ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>サプリメント>高血圧薬の飲み合わせは大丈夫?安全に利用するためのススメ

高血圧薬の飲み合わせは大丈夫?安全に利用するためのススメ

高血圧は、心臓病や脳卒中などのリスクを高める一方で、適切な治療により管理可能な状態です。
その一部として、高血圧薬の服用があります。

しかし、ただ薬を飲むだけではなく、その方法や注意点について理解することが重要です。

では、どのような高血圧薬があるのでしょうか?
また、それらをどのように選び、どのように服用すべきなのでしょうか?

そこで、本記事では、以下の項目を中心に解説します。

  • 高血圧の原因
  • 高血圧の薬の扱い方
  • 日常生活を送るポイント

ぜひ最後までお読みいただき、自身の健康管理に役立ててください。

スポンサーリンク

高血圧とは

フォトフェイシャルを受けるメリット

高血圧は、日本人の生活習慣病の中でも特に重要な位置を占めています。
その定義、症状、そしてリスクについて詳しく解説します。

高血圧の定義

高血圧とは、血液が動脈を流れる際に血管の内側にかかる圧力が正常範囲を超えて高く維持されている状態を指します。

具体的には、診察室での収縮期血圧(最大血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧(最小血圧)が90mmHg以上の場合を高血圧と診断します。
自宅で測る家庭血圧の場合は、診察室よりも低い基準が用いられます。

高血圧の症状

高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いですが、その影響は身体の様々な部分に及びます。
例えば、高血圧によって脳や首の血管に動脈硬化が生じると、突然の血圧低下が生じてめまいを起こすことがあります。

また、長期間にわたる高血圧は腎臓障害を引き起こす可能性もあります。

高血圧のリスク

高血圧が健康に及ぼすリスクは非常に大きく、

  • 脳の病気(脳梗塞、脳出血)
  • 心臓の病気(狭心症、心筋梗塞)
  • 腎臓の病気(腎硬化症、腎不全)
  • 目の病気(眼底出血)
  • 胸部・腹部の病気(大動脈瘤破裂、大動脈解離)
  • 足の病気(閉塞性動脈硬化症、壊疽)

などを引き起こす可能性があります。
特に日本人にとって最大の生活習慣病リスク要因であり、この要因を解消すると、年間10万人以上の人が死亡せずにすむと推計されています。

出典:厚生労働省「高血圧

以下の記事では、高血圧の症状について、さらに詳しく解説しています。

関連記事

高血圧は日本人の3人に1人が発症する、国民病といっても過言ではない疾患の1つです。血圧が高いと出る症状は何か?なぜそれは私たちの健康にとって重要なのか?これらの疑問は、多くの人々が抱える共通の疑問です。本記事では[…]

スポンサーリンク

高血圧の原因と予防

高血圧は、心臓から送り出された血液が血管の壁を押す力(血圧)が高い状態を指します。
この章では、高血圧の主な原因とその予防策について詳しく解説します。

主な原因

高血圧の主な原因は、生活習慣や遺伝的な要素が深く関係しています。
具体的には、以下のような要素が挙げられます。

塩分の摂り過ぎ

食塩を取り過ぎると血液中の塩分量が高くなり、体が自然と水分をため込みやすくなります。
その結果、体の中の血液量が増えて血圧が上昇します。

肥満

肥満になると、高血圧が発症する確率が2〜3倍高まるといわれています。

過度の飲酒

過度の飲酒は血圧を上昇させてしまうため、高血圧を招く恐れがあります。

ストレス

人間はストレスがたまると交感神経の働きが高まり、心拍数などが上がることで、血圧が上がることもあります。

喫煙

タバコに含まれるニコチンが血管を収させるため、血圧を上げてしまう恐れがあります。

運動不足

運動不足の状態が続くと血圧を調整する機能が低下し、血圧が上がってしまったり、肥満を招いて高血圧の原因になってしまったりすることがあります。

遺伝

血圧が高めになりやすい体質は遺伝すると考えられています。
本態性高血圧症のおよそ60%に遺伝が、残りの40%に生活習慣が関与していると考えられています。

予防策

高血圧を予防するためには、生活習慣を見直すことが重要です。
以下に具体的な予防策を挙げます。

これらの予防策を日常生活に取り入れることで、高血圧のリスクを減らすことが可能です。
また、定期的な健康診断を受けることで、早期に高血圧を発見し、適切な治療を受けることも重要です。

高血圧は自覚症状のない場合も多いため、自身の健康状態に注意を払いましょう。

食事

塩分摂取量を減らすことで改善が期待できます。
また、カリウムやマグネシウム、カルシウムなどの栄養素を積極的に摂取することも大切です。

適度な有酸素運動

軽めのジョギングや水泳など、適度な有酸素運動も高血圧予防につながります。
1日あたり30分以上の運動が目安です。

禁煙

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、禁煙は高血圧予防に有効です。

適度な飲酒

過度の飲酒は血圧を上昇させるため、適度な飲酒を心掛けることが重要です。

ストレスの管理

ストレスがたまると交感神経の働きが高まり、心拍数などが上がることで血圧が上がる可能性があります。
ストレスを溜めない工夫をすることが大切です。

高血圧の原因について、こちらの記事でも解説していますので、さらに詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

関連記事

日本人の3人に1人が高血圧といわれており、国民病といってもいい過ぎではありません。高血圧の原因とされるのは、誰もが思い当たる生活習慣であることがほとんどです。「高血圧ってどうしてなるの?」「血圧が高くなったら、どういうことに気をつけ[…]

疑問

高血圧薬の種類と一覧

高血圧薬の種類と一覧 高血圧は多くの人々が悩む健康問題の一つであり、その治療のための薬も多種多様に存在します。
これらの薬は、それぞれ異なる作用機序を持ち、患者の症状や体質に合わせて選択されます。

高血圧治療薬の主な種類と一覧について詳しく解説します。

薬の主な種類

高血圧治療に用いられる薬は、その作用機序や効果によっていくつかの主な種類に分けられます。
以下は、一般的に使用される高血圧薬の主な種類とその特徴です。

カルシウム拮抗薬

この薬は、血管を収縮させて血圧を上げる原因となるカルシウムの細胞内への取り込みを妨げることで、血圧を下げる効果があるとされます。
代表的な薬には、ノルバスクやアダラートなどがあります。

アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)

体内には、血管を収縮して血圧を上げる物質が存在します。
ARBはその作用を抑えることで、血圧を下げる効果があるとされます。

ブロプレスやディオバンが代表的です。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)

この薬は、血圧を上げる物質の生成を抑制することで、血圧を下げる効果があるとされます。
ロンゲスやレニベースが知られています。

利尿薬

体内の余分な水分を排出することで、血圧を下げる効果があるとされます。
ダイアートやフルイトランが代表的です。

β遮断薬

心臓の拍動を抑えることで、血圧を下げる効果があるとされます。
テノーミンやインデラルがあります。

α遮断薬

血管を拡張することで、血圧を下げる効果があるとされます。
カルデナリンやミニプレスが代表的です。

αβ遮断薬

心臓の拍動を抑え、血管を拡張することで、血圧を下げる効果があるとされます。
ローガンやアーチストが知られています。

薬の一覧表

高血圧治療薬は多岐にわたります。
ジェネリック薬や薬の強さについても考慮しながら、適切な薬を選択することが重要です。

以下は、高血圧治療薬の一部の一覧です。

薬の種類代表的な薬名
カルシウム拮抗薬ノルバスク、アダラート
ARBブロプレス、ディオバン
ACE阻害薬ロンゲス、レニベース
利尿薬ダイアート、フルイトラン
β遮断薬テノーミン、インデラル
α遮断薬カルデナリン、ミニプレス
αβ遮断薬ローガン、アーチスト

この一覧は、高血圧治療薬の一部に過ぎません。
患者の症状や体質に合わせて、医師や薬剤師と相談しながら薬を選択することが重要です。

血圧に関する薬についてはこちらでも解説しています。

関連記事

加齢や生活習慣の乱れなどが原因で「高血圧」になる可能性があります。「薬物療法」は血圧を下げる方法の1つとして知られています。しかし血圧を下げる薬が体内でどのような作用があるのかあまり知られていません。血圧を下げる薬の仕組みは何なので[…]

スポンサーリンク

高血圧薬の服用について

高血圧は、心臓病や脳卒中などのリスクを高める病気であり、適切な治療が必要です。
その一部として、高血圧薬の服用があります。

しかし、ただ薬を飲むだけではなく、その方法や注意点について理解することが重要です。

服用の基本

高血圧薬は通常、1日1回服用することが多いです。

しかし、医師の指示により服用回数や時間が異なる場合もあります。
また、飲み忘れた場合でも、次の服用時間が近い場合は飲み忘れた分は飲まずに、次の服用時間に通常通りの量を飲むことが推奨されています。

また、食事と一緒に飲むことで吸収が良くなる薬もあります。
これらの基本的な情報を理解し、自身の健康管理に役立てましょう。

注意点と医師の指示

高血圧薬の服用には注意点があります。
例えば、柑橘類を同じタイミングで飲むと薬の効果が変わる可能性があるため避けるべきです。

また、自己判断で薬をやめたり、量を変えたりすると危険です。
さらに、副作用があるため、体調に変化があった場合は医師や薬剤師などに相談することが重要です。

これらの注意点を理解するだけでなく、医師の指示を遵守することも非常に重要です。
医師の指示は患者一人ひとりの状態に合わせて最適化されており、それを無視すると健康リスクを増大させる可能性があります。

したがって、医師の指示は必ず守りましょう。

健達ねっとECサイト

高血圧薬の副作用

高血圧は多くの人々に影響を及ぼす病気であり、その治療のためにさまざまな薬が使用されています。

しかし、これらの薬には副作用が伴うことがあり、適切な知識と対処法が求められます。
この章では、高血圧薬の一般的な副作用と、特定の薬に関連する副作用について詳しく解説します。

一般的な副作用

高血圧薬は、血圧を正常化するための効果的とされる治療法として広く使用されていますが、その効果とともに副作用も考慮する必要があります。
一般的な副作用としては、

  • 頭痛
  • めまい
  • 疲れやすさ

などが挙げられます。

これらの症状が現れた場合、まずは医師に相談し、薬の量や種類を調整することが考えられます。

また、副作用の発現は個人差があり、すべての人に同じ症状が現れるわけではありません。
そのため、自身の体調や変化をしっかりと観察し、必要に応じて医療機関での相談を行うことが大切です。

特定の薬の副作用

アムロジピンなどの特定の高血圧薬は、他の薬と比べて特有の副作用を持つことがあります。
例えば、カルシウム拮抗薬であるアムロジピンは、血管を広げる作用がありますが、これにより顔の紅潮やむくみが生じることがあります。

また、ARBやACE阻害薬は、咳の副作用が報告されています。
これらの副作用は、薬の作用機序に関連しているため、他の薬に変更することで症状が改善することが多いです。

特定の薬に関連する副作用については、医師や薬剤師との十分なコミュニケーションをとり、適切な対処を行うことが重要です。

薬の使い方

高血圧薬の副作用が気になる方はサプリメントがおすすめ!

上記でご紹介した通り、血圧を下げる薬には副作用が存在します。
副作用が気になってしまい、薬の服用を躊躇ってしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、血圧を下げるサプリメントです。
以下では、編集部の厳選した、血圧をサポートする成分を含んでいるサプリメントをご紹介します。

サプリメントの服用における主な利点は以下の通りです

  • 副作用の少なさ
  • 飲みやすさ
  • 自然に存在する成分の配合
  • 長期的な使用に適している

高血圧の方におすすめのサプリメント

商品名血圧ケア 30日分
オリーブ&ギャバの恵み
血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)
みやびの血圧×血糖Wケア
食の救世主
1日当たりの摂取目安量2粒2粒1粒2粒1日1~3粒
内容量15g(250mg×60粒)60粒30粒60粒30袋
原材料還元麦芽糖水飴(国内生産)、大麦乳酸発酵ギャ、デンプン、オリーブ葉エキス末(オリーブ葉エキス、デキストリン)、有機田七人参粉末、フランス海岸松樹皮エキス末、紅麹末/結晶セルロース、HPC、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素還元麦芽糖水飴(国内生産)、大麦乳酸発酵ギャ、デンプン、オリーブ葉エキス末(オリーブ葉エキス、デキストリン)、有機田七人参粉末、フランス海岸松樹皮エキス末、紅麹末/結晶セルロース、HPC、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素ヒハツ抽出物(デキストリン,ヒハツエキス),還元麦芽糖水飴,結晶セルロース,カルボキシメチルセルロースカルシウム,微粒酸化ケイ素,ステアリン酸カルシウムバナバ葉エキス(国内製造)、澱粉、GABA含有大麦乳酸発酵エキス末 / 結晶セルロース、ステアリン酸カルシウムイソマルトデキストリン(国内製造)、大麦乳酸発酵液ギャバ
栄養成分エネルギー/2.0kcal
たんぱく質/0.1g
脂質/0.01g
炭水化物/0.3g
食塩/0.0008g
エネルギー/2.0kcal
たんぱく質/0.1g
脂質/0.01g
炭水化物/0.3g
食塩/0.0008g
エネルギー/1.11kcal
たんぱく質/0.002g
脂質/0.002~0.005g
炭水化物/0.27g
食塩相当量/0.00027g
エネルギー/1.96kcal
たんぱく質/0.015g
脂質0.013g
炭水化物/0.45g
食塩相当量/0.00026g
エネルギー/12kcal
たんぱく質/0.013g
脂質/0.0064g
炭水化物/3.0g
食塩相当量:0.00014g
価格定期コース初回980円
(税込)
定期コース初回980円
(税込)
定期コース初回980円
(税込)
定期コース初回2,350円(税込)定期コース初回4,860円
商品詳細商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら

~気になる血圧に~血圧ケア 30日分

~気になる血圧に~血圧ケア 30日分

本品にはGABAが配合されており、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。
そのため血圧が高めの方に適したサプリになっています。

また、特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者長官に届出されたものです。消費者庁届出表示がされているため、安心して服用することができます。

商品名血圧ケア 30日分
1日当たりの摂取目安量2粒
内容量15g(250mg×60粒)
原材料還元麦芽糖、ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物(デキストリン、乳酸菌発酵抽出物)/セルロース、ヒドロキシプロピルセルロー ス、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB2、二酸化ケイ素
栄養成分エネルギー 2kal  たんぱく質 0.02~0.05g  脂質 0.01g
炭水化物 0.43g  食塩相当量 0~0.001g
価格1,958(税込価格)
公式サイトはこちら

オリーブ&ギャバの恵み

このサプリメントは、血圧とコレステロールに対して効果を発揮する機能性関与成分をダブルで摂取することができます。
さらに、紅麹、有機田七人参、フランス海岸松樹皮エキスなど、和漢素材も含まれています。
これらの成分は、伝統的な漢方の知識と現代の科学の結びつきに基づいて選ばれています。
健康維持や血圧、コレステロールの管理に興味がある方に適したサプリです。

商品名オリーブ&ギャバの恵み
1日当たりの摂取目安量2粒
内容量60粒
原材料還元麦芽糖水飴(国内生産)、大麦乳酸発酵ギャ、デンプン、オリーブ葉エキス末(オリーブ葉エキス、デキストリン)、有機田七人参粉末、フランス海岸松樹皮エキス末、紅麹末/結晶セルロース、HPC、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素
栄養成分エネルギー/2.0kcal
たんぱく質/0.1g
脂質/0.01g
炭水化物/0.3g
食塩/0.0008g
価格定期コース初回980円(税込)

血圧が高めの方のタブレット(粒タイプ)

血圧が高めの方のタブレット_サプリメント

このサプリメントは、高めの血圧に働きかけ、正常な血圧を維持するためのサポートを提供するために、ヒハツ由来のピペリンを含んでいます。
サプリメントは小さめのタブレットで、飲みやすく、1日に1粒を摂取することが目安となっています。
また、チャック付きのパウチパッケージを採用しているため、携帯にも便利です。
手軽な血圧の管理に関心のある方に適したサプリメントです。

商品名血圧が高めの方のタブレット
1日当たりの摂取目安量1粒
内容量30粒
原材料ヒハツ抽出物(デキストリン,ヒハツエキス),還元麦芽糖水飴,結晶セルロース,カルボキシメチルセルロースカルシウム,微粒酸化ケイ素,ステアリン酸カルシウム
栄養成分エネルギー/1.11kcal
たんぱく質/0.002g
脂質/0.002~0.005g
炭水化物/0.27g
食塩相当量/0.00027g
価格定期コース初回980円(税込)

みやびの血圧×血糖Wケア

みやびの血圧×血糖Wケア_サプリメント

サプリメントには、GABAとバナバ葉由来のコロソリン酸が含まれています。
GABAは、高血圧の方の血圧を低下させる機能があることが報告されています。
そのため、このサプリメントは血圧が高めの方に適しています。
また、バナバ葉由来のコロソリン酸は、健康な方の空腹時の血糖値を下げる機能があることが報告されています。
そのため、空腹時血糖値が高めの方にも適したサプリメントです。

商品名みやびの血圧×血糖Wケア
1日当たりの摂取目安量2粒
内容量60粒
原材料バナバ葉エキス(国内製造)、澱粉、GABA含有大麦乳酸発酵エキス末 / 結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム
栄養成分エネルギー/1.96kcal
たんぱく質/0.015g
脂質0.013g
炭水化物/0.45g
食塩相当量/0.00026g
価格定期コース初回2,350円(税込)

食の救世主

食の救世主_サプリメント

このサプリメントには、GABAとイソマルトデキストリン(食物繊維)が含まれています。
GABAは、高めの血圧を低下させる機能があることが報告されています。
したがって、このサプリメントは高血圧の方に適しています。
また、イソマルトデキストリン(食物繊維)は、食後の血糖値の上昇や血中中性脂肪の上昇を穏やかにする機能があることが報告されています。
特に、食後に血糖値が上昇しやすい健康な方や、食後の血中中性脂肪が高めの方に適しています。

商品名食の救世主
1日当たりの摂取目安量1日1~3袋
内容量30袋
原材料イソマルトデキストリン(国内製造)、大麦乳酸発酵液ギャバ
栄養成分エネルギー/12kcal
たんぱく質/0.013g
脂質/0.0064g
炭水化物/3.0g
食塩相当量:0.00014g
価格定期コース初回4,860円

以下の記事では、血圧を下げるのに即効的な方法について解説しています。
気になる方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

高血圧は現代人の多くが悩む健康問題の一つとなっています。私たちの身の回りにも、突然の高血圧で悩む友人や家族がいるかもしれません。そんな時、即効性のある方法を知っていると安心できますよね。そこで本記事では以下の項目を中心に解説[…]

高血圧薬と食品の相互作用

高血圧薬は、私たちの生活において重要な役割を果たしています。
しかし、これらの薬は食品と相互作用する可能性があり、その結果、薬の効果が変わることがあります。

特にグレープフルーツ、納豆、そして他の食品と高血圧薬との相互作用について詳しく見ていきましょう。

グレープフルーツとの関係

グレープフルーツは美味しく、栄養価が高いため、多くの人々に愛されています。

しかし、一部の高血圧薬と一緒に摂取すると問題が生じることがあります。
グレープフルーツに含まれる成分が薬物を分解する体内の酵素を阻害し、その結果、薬物の血中濃度が上昇し、副作用のリスクが増加する可能性があります。

具体的には、カルシウム拮抗剤と呼ばれる一部の高血圧薬がこの影響を受けやすいです。

納豆との関係

納豆は日本の伝統的な食品であり、健康に多くの利点があります。

しかし、ワルファリンなどの特定の薬物を服用している人々にとっては注意が必要です。
納豆はビタミンKを豊富に含んでおり、ワルファリンはビタミンKの働きを抑えることで血液を固まりにくくします。

したがって、納豆を摂取するとワルファリンの効果を弱める可能性があります。

他の食品との相互作用

高血圧薬と他の食品との相互作用も考慮する必要があります。

例えば、一部の高血圧薬はグレープフルーツだけでなく他の柑橘類や特定の健康食品とも相互作用する可能性があります。
これらの食品を摂取することで薬物の効果や副作用が変わる可能性があるため、医師や薬剤師に確認することが重要です。

高血圧中の食事について興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

「高血圧といわれたらどんな食事をとったら良いの?」「高血圧だとなぜ塩分に気をつけなければならないの?」高血圧は日本人の3人に1人が診断されている、もはや国民病といっても過言ではない疾患の1つになっています。今回は高血圧につい[…]

スポンサーリンク

市販の高血圧薬について

高血圧は、心臓病や脳卒中などのリスクを高めるため、適切な管理が必要です。
市販の高血圧薬は、医師の診断を受けずに手軽に購入できるため、高血圧の管理に役立ちます。

しかし、その種類は多岐にわたり、どれを選べばよいか迷うこともあるでしょう。
この章では、市販の高血圧薬の種類とその選び方について詳しく解説します。

市販薬の種類

市販されている高血圧薬は主に以下の種類があります。

カルシウム拮抗薬

血管を収縮させて血圧を上げるカルシウムの細胞内への取り込みを妨げることで、血管を拡げ、血圧を下げます。
代表的な製品にはノルバスク、アダラート、ヘルベッサー、コニールなどがあります。

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)

体内に存在する血管を収縮させて血圧を上げる物質の作用を抑えることで、血管を拡げ、血圧を下げます。
代表的な製品にはブロプレス、ディオバン、ミカルディス、ニューロタン、オルメテックなどがあります。

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)

体内に存在する血管を収縮させて血圧を上げる物質が作られるのを妨げることで、血管を拡げ、血圧を下げます。
代表的な製品にはロンゲス、レニベースなどがあります。

利尿薬

尿の量を増やすことで体内の余分な水分を排出し、体内の血液量を減らすことで血圧を下げます。
代表的な製品にはダイアート、フルイトラン、アルダクトンA、ミネブロなどがあります。

選び方のポイント

市販の高血圧薬は手軽に購入できますが、その効果は個々の体質や症状によります。

したがって、自身の体調やライフスタイルに適した薬を選ぶことが重要です。

また、市販の高血圧薬は一時的な対策であり、根本的な解決策ではありません。
生活習慣の改善や定期的な医療チェックアップも忘れずに行いましょう。

市販の高血圧薬を選ぶ際は、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

自身の症状を理解する

高血圧の原因や程度、他の健康状態(例えば、心臓病や腎臓病があるかどうか)によって、適切な薬が異なります。
自身の症状を理解し、それに最適な薬を選びましょう。

副作用を確認する

全ての薬には副作用の可能性があります。
可能な副作用を理解し、自身の体調やライフスタイルに影響を与える可能性があるかどうかを考慮しましょう。

医師や薬剤師と相談する

自身の症状や健康状態について医師や薬剤師と相談することは非常に重要です。
彼らは専門的な知識を持っており、最適な薬を選ぶためのアドバイスを提供できます。

スポンサーリンク

高血圧と頭痛薬の併用

高血圧は、心臓から流れる血液が血管に与える圧力が通常よりも高い状態を指します。

一方、頭痛薬は、頭痛の症状を和らげるために使用されます。

しかし、これら二つの薬を併用する際には注意が必要です。
なぜなら、一部の頭痛薬は高血圧を悪化させる可能性があるからです。

併用時の注意点

高血圧患者が頭痛薬を併用する際には、特定の薬が血圧を上昇させる可能性があるため注意が必要です。
例えば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、腎臓の血流を低下させて塩分や水分が再吸収され、循環血液量が増えることにより血圧を上昇させる可能性があります。

また、一部の片頭痛治療薬は動脈を収縮する作用により血圧を上昇させる可能性があります。
したがって、高血圧患者が頭痛薬を使用する際には医師の指導を受けることが重要です。

安全な併用方法

高血圧患者が頭痛薬と高血圧薬を安全に併用するためには、まず医師と相談することが重要です。
医師は患者の健康状態や既存の医薬品使用状況を考慮して、最適な治療計画を提案します。

また、医師は特定の医薬品組み合わせのリスクを評価し、それに基づいて適切な指導を行います。

例えば、カルシウム拮抗剤と利尿剤の組み合わせは高齢者に処方されやすい組み合わせであり、ARB/ACE阻害薬と利尿剤の組み合わせは心不全傾向にある場合に有効であるとされています。

したがって、医師の指導に従い、適切な医薬品使用法を守ることで、高血圧患者は頭痛薬と高血圧薬を併用できます。

スポンサーリンク

高血圧患者の日常生活のポイント

高血圧は、生活習慣病の一つであり、食事や運動、ストレス管理などの日常生活の改善が重要です。

高血圧患者が日常生活で心掛けるべきポイントについて詳しく解説します。

食事と運動のアドバイス

高血圧患者にとって、食事と運動は血圧管理の基本的な要素です。
適切な食事と運動習慣を身につけることで、血圧を自然に下げることが可能です。

食事のアドバイス

食事は、高血圧管理における重要な要素です。
特に、塩分の摂取量を制限することが推奨されています。

1日あたり6g未満の塩分摂取が理想的です。

また、野菜や果物を積極的に摂取し、飽和脂肪酸・コレステロールの制限および多価不飽和脂肪酸・低脂肪乳製品の積極的摂取を心掛けましょう。

運動のアドバイス

運動は、高血圧を改善するための有効な手段です。

運動療法として、運動の頻度は定期的に(できれば毎日)実施し、運動量は30分以上、強度は中等度(ややきつい)の有酸素運動が一般的に勧められています。
ウォーキング(速歩)、ステップ運動、スロージョギング、ランニングなどの有酸素運動が推奨されています。

ストレス管理

ストレスは体に悪影響を与え、高血圧の原因の一つとも考えられています。
したがって、高血圧になることを予防するためにもストレスを解消することは非常に重要です。

ストレス解消法は人それぞれ異なりますが、以下にいくつかの方法を紹介します。
これらの方法を試してみて、自分に合ったストレス解消法を見つけてみてください。

そして、日々の生活の中でストレスを溜め込まず、適切に解消することが高血圧管理には重要です。
また、気になることがあれば医療機関を受診することも忘れずに。

リラクゼーション

ヨガや瞑想などのリラクゼーション技法を学ぶことで、ストレスを自然に解消できます。

趣味

好きなことに没頭することでストレスを忘れられます。
読書や映画鑑賞、庭いじりなど何でも良いです。

適度な運動

適度な運動はストレス解消に効果的とされます。
特にウォーキングやジョギングなどの軽い運動は気分転換にもなります。

コミュニケーション

誰かに話を聞いてもらうこともストレス解消に役立ちます。
友人や家族、カウンセラーなど信頼できる人に話すことで気持ちが楽になることもあります。

血圧が高い時の過ごし方についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

血圧が上がった原因を特定するのは難しいです。運動不足や寒さ、便秘、またストレスなど様々な要因で血圧が上がることが報告されています。皆さんは血圧が高いときの過ごし方をどれくらいご存じでしょうか?血圧を抑える方法として「減塩」は[…]

高血圧薬を飲むべきか、飲まないべきか

高血圧は、心臓病や脳卒中などのリスクを増加させる可能性があるため、適切な管理が必要です。

その一方で、高血圧薬の使用には賛否両論が存在します。
この章では、高血圧薬を飲むべき理由と飲まないべき理由について詳しく解説します。

薬を飲むべき理由

高血圧の治療は一生続けることが原則とされています。
その理由は、高血圧の薬が治療薬ではなく予防薬だからです。

高血圧の治療の目的は、血圧の値を下げることではなく、動脈硬化によって起こる脳梗塞や心筋梗塞・腎不全などの病気を予防することです。

また、高血圧治療の目的は、血圧が高いことによって起こる、狭心症や心不全などの心臓病、脳卒中、腎臓の障害を予防し、血圧の高くない人と同じように健康な生活を送っていただけるようにすることです。

薬を飲まないべき理由

一方で、「高血圧を薬なしで治したい」「降圧薬は一生飲むべき?」という疑問を持つ人もいます。

実際に、「高血圧でも薬は飲むな」という意見や「降圧剤は飲むな」という意見も存在します。
これらの意見は、降圧剤が持つ副作用や、自然治癒力・免疫力の低下、耐性が出来てしまう可能性などを指摘しています。

また、降圧剤を使用すると血流が抑制されるため、特に脳への血液供給が減少し、ふらつきや転倒、さらには脳梗塞のリスクが増加する可能性もあります。

しかし、これらの観点は個々の健康状態やライフスタイルによりますので、医師と相談しながら最善の選択をすることが重要です。

血圧の正常値に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

血圧は、文字通り血管壁の圧力のことです。そして、体の健康を知るためのバロメーターになります。健康な状態を示す血圧の正常値とはどのくらいの値を指すのでしょうか。本記事では、血圧正常値について以下の点を中心に解説していきます。[…]

スポンサーリンク

高血圧の薬まとめ

ここまで高血圧の薬についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 高血圧の原因は、主に塩分の摂りすぎや運動不足のような、日常的な不摂生が原因
  • 高血圧の薬の扱い方として、医師に相談したうえで使用すること、食品との相互作用を覚えておくこと、自身に合った薬を選ぶことなど
  • 日常生活を送るポイントとして、塩分摂取量を意識的に減らしたり、運動量を増やすなどが良い

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク