ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>体の不調>溶連菌感染症の原因って何?日常でのリスクと対策を紹介

溶連菌感染症の原因って何?日常でのリスクと対策を紹介

毎年、多くの子供たちが溶連菌感染症に罹患します。
これは、学校や保育園などの集団生活を送る子供たちにとって、避けて通れない問題となっています。

溶連菌感染症は、誰もが一度は耳にしたことがある病気です。
しかし、その詳細についてはあまり知られていません。

では、溶連菌感染症の原因は何なのでしょうか?
また、どのようにして感染するのでしょうか?

  • 溶連菌感染症の基礎知識
  • 溶連菌感染症の治療法
  • 溶連菌感染症の予防方法

この章では、これらの疑問について詳しく解説します。ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症は、特定の細菌によって引き起こされる感染症であり、特に冬の季節や子供たちの間での感染が多く報告されています。
この感染症は、一度感染すると再発のリスクがあるため、正確な知識と対策が求められます。

溶連菌感染症の定義

溶連菌感染症は、A群β溶血連鎖球菌という細菌によって引き起こされる感染症であり、主にのどや皮膚を中心に感染します。

感染の主な経路は、飛沫感染や接触感染であり、特に冬の季節に流行することが知られています。
この感染症は、子供たちの間で特に感染が広がりやすく、一度感染すると再発のリスクがあるため、早期の発見と適切な治療が重要です。

溶連菌感染症の種類

溶連菌感染症にはいくつかの種類があり、その中でも最も一般的なのは、のどの痛みや発熱を伴うものです。

また、猩紅熱という症状を伴うタイプもあり、この場合、体や手足に発疹が現れることが特徴的です。

さらに、劇症型溶連菌感染症という重篤な病型も存在し、これは急激に症状が進行し、重大な合併症を引き起こすことが知られています。
どのタイプの溶連菌感染症も、早期の発見と適切な治療が必要です。

溶連菌感染症について、以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事

溶連菌感染症は、特に学童期の子供たちに多く見られる感染症ですが、大人も感染する可能性があります。また、溶連菌感染症は感染力が強い感染症のため、特に、子供がいる家庭や学校、保育園では、一人が感染するとその影響が大きいです。そんな溶[…]

スポンサーリンク

溶連菌感染症の一般的な症状

溶連菌感染症は、特定の細菌によって引き起こされる感染症で、特に子供たちに多く見られます。しかし、大人も感染する可能性があります。

一般的な症状

溶連菌感染症の一般的な症状は、

  • 全身の倦怠感
  • 38℃以上の発熱
  • のどの痛み

などです。

特に、唾を飲み込むときにのどが痛むことがあります。

また、のどや扁桃腺が腫れて、口の中に白い部分が見られることもあります。

これらの症状は風邪と非常に似ていますが、溶連菌感染症の特徴としては、咳やくしゃみがほとんど出ないことや、鼻水や鼻詰まり等の症状があまりないことが挙げられます。

症状の順番

溶連菌感染症は感染してからだいたい2〜5日ほどで症状が出始めます。
初期の段階では風邪と間違えやすい症状が多いため、注意が必要です。

次に、発熱やのどの痛みなどが突然始まります。
抗菌薬を飲み始めて2〜3日ほどで熱が下がり、喉のどの痛みも和らぎます。

しかし、確実に溶連菌を退治するためには、症状が消えても抗菌薬を飲み続けることが大切です。

溶連菌感染症の原因となる細菌

溶連菌感染症は、特定の細菌によって引き起こされる感染症です。
この章では、その主な細菌とその特性について詳しく説明します。

原因となる細菌

溶連菌感染症は、「溶連菌」という種類の細菌が感染することで発生します。

溶連菌には多様な種類がありますが、その中でも「A群溶血性連鎖球菌」という種類が原因となったものを一般的に「溶連菌感染症」と呼んでいます。

このA群溶血性連鎖球菌は、咽頭炎を引き起こす主な細菌であり、特に6~15歳の児童に多く見られます

しかし、最近では成人でも感染が見られます。

細菌の感染経路

細菌は、人から人への感染経路を通じて伝播します。

感染経路には、

  • 長時間空中を浮遊する飛沫核が気流により広がって伝播される空気感染
  • 咳やくしゃみ、会話などで飛沫を通じて伝播される飛沫感染
  • 直接接触もしくは間接接触によって伝播する接触感染

この3つがあります。

感染経路は主に飛沫感染で、咳やくしゃみ、会話などで飛沫を通じて伝播されます。

また、直接接触もしくは間接接触によっても伝播する可能性があります。

これらの感染経路は、学校や保育園などの集団生活を送る子供たちにとって、避けて通れない問題となっています。
そのため、溶連菌感染症の予防と早期発見が重要となります。

AGA

大人が溶連菌感染症になる原因

溶連菌感染症は、子供だけでなく大人も感染する可能性があります。

しかし、大人が感染するリスク要因は何でしょうか?また、その予防策はどのようなものがあるのでしょうか?
これらの疑問について詳しく解説します。

大人が感染するリスク要因

溶連菌感染症は、一般的に子供に多く見られる感染症ですが、大人でも感染する可能性は十分あります。
特に、免疫力が低下している人(高齢者、糖尿病のある人、がんを抱えている人、過労で疲れている人など)は感染リスクが高まります。

また、家庭内で子供から感染する可能性も高いとされています。

大人の場合の予防策

溶連菌感染症の予防策として最も重要なことは、

  • 手洗い
  • うがい
  • マスクの着用

この3つです。

これらは飛沫感染を防ぐための基本的な対策であり、日常生活で実践することが推奨されています。

また、家族間での感染を防ぐためには、タオルや食器などの共有を避けることも重要です。
さらに、ストレスや過労、睡眠不足などで免疫力が低下している場合は、通常よりも感染しやすいため注意が必要です。

溶連菌感染症は抗生剤によって治療されます。
抗生剤は溶連菌を退治するために重要な薬であり、処方された抗生剤はしっかりと飲み切ることが推奨されています。
これにより再発や合併症のリスクを防げます。

健達ねっとECサイト

子供が溶連菌感染症になる原因

溶連菌感染症は、子供たちにとって一般的な感染症の一つです。
この章では、子供が溶連菌感染症になる可能性を高めるリスク要因と、その予防策について詳しく説明します。

子供が感染するリスク要因

溶連菌感染症は、主にのどに感染する細菌であり、その結果、強いのどの痛みや高熱などの症状が現れます。

この感染症は、特に3歳から15歳頃の子供たちに多く見られます。

また、扁桃腺が弱い子供は比較的感染しやすいとされています。

感染は主に飛沫感染や接触感染により広がります。
具体的には、患者の咳やくしゃみ、皮膚への接触により感染します。

また、家族間での感染率は20~60%もあるとされており、子供が学校や保育園などの集団生活を送っている場合、感染リスクはさらに高まります。

子供の場合の予防策

溶連菌感染症の予防策として最も重要なのは、手洗いとうがいです。
これらは基本的な衛生習慣であり、多くの感染症を防げます。

また、子供が溶連菌感染症と診断された場合、マスクをして飛沫を防ぐことも重要です。

さらに、免疫力が下がっている時期や体調が悪い時期は特に注意が必要です。
規則正しい生活やバランスの良い食事、十分な睡眠などを心掛けることで免疫力を高められます。

また、家族間での感染を防ぐためには、食器やタオルは共用せず、できるだけ濃厚接触を避けるようにしましょう。
これらの予防策を実行することで、子供たちが溶連菌感染症に罹患するリスクを大幅に減らすことが可能です。

感染症のリスクを最小限に抑えるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

感染症予防について感染症は、私たちの日常生活や社会活動に深刻な影響を及ぼす可能性があります。その影響を最小限に抑えるためには、感染症の予防が不可欠です。しかし、具体的にどのような予防方法があるのか分からない場合は対応が難しいです[…]

薬の使い方

喉の問題と溶連菌感染症の関連性

のどの問題と溶連菌感染症がどのように関連しているかを理解するためには、まず溶連菌感染症についての基本的な知識が必要です。
その関連性と、喉の問題から溶連菌感染症を予防するための具体的な方法や対策について詳しく説明します。

喉の問題と溶連菌感染症の関係

溶連菌感染症は、「溶連菌」という種類の細菌が感染することで、主にのどの痛み、発熱、首のリンパ節の腫れなどを引き起こす病気です。

この細菌は主に上気道、特に鼻粘膜、咽頭粘膜、扁桃腺などに感染します。
そのため、のどの問題と溶連菌感染症は密接に関連しています。

溶連菌はウイルスではなく細菌感染であり、特に子どもののどの痛みに関しては、原因が溶連菌による感染の割合が多いことがわかっています。

また、大人も感染しやすく、特にストレスや過労、睡眠不足などで体力が低下していると感染リスクが高くなります。

のどの問題から溶連菌感染症を予防する方法

適切な抗生物質を服用すれば、24時間で感染力がなくなると言われています。
しかし、抗生物質は医師から処方されるものであり、自己判断で服用を中止したりすると再発したり別の病気を引き起こしたりする可能性があるため、必ず医師の指示通りに服用しましょう。

そして規則正しい生活を心がけることも大切です。
これらの予防策を実践することで、のどの問題から溶連菌感染症を効果的に予防できます。

抗生物質以外の予防方法としては、溶連菌感染症は飛沫感染と接触感染でうつっていくため、以下のような予防策が有効です。

マスクを着用する

家族の中で誰か一人が感染したら、家の中でもマスクをして過ごしましょう。

手洗い・うがいを心がける

これらは基本的な予防策ですが、非常に効果的です。

共有物を避ける

コップや食器などの使いまわしは避けましょう。

消毒をする

ドアノブやスイッチなど人が触れやすい場所はアルコール消毒をすると良いでしょう。

リウマチ熱と溶連菌感染症の関連性

リウマチ熱と溶連菌感染症の関連性について詳しく見ていきましょう。
これら二つの病気は、一見無関係に見えるかもしれませんが、実は密接な関係があります。

リウマチ熱と溶連菌感染症の関係

リウマチ熱は、A群溶血性レンサ球菌(通称:溶連菌)感染後の免疫反応によって起こる炎症性の合併症です。
この感染症は一般的には咽頭扁桃炎、すなわち風邪のような症状を引き起こします。

溶連菌に感染した人のごく一部しかリウマチ熱を発症しないため、発症しやすい体質があるとされています。
溶連菌感染を起こしてからリウマチ熱発症までの期間は2〜3週間のことが多いですが、数カ月のこともあります。

リウマチ熱から溶連菌感染症を予防する方法

リウマチ熱から溶連菌感染症を予防するための具体的な方法や対策について説明します。
リウマチ熱を発症した子どもは、その後も溶連菌感染症にかかりやすいため、再発予防が重要です。

家族間での感染率が20〜60%ほどと言われており、大人の場合は家庭内で子供から感染する可能性が高いと言われています。

家族や会社などの周囲に罹患した人が出たら、まずはマスクをして飛沫感染を防ぎましょう。

その他にも、手洗い・うがいの徹底、共有部分の定期的な洗浄・消毒を心がけてください。
家族間では、タオルや食器などの共有も避けましょう。

また、抗生剤の投与治療は即効性があり有効な感染症ですので、疑わしい症状が見られたらすぐに医療機関を受診しましょう。
周囲への二次感染や合併症のリスクを防げます。

スポンサーリンク

溶連菌感染症の治療方法

溶連菌感染症は、特に子供に多く見られる感染症で、のどの痛みや発熱などの症状が特徴的です。
この章では、溶連菌感染症の一般的な治療法と自宅でのケアについて詳しく解説します。

溶連菌感染症の一般的な治療法

溶連菌感染症の治療は、主に抗生物質の服用が中心となります。

特にペニシリン系の抗生物質(例えばサワシリンなど)が有効で、通常10日間ほどの継続使用によって多くの場合、高い治療効果が得られます。
しかし、ペニシリン系抗生物質にアレルギーがある場合は、マクロライド系抗生物質を使用することもあります。

また、溶連菌感染症は怖い合併症を引き起こす可能性があるため、抗生物質は医師の指示通りの期間しっかりと服用することが重要です。
さらに、体力に問題がない場合は、発熱に対しては解熱剤を使わずに自然に下がるまで水分補給をしながら安静にすることが基本です。

溶連菌感染症の自宅でのケア

自宅でのケアとしては、まず手洗いやうがいを徹底し、飛沫感染を防ぐことが重要です。

また、溶連菌感染症は子供に多いため、子供が感染した場合はマスクを着用させることも効果的です。

さらに、在宅ケアなどで使用したもの(歯ブラシや食器類など)や衣類・シーツなどは洗浄と乾燥で十分です。
ただし、血液や体液で汚染された場合や感染症が疑われる場合には有効な消毒剤を使用します。

以上のような自宅でのケアを行うことで、溶連菌感染症から早く回復し、他人への感染を防ぐことが可能です。
しかし、自己判断で治療を行うのではなく、必ず医師の指導を受けて行うようにしましょう。

スポンサーリンク

溶連菌感染症を予防するための対策

溶連菌感染症は、特に小さな子供たちにとって一般的な感染症であり、大人も感染する可能性があります。
この章では、日常生活で可能な予防策と医学的な観点からの予防策について詳しく説明します。

溶連菌感染症を予防するための生活上の対策

溶連菌は飛沫感染と接触感染でうつっていくため、家族の中で誰かひとりが感染したら、家の中でもマスクをして過ごしましょう。
コップや食器などの使いまわしは避け、手洗い・うがいを心がけてください。

特に、兄弟姉妹がいる場合はなるべく接触を避け、ドアノブやスイッチなどの人が触れやすい場所はアルコール消毒をするのがおすすめです。

また、溶連菌の感染力は、適切な抗菌薬を服用してから24時間でなくなると言われています。
しかし、ストレスや過労、睡眠不足などで体力が低下していると感染リスクが高くなります。

規則正しい生活を心がけるとともに、身近に感染者が出たら手洗い・うがい・マスク着用で予防につとめましょう。

溶連菌感染症を予防するための医学的な対策

医学的な観点から見ると、溶連菌感染症の予防には早期発見と適切な治療が重要です。
溶連菌に感染していることがわかったら、発熱やのどの痛みを和らげる薬と抗生物質が処方されます。

適切な抗生物質を服用すれば、24時間で感染力がなくなると言われており、2〜3日で熱は下がり、痛みも消えます。

ただし、合併症を引き起こさないためには、症状が落ち着いても薬を全部飲み切ることが欠かせません。
自己判断で薬をやめることなく、きちんと飲み切りましょう。

また、近年では抗生物質が効きにくい菌も出てきているので、2〜3日経過しても症状が改善しない場合は再度受診してください。
溶連菌はのどの痛みを伴うため、飲み込むことが困難になる場合があります。
のどごしの良いお粥やゼリーなどを摂取し、辛いものや酸っぱいものといった刺激の強い食べ物は避けましょう。

これらの対策を講じることで、溶連菌感染症の予防と早期治療が可能となります。

溶連菌感染症の症状に気が付いたら、どのように対処すればいいのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

溶連菌感染症は、子供から大人まで幅広い年齢層に影響を及ぼす一般的な感染症です。この感染症は、喉の痛みや発熱などの一般的な症状から、皮膚の発疹や舌の変化など、さまざまな症状を引き起こすことがあります。では、溶連菌感染症の具体的な症状は何[…]

スポンサーリンク

溶連菌感染症の原因まとめ

ここまで溶連菌感染症の原因についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 溶連菌感染症の基礎知識
  • 溶連菌感染症の治療法
  • 溶連菌感染症の予防方法

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク