ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>認知症の対応>認知症による暴言や暴力の原因や対応方法とは?介護者がすべきことを解説

認知症による暴言や暴力の原因や対応方法とは?介護者がすべきことを解説

認知症当事者の中には、家族や介助者に暴力・暴言をふるうケースも見られます。
認知症による暴力は、手が付けられないように思えますが、実は対応や予防が可能です。

本記事では、認知症による暴力の原因や対応、考え方について解説します。

  • 認知症による暴力の原因
  • 認知症による暴力が出やすいキッカケやタイミング
  • 認知症による暴力の対応や予防法、やってはいけないこと
  • 介護者が暴力を振るわないためにすべきこと
  • 認知症の方が暴言を吐く理由
  • 家族の方が暴言を吐かれたときの対処法
  • 暴言の改善策

認知症による暴力・暴言の対応に役立てるために、ぜひ最後までお読みください。

認知症の対応について詳しく知りたい方は下記の記事も併せてお読みください。

関連記事

一緒に過ごしてきた家族が認知症を発症することは、大きな不安や戸惑いを感じる出来事です。対応の仕方が分からず、怒ったり責めたりしてしまうかもしれません。今回は、認知症の方への対応方法をご紹介したうえで、介護にあたる際に大切なことを[…]

【フェルラブレインPLUS】|認知機能低下の予防に!

認知症をサプリで予防・改善したくありませんか。

フェルラブレインPLUSには、社会問題である認知症予防の効果が期待される成分「フェルラ酸」を150mg、さらに脳の働きを活性化させる栄養素としてホスファチジルセリンを180mg配合。

ご家族が年齢を重ね「認知症が気になる・・・」「最近忘れっぽくなった?」「認知症が怖い」という方は是非一度手に取って効果を実感してみてください。

詳細はこちら

スポンサーリンク

暴言や暴力をする認知症の方の本音

認知症による暴力・暴言の原因

認知症による暴力・暴言の原因は、大きく症状の影響と薬の影響の2つに分けられます。
それぞれの内容について、具体的に見ていきましょう。

認知症の影響

認知症による家族の方への暴力・暴言の原因は「認知症」そのものにあることが多いです。

認知症は「認知機能」すなわち「思考力・理性」が低下するため、感情のコントロールが難しくなります。
また、認知症にはさまざまなタイプがあり、タイプによって暴言や暴力のあらわれ方や原因が異なります。

家族の方はタイプごとに対応することが大切です。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症では、前頭葉と側頭葉が委縮することで認知機能が低下します。
認知症の中でも、暴力や暴言、興奮などが起こりやすいタイプと言われています。

前頭葉と側頭葉がつかさどるのは、それぞれ「人格・社会性・言語」と「記憶・聴覚・言語」などです。
簡単に言えば、その人の人格や社会性を支配する領域です。

この領域が破壊されるため、前頭側頭型認知症の発症者は、社会性を無視した行動に出ることが多くなります。

たとえば、人との会話中にふいに立ち去ったり、気に入らないことがあると暴力を振るったりなどの症状が一般的です。
脳領域の破壊が原因なので、以前はどんなに穏やかな性格だった人でも、暴力的な言動をしてしまいます。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症はレビー小体という物質が脳内に蓄積し神経伝達を阻害することで認知機能が低下する認知症です

レビー小体型認知症特有の症状として、「幻覚・幻視」「人物誤認」「せん妄」があります。
本当は存在しないものが見えたり、思い込みに取りつかれることで、本人は恐怖や不安、混乱を感じてしまいます。

周囲の人にすればただの幻覚や思い込みに感じますが、本人には現実的に起こっています。
恐怖や不安から逃れたいと思い、混乱した結果、暴力や暴言が発生するケースが多く見られます。

血管性認知症

血管性認知症は、脳出血や脳梗塞などの脳血管ダメージにより、脳に血液が行き渡らなり、認知機能が低下する認知症です

脳がダメージを受けるため、障害のある部位と障害のない部位がまだらに点在し、認知症の症状もまだらに表れるのが特徴です。
一般的に、血管性認知症は感情のコントロールが効かない「感情失禁」になりやすいといわれています。

そのため、普段なら受け流せる些細な出来事に、自分でも止められないほど怒り狂うというケースが見られます。
抑うつ症状や不安感も強いため、負の感情が爆発した結果暴力行為にはしることもあります。

アルツハイマー型認知症

認知症の中で最も数が多いとわれるタイプです。
脳に「アミロイドβ」という物質が蓄積することで、脳が破壊され、徐々に認知機能が低下していきます

アルツハイマー型認知症は、比較的初期から、性格や感情の変化がみられることが多いです。
また、症状の進行に伴い、徐々に不安、幻覚やせん妄、それに伴う暴力・暴言などがあらわれます。

出典:認知症|心の病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省

不安を感じている

認知症の症状である理解力低下が原因となり、自分の状況がつかめずに不安を感じてしまう場合があります。

施設や病院に行った際も同様に不安を感じることがあります。
環境変化によって不安や混乱が生じ、暴言などを吐いてしまうのです。

感情をコントロールできない

認知症の方は感情をコントロールする部分の働きが鈍いです。

症状の一つである認知機能の低下が影響しています。
物事を理解し判断する能力が低下してしまうことも原因となっています。

また、認知症の方はこだわりが強くなることもしばしばあります。
そのため、イライラしやすく怒りっぽい性格になり、暴言につながるケースが多いです。

認知症の方のこだわりについて詳しく知りたい方は「こちら」も参考にして下さい。

自尊心が傷ついた

認知症の方は判断力・記憶力の低下から、不可解な行動や発言が増えていきます。
症状が進行すればするほど、周囲の方からの否定や注意も増えていきます。

しかし、認知症を患ったからといって、自尊心がなくなるわけではありません。

本人は真面目に話しているため、「なにいってんの!」「違うでしょ!」などの否定的な言葉は、認知症の方の自尊心を傷つけます。
結果として攻撃的になり、暴言を吐いてしまう方も多いです。

体調が悪い

認知症の方にとっては、自分の体調不良を理解し、周りに伝えることが困難になります。

例えば足をどこかにぶつけても、足が痛い理由を理解することが難しいです。
更には痛みを伝えることもできません。

このような状況は本人にとってストレスと混乱を招き、暴言につながります。

薬の副作用

認知症の暴力衝動の原因は、現在服用している薬にあるかもしれません。
薬に認知症の暴力や暴言の原因がある場合、以下の2つのパターンが考えられます。

認知症の治療薬そのものに原因がある

認知症の投薬療法では「ドネペジル塩酸塩」がよく用いられます。
ドネペジル塩酸塩は認知症の進行の緩和に役立ちます。

一方で、副作用として、下痢・嘔吐・食欲不振・厳格・暴力行為が指摘されています
暴力・暴言の原因が認知症の治療薬にある場合は、投薬の中止により、改善が期待できます。

ただし、服用の是非は一般人には判断できません。
必ずかかりつけ医に相談しましょう。

薬の飲み合わせに原因がある

特定の薬に原因があるのではなく、数種類の薬の相互作用により、暴力などの問題行動を引きおこしている可能性があります

特に高齢者の場合、糖尿病や高血圧など、複数の疾患を抱えていることも多いです。
飲み合わせに問題がある場合は、薬の種類を変えたり数を減らしたりすることで、症状の緩和や消失を期待できます。

気になる症状があるときは、かかりつけ医に相談してください。
お薬手帳を利用すると、現在の服用状況を説明しやすいでしょう。

認知症の方の薬について詳しく知りたい方は「こちら」の記事も併せてお読みください。

スポンサーリンク

認知症による暴力や暴言の具体的な症状について

認知症による暴力・暴言の症状

以下のような行動が見られたときは、認知症による暴力行為である可能性が高いです。

家族や介助者は「認知症による暴力・暴言なのだな」と冷静に受け止め、適切に対応しましょう

  • 急に意味もなく怒り出す
  • 配偶者や介助者が部屋に入ると「出ていけ」と怒鳴る
  • 物を投げる
  • 突然殴りかかる
  • 同性・異性のどちらかにのみ暴言・暴力を振るう
  • 性的嫌がらせをする

なお、認知症による暴力・暴言には、前項の通り、不安などさまざまな要因や経過が考えられます。
たとえば前頭側頭型認知症やレビー小体型認知症は、その特性上、比較的初期から暴力衝動が見られるでしょう。

このように、症状のあらわれ方や、程度には、認知症の発症時期や、当事者の年齢によって、個人差があります。

認知症の症状について詳しく知りたい方は下記の記事も併せてお読みください。

関連記事

認知症と聞くと、「物忘れ」のイメージを抱く方が多いでしょう。しかし、認知症の症状は物忘れ以外にもたくさんあります。また、認知症の種類によって症状の現れ方もさまざまです。「認知症の症状が現れているけど気付いていない」という[…]

認知症による暴力・暴言はどんな時に出やすい?

認知症で暴力・暴言行為がでやすいタイミング

以下に、認知症による暴力や暴言が出やすいタイミングを解説します。
暴力を振るいだしたキッカケに心当たりがないか、ぜひチェックしてください。

不安や混乱を感じているとき

不安や混乱を感じているときに認知症の方の暴言や暴力が出やすくなります。

認知症の当事者は、現在の状況や、これから起こることを、記憶・推測するのが苦手です。
たとえば「病院に行くよ」と一緒にタクシーに乗っても、途中で「どこに行っているのか」を忘れてしまいます。

「自分はどうなるんだろう?」という不安や混乱から、暴力を振るったり、暴れたりしてしまいます
家族の方は不安や混乱をまねかないようにすることが大切です。

自尊心を傷つけられたと感じるとき

認知症の暴力や暴言の意外なキッカケになりやすいのが、「大丈夫?」「一人でできますか?」という気遣いの一言です。
これは、本人が「できない」と周囲が決めつけ、心配している言葉と捉えられてしまいます。

認知症は、思考力と一緒に感情がなくなるわけではありません。

さらに当事者は「いつもと違う」ことは自覚しているため、とくに、周囲から「バカにされた」「腫物扱いされた」という感覚には敏感です。

体調・気分がよくないとき

認知症の当事者は、身体や心の具合が悪いとは感じても、「どこが」「どのように」悪いのか分析し、説明するのが苦手です。
うまく説明できないもどかしさから、言葉ではなく暴力や暴言に頼ることがあります。

【フェルラブレインPLUS】|認知機能低下の予防に!

認知症をサプリで予防・改善したくありませんか。

フェルラブレインPLUSには、社会問題である認知症予防の効果が期待される成分「フェルラ酸」を150mg、さらに脳の働きを活性化させる栄養素としてホスファチジルセリンを180mg配合。

ご家族が年齢を重ね「認知症が気になる・・・」「最近忘れっぽくなった?」「認知症が怖い」という方は是非一度手に取って効果を実感してみてください。

詳細はこちら

スポンサーリンク

認知症の暴言や暴力への対応策

認知症の暴力・暴言への対処法
認知症による暴力や暴言がみられたときは、適切に対応することで、緩和や消失が期待できます。

一時的に心理的・物理的な距離を取る

攻撃的な症状がでている場合、強い口調で言い返すと症状が悪化する危険性もあります。

暴力や暴言があまりにひどいときは、介助者は本人から離れて対応しましょう。
対応策として、部屋を出るのもよいし、介護施設などに短期間預けるのもよい方法です。

すこし距離を取ることで、お互いに冷静になることができるでしょう。

その他の対応策として、

  • 違う人に介護をお願いする
  • 数時間の介護サービスを利用する

など物理的に距離をとることが効果的です。
認知症の方の気分転換になり落ち着かせる効果があります。

物理的距離をとるだけでなく、趣味や休息を通して感情的な距離もとりましょう。

日頃から暴言を吐かれてストレスを感じていると、介護者が体調を悪くしてしまうおそれもあります。
介護する側も同様に、意識的な息抜きが大切です。

第三者に介助を依頼する

暴力行動の裏側には、その人への信頼・甘えがあることが多いです。

そのため、第三者がいると、驚くほどおとなしいことがあります。
もし介護中の暴力がひどいときは、第三者に立会を頼んだり、思いきって介護を任せたりするのも1つの対応策です。

家族・医師・ケアマネージャーに相談する

認知症の方からの暴言で不安やストレスを感じている方は、家族や友人、かかりつけ医、ケアマネジャーなどに不安な気持ちや現状を相談してみましょう

心の中の不安を誰かに打ち明けることで、驚くほど心が軽くなることもあります。

また、自分では気づかなかった視点から、有益なアドバイスをもらえるかもしれません。
自分では気付けなかったことに第三者目線からのアドバイスで気付くこともあります。

それぞれの専門家の知識を踏まえた意見をもらい、対応しましょう。

介助者は自分の気持ちを大切にする

介助者が「自分で何とかしなければ」と思いつめると、ストレスや不安がたまり、体調不良につながることも少なくありません。
反対に「自分ですべて背負わなくいい」と考えると、気持ちにゆとりができ、介助に前向きになりやすくなります。

認知症の方の介助者の家族などは自分の気持ちを大切にする対応も必要です。

本人の意思を尊重する

暴言を改善させる方法として、本人の意思を尊重することが大切です。

本人が嫌がっているのに無理矢理リハビリを行ってはいけません。
本人の意思を真っ向から否定すると、不安やストレスを与える原因にもなります。

結果として、攻撃的な症状を悪化させてしまうおそれがあります。
心配に思う気持ちは必要ですが、本人の気持ちを尊重することも意識しましょう。

原因を探って理解する

暴言を吐かれたときの対処法として、認知症の方がイライラしている原因を探って理解することが大切です。
よくある原因を以下にまとめます。

  • 寝不足によるイラつき
  • 薬のよる影響
  • 環境の変化
  • 家族からの対応の変化
  • 不安などの精神状態

日常的に様子を観察することで、原因が見つかることもあります。

地域包括支援センターで相談する

地域包括支援センターとは介護に関する地域の総合相談窓口です。
高齢者の方の相談や認知症の方の対応について相談することができます。

認知症の介助者の方が暴力を受けた際には地域包括支援センターに相談することをお勧めします。

出典:厚生労働省「認知症に関する相談先

健達ねっとECサイト

認知症の暴力症状がでた際にやってはいけないこと

認知症の暴力症状への対処法の注意点

介助していることが家族の方は、認知症による暴力や暴言に対して、同じ暴力や暴言を返すことは絶対にダメです。
暴力は、認知症当事者の不安や恐怖の裏返しであり、心のSOSです。

介助者の家族の方は、それを否定したり、文句を言ったりすると、本人はますます混乱し、暴力をエスカレートさせる可能性があります。

やってはいけないこと

  • 感情的に言い返す
  • 殴られたら殴り返す
  • 暴れるのを取り押さえる
  • ベッドにくくりつける
  • 部屋に閉じ込める
薬の使い方

認知症の暴力や暴言を予防するには

認知症の暴力・暴言症状の予防

認知症による暴力や暴言は、本人の不安・混乱・もどかしさのあらわれです。
不安などを取り除き、本人が安心できる環境を整えることで、暴力や暴言の予防や緩和が期待できます。

  • 体に触れるときは、前もって声をかける
  • 「できない」と決めつけず、本人に任せる
  • 本人のペースや意思を尊重する
  • スキンシップを取って安心感を与える
  • 手助けするときは、まず手助けが必要かどうか確認する
  • 暴力や暴言の前兆がみえたら、他のことに注意をそらす

認知症による暴言・暴力に対する薬物療法

認知症の薬物療法

認知症による暴力や暴言は、薬物療法が可能です。
主に使用されるのは「向精神薬」です。
向精神薬には以下のようなものがあります。

  • 抗精神病薬
  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬
  • 睡眠薬
  • 抗てんかん薬

暴力や暴言には、興奮を落ち着かせる作用のある「抗精神病薬」や「抗てんかん薬」が処方されることが一般的です。
薬物療法により家族の方の不安が軽減されることが期待できます。

どの薬を使用すべきかは、かかりつけ医に相談してください。

スポンサーリンク

認知症患者の家族が直面するストレスとその克服

認知症の介護者が暴力をしないために意識すべきこと

認知症患者の家族が直面するストレスは、身近な問題であり、その克服策を理解することは重要です。
この章では、認知症患者の家族が経験するストレスとその克服策について詳しく解説します。

認知症患者の家族が直面するストレスの原因

認知症患者の家族が直面するストレスは、多岐にわたります。
その原因は、患者の行動の予測不可能性、日々のケアの負担、自分自身の時間やプライバシーの欠如、そして未来への不確実性などがあります。
これらのストレスは、家族の心身の健康を脅かし、介護の質を低下させる可能性があります。

ストレスの克服策

認知症患者の家族が直面するストレスを軽減するための克服策はいくつかあります。

まず、自分自身の健康とウェルビーイングを優先することが重要です。これには、適切な休息、栄養バランスの良い食事、定期的な運動が含まれます。
また、ストレス管理のテクニック、例えば深呼吸、瞑想、リラクゼーションエクササイズを学ぶことも有効です。

次に、サポートネットワークの構築も重要です。
これには、他の介護者、専門家、サポートグループとの接触が含まれます。
彼らは情報、アドバイス、そして何よりも理解を提供してくれます。

最後に、適切な介護サービスを利用することも重要です。
これには、デイサービス、リスパイトケア、ホームケアサービスなどがあります。
これらのサービスは、介護者に必要な休息と患者の適切なケアを両立できます。

スポンサーリンク

認知症患者の暴力・暴言に対する適切な社会的対応

認知症の暴力症状で警察を呼ぶべきか

認知症の暴言や暴力に対し、警察に相談するか悩む場面があります。
例えば、認知症になった夫が妻や家族に対したたくなどの暴力があったとします。
この場合警察に連絡するほうがよいのでしょうか?

まずは担当の医師やケアマネージャーに相談し、対応を考えることが重要です。
認知症による暴力の原因を取り除くことが第一選択となります。

暴力の改善が難しい場合は市町村や地域包括支援センターなど行政に相談しましょう。
認知症本人と家族を一時的に隔離する措置も検討事項に入ります。
警察への通報が第一選択でない理由として以下の2点が挙げられます。

  • 認知症は責任能力がないと判断される場合がある
  • 警察は家族内のもめごととして民事不介入になる可能性もある

しかし、家族に命の危険を感じる場合であれば警察に対応を検討したほうが良いです。

警察への通報判断はとても難しいです。
あらかじめ家族やケアマネージャーなどと通報までの対応策を考えておくことも大切です。

スポンサーリンク

認知症と暴言に関するよくある質問

認知症と暴言について、抱きやすい疑問を5つあげました。
ぜひ参考にして下さい。

認知症の人が暴言を吐く理由は何ですか?

認知症の人が暴言を吐く理由は多々あります。
認知症の進行によって理解力や表現力が低下し、自分の気持ちや要求を適切に伝えることが難しくなるため、それを表現する手段として暴言を吐くことがあります。
また、ストレスや不安、恐怖からくる反応として暴言を吐くこともあります。

認知症の家族が暴言に対してどう対応すべきですか?

まず大切なのは、暴言は認知症の症状の一部であり、それ自体が罪であるわけではないと理解することです。
暴言に対しては冷静に対応し、なるべくストレスの原因を取り除く努力を行うことが大切です。
具体的な対応方法は、事態を落ち着かせるために一旦距離を置く、好きな音楽を流す、話題を変えるなどがあります。

暴言がエスカレートしてしまった場合、どう対応すべきですか?

暴言がエスカレートしてしまった場合、認知症の人自身が危害を加える可能性があるため、まずは身の安全を確保してください。
次に、可能であればプロの介護者や医療スタッフに相談し、適切な対応策を立てることが重要です。
場合によっては、医師の指導のもとで薬物療法が必要になることもあります。

認知症の人が暴言を吐くのを防ぐ方法はありますか?

認知症の人が暴言を吐くのを防ぐためには、環境をできるだけストレスフリーに保つことが大切です。
生活環境を整え、日常生活に一貫性を持たせ、好きなことや楽しめる活動を提供することで、気分の波動を減らすことができます。
また、定期的な運動や健康的な食生活も認知機能の維持に役立ちます。

認知症の人が暴言を吐いた時、周囲の人々はどう対応すべきですか?

周囲の人々が認知症の人が暴言を吐いた時に対応するためには、まず理解と寛容が必要です。
認知症の人は自分の行動を制御できないことがあります。
冷静に対応し、可能な限り認知症の人を落ち着かせ、安心させることが重要です。
また、その場で対処が難しい場合は、適切な専門家に相談することも大切です。

認知症による暴力・暴言のまとめ

認知症による暴力・暴言のまとめ

ここまで、認知症による暴力の原因や対策、予防法を中心にお伝えしてきました。
この記事で解説したことについて以下でまとめます。

  • 認知症による暴力は、「認知症」の症状や、服用中の薬に原因がある
  • 認知症暴力は、本人が傷ついたときや不安なときに出やすい
  • 本人の意思を尊重し、安心できる環境を整えると、認知症暴力を改善・予防できる
  • 家族の方などの介助者がストレスから暴力に走らないためには、気持ちの切り替えが大切
  • 暴言を吐く理由は、「不安」「感情のコントロールができない」など
  • 暴言を吐かれたとき家族の方は「物理的・感情的に距離を置く」などの対応をする
  • 暴言の改善策は、「本人の意思の尊重」「注意をそらす」など

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク