ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>介護お役立ち記事>お役立ち情報>【完全ガイド】介護ベッドの選び方とレンタル、補助金の活用方法

【完全ガイド】介護ベッドの選び方とレンタル、補助金の活用方法

高齢者人口が急速に増加する中、介護ベッドの重要性は日増しに高まっています。
介護ベッドは、高齢者や介護を必要とする人々が安心して休むことができる場所であり、その品質と機能性は、その人の生活の質に直結しています。

しかし、どのようにして介護ベッドを選ぶべきなのか、また何を基準にしたら良いのかという疑問がしばしば浮上します。

そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 介護ベッドの種類
  • 介護ベッドの機能
  • 介護ベッドの入手について

一緒に、適切な介護ベッド選びについて理解を深め、安心と安全な生活のための一歩を踏み出しましょう。

スポンサーリンク

介護ベッドとは

介護ベッドは、高齢者や身体に障害を持つ人々が日常生活を送る上で必要不可欠なアイテムとなっています。
特に、ベッドからの移動や体位変換が困難な方々にとっては、その存在は非常に大きな意義を持ちます。

ここでは、介護ベッドの重要性と役割について詳しく解説します。

介護ベッドの重要性

介護ベッドは、その名の通り介護を必要とする人々のためのベッドです。
しかし、それだけではなく、その存在は介護を必要とする人々だけでなく、その家族や介護者にとっても大きな意義を持っています。

まず、介護ベッドは、利用者の快適な睡眠を支えるためのものです。

高齢者や身体に障害を持つ人々は、一般的なベッドでは快適に眠ることが難しい場合があります。
しかし、介護ベッドは、そのような人々の体調や状態に合わせて調節することが可能であり、それにより快適な睡眠を得ることができます。

また、介護ベッドは、利用者の安全を確保するためのものでもあります。
一般的なベッドからの転落は、高齢者や身体に障害を持つ人々にとって大きなリスクとなります。

しかし、介護ベッドにはサイドレールが装備されており、それにより転落のリスクを大幅に減らすことが可能です。

さらに、介護ベッドは、介護者の負担を軽減するためのものでもあります。
介護ベッドは、ベッドの高さを調節することが可能であり、それにより介護者が利用者を介助する際の負担を軽減することができます。

これは、介護者の体力を節約し、より長期間の介護を可能にするために重要な機能です。

介護ベッドの役割

介護ベッドが果たす役割は、その利用者の生活の質(QOL)を向上させることです。
そのために、介護ベッドは以下のような具体的な機能を持っています。

まず、介護ベッドは、利用者の体位変換を支援します。
体位変換は、長時間同じ姿勢を続けることによる身体の不調を防ぐために重要です。

しかし、高齢者や身体に障害を持つ人々にとっては、自力での体位変換は困難な場合があります。
そのため、介護ベッドは、ベッドの形状を変えることで体位変換を支援します。

また、介護ベッドは、利用者の移動を支援します。

高齢者や身体に障害を持つ人々にとっては、ベッドからの移動は大きな負担となる場合があります。
そのため、介護ベッドは、ベッドの高さを調節することで移動を支援します。

さらに、介護ベッドは、利用者のリハビリテーションを支援します。
身体に障害を持つ人々にとっては、リハビリテーションは非常に重要です。
そのため、介護ベッドは、ベッドの形状を変えることでリハビリテーションを支援します。

スポンサーリンク

介護ベッドの種類と特徴

介護ベッドは、高齢者や身体に障害を持つ人々が日常生活を送る上で重要な役割を果たします。
それぞれのニーズに合わせて、さまざまな種類と特徴を持つ介護ベッドが存在します。
ここでは、その種類と特徴について詳しく解説します。

介護ベッドの基本的な機能

介護ベッドは、利用者の快適性と介護者の負担軽減を目指して設計されています。
そのため、多くの介護ベッドには「背上げ機能」「高さ調節機能」「膝上げ機能」の3つの基本的な機能が備わっています。

これらの機能は、利用者がベッドから起き上がったり、身体の向きを変えたりする際の補助や、介護者が介助を行う際の負担軽減に寄与します。

介護ベッドの種類

介護ベッドの種類は、搭載されているモーターの数によって分類されます。
1モーターベッド、2モーターベッド、3モーターベッド、4モーターベッド、そして1+1モーターベッドという5つの主要な種類があります。

それぞれのベッドは、搭載されているモーターの数によって搭載している機能が異なり、利用者のニーズに応じて選ぶことができます。

介護ベッドの選び方

介護ベッドを選ぶ際には、利用者の体型やベッドを設置する部屋の広さ、そして安全性を考慮する必要があります。
また、被介護者の身体状況に応じて、ベッド周辺の付属品やマットレスの選択も重要となります。

介護ベッドのサイズと選び方

介護ベッドのサイズ選びは、利用者の快適性と安全性に直結します。
適切なサイズのベッドを選ぶことで、利用者はより快適に過ごすことができ、また介護者は介護作業をスムーズに行うことができます。

介護ベッドのサイズの種類

介護ベッドには、ミニサイズ、レギュラーサイズ、ロングサイズという3つの主要なサイズがあります。
これらのサイズは、利用者の身長や体型、そしてベッドを設置する部屋の広さによって選ばれます。

介護ベッドのサイズの選び方

介護ベッドのサイズを選ぶ際には、利用者の身長や体型、そしてベッドを設置する部屋の広さを考慮する必要があります。
また、ベッドの高さも重要な要素で、利用者がベッドから出入りする際の安全性や、介護者が介護作業を行う際の負担を考慮して選ぶことが推奨されます。

電動介護ベッドのメリットとデメリット

電動介護ベッドは、その操作性と機能性から多くの介護現場で利用されています。
しかし、そのメリットとデメリットを理解した上で選択することが、利用者と介護者双方にとって適切な選択をするためには重要です。

電動介護ベッドのメリット

電動介護ベッドの最大のメリットは、その操作性と機能性にあります。
リモートコントロールを使用して、ベッドの高さや角度を簡単に調節することができます。
これにより、利用者は自分で体位を変えることができ、介護者は介護作業を行う際の負担を軽減することができます。

電動介護ベッドのデメリット

一方、電動介護ベッドのデメリットとしては、その価格と電源が必要であることが挙げられます。
電動介護ベッドは、手動式の介護ベッドに比べて価格が高く、また電源が必要なため、停電時などには使用できない可能性があります。

介護ベッドの機能と選び方

介護ベッドは、利用者の快適さと安全性を確保するための重要なツールです。
しかし、その選び方は一見複雑に見えるかもしれません。

ここでは、マットレスの種類、ベッドの高さ調整機能、ベッドテーブルと手すり、そしてモーター機能について詳しく解説します。
これらの要素を理解することで、あなたのニーズに適した介護ベッドを選ぶことができます。

介護ベッドマットレスの種類

マットレスは、介護ベッドの中心的な部分であり、利用者の快適さと健康に直接影響します。

マットレスには主に高反発マットレス、低反発のウレタン製マットレス、エアーマットレスの3種類があります。
それぞれの特性を理解し、利用者の体調や生活スタイルに合わせて選ぶことが重要です。

介護ベッドの高さ調整機能とその重要性

ベッドの高さ調整機能は、利用者の日常生活を大きく支えます。
立ち上がりや座る動作を安定させ、介助者の負担を軽減するだけでなく、ベッド下の清掃も容易にします。
また、ベッドの高さを適切に調整することで、腰痛や脚のむくみなどの問題を予防することも可能です。

介護ベッドのテーブルと手すりの役割と選び方

ベッドテーブルと手すりは、利用者の生活をより便利で安全にするための重要なアクセサリーです。
ベッドテーブルは食事や読書など、ベッド上での活動を支えます。

一方、手すりは立ち上がりや移動を助け、転倒のリスクを減らします。
これらを選ぶ際は、利用者の身体能力や生活スタイルを考慮することが重要です。

モーター機能の役割とその重要性

モーター機能は、介護ベッドの多機能性を支える重要な要素です。
背上げや足上げ、高さ調節など、ベッドの各部分を電動で動かすことができます。

これにより、利用者の快適さと安全性を向上させるとともに、介助者の負担を軽減します。
モーター機能を選ぶ際は、必要な機能と操作の簡便さを考慮することが重要です。

スポンサーリンク

介護ベッドのレンタルと購入

介護ベッドの選択は、レンタルと購入の二つの選択肢があります。
それぞれにはメリットとデメリットがあり、利用者の状況やニーズによって適切な選択が変わります。

ここでは、それぞれの特徴と選択のポイントを詳しく解説します。

介護ベッドレンタルのメリットとデメリット

介護ベッドをレンタルするという選択は、初期費用を抑えられるという大きなメリットがあります。
特に、介護保険を利用することで、月々の費用負担は1,000円から1,500円程度に抑えられます。

また、身体の状態に合わせて機種を交換できる柔軟性もレンタルの強みです。
さらに、マットレスが汚れた場合には無償で交換してもらえるサービスもあります。


一方で、レンタルのデメリットとしては、介護保険が適用されるのは要介護2以上のケースに限られる点が挙げられます。
要支援1〜要介護1の場合は自費レンタルとなります。
また、他人が一度使ったベッドを利用することに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

介護ベッド購入のメリットとデメリット

介護ベッドを購入する選択は、自分の好みやニーズに合わせて自由にベッドを選べるというメリットがあります。
また、自分の所有物になるため、返却の必要がなく、気兼ねなく利用できます。

しかし、購入のデメリットとしては、初期費用が高くなることが挙げられます。
新品の介護ベッドは10〜20万円程度が一般的です。

また、身体の状態に合わせて新たに購入する必要が出てきた場合、不要になったベッドの処分にも費用や手間がかかります。

おすすめの介護ベッドレンタルサービス

信頼できるレンタルサービスとしては、介護保険を利用でき、機種交換やマットレスの無償交換などのサービスを提供している業者がおすすめです。

また、自費レンタルでも介護保険利用時と同程度の負担で介護ベッドをレンタルできるサービスもあります。
これらのサービスは、利用者のニーズに応じて柔軟に対応してくれるため、安心して利用できます。

健達ねっとECサイト

介護ベッドの補助金について

介護ベッドの購入やレンタルに関わる費用は、公的助成制度を活用することで軽減することが可能です。
しかし、その種類や申請方法、活用の仕方は一般的にはあまり知られていません。

ここでは、介護ベッドの補助金の種類と申請方法、そして補助金を活用した購入・レンタルの方法について詳しく解説します。

介護ベッドの補助金: 種類と申請方法

介護ベッドの購入やレンタルに利用できる補助金は主に二つあります。
一つは介護保険制度の適用による介護ベッド(特殊寝台)の貸与(レンタル)で、これは要介護認定を受けた40歳以上の方が対象となります。

申請は市区町村の介護保険担当窓口で行い、貸与にかかる費用のうち1割が被保険者の負担となります。

もう一つは、日常生活用具給付等事業で、これは市区町村が行う地域生活支援事業の一つです。
身体障害者手帳または療育手帳を所持している方や日常生活用具を必要とする障害者、障害児が対象となります。

費用負担は実施主体の市町村の判断により決定され、申請は市区町村の身体障害者福祉担当窓口で行います。

介護ベッドの補助金を活用した購入・レンタルの方法

補助金を活用して介護ベッドを購入・レンタルする方法は、まず自身がどの補助金の対象者であるかを確認することから始まります。
その上で、必要な書類を準備し、指定の窓口に申請を行います。

また、介護ベッドの選択においては、レンタルと購入のどちらが金銭的に得かを考えることも重要です。

例えば、一般的な1モーター付きの介護用ベッドの場合、購入価格は約80,000円に対して、レンタルは月600〜1,200円(自己負担1割)となります。
介護の平均年数(4年7ヵ月)を考慮すると、レンタルの方が安くなることが多いです。

さらに、レンタルにはメンテナンスが行われ、状態に合わせて適切な物に交換されるというメリットがあります。
また、使用後の処分に困ることもありません。

これらの点を考慮すると、多くの場合、レンタルがおすすめと言えます。

薬の使い方

介護ベッドのまとめ

ここまで介護ベッドについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 介護ベッドの種類はモーターの数と大きさによって区分される
  • 介護ベッドの機能は利用者のための高さ調節やモーターによるベッドの変形がある
  • 介護ベッドの入手はレンタルと購入があり、どちらが良いかは利用者の状態などで変わる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク