ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>【2024年版】最新シミ取りレーザーおすすめクリニック!種類比較や料金、注意点を徹底解説

【2024年版】最新シミ取りレーザーおすすめクリニック!種類比較や料金、注意点を徹底解説

シミ取りレーザーって本当に効果あるの?
レーザーでシミ取りをしてみたいけど、どこのクリニックがいいの?

年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。
シミを綺麗にしたいと思いつつも、効果が本当にあるのかわからなかったり、クリニック選びで迷ったりして、シミ取りレーザーになかなか踏み出せていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、シミ取りレーザーについて、以下の内容を中心にお伝えします。

  • シミ取りレーザーの効果
  • シミ取りレーザーの選び方
  • 編集部が厳選するシミ取りレーザー治療のおすすめのクリニック

シミ取りレーザーの効果をあげる方法についても紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

【厳選4選!】シミ取りレーザーの人気おすすめクリニックをご紹介!

シミ取りレーザーの治療ができるおすすめクリニックをいち早く知りたいという方に!
シミ取りレーザーの施術で人気のクリニックを4院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック選びのポイントやシミ取りレーザーの施術で知っておくべき基本情報を知りたいという方は、よろしければ最後まで記事をご覧ください。

 クリニックおすすめポイント詳細【レーザー治療】【光治療】【内服・外用療法】カウンセリングこんな人におすすめ!施術回数施術時間評価店舗情報診療時間定休日予約方法支払方法詳細
TCB東京中央外科品質・価格・保証全てが一流公式サイト

9,800円

ピコレーザー ライト

2,400円

ライトフェイシャル

5,500円

シミ・肝斑セット
0円・初めて美容施術を受ける
・価格も品質も重視したい
-約30分4.8全国81院10:00〜19:00不定休WEB・公式LINE・電話現金・デビットカード・クレジットカード・スマホ決済・スマホ後払い・医療ローン公式サイト
聖心美容クリニック経験豊富な医師による安心・安全にこだわった高品質の施術公式サイト

5,500円

ピコレーザー

28,000円

CellecV(セレックV)

1,980円

C-クリーム
0円・経験豊富な医師の施術を受けたい
・プライバシー面でも安心して受けたい
1~5回-4.5全国11院10:00〜19:00不定休WEB・公式LINE・電話現金・デビットカード・クレジットカード・QRコード決済・医療ローン公式サイト
品川スキンクリニック開院34年、
症例1300万件の
信頼と実績
公式サイト

4,320円

QスイッチYAGレーザー

7,990円

フォトシルクプラス

10,700円

美白対策セット
0円・実績・技術の高さを重視したい
・美容皮膚が専門の医師に任せたい
1~3回約5〜30分4.3全国26院10:00〜19:00不定休WEB・電話現金・デビットカード・クレジットカード・医療ローン公式サイト
ガーデンクリニック20年の熟練技術と最新医療の融合公式サイト

3,300円

ピコレーザー

22,000円

IPL治療

9,350円

美白セット
0円・最新の美容施術を受けたい
・経験豊富な医師に任せたい
-IPL治療:約10~20分4全国8院10:00〜19:00年中無休WEB・公式LINE・電話現金・クレジットカード・医療ローン公式サイト

シミ取りレーザーとは

シミ取りレーザーとは、シミの色素成分であるメラニン色素をレーザーで破壊する治療方法です。

シミの種類や原因は様々です。
シミの種類や原因、形状、部位に合わせて適切にレーザーの種類を選択することで、色素沈着を改善することがきます。

クリニックでシミ取りをする場合、シミの種類や原因にあわせて治療法を提案してくれます。
治療に使用するレーザー治療機器は様々で、主に光の種類照射時間が違います。

おすすめのシミ取りレーザークリニックについて、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

シミ取りレーザーって本当に効果あるの?レーザーでシミ取りをしてみたいけど、どこのクリニックがいいの?年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。シミを綺麗にしたいと思いつつも、効果が本当にあ[…]

シミ取りレーザーおすすめクリニック10選
関連記事

シミ取りレーザーはシミが目立ちにくくなるとして、とても人気の高い美容治療です。しかし、シミ取りレーザーには失敗・副作用のリスクがある点に留意しなければなりません。シミ取りレーザーの失敗とは、どんなものなのでしょうか。本記事で[…]

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

シミ取りの代表的な治療法は3種類!

シミ取りの治療法は、レーザーを含め主に以下のものがあります。

  • レーザー治療
  • 光治療
  • 内服薬

治療法はシミの種類や肌タイプ、ダウンタイムの長さなど希望によって決めることが可能です。

シミ取り治療の方法はどうやって選ぶの?

シミ取り治療の選び方のおすすめしたい基準は

  • シミの種類
  • 各治療法の施術効果の違い
  • 価格帯
  • ダウンタイム・副作用リスク

の4つです。

それぞれの選び方について詳しくご紹介します。

シミ取り治療の選び方①シミの種類から選ぶ

シミ取り治療の効果を高めるには、自分のシミの種類合った施術法を選ぶことが大切です。
適切でない治療法を選択すると、最悪、現状のシミを悪化させてしまうことにもつながります。

シミ取り治療の選び方②シミ取りの施術効果から選ぶ

シミ取りの治療は施術効果で選ぶこともおすすめです。
治療法によって効果は異なります。

ここでは2つの施術効果からおすすめの治療法を紹介いたします。

一回で確実な効果が欲しい人は「シミ取りレーザー」

一回の施術で高い効果を希望される方はレーザー治療がおすすめです。
特に、ピコスポットは1ヶ所を集中して照射するため確実に効果が欲しい方におすすめの治療方法です。

ただし、肝斑を治療したい方はレーザー治療には注意が必要です。
肝斑を併発している場合、Qスイッチレーザーやピコレーザーのような高出力のレーザーでは逆に症状がひどくなるリスクがあるからです。

自分に合った施術法を知りたい方は、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう。

同時に複数の美白・美肌効果が欲しい人は「レーザートーニング」「光治療」

同時に複数の美白・美肌効果が欲しい方は、レーザートーニング光治療がおすすめです。

レーザートーニングはシミ取りレーザーの照射方法の一つで、低出力でじんわり照射することでコラーゲン等の肌細胞の再生を促すため、ハリツヤのある肌へと導く効果があります。
光治療は複数の波長を組み合わせて照射するため、くすみやシワ、お肌の赤みなど同時に複数の肌悩みにアプローチすることができます。
また、

シミ取り治療の選び方③価格帯から選ぶ

予算に合わせて、価格帯から選ぶことも1つの手です。
予算別でおすすめの治療法を紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

〜1万円

1万円以下の場合、内服・外用療法がおすすめです。
内服薬の場合特に費用を安く抑えることができ、5千円以下で済むこともあります。

ただし、内服・外用療法の場合は効果があらわれるまで時間がかかることを理解しておきましょう。
ある程度期間に余裕を持って治療を受けることが大切です。

1~3万円

1~2万円の場合、レーザー治療がおすすめです。

特に、QスイッチYAGレーザーやQスイッチルビーレーザー、ピコレーザーは、シミ取り治療の効果が高く人気のある治療になります。
自分のシミのタイプに合わせて、レーザの種類や照射方法を選びましょう。

3万円〜

3万円以上の予算を検討されている方の場合、レーザー治療光治療の併用による治療がおすすめです
光治療はくすみやシワ、赤みなど様々な肌悩みに同時にアプローチして解消してくれるという強みがあります。

光治療だけでももちろんシミの改善効果は期待できますが、「シミを確実に綺麗にしたい」という方はレーザー治療との併用が確実です。
併用することで、確実なシミ取り効果と美肌・美白効果を同時に手に入れることができるのでおすすめです。

シミの除去だけでなく、全体的な美白・美肌効果が欲しい人におすすめです。

シミ取り治療の選び方④ダウンタイム・副作用のリスクから選ぶ

通学・通勤をしている方は特に術後のダウンタイムが気になるでしよう。
ダウンタイム・副作用のリスクから選ぶのも1つの手です。

ダウンタイム期間があまり取れない方

ダウンタイム期間があまり取れないという方には光治療ピコレーザー治療がおすすめです。

どちらの治療法も周辺の正常な皮膚にはダメージを与えることなく照射できるため、ダウンタイムが取れないという方におすすめしたい治療法です。

肌へのダメージを最小限に抑えたい方

「肌に負担をかけずに治療したい」という方には、内服薬や外用剤による薬物療法がおすすめです。
他の治療法のように肌に直接作用しないため、肌へのダメージを最小限に抑えられます。

また、レーザー治療のように保護テープの貼付などの術後ケアも必要ありません。
指示された量を守って服用していれば、副作用が起きる可能性も低いです。

ダウンタイム・副作用のリスクが多少あっても確実な効果が欲しい方

ダウンタイムがあっても確実にシミを綺麗に取りたいという方は、レーザー治療がおすすめです。

ピコレーザーQスイッチレーザーは取りたいシミにピンポイントでアプローチできます。

もちろん、レーザー治療は肌に直接作用している分ダウンタイムや副作用が生じる可能性も否定できません。
しかし、アフターケアをきちんと行えば、ダウンタイムの症状は抑えることができるので、過ごし方に注意しましょう。

シミ取り治療の相場と効果、ダウンタイムの比較早見表

ここでは参考までに各シミ取り治療の料金相場と治療効果、ダウンタイムについて比較してみましょう。

レーザー治療ピコレーザー光治療内服薬
料金相場1~3万円1.5〜3.5万円1~2.5万円2,000円〜5,000円
シミ治療の効果
肌質改善効果あり
治療回数5~8回5~10回4~6回個人差あり
ダウンタイムあり(1週間程度)なしあり(5日程度)なし
効果的なシミの種類・老人性色素斑
・肝斑
・そばかす
・ADM
・脂漏性角化症
・老人性色素斑
・そばかす
・肝斑
・ニキビ跡
・老人性色素斑
・そばかす
・肝斑
・ニキビ跡

シミ取り治療|レーザー治療

レーザー治療はシミ取り効果が非常に高く、1回の施術でも治療効果を感じられると人気です。
ダウンタイムは1週間程度で、かさぶたが剥がれていき、綺麗なお肌に仕上がります。

レーザー治療の料金相場は1万円~3万円程です。

Qスイッチレーザーは比較的安く、ピコレーザーの方が少し高く料金設定されているクリニックが多いようです。
ピコレーザー治療でもシミ取り放題プランを利用したり、キャンペーンによって費用を抑えて治療を受けられるクリニックもあります。

シミ取り治療|光治療

光治療は、お顔全体の美白・美肌への効果が高いと人気の治療法です。
特に、老人性色素斑やそばかすなど、表皮にあるシミへの改善効果が高いです。

光治療の料金相場は1万円~2.5万円ほどです。
光治療はレーザー治療に比べて比較的値段が高く設定されていることが多くなっています。

シミ取り治療|内服療法

内服療法は、お肌を傷つけず、身体の内側からケアしていくことができる治療法です。
即効性は期待できませんが、1~2年内服を続けることで、次第に明るいお肌を取り戻していくことができます。

内服料金相場は2千円~5千円ほどです。

他のシミ取り治療に比べて料金はかなり安いです。
すでにできたシミの治療よりも、お顔のくすみ改善やシミの予防効果に期待ができます。

おすすめのシミ取りの治療法について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

シミ取りレーザーのクリニック選びのポイント!

シミ取りクリニックで最重要視すべきは「信頼できるクリニックかどうか」です。

ここではシミ取りレーザーを受ける際のおおまかな流れに沿って、クリニック選びで注目すべきポイントについて解説していきます。
後悔しないクリニック選びのためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カウンセリング・診察の丁寧さ
カウンセリングや診察の丁寧さは、医師に質問しやすい環境であるかを左右する大切なポイントです。施術を成功させるには、施術に関するしっかり希望を伝え、納得した上で施術を受けることが大切です。
また、不安に思っていることや相談したいことなども気軽に医師やスタッフに伝えられる方が、施術後のトラブルを防ぐことができます。美容皮膚科クリニックはカウンセリングが無料で病院が多いです。
まずは無料カウンセリングを受けてみて信頼できるかどうか実際に確かめてみることをおすすめします。
治療実績
シミ取りは多少なりとも肌にダメージを与えるものであるため、綺麗な肌に仕上げるためにも資格や実績のある医師を選びましょう。
美容皮膚科の公式サイトには医師の経歴や症例実績が記載されていることが多いです。
自分の望む施術の経験が豊富な医師か、公式サイトや口コミを参考にしてきちんと調べるようにしましょう。
治療費用
治療費用が適正に設定されているか、費用に関する説明は丁寧かというポイントも大切です。
料金設定が低すぎるクリニックは、追加費用が発生する可能性や施術が雑であるというような何かしらのリスクがある可能性を念頭に入れておきましょう。
また、費用に対する説明が十分でないと、後々トラブルに発展してしまうことも少なくありません。
費用に関して疑問が生じた場合には、トラブルを避けるという意味でも必ず尋ねるようにしましょう。
アフターフォローや保証の充実度
施術後のアフターケアや保証が充実しているかどうかも重要です。
シミ取り治療は施術が終わっても、その後のダウンタイム期間中に肌トラブル等が起きてしまうこともあります。
アフターフォローサービスの制度があるかということや、保証の利用条件などはしっかり確認しておきましょう。
綺麗な肌に仕上げるために、施術だけでなく施術後のサービスの充実度は重視しておきましょう。
アクセスの良さ・予約の取りやすさ
シミ取り治療は施術内容によっては何回か通院する必要があるため、利便性も非常に重要です。
無理して通ってしまうと時間や金銭的にも負担が増してしまい、良くありません。
また、予約の取りやすさも大切です。
契約後、診察や施術の予約が取れない、という事態にならないためにもカウンセリング時に確認しておきましょう。
口コミ評価
実際に体験した方の口コミ評価を参考にすることで、クリニックの実際の雰囲気やサービスを知ることができます。
口コミには良い部分だけでなく、悪い部分も反映されます。
安心して施術を受けるためにも、しっかり調査しておきましょう。
関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんな悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美[…]

シミ取りレーザー技術が高い!おすすめ美容皮膚科クリニックを10院ご紹介

シミ取りの施術ができるクリニックについて知りたい方に向けて、おすすめのクリニックを10院ご紹介します。
施術メニューや料金だけでなく、各クリニックの特徴についても比較していますのでぜひ参考にしてください。

自分に合ったクリニック探しのために、まずは無料カウンセリングを受けることをお勧めします。

湘南美容クリニック

おすすめポイント3つ
  • 制限なしのシミ取り放題のプラン
  • コース契約のお得感
  • 美容内服薬やドクターズコスメが豊富

湘南美容クリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術名シミ取りレーザーレーザートーニングピコトーニングフォトRFデュアルピール
料金(税込)26,000円5,500円11,000円9,980円19,250円
こんな人におすすめ・複数のシミを同時に消したい
・お得にシミ取り施術を受けたい
・シミ・そばかす・肝斑を改善したい
・ダウンタイム・痛みを最小限にしたい
・シミ・そばかす・肝斑を改善したい
・肌ダメージを最小限んした最新治療を受けたい
・シミ・くすみを改善したい
・美白効果・美肌効果も同時に欲しい
・シミ・くすみを薄くしたい
・肌質改善したい
・肌のトーンアップ効果が欲しい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。WEBで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約の受付時間は10:00〜23:00で、土日祝日にも対応しています。
②担当の医師による診察・カウンセリング
施術を担当する医師による診察・カウンセリングを受けます。
施術内容や、どのようなリスクがあるのか、疑問に思うことは全て相談してください。
③カウンセラーによるヒアリング
医師のカウンセリング後にカウンセラーからのヒアリングを受けます。
医師に伝えにくいことなどがあれば相談しておきましょう。
④契約・会計
照射部位に軟膏を塗布し、上から茶色のテープを貼って患部を保護します。
テープの上からであればメイクも可能です。
⑤施術
洗顔後にカウンセリング内容をもとに施術が行われます。術後に顔を隠せるマスクや、メイク直し道具があると便利です。
メイク落とし、洗顔はクリニックに用意があります。
アフターフォロー
自宅でのケアやダウンタイムについて説明を受けます。
施術内容や術後の状態によっては通院が必要です。
口コミ

先生のカウンセリングは丁寧で、時間をかけて説明してくださりとても分かりやすかったです。
カウンセラーさんも術後のことや費用についてなんでも親切に教えてくださいました。
いつまでも悩んでないで一歩踏み出して良かったと思います。

出典:Google map

湘南美容クリニックの基本情報

施設名湘南美容クリニック
店舗情報全国126院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります。
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

TCB東京中央美容外科

おすすめポイント3つ
  • 品質・価格・保証全てがトップレベル
  • 専門医の熟練した高い技術
  • 豊富な施術メニューが選び放題

TCB東京中央美容外科のシミ取り施術メニュー情報

施術名ピコレーザーピコトーニングライトフェイシャルトレチノイン・ハイドロキノン療法(外用療法)
※内服療法との併用を推奨
内服療法
※外用療法との併用を推奨
コラーゲンピールブラックピールハイドラフェイシャルピュアスキン
料金(税込)9,800円9,900円2,040円5,800円5,500円14,100円11,000円16,100円19,650円
こんな人におすすめ・濃いシミ・そばかすを改善したい
・肌をトーンアップさせたい
・短期間で治療を終えたい
・肝斑・そばかす・くすみ・薄いシミを改善したい
・肌ダメージを最小限に抑えたい
・そばかす・くすみ・薄いシミ・赤ら顔を改善したい
・肌質改善効果・美肌効果が欲しい
・小皺・たるみ・毛穴を改善したい
・肌を常に最高の状態にキープしたい
・通院が難しい
・セルフケアで美肌を維持したい
・肌を常に最高の状態にキープしたい
・通院が難しい
・セルフケアで美肌を維持したい
・シミ・そばかす・肝斑・ニキビ跡を改善したい
・皮膚への負担が心配
・刺激を抑えてピーリングしたい
・加齢によるシミを改善したい
・ダウンタイムを過ごしたくない
・最新治療で幅広い美肌効果が欲しい
・アンチエイジングの施術の興味がある
・シミ・シワ・肌の弾力・保湿・美白に効果が欲しい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。WEBやLINEで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約の受付時間は9:00〜23:00で、土日祝日にも対応しています。
②美容カウンセラーとのカウンセリング
受付後に専任の美容カウンセラーからのカウンセリングを受けます。
シミの悩みや、施術の疑問について、わからないことは全て相談しておきましょう。
③担当の医師による診察・カウンセリング
施術を担当する医師による診察・カウンセリングを受けます。
現在の悩みを伝えたり、どのようなリスクがあるのか確認してください。
④契約
施術の料金、効果やリスク、ダウンタイムなどに全て納得できた場合は契約に進みます。予約の空き状況によっては当日の施術が可能です。
後日施術を受ける場合は、施術日の日程を決めます。
⑤施術
洗顔後、カウンセリング内容をもとに施術が行われます。
メイク落としや洗顔の道具はクリニックに用意があります。
⑥アフターフォロー
必要な処置を受け、自宅でのケアについて説明を受けます。
施術内容や術後の状態によっては通院が必要です。
TCB東京中央美容外科の口コミ

初めての美容施術で不安だらけでしたが、先生の丁寧な説明とスタッフさんの親切な対応で、施術を受けるときにはすっかり安心できていました。
出典:Google map

TCB東京中央美容外科の基本情報

施設名TCB東京中央美容外科
店舗情報全国81院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

品川スキンクリニック

おすすめポイント3つ
  • 豊富な経験と高い技術力
  • 完全無料の充実したアフターケア
  • 患者第一で設定した価格・メニュー

品川スキンクリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術名フォトシルクプラス脱!シミ宣言QスイッチルビーレーザーQスイッチYAGレーザーピコレーザーレーザートーニングカーボンピーリングオーロラ(光美白)炭酸ガスレーザーパール美肌コラーゲンピール美白対策セット
料金(税込)7,990円11,990円4,320円4,320円9,790円2,700円10,800円4,320円4,200円2,140円10,800円10,700円
こんな人におすすめ・シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔を改善したい
・毛穴の開き・ニキビ跡にも効果が欲しい
・頑固なシミ・肝斑・くすみを徹底的に綺麗にしたい
・透明感のある素肌を取り戻したい
・シミ・そばかすを取りたい
・青あざを綺麗にしたい
・あざ・シミ・そばかすを改善したい
・混在したシミを綺麗にしたい
・シミ・そばかす・肝斑を改善したい
・ダウンタイム・痛みを極力抑えたい
・色素沈着リスクを下げたい
・肝斑・くすみ・根深いシミ・毛穴の開きを改善したい
・肌のハリ・ツヤが欲しい
・痛くない照射がいい
・幅広い肌悩みを改善したい
・美肌美白をトータルで叶えたい
・シミ・くすみ・赤ら顔を改善したい
・透明感のある肌にしたい
・盛り上がっているシミ・いぼを取りたい
・ニキビ・ニキビ跡も改善したい
・シミ・くすみ・色斑を改善したい
・複数の美肌効果が欲しい
・透明感のある美肌にしたい
・顔・身体にハリが欲しい
・シミ・色素沈着を改善したい
・セルフケアで美肌・美白を維持したい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
電話や公式サイトにてカウンセリングの予約をします。
土日・祝日にお問い合わせいただいた場合、メールでの返信が遅れる可能性があるので注意してください。
カウンセリング・診察
初めにスタッフによるカウンセリングが行われ、次に医師によるカウンセリングが行われます。
肌の状態合ったおすすめの施術を提案してもらえます。
③会計
カウンセリング後、ご納得いただけましたら実際に処置のお申込み手続きとお会計をしていただきます。
④施術
担当医が事前に打ち合わせした方法で施術します。
不安なこと等何かある時は、早めに相談しておきましょう。
⑤アフターケア
当日からメイクが可能です。
シミ取り治療の効果を高めるためにも、日焼け対策や保湿をしっかり行いましょう。)
品川スキンクリニックの口コミ

全体的に親切な方が多い印象でしたが、特に看護師さんのアドバイスが的確で親切で良かったです。
出典:Google map

品川スキンクリニックの基本情報

施設名品川スキンクリニック
店舗情報全国26院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
※店舗によって異なります
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

ガーデンクリニック

おすすめポイント3つ
  • 開院以来20年間の「美の追求」の実績
  • 最新医療の絶え間ないアップデート
  • 日本形成外科学会認定の高度な技術

ガーデンクリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術名ピコレーザーピコシミ取り放題ピコレーザートーニングIPL治療YAGレーザー美肌点滴ビタミンCイオン導入
料金(税込)3,300円220,000円22,000円22,000円33,000円5,500円33,000円
こんな人におすすめ・目立つシミがある
・痛みとダウンタイムを軽減したい
・1回で高い治療効果が欲しい
・シミの数が多い
・制限のないシミ取り放題プランがいい
・肝斑を治療したい
・顔全体のトーンアップ効果も欲しい
・シミ以外の肌トラブルも解決したい
・肌のハリやキメを取り戻したい
・痛みのない施術がいい
・頑固なシミを除去したい
・高い治療効果が欲しい
・美肌力を高めたい
・肌の内側からシミを改善したい
・シミ・シワ・ニキビ・ニキビ跡を一気に治療したい
・乾燥肌を改善したい
・美白効果が欲しい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①問い合わせ・予約
顔や肌、身体の美容に関する悩みを問い合わせることができます。
詳しく話を聞きたい場合はカウンセリング予約を行いましょう。
WEBと公式LINEで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約は年中無休で9:00~22:00の時間で対応しています。
②医師によるカウンセリング
ドクターが悩みを丁寧にカウンセリングしてくれます。コンプレックスに感じてることは、些細なことでも相談しておきましょう。
希望の仕上がりやダウンタイムなどを考慮して、一人一人に応じた施術法を提案してくれます。
③会計
施術が決まったら、都合の良い日時で施術日を予約します。
会計は施術当日に行います。
④施術
施術当日は、術前チェックが行われ、悩みの部位と仕上がりをしっかりと再確認した上で、ドクターが丁寧に施術を行っていきます。
事前に洗顔など、準備が必要な施術もあるため、スタッフの案内に従いましょう。
⑤アフターケア
術後の経過を拝見するため、無料で定期検診を行ってくれます。自宅で不安に思った点や疑問点も随時電話やメールにて相談できます。
患者が満足のいく仕上がりを追求するため、ドクターとスタッフが手厚くサポートしてくれます。
ガーデンクリニックの口コミ

丁寧に説明してくれ、対応もよくわかりやすかったです。
細かい質問等なども丁寧に答えてくれました。

出典:Google map

ガーデンクリニックの基本情報

施設名ガーデンクリニック
店舗情報全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日年中無休
予約方法WEB・電話・公式LINE
公式サイトはこちら

エトワールレジーナクリニック

おすすめポイント3つ
  • 肌診断機で、肌の状態を正確に把握
  • 1年間のシミ取り放題プラン
  • シンプルで安心な料金設定

エトワールレジーナクリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術名ピコトーニングピコスポットシミ取り放題コンビネーションフォトフェイシャル
料金(税込)8,580円3,278円60,500円32,700円16,400円
こんな人におすすめ・シミを改善したい
・顔全体の美白・美肌効果も欲しい
・シミそばかす・肝斑を除去したい
・痛み・ダメージ・ダウンタイムを抑えたい
・顔全体のシミ・そばかすを改善したい
・一回で全部のシミを取り切りたい
・シミ・そばかすを綺麗にしたい
・ニキビ跡や毛穴改善も同時に行いたい
・肌のキメ・ハリ、美白効果も欲しい
・美白、シミ・そばかす、毛穴、肌のキメ・ハリに同時に効果が欲しい
・火傷リスクを抑えたい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。
友人や家族とのペアカウンセリングにも対応しています。WEBで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約は平日12:00〜21:00、土日祝日は11:00〜 20:00の時間で対応しています。
②女性スタッフによるカウンセリング
プランや支払い方法、解約の手続きについて説明があります。
そのほか、料金や施術に対して不安に思っていることを相談しましょう。
③担当の医師による肌診断・診察・カウンセリング
施術を担当する医師による肌診断・診察・カウンセリングを受けます。肌診断・診察に15分、カウンセリングに90分ほど時間がかかります。
肌診断は皮膚画像解析システム「VISIA(ビジア)」を使用して行われます。シミ、肝斑、くすみ、隠れジミ、毛穴、シワ、キメ、赤ら顔、ニキビなどのあらゆる肌状態を数値化し、今の肌評価を客観的に知ることができます。
肌診断を行うことで、肌の状態に合わせた最適な治療法がわかります。
④契約・会計
施術の料金、効果やリスク、ダウンタイムなどに全て納得できた場合は契約に進みます。
当日の施術には対応していないため、初回の施術日の日程を決めます。
⑤施術
洗顔後、カウンセリングをもとに施術が行われます。
メイク落としや洗顔はクリニックに用意があります。
⑥アフターフォロー
自宅でのケアについて説明を受けます。
施術内容や術後の状態によっては通院が必要です。
エトワールレジーナクリニックの口コミ

全体のくすみ感やシミが気になって利用しました。カウンセリングを他のクリニックよりも丁寧に詳しくカウンセラーさんが説明をしてくれるので安心して施術を受けることができます。他の美容皮膚科よりもお値段がお安くコースで組んだ方が最終的に安く済むのでコースで契約しました。綺麗になれるように残り回数がんばってみようと思います。

出典:Google map

エトワールレジーナクリニックの基本情報

施設名エトワールレジーナクリニック
店舗情報東京2院
詳細はこちら
営業時間【月~金】12:00 ~ 21:00
【土日祝】11:00 ~ 20:00
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニック

おすすめポイント3つ
  • 院長の豊富な症例実績【5万件以上】
  • 徹底したカウンセリング
  • 痛みや腫れを最小限に

もとび美容外科クリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術ピコトーニングピコスポットピコフラクショナルフォトシルクプラスエレクトロポレーション
料金(税込)13,200円10,780円32,780円15,180円10,010円
こんな人におすすめ・顔全体のシミ・くすみを改善したい
・肝斑を薄くしたい
・一個大きなシミを改善したい・シミ・くすみを減らしたい
・キメ・ハリも一緒に整えたい
・シミ・そばかす・くすみを綺麗にしたい
・ニキビ跡や毛穴改善も同時に行いたい
・肌荒れ・シミ・そばかすを防止したい
・ニキビ・ニキビ跡を治したい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。WEBで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約は10:00~19:00の時間で対応しています。
カウンセリング
プランや支払い方法、解約の手続きについて丁寧な説明があります。
初めての施術で不安な方もリラックスしてカウンセリングを受けられるように配慮してくれています。
③担当の医師による診察・カウンセリング
患者本人の悩みや希望を確認した上で最適な施術を提案してもらえます。
施術方法の詳細についても解説するので、疑問点はここで聞いておきましょう。
④申し込み・支払い
施術申込書の記入を行い、その際に施術後の注意事項を説明してもらいます。
施術当日は認め印を持参する必要があります。
⑤施術
洗顔後、カウンセリングをもとに施術が行われます。
理想の仕上がりを叶えるのは当然として、安心・安全を最優先にして施術を行います。
⑤アフターケア
自宅でのケアについて説明を受けます。
不安なことがある場合はいつでも相談することができます。
もとび美容外科クリニックの口コミ

カウンセリングも余計な営業は一切なく誠実な提案、アドバイスがとても助かり、良い手術法を見つけることができました。
注射なども上手く、痛くない、結果が出る、一番良い美容外科さんでした。
色々なところに行きましたが、営業がすごかったり、インスタがたくさん出てる割に失敗されたりでどこに行ったらよいか一時期わからなくなりましたが、余計な話もなく美の相談が安心してできました。
友達にもすすめたいと思います。

出典:Google map

もとび美容外科クリニックの基本情報

施設名もとび美容外科クリニック
店舗情報新宿院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
※公式HPのカレンダーに記載
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

品川美容外科

おすすめポイント3つ
  • 初回限定のお試し価格
  • 施術箇所を細かく指定可能
  • 継続しやすい料金設定

品川美容外科のシミ取り施術メニュー情報

施術名オーロラ(光美白)脱!シミ宣言レーザートーニングQスイッチYAGレーザーQスイッチルビーレーザーフォトシルクプラスカーボンピーリングピコレーザーレチノールピールコラーゲンピールトラネキサム酸(内服薬)ナノHQクリームEX(外用薬)
料金(税込)4,320円11,990円2,700円4,320円4,320円7,990円10,800円9,790円16,500円10,800円2,120円2,200円
こんな人におすすめ・シミ・くすみ・赤ら顔を改善したい
・透明感のある肌にしたい
・頑固なシミ・肝斑・くすみを徹底的に綺麗にしたい
・透明感のある素肌を取り戻したい
・肝斑・くすみ・根深いシミ・毛穴の開きを改善したい
・肌のハリ・ツヤが欲しい
・痛くない照射がいい
・あざ・シミ・そばかすを改善したい
・混在したシミを綺麗にしたい
・あざ・シミ・そばかすを改善したい・シミ・そばかす・くすみ・赤ら顔を改善したい
・毛穴の開き・ニキビ跡にも効果が欲しい
・幅広い肌悩みを改善したい
・美肌美白をトータルで叶えたい
・シミ・そばかす・肝斑を改善したい
・ダウンタイム・痛みを極力抑えたい
・色素沈着リスクを下げたい
・くすみ・小皺・ニキビを改善したい
・ハリ・弾力が欲しい
・透明感のある美肌にしたい
・顔・身体にハリが欲しい
・肝斑・そばかす・炎症後色素沈着を改善したい
・通院が難しい
・美白効果とシミ予防効果が欲しい
・くすみを改善したい
・レーザー治療を受ける前に試したい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①予約
必要事項に回答して、カウンセリングの日程を決めます。WEBで24時間365日インターネット予約の利用が可能です。
電話予約の受付時間は10:00〜22:00で、土日祝日にも対応しています。
②担当の医師による診察・カウンセリング
施術を担当する医師によるシミの状態の診察やカウンセリングを受けます。
施術内容や効果、リスクについて気になることは確認しておきましょう。
③洗顔
施術前に洗顔が必要です。メイク落とし、洗顔料、タオル等はクリニックに用意があります。
メイク直しをしたい場合は、化粧品を持参しておく必要があります。
④施術
カウンセリング内容をもとに施術が行われます。
施術時間は施術内容によって異なります。
⑤アフターケア
自宅でのケアや術後の注意点などについて説明を受けます。
施術内容や術後の状態によっては通院が必要です。
品川美容外科の口コミ

カウンセリングの時間ぴったりに呼ばれました。カウンセラーさんの押し売りなく、必要なものだけ提案、とても親切に色々お話してくださいました。
先生の診察もすぐ案内され、先生は誕生日同じですね〜と声をかけてくれたり、当日施術希望だったため、お待ちいただく可能性がありますと言われたけど5分くらいで呼ばれました!土曜で患者さんも多かったですが、全然待ち時間なかったです。
看護師さんも痛いですよねと終始声かけながら施術してくれて、痛かったけどとても満足のいく治療でした。1時間半くらいでカウンセリング〜施術まで終わったと思うのでとてもスムーズでした。

出典:Google map

品川美容外科の基本情報

施設名品川美容外科
店舗情報全国18院
詳細はこちら
営業時間10:00〜20:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

東京美容外科

おすすめポイント3つ
  • 熟練医師達による高度な技術
  • 開院から20年以上医療事故ゼロ
  • アフターケアの充実度

東京美容外科のシミ取り施術メニュー情報

施術名ピコレーザーピコトーニングルメッカ(IPL治療)
料金(税込)3,300円49,500円27,500円
こんな人におすすめ・シミ・そばかすを改善したい
・シミがはっきりしている
・肝斑・薄いシミ・そばかすを除去したい
・炎症後色素沈着を起こしたくない
・肌のハリ・ツヤアップもしたい
・シミ・そばかす・赤ら顔を改善したい
・短期間でシミを取りたい
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

施術を受けるまでの流れ

①予約
電話やメールによるお悩み相談・無料カウンセリング・診療のご予約ができます。
匿名での問い合わせも受け付けています。
②カウンセリング・診察
要望を確認して希望に沿った施術が行えるように、医師によるカウンセリングが行われます。
その際、施術方法や施術内容を詳しく説明してもらえます。万が一疑問点がある場合は、納得がいくまで確認してください。
③申し込み・会計
カウンセリング後、ご納得いただけましたら実際に処置のお申込み手続きとお会計をしていただきます。施術内容や料金に同意を得られれば、お申込みと料金のお支払いをします。
※お申込みの際にはシャチハタ以外の認印が必要です。
④写真撮影
変化を実感していただくために、施術前後の写真撮影を行います。
⑤施術
担当医師による施術が行われます。
化粧をしている方は事前に落とす必要があります。
⑥アフターケア
アフターケアは完全無料です。
きめ細やかなアフターフォローが充実しています。
東京美容外科の口コミ

先生もとても親切で親身にお話を聞いてくださり、看護師の方達もとても印象が良いです。アフターケアもしっかりしていたのでおすすめです♪

出典:Google map

東京美容外科の基本情報

施設名東京美容外科
店舗情報全国20院、海外1院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00 (予約制)
※店舗ごとに異なります
定休日年末年始など ※不定休のため要確認
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

TAクリニック

おすすめポイント3つ
  • ダウンタイムが短く負担が少ない
  • 希望や要望に沿った施術
  • プライバシーの保護の徹底

TAクリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術名シミ取りレーザーレブライトSIピコレーザー
料金(税込)5,500円21,500円22,000円
こんな人におすすめ・シミ・そばかす・肝斑を改善したい
・炎症・ダウンタイムリスクを抑えたい
・肝斑・ADM・シミ・そばかす・色素沈着を改善したい
・肌質改善・エイジングケアの効果も欲しい
・肝斑・くすみを改善したい
・短期間で高い治療効果が欲しい
詳細公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①カウンセリング
シミの種類によって効果的な治療方法を紹介してもらえます。しっかりとヒアリングを行った上で施術を検討してくれるので安心です。
疑問点などがあれば気軽に質問しましょう。
②メイク落とし
メイクしている場合は個室でメイクを落とす必要があります。
ノーメイクで来院した方がスムーズになります。
③施術
施術では軽い痛みを伴うことが多いです。
痛みの感じ方には個人差があるため、痛みに弱い方はあらかじめ伝えておきましょう。
麻酔の使用を検討していきます。
④アフターケア
施術後の注意点などを説明してもらえます。
保湿や紫外線対策が大切になります。
TAクリニックの口コミ

他院でもカウンセリングを受けましたが、こちらのスタッフさんと先生が1番優しかったのでこちらに決めました。施術は緊張する事なく受けることができ、アフターフォローまで本当に丁寧なご対応でした。手術後は痛みもあり不安もありましたが、1週間、1ヶ月と先生にしっかり検診していただいて、不安なく過ごせました。ありがとうございました。

出典:Google map

TAクリニックの基本情報

施設名TAクリニック
店舗情報全国8院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
※各クリニックによって異なります
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

銀座よしえクリニック

おすすめポイント3つ
  • 一人ひとりの想いに向き合った医療
  • チーム医療による質の高い診療
  • 大学病院の連携医療協力機関の信頼度

銀座よしえクリニックのシミ取り施術メニュー情報

施術ピコレーザーPQXシミ取り放題シミ取りYAGレーザーレーザートーニングフォトフェイシャルM22BBL光治療ライムライト(IPL)高濃度VC点滴
料金(税込)12,100円55,000円
※個数制限なし
11,000円11,000円25,300円19,800円14,300円7,700円
こんな人におすすめ・シミ・そばかすを改善したい
・毛穴の開き・くすみ・肌色の改善効果も欲しい
・濃いシミ・細かいシミ・大きいシミを消したい
・短時間でシミをまとめて改善したい
・濃いシミを消したい
・一回で施術を終わらせたい
・シミ・肝斑・くすみ・炎症後色素沈着を改善したい
・肌へのダメージを小さくしたい
・施術時間を短くしたい
・くすみ・そばかす・シミを改善したい
・シワ・たるみ・毛穴・赤ら顔改善効果も欲しい
・ダウンタイムを気最小限にしたい
・シミ・そばかす・くすみに幅広く効果が欲しい
・ダウンタイムなしで即効果が欲しい
・幅広く複数の肌のくすみを同時に改善したい
・肌質改善効果も欲しい
・シミ・肝斑を改善したい
・即効性が欲しい
・フェイシャル施術と同時に行いたい
詳細

公式サイト

公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

施術を受けるまでの流れ

①カウンセリング予約
電話や公式サイトにてカウンセリングの予約ができます。お急ぎの方は電話での予約をおすすめします。
②カウンセリング
肌の状態に合わせて効果的な施術方法を紹介してもらえます。
施術に関して不安な点も早めに聞いておきましょう。
③施術
ほくろの場合は麻酔をしますが、シミの場合には基本的に麻酔はせずに施術が行われます。
④アフターケア
照射部位に軟膏を塗布し、上から茶色のテープを貼って患部を保護します。
テープの上からであればメイクも可能です。
銀座よしえクリニックの口コミ

いつもお世話になっております。他の美容クリニックに比べて料金設定はやや高めですがその分質は良いです。どの患者様にも丁寧に対応しあまりまたせずスムーズに案内してくれます。周りにも紹介したくなるようなクリニックだと思います!

出典:Google map

銀座よしえクリニックの基本情報

施設名銀座よしえクリニック
店舗情報全国7院
詳細はこちら
営業時間【平日】10:00~19:00
【土日・祝日】10:00~18:00
※各クリニックによって異なります
定休日年末年始
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら
関連記事

年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。昔のニキビやかぶれが、シミとなってお肌に残ってしまったことに悩んでいる方もいるかもしれません。実は一言でシミと言ってもシミにはたくさんの種類があり、お肌をきれいにするにはそれぞれに合った[…]

シミ取りおすすめ美容皮膚科クリニック10選

シミ取りレーザーは本当に効果があるの?

シミ取りレーザーは実際、どのような効果があるのでしょうか?

ここではシミ取りレーザーがもたらす代表的な5つの効果について解説していきます。
ただし、治療の効果や副作用には個人差があるため、あくまで参考程度ととらえてくださいね。

1度の治療で感じられるほどの効果の高さ

美容医療の中には何回か通院する必要な治療もあり、面倒なイメージを持たれている方も少なくありません。

しかし、レーザーによるシミ取り治療は一度でも高い効果を感じられる場合が多いです。
なぜなら、シミ取りレーザー治療は除去したいシミにピンポイントでアプローチするためです。

治療ではまず、レーザーの熱によってシミの原因であるメラニンを破壊します。
レーザーの熱は同時にお肌のターンオーバーも促すため、メラニンの排出が進み、どんどんシミを薄くしていくのです。

シミの程度によっては、複数回通わなければならない場合もありますが、効果は1回の施術で感じられるはずです。

周辺の皮膚を痛めずにシミを狙い撃ちする

シミ取り治療に使用されるレーザーには2種類あります。
主にメラニン色素だけを感知してレーザーを照射するタイプと、通常の肌色と異なる色を感知して照射する2つのタイプです。

どちらにしろ、シミ取りレーザーは患部周囲の正常な皮膚を傷つけることなく、対象のシミだけを狙い撃ちします。
そのため、治療で周りのお肌を傷つけたくない方にはレーザー治療をおすすめします。

セルフケアでは消せないシミも除去できる

セルフケアでシミ取りをすることは可能ですが、中には消えないシミがあります。

消えにくいシミは以下の通りです。

  • そばかす
  • 脂漏性角化症
  • ADM

上記に当てはまるシミを完全に除去するためには医療機関で治療を受けることが必要となります。

また、セルフケアで除去できるシミであってもすぐに効果を出すには限界があります。
すぐに消したいシミがある場合は、レーザー治療を受けることがおすすめです。

塗布薬や内服薬によるシミ取りよりも効果が高い

シミ取りの方法は、レーザーの他にクリーム等の塗布薬や内服薬によるものがあります。
薬剤系は皮膚科で処方されますが、レーザー治療の方が得られる効果は高くなります。

クリームや内服薬による治療は、どうしても効果が出るまで時間がかかってしまいます。
レーザー治療は即効性があり、確実にシミを取ることが可能です。

費用を抑えて美肌を手に入れることができる

シミ取りレーザー治療は、他の美容医療に比べて良心的な料金設定であることが特徴です。
また、シミの種類によっては、保険適用となるものもあるため、さらに費用を押さえてシミを取ることができます。

シミは気になるけれど値段が心配、といった方は一度安価なクリニックを探してみることをおすすめします。

”TCBクオリティを安心価格で提供!「今からでも遅くない」シミ取り治療”

”シミ取りレーザーなら”TCB東京中央美容外科
公式サイトはこちら

シミ取りレーザーで取れるシミとは?

シミの種類

シミには全部で7つの種類が存在し、それぞれに特徴があります。
ここでは、それぞれのシミの症状や特徴の解説と、レーザー治療の適用になるシミの種類について解説していきます。

シミの種類特徴原因
老人性色素斑・円形
・茶褐色〜濃い茶色
・どこにでもできる
・紫外線
・摩擦
そばかす・直径5mm以下で小さい粒状
・薄茶色
・頬骨の上〜鼻にできる
・左右対称に横一直線
・遺伝
・紫外線
肝斑・モヤモヤとした形
・薄茶色
・頬骨、額、口周りにできる
・左右対称に発生
・女性ホルモンのバランスの乱れ
ADM・斑点状
・茶色、灰色、青色
・額、両頬骨にできる
・不明
炎症後色素沈着・茶褐色
・かつて炎症が起きた箇所に発生
・炎症(ニキビ、かぶれ、虫さされ等)
脂漏性角化症
(老人性イボ)
・イボのように隆起
・表面がざらざらしている
・茶色、黒色
・手の甲と足の裏以外に発生
・加齢

老人性色素斑(日光黒子)

老人性色素斑(日光黒子)は、最も一般的なシミです。

円形で、大きさは個人差があります。
色は茶褐色で、顔だけではなく、手の甲や腕など、どこにでもできてしまう可能性も少なくありません。

20代でもできる可能性があるものの、30代以降で多く発生します。
放置しておくと、数や色が濃くなってしまう可能性があります。

そばかす

そばかすは、思春期あたりの若いうちから発生するシミです。
遺伝する可能性もあるといわれています。

そばかすはどこにでもできる可能性がありますが、多くは頬骨の上から鼻にかけて左右対称に横一直線に発生しています。
薄茶色で5mm以下の小さい粒状のシミが左右対称にたくさんできてしまうことが特徴です。

季節によって色が変化することもそばかすの特徴になります。
紫外線の強い春から夏は色が濃くなります。

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)は、左右対称にもやもやと目の周りを避けるような形で発生する薄い褐色のシミです。
主に頬骨あたりに発生しますが、額や口周りに発生することもあります。
左右対称に発生することが肝斑の特徴です。

肝斑の発症年齢は30代~40代に多く、症状が見られるのは主に50代後半までです。
尚、肝斑は閉経後にシミが薄くなるということもあり、60代以降の方に発生する方はほとんどいません。

肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因と言われています。
妊娠や病気、経口避妊薬が原因で女性ホルモンのバランスが乱れるときに症状が出たり悪化したりします。

いずれは薄くなるシミですが、目立つ場所にできるため、気になる方は取ってしまうことをおすすめします。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は「遅発性両側性太田母斑」ともいい、後天性のアザになります。

皮膚は「表皮」「真皮層」「皮下組織」の3層から構成されています。
通常のシミは「表皮」部分にできますが、ADMは「真皮層」にできるため、通常のシミと比較して皮膚の奥にできているということになります。

発生する場所は額や両頬骨あたりが典型的で、複数のくすんだシミがまとまる形でできることが多いです。
発生時期は10代後半から30代にかけてで、多くは20代〜30代で発生するといわれています。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着はいわゆる「くすみ」といわれているものにあたります。
様々な皮膚の炎症が起きた後、炎症の跡として皮膚の色素が沈着してしまうことによるシミです。

炎症後色素沈着の原因として考えられる皮膚の炎症は以下の通りです。

  • やけど
  • ニキビ
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • アトピーなど皮膚炎
  • 切り傷

発生しやすい年齢はなく、誰しもに発生する可能性があります。
このタイプのシミは、自然消滅することもありますが、可能性としては低いため、気になる方は医療機関でのシミ取りが必要です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、30代以降の男女に性別関係なくあらわれるシミです。
形はイボのようなものもあれば、平らなものもありますが、触ると表面がザラザラしているという特徴があります。

手の甲や足の裏以外、どこにでも発生する厄介なシミで、色は茶色や黒色です。

老人性イボ」ともいわれており、年齢を重ねるにつれてできやすいシミになります。
さらにシミが進行して悪化する可能性があります。
具体的には大きくなってしまったり、数が増えてしまうなどです。

シミ取りのレーザーの種類とは?どのレーザーを選べばいいの?

シミ取りレーザー治療によく使われているレーザーや照射方法は合わせて主に6種類あります。

各レーザーについてそれぞれの特徴を紹介していきます。
また、シミの種類ごとにどのレーザーを選ぶべきなのかも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

シミ取りレーザーの治療で使われるレーザー

シミ取り治療に用いられる美容レーザーはそれぞれ固有の波長を持っており、得意とするシミの種類や症状が異なります。

シミ取りレーザーとして代表的に用いられている6種類の美容レーザーをご紹介します。

レーザー名・治療名QスイッチYAGレーザーレーザートーニングピコスポットピコトーニングルビーレーザー炭酸ガスレーザーIPL(光治療)
特徴・短時間・高出力でピンポイント照射
・2種類の波長で幅広いシミに適応
・低出力で広範囲に均一に照射・超短時間・高出力でピンポイント照射
・レーザーの衝撃波でメラニンを破壊
・超短時間・低出力で広範囲に照射
・レーザーの衝撃波でメラニンを破壊
・短時間・超高出力でピンポイント照射
・メラニン色素の吸光率が最も高い
・表皮層の病変部にピンポイント照射・長時間・低出力で広範囲にじわじわ照射
・複数の波長の光で照射
効果・1回の照射効果が高い
・コラーゲン生成を促進
・メラニンを破壊せずに減らせる
・コラーゲン生成を促進
・最小限の痛み・肌ダメージで治療
・炎症後色素沈着のリスクが低い
・メラニン生成が抑制される
・肌のトーンアップ・毛穴の改善効果
・1回の照射効果が高い
・少ない治療回数で済む
・隆起した病変部を削り取る
・止血効果
・シミ以外の肌悩みも同時に改善
・肌質改善や美肌効果が期待できる
得意なシミ・濃いシミ
・そばかす
・あざ
・肝斑
・炎症後色素沈着
・くすみ
・一般的なシミ
・そばかす
・あざ
・炎症後色素沈着
・肝斑
・炎症後色素沈着
・くすみ
・茶色いシミ
・そばかす
・あざ
・脂漏性角化症・薄いシミ
・そばかす
・くすみ
照射回数目安1回5-10回1回5-10回1回1回5-6回
ダウンタイム10日程度なしなしなし3-14日程度4-7日程度なし
稀にある副作用・軽い火傷
・色素沈着
・白斑
・赤み
・色素沈着
・白斑
・腫れ・赤み
・内出血
・感染症
・色素沈着・色素脱失
・腫れ・赤み
・内出血
・感染症
・色素沈着・色素脱失
・軽い火傷
・瘡蓋
・色素沈着
・白斑
・赤み
・色素沈着
・瘢痕・凹み
・赤み
・色素沈着
・感染症
料金目安4,320円/1mm×1mm
品川スキンクリニック
2,700円/回
品川スキンクリニック
3,278円/直径1cm未満
エトワールレジーナクリニック
8,580円/回
エトワールレジーナクリニック
4,320円/1mm×1mm
品川美容外科
4,200円/回
品川スキンクリニック
7,990円/回
品川スキンクリニック
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

Qスイッチヤグ(YAG)レーザー

Qスイッチヤグレーザーは2種類の波長(532nm、1064nm)を皮膚の深層度によって使い分けることのできるレーザーです。
メラニン色素に吸収されるという特徴を生かして超短時間かつ高エネルギーの照射を行うことで、周辺の正常組織を傷つけることなくピンポイントで病変部を破壊することができます。

色素選択の幅が広いことで、シミやそばかす、あざ、肝斑等の多様な症状に対応することができます。
また、レーザーによる温熱効果で皮膚のコラーゲン生成が促されるため、肌のハリやキメの回復、唇の色味改善にも効果があります。

照射後は10日程度、照射部位が火傷のような状態になるため、保護テープによる保護が必要になります。
尚、施術時の痛みはほとんどありません。

レーザートーニング

レーザートーニングでは低出力なレーザーを均一に広範囲に照射し、メラニン色素に働きかけます。
高いピークパワーによってメラニンを破壊しますが、周辺組織への熱刺激を最小限に抑えて照射することができるので、肝斑の治療によく用いられます。

一度の照射での治療効果は通常のレーザーと比べて弱いですが、レーザーに反応したメラニンは少しずつ破壊・排出されていくため、施術を重ねる度に効果を実感することができます。
レーザートーニングの場合、一般的には2週間~1ヶ月の間隔で、5回以上の施術が推奨されます。

また、波長が長く皮膚の奥にレーザーが届くため、コラーゲンやエラスチンの合成促進効果もあります。
その結果、肌のトーンアップや毛穴の引き締め、肌のハリ・弾力を出す効果も期待できます。

ピコレーザー

ピコレーザーとは、「ピコ秒」という非常に短いパルス幅でレーザー照射する施術です。

熱ではなくレーザーの衝撃波で色素を破壊して、少しずつメラニン色素を分解・排出しすることでシミやくすみを薄くしていくため、肌へのダメージを最小限にすることができます。

照射時間が短いため、痛みを感じる時間も短く、施術後の赤みや点状出血等のダウンタイムがない点も特徴的です。
肝斑やシミ・そばかすだけでなく、肌全体の美白効果や、開いた毛穴の対策も期待できます。

シミ取りの施術に用いられる施術方法は2種類あります。

①ピコスポット

患部にピンポイントで高出力照射を行って色素性病変の除去を目指します。
非常に短時間での照射のため、周辺の肌組織へのダメージが少なく、色素沈着のリスクも低いです。

②ピコトーニング

低出力のレーザーを照射し、肌へのダメージを最小限に抑えながら顔全体のメラニン生成を抑制します。
くすみやシミ、そばかす、肝斑への効果に加え、肌のトーンアップやハリアップ、毛穴改善の効果が期待できます。

【厳選3選!】ピコレーザーの人気おすすめクリニックをご紹介!

ピコレーザーの施術で人気のクリニックを3院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニックエトワールレジーナクリニックTCB東京中央美容外科品川スキンクリニック
【ピコレーザー】
料金
ピコスポット
3,278円
ピコレーザー
9,800円
ピコレーザー
9,790円
おすすめポイント・肌診断機の精密な分析に基づいた治療
・ピコレーザーの豊富な治療メニュー
・初めての方でも安心
・品質・価格・保証全てが一流
・美容皮膚の専門家が治療
・1300万件以上の症例数を誇る実績
カウンセリング0円0円0円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ルビーレーザー

メラニン色素に高い吸光度を持つ波長の光を用いるレーザーです。
パルス幅が短いため、照射部位周囲への熱伝導がなく正常皮膚への影響が小さいことが特徴です。

ダウンタイムは、茶色いかさぶたが形成されることがありますが、基本的に3-14日で脱落します。
ダウンタイム期間は保護テープや紫外線予防で肌を保護することが必要です。

ルビーレーザーは出力が極めて高いため、照射回数を少なくしたい人に向いていといえます。

炭酸ガスレーザー

皮膚組織中に含まれる水分に反応することで熱エネルギーに変換される炭酸ガスの特徴を利用したレーザーです。
病変部の皮膚組織を限局的に蒸散させて皮膚を削り取ることで、隆起したホクロやイボを除去することができます。

レーザーの深達度が浅いため、周辺の皮膚組織への侵襲が少なく、ピンポイントで照射することが可能です。
また、毛細血管が熱凝固されることにより、ほとんど出血せずに切除することが可能です。

IPL(フォトフェイシャル)

IPLはレーザーではなく、光を用いた「光治療」です。
光治療は、複数の波長の光を、長いパルス幅で低出力のエネルギーで照射します。

様々な波長を組み合わせるため、シミやそばかす、小皺、赤み、ニキビ跡等の症状を同時に改善することができます。
また、照射時間が長いため、顔全体のトーンアップや根本的な肌質改善効果も期待できます。

どのレーザーを選べばいい?シミの種類別に解説

シミ取りレーザーの治療で高い効果を得るためには、シミの種類ごとに適切なレーザーを選択することが重要です。
シミの種類別におすすめのレーザーを解説します。

老人性色素斑・そばかす

老人性色素斑とそばかすの治療におすすめなレーザーはQスイッチYAGレーザー・ルビーレーザー・ピコスポット・光治療です。

その中でも、具体的な希望や症状にあったレーザーは以下の通りです。

希望・症状おすすめの治療法
・シミが濃い・大きい
・ダウンタイムがあってもOK
・とにかく高い照射効果が欲しい
QスイッチYAGレーザー
ルビーレーザー
・薄いシミ
・ダウンタイムない方がいい
ピコレーザー
・シミ取り以外の美肌効果も欲しい
・トーンアップもしたい
光治療

肝斑

肝斑の治療におすすめなレーザーは、レーザートーニング・ピコトーニングです。

レーザートーニングは、ピコトーニングより波長が長く、真皮層までレーザーが達する特徴があります。
一方、ピコトーニングは衝撃波でメラニンを破壊するため、炎症後色素沈着や周辺の肌組織へのダメージのリスクが抑えられるという特徴があります。
尚、費用相場は、より最新治療であるピコトーニングの方が1回の施術料金が1.5倍ほど高くなります。

希望・症状おすすめの治療法
・炎症後色素沈着等のリスクを抑えたい
・より早く治療効果を実感したい
ピコトーニング
・費用を抑えたい
・全体の治療回数が少なく済みそう
・真皮層を刺激して肌のハリもアップさせたい
レーザートーニング

シミの症状によっては希望するレーザーを選択できない可能性もあるためカウンセリング時に医師ときちんと相談するようにしましょう。

ADM・遅発性太田母斑

ADM・遅発性太田母斑の治療におすすめなレーザーはQスイッチYAGレーザー・ルビーレーザーです。

ADM・遅発性太田母斑の場合、真皮という深層組織にメラニンが存在するため、表皮層に作用するレーザーでは治療効果は期待できません

尚、ADM・遅発性太田母斑は肝斑と間違われやすいことに注意が必要です。
実は肝斑であったのに、ADM・遅発性太田母斑と勘違いして高出力のレーザーを照射した場合、肝斑が悪化するリスクが高くなります。

医師の診察を受ける際に、自分でもきちんとその点のリスクを理解しておきましょう。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、基本的に経過観察で消退することが多い疾患です。

炎症後色素沈着を早く治したい場合は、ビタミンCの内服トラネキサム酸・ハイドロキノンを含む塗布薬での治療が一般的です。
レーザーによる治療を望む場合は、ピコトーニングがおすすめです。

炎症後色素沈着の治療では、肌のターンオーバーを促し皮膚表面に蓄積されたメラニンを排出することが最も大切になります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症の治療におすすめなレーザーは、炭酸ガスレーザーです。

炭酸ガスレーザーで照射することでイボの隆起の程度に関係なく、1回で病変部をきれいに取り切ることができます。
ただし、「費用を抑えたい」「ダウンタイムがない方がいい」という方は、冷凍凝固法も選択することができますので、検討してみてください。

シミ取りレーザーのデメリットはある?施術を受ける前に注意点を知っておこう!

シミ取りレーザーには様々なメリットがある一方で、多少のデメリットもあります。

安全性が高いシミ取りレーザーですが、失敗する可能性も否定できません。

ここでは失敗する事例や原因、注意点についても解説していきます。
シミ取りを成功させるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

施術時に痛みを感じることがある

シミ取りレーザーは、熱を使用していることもあり、痛みを感じる可能性があります。
痛みとしては、ゴムではじかれたような軽い痛みです。

我慢できないような痛みではありませんが、痛みを感じやすい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
痛みを感じやすい方のために、麻酔クリームを用意してくれるクリニックもあります。

肌の炎症や赤みが出ることがある

シミ取りレーザーは、照射後軽い火傷を起こしたような形になります。
そのため、肌の炎症や赤みを起こしてしまう可能性もあります。

しかしこの炎症は一時的なものです。
特に問題はありませんが、気になる方はクリニックに相談することをおすすめします。

また施術後もスキンケアを怠らずしっかり行うことや、紫外線をケアして皮膚にダメージを与えないようにしましょう。

レーザー後の炎症後色素沈着が濃く出ることがある

レーザー治療により肌に炎症が起きた後、色素沈着によるシミが発生する可能性があります。
しかし色素沈着は時間経過とともに治ることがほとんどです。
長くとも1年後には治っていくでしょう。

ただし、紫外線を浴びると、炎症後色素沈着は消えにくくなってしまいます。
紫外線ケアすることが有効ですが、あまりに酷い場合は病院で薬を処方してもらいましょう。

1回の照射ではシミが消えない場合がある

低出力のピコレーザーなどでは、一度の治療でシミが消えないことも少なくありません。
その中でもシミが消えないケースとして多いのが、色が濃いシミを取るケースです。
複数回通えば確実にシミを取ることは可能です。

一度の照射でシミが消えなくても、焦らず継続していくことが重要となります。

シミが再発することがある

シミを除去できても1〜2年後に再発してしまう方も少なくありません。

シミが再発するケースとして多いのが、一度しか照射していない場合です。
加齢とともにできてたシミや紫外線が蓄積されてできたシミは、一度の照射で除去しきれない可能性があります。

継続して治療することと、再発する可能性が少なくなるように紫外線を防ぐことが重要です。

ダウンタイムは保護テープを貼って保護する

シミ取りレーザーをした後の肌は傷つけられた状態になります。
さらに傷がついて悪化しないよう、ダウンタイム中は保護テープを貼って保護しなければなりません。

保護テープが気になるからといって、剥がさないようにしましょう。
剥がすと、肌が傷つき、傷やシミが残ってしまう可能性があります。

保護テープでシミ取り中なのがバレる

顔など目立つ場所のシミを取る場合、保護テープを貼った際にシミ取りをしたことがばれてしまうことも少なくありません。

しかし、中には保護テープの貼付が必要ない治療を提供するクリニックも存在します。
テープが目立たないような肌色のテープを提供するクリニックもあります。

気になる方はカウンセリングのときに聞いてみましょう。

施術費用が高くなることがある

シミ取り治療は、基本的に自由診療であるため、クリニックによっては施術費用が高くなります。
特に複数のシミを取る方は施術費用が高額になってしまうことも考えられます。

以下の方法で費用を安く抑えることが可能です。

  • 安いクリニックを選ぶ
  • 保険適用で治療をうける
  • シミ取り放題のコースを利用する

カウンセリングや診察でどのプランが安く済むか聞いてみましょう。

シミ取りレーザーには取り放題プランもあります!

クリニックによっては、シミ取り放題プランを提供しているところも存在します。
ここでは、シミ取り放題プランの概要と費用、どのような方におすすめかについて解説していきます。

シミ取り放題とは

シミ取り放題は、レーザー治療を用いて複数のシミを好きなだけ取ることができるプランのことです。
「顔のシミだけ取り放題プラン」など部位ごとにシミ取り放題のコースが用意されているクリニックもあります。

ただし、シミ取り放題プランには利用条件が設けられていることが多いです。
多い条件は10個までといった個数の制限や、1回の施術で取り切れる範囲までといった条件です。

施術の流れは通常のプランと変わりません。
シミ取り放題を利用したい方はカウンセリングでシミ取り放題プランを受けたい旨を伝えましょう。

【厳選3選!】シミ取り放題の人気おすすめクリニックをご紹介!

シミ取り放題プランを用意しているクリニックを3院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニックエトワールレジーナ
クリニック
東京美容外科湘南美容
クリニック
【シミ取り放題】
料金
60,500(1回)
151,800円(1年間)

ピコシミ取り放題
330,000円
老斑除去顔取り放題
26,000円(10個まで)
63,000円
全顔シミ取り放題
おすすめポイント肌診断機による
精密“な診断
高品質・徹底保証!予算で選べる
「2プラン」
カウンセリング0円0円0円
こんな人におすすめ!制限なしで
気になるシミを全部なくしたい!
高い技術で
確実に綺麗に仕上げたい!
費用を抑えて気になるシミを
除去したい!
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

エトワールレジーナクリニック

エトワールレジーナクリニックの3つのおすすめポイント

  • 肌診断機で、肌の状態を正確に把握
  • 1年間のシミ取り放題プラン
  • シンプルで安心な料金設定

エトワールレジーナクリニックのシミ取り放題メニュー

2023 年現在、エトワールレジーナクリニックでは「ピコシミ取り放題」のプランを提供しています。

エトワールレジーナクリニックでは、ダウンタイムや痛みの少ないピコレーザーによる施術が用意されています。
シミ取り放題プランは、1回 60,500円で施術を受けることができます。

さらに、エトワールレジーナクリニックでは「1年間シミ取り放題プラン」が新しく用意され、お個数や大きさの制限なくお得に気になるシミを全て治療することができるようになりました。
1年間シミ取り放題プランの場合、年間151,800円月々3,400円で施術を受けることができます。

シミ取り放題プランについて詳しく知りたい方は、一度無料カウンセリングを受けてみましょう。

公式サイトはこちら

エトワールレジーナクリニックの基本情報

施設名エトワールレジーナクリニック
店舗情報東京2院
詳細はこちら
営業時間【月~金】12:00 ~ 21:00
【土日祝】11:00 ~ 20:00
定休日不定休
予約方法WEB・電話

“月々3,400円で1年間シミ取り放題!”
エトワールレジーナクリニック

公式サイトはこちら

東京美容外科

東京美容外科の3つのおすすめポイント

  • 熟練医師達による高度な技術で圧倒的に綺麗な仕上がり
  • 開院から20年以上医療事故ゼロ
  • アフターケアの充実度

東京美容外科のシミ取り放題メニュー

2023 年現在、東京美容外科では「老斑除去顔取り放題プランが用意されています。

価格は330,000円で、シミの個数や大きさの制限なく気になるシミを全て綺麗に除去することができます。
東京美容外科では、顔に限らず手や腕、首、デコルテ、背中のシミ取り放題プランも用意されています。

シミ取り放題プランに興味がある方は、一度無料カウンセリングで相談してみましょう。

公式サイトはこちら

東京美容外科の基本情報

施設名東京美容外科
店舗情報全国20院、海外1院
詳細はこちら
営業時間10:00~19:00 (予約制)
※店舗ごとに異なります
定休日年末年始など ※不定休のため要確認
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックの3つのおすすめポイント

  • 制限なしのシミ取り放題のプラン
  • コース契約のお得感
  • 美容内服薬やドクターズコスメが豊富

湘南美容クリニックのシミ取り放題メニュー

2023 年現在、湘南美容クリニックでは「シミ取り放題プランが用意されています。

シミ取り放題プランは2種類用意されており、自分の予算と相談しながらメニューを選択することができます。
気になるシミの数は多いけど、あまり費用をかけずに治療したい!という方には10個までのシミ取り放題プランがおすすめです。

シミ取り放題プランに興味がある方は、一度無料カウンセリングで相談してみましょう。

公式サイトはこちら

湘南美容クリニックの基本情報

施設名湘南美容クリニック
店舗情報全国126院
詳細はこちら
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります。
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

シミ取り放題プランの費用相場

シミ取り放題プランの値段相場は8~10万円であると言えます。
編集部の調査によると、シミ取り放題は最安値が2万円台から用意されており、最も高くて30万円台ほどであるとわかりました。

なお、クリニックによっては予算に応じて選べるようプランを複数用意しているところもありました。

シミ取り放題がおすすめなのはこんな人

シミ取り放題プランは複数のシミを取ることができるため、取りたいシミが5個以上ある方におすすめします。
また、そばかすができている方にもおすすめのプランです。

しかし取り放題プランで使用している治療器によっては、治療できないシミもあります。
気になる方はクリニックに確認しましょう。

こちらの記事では、シミ取り放題についてさらに詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。「美容医療に挑戦して、シミ取りで若々しいキレイなお肌を取り戻したい」と考えている方も多いでしょう。しかし、このように治療効果や費用に関して、不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません[…]

シミ取り放題おすすめクリニック

シミ取りレーザーの治療効果を上げる7つの行動をご紹介

ここではシミ取りレーザーの効果をより高められるような行動について解説していきます。
綺麗な肌にするために、皮膚再生促進や新たなシミの予防といった観点から7つ例を挙げて説明するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スキンケアに力を入れる

日々のスキンケアは皮膚の再生促進新たなシミの予防の両方の観点で重要です。

スキンケアではまず肌の乾燥対策行うことが重要です。
肌が乾燥すると、ターンオーバーが乱れメラニンの排出が滞るため、シミができやすい環境になってしまいます。
肌の健康的な新陳代謝を維持するため、化粧水や乳液を使用して肌を保湿しましょう。

スキンケア用の化粧品を選ぶ際には、メラニン生成を抑制する美白成分の入ったものを選ぶようにするのもおすすめです。
シミ予防に有効な美白成分は以下の通りです。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • トラネキサム酸

ただし、自分の肌に合ったものを選ぶことが一番大事ですので、肌質に合わせて適切にスキンケアを行うようにしましょう。

食事やサプリでビタミンCを積極的に摂る

ビタミンCはシミ予防皮膚の再生促進に有効です。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える効果があります。
さらに、シミを薄くする効果もあり、万能な栄養素です。

また、ビタミンCの抗酸化作用は肌細胞の老化を防ぐ力があります。
ビタミンCを摂取することで肌のターンオーバーが促され、若々しい肌を保つことができます。

食品の中ではブロッコリーやキウイなどが豊富に含まれています。
食品で摂取することが難しい方は、サプリで摂取することをおすすめします。

刺激が少ない化粧品で保湿する

刺激が少ない化粧品で保湿することは、皮膚の再生促進の観点で非常に重要です。
保湿は良質な肌環境を作るために欠かせません。

ただし、保湿力が高いからといって肌への刺激が強い成分を含む化粧品を使うと逆に肌にダメージを与えることになります。
特に、レーザー治療後の肌は敏感な状態にあるので、肌への刺激が少ない化粧品を使用することがおすすめです。

気を付けるべき刺激の強い成分は以下の成分です。

  • エタノール
  • 香料
  • 合成界面活性剤
  • 防腐剤

エタノールは肌の乾燥を促進します。
敏感肌の方向けの化粧品は肌に優しい成分で構成されているため、おすすめします。

紫外線に当たらないようにする

紫外線に当たらないようにすることは、シミを予防するという観点で非常に重要です。

シミの原因となるメラニンは、紫外線がメラノサイトを刺激することで生成されてしまいます。
シミ取りレーザーで綺麗にシミが除去できたとしても、紫外線を不用意に浴びてシミが再発してしまったら意味がありません。
メラニンが過剰に生成されることを防ぐために、紫外線予防は非常に大切です。

また、日焼け後は「美白マスク」や「美白美容液」を使用してケアすることをおすすめします。
美白マスクや美白美容液は、肌奥に美容成分を浸透させることが可能です。
美白成分が紫外線を浴びて増えたメラニンを排出します。

皮膚をこすらない

皮膚を擦らないことは、シミを予防するという観点で非常に重要です。
皮膚をこすると、メラノサイトが刺激されたり、活性酸素が増えたりしてしまいます。

メラノサイトが刺激されるとメラニンの生成が促され、新たなシミの元となってしまいます。
また、活性酸素が増えると肌細胞の老化が進みターンオーバーが乱れるため、メラニンの排出が滞ってしまいます。
また、習慣的に皮膚をこすり続けると、皮膚が傷つき炎症を起こしてしまうことも少なくありません。

誤った洗顔法で皮膚を激しくこすることも同様です。
肌に刺激を与えないよう優しく洗顔するよう気をつけましょう。

トラネキサム酸を内服する

トラネキサム酸の内服はシミ予防の観点で有効なセルフケアの一つです。

トラネキサム酸は、肝斑の改善薬としての効果が期待されている薬です。
メラニン色素を作るメラノサイトに働きかけることで、色素沈着を抑えます。

また、トラネキサム酸は単独ではなく、ビタミンCと組み合わせて内服するとより高い効果が期待できます。

トラネキサム酸内服薬は医療機関での処方が必要です。
気になる方はクリニックを受診しましょう。

ハイドロキノンクリームを塗る

ハイドロキノンクリームはシミ予防の観点で有効なセルフケアの一つです。

ハイドロキノンはメラニン色素の発生を抑える効果があります。

2001年の薬事法改正以降、日本でも購入が可能になりました。
しかし、どこでも購入できる化粧品はハイドロキノンの配合濃度が低めです。

配合濃度が高いクリームを利用するには、医療機関での処方が必要となります。

”TCBクオリティを安心価格で提供!「今からでも遅くない」シミ取り治療”

”シミ取りレーザーなら”TCB東京中央美容外科
公式サイトはこちら

シミ取りレーザーは皮膚科と美容外科どっちがいい?

シミ取りレーザーは皮膚科、美容皮膚科、美容外科など、様々なクリニックで受けることが可能です。
ただし、中には女性専用のクリニックも存在するため、男性の方は注意が必要です。
事前に公式サイトなどで確認しておきましょう。

ここでは美容皮膚科や皮膚科、美容外科の特徴について解説していきます。

保険適用になるかもしれないのは皮膚科

そもそも皮膚科は、他の美容クリニックと治療目的が違います。
皮膚科の治療目的は、患者の肌トラブルや悩みを解消することです。
肌トラブルを解消するために必要な治療のみをしています。

そのため保険適用の治療も行っています。
遅発性太田母斑や、外傷の跡がシミとして残ってしまった炎症後色素沈着などが当てはまります。

複数の皮膚疾患を治療したい場合は皮膚科

皮膚科の場合は、シミ以外の皮膚の病気についても治療してもらうことが可能です。

ニキビなど他のことも気になるようであれば、皮膚科に通うことをおすすめします。

綺麗な肌を叶えたいなら美容皮膚科

美容皮膚科は、皮膚科のように悩みを根本解決するわけではなく、より美容的な観点から若々しく綺麗な肌状態を叶えることを目的としています。

そのため、より綺麗な仕上がりを目的とした治療を提供しています。
ほくろやニキビ跡などを治療し、綺麗な肌を叶えたい方は、美容皮膚科をおすすめします。

外科的な治療も考慮したいなら美容外科

美容外科では、美容皮膚科では行えないような外科的な治療も受けられます。
脂漏角化症などの形がイボのように立体的なシミや大きなシミに悩まされている方で、外科治療を希望する方は、美容外科がおすすめです。

また美容皮膚科と美容外科が併設しているクリニックも少なくありません。
併設しているクリニックは治療の幅が広いため、気になる方はぜひ探してみてくださいね。

シミ取りは皮膚科と美容外科どちらがいいかについては、こちらの記事でより詳しく扱っているので、是非ご覧ください。

関連記事

年齢とともに顔に現れるシミ。多くの人が気になる肌の悩みの一つです。そんな悩みを持つ方々の間では、シミ取り治療が人気を集めています。年齢とともに顔に現れるシミ。多くの人が気になる肌の悩みの一つです。そんな悩みを[…]

皮膚科でのシミ取り治療は何が違うの?

シミの治療は、美容皮膚科やエステサロンなどで行われることが多いですが、一般の皮膚科でもシミの診断や治療が可能です。

皮膚科でのシミ取り治療は、美容皮膚科と何が違うのでしょうか?
また、皮膚科でできるシミ取り治療法はどのようなものがあるのでしょうか?

皮膚科でのシミ取り治療は美容皮膚科と何が違うの?

美容皮膚科と一般の皮膚科の違いは、主に保険の適用範囲と治療の目的にあります。

美容皮膚科では、シミの治療は自由診療となり、保険が適用されません。
そのため、治療費は全額自己負担となりますが、美容効果を重視した高度な治療法や最新の機器を利用できます。

一方、一般の皮膚科では、条件が満たされたシミの治療は保険診療となり、保険が適用されます
そのため、治療費は自己負担分のみとなりますが、医療効果を重視した基本的な治療法や安全性の高い機器を利用できます。

また、一般の皮膚科では、シミの診断や治療の前に、皮膚がんやその他の皮膚疾患の有無を確認することができます。
美容皮膚科では、シミの種類や原因によっては治療を断られることもありますが、一般の皮膚科では、ほとんどのシミに対して治療を受けることができます。

皮膚科でできるシミ取り治療法

皮膚科でできるシミ取り治療法は、主に以下の3つに分けられます。

薬物療法シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える薬剤を内服や外用する方法です。
ビタミンCハイドロキノンなどの成分が含まれる薬剤が一般的です。薬物療法は、シミの予防や軽度なシミの改善に効果的ですが、副作用やアレルギーのリスクがあります。
また、効果が現れるまでに時間がかかることもあります。
レーザー療法シミに特定の波長の光を照射し、メラニン色素を破壊する方法です。
ルビーレーザーアレキサンドライトレーザーなどの種類があります。レーザー療法は、シミの除去や肌の若返りに効果的ですが、痛みや赤み、かさぶたなどの副作用があります。
また、治療回数や効果は個人差が大きいこともあります。
光線療法シミに広い範囲の光を照射し、メラニン色素を分解する方法です。
IPL(インテンスパルスライト)PDT(光力学療法)などの種類があります。光線療法は、シミの薄化や肌のトーンアップに効果的ですが、やけどや色素沈着などの副作用があります。
また、治療効果は持続性が低いこともあります。

以上が、皮膚科でできるシミ取り治療法の一例です。
効果や副作用には個人差がありますので、シミの治療を受ける前に、必ず皮膚科医にリスクやメリットを説明してもらいましょう。

シミ取りは保険適用される?その条件は?

シミ取りの治療は、その目的やシミの種類によって保険適用の対象となるかどうかが変わります。
以下では、シミ取りが保険適用となる条件や、シミの種類について詳しく解説します。

シミ取りは保険適用されるの?

シミ取りの治療が保険適用されるかどうかは、そのシミが「美容目的」で取り除かれるものなのか、それとも「医療目的」で取り除かれるものなのかによります。

美容目的でシミを取り除く場合、その治療は保険適用外となります。
一方、医師によりシミではなくアザと判断され、治療する必要があると判断された場合は保険適用になります。

シミ取りが保険適用となるシミの種類

保険適用の可能性が高いシミの一つに「太田母斑」があります。
これはシミというよりアザのようなもので、顔の片側に見られることが多いです。

また、「扁平母斑」も保険適用の対象となることがあります。
これは茶色いシミのようなもので、身体のどこにでも生じます。

さらに、「異所性蒙古斑」も保険適用の対象となることがあります。
これは通常、お尻の周辺に見られる蒙古斑が、その範囲外に見られる場合を指します。

最後に、「外傷性色素沈着」も保険適用の対象となることがあります。
これはケガなどの外傷が原因で生じたシミやアザのことを指します。

こちらの記事でも皮膚科でのシミ取り治療について解説しています。
皮膚科でのシミ取り治療についてさらに気になる方は、ぜひご覧ください。

関連記事

日常の生活の中で、太陽の紫外線や加齢により、肌にシミができることは多くの人々の悩みとなっています。シミ取りの治療を考える際、皮膚科での治療が保険適用となるのか、またどのような治療が適用されるのかは、多くの人々が気になるポイントです。[…]

シミ取りレーザーの施術を受ける流れ

ここではシミ取りレーザーを受ける際のおおまかな流れについて解説していきます。
また各段階での注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①シミ取りレーザーの信頼度が高いクリニックを選ぶ

シミ取りレーザーを受ける前に大事なポイントは、信頼度が高いクリニックを選ぶことです。

信頼度の高さを評価する基準として、5つご紹介します。

資格や実績のある医師が在籍している

シミ取り自体医療分野であるため、資格や実績のある医師を選ぶほうが安心です。
美容皮膚科の公式サイトには医師の経歴や症例実績が記載されていることが多くなっています。

逆にいえば、症例実績や医師の紹介がなされていないクリニックは、実績や技術力が十分でない可能性があります。
治療後に後悔することのないよう、不安の残るクリニックは避けておくほうが良いでしょう。

料金体系が明瞭である

料金体系が複雑化しているクリニックは、カウンセリングや診察で不要なオプションなどを勧めてくることが考えられます。
費用に関して疑問が生じた場合には、トラブルを避けるという意味でも必ず尋ねるようにしましょう。

またクリニックの公式サイトで明瞭な料金体系であることをアピールしていることがあります。
そのようなクリニックは信頼度が高いでしょう。

カウンセリングで不信感を感じない

カウンセリングで不信感を感じないかということや時間をしっかり取ってくれるかは重要です。
最初のカウンセリングを適当にするクリニックは信頼できないクリニックといえるため注意しましょう。

カウンセリングの時間がしっかりとあることで、希望や不安など質問しやすく不自由なく施術を受けられます。
また施術にあたってしっかり話し合い納得した上で施術を受けられるため、トラブルを未然に防ぐこともできます。

高額な他の治療法を無理に勧誘されない

美容皮膚科は特に病気の解決を目的としていないため、利益を上げることを第一としているクリニックも少なくありません。

そうしたクリニックはカウンセリングで高額な他の治療法を勧めてくる可能性があります。
また口コミなどで事前にわかることもあるので、口コミもチェックしておきましょう。

医師に質問しやすい

医師に質問しやすいかどうかも重要なポイントです。
質問しにくい医師だと、施術後にトラブルが発生し、もめてしまう可能性があるため注意しましょう。

医師が質問しやすいか、質問してもしっかり答えてくれない場合は、信頼できるクリニックとはいえません。
クリニックの医師の雰囲気は口コミでよく書かれています。
気になる方は口コミを事前にチェックしておきましょう。

②診察やカウンセリングを受ける

気になるクリニックや病院が見つかれば、診察やカウンセリングを受けましょう。
カウンセリングでは、個人のシミのタイプや肌質、症状にあわせて治療方針を決めていきます。

シミによっては保険適用となる場合も考えられます。
そのような場合に備え、保険証は持参する必要があるため注意が必要です。

またカウンセリングを受ける際、疑問に思ったことは必ず質問するようにしましょう。

③麻酔や皮膚の冷却を行う

施術する前に麻酔や皮膚の冷却を行います。
レーザー出力が高い治療の場合は、局所麻酔が一般的です。
レーザー出力が弱いピコレーザーやIPLなどは麻酔なしでの施術が可能な場合もあります。

しかし痛みが苦手な方に向け麻酔クリームが用意されているクリニックも少なくありません。
痛みが苦手な方は痛みが緩和できる方法が豊富なクリニックを選ぶことをおすすめします。

④レーザーを照射する

麻酔が打ち終わればレーザーを照射し始めます。
レーザーが目に当たると危険なため、目をふさいだ状態で行います。

照射時間は、1cm程度のシミ1つで10秒ほどです。
実際は複数のシミを取ることが多いため、全体で5〜30分かかることもあります。

そのため予約状況によっては、当日施術を受けられるクリニックも少なくありません。

⑤ダウンタイムを過ごす

ほとんどの治療でダウンタイムがあります。
期間としては、1~2週間ほどです。
これはかさぶたができて新しい皮膚が再生される期間が1~2週間ほどであるからです。

症状としては、赤みや腫れなどが多くみられます。
時間が経過すると、自然に消えていきます。

ダウンタイムの有無や長さは個人によって差があります。
あまりにも長い場合はクリニックに相談しましょう。

⑥間隔をあけて複数回照射する

特に低出力のレーザー治療や真皮層にあるシミは1回の施術で取り切れないことも少なくありません。
その際は期間を空けて複数回施術を受けることが必要です。

間隔が詰まりすぎていると、その分肌へのダメージが増えてしまいます。
なるべく期間を空けて施術を受けるようにしましょう。

関連記事

美容医療に興味があるけど、実際にどんな施術があるの?たくさんの美容皮膚科の中から、どのクリニックを選べばいいの?こんなお悩みを抱えている方、いらっしゃるのではないでしょうか?今回は美容[…]

シミ取りレーザー照射後のダウンタイムと経過

ここではシミ取りレーザー照射後の時間経過と、症状について解説していきます。
個人差があるため、あくまで参考程度にしてみてくださいね。

シミ取りレーザー照射1日目|赤みが残る

シミ取りした直後から軽度の火傷のような状態となり、赤みが残ります。
こちらの赤みはシミより大きい大きさで生じることがありますが、問題はありません。
また、赤みと同時にヒリヒリした痛みを感じることも少なくありません。

施術後から1週間程度テープや軟膏塗布して、患部を保護します。

シミ取りレーザー照射3日目~5日目|水ぶくれができる

シミ取りした3〜5日後に水ぶくれができる可能性があります。
水ぶくれは、高出力のレーザー治療したときにできることがあります。

低出力のレーザー治療をした場合は、施術後3〜5日間赤みが継続する場合があります。

テープに血が付着することがありますが、テープを剥がすと肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのため、テープは無理に剥がさず、自然と剥がれるのを待つか、気になる場合はクリニックで対応してもらいましょう。

シミ取りレーザー照射6日目~9日目|かさぶたができる

シミ取り後6〜9日程度が経過すると、かさぶたができます。
かさぶたは肌が正常な状態に治ってきていることをさすため、剥がさないようにしましょう。

かさぶたが自然に剝がれると、ピンク色の新しい皮膚が見えるようになります。

ただし、低出力のレーザー治療の場合、かさぶたができないことも少なくありません。

シミ取りレーザー照射10日後~2週間後|炎症後色素沈着が起こる

シミ取り後10日から2週間が経過すると、炎症後色素沈着が発生することがあります。

炎症後色素沈着は、通常のシミとは違います。
レーザー治療で肌がダメージを受けたことによりできた一時的なシミです。

色は薄茶色で、できてすぐはあまり目立ちません。
しかし、通常のシミと違って、次第に大きく、色も濃くなっていきます。

シミ取りレーザー照射1ヶ月後|戻りシミが残る

シミ取り1ヶ月後をピークに、炎症後色素沈着が大きくなる場合があります。
シミが残りやすいかどうかは肌質によって変わります。

シミが残りやすい方は対処するために内服薬を処方してくれるクリニックも少なくありません。
不安な方はクリニックに相談することがおすすめです。

個人でできる対策法としては、美白剤の使用をおすすめします。

シミ取りレーザー照射半年|シミが薄くなる

シミ取り後1ヶ月経ってピークだったシミも次第に薄く小さくなり目立たなくなります。
わかりやすくいえば、軽く化粧すれば全く見えなくなる程度です。

しかしシミが薄くなってきても油断しないことが重要です。
ここで紫外線ケアやスキンケアを怠ってしまうと、再発や跡が少し残ってしまう可能性が高くなります。

シミ取りレーザー照射1年後|跡形もなくなる

シミ取り後1年ほどが経過すると、残っていたシミは跡形もなくなくなります。
あくまで目安で、早ければ半年ほどで消えてしまう方も少なくありません。
長い方で1年ほどかかるため、1年は様子を見るようにしましょう。

一年を過ぎてシミが残ってしまった方や、シミが再発した方はクリニックに相談することをおすすめします。

治療前に知っておくべき!シミ取りレーザーの失敗例とその回避方法

シミ取りレーザーは、肌の色素沈着を高エネルギーの光で破壊する美容医療です。

シミを効果的に除去できるというメリットがありますが、その反面、失敗すると肌に深刻なダメージを与える可能性もあります。
シミ取りレーザーの失敗例とその回避方法について、詳しく見ていきましょう。

シミ取りレーザーの失敗例

シミ取りレーザーの失敗例として、以下のようなものがあります。

火傷や炎症レーザーの照射量や時間が適切でないと、肌に火傷や炎症を起こすことがあります。
火傷や炎症は、痛みや赤み、腫れなどの症状を引き起こし、場合によっては感染症や傷跡になることもあります。
色素沈着の悪化レーザーの種類や波長が肌の状態に合わないと、色素沈着を悪化させることがあります。
色素沈着の悪化は、シミが濃くなったり、広がったり、増えたりすることを意味します。
色素脱失レーザーの照射によって、肌の色素細胞が破壊されることがあります。
色素細胞が破壊されると、肌の色が失われて白くなることがあります。
色素脱失は、シミの周囲やレーザーの照射範囲に白い斑点ができることを意味します。

これらの失敗例は、シミ取りレーザーの目的とは逆に、肌の美しさや健康を損なうことになります。
シミ取りレーザーを受ける前に、これらのリスクを十分に理解しておくことが重要です。

失敗を避けるための方法

シミ取りレーザーの失敗を避けるためには、以下のような方法があります。

適切なクリニックを選ぶシミ取りレーザーは、医師の資格や経験、レーザーの種類や設備、衛生管理などによって、効果や安全性が大きく変わります。
シミ取りレーザーを受ける前に、クリニックの評判や実績、口コミなどを調べて、信頼できるクリニックを選ぶことが必要です。
カウンセリングを受けるシミ取りレーザーを受ける前に、医師とのカウンセリングを受けることが大切です。

カウンセリングでは、肌の状態やシミの種類、レーザーの種類や回数、効果やリスク、アフターケアなどについて、詳しく説明を受けることができます。
カウンセリングを受けることで、自分に合ったレーザー治療を選ぶことができます。

日焼けを避けるシミ取りレーザーを受ける前後は、日焼けを避けることが重要です。
日焼けをすると、肌の色素沈着が増えて、レーザーの効果が低下したり、副作用が起きやすくなったりすることがあります。
シミ取りレーザーを受ける前後は、日傘や帽子、サングラスなどで日差しを遮り、日焼け止めをこまめに塗るなどの対策をとりましょう。
アフターケアをするシミ取りレーザーを受けた後は、アフターケアをすることが大切です。
アフターケアでは、冷却パックや保湿クリームなどで肌の炎症や乾燥を防ぎ、消毒や抗生物質などで感染症を予防します
アフターケアをすることで、肌の回復を早めることができます。

シミ取りレーザーで失敗した場合はどうしたらいい?

シミ取りレーザーで失敗した場合は、まずはパニックにならないことが大切です。
失敗の症状や程度によって、対処法が異なりますが、基本的には以下のようなことを行います。

医師に相談する

シミ取りレーザーで失敗した場合は、すぐに医師に相談することが必要です。

医師は、失敗の原因や状態を診断し、適切な治療や処置を行ってくれます。
医師に相談することで、肌の回復を早めることができます。

肌を刺激しない

シミ取りレーザーで失敗した場合は、肌を刺激しないことが重要です。
肌を刺激すると、炎症や色素沈着を悪化させることがあります。

肌を刺激しないためには、以下のようなことに注意しましょう。

洗顔やスキンケアは優しく行う洗顔やスキンケアは、肌に負担をかけないように優しく行います。
洗顔は、ぬるま湯と低刺激の洗顔料を使って、やさしく泡立てて洗います。スキンケアは、保湿や美白などの効果のある化粧水やクリームを使って、やさしくなじませます。
洗顔やスキンケアは、肌のバリア機能を回復させることができます。
こすらない、つぶさない、かさぶたをはがさない肌に火傷や炎症がある場合は、こすったり、つぶしたり、かさぶたをはがしたりしないことが大切です。
肌に傷をつけたり、感染症を起こしたり、傷跡になったりすることがあります。肌に火傷や炎症がある場合は、清潔に保ち、医師の指示に従って処置を行います
メイクやピーリングは控える肌に色素沈着や色素脱失がある場合は、メイクやピーリングを控えることが必要です。
メイクやピーリングは、肌に刺激を与えたり、色素沈着や色素脱失を悪化させたりすることがあります。肌に色素沈着や色素脱失がある場合は、肌の自然な回復を待ち、医師の指示に従って治療を行います

シミ取りレーザーで失敗した場合は、医師に相談し、肌を刺激しないことが大切です。
シミ取りレーザーで失敗した場合でも、適切な対処をすることで、肌の美しさや健康を取り戻すことができます。

シミ取り治療について、こちらの記事でも詳しく解説しています。
失敗を避けるために、できる限り多くの情報を集めておくことをおすすめします。

関連記事

年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。昔のニキビやかぶれが、シミとなってお肌に残ってしまったことに悩んでいる方もいるかもしれません。実は一言でシミと言ってもシミにはたくさんの種類があり、お肌をきれいにするにはそれぞれに合った[…]

シミ取りおすすめ美容皮膚科クリニック10選

シミ取りレーザーを受ける前に知っておこう!シミができる7つの原因

シミの原因は主に7つあげられます。

ここでは7つの原因の詳細な説明と、予防方法についても簡潔に紹介していきます。

シミは予防を怠ると、大きくなったり、数が増えたりと悪化する可能性も少なくありません。
今回紹介していることをぜひ参考にしてみてくださいね。

シミの原因|紫外線を浴びる

人は紫外線を浴びると、皮膚を守るためメラニンという色素を作り出します。
メラニン色素はシミの原因となるものです。

通常は28日周期で皮膚はターンオーバーすることで新しい細胞に生まれ変わり、メラニン色素は排出されます。
しかし、紫外線を多く浴びすぎてしまうと、皮膚がダメージを受け、ターンオーバーサイクルが乱れてしまいます。
ターンオーバーが乱れメラニンが正常に排出されなくなった結果、メラニン色素が色素沈着を起こし、結果シミとして肌に残るのです。

シミ予防のために、外に出る際には日焼け止めをするなど、日頃から紫外線対策をして少しでも肌のダメージを減らすことが重要です。

シミの原因|皮膚のターンオーバーが乱れる

ターンオーバーとは、シミの元となるメラニン色素を排出する一連の流れです。

メラニン色素はターンオーバーによって皮膚の表面に移動していきます。
最終的には古い角質として剥がれ落ちるのです。

ターンオーバーが乱れると、最終段階の皮膚の表面でメラニン色素が落ちず、皮膚に残ってしまいます。
その結果、シミとなってしまうのです。

ターンオーバーを促進させるために、スキンケアは必ず行うようにしましょう。
化粧水を塗る前に皮膚をふき取ると、古い角質が取れるためおすすめです。

シミの原因|乾燥した状態に肌が晒される

乾燥した肌は、通常よりターンオーバーが乱れやすく、その結果、メラニン色素を排出する機能が弱くなります。
また、乾燥を放置すると、皮膚内部での炎症が起こりやすくなり、炎症後色素沈着としてシミが残ってしまう可能性も高くなります。

特に、冬は皮膚が乾燥しやすいため、注意が必要です。
冬は紫外線が弱いので油断しやすく、また、肌が乾燥していることに気づかず保湿が不十分である場合も少なくありません。
シミのできにくい環境を作るため、お風呂上がりは化粧水や乳液で保湿するなど、肌の乾燥対策を必ず行うようにしましょう。

シミの原因|ホルモンバランスが乱れている

ホルモンバランスの乱れ、シミができてしまう原因となります。

特に、肝斑は妊娠中の方や経口避妊薬を使用している方に多くみられるシミです。
実は、妊娠中や経口避妊薬の摂取は女性ホルモンのバランスを乱しやすいという事実があります。

妊娠中の方や経口避妊薬を摂取している方だけでなく、更年期の方も女性ホルモンのバランスが乱れやすいため注意が必要となります。

ホルモンバランスを整えるためには、食事や睡眠を十分とる等、生活習慣を整えることが有効です。
特に、大豆製品やカルシウムを含む食品は積極的に取り入れることをおすすめします。

シミの原因|強いストレスや慢性的なストレスを抱えている

ストレスは自律神経やホルモンバランスを乱す原因となります。

ホルモンバランスが乱れると、メラニン色素がたくさん作られるようになります。
それだけでなく、皮膚のターンオーバーサイクルが乱れてしまい、メラニン色素が排出されない事態にも発展してしまうのです。
その結果、メラニン色素はシミとして肌に残ってしまいます。

シミができている方は日常生活で多くストレスを抱えていたという方も少なくありません。
シミができないようにするためにも、定期的に趣味の時間を作るなど、適度にストレス解消しましょう。

シミの原因|加齢により肌細胞が老化する

老人性色素斑というシミが存在するように、加齢もシミができる原因になります。

加齢によってシミができやすくなる原因は、加齢により肌細胞が老化した結果、皮膚のターンオーバーサイクルが長くなるためです。
ターンオーバーサイクルが長くなると、シミの元となるメラニン色素の排出が上手くいかず、シミとして残ってしまいます。

また、歳を重ねると、長年皮膚内部に蓄積された紫外線のダメージがシミの原因となります。
特に、紫外線ケアを怠ってきた方はシミができやすくなっています。

加齢によりシミができないようにするためにも、日頃の紫外線ケアスキンケアは重要です。

シミの原因|活性酸素が増えて酸化ストレスがかかる

活性酸素とは、呼吸によって体内に吸収された酸素の一部が、他の物質と反応しやすい状態に変化したものです。

活性酸素は、シミの元となるメラニン色素の生成を促進します。
活性酸素が増えてしまう原因は様々で、主に以下のものがあげられます。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 大気汚染
  • 喫煙

原因の中でも、特に「紫外線」「ストレス」が主に考えられます。
活性酸素を増やさないようにするためにも、紫外線ケアストレス解消は有効な手段となります。

”TCBクオリティを安心価格で提供!「今からでも遅くない」シミ取り治療”

”シミ取りレーザーなら”TCB東京中央美容外科
公式サイトはこちら

シミ取りレーザーの仕組みとは?シミが取れるまでの流れを解説

シミ取りレーザーでどのようにシミは取れるのでしょうか。

ここでは、シミ取りレーザーでシミを取り除く仕組みについて解説していきます。

①黒い色に反応するレーザーを患部に照射する
レーザーには色に対して反応する「色素選択性」という特徴があります。
シミは何かしら色があるため、
色があるシミの部分にだけレーザーの熱を利用して、シミを取り除くことができるという仕組みです。レーザーは色の中でも、黒色に対して最も反応します。
黒い色を含めた色がある部分にのみ反応するため、他の肌組織にダメージを与えることなくシミを照射することができます。
シミの種類により反応するレーザーの周波数や、レーザーによって得意な色素は異なるため、シミの種類に合わせたレーザー選びが重要です。
②照射部位が火傷したような状態になる
レーザーの熱を対象のシミに照射することで、照射部位は軽く火傷したような状態に変わります。
この時、シミの色素成分は熱により、細かな粒子に分解されていきます。照射部位はヒリヒリした痛みを感じ、不安に感じる方も多いですが、数時間から数日で治まります。
③照射部位の皮膚にかさぶたができる
照射部位は軽い火傷のような状態を経て、皮膚にかさぶたができるようになります。
期間としては、施術後3日から2週間ほどです。かさぶたができているということは傷が正しく治っていることを意味します。
かさぶたを剝がす等して患部に刺激を与えないよう注意が必要です。
④照射部位の下から新しい皮膚が生まれる
かさぶたができると、薄いピンク色の皮膚や赤みを帯びた肌が出てくるようになります。
これはシミが取れた部分から新しい皮膚が再生されたことを意味しています。しかし、かさぶたが取れた後に黒色や茶色だった場合は、「炎症後沈着」の可能性があります。
炎症後沈着は、レーザー治療の火傷で肌が炎症を起こしてしまった結果おこるものですが、多くの場合3〜6ヶ月で元の肌に戻ります。

”TCBクオリティを安心価格で提供!「今からでも遅くない」シミ取り治療”

”シミ取りレーザーなら”TCB東京中央美容外科
公式サイトはこちら

シミ取りレーザーまとめ

ここまでシミ取りレーザー治療についてお伝えしてきました。
シミ取りレーザー治療についてまとめると以下の通りです。

  • シミ取りレーザーはシミをピンポイントで除去できる
  • 再発しないようにするために紫外線ケアが重要
  • 効果を上げるためにはスキンケアやビタミンCがおすすめ

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シミ取り治療の人気クリニックについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事

年齢を重ねるにつれて気になりだす「シミ」。昔のニキビやかぶれが、シミとなってお肌に残ってしまったことに悩んでいる方もいるかもしれません。実は一言でシミと言ってもシミにはたくさんの種類があり、お肌をきれいにするにはそれぞれに合った[…]

シミ取りおすすめ美容皮膚科クリニック10選

【厳選4選!】シミ取りレーザーの人気おすすめクリニックをご紹介!

シミ取りレーザーの治療ができるおすすめクリニックをまとめて知りたいという方に!
シミ取りレーザーの施術で人気のクリニックを3院ご紹介します。

気になるクリニックが見つかったら、まずは無料カウンセリングで相談してみましょう!

クリニック湘南美容クリニックTCB東京中央外科品川スキンクリニックガーデンクリニック
おすすめ
ポイント
国内最大手の信頼と実績品質・価格・保証全てが一流開院34年、
症例1300万件の
信頼と実績
20年の熟練技術と最新医療の融合
【レーザー治療】
料金
5,500円
レーザートーニング
9,800円
ピコレーザー ライト
4,320円
QスイッチYAGレーザー
3,300円
ピコレーザー
【光治療】
料金
9,980円
フォトRF
2,400円
ライトフェイシャル
7,990円
フォトシルクプラス
22,000円
IPL治療
【内服・外用療法】
料金
7,150円
ハイドロキノン
5,500円
シミ・肝斑セット
10,700円
美白対策セット
9,350円
美白セット
カウンセリング0円0円0円0円
こんな人におすすめ!・国内最大手クリニックの信頼と実績を重視したい・最高品質の医療を低価格で受けたい・初めて美容施術を受ける
・価格も品質も重視したい
・実績・技術の高さを重視したい
・美容皮膚が専門の医師に任せたい
・最新の美容施術を受けたい
・経験豊富な医師に任せたい
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク