大人が流行性耳下腺炎を予防するために効果的とされているものがワクチン接種です。
しかし、すでに成人してからのワクチン接種は、一般的にはあまり行われていません。

そのため、日常生活での予防が非常に重要となります。
具体的には、手洗いやうがい、マスクの着用が基本です。

また、感染者との密接な接触を避け、特に食器やタオルの共有は控えるようにしましょう。
公共の場所でのマスクの着用や、帰宅後の手洗い・うがいも効果的な予防方法とされています。

健達ねっとECサイト

流行性耳下腺炎に感染したら?

流行性耳下腺炎、一般におたふくかぜとして知られるこの病気は、感染力が非常に強く、特に学校や職場などの集団生活を送る場所での感染が多いです。

感染した場合、どのような対応が必要なのでしょうか。
また、学校や職場での出席停止の基準はどうなっているのでしょうか。

この章では、これらの疑問に答え、流行性耳下腺炎に感染した時の対応について詳しく解説します。

流行性耳下腺炎に感染した場合の対応

流行性耳下腺炎に感染した場合、最も重要なのは速やかに医師の診断を受けることです。

症状には耳下腺の腫れ、発熱、頭痛などがありますが、これらが出た場合はすぐに医療機関を受診しましょう。
医師の指示に従い、必要な治療を受けることが大切です。

また、感染拡大を防ぐためには、自宅での安静が推奨されます。
特に、症状が出ている間は、他人との接触を避け、マスクの着用や手洗い、うがいをしっかりと行うことが必要です。

流行性耳下腺炎による出席停止の基準と注意点

流行性耳下腺炎に感染した場合、多くの学校や職場では出席停止の措置が取られます。

一般的には、症状が出てから5日間以上経過し、症状が改善した場合に出席停止が解除されることが多いです。
ただし、学校や職場によっては独自の基準が設定されている場合もありますので、必ず各機関の指示に従いましょう。

また、出席停止期間中は、自宅での安静と感染拡大防止対策をしっかりと行う必要があります。

薬の使い方

流行性耳下腺炎についてのまとめ

ここまで流行性耳下腺炎についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 流行性耳下腺炎とは、ムンプスウイルスによって引き起こされる感染症で主に小学生や幼児に多く見られる
  • 流行性耳下腺炎は、主に飛沫感染や接触感染で広がり、耳下腺の腫れ、発熱、頭痛などの症状がある
  • 効果的とされている流行性耳下腺炎の予防方法は、ワクチン接種である
  • 流行性耳下腺炎になってしまったら、すぐに医療機関を受診し、医師の指示に従って適切な治療を受けることが重要であり、学校や職場では出席停止の措置が取られる場合が多い

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク