ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>転職>看護師転職サイトのデメリットは?サイトの選び方や活用方法を紹介!

看護師転職サイトのデメリットは?サイトの選び方や活用方法を紹介!

転職を考えている看護師にとって強い味方となるのが、看護師転職サイトです。
上手に活用すれば、転職活動をスムーズに進めることができます。

しかし、看護師転職サイトを経由することで、転職活動において不利になることもあるようです。
看護師転職サイトには、どのようなデメリットがあるのでしょうか?
また、どのようにすれば看護師転職サイトを有効活用できるのでしょうか?

この記事では、看護師転職サイトのデメリットについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • 看護師転職サイトの仕組み
  • 看護師転職サイトのデメリット
  • 看護師転職サイトを使うべき人の特徴
  • 看護師転職サイトを有効に活用する方法
  • 看護師転職サイトの選び方
  • 看護師から他職種への転職は可能?

転職を考えている看護師の方にとって、有益な情報をまとめました。
ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

看護師転職サイトの仕組みとは?

看護師転職サイトでは、求人情報の紹介だけでなく、書類の添削や面接対策・面接の同行などの手厚いサポートを受けることができます。
転職活動が初めてという看護師の方にとって、看護師転職サイトは強い味方となることでしょう。

では、看護師転職サイトは、どのような仕組みで運営されているのでしょうか?
実は、企業に看護師を紹介し、就職が決まったタイミングで、紹介料を受け取っているのです。
その紹介料をもとに、看護師転職サイトは運営されています。

看護師転職サイトの仕組みを簡単に説明すると、以下のようになります。

①企業から看護師募集の依頼を受ける

②転職活動中の看護師に企業を紹介する

③看護師が企業に就職したら、企業から紹介料を受け取る

企業側(求人側)は、条件に合った看護師を採用できます。
そして、看護師(求職側)は、サポートを受けつつ希望に合った企業に転職できます。

看護師転職サイトは両者の仲介をすることで、収益を得ているのです。

スポンサーリンク

看護師転職サイトを使うデメリットとは?

看護師転職サイトの仕組みが分かったところで、次にデメリットについて見ていきましょう。
看護師転職サイトを使ううえで、大きく6つのデメリットが挙げられます。

希望と違う求人を紹介される

せっかく看護師転職サイトに登録して、担当者に希望を伝えたにもかかわらず、実際に紹介されるのは希望と違う求人ばかり…。
ということがあるようです。

看護師転職サイトを使ううえで、希望と違う求人を紹介されることは大きなデメリットになるでしょう。
このようなデメリットが生じてしまう理由として、以下のようなものが挙げられます。

  • 担当者アドバイザーとのコミュニケーション不足
  • 希望条件のすり合わせができていない
  • そもそも希望に合う求人を取り扱っていない
  • 希望条件のハードルが高すぎる

もし、希望と違う求人を紹介された場合は、なぜこの求人を紹介したのか、聞いてみると良いでしょう。
自分の希望が正しく伝わっていない場合は、再度ヒアリングをしてもらいましょう。

「夜勤なしで、休日数が多くて、残業なしで、高収入がいい」
など、希望条件のハードルが高すぎる場合は、一度自分の希望を見直す必要があります。

担当アドバイザーとの相性や、転職サイトによっても取り扱う求人が違います。
複数の転職サイトに登録して、求人を探してみるのも1つの手です。

アドバイザーからの連絡が多すぎる

次に多く聞かれるのが、アドバイザーからの連絡がとにかく多すぎるという口コミです。

実際、転職サイトに登録すると、早い場合ですと数分以内に電話連絡が入ります。
新着求人が入った時や、希望に合う求人を見つけた時に電話を入れる場合もあります。

忙しい看護師にとって、昼夜問わず電話されると、煩わしさを感じることでしょう。
着信が何件も入っているだけでストレスを感じるものです。
看護師転職サイトは、看護師を転職させることで、転職先から紹介料を受け取っています。

そのため、早く転職させたくて頻繁に連絡を入れる担当者も多いようです。
このようなデメリットを回避するために、以下のような対策をする必要があります。

  • LINEやメールでのやりとりが可能な看護師転職サイトを利用する
  • 電話ができる日時を担当アドバイザーに伝えておく
  • 電話拒否の意思をはっきりと伝える

このような対策をとっても改善されなければ、担当アドバイザーを変えてもらったり、

他の転職サイトに乗り換えたりするのが無難です。

担当者の専門性が低い場合も

担当者の専門性が低い場合もあります。
原因として、担当者自身の知識や技術が不十分なことが挙げられるでしょう。

質の低い担当者にあたってしまうと、以下のようなことが起こります。

  • 転職に役立つアドバイスを貰えない
  • 転職活動がスムーズに進まない
  • 希望が伝わらずストレスを感じる

看護師転職サイトを使う場合は、きちんとした専門性を持った担当者であるか、見極める必要があります。
また、看護師転職サイト側がどんなに教育体制に力を入れているとしても、

担当者一人ひとりに能力の差が生じてしまうのは仕方のないことです。

サポートの質に不満や不安があれば、担当者を変えてもらいましょう
担当者を変えることで、あなたの転職活動が不利になることはありません。

直接応募のほうが採用されやすい

企業側が転職サイトを経由して看護師を採用すると、紹介料がかかってしまいます。
そのため、応募者が多数集まる企業の場合は、転職サイトを使うことで不利になることもあります。

例えば、以下の2人の看護師が応募したとします。

  • 看護師転職サイトを経由して応募した看護師
  • 企業のホームページから直接応募した看護師

この2人の看護師の能力に差が無い場合、企業側は出費を抑えるために後者を優先して採用するでしょう。
転職サイトを経由していなければ、紹介料を支払う必要もなく、人事に関するコストを抑えることができるからです。

もし、転職したい企業が明確に決まっている場合は、看護師転職サイトを利用せず、直接応募するのが良いでしょう。

自分のペースで転職活動を進められない

看護師転職サイトを利用すると、求人を探すところから面接の日程決めまで、

担当アドバイザーが代行してくれます。
そのため、看護師自身のペースで転職活動を進めることができなくなります。

じっくり考えて転職活動を進めたい場合、担当アドバイザーのペースに着いていくことができずに焦ってしまうかもしれません。
自分のペースに合わないと感じたら、自分が希望している転職時期を改めて伝えるなどしましょう。

病院側からの転職サイトへのイメージが悪い

ここまでは、看護師目線のデメリットをお伝えしました。

しかし、病院目線の悪い口コミもあるようです。
それは、病院側から見ても、転職サイトに悪いイメージを持っているということです。

人事募集の際に看護師転職サイトを利用すると、就職が決まった時に一定の紹介料を支払わなければなりません。
普通に採用するより、看護師転職サイトを経由して採用した方がコストがかかるのです。

転職サイトが看護師を紹介する際、事前に「誠実な看護師です」と説明していたのに、実際に採用してみると遅刻や無断欠勤をしている…。
など、事実と違う情報を伝えられるということもあるようです。

このように、

  • 看護師を紹介してもらうのにコストがかかる
  • 情報の信憑性が低い

などの理由から、病院側からの転職サイトのイメージが悪いこともあります。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれる強い[…]

順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

看護師転職サイトを使うべき人の特徴は?

給料や雇用の条件交渉が苦手

転職活動時に、給料や雇用形態などの条件交渉が必要になることもあります。
しかし、この条件交渉を自分で行うとなると、かなり気が引けますよね…。

看護師転職サイトでは、このような条件交渉を代行してくれます。
給与や雇用形態等の条件交渉が必要な看護師には向いているでしょう。

転職先が明確に決まっていない人

看護師転職サイトでは、多数の求人情報が紹介されています。
転職先が明確に決まっていないという人や、どんな転職先があるのか知りたい人は、看護師転職サイトを使ってみるといいでしょう。

希望条件のヒアリングをもとに、貴方にぴったりの求人を紹介してくれます。

自分で求人を探すのが苦手な人

看護師転職サイトでは、転職のプロであるアドバイザーが担当となって、貴方の代わりに求人を探してくれます。
希望条件を伝えるだけで、希望に合った求人を紹介してくれるので、自分で求人を探すのが苦手な人にもおすすめです。

内定率を上げたい人

看護師転職サイトでは、企業側に提出する書類の添削や、面接対策、面接同行等、

手厚いサポートを受けることができます。
また、アドバイザーが企業に対して、看護師の長所をアピールしてくれることもあります。

1人で転職活動をするよりも、看護師転職サイトを利用した方が、有利に転職活動を進めることができます。
少しでも内定率を上げたいという方にも、転職サイトはおすすめです。

AGA

看護師転職サイトを有効に活用する方法は?

看護師転職サイトにはデメリットもありますが、このデメリットは工夫次第で回避することができます。
デメリットを回避すれば、有利に転職活動を進めることができます

ここでは、看護師転職サイトを有効に活用する方法についてまとめました。
ぜひ参考にしてください。

転職希望期間は直近2カ月以内で回答する

多くの企業は、素早い人材確保を期待して、看護師転職サイトに依頼しています。
また、転職サイト側の目線から見た場合、以下の2人のうち、どちらの看護師に手厚いサポートを提供しようとするでしょうか。

①転職する気はあまりなく、マイペースに求人を探している看護師

②本気で転職を考えており、すぐにでも転職したい看護師

もちろん、後者の看護師に手厚いサポートを提供しようとします。

転職に対して積極的な姿勢をとっていることを示すことが大切です。
可能であれば、転職希望期間は直近2ヶ月以内と回答しましょう。

担当者との相性を見極める

看護師転職サイトでは、アドバイザーに対して徹底した教育が行われています。
しかし、アドバイザーも人間ですので、一人ひとりの能力にはどうしても差が出てしまいます。

また、どんなに有能なアドバイザーでも、看護師との相性が悪ければ、転職活動を進める中でストレスを感じることも多くなるでしょう。
転職サポートを受ける場合は、担当者との相性を見極めることがとても重要になります。

以下のポイントに注意しながら、担当者の見極めを行いましょう。

  • 知識・経験は豊富にあるか
  • こちらの希望に沿った求人を紹介してくれるか
  • 的確なアドバイスをしてくれるか
  • すぐに連絡を返してくれるか

相性が悪いと感じたら、メールや電話等でお問い合わせをして、

担当者を変えてもらうようにお願いしましょう

担当者を変更しても、転職活動が不利になることはありません。
気軽に変更してもらいましょう。

転職サイトは2~3社掛け持ちする

看護師転職サイトを1社に絞って活動するのはおすすめしません。
可能であれば、2〜3社ほど重複登録(掛け持ち)しましょう

看護師転職サイトは、サイトごとに違った求人を管理しています。
掛け持ちすれば、それだけ応募できる求人の幅が広がります。

また、どこか1社との相性が悪くても、別のサイトに登録していたらすぐに切り替えることができます。
リスク軽減の意味でも、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

転職動機や経歴は正直に話す

担当者に話した転職動機や経歴が、そのまま企業に伝わることはありません。
思ったことは正直に伝えておきましょう。

例えば給料アップを目指して転職したい看護師が居るとします。
ですが、転職動機を「キャリアアップのため」と偽って伝えた場合、希望とは違う求人を紹介されることが多くなります。

ミスマッチを予防するためにも、自分の転職動機や経歴は正直に話しましょう。

希望の連絡頻度などははっきり伝える

看護師転職サイトは、看護師が転職したタイミングで収益を得ています。
そのため、早く転職させようとして頻繁に連絡してくる場合もあります。

転職活動中の方の中には、看護師として働いている方や、家事や育児をしている方が多いことでしょう。
忙しい時間帯に電話連絡を入れられると、ストレスの要因になります。

「電話は週に1回程度にしてほしい」
「この時間帯の電話は避けてほしい」
「電話はこの日時にかけてほしい」
「急ぎの連絡でなければ、メールにしてほしい」

など、希望する連絡頻度ははっきりと伝えておきましょう
電話で直接伝えても良いですし、メールでお問い合わせしても良いです。

健達ねっとECサイト

看護師転職サイトの選び方

昨今は、看護師転職サイトが乱立しているのが現状です。
どこを選んで登録したら良いのか分からなくなりますよね。

ここでは、看護師転職サイトの選び方についてご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

エージェント型の転職サイトを選ぶ

看護師求人サイトを利用する際は、エージェント型を選ぶと良いでしょう。

エージェント型のサイトでは、専属のアドバイザーがつき、以下のような手厚いサービスを無料で受けられます。

 

  • 希望条件のヒアリング
  • 希望に合った求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 求人への応募や面接時のアポ取りの代行
  • 面接対策
  • 面接時の同行
  • 転職後のフォロー

転職のプロであるアドバイザーは、貴方の心強い味方になってくれることでしょう。
転職をスムーズに、有利に進めるためにも、エージェント型の転職サイトを選ぶことをおすすめします。

求人数が多いサービスを選ぶ

看護師転職サイトに登録するうえで、求人数をチェックすることは非常に重要です。

せっかく看護師転職サイトに登録しても、希望する勤務地の求人数が少なければあまり意味がありません。
サイトに登録する前に、勤務希望地でどれくらいの求人を取り扱っているのか、確認しておくのが無難です。

求人数をチェックしたり、公開求人を閲覧したりするだけなら、会員登録も不要です。
気になる看護師転職サイトがあったら、軽くチェックしておきましょう。

実績のある転職サービスを選ぶ

どんなに求人数が多くても、転職サイトの質が悪ければ、自分にマッチした企業を紹介してもらうのが難しくなります。
自分の希望に沿っているだけでなく、転職後に「この企業に転職して良かった」と思えることが理想ですよね。

そこで、転職サイトを選ぶ時は、サービスの質も重視しましょう。
利用者の口コミを参考にしつつ、実績のある転職サイトを選ぶことが大切です。

条件交渉力がある

「魅力的な病院だけど、もう少し給与を上げてほしい…」
「残業は○時間以内になるように配慮してほしい…」

こんな希望を持つ方も多いでしょう。

看護師転職サイトのアドバイザーは、給与や雇用形態、残業時間などの条件交渉をしてくれます。
アドバイザー個人の知識や経験、また、企業との信頼関係の有無によって、条件交渉力は上下します。

条件交渉力の高い看護師転職サイトを選ぶことで、満足度の高い転職を実現させましょう。

薬の使い方
順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

看護師から他職種への転職は可能?

看護師として働き始めたものの、理想と現実のギャップに苦しみ、
「いっそ看護師を辞めてしまいたい…。だけど、看護師の経験しか無いのに、他の職種に就けるのかな?」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

看護師の業務内容や労働環境が合わず、ストレスを感じているのであれば、思い切って他職種に転職するのも一つの手段です。
では、どのような職種に転職するのが良いのでしょうか?

看護師の経験を活かしながら働ける、おすすめの転職先についてまとめました。
他職種への転職を視野に入れている方は、ぜひご覧ください。

看護師の資格があると有利になるおすすめの他職種

治験コーディネーター

治験コーディネーターとは、治験をスムーズに進めるために、医療機関や製薬会社、被験者との連絡調整を行う職種です。
就職先は医療機関や治験施設支援機関です。

資料作成の業務もあるため、事務作業のスキルも必要になります。
医療系の国家資格がある方は重宝される職種で、看護師から治験コーディネーターに転職したという方も多くいらっしゃいます。

治験コーディネーターは、治療薬や対象疾患に関する知識が求められるので、看護師としての経験が役に立つでしょう。
被験者と関わる機会も多いので、患者さんと接するのが好きな方におすすめです。

また、夜勤がなく、土日休みというメリットもあります。
規則正しい生活をしながら、土日はしっかり休みたいという方にもおすすめです。

臨床開発モニター

臨床開発モニターも治験に関わる職種になります。
治験が試験計画書の通りに進み、薬機法に基づいて実施されているか、モニタリングを行います

主な就職先は製薬会社になります。
治験コーディネーターのように、直接被験者と関わることはありません。

医療機関や医師とのやりとりが中心になり、書類の作成など事務作業が多くなります。
新薬の開発に携わるので、医療の最先端に立っているということが実感できる職種になります。

国家資格所有者は重宝される傾向にあり、高収入が叶いやすいのも特徴と言えるでしょう。
看護師の経験を活かしながらスキルアップしたい方におすすめです。

カウンセラー

カウンセラーは、人々の心理的な問題に寄り添って支援する職種です。
就職先は一般企業や学校など様々で、独立開業を目指すこともできます。

カウンセラーの関連資格には、公認心理士という国家資格や、臨床心理士や産業カウンセラー等の民間資格があります。
カウンセラーになるための必須資格はありません。

しかし、それだと就職は困難なので、国家資格や民間資格を取得して働くのが一般的です。
患者さんとのコミュニケーションが好きで、人の心に寄り添って働きたい!

という方におすすめの資格になります。

コールセンター

コールセンタースタッフは、電話による健康相談の対応を行います。
就職先は、医療機関や医薬品会社・医療機器メーカー・保険会社など、多岐にわたります。

主に利用者の相談内容に応じて近隣の病院を紹介したり、健康のためのアドバイスを行ったりします。
医療機器メーカーに就職した場合は機器の使用方法についてのお問い合わせを受けます。

コールセンターは24時間365日営業しているところも多いため、基本的にはシフト制となります。
そのため、日勤のみ・夜勤のみの募集や、年末年始の休みが確保できる募集もあります。

家事や育児と両立しながら働きたい方におすすめの職種です。

保育園や保健室

保育園は、子供が大好き!という看護師に特に人気な転職先です。
看護師の資格を持っていれば、保育士の資格がなくても働くことができます。

特に、小児科経験のある看護師は優遇される傾向にあります。
園児のケガの応急処置や、保護者への健康指導などを行います。

時には救急搬送される園児の付き添いをすることもあるでしょう。
しかし、業務の大半は保育の手伝いになります。

そのため、日々の仕事内容はほぼ保育士に近いでしょう。
子供と関わるのが好きな方や、子育て経験のある方におすすめの転職先です。

また、看護師の資格を持っていれば、大学の保健室で働くこともできます。
主に、教師や学生がケガを負った時の応急処置や、保健指導を行います。

病院と違って、慌ただしく業務に追われることはないため、比較的働きやすいといえるでしょう。
また、基本的には保健室では1人で居ることが多いので、人間関係に悩むこともありません。

日勤のみで残業も少ないことから、保健室も人気が高いようです。

美容クリニック

美容クリニックには、美容皮膚科と美容外科があります。
医師の指示に基づいて、美容医療や美容整形のサポートを行います。

病院とは違って、美容クリニックに来院するのは患者ではなく「お客様」になります。
そのため、高い接客スキルを求められる傾向にあります。

美容クリニックは、基本的に日勤のみで、高収入を目指すことができます
完全予約制のため、残業がほとんどない美容クリニックも多い傾向にあるので、生活リズムを守りながら働けるでしょう。

美容クリニックでは、常に最先端の美容情報を入手することができます。
社員割引を使って美容製品を購入できる場合もあるようです。

自分の好きなこと・興味があることを軸にして、転職先を選ぶのも手です。
美容意識の高い方や、お客様が綺麗になるお手伝いをしたいという方におすすめです。
また、接遇に力を入れている美容クリニックでは、定期的に研修が行われています。

接客スキルに自信が無いという方は、積極的に研修を受けて、接客スキルを磨いていきましょう。

看護師転職サイトデメリットまとめ

ここまで、看護師転職サイトのデメリットや、看護師の転職にまつわる気になる情報についてご紹介しました。
この記事の要点を以下にまとめます。

  • 看護師転職サイトは、企業からの紹介料をもとに運営している
  • 看護師転職サイトを利用することで、転職活動が不利になることもある
  • 看護師転職サイトは、内定率を上げたい人や、求人を探すのが苦手な人におすすめ
  • 担当者と適切にコミュニケーションを取ることで、転職活動は有利に進む
  • 看護師転職サイトを選ぶ際は、エージェント型で実績のあるサイトに登録する
  • 看護師の経験を活かしながら、他の職種に転職することもできる

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク