ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ストレス>ストレスで手や体が震える|原因や対処法、他の病気の可能性は?

ストレスで手や体が震える|原因や対処法、他の病気の可能性は?

最近、家事・仕事中に手や体が震える。震えが止まらなくて夜も眠れない。こんな経験はありませんか。

「手や体の震えは、何かの病気なの?」と疑問を持つことがあると思います。
しかし、実はストレスが原因かもしれません。

そもそも、なぜストレスで手や体が震えるのでしょうか。
対処法はあるのでしょうか。

本記事では「ストレス性の震え」について以下の点を中心にご紹介します。

  • ストレスで手や体が震える原因
  • ストレスで手や体が震えた時の対処法
  • ストレスチェックの方法と対処法

また、ストレスチェックの方法や上手な付き合い方についても紹介しています。
ぜひ最後までお読みください。

ストレスについてより詳しく知りたい方は、こちらも合わせてお読みください。

関連記事

社会で生活していく上で、ストレスを完全に避けることは困難です。従って、正しくストレスと向き合っていくことが、人が健康的に暮らしていくためには大切です。今回はストレスについて、以下の点を中心に解説していきます。 ストレス症状[…]

スポンサーリンク

ストレス反応とは

ストレス反応は、私たちが日常生活で経験する一般的な現象であり、心理社会的なストレスが関与する精神症状の発症に大きく関わります。この記事では、ストレス反応の本質と、それが私たちの身体と心にどのような影響を及ぼすかについて詳しく説明します。

ストレス反応の基本

ストレス反応は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や適応障害など、ストレスという心因が大きく関わる病気の一部です。これらの病気は、身体的な反応として頭痛、動悸、発汗、息切れ、めまい、震え、胃痛、便秘、下痢、不眠、発熱などさまざまな症状を引き起こします。これらの症状が強く、自分がコントロールできないような感覚を伴う場合、パニック発作の可能性があります。

PTSDと適応障害

日常的なストレスをはるかに超える心的外傷(トラウマ)を受けた人では、トラウマ体験が鮮明に思い出され(フラッシュバック)、関連する出来事を避け、恐怖感から社会活動が困難になることもあります。これがPTSDです。一方、適応障害は、明らかにストレスとなる出来事があり、それから3ヶ月以内に、不安や抑うつ気分などが生じ、仕事、あるいは家事ができないなど、生活に支障を来している状態を指します。

ストレスによる身体反応

ストレスは、脳の不安中枢である扁桃体を活性化して、不安症状を引き起こします。典型的には、動悸、発汗、めまい、呼吸困難、喉のつまり、手の震え、胸の違和感などを認めます。

「参考|ストレス反応|銀座心療内科クリニック

スポンサーリンク

ストレスで手や体が震える原因とは

結論からいうと、ストレスで生じる手や体の震えは、自律神経失調症による震えの可能性があります。
特に、寒さや恐怖感がないときに震える場合は、精神的な興奮・緊張によるものであることが多いため注意が必要です。
まず、ストレスの自律神経への影響について解説していきます。

ストレスで生じる自律神経への影響

ストレスで生じる手や体の震えには、自律神経が関与しています。

外部でのストレスや緊張により、交感神経が過剰に興奮します。
すると、筋肉の収縮と弛緩の速度が合わさるので振動が起こります。

この振動が、ストレスから生じる手や体が震える原因といわれています。

自律神経の役割を合わせて説明すると、交感神経・副交感神経の2種類に分かれています。
交感神経は「身体を活発に動かす」、副交感神経は「身体を休める」役割を持ちます。

つまり、交感神経と副交感神経がバランスを取り、車のアクセル・ブレーキのような働きをしているのです。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると正常に機能しない可能性があるため、注意が必要です。

自律神経失調症とは

自律神経のバランスが崩れることによって現れる症状を自律神経失調症と呼びます。
自律神経失調症の症状については、下記のとおりです。

  • 全身症状:倦怠感、不眠、疲労がとれないなど
  • 器官的症状:頭痛、動機や息切れ、めまい、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど
  • 精神的症状:情緒不安定、不安やイライラ、うつなど

これらは、不規則な生活、ストレス、更年期などにより起こります。 

自律神経失調症をより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

自律神経失調症と耳にしたことがあっても、詳しい症状などまでは知らない方も多いと思います。そこで本記事では、自律神経失調症について以下の点を中心にご紹介します。 自律神経失調症となる原因として考えられるもの 自律神経失[…]

おすすめ記事

社会で生活していく上で、ストレスを完全に避けることは困難です。従って、正しくストレスと向き合っていくことが、人が健康的に暮らしていくためには大切です。今回はストレスについて、以下の点を中心に解説していきます。 ストレス症状[…]

ストレスを感じたときに起こるその他の症状

ストレスを感じたときは、以下のような症状が生じるといわれています。 

吐き気鼓膜の震え
寒気唇の震え
めまい足の震え
心臓の痛み指先の震え
手足の痺れ

ここからは、体にストレスを感じて自律神経が崩れたときに、身体の各器官がどのような反応を示すのかについて解説していきます。

吐き気

吐き気の原因は、ストレスによる消化器官の不調です。

なぜなら、過度なストレスにより、自律神経が乱れると過剰な胃酸分泌や胃の働きの低下が考えられるからです。

本来、胃の内部は胃酸で溶けないように、胃の粘液が守っています。

しかし、胃酸が過剰になると粘膜を溶かし「急性胃炎、胃潰瘍」のリスクが生じるのです。
吐き気をもよおす可能性も出てきます。

寒気

外の気温以外に、ストレスからの寒気も考えられます。

理由としては、手足の抹消神経は、自律神経により調整されており、バランスが悪くなると血液の巡りが悪くなるからです。

そのため、ストレスで自律神経が緊張すると血流が悪くなり、手足がなかなか暖まらない状態になることもあるでしょう。

自律神経の乱れで血流が悪くなるのがストレス性の寒気の原因です。

めまい

めまいとは、視野が乱れたり体がフラつく症状をいいます。
通常の原因は、平衡感覚を司る耳か脳の異常です。

しかし、ストレスからの自律神経の異常で交感神経が優位となり、生じることもあります。 

心臓の痛み

ストレスによる心臓の痛みは、虚血性心疾患の可能性があります。

なぜなら、強いストレスから心臓・筋肉が栄養・酸素不足になり、主に全胸部に強い圧迫感が生じるからです。

なかには、左腕や背中への痛みや圧迫感を感じることもあります。 

手足の痺れ

手足の痺れは、自律神経失調症の可能性があります。

なぜなら、精神的・肉体的疲労・ストレスから、自律神経が乱れて筋肉の硬直や血行不良を起こすことがあるからです。

筋肉の硬直や血行不良により、手足の痺れが起きることがあるため注意が必要です。

鼓膜の震え

鼓膜の震えは、鼓膜を動かす筋肉(鼓膜張筋)の痙攣です。

ストレスからの疲労や睡眠不足のときに、まぶたが痙攣するように、身体の細かい部位でも筋肉の痙攣が起きることがあります。

鼓膜の震えの場合は、緊張、騒音から内耳を守るため、耳の筋肉である鼓膜張筋が痙攣すると鼓膜が振動します。 

唇の震え

ストレスや疲労によって、唇が震える場合は三叉神経麻痺の可能性があります。
三叉神経は、顔の感覚を脳に伝達する神経系統です。

三叉神経が、麻痺することで唇が震える場合があるといわれています。

三叉神経麻痺は、帯状疱疹や口唇ヘルペスのひとつであり、疲労やストレスが溜まっているときに、ウィルス感染しやすい症状です。 

足の震え

手足の震えは、基本的に運動神経の異常です。
身体を伸ばすとき、筋肉を曲げるときに震えやすいといわれています。

また、過度のストレスから自律神経が乱れるとともに、筋肉への影響があり同様の震えが起きるため注意が必要です。

それ以外の疾患原因は、下記のようになります。

  • パーキンソン病
  • 本態性振戦
  • アルコール依存症
  • バセドウ病 

指先の震え

指先の震えは、病気ではなく交感神経の状態が影響している可能性があります。
そのため、ストレスが加わると交感神経が刺激されて震えを起こす可能性があるでしょう。

また、指先が震える原因のひとつとして、「本態性振戦」も挙げられます。

本態性振戦の症状は、身体の一部がリズミカルに震える神経系の疾患で、高齢者の割合が多い症状です。

根本的な原因は不明ですが、緊張の度合いにより、加齢とともに進行するケースが多いため注意しましょう。

パーキンソン病をより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

パーキンソン病は、難病指定されている疾患でとくに高齢の方に多く見られます。パーキンソン病は早期の発見・治療によって進行をゆるやかにできるため、症状を見逃さないことが大切です。本記事では、パーキンソン病について解説します。[…]

AGA

ストレスで手や体が震えたときの対処法

ストレスにより、手や体が震えたときは、下記の対処法を試してみましょう。

  • 行動療法:深呼吸、リラックス、睡眠時間の確保など
  • 薬物療法:症状緩和を目的とした薬物治療を病院で受ける

ただし、何度か試しても、震えが治らない場合は他の原因・病気があるかもしれません。
日常生活に支障をきたす場合は、医療機関を受診しましょう。

また、当記事の後半でストレスチェックの方法や対処方法も詳しく解説します。
興味のある方は最後までお読みください。

ストレスの対処法やストレス発散に効果的な方法について、さらに詳しく知りたい方は、こちらも合わせてお読みください。

関連記事

ストレスは、人に緊張感や責任感を与え、人が成長するために必要不可欠な要素といわれています。しかし、強いストレスは心身に異常をきたしてしまうため、適切に対処していく必要があります。ストレスと上手に付き合っていくための対処法には、どのよ[…]

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

健達ねっとECサイト

手や体が震えるストレス以外の原因は?

ストレス要因以外でも、手や体が震える症状は存在しています。
その各疾患は、下記のとおりです。

  • パーキンソン病
  • パニック障害
  • 甲状腺機能亢進症
  • 低血糖
  • アルコール依存症

ここからは、各疾患の特徴や、ストレスで起こる震えとの見分け方、症状の違いなどの詳細を解説していきます。

パーキンソン病

脳機能の異常により、手が震えることがあります。
安静中の振戦の他に、運動機能にも障害が出てくることが特徴です。

原因は、解明されていませんが、脳内で分泌されるドーパミンが減少していることが関連しているといわれています。 

パニック障害

パニック発作ともいわれており、発作的な不安や体の異常反応を繰り返す症状です。
突然の激しい不安感により「動悸、めまい、過呼吸」などの症状を引き起こします。

動悸・めまい・過呼吸以外にも、死を連想する恐怖を覚えることがあり、再発を恐れるあまり「予期不安」が増大する恐れが強いです。

結果として、「満員電車を避ける」、「一人で外出を避ける」、「エレベーターなどの閉鎖空間を避ける」といった回避行動が出てくることも考えられます。 

甲状腺機能亢進症

甲状腺の活性化により、血液中に甲状腺ホルモンが多量に分泌される病気です。
主な原因は、甲状腺の刺激物質が血液中に多く存在するためといわれています。

症状の例は、複数あり下記のような症状があります。

  • 熱産生増加の症状:暑がり・発汗過多・体重減少・食欲亢進
  • 交感神経感受性亢進:動悸・体動時息切れ・震え・不眠・不安

患者の自覚症状は、以下の通りです。

疲れやすい肩こり
手の震え甲状腺の腫れ
汗が多い体重減少
息切れ熱感
心臓の動悸かゆみ

低血糖

低血糖は、血糖値が正常値から低下した場合に起こります。
初期症状は、「手の震え、ダルさ、発汗、冷え症」などの自律神経系の症状です。

低血糖になると、その他に昏睡や意識障害など危険な状況を招きます。
特に、糖尿病の方が低血糖症状を起こしやすいといわれています。

予防策として、糖分を補充すると緩和することがあるため、ブドウ糖10gまたは砂糖20g程度(ブドウ糖の倍量)を摂るようにしましょう。 

アルコール依存症

大量のアルコール摂取により、本人が飲酒をコントロールできない状態です。
「ストレスを解消したい、精神を安定させたい、落ち着かない」などの精神的要因から依存症が形成されていきます。
お酒を飲み過ぎた結果、体内のアルコール濃度が上がり、手の震え・幻覚が生じます。
さらに、苦しみから逃れるために、過剰な飲酒を繰り返して身体・精神的に重い症状へと発展していくリスクも考えられるでしょう。 

ストレスの症状について詳しく知りたい方は、こちらも合わせてお読みください。

関連記事

ストレスの溜めすぎはよくないといわれています。しかし、ストレスがどんな問題を引き起こすのか、詳しく知らないという方も多いでしょう。自分のストレスがどの程度なのかチェックする方法があれば、健康維持に役立ちますよね。今回はストレ[…]

薬の使い方

手や体の震えが続いたら、何科を受診する?

手や体の震えの原因について、「ストレス要因、ストレス以外での疾患」があることをお伝えしてきました。

それぞれの疾患ごとに、何科を受診するべきなのかについては下記のとおりです。 

病名受診する医療機関
パーキンソン病脳神経内科、脳神経外科
パニック障害精神科、心療内科
甲状腺機能亢進症内分泌科
低血糖内科、救急科、内分泌内科・代謝内科
アルコール依存症内科

また、ストレスが原因の震えでは、心療内科を受診しましょう。

ただし、震えが数日間続く、日常生活に支障をきたすなどの場合は、かかりつけの医師にすぐに相談しましょう。

ストレスを解消したい方におすすめのサプリメント

ネムレルQ10

ネムレルQ10は、睡眠サポートサプリメントとして、睡眠の質の向上、疲労感の軽減、ストレスの軽減の3つの効果が期待できます。

ネムレルQ10には、還元型コエンザイムQ10が含まれています。
一過性のストレスを感じている方の睡眠の質の向上、起床時の疲労感の軽減、一過性のストレスの軽減に役立つ機能が報告されています。

また、口コミでも高い評価を得ており、睡眠の質を向上させたい方におすすめのサプリメントです。

商品名ネムレルQ10
内容量60粒(1ヶ月分)
定期初回価格(税込)980円
定期価格(税込)8640円(2袋)

こころ習慣(睡眠)

こころ習慣(睡眠)は、睡眠の質を向上させるサプリメントです。
年齢による睡眠の質の低下を防ぐため、GABAという成分が配合されています。

また、毎日をサポートする植物由来の成分も配合されています。

良質なアミノ酸が含まれる「クロレラ」や栄養分が豊富な「金時ショウガ」など5種類の植物由来の成分が含まれています。
これにより、血圧を下げる効果にも期待できます。

さらに、小粒で飲みやすく、1日2粒でいいので続けやすいのもポイントです。
朝の目覚めが良くなり、すっきりとした目覚めを迎えやすくなるため、睡眠に悩んでいる方におすすめです。

こころ習慣(睡眠)の基本情報

商品名こころ習慣(睡眠)
内容量60粒(1ヶ月分)
定期初回価格(税込)980円
定期価格(税込)6,912円
公式サイトはこちら

快眠タイム

快眠タイムは、セロトニンの伝達量を増やしてくれるサフランの成分で、朝すっきり&夜ぐっすりをWサポートしてくれます。
快眠タイムは、1粒にサフラン由来クロシン、サフラン由来サフラナール、GABA、乳酸菌、Lトリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB12が含まれています。

1日たった1粒でOKで、朝のスッキリにも夜のぐっすりにも役立ちます。
また、国内GMP認定工場で生産されており、安心して飲むことができます。

セロトニン・リラックス・体内フローラ、すべてのサポート成分が配合されていて、続けやすい価格のため選ばれているようです。

快眠タイムの基本情報

商品名快眠タイム
内容量31粒(1か月分)
定期初回価格(税込)1,890円
定期価格(税込)3,402円
公式サイトはこちら

シンデレラスリープ

シンデレラスリープは、睡眠の質を高める自然由来の成分を配合したサプリメントです。
グリシンやGABA、トリプトファンなど、睡眠に必要な成分が含まれています。

また、女性ホルモンのバランスを整えるアグリコン型イソフラボンや女性に優しい効果を持ったハーブ「チェストツリー」「レッドクローバー」が配合されています。

さらに、ラフマやクワンソウ、バレリアンなど、リラックス効果のある6種類のハーブも含まれています。
シンデレラスリープは、1日2粒で手軽に摂取でき、飲みやすいカプセルタイプです。

シンデレラスリープの基本情報

商品名シンデレラスリープ
内容量60粒(1ヶ月分)
定期初回価格(税込)1,980円
定期価格(税込)9,980円

スポンサーリンク

ストレスチェックの方法と上手な付き合い

ストレスチェックは、法に基づくチェック項目の57問から構成されている「職業性ストレス簡易調査票」により、チェックしていきます。

おおまかに、ストレスは下記の要素に分けられて判断可能です。

  • 仕事のストレス要因:部署内で食い違いがあるか、時間内に処理可能かなど
  • ストレス反応:不安がある、活気がある、怒りを感じるなど
  • 緩衝要因:周囲のサポートが受けられるかなど

まずは、仕事のストレスレベルと、ストレス反応をチェックします。
次に、ストレス緩和に重要な緩衝要因(周囲のサポート)の有無をみていきます。

そして、現状のストレス反応の大きさや対処行動を見つけていくことが、ストレスチェックの目的です。

ストレスへの対策と現状を把握して、うまく付き合えるように、以下の項目を実践するとよいでしょう。

  • リラクセーション法を身に付ける
  • 適度な運動習慣を持つ
  • 人と交流する時間を確保する
  • 規則正しい睡眠を充分にとる
  • 仕事以外の趣味を持つ
  • リラックスできる環境作り
  • 自然を楽しむ機会を持つ
  • 喫煙やアルコールに依存しない

また、定期的なセルフチェックを実施し、現在の状態を把握しましょう。

「こころの耳、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」での、5分間でできる職場のストレスセルフチェックがおすすめです。

出典:厚生労働省こころの健康気づきのヒント集」】

スポンサーリンク

ストレスと震えに関するよくある質問

ストレス反応の例は?

ストレス反応の例としては、頭痛、胃痛、不眠、食欲不振、イライラ、集中力の低下などがあります。

ストレス反応の身体症状は?

ストレス反応の身体症状としては、頭痛、胃痛、胸痛、動悸、息切れ、発汗、食欲不振、不眠などがあります。

ストレス反応の3段階とは?

ストレス反応の3段階とは、警告反応期、抵抗期、疲労期のことを指します。警告反応期では身体がストレスに対応しようとします。抵抗期では身体がストレスに適応しようとします。疲労期ではストレスに対する抵抗力が低下します。

ストレッサーとストレス反応の違いは何ですか?

ストレッサーはストレスを引き起こす要因のことを指し、ストレス反応はそのストレッサーに対する身体や心の反応のことを指します。

スポンサーリンク

ストレスと震えのまとめ

今回は、ストレス性の震えについてご紹介しました。
ストレス性の震えについてまとめると以下の通りです。

  • 震えが止まらないのは自律神経の乱れが原因
  • 対処法は行動療法・薬物療法があり、薬物療法は医師への相談が必要
  • ストレスチェックで現状把握

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク