ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>転職>転職で後悔する看護師の特徴とは?転職成功の方法を紹介します!

転職で後悔する看護師の特徴とは?転職成功の方法を紹介します!

「こんなに辛いの?こんなはずじゃなかった…」と転職して思いたくないですよね。
今回は看護師転職で後悔する方の特徴をまとめてみました。

当てはまったとしても、まだ改善の余地があります
軌道修正して自分が納得できる仕事の条件・働き方を見つけていきましょう。

  • 転職で後悔する看護師の特徴とは?
  • 看護師が転職後に後悔する理由とは?
  • 看護師が転職で後悔しないコツは?
  • 施設見学のチェックポイント
  • 看護師転職サイトに登録するメリット
  • 番外編:看護師の働き方改革!

の順番で紹介していきます。
後悔する看護師の特徴から転職成功するコツまで網羅していますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

スポンサーリンク

転職で後悔する看護師の特徴とは?

では、早速本題ですが、後悔する人の特徴を挙げてみました。
当てはまるところはあるでしょうか?一緒に見ていきましょう。

今の職場から逃げることを最優先している

人間関係・夜勤・業務負担と、看護師さんは何かと問題や不満を抱えているケースが多いです。

こういった職場の問題から逃げることを最優先してしまうと、転職がうまくいかないことにもなってしまいます。
まず、現職で出来る限りの対策をしてみましょう。

給与を重視しすぎる

今の給与が見合っていないと思っている看護師さんが多いようです。

だからと言って高待遇の文字に飛びつくと、実は今よりとんでもなくハードで、ついていけずに
休んでしまうケースもあるようです。

総合的に判断して決めていきましょう。

情報収集が足りない

転職先の口コミや情報を把握せず、アドバイザーさんにすすめられるがままに飛び込んでしまうタイプも後悔する看護師さんの特徴です。

自己分析ができていない

普段、周りの面倒を見ていて周囲に抱く感情は敏感なのに、自分の事をよく理解出来ていない看護師さんが多いようです。
分析とは少しずれますが、人の体には敏感なのに自分が風邪引くと「これくらい大丈夫。」と自分に鈍感なタイプになっていませんか?

転職理由が曖昧

あれもしたい、これもしたい、あれが嫌だ、これが嫌だ、と、なんとなくすすめられるがまま転職するのも後からの後悔に繋がってしまうことが多いです。
「あれ、結局私なんでここに転職したんだっけ?」と迷子にならないように、転職理由を明確にしておきましょう。

夜勤の有無だけで判断している

「夜勤だけは絶対にしたくない!」もしくは「夜勤だけして給料を稼ぎたい」という考えはどちらもアンバランスです。
夜勤の有無だけで判断せず、職場環境など全体を見るようにしましょう。

将来のイメージができていない

〝千里の道も一歩から”、とよく言いますが、転職時はせめて中長期的な目標は立てましょう。

漠然タイプ。「今さえ良ければ何でもいい!」最近SNSでよく見るこの文言ですが、その方の将来を考えてみて下さい。
行動の責任は自分にあります。

転職した先輩の話を聞きすぎている

可愛がってもらって愛されタイプの看護師さんは
先輩の輝く姿を見て「羨ましい」と思ったり、
時に叱られて「やはり継続しよう」と、まるで監獄の中にいるような気持ちになりがちです。

従順タイプで影響を受けすぎる場合もあるようです。

転職条件に優先順位がつけられていない

いざ、転職活動をしてみて、転職アドバイザーさんから

どんなところで働きたいですか?と言われると頭の中があれこれいっぱい…。

整理整頓出来ないタイプです。

スポンサーリンク

看護師が転職後に後悔する理由とは

ここまで後悔するタイプについてお話ししてきました。
では実際、後悔した具体的な理由をいくつか紹介していきます。

何度か転職されている看護師さんは思わず頷いてしまうかもしれません。

人間関係に対する不満

「給料が前職よりもいい」と思い、入職してみたものの…人間関係がギスギスしている。
通りで給与も良い訳です。離職率が高いと、入職毎に人件費等が発生します。

そうすると、離職率を下げるために、せめて給与を上げるという病院もあるようです。

勤務条件・労働条件が求人情報と違う

「有休消化率98%!働きやすい!」は、よくある文言です。
しかし、果たして本当にそうなのでしょうか。実際、子供が熱を出した時に休めなかったり、パートタイムの約束だったのに正社員を打診されて困っているという声もあるようです。

給与に対する不満

人間関係に悩んで、100万年収下げて入ったものの、生活水準が下がってしまい、日々の支払いに追われて貯蓄が出来ないというケースもあるようです。
またボーナスが2.5ヶ月と書いてあっても、毎月の手当含む支給の2.5ヶ月と基本給だけの2.5ヶ月分のボーナスでは雲泥の差です。

医療の質の低さ

入ってみたものの”紙カルテ…”、”物品が不十分”、”マニュアルが古い”
ある程度決まりはありますが、型の古い医療機器を採用していたりすると患者さんに十分な医療は提供出来ないですね。

特にクリティカル分野のマニュアルが不十分だったり、それぞれ自己流でやっているとミスを起こしてしまう原因にもなりかねません。

職場環境

ハード面とソフト面を総合的に見て、環境が思ったのと違い、後悔する声もあるようです。
お昼休みも特になく、気づいたら日勤で夜8時、やっと記録を打ち込み始める、という方もいるようです。

”お腹が空いたから何か食べたいけど食堂もコンビニも売店もない”
”みんなは自分の仕事が終わったらそそくさと足早に帰ってしまう”という声もありました。

休暇が取れない

上記にも記載しましたが有給消化が出来ず、例えば、”2年間40日間繰り越したものの、その後は消えてしまった”という病院があるのも事実です。
‟夏休みが3日あるって聞いてたのに、休暇取得期間
が5−9月の間”と、幅が広すぎて夏は先に入職していた人の休みで埋まってしまう場合もあります。

教育体制が整っていない

大体、大学病院クラスになると、ラダーやプリセプター・プリセプティー制度など
その他独自のステップ段階の教育体制を取っているところもあります。

しかし、総合病院になると判断が難しく、プリセプター制度のみであったり、定性的な師長の評価で決まったりする場合もあります。

例えば、4ヶ月したら夜勤デビュー出来るように育てるというのがプリセプターのミッションですが、

偏見と定性的な漠然とした観点で、夜勤に入れず、成長したくても出来ていない看護師さんや、
その逆で
入社して2週間で夜勤に急に入れられたという看護師さんの声も聞きました。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれ[…]

看護師が転職で後悔しないコツは?

ではここからは、ポジティブに!

看護師の皆様が転職で後悔しないためのコツを項目毎にご紹介していきます。
よく目を通していただくとそうだったんだ…という事があるかも。。?

職場見学をする

面接までは行かなくても、まず病院の雰囲気を掴むことが大事です。
自身にとって働きやすい環境なのかハードなのかはここで見ることができます。
スタッフ同士の会話や表情などから何となく予想がつきますね。

人事による職場説明会や職場紹介をしてもらう

職場見学が一番ですが、それに加えて人事から見た職場内の説明や職場紹介もありです。
乖離が生じていると、現場が見られていないのではないかという観点になります。

口コミサイトを参考にする

看護師口コミサイトは退職者が書くことが多く、ネガティブな部分が書いてあるのが現状です。
ただ、そのネガティブ因子が自分にとって悪い意味とは限りません。

真正面から受け止めてしまわぬよう、注意しながら活用していきましょう。

看護師転職サイトに相談する

大手看護師求人サイトやその他看護師求人サイトに相談するのも手です。
大手になるとマップを作っている会社があり、来社した際に見せてくれる事もあります。

マトリックス図解で、急性期・慢性期、規模が大きい・小さい、と4分割して表にし見える化して紹介してくれたという声も聞きました。

転職に外せない条件を絞る

転職サイトに頼りきりではなく、自分の看護師人生に後悔のないよう自分にとって何が優先なのか明確にしていきましょう。
有休消化率・離職率が低い・給与が良いなど、これだけは外せない!

と思うところを絞って探すと探しやすくなります。

採用条件をよく確認する

求人票も古いものになると条件が少し変化している場合もあります。
給与に関しては直接聞くより採用されてから、もしくは看護師求人サイトの担当者に聞くことをおすすめします。隅々まで確認し、小さな文字も見逃さないようにしましょう。

自己分析をする

自分の看護の強み・弱みを明確にしましょう。例えば、”コミュニケーション能力がある”とします。

しかし、どんなコミュニケーション能力なのか考えたことはありますか?
アサーティブなのか、自己意見がはっきり言えるのか、他者意見を柔軟に受け止められるのか。

細かく自己分析をしていく事で自分がだんだん分かってきます。
活かすポイントなのか、時には改善ポイントなのか考えることで、前向きに転職に取り組めます。

様々な方向から情報収集する

例えば大学病院志望でしたら、それだけに絞らず総合病院も調べ比較検討するのもおすすめです。

こうだからと決めつけてしまうと視野が狭まってしまうので、
心では自分の希望を大切にしつつも、他者と比較するのは重要となります。

将来自分がどんな看護師になりたいのかを考える

3年後や5年後、その病院で自分がどんな姿になっているのか、仕事だけではなくプライベートも合わせて考えてみましょう。

スポンサーリンク

施設見学でのチェックポイント

上記で施設見学をするとありましたが、「本当に意味があるの?」「そんな時間ないから早く決めたいー」と思う方も焦らずに、施設見学してみるこ事をおすすめします。

見えないところが見えて、「紙媒体でみたら微妙だったけど行ってみたら働きやすそう!」となることも。
では早速チェックポイントを見ていきましょう!

病院へのアクセスの確認

どの位の時間と交通手段をかけて辿り着けるのか、確認しておきましょう。
当日、遅れたり慌てたりしてしまうと、冷静に判断できにくくなります。

駐車場のスペースの確認

確認をする事で、自車通勤になった場合や外来患者さんがどの位いるのか把握できます。

病棟設備の状態

病院に入った時にまず目に入るのが事務の方だと思います。

精算方法はどうしているのか、最近だと自動精算システムといって個人情報を伏せた状態で精算できる機械があります。
また空調にも注意が必要で、寒すぎたり暑すぎたりしないか確認する事で患者さんを管理する姿勢が見えます。

福利厚生の確認

なかなか聞きにくいかと思いますが、福利厚生では保養施設としてホテルに年に1回無料で宿泊できたり、社内部活動が盛んに行われている事もあります。
社員のリフレッシュを推進している所が垣間見えるでしょう。

事務所やナースステーションの広さ

広さとスタッフを確認する事で、清潔感や監査で引っかからない安全管理が十分に行えているかが理解できます。

更衣室の広さ

着替える時に日勤帯が集結して混み合うと、譲り合いでナースステーションに辿り着くまでに遅刻してしまう事もあるようです。
またセキュリティは安全か、鍵がついているかなどもよく確認しましょう!

電子カルテか紙カルテか

今はもうほとんど電子カルテ移行が進んでいますが、紙カルテの病院があるのは事実です。
紙カルテだと、設備全体も古いものを採用している可能性が高いので注意して下さい。

汚物処理室や患者用トイレが汚くないか

これは病院問題ではなく国の監査項目にもなります。
汚染されたトイレが看護助手さんや清掃員さんによって迅速に対応されているのかも感染対策ポイントとして挙げられます。

職員用トイレと患者用トイレが分けられているかも確認しましょう。

午前中にいった際に夜勤スタッフが残っていないか

12時まで夜勤スタッフが残っている病院があるのも事実です。
引き継ぎがしっかり行えていて、帰宅して下さいと促す雰囲気があるかどうか見ましょう。

スタッフの印象・雰囲気・忙しさ

上記にも当てはまりますが、前職と比較したり他病院と比較して定性的に感じ取ることが可能です。

ナースコールがどのくらい鳴っているか

ナースコールが頻繁に鳴る場合は認知症の患者様の受け入れが多い、つまり夜間帯が少し大変になる事が想像できます。
また、患者さんの訴えが多く、十分な看護を提供出来ていない可能性があります。

チームワーク

看護体制がどのようになされているのか確認しましょう。

プライマリーやチームナーシングでもナースステーションで情報を共有する時間があるのかなど、スタッフ同士の会話がどの様な雰囲気かで何となく印象が掴めます。

感染管理

汚物室や医療廃棄物の有無を確認しましょう。
色々と見方はありますが、ポイントは〝点滴台近くの十分なスペースが確保できている場所に医療廃棄BOXがあるかどうか”です。

看護師さんのミスが起きにくい環境であることが重要です。

健達ねっとECサイト

看護師転職サイトに相談するメリット

転職をする際の方法の一つとして、知人からの紹介という方法があります。
一見、いい病院を紹介してもらえるので良かったと安堵するかもしれませんが、実は落とし穴があることがあります。
他者にとってはいい病院だとしても、自分にあっている病院とは限らないからです。

自分の希望にピッタリな転職先を見つけたいと思う方には、看護師転職サイトに相談するのが良い方法と言えます!

希望に合った転職先を見つけられる

看護師求人サイトに登録すると、大体のサイトは担当制で希望条件を伝える事ができます。
看護求人サイトには、中間マージンといって紹介手数料が入る仕組みになっています。

その分、意思を伝えて、頼って、しっかりサポートしてもらいましょう。

病院の内部の情報を知ることができる

看護師求人サイトは皆さんのサポートだけではなく、病院と連携して内部情報もよく知っています。
例えばなぜこの時期に求人がかかっているのか、離職率はどうなのか?といった病院に直接聞きにくい事も教えてくれます。

条件交渉を代わりにしてくれる

いざ、内定したものの、給与・雇用形態・入社時期など、生活に関わる部分を無理に変化させるのは難しいですよね。そんな時、求人サイトの担当者さんが仲介に入って交渉してくれたり提案してくれます。

転職後もサポートしてくれる

求人サイトによっては1ヶ月後、3ヶ月後にフォローの電話やメールをしてくれるサイトもあります。慣れないところに転職するとそれなりに最初はギャップを感じます。

そこで少し、発散出来る部分もあるので頼って仕事を継続していけるようにしましょう。

非公開求人を紹介してくれる

こちらは結論からいうと、時と場合によります。

担当者さんは病院が求める人間像や経験などを予め聞いている場合があり、その条件に合っているか確認をしている場合があります。そのための非公開求人です。初めから聞いてみるのもありですが、まずは担当者さんとお話ししていく事からスタートしましょう。

忙しい人でも転職活動ができる

求人サイトの担当者さんは面接の日程を組んでくれるところから、場所まで案内してくれるところもあり非常に親切です。
紹介して終わり、という訳ではないので忙しい看護師さんも頼って転職活動を進める事が出来ます。

履歴書の添削や面接対策をしてもらえる

初めての転職の方には嬉しいサービスですし、自分が想像しているよりもずっと違った視点で表現して下さる場合もあるので参考になります。
また面接が決まれば、模擬面接とまでは行かなくても、「こんな質問されるから考えておいて下さいね」と言ってくださる担当者さんが多いです。とてもありがたいサービスですね。

転職の悩みをプロに相談できる

転職って単純に考えると、そんなに難しい事ではない…と思いますが、実際は盲点が生じます。後になって「あの事を相談しておけば良かった」と気づくことも。

例えばなのですが
”実は、過去に面接をこちらからお断りをした病院だったが、やはりもう一度受けたくなった”という事例や、
他にも、
”結婚する予定はあるものの、まだ確定しておらず、先方にどこまで伝えるべきなのか”といった事例もありました。
そう言った時は転職のプロ、求人サイトの担当者さんに相談してみる価値ありですね。

薬の使い方

看護師の働き方改革!これからの時代は訪問看護師のニーズが高くなる?

これからは訪問看護師のニーズが高くなる事が予測できます!
…それはなぜでしょうか。

現在、一般病棟では〝7:1看護”と言って7名の患者様に対して1名の看護師が対応する事が定着しています。

しかし、慢性的な看護師不足により時には11:1、15:1という病院もあるのが現状です。

考えただけで疲れてしまいますね。また夜勤もあり、人間関係の問題も重なってしまうと、どうしても精神面・体力面で両方辛くなる看護師さんもいらっしゃいます。
このまま働き方は変わらないんでしょうか…。

いえ、先程も記載した通り、今後は訪問看護師のニーズが高くなる事が予測されます。

出典:日本看護協会「就業継続可能な看護職の働き方の提案」

見てみるとなんとなく理解はできますが、聞き慣れない言葉が多く、難しいですよね。
なので、少しまとめてみました。

  • 看護師の業務負荷が懸念されている
  • 少子高齢化により慢性的な看護師不足であり、大幅な看護師の増加は見込めない
  • 看護師定着のため、看護職員確保定着推進戦略プロジェクトを立ち上げる
  • 夜勤負担、時間外労働、暴力・ハラスメント、仕事のコントロール感、待遇と賃金の5つの問題を抽出し、改善するにはどうすればいいか検討した。

看護協会はこの5つの問題が解決すれば看護師が増加するのではないかと対策をとっており、実際に仮説をたて、理想的な働き方や休暇などを掲載しています。

皆さんも超高齢化社会・老々介護などと聞き慣れた言葉ではないでしょうか?
訪問看護師のニーズが高くなるポイントについて下記にまとめました。

看護師さんのポイント

  • 看護師さんの知識と経験が活かされる
  • 1日5−6件の訪問のところが多く負担も大きくない
  • 夜勤がない
  • 事務所に帰って情報を共有するだけなので、常時病院の人間関係を継続していないといけないといった負担がない

患者さんのポイント

  • 病院に行かなくても医療従事者者が自宅に定期的に訪問してくれる安心感がある
  • 自宅で過ごしたい患者さんが多い
  • 外部の看護師さんが家に来てくれることによりコミュニケーションも深まる

上記ポイントが挙げられます。
病院にいると、病気を治すとはいえ、病院の規則に縛られる患者さんは少なくとも良い気分ではないはず。

双方にとっても良い影響をもたらしているため、上記記載した通り、これからは訪問看護のニーズが高まります。実際に聞いた話ですが、地域密着の訪問看護は、お菓子をもらったり、楽しくお話ししたりなど信頼関係の構築ができるのと、1人に対してじっくり向き合う事が出来るので、慌てる事なく、生活も仕事も充実した看護師さんが多いと聞きました。

最近は若手の社長さんが訪問看護師サービスを立ち上げているケースも。
同世代同士で和気藹々(あいあい)とした雰囲気との事。是非気になる方は調べてみて下さい。

転職で後悔する看護師の特徴まとめ

ここまで、看護師で後悔する看護師さんの特徴から後悔しないコツまでお伝えしてましたがいかがでしたか?

  • 転職後、後悔する看護師さんのタイプは様々
  • 転職後の後悔した理由は盲点にある
  • 後悔しないコツは早まらず、現場を見学する事も重要
  • 看護師求人サイトを使い総合的にサービスを受けてじっくり考える事
  • これという枠組みに囚われず、色々な現場をみる事
  • 番外編:訪問看護師のニーズも高まるので興味ある方は調べるのも手

以上、まとめのまとめになりました。
皆さんが後悔せずに自分らしく転職を成功させること、スタッフ一同祈っております!

お読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク