ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>介護お役立ち記事>お役立ち情報>介護で働く人たちの心と体の負担を軽減しようと取り組む企業をご紹介!

介護で働く人たちの心と体の負担を軽減しようと取り組む企業をご紹介!

みなさんは介護職にどんなイメージを持っているでしょうか。

「大変」「しんどい」「低収入」などのイメージを持ってはいませんか?

実は現在、介護業界は徐々に変わってきています。

これまでの待遇を改善して、もっと介護職の人材を増やさなければならないと国が思っているからです。

そこで今日は介護職のイメージを払拭するべく、介護で働く人たちの負担を軽減しようと取り組む企業を紹介していきます。

介護需要は今後日本で高まっていくので、今後のためにもぜひ最後まで読んでください。

スポンサーリンク

株式会社ビーソル

もぐもぐ介護食サイトってなに?

もぐもぐ介護食サイトとは「介護食」情報サイトです。

サイト内にはさまざまな介護食に関する情報が載っています。

主に6つのメニューがあります。

それぞれのメニューから介護食に関する情報を得ることができます。

介護食に関しての最新のイベント情報や商品情報が記載されている「ニュース」、介護食に関しての基礎知識などを知ることができる「知る」、介護食の作り方やコツや注意点などの情報を得ることができる「作る」、介護食を食べる時の注意点などを把握することができる「食べる」、さまざまな介護食品を購入するページに遷移することができる「買う」、介護食を学ぶための情報がまとめられている「学ぶ」の6つがあります。

基礎的な内容から、最新の情報まで網羅しているため、これから介護食を勉強していきたい人から、すでに介護食に関して精通している人まで、介護食に関わる多くの人たちにとって有益な情報を得ることができるサイトです。

またサイトを運営している方が、介護食アドバイザーの資格を取得しているため情報に関しての質や信憑性にも安心できます。

もぐもぐ介護食サイトはこちら

 

介護食と介護についての情報が得られる

もぐもぐ介護食サイトでは、「介護食」に関しての多種多様な情報を得ることができます。

メニューの中の「ニュース」では介護食に関連する最新のイベントなどの紹介をしており介護食の最先端の情報に触れることができます。

そして「知る」では介護食の基礎的な知識を知ることができます。

「介護食とは」、「介護食の現状」、「介護食の分類・種類」などのテーマで、介護食に関する知識を手早く理解することができます。

「作る」では介護食を作る中で有益な情報がまとめられています。

献立に関しての情報や、料理の際の注意点、有用なレシピサイトの紹介など、どれも介護食を作りたい人にとっては嬉しい情報になっています。

「食べる」では介護食を食べる際の注意点やコツ、アドバイスや食事を食べる時のサポートグッズなどの情報が得られます。

さらに介護食だけでなく介護に関しての知識も得ることができます。

「学ぶ」では介護に関する書籍の情報やウェブサイトの情報、介護食アドバイザーの資格に関しての情報も書かれています。

「ニュース」「知る」「作る」「食べる」「学ぶ」のメニューで介護食と介護についての情報を効率的に得ることができるでしょう。

介護食品が買えるネットショップを紹介

メニューの中の「買う」では、さまざまな介護食品の購入ができるネットショップを紹介しています。

「主食(ごはん類)」「おかず」「食材」「みそ汁・スープ」などのようにカテゴリーごとに分けられており、欲しい商品を探しやすくなっています。

目的の分類をクリックすると、リストで同分類の商品のリストが表示されます。

そして気に入った商品をクリックすると購入できるネットショップまで画面が遷移します。

「買う」ページでは、欲しい商品を簡単に見つけることができ、スムーズに購入まで行うことができます。

気にしなければいけないことが多く、時間がかかってしまいがちな食品選びもこのページを使うことで大幅に時間削減ができるかもしれません。

購入ページはこちら

スポンサーリンク

株式会社介護共育研究会

会社概要

株式会社介護共育研究会は、介護コンサルティングや人材育成を行っている企業です。
介護をする人と、介護を必要とする人の、さまざまな困りごとを解決し、笑顔の暮らしをサポートされています。

同社の代表・石川立美子さんは、「訪問介護員」「ケアマネジャー」「社会福祉協議会の職員」「施設管理職」「介護専門学校や大学の社会福祉学部の講師」「義父母の認知症介護」「実母のガンの終末期介護」などさまざまなご経験をされている方です。アメリカ・カナダ・デンマーク・スウェーデンにも学びに行かれています。

その豊富な経験と、大学院で学ばれた大人の学び(成人教育)の理論などの豊かな知識を活かして、事業活動をされています。

専門職向けの雑誌連載や一般向けkindle版書籍出版・YouTube、擬似体験などを活用し、五感と思いやりの共感を大事にした、「人と人の支え合い」を、重要視されています。

嗅覚を介護に取り入れた薫くんケアRや5分で脱ぎ着ができる楽らく着物(実用新案登録済み)、暮らしをイメージしやすい生活のたすきなどの、多数のオリジナルグッズを豊富に使用するスタイルは解りやすく好評です。

 

具体的には、特養、老健、グループホーム、デイサービス、訪問介護、居宅介護支援事業所、福祉用具など施設や在宅の介護保険事業所や保険外サービス事業所などを対象とした「介護コンサルティング」・介護に取り組むご家族や一般の地域の方々、介護スタッフや介護リーダーの方々へのオリジナルたみこメソッドの「共感ケア・サポート」セミナーや講演会・介護従事者や家族のお悩みの解決をサポートする「介護相談(無料/有料)」など多様なサービスを展開されています。

介護共育研究会について詳しく知る

介護コンサルティングについて

「コンサルティング」とはある分野においての深い知識と経験を元に顧客のさまざまな問題を解決する業務のことを指します。

株式会社介護共育研究会が提供している介護コンサルティングは、介護分野で代表の石川立美子さんの豊富で深い知識と経験をもとにさまざまな問題を解決します。

どのような課題があるのか探るためならば夜勤や同行訪問を行うこともあるそうです。

近年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、「感染予防の徹底」「職員のモチーベーション維持」「利用者の日常動作・生活の質の維持・向上」の三点に注力しており、そのために単発のセミナーや中長期にわたって課題解決を共に行っていく、伴走型コンサルティングも行っています。

介護で困ったことを解決 個人サポートについて

株式会社介護共育研究会ではさまざまなストレスや悩みを抱える人に対して「個人サポート」を行っています。
どの職業でもストレスを感じることはあります。

介護職として働いている方達も身の回りに要介護者がいる方、誰しもがストレスを感じることはあるでしょう。
同僚や上司に関してだったり、利用者さまとの関係だったりさまざまな理由があるでしょう。

そんな時は第三者に相談をすることがいいとされています。

「悩みがあるけど職場の人には言いにくい」と思っている人たちには、第三者であり、介護職を知り尽くしている石川立美子さんに悩みを相談することはとても価値のあることだと思います。

石川立美子さんはオリジナルのメソッドとして共感ケア・コミュニケーションを提唱しています。
この方法は認知症の人との接し方だけではなく、普段の人間関係においても非常に大事なポイントが濃縮されています。

個人サポートでは「LINE登録プレゼントの15分無料介護相談」や動画で隙間時間に学べる「共感ケアサポート介護動画講座」、セミナーや介護相談会、個人相談等があり、徹底的に介護の悩みをサポートしてくれます。

個人サポートの各種メニューはこちらから!

みなさんも何か困ったことがあれば介護のプロである石川立美子さんからアドバイスをもらいましょう!

石川立美子さんの介護共育が学べるYoutubeチャンネルはこちら!

 

 

AGA
健達ねっとECサイト
薬の使い方

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク