ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>ウォーキング>ダイエット>ウォーキングの効果がすごいといわれる理由!

ウォーキングの効果がすごいといわれる理由!

ウォーキングは、健康維持のために最も手軽な運動の一つとされていますが、その具体的な効果についてはあまり知られていません。

皆さんも一度は、「ウォーキングは健康に良い」という話を聞いたことがあるでしょう。
しかし、その「健康に良い」という部分がどのような効果を指しているのか、具体的には理解していない人も多いのではないでしょうか。

では、ウォーキングが具体的にどのような効果をもたらすのでしょうか?
また、ウォーキングの効果をより引き出すためのコツはあるのでしょうか?

この記事では、ウォーキングの驚くべき効果について以下の点を中心に詳しく解説します。

  • ウォーキングのダイエット効果
  • ウォーキングの健康効果
  • ウォーキングの美容効果
  • ウォーキングの精神的な効果

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ウォーキングのすごい効果①ダイエット効果

ウォーキングは、身体全体を使う運動であり、ダイエットにも効果があるとされています。
特に、ウォーキングは有酸素運動に分類され、脂肪がエネルギーとして使用されるため、体脂肪や内臓脂肪の減少が期待されています。

以下では、ウォーキングのダイエット効果と、ウォーキングで消費できるカロリーについて詳しく解説します。

ウォーキングのダイエット効果

ウォーキングは、気軽に始められる運動の一つであり、ダイエットのためにウォーキングをしようと考えている人も多いでしょう。
ウォーキングは、酸素を取り込みながら体内の糖分や脂肪をエネルギー源に転換します。

運動により身体が温まると血流が良くなり、脂肪燃焼効果が上昇するとされています。
ウォーキングの後も、脂肪を燃焼しやすい状態が数時間保たれます。

さらに、ウォーキングは筋トレのように特定の部位の筋肉を強化する運動ではなく、全身を動かす運動です。
そのため痩せる際は、どこか一か所に影響が出るのではなく、全身に影響が現れるといわれています。

また、ウォーキングはジョギングとは異なり、両足が同時に地面を離れることがなく、身体への負担が少ないため、膝や腰に問題を抱えている人でも、怪我のリスクが低い運動としておすすめです。

ウォーキングで消費できるカロリー

ウォーキングによって、どのくらいの脂肪を消費できるのでしょうか。
以下で消費カロリーの計算式と計算例を紹介します。

消費カロリー(kcal)=METs×運動時間(h)×体重(kg)×1.05

METsという単位は、運動の強度を示します。

安静時を1として、活動時のエネルギー消費を計算式から算出します。

ウォーキングの場合には、歩く速度によりMETsの値が変動します。
同じ時間のウォーキングでも、できるだけ速く歩くことで消費カロリーも多くなり、歩行距離を伸ばすことができます。

普通程度で行う速度のウォーキング1回の消費カロリーは、他の活動的なスポーツと比べても特別多いとはいえません。
しかし、ウォーキングは他の運動と比較して続けやすいのがメリットです。

長期的な目標をたてて継続して行っていきましょう。

下記はウォーキングの消費カロリーや継続のコツについてもっと詳しく解説している記事です。
ダイエットの参考にぜひお読みください。

関連記事

有酸素運動には、ジョギング、ウォーキング、ランニングなどがあります。中でもウォーキングは、手軽に始められる有酸素運動です。では、ウォーキングによる消費カロリーはどのくらいなのでしょうか?本記事では、ウォーキングのカロリーにつ[…]

スポンサーリンク

ウォーキングのすごい効果②健康効果

ウォーキングは、私たちの健康にとって驚くべき効果を持つとされている活動です。
それは、生活習慣病の予防から認知症の予防、視力の改善、筋肉の強化まで、多岐にわたります。

以下では、これらの健康効果について詳しく解説します。

生活習慣病の予防

ウォーキングは、生活習慣病の予防に非常に効果があるといわれています。
適度な運動は、血流を改善し、体重を管理し、ストレスを軽減すると考えられます。
これらはすべて、生活習慣病のリスクを低減する要素です。

また、ウォーキングは、食事や睡眠といった他の健康習慣を改善するための良いきっかけにもなります。
したがって、定期的なウォーキングは、生活習慣病の予防に役立つ重要な習慣となります。

さらに、ウォーキングは心臓血管系の健康にも寄与します。
心臓は筋肉であり、適度な運動により強化されます。
これにより、心臓病のリスクが低減します。

また、ウォーキングは血圧を下げる効果もあります。
これは、高血圧やその他の心臓血管疾患の予防に役立ちます。

認知症の予防

ウォーキングは、認知症の予防にも効果が期待されています。
適度な運動は、脳の血流を改善し、新たな神経細胞の成長を促進します。
これにより、記憶力や学習能力が向上し、認知症のリスクが低減します。

また、ウォーキングは、ストレスを軽減し、良好な睡眠を促進します。
これらもまた、認知症の予防に寄与します。

さらに、ウォーキングは脳の新陳代謝を促進します。
これは、脳の健康を維持し、認知機能を高めるのに役立ちます。

視力の改善

ウォーキングが視力の改善に役立つ可能性があるのは、一部の人々にとって驚きかもしれません。

しかし、ウォーキングは、全身の血流を改善するとされています。
これにより、目に必要な酸素と栄養素が供給され、視力の改善が期待されます。

また、ウォーキングは、目の疲れを軽減し、視力の低下を防ぐのに役立ちます。

筋肉の強化

ウォーキングは、筋肉の強化にも寄与します。
ウォーキングは、全身の筋肉を使う運動であり、特に下半身の筋肉を強化する傾向があります。
筋肉が強くなると、日常生活の動作が楽になり、怪我のリスクが低減するとされます。

また、筋肉はカロリーを消費するため、筋肉が強くなると、基礎代謝が向上し、体重管理が容易になります。
したがって、ウォーキングは、筋肉の強化と健康の維持に役立つ重要な活動です。

また、ウォーキングは骨密度を改善する効果が期待されています。
これは、骨粗しょう症の予防に役立つといわれています。

慣れてきたらウォーキングだけでなく他の運動も取り入れてみませんか?
以下の記事ではウォーキングと筋トレについて解説しています。

関連記事

ウォーキングと筋トレは健康に良い影響を与え、体力向上や健康維持に役立ちます。しかし、ウォーキングと筋トレを組み合わせる際は、効果的な方法について考える必要があります。では、ウォーキングと筋トレの効果的な組み合わせには、どのようなものがあ[…]

おすすめ記事

ダイエットや健康管理などを目的にウォーキングを行っている方は多いです。ウォーキングは手軽に始めやすいですが、正しい知識や方法はあまり知られていません。ウォーキングを行うとどのような効果が得られるのでしょうか?ウォーキングの目[…]

ウォーキングのすごい効果③美容効果

ウォーキングは、健康維持だけでなく、美容にも大きな影響を及ぼすといわれています。
特に、美肌と美髪へ導くとされている点が注目されています。

以下では、ウォーキングがどのようにして美肌と美髪をサポートするのか、そのメカニズムと具体的な効果について詳しく解説します。

美肌効果

ウォーキングは、全身の血行を促進し、新陳代謝を活発にするとされています。
これにより、肌細胞に必要な栄養素がしっかりと届き、肌のターンオーバーを正常に近づけるのをサポートします。

また、ウォーキングによる適度な汗の分泌は、皮脂膜の形成を助け、肌の水分蒸発を抑制します。
これにより、肌はしっとりと潤い、健康的な状態を保てるとされます。

さらに、ウォーキングを行うと、約15分から20分程度でβエンドロフィンという物質の分泌が始まります。
この物質は脳を刺激して代謝を高め、血行が良くなることで肌の新陳代謝が高まり、潤いのある健康的な美肌作りが促されます。

美髪効果

ウォーキングによる血行促進は、頭皮にも大きな影響を及ぼします。
血行が良くなると、頭皮に必要な栄養素がしっかりと届き、健康的な髪の毛が育つ環境が整います。

また、ウォーキングによる適度な運動は、ストレスの軽減にも寄与し、ストレスによる抜け毛や薄毛の予防にもつながります。

以上のように、ウォーキングは美肌と美髪の両方に影響します。
健康的な生活習慣としてウォーキングを取り入れ、内側からも輝く美しさを目指しましょう。

スポンサーリンク

ウォーキングのすごい効果④精神的な効果

ウォーキングは、身体的な健康だけでなく、精神的な健康にも多大な影響を与えます。

ストレスの軽減、精神の安定、うつ病の予防と改善、そして社交の機会の増加など、ウォーキングがもたらす精神的な効果について詳しく見ていきましょう。

ストレスの軽減

ウォーキングは、ストレスを軽減するといわれています。
ウォーキング中に身体が生成するエンドルフィンは、「幸せホルモン」とも呼ばれ、気分を高揚させるとされています。

また、ウォーキングは心拍数を上げ、血液の循環をサポートします。
これにより、ストレスホルモンのレベルが下がり、リラクゼーションを促します。

さらに、ウォーキングは自然の中で行うことが多いため、自然の美しさや静けさがストレスを和らげるのに役立ちます。
毎日のウォーキングを習慣とすることで、日々の生活の中で感じるストレスを管理できます。

精神の安定

ウォーキングは、精神の安定にも関係すると考えられています。
自然の中や公園など心地良い環境でのウォーキングは、日々の生活に一定のリズムとパターンを与えてくれます。これが精神的な安定を促します。

また、ウォーキングは集中力を高め、思考をクリアにするといわれています。

これらの要素が組み合わさることで、ウォーキングは精神安定をサポートします。
このため、定期的なウォーキングは重要と考えられます。

うつ病の予防と改善

ウォーキングは、うつ病の予防と改善にも役立ちます。
ウォーキングによる運動は、脳内のセロトニンという化学物質のレベルを高め、気分を改善します。
また、ウォーキングは自己効力感を高め、うつ病の症状を軽減するとされています。

さらに、ウォーキングは自然光を浴びる機会を増やし、これがセロトニンの生成を促進します。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、うつ病の予防と治療に重要な役割を果たします。

社交の機会の増加

ウォーキングは、社交の機会を増やす素晴らしい方法です。
ウォーキンググループに参加することで、新しい人々と出会い、共通の興味を共有できます。
また、ウォーキングは会話を楽しみながら行えるため、友人や家族との絆を深めるのにも役立ちます。

さらに、ウォーキングは新しい場所を探索する機会を提供し、これが新しい人々との出会いを促進します。
ウォーキングを通じて得られる社交の機会は、精神的な健康と幸福感を高めるのに役立ちます。

健達ねっとECサイト

ウォーキングのコツ

ウォーキングは、健康とフィットネスのための素晴らしいエクササイズですが、その効果を最大限に引き出すためには、いくつかのコツを知ることが重要です。

以下では、ウォーキングの有効とされる頻度、時間帯と時間、そして姿勢について詳しく説明します。

ウォーキングの頻度

ウォーキングの効果を最大限に引き出すためには、適切な頻度で行うことが重要です。
一般的には、週に5日、各30分のウォーキングが推奨されます。

しかし、これはあくまで目安であり、個々の体調やライフスタイルに合わせて調整することが可能です。

また、一日のウォーキング時間を一度に行うのではなく、数回に分けて行うことをおすすめします。
これにより、一日を通じて活動的であることが可能となり、健康への効果をさらに高めることができます。

ウォーキングの時間帯と時間

ウォーキングの時間帯と時間も、その効果に大きな影響を与えます。

ウォーキングは、一日のうち好きな時間に行えますが、特に朝のウォーキングは、新陳代謝を活性化し、一日の活動にエネルギーを与えるために効果があるとされています。
また、夕方のウォーキングは、一日のストレスを解消し、良い睡眠を促すために有効と考えられています。

ウォーキングの時間は、目標とする距離や速度、そして個々の体力により異なりますが、一般的には、30分から1時間のウォーキングが推奨されます。

ウォーキング時の姿勢

ウォーキングの効果を最大限に引き出すためには、正しい姿勢を保つことが重要です。

まず、背筋を伸ばし、肩をリラックスさせ、顔は前方を向くようにします。
次に、腕は自然に振り、手はリラックスした状態を保ちます。

足は、膝を伸ばしすぎず、かかとから地面に着地し、つま先方向に押し出すようにします。

これらのポイントを心に留めて、ウォーキングを行い、より良い結果が得られるよう目指しましょう。

ウォーキングを行うおすすめの時間帯について別途解説している記事もあります。
より吟味したい方はぜひご確認ください。

関連記事

ウォーキングは、健康増進や生活習慣病の予防に最適な運動です。朝・昼・夕方などの時間帯により、効果に違いがあります。そもそもウォーキングには、どのような効果があるのでしょうか?ウォーキングに最適な時間帯はいつなのでしょうか?本記事[…]

薬の使い方

ウォーキングの効果はどれくらいで現れる?

 

ウォーキングは、健康とフィットネスの両方を向上させるための手頃で有効とされる方法です。
しかし、その効果が現れるまでにはどのくらいの時間が必要なのでしょうか?

ウォーキングの効果はどれくらいで現れる?

ウォーキングの効果は、個々の体質やウォーキングの頻度、強度によります。

一部の人々は、ウォーキングを始めて2週間ほどで効果を感じることがあります。
しかし、他の人々は、3ヶ月ほどウォーキングを続けて初めて効果を実感できるかもしれません。

ウォーキングは、筋トレやジョギングに比べて負荷が軽い運動であり、効果が出るまでには時間がかかります。
しかし、全身の脂肪をすっきりさせたり、痩せやすい体質へと変えたりを目指せます。
焦らず、半年から1年ほどを目安にコツコツと続けることが重要です。

ウォーキングは継続が重要!

ウォーキングの効果を最大限に引き出すためには、継続が鍵となります。
ウォーキングは、一度や二度行っただけでは大きな効果を得ることは難しいです。
しかし、定期的に行い、それを習慣化することで、健康やフィットネスの向上を実感できるようになります。

ウォーキングは、器具が不要で、誰でも手軽に始められる運動です。
そのため、日常生活に取り入れやすく、継続しやすいといえます。

ウォーキングの効果を最大限に引き出すためには、自分の体調と相談しながら、無理なくマイペースで続けることが大切です。

ウォーキングのすごい効果まとめ

ここまでウォーキングのすごい効果についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ウォーキングは、特定の部分のみのトレーニングではなく全身に効果が期待できる運動であり、ウォーキングの後も、脂肪を燃焼しやすい状態が数時間保たれる
  • ウォーキングには、生活習慣の予防、認知症の予防、視力の改善、筋肉の強化などの健康効果があるとされる
  • ウォーキングにより、全身の血行を促進し、新陳代謝が活発になることで、美肌効果や美髪効果などの美容効果が期待できる
  • ウォーキングには、ストレスの軽減、精神の安定、うつ病の予防と改善、社交の機会の増加など、精神的な効果も期待できる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク