ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>ヒルドイドは市販でも買える?ヘパリン類似物質のおすすめ商品について徹底解説!

ヒルドイドは市販でも買える?ヘパリン類似物質のおすすめ商品について徹底解説!

ヒルドイドは、美肌の秘訣として注目を集めています。
その効果は、美容目的だけでなく、皮膚の健康維持にも寄与します。

市販で購入できるヒルドイドはどんなものがあるの?
そもそもヒルドイドって何?

この記事では、ヒルドイドの市販品について以下を詳しく解説します。

  • ヒルドイド市販品のメリット
  • ヒルドイド市販品のデメリット
  • ヒルドイド市販品の使い方

ぜひ最後までお読みください。

ヒルドイドとは

ヒルドイドは、ヘパリン類似物質が主成分の外用薬です。
このヘパリン類似物質は皮膚の細胞の保水力を上げる作用があり、皮膚の乾燥を根本的に解決できます。

50年以上も前からアトピーの治療や乾燥肌の改善のために病院で処方されてきました。

ヒルドイドは、

  • 皮脂の欠乏による手指の荒れ
  • ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症
  • 手足のひび・あかぎれ・乾皮症、小児の乾燥性皮膚
  • しもやけ、きずややけどのあとの皮膚のしこり・つっぱり、打撲・捻挫後のはれ
  • 筋肉痛・関節痛

などに効果的とされています。

市販品の特徴

市販のヒルドイド製品は、ヘパリン類似物質を含む製品として広く知られています。
これらの製品は、100g中に0.3gのヘパリン類似物質を含む医薬品と、100g中に0.3g未満のヘパリン類似物質を含む化粧品に分類されます。

ヒルドイドと同じ効果が期待できる市販薬には、ヒルマイルド、HPクリーム/ローション、アットノン、SAHNE、ヘパソフトプラス、hifMadeなどがあります。

また、ヘパリン類似物質を100g中に0.3g未満含む化粧品には、カルテHD、ヒルドケア、AdryS、REQST DIOなどがあります。

これらの製品は、自分の肌の状態や好みに応じて選べます。
市販のヒルドイド製品は、一般的には皮膚の保湿、乾燥肌の改善、皮膚の荒れやかゆみの緩和などの目的で使用されます。

また、これらの製品は、一般的には副作用が少ないとされていますが、使用前には必ず製品の説明書を読み、指示に従って使用することが推奨されます。

ヘパリン類似物質の効果は、こちらの記事に載っています。

関連記事

ヘパリン類似物質クリームは様々な効能を備えたクリームです。どんな機能があるかわからないし、そもそもヘパリンってなんだろう?本記事では、ヘパリン類似物質クリームについて以下の点を中心にご紹介します。 ヘパリン類似物質クリームの機能[…]

ヒルドイド市販品の種類とその特性

ヒルドイド市販品は、皮膚の乾燥を根本的に解決するために開発された外用薬で、その主成分はヘパリン類似物質です。

ヒルドイドは、その保湿力抗炎症作用により、乾燥肌やアトピーの治療に広く用いられています。
市販されているヒルドイドには、

  • ソフト軟膏
  • クリーム
  • ローション
  • フォーム

の4種類があり、それぞれが異なる特性を持っています。

これらの違いを理解し、自分の肌の状態や季節に合わせて適切な製品を選ぶことが重要です。

ヒルドイドソフト軟膏とヒルドイドフォームの比較

ヒルドイドソフト軟膏は、保湿性が高く、塗布した箇所にしっかりと密着する特性があります。
また、4種類の中で最も刺激が少ないとされています。

一方、ヒルドイドフォームは、缶に入っており、噴出するとキメ細かい泡状になり、時間が経つと化粧水のように液状化します。
顔や体の広範囲や、頭部など毛が生えている部分に塗るのに適していますが、人によっては保湿力に物足りなさを感じることがあります。

成分の違いと効果の違い

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質で、皮膚の細胞の保水力を上げる作用があります。また、ヘパリン類似物質には

  • 血行促進
  • 保湿
  • 抗炎症作用

の3つの作用があり、これらがヒルドイドの効果を生み出しています。

ヒルドイドソフト軟膏とヒルドイドフォームの主な違いは、そのテクスチャーと保湿力にあります。
ソフト軟膏は保湿力が高く、塗布した箇所に密着するのに対し、フォームは広範囲に塗るのに適していますが、保湿力はソフト軟膏に比べてやや劣ります。

使用方法の違い

ヒルドイドソフト軟膏は、乾燥が気になる部位に適量を塗り、よくなじませます。
一日に数回使用することが推奨されています。
また、塗布後は手を洗うことで、手に残った薬剤を除去できます。

一方、ヒルドイドフォームは、缶をよく振った後、手のひらに適量を出し、そのまま塗布します。
フォームは、頭部や広範囲に塗るのに適しています。

また、フォームはソフト軟膏に比べて塗りやすく、肌にすぐに浸透するため、使用後に手を洗う必要はありません。

ただし、保湿力がソフト軟膏に比べてやや劣るため、乾燥が特に気になる場合は、ソフト軟膏を選ぶと良いでしょう。

皮膚科医監修のおすすめ保湿クリームはこちらでまとめています。

関連記事

肌にとって乾燥は天敵です。そのため保湿を行って乾燥を防ぎますが、その際、保湿クリームは欠かせないアイテムです。Fしかし、その重要性や役割を十分に理解している方は少ないかもしれません。この記事では、 保湿クリームの重要性 保[…]

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

ヒルドイド市販品の効果と効能

ヒルドイドは、皮膚の乾燥やトラブルを改善するための医薬品として広く知られています。
その効果は、その成分によるもので、特にヘパリン類似物質が主成分として含まれています。


ここでは、ヒルドイド市販品の効果と効能について詳しく解説します。

乾燥肌への効果

ヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質は、肌の角質層の水分保持機能を改善し、肌本来の保湿機能を取り戻す効果が期待できます。

これは、表面的な水分蒸発を防ぐだけでなく、肌の内部構造に直接働きかけることで、高い保湿効果を示すと言われています。

特に、アトピー性皮膚炎やひどい乾燥に悩んでいる方にとって、ヒルドイドは非常に有効な選択肢となります。

皮膚トラブルに対する効果

ヒルドイドは、皮膚の血行を促進する効果もあります。
これにより、

  • しもやけなどの血行障害を要因とする痛みを緩和
  • 打撲、捻挫、筋肉痛、関節痛を和らげる

のにも効果的です。
また、血液が固まるのを防ぐことで、より早い傷の完治を目指せます。

さらに、血行やリンパの流れをよくし、穏やかな抗炎症や鎮痛の作用もみられるため、外傷後のはれや腱鞘炎、筋肉痛、関節症などにも使用されます。

ヒルドイドに含まれる有効成分

ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン類似物質」であり、これがヒルドイドの効果を生み出します。

ヒルドイドには、ソフト軟膏、クリーム、ローション、フォームなど、さまざまな形状の製品があります。
それぞれの製品は、使用感や適用範囲に違いがあります。

また、ヒルドイドの成分であるヘパリン類似物質は、市販の医薬品にも含まれており、ドラッグストアなどで購入できます。

ただし、ヒルドイドは医薬品であり、医師の診察の元、必要とみなされた場合にしか処方されません。

ヒルドイド市販品の使い方と注意点

ヒルドイドは、皮膚の保湿や血行促進、抗炎症効果などを持つ薬剤で、顔や体のさまざまな部位に使用できます。

しかし、その効果を引き出すためには、正しい使用方法を知り、副作用や使用上の注意事項を理解することが重要です。

また、ヒルドイドが適していない人もいますので、その点も確認しておきましょう。
市販品の使用による効果についても詳しく解説します。

正しい使い方のポイント

ヒルドイドの効果を効率よく引き出すためには、正しい使い方が必要です。
そのポイントについて詳しく見ていきましょう。

  1. 顔への使い方
    顔にヒルドイドを使用する場合、クリームやローションの使用感が良いとされていますが、ヒルドイドにはニキビに対する直接的な効果はないため、ニキビがある場合は医師の指導を受けて使用することが推奨されています。
  2. 体への使い方
    体にヒルドイドを使用する場合、塗布部位によって適した剤型が異なります。
    例えば、しっかり保湿したい部位(手・肘・膝・かかとなど)にはソフト軟膏やクリームが適しています。

    また、頭部や塗布範囲が広い場合は伸びやすいフォームやローションが便利です。

副作用など、使用上の注意事項

ヒルドイドの副作用としては、

  • 皮膚刺激感
  • 皮膚炎
  • そう痒
  • 発赤
  • 発疹
  • 潮紅

などが報告されています。
これらの症状が現れた場合や、肌に合わないと感じた場合には、すぐに使用を中止し、医療機関を受診することが推奨されています。

ヒルドイドを使用できない方

ヒルドイドは、血液を固まりにくくする作用があるため、

  • 血友病
  • 血小板減少症
  • 紫斑病
  • わずかな出血でも重大な結果を来すことが予想される人

などは使用できません。

また、妊娠中の人に対する安全性は確立していませんので、妊娠中の人は医師の指導を受けて使用することが必要です。

市販品の使用による効果

ヒルドイドは保湿効果があり、

  • 皮膚に水分を与える作用
  • 皮膚の水分が逃げないようにする作用

があります。

また、血行を促す作用や線維芽細胞の過剰な増殖を抑える作用もあるため、

  • 凍瘡(しもやけ)
  • ケロイド

の治療などにも使用されます。
さらに、ヒルドイドの保湿機能で肌の状態が良くなり、結果としてニキビが改善される可能性もあります。

治りにくい肌荒れの治し方については、こちらで解説しています。

関連記事

肌の赤みやかゆみ、かさつきやニキビなど肌荒れにはいろいろな症状があります。肌荒れがなかなか治らないために悩んでいる人も少なくありません。肌荒れが治らないのはなぜなのでしょうか?どうすれば肌荒れが治るのでしょうか?本記事では肌荒れ[…]

IMG

ヒルドイド市販品の代用品について

ヒルドイドは皮膚の保湿や血行促進に効果的とされていますが、その効果を補う代用品も存在します。

これらの代用品は、ヒルドイドと同じように皮膚の保湿や血行促進を目指すもので、ヒルドイドが手に入らない場合や、個々の肌質や症状によりヒルドイドが適していない場合に利用できます。

しかし、これらの代用品を使用する際には、その成分や効果、使用方法について理解しておくことが重要です。

他の市販品の代用としての適性

ヒルドイドの代用品としては、ヘパリン類似物質を含む製品があります。
ヘパリン類似物質は、肌の水分保持に効果的とされていて、角質層まで浸透して高い保湿力を発揮します。

また、肌のバリア機能をサポートする効果もあります。
これらの特性から、ヘパリン類似物質を含む製品は、ヒルドイドの代用品として適しています。

例えば、ヘパリシエという製品は、ヘパリン類似物質を配合しており、紫外線によるダメージから肌を保護する効果が期待できます。

また、グリチルリチン酸ジカリウムが肌荒れを防ぎ、ヘパリン類似物質がバリア機能をサポートし、紫外線を浴びた肌をケアします。
これらの特性から、ヘパリシエはヒルドイドの代用品として適しています。

代用品の効果や注意点

ヒルドイドの代用品を使用する際には、その製品の特性を理解し、適切に使用することが重要です。

例えば、ヘパリシエは紫外線によるダメージから肌を保護する効果が期待できますが、これは紫外線を浴びた後のケアに重点を置いています。

そのため、紫外線を浴びる前の予防として使用する場合には、他の紫外線防止対策と併用することが推奨されます。

また、ヘパリシエはヒルドイドと同様に皮膚の保湿や血行促進に効果的とされますが、その他にも紫外線によるダメージから肌を保護する効果が期待できます。

これは、ヘパリシエが含む有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが、肌荒れを防ぎ、ヘパリン類似物質がバリア機能をサポートするためです。

しかし、ヘパリシエは紫外線を浴びた後のケアに重点を置いているため、紫外線を浴びる前の予防として使用する場合には、他の紫外線防止対策と併用することが推奨されます。

また、ヒルドイドの代用品として市販されている製品には、ヒルドイドと同じ成分を含むものもあります。

これらの製品は、ヒルドイドと同様の効果を期待できますが、使用上の注意点や副作用についても理解しておくことが重要です。

特に、ヒルドイドと同じ成分を含む製品を使用する場合、ヒルドイドと同じように皮膚の状態や使用量、使用方法に注意を払う必要があります。

ヒルドイドの代用品を使用する際には、その製品の特性を理解し、適切に使用することが重要です。
また、ヒルドイドと同じ成分を含む製品を使用する場合には、その製品の使用上の注意点や副作用についても理解しておくことが重要です。

これらの情報を理解することで、ヒルドイドの代用品を効果的に使用することが可能となります。

【編集部イチオシ!】敏感肌でも使えるヘパリン類似物質配合のUVスキンケアシリーズ

肌に優しいヘパリシエのUVスキンケア・日焼け止めシリーズ

ヘパリシエは理想のお肌を叶える製品として夜用の保湿クリームと1日中使える3種類の日焼け止めを販売しています。

ヘパリシエの製品に共通する特徴は以下の通りです。

  • 保湿・保水効果のあるヘパリン類似物質配合
  • 抗炎症効果のあるグリチル酸ジカリウム配合
  • 10のケミカルフリーによる低刺激処方*

ヘパリシエの4製品について詳しく見ていきましょう。

*ヘパリシエトーンアップUVにのみ着色料が含まれています。

①モイストリッチ②ヘパリシエモイストUV③ヘパリシエモイストUV+④ヘパリシエトーンアップUV
おすすめな人肌のバリア機能を回復したい人
(UV機能のない保湿クリーム)
敏感肌でも使用できる日焼け止めを探している人敏感肌でも使えてより高いUVケア効果のある日常使い用の日焼け止めを探している人高いUVケア効果透明感・血色感UP効果が両方欲しい人
特徴・高保湿
・抗炎症
・バリア機能サポート
・エイジングケア
・低刺激UVケア
・高保湿
・抗炎症
・SPF35 PA+++
・高保湿
・抗炎症
・美白サポート
・SPF50 PA++++
・高保湿
・抗炎症
・エイジングケア
・透明感・血色感
・SPF50 PA++++
使用シーン朝・日中朝・日中朝・日中
価格(税込)5,500円5,500円5,500円5,500円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

①「高保湿+抗炎症+バリア機能サポート」青のモイストリッチ

まずご紹介するのは「モイストリッチ」。
これはUV機能を持たない高保湿クリームで、肌のバリア機能を強化し、紫外線や乾燥などの外部の刺激からお肌を守ります

モイストリッチには、保湿成分、保湿サポート成分、バリア機能サポート成分、抗炎症成分、エイジングケア成分が配合されています。
これらの成分が、肌になじんで滑らかさを与え、長時間の保湿効果を発揮します。

外部からの刺激の影響を受け敏感になっているお肌を守り、ダメージに強いお肌を長期的に維持したい方におすすめです。

肌のバリア機能を回復できる高保湿クリーム
モイストリッチはこちら

ヘパリシエの3種類の日焼け止めの色

②「低刺激UVケア×高保湿×抗炎症」 白のヘパリシエモイストUV(SPF35 PA+++)

ヘパリシエモイストUVは、保水・保湿有効成分のヘパリン類似物質と、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、UVスキンケアクリームです。

低刺激UVケア×高保湿×抗炎症のハイブリッド効果が期待でき、日中の日焼け止めとしても使用することができます。
独自のノンケミカル乳化技術により、汗と水に強く、こまめな塗り直しをすることなく高いUV効果と潤いを長時間維持してくれます。

さらに、ヘパリシエモイストUVは界面活性剤や紫外線吸収剤など10種類の化学物質を使用していないケミカルフリーの日焼け止めになります。
そのため、肌に優しくバリア機能の回復も促してくれるので、敏感肌でも安心して使用することができる日焼け止めを探している方におすすめです。

”低刺激UVケア×高保湿×抗炎症”のハイブリッド効果
ヘパリシエモイストUVはこちら

③「高保湿+抗炎症+美白サポート」黄色のヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)

ヘパリシエモイストUV+は、ヘパリシエモイストUVの高保湿・抗炎症効果をそのままに、SPF50、PA++++を実現したUVスキンケアクリームです。

SPFは紫外線B波(UVB)の、PAは紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示す指標です。
UVBは日焼けや赤みを引き起こしたり皮膚がんのリスクを高める紫外線で、UVAは皮膚内部の肌細胞にダメージを与えシワやシミを引き起こす紫外線です。

SPF値は日焼け止め製品を使用しない場合に比べて何倍の時間紫外線を防げるかを示しており、PA値は+が多いほどUVAからの保護力が高いことを示します。
すなわち、SPFやPAの数字が大きいほど、肌を紫外線からより長時間より強力に守れることを示しています。

さらに、ヘパリシエモイストUV+には美白成分の速攻持続型VC誘導体と、透明感を引き出してくれるユキノシタエキスが配合されています。
そのため、美白・透明感をより追求したい人にはヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)がおすすめです。

高保湿・抗炎症効果に美白・透明感をプラス
ヘパリシエモイストUV+はこちら

④「高保湿+抗炎症+エイジングケア」ヘパリシエトーンアップUV(SPF50 PA++++)

ヘパリシエトーンアップUVはUVケアとトーンアップを同時に叶えてくれる今人気のトーンアップUVです。

ヘパリシエトーンアップUVには保湿成分や保湿サポート成分に加え、バリア機能サポート、抗炎症作用、そしてシワ・たるみ改善作用を持つ成分が豊富に配合されています。
高い紫外線防止効果肌の透明感・血色感UPの作用だけでなく、光で飛ばすことで、シワ・たるみ・毛穴などの凹凸や色ムラ・くすみの解消も実現してくれる最強のUVケア製品です。

1本で紫外線から肌をしっかりと守り、透明感と血色感も手に入れることのできる化粧下地兼UVクリームを探している方にはヘパリシエトーンアップUVがおすすめです。

紫外線対策と透明感・血色感UPでを1本で
ヘパリシエトーンアップUVはこちら

これら4つの製品は、それぞれ肌の状態やニーズに応じて使い分けることができます。
さらに、これら全ての製品は、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるよう、界面活性剤や紫外線l吸収剤などの添加物を使用していません。

全ての人の美しさと健康をサポートするため、ヘパリシエのどの製品も、お肌にやさしくしっかりとした効果を実感できるように開発されています。
ご自身のお肌が求めているものを、ぜひヘパリシエシリーズから見つけてみてはいかがでしょうか?

ヒルドイドの市販品についてまとめ

今回は、ヒルドイドの市販品についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ヒルドイド市販品のメリットは、一般的には皮膚の保湿、乾燥肌の改善、皮膚の荒れやかゆみの緩和など
  • ヒルドイド市販品のデメリットは、血液を固まりにくくする作用があるため、血友病血小板減少症、紫斑病、わずかな出血でも重大な結果を来すことが予想される方などは使用できない
  • ヒルドイド市販品の使い方は、ソフト軟膏、クリーム、ローション、フォームなどの種類があり、それぞれが異なる特性を持っているため、自分の肌の状態や季節に合わせて適切な製品を選ぶことが重要

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク