ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>体の不調>溶連菌感染症の症状に気付いたら?対処法と予防方法

溶連菌感染症の症状に気付いたら?対処法と予防方法

溶連菌感染症は、子供から大人まで幅広い年齢層に影響を及ぼす一般的な感染症です。
この感染症は、喉の痛みや発熱などの一般的な症状から、皮膚の発疹や舌の変化など、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

では、溶連菌感染症の具体的な症状は何でしょうか?
また、これらの症状はどのように進行し、どのように対処すべきでしょうか?

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 溶連菌感染症の症状
  • 咳やくしゃみとの関係
  • 溶連菌感染症の治療

ぜひ最後までお読みいただき、自身や家族の健康管理に役立ててください。

スポンサーリンク

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症は、主に喉や皮膚に影響を及ぼす感染症で、特に子供たちに多く見られます。
しかし、大人も感染する可能性があります

以下では、溶連菌感染症の定義と感染経路、原因について詳しく説明します。

溶連菌感染症の定義  

溶連菌感染症は、レンサ球菌属の一種である溶血性連鎖球菌(通常は化膿レンサ球菌またはA群レンサ球菌を指す)によって引き起こされる感染症です。

この細菌は、健康な人の鼻や喉などにも存在しますが、呼吸器や皮膚から体内に侵入すると、さまざまな疾患を引き起こします
主な症状としては、喉の痛みや発熱、リンパ節の腫れなどがあります。

また、舌に赤い斑点が出たり、全身に発疹が出たりすることもあります。

溶連菌感染症の感染経路と原因

溶連菌感染症の主な感染経路は、「飛沫感染」と「接触感染」です。

飛沫感染は、感染者の咳やくしゃみから飛び散った細菌を他の人が吸い込むことで起こります。

一方、接触感染は、感染者と物を共有することで生じます。
例えば、感染者が触ったドアノブやタオルなどを介して手に細菌が付着し、その手で口や鼻などの粘膜に触れると感染します。

これらの細菌が体内に侵入し、2~5日間の潜伏期間を経て発症します。

溶連菌感染症の原因について、以下の記事でさらに詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事

毎年、多くの子供たちが溶連菌感染症に罹患します。これは、学校や保育園などの集団生活を送る子供たちにとって、避けて通れない問題となっています。溶連菌感染症は、誰もが一度は耳にしたことがある病気です。しかし、その詳細についてはあ[…]

スポンサーリンク

溶連菌感染症の一般的な症状

溶連菌感染症は、溶血性連鎖球菌という細菌によって引き起こされる感染症で、主に喉の痛み、発熱、首のリンパ節の腫れなどが主な症状として現れます。

溶連菌感染症の一般的な症状

溶連菌感染症の一般的な症状としては、発熱、喉の痛み、全身の倦怠感が挙げられます。
これらの症状は風邪と非常に似ていますが、溶連菌感染症の特徴としては、咳が出ないことや、発熱が38℃以上と高いこと、リンパ節の腫れなどがあります。

また、嘔吐や下痢も見られることがあります。

溶連菌感染症の症状の順番

溶連菌感染症の潜伏期間は2~5日程度であり、突然の発熱や喉の痛みから始まります
その後、全身倦怠感や嘔吐を伴うこともあります。
また、体や手足に小さくて赤い発疹が出たり、舌に赤いブツブツ(イチゴ舌)ができたりすることもあります。

これらの初期症状は風邪によく似ていますが、溶連菌感染症は細菌感染であるため、抗生物質による治療が必要です。

溶連菌感染症について、以下の記事でも詳しく解説していますので、さらに気になる方はぜひご覧ください。

関連記事

溶連菌感染症は、特に学童期の子供たちに多く見られる感染症ですが、大人も感染する可能性があります。また、溶連菌感染症は感染力が強い感染症のため、特に、子供がいる家庭や学校、保育園では、一人が感染するとその影響が大きいです。そんな溶[…]

大人の溶連菌感染症の症状

溶連菌感染症は、特定の細菌によって引き起こされる感染症で、一般的には風邪と似た症状を示します。
しかし、その特性と進行にはいくつかの特徴があります。

大人の溶連菌感染症の一般的な症状

溶連菌感染症の一般的な症状は、全身の倦怠感、38℃以上の発熱、唾を飲み込むと喉が痛い、喉や扁桃腺が腫れ、口の中に白い部分が見られることです。

これらの症状は風邪やインフルエンザと非常に似ていますが、溶連菌感染症の特徴としては、咳や鼻水の症状が少ない点が挙げられます。
また、腰、肘、膝、足など比較的大きい関節の痛みや腫れも見られることがあります。

大人の溶連菌感染症の症状の順番

溶連菌感染症は感染してからだいたい2~5日ほどで症状が出始めます。
初期の段階では風邪と間違えやすい症状が多いため注意が必要です。

発熱や喉の痛みなどが突然現れ、抗菌薬を飲み始めて2~3日ほどでこれらの症状は和らぎます。
しかし、確実に溶連菌を退治するためには、これらの主な症状が消えても抗菌薬を飲み続けることが大切です。

このように溶連菌感染症の進行は急速であるため、早期の診断と適切な治療が重要となります。

スポンサーリンク

子供の溶連菌感染症の症状

溶連菌感染症は、子供にとって一般的な感染症であり、特に幼児期と学童期に多く見られます。
この感染症は、特定の細菌である溶連菌によって引き起こされ、その症状は風邪によく似ています。

しかし、その特徴的な症状を理解することで、早期に対処し、適切な治療を受けることが可能となります。

子供の溶連菌感染症の一般的な症状

子供が溶連菌感染症に罹患した場合、最も一般的な初期症状は発熱と喉の痛みです。
これらの症状は風邪と非常に似ているため、気を付けていても見逃すことがあります。

しかし、溶連菌感染症は風邪とは異なり、体や手足に細かい発疹(ほっしん)が現れることがあります
また、口の中の粘膜や舌が赤く充血することもあります。

これらの発疹は消失してから指の先などの皮膚がむけるのが特徴です。

気付けない可能性のある子供の溶連菌感染症の初期症状

親が気づかず放置してしまう可能性のある子供の溶連菌感染症の初期症状について説明します。

観察すべきポイントは以下のような兆候です。

体温の変化喉の痛み
扁桃の肥大顔色の悪化
発疹頭痛
関節痛体のだるさ
おしっこの量、色の変化食欲の減退

これら全てが現れるわけではありませんが、これらの一部でも現れた場合は医師に相談することをお勧めします。

健達ねっとECサイト

皮膚に現れる溶連菌感染症の症状

溶連菌感染症は、主に喉頭炎や扁桃炎といった症状を引き起こしますが、皮膚にも特徴的な変化をもたらすことがあります。

溶連菌感染症による皮膚の変化は、赤い小さな発疹が顔や体に現れることが一般的です。
これらの発疹は全身に広がり、約5〜6日間で消えていきます

また、舌の表面に赤いぶつぶつができたり(苺舌)、手足や首や胸に広がる紅斑(皮膚が赤く変色すること)が見られることもあります。

薬の使い方

咳やくしゃみと溶連菌感染症

溶連菌感染症は、咳やくしゃみなどの日常的な行動を通じて他人に感染する可能性があります。
この章では、咳やくしゃみが溶連菌感染症の初期段階である可能性と、その関連性について詳しく説明します。

咳やくしゃみが示す溶連菌感染症の可能性

咳やくしゃみは、風邪やアレルギーなど、さまざまな健康問題の一般的な症状です。

しかし、これらの症状が出るとき、それは溶連菌感染症の初期段階である可能性を示しているかもしれません。

溶連菌は空気中を浮遊しており、が集まり換気が不十分な場所に多く存在します。
そのため、換気が不十分になりがちな冬から春にかけて、保育園・幼稚園、学校、職場、家庭で感染・発症しやすくなります。
咳やくしゃみをすることで飛沫が飛び散り、それを他の人が吸い込むことで感染します。

咳やくしゃみと溶連菌感染症の関連性

咳やくしゃみは、溶連菌感染症の主要な感染経路である飛沫感染を引き起こす重要な要素です。
これらの行動を通じて飛沫が飛び散り、それを他の人が吸い込むことで感染します。

また、溶連菌感染症は日常生活の中で出る咳やくしゃみ、唾液などが他の人の口や鼻に到達することで感染します。
このように、咳やくしゃみは溶連菌感染症の伝播に直接関与しています。

しかし、咳やくしゃみだけで溶連菌感染症を診断することは難しく、他の症状(例えば発熱や喉の痛み)や医師による診察も必要です。

また、咳やくしゃみが出ても必ずしも溶連菌感染症を意味するわけではありません。
風邪やインフルエンザなど他の呼吸器系の疾患も同様の症状を引き起こす可能性があります。

新生児と溶連菌感染症

新生児が溶連菌感染症になった場合、その特徴的な症状や対処法は何でしょうか。
以下では、新生児が溶連菌感染症になった場合の特徴的な症状とその対処法について詳しく解説します。

新生児に見られる溶連菌感染症の症状

新生児が溶連菌感染症になった場合、その特徴的な症状は何でしょうか。

溶連菌感染症は、主に発熱や喉の痛みを引き起こす感染症です。
また、全身に発疹が出たり、舌が赤くなったりすることもあります。

しかし、新生児の場合、具体的な症状は必ずしも明確でないことがあります。

例えば、

  • 気分が悪い
  • 尿が出ない
  • ぐずって泣いてばかりいる
  • 母乳の飲みが悪い
  • 離乳食を欲しがらない
  • 眠りが浅くて泣いて起きる
  • 元気がなくてぐったりしている

これらの一般的な不調のサインを示すことがあります。

新生児の溶連菌感染症の対処法

新生児が溶連菌感染症になった場合、その対処法や予防策は何でしょうか。
最初に重要なことは、早期に医師の診断を受けることです。

溶連菌感染症は抗生物質を使用して治療されます。

抗生物質は通常10日間服用され、その後の尿検査で腎臓の合併症の有無を調べます。

また、家庭でのケアとしては、安静に過ごすことが大切です。喉の痛みが強い場合は刺激の強い食事を避けることも重要です。
ゼリーやヨーグルト、プリン、冷ましたスープやうどんなど、喉ごしの良く消化の良い食事を心掛けましょう。

食事を摂ることが難しい場合でも水分だけはしっかり補給することを忘れないようにします。

スポンサーリンク

頭痛と舌の変化と溶連菌感染症

フォトフェイシャルと東京まとめ

溶連菌感染症は、特に子供たちの間でよく見られる感染症の一つです。
この感染症は、さまざまな症状を引き起こすことが知られていますが、その中でも頭痛や舌の変化は初期段階の兆候として注目されています。

以下では、これらの症状が溶連菌感染症の初期段階を示す可能性について詳しく解説します。

頭痛が示す溶連菌感染症の可能性

頭痛は多くの疾患や状態での共通の症状であり、それだけで溶連菌感染症を診断するのは難しいです。

しかし、頭痛が溶連菌感染症の初期段階である可能性を示す証拠や理由がいくつか存在します。
特に、高熱とともに頭痛が現れる場合、溶連菌感染症の可能性が高まります。

また、咽頭痛や舌の変化と合わせて頭痛が現れる場合も、この感染症の初期症状として考えられます。

舌の変化が示す溶連菌感染症の可能性

舌の変化、特に「苺舌」と呼ばれる症状は、溶連菌感染症の典型的な症状の一つです。

しかし、すべての患者がこの症状を示すわけではありません。
実際、半数近くの患者では苺舌が認められないことがあるとされています。

舌の変化を伴う場合、特に他の症状(咽頭痛や頭痛)と合わせて現れる場合は、溶連菌感染症の初期段階である可能性が高まります。

スポンサーリンク

溶連菌感染症の診断と治療

溶連菌感染症は、特に子供に多い感染症で、発熱や喉の痛みなどの症状が見られます。
以下では、溶連菌感染症を診断するための一般的な方法や検査、そして治療するための一般的な方法や薬について詳しく説明します。

溶連菌感染症の診断方法

溶連菌感染症を診断するためには、主に迅速診断キットと培養検査が用いられます。

迅速診断キットでは、綿棒などで喉の奥をこすって採取した咽頭をぬぐい液中に溶連菌がいるかどうかを調べます。
この方法は結果が5分ほどで出るため、病院でよく使用されています。

一方、培養検査では、同じく綿棒で採取した喉の粘膜を培養して、溶連菌などの細菌の有無を調べます。

この方法は迅速診断キットより精度が高く、より正確な検査を行えますが、結果が出るまでに数日~1週間ほどかかります。

溶連菌感染症の治療法

溶連菌感染症の治療は主に抗生物質の服用が基本となります。
特にペニシリン系の抗生物質(例えばサワシリンなど)が有効です。
抗生物質を服用することで、溶連菌の感染力は24時間ほどでほとんどなくなります。

ただ、合併症を予防するために10日~2週間程度は持続して抗生物質を服用する必要があります。

また、体力に問題の無い方はあえて解熱剤を使わず、熱が自然に下がるまで水分補給をしながら安静にすることも推奨されています。

感染リスクを最小限に抑えるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

感染症予防について感染症は、私たちの日常生活や社会活動に深刻な影響を及ぼす可能性があります。その影響を最小限に抑えるためには、感染症の予防が不可欠です。しかし、具体的にどのような予防方法があるのか分からない場合は対応が難しいです[…]

スポンサーリンク

溶連菌感染症の症状まとめ

ここまで溶連菌感染症の症状についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 溶連菌感染症の症状としては、主に発熱、喉の痛み、全身倦怠感が挙げられる
  • 咳やくしゃみは溶連菌感染症の初期段階である可能性があり、また、咳やくしゃみなどが溶連菌感染症の感染経路となる
  • 溶連菌感染症の治療は、主に抗生物質の服用が基本となり、服用後、溶連菌の感染力は24時間ほどでほとんどなくなる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク