ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>HSPの特徴チェックリスト|これに当てはまったらHSPかも?

HSPの特徴チェックリスト|これに当てはまったらHSPかも?

  • 12月 28, 2023
  • 1月 11, 2024
  • 生活

あなたは、自分の感受性が高いと感じたことはありませんか?
また、音や光、人の感情などに敏感に反応してしまうという経験をしたことはないでしょうか?

もしそうなら、あなたはHSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれる人の一人かもしれません。
HSPは、人口の約15~20%が該当するとされています。

では、HSPとはどのような特徴を持つのでしょうか?
本記事では、以下の項目を中心に解説します。

  • HSPとは
  • HSPの特徴
  • HSPの苦手なことの特徴

HSPの特徴を知ることで、自分自身や周りの人の感性を理解しやすくなるでしょう。
HSPの特徴に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

HSPとは?

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、高度に敏感な人という意味です。
HSPは、生まれつき神経系が繊細で、周囲の刺激に対して強く反応する傾向がある人のことを指します。

HSPは、一般的には人口の15〜20%程度に当てはまるといわれています。
HSPは、病気や障害ではなく、個性や特性の一つです。

しかし、HSPの人は、自分の感受性が理解されないことや、過剰に刺激を受けることで、ストレスや不安を感じやすいです。

HSPとは?

HSPという言葉は、アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱した概念です。
彼女は、自分自身がHSPであることに気づき、HSPの人々の特徴や心理を研究しました。

彼女は、HSPの人々は、以下の4つの要素を持っていると述べています。

HSPの要素|Depth of processing(深い処理)

HSPの人々は、情報や刺激をより深く分析し、意味や影響を考える傾向があります。
そのため、物事に対してより洞察力や想像力が豊かですが、同時に時間やエネルギーを消費することもあります。

HSPの要素|Overstimulation(過剰刺激)

HSPの人々は、周囲の音や光、人の表情や感情など、さまざまな刺激に対して敏感に反応します。
そのため、刺激が多い環境や状況では、疲れやすく、集中力や判断力が低下することがあります。

HSPの要素|Emotional reactivity and empathy(感情の反応性と共感性)

HSPの人々は、自分の感情や他人の感情に対して強く反応します。
そのため、喜びや悲しみ、怒りや恐れなど、感情の変化が激しいことがあります。

また、他人の気持ちや立場に寄り添い、共感する能力が高いですが、同時に他人の問題や苦しみを自分のことのように感じることもあります。

HSPの要素|Sensitivity to subtleties(微妙なものを感じる)

HSPの人々は、細かいことや小さな変化に気づきやすいです。
そのため、美しいものや芸術的なものに感動したり、人の気持ちや雰囲気を察知したりできますが、同時に些細なことも気になったり、不快に感じたりすることもあります。

HSPの特徴や診断方法に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

感受性が豊かな人々、通称HSP(Highly Sensitive Person)。あなたは自分がHSPなのか、あるいは身近な人がHSPかもしれないと思ったことはありませんか?HSPは、環境の変化や刺激に敏感であり、その特性には独自の[…]

HSPの特徴

HSPの主な特徴

HSPの人々は、上記の4つの要素に基づいて、以下のような特徴を持っていることが多いです。

HSPの特徴|自分の感情や感覚に敏感である

HSPの人々は、自分の感情や感覚に対して敏感であり、それらを表現することが得意です。
自分の気持ちや体調をよく理解しており、自分に合った生活や環境を求めます。

しかし、自分の感情や感覚が強すぎると感じることもあり、それらをコントロールするのが難しいこともあります。

HSPの特徴|他人の感情や気持ちに敏感である

HSPの人々は、他人の感情や気持ちに対して敏感であり、それらを理解することが得意です。

他人の表情や声のトーン、言葉の裏に隠された意味など、微妙なサインにも気づきます。
他人に対して優しく思いやりがあり、助けたり励ましたりできます。

しかし、他人の感情や気持ちが強すぎると感じることもあり、それらに影響されすぎることもあります。

HSPの特徴|物事を深く考える

HSPの人々は、物事を深く考えることが好きです。

物事の本質や意味、原因や結果、可能性や選択肢など、さまざまな角度から分析します。
物事に対して好奇心が強く、学ぶことや知ることに喜びを感じます。

しかし、物事を深く考えすぎることもあり、悩んだり迷ったりすることもあります。

HSPの特徴|細かいことや小さな変化に気づく

HSPの人々は、細かいことや小さな変化に気づけます

物事の細部やニュアンス、人の態度や様子の変化など、見逃されがちなことにも目が行きます。
物事に対して注意力が高く、細かいミスや不具合を発見したり、改善したりできます。

しかし、細かいことや小さな変化に気づきすぎることもあり、神経質になったり、不安になったりすることもあります。

HSPの人々が感じる一般的な感覚

HSPの人々は、一般的な人々とは異なる感覚を感じることがあります。
以下は、HSPの人々が感じる一般的な感覚の例です。

HSPの感覚|音や光に敏感である

HSPの人々は、音や光に対して敏感です。
大きな音や騒がしい音、明るすぎる光やチカチカする光など、刺激が強い音や光に耐えられないことがあります。
音や光によって頭痛やめまい、イライラや不快感などを感じることがあります。

音や光を適度に調整したり、静かで暗い場所に移動したりすることで、落ち着きを取り戻せるでしょう。

HSPの感覚|匂いや味に敏感である

HSPの人々は、匂いや味に対して敏感です。
強い匂いや不快な匂い、辛い味や苦い味など、刺激が強い匂いや味に耐えられないことがあります。
匂いや味によって吐き気や胃痛、嫌悪感や不満感などを感じることがあります。

匂いや味を選り好みしたり、自分の好きな匂いや味を楽しんだりすることで、気分を良くできます。

HSPの感覚|触覚や温度に敏感である

HSPの人々は、触覚や温度に対して敏感です。
ざらざらしたものやぴりぴりしたもの、熱いものや冷たいものなど、刺激が強い触覚や温度に耐えられないことがあります。
触覚や温度によって痛みや不快感、ストレスや不安などを感じることがあります。

触覚や温度を適度に調整したり、柔らかくて快適なものに触れたりすることで、リラックスできます。

HSPの感覚|美しいものや芸術的なものに感動する

HSPの人々は、美しいものや芸術的なものに対して感動します
自然の風景や花、音楽や絵画、詩や小説など、美しいものや芸術的なものに目が行きます。
美しいものや芸術的なものによって感情が高まり、涙したり笑ったりすることがあります。

美しいものや芸術的なものを見たり聞いたりしたり、自分で創作したりすることで、幸せや満足感を感じられます。

HSPの感覚|人の気持ちや雰囲気を感じる

HSPの人々は、人の気持ちや雰囲気を感じられます
人の表情や声、言葉や行動など、人の感情や思考を察知します。
人の気持ちや雰囲気によって感情が移り、共感したり同調したりすることがあります。

人の気持ちや雰囲気を感じることで、人とのコミュニケーションや関係を深められますが、同時に人の問題や苦しみを自分のことのように感じることもあります。

HSPの自己診断チェックリスト

あなたがHSPかどうかをチェックするために、以下の質問に「はい」か「いいえ」で答えてみてください。
「はい」と答えた項目が多いほど、HSPの傾向が強いといえます。

深く処理をする

物事を始める前に、あれこれ考えてしまうことが多いはい・いいえ
調べ物をするときは、深く掘り下げてしまうことが多いはい・いいえ
物事の本質や意味を知りたいと思うことが多いはい・いいえ
お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまうことが多いはい・いいえ
物事を終わらせるまでに、細かいことに気を取られてしまうことが多いはい・いいえ

過剰に刺激を受けやすい

人混みや大きな音、騒音が苦手であるはい・いいえ
友達との時間は楽しいが、帰宅すると疲れてしまうことが多いはい・いいえ
映画や音楽、テレビ番組、本などの芸術作品に感動して泣くことが多いはい・いいえ
人の些細な言葉に傷つきやすく、いつまでも忘れられないことが多いはい・いいえ
些細なことに過剰なほど驚いてしまうことが多いはい・いいえ

全体的に感情の反応が強く、共感力が強い

人が怒られていると自分のことのように感じてしまうことが多いはい・いいえ
悲しい映画や本などの登場人物に感情移入しやすく、号泣することが多いはい・いいえ
人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかることが多いはい・いいえ
言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察できるはい・いいえ
人の気持ちを考えすぎて、自分の気持ちがわからなくなることが多いはい・いいえ

些細な刺激を察知する

冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまうことが多いはい・いいえ
強い光や日光のまぶしさなどが苦手であるはい・いいえ
近くにいる人の口臭やタバコの臭いで気分が悪くなることが多いはい・いいえ
カフェインや添加物に敏感に反応してしまうことが多いはい・いいえ
肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になることが多いはい・いいえ
第六感がはたらき、よく当たることが多いはい・いいえ

下記の記事では、別のHSPの自己診断チェックリストもあります。
こちらも合わせてお読みください。

関連記事

あなたは、自分の感受性が高いと感じたことはありませんか?また、音や光、人の感情などに敏感に反応してしまうという経験をしたことはないでしょうか?もしそうなら、あなたはHSP(Highly Sensitive Person)と呼ばれ[…]

HSPの分類とそれぞれの特徴

HSPは、環境や人間関係などの刺激に対して、通常よりも強く反応する傾向があります。
HSPは、一般的には人口の15~20%程度といわれています。

しかし、HSPにもさまざまなタイプがあり、それぞれに特徴があります。

HSPの分類|HSP

HSPとは、Highly Sensitive Personの略で、高度に敏感な人のことを指します。
HSPは、環境や人間関係などの刺激に対して、一般的な人よりも強く反応しやすい傾向があります。

HSPは、自分の感情や感覚に敏感であり、思慮深く、芸術的な才能や想像力が豊かな場合が多いです。
しかし、HSPは、刺激が多すぎるとストレスを感じやすく、疲労や不安などのネガティブな感情に陥りやすいです。

HSPは、約20%の人が該当するといわれています。

HSPの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 感受性が高く、感情豊か
  • 美的感覚や共感力が高い
  • 自己分析や内省が得意
  • 価値観や信念に基づいて行動する
  • 細かいことに気づく、複雑なことを理解する
  • 深く考える、熟考する
  • 自分のペースで物事を進める

HSPの分類|HSS型HSP

HSPには、さらに細かく分類できます。
HSPの中には、HSS型HSPと呼ばれるタイプの人もいます。

HSS型HSPとは、High Sensation Seekingの略で、高い刺激欲求を持つHSPのことを指します。
HSS型HSPは、新しい経験や冒険を求める一方で、自分の感受性や感情にも敏感なので、矛盾した感情を抱えることが多いです。

HSS型HSPは、約30%のHSPが該当するといわれています。

HSS型HSPの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 刺激を求める、冒険的
  • 変化や多様性を求める、退屈になりやすい
  • 人との交流や社会的な活動に積極的
  • リーダーシップや影響力を発揮する
  • 自分の能力や可能性を試す、自分の限界を超える
  • 自分の感情や欲求を素直に表現する、自分の意見や考えを主張する

HSPの分類|HSE

HSEとは、Highly Sensitive Extrovertの略で、高度に外向的な人のことを指します。
HSEは、人との交流や社会的な活動を好み、刺激に対してもポジティブに受け止められます。

HSEは、自分の感情や感覚にも敏感ですが、それを表現することに抵抗がなく、自己肯定感が高い場合が多いです。
HSEは、約10%の人が該当するといわれています。

HSEの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 感受性が高い、社交的で活発
  • 人との関わりやコミュニケーションを楽しむ、自分の感情や考えを分かち合う
  • 自分の興味や関心に応じて、さまざまなことに挑戦したり、学習したりする
  • 自分の感性や創造力を活かして、芸術的な表現や創作活動に取り組む
  • 自分の感覚や直感に従って、物事を判断したり、行動したりする

HSPの分類|HSS型HSE

HSS型HSEとは、High Sensation Seekingの略で、高い刺激欲求を持つHSEのことを指します。
HSS型HSEは、HSS型HSPと同様に、新しい経験や冒険を求めますが、HSEとしての外向性やポジティブさも持ち合わせています。

HSS型HSEは、自分の感情や感覚に敏感でありながら、それを楽しめるタイプです。
HSS型HSEは、約10%のHSEが該当するといわれています。

HSS型HSEの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 感受性が高く、社交的で、冒険的
  • 人とのつながりや協力を重視する、チームワークやコラボレーションに優れる
  • 自分の目標や夢に向かって、情熱的に取り組む、自分の才能や魅力を発揮する
  • 自分の感情や欲求をコントロールすることが苦手で、衝動的に行動する
  • 自分の価値観や信念に沿って、自分の意見や考えを主張し、影響力を持つ

自分がHSPのどのタイプかを理解することも大切になります。
HSP診断テストの選び方について詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

敏感で繊細な性格を持つ人々にとって、自分の特性を理解し、受け入れることは重要です。これこそが、HSP(Highly Sensitive Person)診断が登場する理由です。HSP診断は、自分の感受性の度合いを評価し、人生におい[…]

HSPの彼女や彼氏の特徴と付き合い方

HSPの彼女の特徴と対応方法

HSPの彼女は、感受性が高く、細かいことにも気づいたり感動したりする人です。
彼女はあなたのことを深く愛してくれるでしょうが、同時にあなたの言動や態度にも敏感に反応します。

HSPの彼女と上手く付き合うためには、以下のような対応方法が有効です。

彼女の感情を受け止める

HSPの彼女は、喜怒哀楽が激しく、感情の起伏が大きいことがあります。

彼女が怒ったり泣いたりしたときは、否定したり論理的に説明したりするのではなく、まずは彼女の感情を受け止めてあげましょう
彼女の気持ちを理解しようとする姿勢が、彼女に安心感を与えます。

彼女の好みや趣味に合わせる

HSPの彼女は、自分の好みや趣味にこだわりが強いことがあります。
彼女は自分の感性に合ったものにしか興味を示さないかもしれません。

彼女とデートをするときは、彼女の好きな場所や音楽や映画などに合わせてあげましょう。
彼女の好みに興味を持ってあげることが、彼女に愛情を感じさせます。

彼女に癒しの時間を与える

HSPの彼女は、人や環境に影響されやすく、疲れやすいことがあります。
彼女は自分の時間や空間が必要なときがあるでしょう。

彼女が疲れているときは、無理に話しかけたり遊びに誘ったりしないであげましょう。
彼女に癒しの時間を与えてあげることが、彼女にリラックスを促します。

HSPの彼氏の特徴と対応方法

HSPの彼氏は、思慮深く、細やかな気配りができる人です。
彼はあなたのことを大切にしてくれるでしょうが、同時にあなたの期待や要求にも敏感に反応します。

HSPの彼氏と上手く付き合うためには、以下のような対応方法が有効です。

彼の意見や考えを尊重する

HSPの彼氏は、自分の意見や考えに自信がないことがあります。
彼はあなたの意見や考えに合わせようとするかもしれませんが、それは彼が自分を抑えているということです。

彼が自分の意見や考えを言ったときは、否定したり批判したりするのではなく、尊重してあげましょう。
彼の意見や考えを認めてあげることが、彼に自信を与えます。

彼の努力や成果を褒める

HSPの彼氏は、自分の努力や成果に対して厳しいことがあります。
彼は自分のできないことや失敗したことに焦点を当てがちです。

彼が努力したことや成果を出したことがあったときは、褒めてあげましょう。
彼の努力や成果を褒めてあげることが、彼にやる気を与えます。

彼に楽しい時間を提供する

HSPの彼氏は、人や環境に影響されやすく、ストレスを感じやすいことがあります。
彼は自分の感情を表に出さないかもしれませんが、それは彼が自分を抑えているということです。

彼がストレスを感じているときは、無理に話を聞いたり励ましたりするのではなく、楽しい時間を提供してあげましょう。
彼に楽しい時間を提供してあげることが、彼に笑顔を与えます。

ストレスを発散する方法についてより詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

HSPの人が苦手なことの特徴

HSPの人は、自分の感情や感覚に敏感に気づける一方で、他人や環境からの影響を受けやすく、ストレスを感じやすいというデメリットもあります。
HSPの人は、自分の性質を理解し、自分に合った生き方を見つけることが大切です。

HSPの人が苦手なことには、どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、HSPの人が苦手とする人、環境、職場について紹介します。

HSPが苦手とする人の特徴

HSPの人は、他人の感情やニュアンスに敏感に反応するため、人間関係においてもさまざまな問題に直面することがあります。
HSPの人が苦手とする人には、以下のようなタイプが挙げられます。

HSPが苦手な人|自己中心的な人

自分の考えや感情を押しつける人や、他人の気持ちを考えない人は、HSPの人にとってストレスの原因になります。

HSPの人は、自己中心的な人と接するときは、自分の意見や感情をはっきりと伝えることが大切です。

HSPが苦手な人|攻撃的・批判的な人

HSPの人は、自分に対する批判や否定に敏感に反応します。
批判的な人と接するときは、自分の価値観や能力を否定されていると感じることがあります。

HSPの人は、批判的な人と接するときは、自分の長所や強みを認めることや、批判の内容を客観的に分析することが大切です。

HSPが苦手な人|ネガティブな人

HSPの人は、他人の感情に感化されやすいため、ネガティブな人と接すると、そのネガティブな感情を引き受けてしまうことがあります。

ネガティブな人と接するときは、自分の感情と他人の感情を区別することや、ポジティブな話題を振ることが大切です。

HSPが苦手とする環境の特徴

HSPの人は、周囲の刺激に対して敏感に反応するため、環境においてもさまざまな問題に直面することがあります。
HSPの人が苦手とする環境には、以下のようなものが挙げられます。

HSPが苦手な環境|騒音や混雑の多い場所

HSPの人は、騒音や混雑によって、自分の感覚が過剰に刺激されることがあります。
騒音や混雑の多い場所にいるときは、自分の感覚を落ち着かせる方法を探すことが大切です。

例えば、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴く、目を閉じて深呼吸する、静かな場所に移動するなどの方法があります。

HSPが苦手な環境|明るさや温度の変化の激しい場所

HSPの人は、明るさや温度の変化によって、自分の感覚が不快になることがあります。
明るさや温度の変化の激しい場所にいるときは、自分の感覚を快適にする方法を探すことが大切です。

例えば、サングラスや帽子をかぶる、温度調節のできる服装をする、水分や栄養を補給するなどの方法があります。

HSPが苦手な環境|自分の居場所やプライバシーのない場所

HSPの人は、自分の居場所やプライバシーがないと、自分の感情や感覚を整理できないことがあります。
自分の居場所やプライバシーのない場所にいるときは、自分の時間や空間を確保する方法を探すことが大切です。

例えば、一人で散歩する、本や映画を楽しむ、部屋にこもるなどの方法があります。

HSPが苦手とする職場

HSPの人は、職場においてもさまざまな問題に直面することがあります。
HSPの人が苦手とする職場には、以下のようなものが挙げられます。

HSPが苦手な職場|競争や評価の厳しい職場

HSPの人は、競争や評価によって、自分の能力や価値を疑うことがあります。
競争や評価の厳しい職場にいるときは、自分の目標や成果を明確にすることや、自分の成長や貢献を認めることが大切です。

HSPが苦手な職場|コミュニケーションや協調の多い職場

HSPの人は、コミュニケーションや協調によって、自分の感情や意見を抑え込むことがあります。
コミュニケーションや協調の多い職場にいるときは、自分の感情や意見を適切に表現することや、自分のペースやスタイルを尊重することが大切です。

HSPが苦手な職場|刺激や変化の多い職場

HSPの人は、刺激や変化によって、自分の感覚や集中力が乱れることがあります。
刺激や変化の多い職場にいるときは、自分の感覚や集中力を回復する方法を探すことや、自分の優先順位や限界を設定することが大切です。

HSPはうつ病を発症しやすいといわれています。
うつ病についての理解を深めておくことは、HSPと向き合っていく上で重要なことです。

下記では、うつ病について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

うつ病は、100人に6人、16人に1人という割合でかかる病気です。1日中気分が落ち込む状態が1カ月以上続いていたら、うつ病かもしれません。本記事ではうつ病について以下の点を中心にご紹介します。  うつ病の典型的な症状とは う[…]

関連記事

落ち込んでしまったり、やる気がなくなったり、イライラしたりすることは誰にでもあります。しかしそれがあまりに長く続いたり、頻繁に起きて日常生活にも支障が出るほどであれば、うつ病の初期症状なのかもしれません。家族や友人など、周囲の人の様[…]

IMG

HSPが苦手なことに対しての対処方法

HSPの人は、感情豊かで思いやりがあり、芸術や自然に対する感性が高いという長所がありますが、同時に、人間関係や環境にストレスを感じやすく、疲れやすいという短所もあります。

HSPの人は、自分の特性を理解し、適切な対処方法を身につけることで、より快適に生活できます。

HSPが苦手とする人との関係改善方法

HSPの人は、自分の感情やニーズを表現するのが苦手で、他人の気持ちを優先してしまう傾向があります。
そのため、自分の意見を押しつける人や、批判的な人、無神経な人との関係に悩むことが多いです。
HSPが苦手な人との関係を改善するには、以下のような方法があります。

HSPの人間関係改善|自分の感情やニーズを伝える

HSPの人は、自分の感情やニーズを伝えることで、相手に自分の考えや境界を理解してもらえます。
また、自分の感情やニーズを伝えることで、自分の存在価値を認めることにもつながります。

自分の感情やニーズを伝えるときは、非難や攻撃ではなく、自分の気持ちや要望を述べることが大切です。
例えば、「あなたはいつも私のことを馬鹿にしている」と言うのではなく、「あなたの言葉で傷ついている」と言うようにしましょう。

HSPの人間関係改善|相手の感情やニーズを聞く

HSPの人は、相手の感情やニーズを聞くことで、相手の考えや動機を理解できます。
また、相手の感情やニーズを聞くことで、相手に対する共感や理解を深めることにもつながります。

相手の感情やニーズを聞くときは、質問や反応をすることで、相手に興味や関心を示すことが大切です。
例えば、「あなたはどう思っているの?」や「それはどうしてなの?」と聞くようにしましょう。

HSPの人間関係改善|妥協や協力をする

HSPの人は、妥協や協力をすることで、相手との関係にバランスや調和を保てます。
また、妥協や協力をすることで、相手に対する信頼や尊重を築くことにもつながります。

妥協や協力をするときは、自分の感情やニーズを無視せず、相手の感情やニーズを尊重することが大切です。
例えば、「私はこうしたいけど、あなたはどうしたいの?」や「私たちはどうすればいいと思う?」と言うようにしましょう。

HSPが苦手とする環境の改善方法

HSPの人は、騒音や混雑、強い光や匂いなどの刺激に敏感に反応するため、日常生活や仕事でストレスを感じやすいです。
HSPが苦手とする環境を改善するには、以下のような方法があります。

HSPの環境改善|自分に合った環境を選ぶ

HSPの人は、自分に合った環境を選ぶことで、ストレスを減らせます。

例えば、静かで落ち着いた場所や、自然に囲まれた場所や、自分の好きな色や香りのある場所などを選ぶようにしましょう。
また、自分に合った環境を選ぶことで、自分の感性や創造力を発揮することにもつながります。

HSPの環境改善|自分に合ったペースを守る

HSPの人は、自分に合ったペースを守ることで、疲れを防げます。

例えば、一度にやることを多くせず、優先順位をつけて、一つずつこなすようにしましょう。
また、自分に合ったペースを守ることで、自分の能力や効率を高めることにもつながります。

HSPの環境改善|自分に合った休息を取る

HSPの人は、自分に合った休息を取ることで、リラックスできます。

例えば、瞑想や呼吸法などのリラクゼーション法を行ったり、音楽や読書などの趣味を楽しんだり、ペットや友人などの癒しの存在と触れ合ったりするようにしましょう。
また、自分に合った休息を取ることで、自分の気持ちや体調を整えることにもつながります。

HSPが向いている・向いていない仕事環境の特徴

HSPは、仕事環境によってはストレスを感じやすく、パフォーマンスが低下したり、心身の不調を引き起こしたりする可能性があります。
そこで、以下では、HSPが苦手な仕事と向いている仕事、そしてストレスを軽減するための方法について紹介します。

HSPが苦手な仕事の特徴と具体例

HSPが苦手な仕事とは、一般的に以下のような特徴を持つものです。

特徴向いていない理由職業の例
刺激が多い騒音や人混み、緊急事態など、HSPにとっては過剰な刺激が多い仕事は、神経をすり減らしやすくなります。救急隊員や警察官、コールセンターのオペレーターなど
競争が激しい自分や他人と比較することにストレスを感じやすく、競争に負けると自己評価が下がりやすい傾向があります。営業やマーケティング、スポーツ選手など
自己主張が必要自分の意見や感情を表現するのが苦手で、他人に合わせることが多いです。しかし、自己主張が必要な仕事では、自分の考えを伝えたり、交渉したりすることが求められます。弁護士や政治家、リーダーなど

HSPに向いている仕事の特徴と具体例

HSPに向いている仕事とは、一般的に以下のような特徴を持つものです。

特徴向いている理由職業の例
刺激が少ない静かで落ち着いた環境で仕事をすることが得意です。刺激が少ない仕事では、HSPの集中力や創造力を発揮できます。研究者や作家、図書館員など
協力が重視される他人の気持ちやニーズに敏感で、協力的で思いやりがあります。協力が重視される仕事では、HSPのコミュニケーション能力やチームワークが活かされます。教師やカウンセラー、看護師など
自己表現ができる感情が豊かで芸術的なセンスがあります。自己表現ができる仕事では、HSPの感性や個性が評価されます。画家や音楽家、デザイナーなど

HSPがストレスを軽減するための方法

HSPが仕事でストレスを感じたときには、以下のような方法が有効です。

休憩を取る

HSPは、仕事で刺激を受けると、脳が過敏になりやすく、疲労が溜まりやすくなります。
そのため、定期的に休憩を取って、リラックスすることが大切です。

休憩中には、深呼吸をしたり、音楽を聴いたり、瞑想をしたりすることがおすすめです。

自分の感情を認める

HSPは、自分の感情を抑え込んだり、否定したりすることが多いです。
しかし、それはストレスを増やすだけです。
自分の感情を認めて、受け入れることが大切です。

自分の感情を表現する方法としては、日記を書いたり、友人や家族に話したり、プロの相談に乗ってもらったりすることがおすすめです。

自分の強みを活かす

HSPは、自分の弱みに目が行きがちです。
しかし、それは自信を失うだけです。
自分の強みを見つけて、活かすことが大切です。

自分の強みを見つける方法としては、自分が得意なことや好きなことを振り返ったり、他人からのフィードバックを聞いたり、適性テストを受けたりすることがおすすめです。

HSPの特徴についてのまとめ

ここまでHSPの特徴についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • HSPとは、生まれつき神経系が繊細で、周囲の刺激に対して強く反応する傾向がある人のことを指す
  • HSPの特徴として、自分や他人の感情や感覚に敏感なこと、音や光・匂いに敏感なことなどが挙げられる
  • HSPの苦手なことは、攻撃的・批判的な人やネガティブな人、騒音や混雑の多い場所、競争や評価の厳しい職場などが挙げられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク