ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>【MBTI診断でみる相性】恋愛や仕事でのあなたとあの人の相性は?

【MBTI診断でみる相性】恋愛や仕事でのあなたとあの人の相性は?

MBTI診断は、自己理解と人間関係の改善に役立つとされ、多くの人々が興味を持っています。
あなた自身の性格タイプを理解することは、自己認識を深め、他人とのコミュニケーションを向上させるための一歩となります。
しかし、自分のMBTIタイプと他のタイプとの相性はどうなのでしょうか?

本記事では、以下の点を中心に解説します。

  • MBTIでみる相性のメリット・デメリット
  • 各MBTIごとの相性について
  • MBTIでみる相性改善のためのアドバイスについて

MBTI診断と相性について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

MBTI診断の基本

MBTI診断は、人々の思考や行動の傾向を評価し、16の異なる性格タイプを定義するためのツールです。
これにより、自己理解を深め、人間関係を改善する手助けになります。

MBTI診断の基本概要

MBTI診断は、アメリカで開発され、日本をはじめとする多くの国で広く採用されています。
この診断は、いくつかの質問に回答することで、個々の人がどのような性格特性を持っているのかを明らかにします。

具体的には、

  • 興味の方向性(内向的または外向的)
  • 情報の処理方法(感覚型または直観型)
  • 判断の基準(思考型または感情型)
  • 生活のスタイル(判断型または知覚型)

といった要素を基に、16種類の性格に分類します。

この診断は非常に詳細な分類が行われるため、自分が持つ未知の特性や強み、弱みを発見できます。
ただし、この診断は一つの指標に過ぎないため、他の性格診断結果や周囲の人々からのフィードバックも考慮することが推奨されています。

相性におけるMBTI診断の重要性

MBTI診断は、自己理解と他者理解を深めるための一つのツールであり、最高の相性を持つとされる性格タイプを探すことで、自己理解を深め、人間関係を改善する手助けになります。

例えば、共感力が高く、感情的な共鳴を重視する型と、論理的で解決策を重視する型が組み合わさると、互いに理解し合い、補完し合うことで良好な結婚生活を築くことができます。

MBTIを理解し、それを結婚生活に適用することは、相性の良いパートナーをみつけ、より良い結婚生活を築くための重要な一歩となります。

MBTIのそれぞれのタイプについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

MBTIは、最近世界中の若い人たちの中で大流行しています。MBTIとは、4つのアルファベットで人々の性格を16のタイプに分類する診断のことです。では、その4つのアルファベットの意味は何なのか、そして各タイプの性格の特徴にはどのよ[…]

スポンサーリンク

MBTI診断タイプについて解説!

MBTIは、人間の性格を16種類のパーソナリティタイプに分けることで、自己理解や他者理解を深めるためのツールです。

以下では、MBTIの基本的なパーソナリティタイプの説明と、それぞれのタイプがどのような特性を持つのかについて詳しく解説します。

MBTI診断の基本的なパーソナリティタイプ説明

MBTIでは、人間の性格を4つの構成要素で考えます。
それぞれの要素には「」があり、その方向によって16通りの性格タイプに分類します。

タイプは、INTJやESFJなど、4文字の組み合わせによって示されます。
これらの組み合わせは、個々の性格の特性を示し、それぞれの人がどのように世界を認識し、物事の決定、処理を行うかについて示しています。

I(内向的)とE(外向的)

Iは、より内向的で反省的な人のことを指します。
彼らは一人でいることをより楽しむ傾向があり、社会的な状況を疲れさせる可能性があります。
これは、外向的な人々であるEとは対照的であり、彼らはより外向的で社会的な相互作用によってエネルギーを得る傾向があります。

N(感覚型)とS(直観型)

NとSは、MBTIの知覚機能を表します。
Nは具体的な感覚で現実的に物事を捉えるタイプを指し、Sは直観的に物事を理解するタイプを指します。

T(思考型)とF(感情型)

TとFは、MBTIの判断機能を表します。
Tは論理的に理解し、Fは人間関係や感情的な側面を重視するタイプを指します。

J(判断型)とP(知覚型)

JとPは、MBTIの行動態度を表します。
Jは物事を計画し、組織的に進めるタイプを指し、Pは柔軟性を持ち、新しい情報や可能性に開かれているタイプを指します。

MBTI診断タイプごとの特徴と性格の傾向

MBTIの16種類のパーソナリティタイプは、それぞれ独自の特性と性格の傾向を持っています。
これらのタイプは、個々の人がどのように情報を処理し、世界をどのように理解するかを示しています。

これらの理解は、自己理解を深め、他者との関係を改善し、キャリアの選択を助けることができます。

日本人に多いMBTIタイプはどのタイプなのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

今、MBTI診断が世界中の若い人たちを中心に大流行しています。そんなMBTIには16種類の性格タイプがありますが、日本人にはどのタイプが一番多いのでしょうか?また、日本社会がMBTIタイプにどのような影響を与えているのでしょうか?[…]

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

MBTI診断でみる相性のメリット・デメリット

MBTI診断でみる相性のメリット

MBTI診断は、人々が自己理解を深め、他者との関係性を理解するための有用なツールとして広く認識されています。
それでは、MBTI診断を通じてみる相性のメリットについて考えてみましょう。

MBTI診断は、16の異なる性格タイプを提供し、各タイプが独自の強みと弱みを持つことを認識します。
これにより、自分自身や他人の行動パターンや思考プロセスを理解するのに役立ちます。

相性の観点からみると、MBTIは、あるタイプの人が他の特定のタイプの人とどのように相互作用するか、またはどのように相互理解を深めるかについての洞察を提供することができます。

例えば、あるタイプの人が他のタイプの人と良好な関係を築くためにどのようなコミュニケーションスタイルを採用すべきか、またはどのような行動を避けるべきかについての具体的なアドバイスを提供することができます。

これは、人間関係の調和を促進し、対人関係のストレスを軽減するのに役立つ可能性があります。

MBTI診断でみる相性のデメリット

一方で、MBTI診断を通じてみる相性にはいくつかのデメリットも存在します。
最も重要なことは、MBTIはあくまで一つのフレームワークであり、人間の複雑さや個々の経験を完全に捉えることはできないということです。

MBTI診断に固執しすぎると、人間関係を築く上で支障が出ることがあります。

例えば、あるタイプの人が最高の相性を持つとされているタイプの人との関係が必ずしも上手くいくとは限らないです。
人間関係は多くの要素に影響を受け、それらはMBTI診断だけでは捉えきれません。

また、MBTI診断による相性を過度に重視すると、自分自身や他人をタイプに基づいてラベル付けし、その結果、個々のユニークな特性や能力を見落とす可能性があります。
これは、人々が自己理解を深め、他者との関係性を理解するためのツールとしてMBTIを使用する際の重要な考慮事項です。

AGA

各MBTI診断タイプの相性表

自分のタイプ相性が良いタイプ詳細
INTJ
(建築家)
ENFP(運動家)
ENTP(討論者)
INTJは独立心が強く、計画的に物事を進める傾向があります。

ENFPやENTPとの関係では、お互いのアイディアや考えを尊重し合い、刺激的な議論を楽しむことができます。

INTP
(論理学者)
ENTJ(指揮官)
ENFJ(主人公)
INTPは論理的で分析的な思考を持ち、新しい知識を求める好奇心が強いです。

ENTJやENFJとの関係では、共通の興味や目標に向かって協力し合い、深い理解を築くことができます。

ENTJ
(指揮官)
INTP(論理学者)
ISTP(巨匠)
ENTJはリーダーシップがあり、大胆な決断を下すことが得意です。

INTPやISTPとの関係では、お互いの強みを活かし、効果的なコミュニケーションをとることができます。

ENTP
(討論者)
INTJ(建築家)
INFJ(提唱者)
ENTPは創造的で柔軟な思考を持ち、新しいアイディアを追求することが好きです。

INTJやINFJとの関係では、深い洞察力と共に新しい視点や考え方を共有することができます。

INFJ
(提唱者)
ENTP(討論者)
ENFP(運動家)
INFJは感受性が高く、他者の気持ちや考えを深く理解することが得意です。

ENTPやENFPとの関係では、お互いの感性を尊重し合い、心の深い部分で繋がることができます。

ENFJ
(主人公)
INFP(仲介者)
ISFP(冒険家)
ENFJは他者をサポートすることが得意で、チームのハーモニーを大切にします。

INFPやISFPとの関係では、お互いの価値観や感情を共有し、深い絆を築くことができます。

INFP
(仲介者)
ENFJ(主人公)
ESFJ(領事)
INFPは独自の価値観を持ち、他者との深い関係を築くことを求めます。

ENFJやESFJとの関係では、お互いの感情や考えを尊重し合い、心地良い関係を築くことができます。

ENFP
(運動家)
INTJ(建築家)
INFJ(提唱者)
ENFPは情熱的で開かれた性格を持ち、多様な経験を追求することが好きです。

INTJやINFJとの関係では、お互いの独自性を尊重し合い、新しい発見や冒険を共にすることができます。

ISTJ
(管理者)
ESFP(エンターテイナー)
ISFJ(擁護者)
ISTJは徹底的な計画性と堅実さを持っています。

ESFPの自由奔放さやISFJの丁寧なサポート性が、ISTJの堅実な性格を補完します。

お互いの違いを尊重し合いながらも、共に成長する関係性を築くことができます。

ISFJ
(擁護者)
ESTP(起業家)
ISTJ(管理者)
ISFJは他人の気持ちを敏感に察知することが得意です。

ESTPの行動的な性格やISTJの計画的な性格との関係では、お互いの長所を活かしながら、安定した関係を築くことができるでしょう。

ESTJ
(幹部)
ISFP(冒険家)
ESFJ(領事)
ESTJはリーダーシップに優れています。

ISFPの柔軟性やESFJの協力的な性格との組み合わせでは、お互いの強みを最大限に活かし、新しいアイディアやプロジェクトを成功させる力を持っています。

ESFJ
(領事)
ISTP(巨匠)
ISFP(冒険家)
ESFJは社交的で人々の気持ちを大切にする性格です。

ISTPの冷静な思考やISFPの感受性との関係では、お互いの違いを理解し合い、互いの強みを最大限に活かす関係を築くことができます。

ESTP
(起業家)
INFJ(提唱者)
ISFJ(擁護者)
ESTPは行動的で冒険好きな性格を持ちます。

INFJの深い洞察力やISFJのサポート性との関係では、お互いの強みを活かし、多くの冒険やプロジェクトを成功させることができます。

ISTP
(巨匠)
ENFJ(主人公)
ESFJ(領事)
ISTPは独立心が強く、物事を深く考える性格です。

ENFJのサポート性やESFJの協力的な性格との関係では、お互いの違いを尊重し合い、深い信頼関係を築くことができます。

ISFP
(冒険家)
ENTJ(指揮官)
ESTJ(幹部)
ISFPは感受性が豊かで、独自の価値観を持っています。

ENTJの強いリーダーシップやESTJの組織力との関係では、お互いの強みを活かし、多くのプロジェクトやアイディアを実現することができます。

ESFP
(エンターテイナー)
INTJ(建築家)
ISTJ(管理者)
ESFPは明るく社交的な性格を持ちます。

INTJの論理的な思考やISTJの堅実な計画性との関係では、お互いの違いを尊重し合いながらも、新しいアイディアやプロジェクトを成功させることができます。

健達ねっとECサイト

【恋愛編】MBTI診断と相性

MBTI診断は、人々の性格を理解し、それが恋愛の相性にどのように影響を与えるかを理解するための有用なツールです。

以下では、恋愛の観点からMBTI診断の相性について詳しく説明します。

恋愛におけるMBTI診断と相性

MBTI診断は、恋愛における相性を理解するための一つの方法を提供します。
それぞれのMBTIタイプは、特定の性格特性と行動パターンを持っており、これらは恋愛関係における相性に影響を与えます。

例えば、感情的な理解力を持つタイプは、感情的なサポートを必要とするパートナーと良好な相性を持つ可能性があります。

一方、論理的思考を重視するタイプは、問題解決能力を重視するパートナーとの相性が良いかもしれません。
しかし、MBTI診断はあくまで一つの指標であり、恋愛の相性は個々の価値観や経験、相互理解によっても大きく影響を受けます。

MBTI診断タイプごとの恋愛上の特徴

MBTIタイプ特徴
ISTJ真面目で責任感が強く、恋愛でも一途です。
パートナーに対して忠実で、約束を守ることを重視します。
ISFJ配慮深く、パートナーの気持ちを理解しようと努力します。
安定した関係を求め、家庭的な一面もあります。
INFJ深い愛情を持ち、理想的な関係を追求します。
パートナーの成長を支え、理解しようとします。
INTJ独自の恋愛観を持ち、理論的なアプローチを好む傾向があります。
一度恋に落ちると深い愛情を示します。
ISTP自由を愛し、束縛を嫌います。
しかし、一度心を開くと情熱的な一面をみせます。
ISFP感情豊かで、恋愛では直感を重視します。
パートナーとの心の繋がりを大切にします。
INFP理想的な恋愛を追求し、深い絆を築きたいと思います。
敏感で、パートナーの感情を察知します。
INTP独立心が強く、知的なパートナーを好みます。
恋愛では論理的な思考を重視します。
ESTP活発で社交的、恋愛でもそのエネルギーは溢れています。
スリルと冒険を求めます。
ESFP明るく人懐っこく、恋愛でもその魅力を発揮します。
楽しみを共有することを好みます。
ENFP情熱的で創造的、恋愛でもその情熱は溢れています。
深い繋がりを求めます。
ENTP創造的で知的な恋愛を好みます。
新しい可能性を探求することを楽しみます。
ESTJ責任感が強く、恋愛でもその姿勢は変わりません。
明確なコミュニケーションを重視します。
ESFJ協調性があり、パートナーの幸せを第一に考えます。
誠実さと献身性を持っています。
ENFJ感情豊かで理想主義者、恋愛でもその傾向は強いです。
パートナーの感情を理解しようとします。
ENTJ自己主張が強く、恋愛でもそのリーダーシップを発揮します。
明確な目標を持ち、それに向かって進みます。

これらの特徴は一般的なものであり、個々の人々の行動や感情を完全に説明するものではありません
それぞれの人が持つ独自の経験や価値観が、その人の行動や感情に大きな影響を与えることを忘れないでください。

以下の記事でも、MBTIタイプ相性について紹介しています。

関連記事

今、MBTIが韓国を中心に世界中の若い世代の中で流行っています。MBTIは、自己分析だけでなく、自分のMBTIと相手のMBTIをみて、相性が良いのか悪いのかを判断する材料としても活用できます。どんなタイプの人と仲良くなりやす[…]

薬の使い方

【仕事編】MBTI診断と相性

MBTI診断は、人々の性格を理解し、それが仕事の相性にどのように影響を与えるかを理解するための有用なツールです。

以下では、仕事の観点からMBTI診断の相性について詳しく説明します。

仕事におけるMBTI診断と相性

仕事におけるMBTI診断の相性は、チームワークやコミュニケーションリーダーシップスタイルなど、職場のさまざまな側面に影響を与えます。

例えば、詳細にこだわるタイプとビジョンを重視するタイプは、プロジェクトの異なる側面を補完し合うことができます。

また、自己主張が強いタイプと協調性を重視するタイプは、バランスのとれたチームを形成することができます。
しかし、MBTI診断はあくまで一つのツールであり、仕事の相性は個々のスキルや経験職場の文化など、他の多くの要素によっても影響を受けます。

それぞれのMBTIタイプが持つ強みと弱みを理解し、それを最大限に活用することが、職場での成功に繋がります。

MBTI診断タイプごとの仕事上の特徴

以下は、MBTIタイプごとの仕事上の強みと弱みの一覧です。

この情報は、あくまで一般的な傾向を示すものであり、個々の人々の能力や適性は多様であることをご理解ください。

ISTJ
(管理者型)
強み細部に注意を払い、組織的で、責任感が強い。
弱み変化に対応するのが苦手で、柔軟性に欠ける可能性がある。
ISFJ
(擁護者型)
強み他人への配慮が深く、信頼性が高い。
弱み自己主張が苦手で、他人の期待に応えようとするあまり自己犠牲になることがある。
INFJ
(提唱者型)
強み洞察力があり、他人の感情を理解する能力が高い。
弱み高い理想を持つあまり、現実を見失うことがある。
INTJ
(建築家型)
強み独立心が強く、論理的思考に優れている。
弱み他人の感情を理解するのが苦手で、孤立することがある。
ISTP
(巨匠型)
強み実践的で、問題解決能力が高い。
弱み長期的な計画を立てるのが苦手で、ルーチンワークに飽きやすい。
ISFP
(冒険家型)
強み柔軟性があり、直感的に行動する。
弱み自己主張が苦手で、競争を避ける傾向がある。
INFP
(仲介者型)
強み創造性が高く、他人の感情を理解する能力がある。
弱み理想主義的すぎて、現実を見失うことがある。
INTP
(論理学者型)
強み分析的で、論理的思考に優れている。
弱み社交的な状況が苦手で、他人の感情を理解するのが難しい。
ESTP
(起業家型)
強み実践的で、問題解決能力が高い。
弱み長期的な計画を立てるのが苦手で、衝動的に行動することがある。
ESFP
(エンターテイナー型)
強み社交的で、他人との関わりを楽しむ。
弱み長期的な計画を立てるのが苦手で、衝動的に行動することがある。
ENFP
(広報運動家型)
強み創造性が高く、他人との関わりを楽しむ。
弱み長期的な計画を立てるのが苦手で、衝動的に行動することがある。
ENTP
(討論者型)
強み創造性が高く、新しいアイデアを生み出す。
弱みルーチンワークに飽きやすく、他人の感情を理解するのが難しい。
ESTJ
(幹部型)
強み組織的で、責任感が強い。
弱み変化に対応するのが苦手で、柔軟性に欠ける可能性がある。
ESFJ
(領事官型)
強み他人への配慮が深く、信頼性が高い。
弱み自己主張が苦手で、他人の期待に応えようとするあまり自己犠牲になることがある。
ENFJ
(主人公型)
強み他人を助けることを好み、他人の感情を理解する能力が高い。
弱み高い理想を持つあまり、現実を見失うことがある。
ENTJ
(指揮官型)
強み独立心が強く、論理的思考に優れている。
弱み他人の感情を理解するのが苦手で、孤立することがある。

以下の記事では、MBTIタイプ別の適職も紹介しています。

関連記事

MBTI一覧について人間の個性は多様で複雑ですが、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、個人の性格を理解し、自己認識を深めるための貴重なツールとして広く使われています。MBTIは、個人の傾向や特性を1[…]

MBTI診断と相性改善のためのアドバイス

人間関係は複雑で、特にパートナーシップはその中でも最も難解なものの一つです。
しかし、MBTIの理論を理解し、それを活用することで、相性の良い関係を築くことが可能になります。

以下では、MBTIの異なる性格タイプ間での相性を向上させるための具体的なアドバイスを提供します。

I(内向的)とE(外向的)の相性改善アドバイス

I(内向的)とE(外向的)の組み合わせは、エネルギーのとり扱い方が異なるため、しばしば誤解や摩擦を生むことがあります。
しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、これらの違いを強みに変えることができます。

以下では、IタイプとEタイプが相性を向上させるための具体的なアドバイスを提供します。

相手のエネルギーの特徴を理解し、尊重する

  • Iタイプは、一人の時間や静かな環境が必要なことをEタイプに伝える。
  • Eタイプは、Iタイプの一人の時間や静かな環境を邪魔しないようにする。
  • Eタイプは、人との交流や活発な環境が必要なことをIタイプに伝える。
  • Iタイプは、Eタイプの人との交流や活発な環境を否定しないようにする。

相手のエネルギーのバランスを考慮する

  • EタイプとIタイプは、お互いにエネルギーのバランスを崩さないように気をつける。
  • Iタイプは、Eタイプに対して、過度に引きこもりや無口にならないようにする。
  • Eタイプは、Iタイプに対して、過度に話しすぎたり強引にならないようにする。

相手のエネルギーの違いを活かす

  • EタイプとIタイプは、お互いにエネルギーの違いを活かすことで、関係を豊かにする。
  • Iタイプは、Eタイプの社交性や活発さに刺激を受けて、自分の世界を広げることができる。
  • Eタイプは、Iタイプの内省や静寂に触れて、自分の心を落ち着かせることができる。

N(感覚型)とS(直観型)の相性向上策

Sタイプの人々は具体的で現実的な情報に基づいて世界を理解し、一方、Nタイプの人々は可能性や未来のビジョンに焦点を当てます。
これらの違いは、コミュニケーションや意思決定に影響を及ぼす可能性があります。

以下では、SタイプとNタイプの間での相性を向上させるための具体的な戦略を提供します。

相手の情報の収集方法を理解し、尊重する

  • Nタイプは、Sタイプの具体的な事実や現在の現実に基づく意見や判断を否定しないようにする。
  • Sタイプは、Nタイプの抽象的な概念や未来の可能性に基づくアイデアやビジョンを軽視しないようにする。

相手の情報の収集方法を補完する

  • NタイプとSタイプは、お互いに情報の収集方法を補完することで、よりバランスのとれた視点を持つことができる。
  • Nタイプは、Sタイプの具体的な事実や現在の現実を参考にして、自分のアイデアやビジョンを実現可能なものにすることができる。
  • Sタイプは、Nタイプの抽象的な概念や未来の可能性を参考にして、自分の意見や判断を柔軟に変えることができる。

相手の情報の収集方法を共有する

  • NタイプとSタイプは、お互いに情報の収集方法を共有することで、相互理解を深めることができる。
  • Nタイプは、Sタイプに自分のアイデアやビジョンの背景や根拠を説明する。
  • Sタイプは、Nタイプに自分の意見や判断の理由や目的を説明する。

T(思考型)とF(感情型)の調和方法

思考型の人々は論理と公正さに重きを置き、感情型の人々は人間関係と調和に価値を見出します。
これらの違いは、意思決定や対人関係に影響を及ぼす可能性があります。

以下では、TタイプとFタイプ間での相性を向上させるための具体的なアドバイスを提供します。

相手の意思決定の基準を理解し、尊重する

  • Tタイプは、Fタイプの人間関係や主観的な価値に基づく意思決定を批判しないようにする。
  • Fタイプは、Tタイプの論理的な分析や客観的な事実に基づく意思決定を無視しないようにする。

相手の意思決定の基準を補完する

  • TタイプとFタイプは、お互いに意思決定の基準を補完することで、より効果的な結果を得ることができる。
  • Tタイプは、Fタイプの人間関係や主観的な価値を考慮して、自分の意思決定に感情的な要素を加えることができる。
  • Fタイプは、Tタイプの論理的な分析や客観的な事実を考慮して、自分の意思決定に理性的な要素を加えることができる。

相手の意思決定の基準を共有する

  • TタイプとFタイプは、お互いに意思決定の基準を共有することで、信頼関係を築くことができる。
  • Tタイプは、Fタイプに自分の意思決定の論理的な分析や客観的な事実を説明する。
  • Fタイプは、Tタイプに自分の意思決定の人間関係や主観的な価値を説明する。

J(判断型)とP(知覚型)の適切なコミュニケーション

判断型の人々は計画と組織を好み、知覚型の人々は柔軟性と自由を重視します。
これらの違いは、時間管理やライフスタイルの選択に影響を及ぼす可能性があります。

以下では、JタイプとPタイプの間での相性を向上させるための具体的なアドバイスを提供します。

相手の生活のスタイルを理解し、尊重する

  • Jタイプは、Pタイプの柔軟で探求心のある生活のスタイルを無責任や不真面目とみなさないようにする。
  • Pタイプは、Jタイプの計画的で決断力のある生活のスタイルを頑固や狭量とみなさないようにする。

相手の生活のスタイルを調整する

  • JタイプとPタイプは、お互いに生活のスタイルを調整することで、より円滑な関係を築くことができる。
  • Jタイプは、Pタイプの柔軟で探求心のある生活のスタイルに合わせて、自分の計画や決断を見直したり変更することができる。
  • Pタイプは、Jタイプの計画的で決断力のある生活のスタイルに合わせて、自分の柔軟さや探求心を制限したり抑ることができる。

相手の生活のスタイルを共有する

  • JタイプとPタイプは、お互いに生活のスタイルを共有することで、協力関係を構築することができる。
  • Jタイプは、Pタイプに自分の計画や決断の目的や意義を説明する。
  • Pタイプは、Jタイプに自分の柔軟さや探求心の理由や価値を説明する。

スポンサーリンク

MBTI診断と相性についてまとめ

ここまでMBTI診断と相性についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • MBTIでみる相性のメリットとしては、人間関係の調和を促進し、対人関係のストレスを軽減するのに役立つことが挙げられ、デメリットとしては、固執しすぎると、人間関係を築く上で支障が出ることが挙げられる
  • MBTI診断で相性をみる際には、MBTI診断の結果はあくまで一つの指標であり、診断結果だけで全てを判断することはできないことを理解する必要がある
  • MBTIでみる相性改善のためには、お互いの違いを理解し、尊重することが重要となる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク