ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>タマネギの栄養素分類とその効能:健康への影響を徹底解説

タマネギの栄養素分類とその効能:健康への影響を徹底解説

タマネギは料理の基本的な食材であり、その風味は多くの料理を引き立てます。
そして、タマネギには、私たちの健康にとって非常に重要な栄養素が豊富に含まれているといわれています。

しかし、その栄養価について詳しいことはあまり知られていません。
タマネギにはどのような栄養があるのでしょうか?
栄養価はどのくらい含まれていて、どのような効果が期待できるのでしょうか?

そこで、本記事ではタマネギの栄養価とその健康への影響について、以下の項目を中心に解説します。

  • タマネギに含まれる栄養素とその効果
  • 栄養素たっぷりおすすめタマネギレシピ
  • タマネギと新玉ねぎと紫玉ねぎの違い
  • タマネギの辛み成分について

最後までお読みいただくと、タマネギの新たな一面を発見できるかもしれません。
お楽しみに!

スポンサーリンク

タマネギの栄養について

タマネギは、その独特の風味と多様性から世界中の料理で広く使われています。
しかし、その風味だけでなく、タマネギには驚くほどの栄養価が秘められています

以下では、タマネギの栄養について詳しく解説します。

タマネギに含まれる栄養と概要

タマネギにはビタミンミネラル食物繊維、そして抗酸化物質が豊富に含まれており、これらは私たちの健康にとって非常に重要と考えられています。

さらに、タマネギは低カロリーでありながら満腹感を与えるため、ダイエットにも効果的ともされています。

タマネギが持つとされる健康効果

タマネギの栄養素は、私たちの健康に多くの利益をもたらす可能性があります。
例えば、抗酸化物質は体内のフリーラジカルを中和し、炎症を抑え、病気のリスクを減らすといわれています。

また、食物繊維は消化を助け、心臓病のリスクを減らすとされています。

これらの健康効果は、タマネギを日々の食事に取り入れることの価値をさらに高めると考えられます。

食物繊維の働きを詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

食物繊維は、たんぱく質やビタミンのように身体の栄養にはならない成分です。それにもかかわらず、なぜ世間一般では食物繊維の摂取が推奨されているのでしょうか?実は食物繊維には、整腸作用以外にも様々な健康効果があることが明らかになっているので[…]

スポンサーリンク

タマネギの栄養成分

タマネギは、その風味だけでなく、驚くべき栄養価を持っています。
以下では、タマネギの主な栄養素について詳しく解説します。

タマネギの栄養成分表

タマネギの栄養成分表を紹介します。
タマネギ188g(タマネギ1個を200gとしての可食部)あたりの主な栄養成分は以下の通りです。

熱量63kcal
たんぱく質1.88g
脂質0.19g
炭水化物15.79g
ビタミンB10.08mg
ビタミンB20.02mg
ナイアシン0.19mg
ビタミンB60.26mg
ビタミンC13.16mg
葉酸1.88μg
食物繊維2.82g
ナトリウム3.76mg
カリウム282mg
カルシウム31.96mg
マグネシウム16.92mg

タマネギの栄養成分表を見ると、その驚くべき栄養価が一目瞭然ではないでしょうか。

また、これらの栄養素が私たちの体にどのように影響を与え、健康に対する具体的な効果は何かを理解することで、タマネギを食事に取り入れる意義がより深まると考えられます。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

タマネギの栄養素分類

タマネギは、その栄養価の高さから多くの料理に使用される食材です。
以下では、タマネギの栄養素分類について解説します。

タマネギの栄養素の分類説明

健康を維持するためには「5大栄養素」とよばれるカテゴリーを考慮し、バランスのよい食事をとることが大切とされています。

「5大栄養素」は、以下のカテゴリーに分類されます。

  • 炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル

しかし、タマネギは炭水化物、たんぱく質、脂質などはそれほど多くは含まれていません。
それでは、何がタマネギを特別な食材にしているのでしょうか?

それは、タマネギに豊富に含まれる2大成分、硫化アリル(アリシン)とポリフェノールの一種であるケルセチンの存在とされています。

硫化アリルとケルセチンが体に与える影響

硫化アリルとケルセチンは、血液をサラサラにするという特徴があるとされます。
血流をよくすることは高血圧脳梗塞といった病気の予防にもつながると考えられています。

また、硫化アリルにはビタミンB1の吸収を促す効果もあるとされます。
ビタミンB1は新陳代謝を活発にしたり、疲労回復を促したりする成分といわれているため、健康な体には不可欠と考えられます。

さらに、ケルセチンには脂肪の吸収を抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果もあるとされているので、それらの数値が気になる人にとってタマネギは強い味方になり得ます。

血液をサラサラにする食べ物や生活習慣については、以下で詳しく解説しています。

関連記事

最近、不健康な生活などによって血液がドロドロになっている方が増えています。ドロドロな血液は、私たちの健康にさまざまなリスクを与えます。私たちの健康を守るためにも、血液をサラサラにすることが重要となります。しかし、血液をサラサ[…]

スポンサーリンク

タマネギの栄養と調理法

タマネギは、その栄養価の高さから多くの料理に使用される食材です。
その栄養素は、調理する上でどのように変化するのでしょうか?

タマネギの栄養が加熱によってどう変化するか

前述したように、タマネギには硫化アリル(アリシン)とポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富に含まれます。
そして、それらの成分は、加熱によってその性質が変化します。
具体的には、硫化アリルは加熱により減少し、その結果、タマネギの辛味が和らぐとされます。

一方、ケルセチンは加熱によってその抗酸化作用が強まるといわれています。

タマネギを生で食べると

生のタマネギには、硫化アリルとケルセチンが豊富に含まれているとされます。
タマネギをサラダに使用すると、その栄養素が生のまま摂取できると考えられます。

硫化アリルは血液をサラサラにする効果があるとされ、ビタミンB1の吸収を促進する効果も期待されています。
ビタミンB1は新陳代謝を活発にしたり、疲労回復を促したりすると考えられている成分なので、健康な体には不可欠といえるかもしれません。

また、ケルセチンには抗酸化作用があり、血流を改善し、動脈硬化を予防する効果が期待されています。
さらに、ケルセチンは脂肪の吸収を抑えたり、コレステロール値を下げたりする効果があるとされるので、数値が気になる人にとってタマネギは強い味方になり得ます。

以上のように、生のタマネギはそのままでも、またはサラダなどの形で摂取すると、栄養素を効率的に摂取できると考えられます。
しかし、タマネギをサラダにする際は、辛味を和らげるために一部の栄養素が失われる可能性があるため、注意が必要です。

タマネギを水にさらすと

タマネギを水にさらすと、その辛味成分である硫化アリルが抜け、辛味が和らぐとされています。
しかし、この方法では、硫化アリルやビタミンB群、カリウムなどの水溶性の栄養素も一部流出してしまう可能性があります。

そのため、タマネギの栄養を活かすためには、水にさらす時間を最小限に抑えることが推奨されています。

タマネギの他にも、疲労回復におすすめの食べ物などを以下の記事で解説しています。
興味のある方はぜひお読みください。

関連記事

現代社会では、多忙な日々を送る人々が疲労感を抱えることは珍しくありません。「疲労回復に効果的な食べ物」は、私たち全員が共感できるテーマです。体力を回復させ、エネルギーを充填するためには食事が不可欠です。しかし、「どの食べ物が[…]

健達ねっとECサイト

タマネギのおすすめ料理レシピ

タマネギはその甘みと香りで料理に深みを加えるだけでなく、栄養価も高い食材です。

以下では、タマネギを活用したおすすめの料理レシピと、その栄養価を引き出す調理法について解説します。

栄養の損失を抑えたタマネギのレシピ例

タマネギの栄養をより活かすためには、調理法が重要です。
以下に、栄養の損失を抑えたタマネギのレシピ例を5つ紹介します。

  • 丸ごと玉ねギのおかかバタポン蒸し:新玉ねぎを丸ごと電子レンジで加熱し、ポン酢とかつお節をかけてシンプルに仕上げます。
  • 新玉ねぎのトマトカレー煮:新玉ねぎを丸ごと使った、トマトカレー煮です。
    トマトの酸味とカレー粉のスパイシーな味わいが新玉ねぎの甘味を引き立てます。
  • 牛肉と新玉ねぎのさっぱりごまポン炒め:新玉ねぎを炒め物に。牛肉と合わせて、白煎りごまとポン酢、砂糖でさっぱりと味付けします。
  • 新玉ねぎたっぷり 鶏むね肉の南蛮漬け:新玉ねぎをたっぷりと使った、鶏むね肉の南蛮漬け。
    甘酸っぱい南蛮酢に漬けた鶏むね肉はしっとりジューシー。
  • 新玉ねぎのしょうゆマヨ和え:新玉ねぎを生食でシンプルに楽しむなら、新玉ねぎのしょうゆマヨ和えがおすすめです。
薬の使い方

新玉ねぎと紫玉ねぎについて

新玉ねぎと紫玉ねぎは、見た目や味などにも通常のタマネギと異なる特徴を持っています。
以下では、新玉ねぎと紫玉ねぎの特徴とその栄養について、そしてタマネギとの違いについて詳しく解説します。

紫玉ねぎの特徴

紫玉ねぎは、その鮮やかな紫色が特徴で、この色はアントシアニンという青紫色の色素成分に由来します。
アントシアニンには抗酸化作用があり、老化やがん、動脈硬化などの病気を予防する働きがあるとされています。

また、紫玉ねぎは水分と糖分が多く、タマネギ特有のツンとした辛味や刺激臭が少ないのが特徴です。
生食向きのタマネギとされ、サラダや生の食材に多く使われる傾向があります。

新玉ねぎの特徴

新玉ねぎは、収穫後すぐに出荷され、水分を多く含んでいるため、みずみずしくてやわらかく、辛味が少ないのが特徴とされます。
これらの特性により、新玉ねぎはサラダやマリネなど生で食べられる傾向が多いです。

また、タマネギに含まれる硫化アリルは加熱すると成分が変わってしまうため、新玉ねぎを生食することで効率よく摂取できると考えられています。

タマネギそれぞれに様々な魅力ばかり

通常のタマネギには特有の香りがあり、さっぱりとした味で辛味があり、歯ごたえのある食感が特徴とされます。
また、収穫後に表皮を乾燥させて保存性を高め、年間を通して手に入るようになっています。
そして、通常のタマネギは炒め物や揚げ物に適しているともいわれています。

新玉ねぎと紫玉ねぎ、それぞれたくさんの魅力があります。
そして、私たちの健康に大いに貢献してくれると期待して積極的に食事に取り入れてみるのもいいかもしれません。

みんなのお悩み:タマネギの辛みについてのあれこれ

タマネギは私たちの食生活に大いに役立つ万能野菜といっても過言でないかもしれません。
実は、今までタマネギの辛みが苦手で避けていた方も、ちょっとした工夫で辛みを抑えられます。

例えば、生のタマネギをサラダに使用する場合、繊維に垂直に輪切りやみじん切りにしてから、15分程度乾燥させると辛みが減ります。
これなら栄養成分も損なわず、タマネギのよさを存分に味わえると考えられます。

また、加熱する場合には、輪切りにして電子レンジでチンすると、短時間で甘くなるとされています。
ただし、電子レンジでは水分が減少しやすいので、形状によっては炒める方が適している場合もあるとされます。

このように、ちょっとした工夫でタマネギの辛みを回避できるといわれています。
タマネギの辛みを生むとされるアリシンなどの成分は、私たちの健康にもよい影響を与えるともいわれています。

(出典:大阪教育大学附属天王寺中学校自由研究 – タマネギの辛み成分

スポンサーリンク

タマネギの栄養についてよくある質問

以下では、タマネギの栄養についてよく調べられている疑問や質問をピックアップします。

タマネギにはどのような栄養素が含まれていますか?

タマネギにはビタミンC、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、カリウムなどの栄養素が含まれています。

タマネギの栄養素はどのような健康効果がありますか?

タマネギの栄養素は免疫力の向上、心臓病の予防、消化の促進、血糖値の管理など、様々な健康効果があるとされます。

タマネギの栄養価は調理方法によって変わりますか?

はい、調理方法によってタマネギの栄養価は変わります。
例えば、生のタマネギはビタミンCを多く含んでいますが、加熱するとその一部が失われます。

タマネギの皮にも栄養価はありますか?

タマネギの皮自体を食べることは推奨されませんが、皮のすぐ下には抗酸化物質が豊富に含まれています。

毎日タマネギを食べることで、健康によい影響はありますか?

タマネギには多くの健康効果があるとされますが、バランスのよい食事とともに摂取することが重要です。
過剰に摂取すると胃腸に負担をかける可能性があります。

スポンサーリンク

タマネギの栄養についてのまとめ

ここまでタマネギの栄養についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • タマネギには硫化アリルとケルセチンが豊富に含まれている
  • 硫化アリルとケルセチンは、新陳代謝を活発にして疲労回復を促したり、脂肪の吸収を抑えてコレステロール値を下げたりする
  • タマネギには「新玉ねぎ」や「紫玉ねぎ」などの種類があり、それぞれ違った魅力がある
  • タマネギの辛みは調理方法により和らげられるが、栄養素も変わってしまう

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク