ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>生活習慣病>低血糖になりやすい人の特徴とは?体質の改善方法について解説!

低血糖になりやすい人の特徴とは?体質の改善方法について解説!

低血糖は、血糖値が正常値より下がっている状態です。
また、低血糖になりやすい傾向にも違いがあります。

低血糖になりやすい人は、どんな人なのでしょうか?
低血糖になりやすい人には、どのような応急処置があるのでしょうか?

本記事では、低血糖になりやすい人の特徴について以下の点を中心にご紹介します。

  • 低血糖になりやすい人の特徴や性別・年齢
  • 低血糖になりやすい人が高血糖になる確率
  • 低血糖になった際の応急処置

低血糖になりやすい人の特徴について、理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

低血糖とは

低血糖とは、血糖値が正常値よりも下がっている状態を指しています。
原因として、糖尿病の薬を使っている、インスリンの分泌が多いなどが挙げられます。
具体的な症状は「意識障害、けいれん、手足の震え、動悸、冷や汗」などです。

ただ、低血糖は適切な対処をすれば回復できます。
そのため、焦らずに低血糖が起こったら医師に相談しましょう。

低血糖の症状に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

低血糖は吐き気や頭痛だけではなく様々な症状を引き起こしてしまいます。早めに対処するためにはまず低血糖の症状を詳しく理解しておくことが重要です。では低血糖の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。本記事では低血糖の症状に[…]

IMG

スポンサーリンク

男性で低血糖になりやすい人の特徴は?

男性で低血糖になりやすい人の特徴は、以下のとおりです。

  • 炭水化物中心など食生活が悪い人
  • 筋肉が少ない人
  • ストレスが高い人

項目ごとの特徴について説明していきます。 

低血糖になりやすい人の特徴|炭水化物中心など食生活が悪い

食生活が悪い人は、低血糖になりやすいといわれています。
なぜなら、エネルギーの枯渇により、低血糖を起こしているのです。

低血糖を頻繁に起こすなら、栄養不足でエネルギーの循環がよくありません。
例えば、

  • 添加物が多い加工食品、外食が多い
  • 炭水化物・小麦製品の食べ過ぎ
  • 腸内を整える食物繊維の不足
  • ファーストフードが多い

など、食事バランスが崩れていて、3大栄養素である「糖質、脂質、たんぱく質」が不足しているのです。
特に、一人暮らしの男性は食事バランスがとりづらい傾向にあるので注意が必要です。

低血糖になりやすい人の特徴|筋肉が少ない

筋肉が少ない人は、筋肉のエネルギー循環が上手くいかず低血糖になりやすいです。
なぜなら、筋肉が少ない身体は、グリコーゲンを貯蓄することが苦手だからです。

グリコーゲンは、摂取したぶどう糖を筋肉に貯蓄します。
血糖値が減少したときに、それをぶどう糖として血糖値の調整に使うのです。
つまり、筋肉という「ぶどう糖タンク」が小さいので血糖値の調整がしにくいのです。

低血糖になりやすい人の特徴|ストレスが高い

ストレスが高いと、低血糖になりやすいです。
なぜなら、唾液や胃酸の分泌量を減らして消化不良を起こすからです。

その結果として、食べ物が消化されずに、悪玉菌が腸内を荒らします。
さらに、直接的に低血糖を招く原因にもなります。

ストレスの消耗から、いくら食べてもエネルギー補給が追い付かなくなるのです。
つまり、胃腸機能の低下と併せて、燃費が悪くなり血糖値の調整が困難になります。

低血糖の原因についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

 「高い血糖値」はよくないというイメージがありますが、実は低血糖にも注意が必要です。低血糖はさまざまな症状を引き起こし、ときに意識の混濁を招くこともあるからです。なぜ、低血糖は起こるのでしょうか。本記事では[…]

おすすめ記事

生活習慣病になっているかもしれないと気になる方も多いのではないでしょうか。生活習慣病になってしまう原因がわかれば、予防ができます。本記事では生活習慣病の原因について以下の点を中心にご紹介します。 生活習慣病の原因とは 生活習[…]

女性で低血糖になりやすい人の特徴は?

低血糖は、男性よりも女性の方がなりやすい傾向にあります。
特に、低血糖になりやすい女性の特徴は、以下のとおりです。

  • ダイエットをしている人
  • 肥満外科手術を受けている人
  • 糖尿病の薬を使っている人

それぞれの特徴について解説していきます。

低血糖になりやすい人の特徴|ダイエットをしている

ダイエットでも低血糖になるといわれています。
なぜなら、糖質や栄養不足のため糖分が不足し、低血糖になりやすいからです。

そのため、ダイエットで運動するほど、低血糖につながりやすいため注意が必要です。

低血糖になりやすい人の特徴|肥満外科手術を受けている

胃バイパス術など、肥満外科手術を受けている人は、低血糖になりやすいです。
なぜなら、手術後は糖の吸収が早まるからです。

糖の吸収が早まると、インスリンの生成が増大して低血糖につながります。
血糖値が50~70mg/dlまで下がると、中枢神経の異常、震えなどの兆候が現れます。

そのため、減量効果が期待できるとしても、低血糖の恐れも存在するため不安な場合は医師に相談しておきましょう。

低血糖になりやすい人の特徴|糖尿病の薬を使っている

糖尿病の薬で、インスリンを投与していると低血糖になりやすくなります。
なぜなら、薬の量が多いと、インスリンの量が過剰になるからです。

量が増えると血糖値が下がり、70mg/dl以下になると「異常な空腹感、動悸・震え」などが起こります。

30mg/dl以下になると意識低下から、昏睡状態の危険もあるため注意が必要です。
また、インスリンを打つ場所の違いから低血糖になるケースもあります。
そのため、投与する量や場所などに気を付けましょう。

低血糖で痩せすぎは危険?に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

 近年、低血糖で痩せすぎの方が増えています。低血糖とは、血糖値が正常値より低い状態のことです。そもそもなぜ低血糖で痩せすぎるのでしょうか?また、低血糖や痩せすぎにはどのようなリスクがあるのでしょうか?[…]

スポンサーリンク

低血糖になりやすい子供の特徴は?

低血糖になりやすい子供の特徴は、以下のとおりです。

  • 身体が細い子供
  • 1回の食事量が少なく間食もしていない子供
  • インスリンの分泌が安定していない

ここからは、それぞれの項目について解説していきます。

低血糖になりやすい子供の特徴|身体が細い

身体が細い子供は、低血糖になりやすいです。
なぜなら、低血糖になると体脂肪が分解されていくからです。

本来は、糖質を摂取するとグリコーゲンの物質に変換されて、膵臓に蓄えられます。
そして、なんらかの理由から、エネルギーが必要なときに消費されるのです。

しかし、低血糖の子供は、グリコーゲンがなく脂肪を代用している状態です。
そのため、身体が細くなっています。

低血糖になりやすい子供の特徴|1回の食事量が少なく間食もしていない

低血糖になる原因のなかに、1回の食事量の少なさがあります。
なぜなら、幼い子供は胃袋が小さいので、消化器官が未発達だからです。

好奇心旺盛なので食事に集中しない、好き嫌いが多いなどもあります。
そのため、成人よりも1回の摂取量は、必然的に少なくなります。
摂取量が少ない分、間食で栄養を補助する工夫をしてあげましょう。

低血糖になりやすい子供の特徴|インスリンの分泌が安定していない

子供は、大人と違ってインスリンの分泌が不安定です。
甘いお菓子を多く食べてしまうと、血糖値が急激に上昇してしまいます。

その際、子供の場合はインスリンが安定せず過剰に分泌される可能性があります。
その結果として、必要以上に血糖値が下がり、低血糖になるのです。

健達ねっとECサイト

高齢者の低血糖になりやすい人の特徴は?

高齢者の低血糖になりやすい人の特徴は、以下のとおりです。

  • 代謝が悪くなっている人
  • 低血糖になっているが自覚症状に気づきにくい人
  • 食事の量が不安定な人

それでは、それぞれの特徴について解説していきます。

低血糖になりやすい人の特徴|代謝が悪くなっている

代謝が悪くなると、低血糖になりやすくなります。
なぜなら、加齢に伴い全身の機能が低下しているからです。

特に、薬を飲む際に、薬を分解する肝臓、排出する賢臓の機能が低下しています。
そのため、薬の効果が予想を超えて効いてしまい低血糖になる恐れがあります。

低血糖になりやすい人の特徴|自覚症状に気づきにくい

高齢者の場合は、自覚症状に気づきにくいことがあります。
なぜなら、自律神経や認知機能が低下していると、症状に鈍くなるからです。

例えば、以下のような、

  • 身体がふらついしまう
  • 頭がくらくらする
  • 目がかすんでくる

などの、低血糖の症状を自覚しにくくなるのです。
そのため、症状を見逃がしてしまう確率が高いため注意が必要です。

低血糖になりやすい人の特徴|食事の量が不安定

高齢者によっては、食事の量が不安定になる人も少なくありません。
普段は、多く食事を摂るが、気分で全く食べないという偏った栄養摂取になりがちです。

特に、栄養バランスの悪い食事は、低血糖になりやすいので注意が必要です。

低血糖の症状チェックについても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

低血糖の症状には冷や汗、動悸、手足のふるえなどがあります。低血糖は、軽度の場合は症状が出たときに対処すれば早期に回復する病状です。低血糖には、どのような症状があるでしょうか?低血糖は、どのような人がなりやすいのでしょうか?[…]

薬の使い方

低血糖のセルフチェック方法!

低血糖は、血糖値が通常の70mg~99mg/dlよりも低下してしまう状態を指します。
この状態は、異常な空腹感や倦怠感などの症状を引き起こすことがあり、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

低血糖を早期に発見し、適切な対処をすることで、より重篤な健康問題を防ぐことができます。
以下に、低血糖のセルフチェック方法を詳しく紹介します。

自分でできる低血糖のチェック方法

低血糖の症状は、血糖値が60mg/dL以下になると現れることが多いです。
以下の症状がある場合、低血糖の可能性が考えられます。

  • 異常な空腹感
  • 倦怠感
  • 動悸や脈が速くなる感じ
  • 熱感
  • 手指の震え
  • 冷や汗や顔面蒼白
  • 吐き気
  • 不安感

これらの症状が1つでも頻繁に起こる場合、低血糖の状態である可能性が高いです。

特に、重度の低血糖の症状として、眠気や頭痛、めまい、脱力感、集中力の低下、物が見えにくいなどの中枢神経症状や、意識が朦朧とする、異常行動、痙攣、昏睡状態などの大脳の機能低下による症状が現れる場合、早急な医療機関の受診が必要です。

低血糖の状態を確認するためには、血糖測定器を使用して血糖値を測定することが最も確実です。
家庭用の血糖測定器は、薬局や医療機器の取り扱い店で購入することができます。

定期的に血糖値をチェックし、異常があれば医師の診察を受けるようにしましょう。

低血糖で頭痛と眠気はなぜ起こるかについて、さらに知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

低血糖が原因で頭痛を起こす方は、その対処法や効果のある薬について、気になっている方も多いのではないでしょうか。低血糖とは、血糖値が正常範囲を下回った状態のことを指し、さまざまな症状があらわれます。では、低血糖からくる頭痛はなぜ起こり[…]

低血糖になりやすい人が注意するべきこと

低血糖は、血糖値が通常の70mg~99mg/dlよりも低下してしまう状態を指します。
特定の状況や条件下で、一部の人々は低血糖になりやすくなる可能性があります。

以下では、低血糖になりやすい状況や、それを予防するための注意点について詳しく解説します。

どんな時に低血糖になりやすい?

低血糖は、食事の摂取量やタイミング、運動の量や強度、インスリンや糖尿病薬の使用に関連して発生することが多いです。

具体的には、食事を摂取せずに運動をする、または食事の量が少ない時インスリンの投与量が多すぎる場合などに低血糖のリスクが高まります。

また、アルコールの摂取も低血糖のリスクを増加させる可能性があります。
特に、夜間にアルコールを摂取した後、深夜から明け方にかけて低血糖になるリスクが高まることが知られています。

低血糖になりやすい人が注意するべきこと

低血糖を予防するためには、日常生活の中での注意点がいくつかあります。

まず、食事のタイミングや量を一定に保つことが重要です。
特に、運動をする前後は血糖値の変動が大きくなるため、適切な食事の摂取が必要です。

また、インスリンや糖尿病薬の使用に関しては、医師や薬剤師との相談をしながら適切な量を確認することが大切です。
アルコールの摂取に関しても、適量を守り、特に夜間の摂取は控えめにすることが推奨されます。

低血糖の兆候を感じた場合は、速やかに糖分を摂取することで、症状の悪化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

低血糖になりにくい身体にするための方法!

低血糖になりにくい身体にする方法は、以下のとおりです。

  • 規則正しい食生活をする
  • 過度なダイエットを控える
  • 運動で筋肉をつける

それぞれの項目について、解説していきます。

規則正しい食生活をする

低血糖を予防するには、極端な食生活は避けることです。
日頃から、適量の糖質を摂ることが大切です。

糖質の摂取により、グリコーゲンの物質に変換されて、膵臓に貯蔵されます。
そして、エネルギータンクの役割を果たすのです。

そのため、低血糖にならないためにも、規則正しい食生活を維持しましょう。
栄養バランスや、1日3食の食事が最も大切なことです。

過度なダイエットを控える

過度なダイエットを控えるようにしましょう。
なぜなら、空腹時の運動は低血糖のもとだからです。

基本的に、強度の高い運動を実施する際は、途中で糖分の補給を行いましょう。
無茶な糖質制限のダイエットを控えることで、低血糖の体質が改善されます。

運動で筋肉をつける

運動で筋肉をつけることで、低血糖を改善できます。
逆に、筋肉がない身体は、ぶどう糖を取り込み血糖コントロールする機能が低下します。

そのため、筋肉があれば、ぶどう糖の取り込みがスムーズになり血糖値も安定します。

スポンサーリンク

低血糖の人は何を食べるべきなのか

低血糖の方が何を食べるべきかについては、混乱してしまうこともあるのではないでしょうか。
正しい食事を選ぶことで、低血糖を防止したり、改善したりできます。
ここでは、低血糖の方が食べるべき食品について、具体的にみていきます。

ブドウ糖が必要

低血糖になった場合は、速やかにブドウ糖を摂取することが大切です。
ブドウ糖は血液中に素早く吸収されてエネルギーに変わります。

ブドウ糖は栄養ドリンクや清涼飲料水などに含まれています。
一般的には、ブドウ糖10gか砂糖20gを飲み物で摂ることが推奨されています。

低血糖を予防するためには、食事や運動のバランスをとり、定期的に血糖値を測定することが大切です。
また、低血糖になったときの対処法を知っておくことも重要です。

糖分を豊富に摂取できる食品

低血糖になった場合の対処法は、まずはブドウ糖を含む食品や飲料を摂取することが重要です。
ブドウ糖は血液中に素早く吸収されて血糖値を上げられます。
おすすめの食品や飲料は、

  • お菓子のラムネやカルピスなどのジュース
  • グレープフルーツやオレンジなどの果物
  • チョコレートやクッキー

などの甘いものです。

また、GI値と呼ばれる数値が低い食品を選ぶことも効果的です。
GI値とは、食品が血糖値に与える影響の大きさを表す指標です。

GI値が高い食品は血糖値を急上昇させますが、GI値が低い食品は血糖値の上昇をゆるやかにします。
GI値50以下の食品はスローフードといわれており、低血糖を起こしやすい方は積極的に摂取することがおすすめです。

スローフードには野菜や豆類、全粒穀物などが含まれます。
これらの食品は食物繊維やタンパク質なども豊富に含んでおり、満腹感を持続させる効果もあります。

また、ビタミンB群や鉄分なども低血糖予防に必要な栄養素です。

食間を長くしすぎない

食事と食事の間隔を長く空けると、血糖値が下がりすぎて低血糖になる可能性があります。そのため、1日に3回以上の食事を摂り、食事の間にも軽食やサプリメントを摂ることがおすすめです。

特に就寝前にはプレーンヨーグルトや牛乳などを食べると、睡眠中の低血糖を防げます。

スポンサーリンク

低血糖と高血糖の関連性について

低血糖になりやすい人は、高血糖になりやすいことはご存じですか?
ここからは、血糖値が両極に触れやすい特徴について解説します。

糖尿病の場合は低血糖にも高血糖にもなりやすい

糖尿病患者は、低血糖と高血糖の両方を起こしやすくなります。
本来、糖尿病は高血糖の病気ですが、インスリン注射や薬の効きすぎで血糖値が大きく下がることがあるのです。
そのため、ブドウ糖の濃度が低下するため、さまざまな症状が現れます。

食事が偏っている人はどちらもなりやすい

食事内容が偏ると、過剰に糖質を摂りすぎて、血糖値が高くなる場合があります。
逆に、小食、食事時間のずれなどから、糖質不足で低血糖にもなります。

そのため、日々規則正しい食生活を意識しましょう。

急激に高血糖から低血糖になる血糖値スパイクがある

血糖値スパイクとは、血糖値の上がり下がりが激しい状態です。
特に、食後に起こりやすく、急激に血糖値が上がり下がりするためどちらかに偏りやすいといわれています。

くれぐれも、食べ過ぎないように注意しましょう。

低血糖の対処についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

血糖値のコントロールは非常に重要な身体の機能の1つです。血糖値が正常の値から逸脱すると身体にはさまざまな影響が出ます。そもそも低血糖とはどのような状態のことなのでしょうか?対処が必要な低血糖の症状とはどういったものなのでしょ[…]

低血糖になりやすい人への応急処置

低血糖になりやすい人は、症状が強いときには、吸収の早い糖分を摂りましょう。
砂糖やそれを含むジュースなどを摂取すれば、通常5分以内に症状が改善します。

特に、医師からぶどう糖をすすめられている場合は、購入が必要です。
ぶどう糖は、粉末タイプ以外に固形、ゼリータイプも販売されています。

そのため、ご自身が摂取しやすいブドウ糖を常備しておくよいです。
ただし、症状が改善しない場合は、すぐに医師と連絡をとり受診しましょう。

出典:厚生労働省【早期発見と早期対応のポイント

スポンサーリンク

低血糖になりやすい人の特徴についてよくあるQ&A

低血糖とは具体的にどのような状態を指しますか?

低血糖とは、血液中のグルコース(血糖)濃度が正常値よりも低下してしまう状態を指します。
これにより、手の震え、冷汗、めまい、意識のもうろうといった症状が現れることがあります。

低血糖になりやすい人の一般的な特徴は何ですか?

低血糖になりやすい人の特徴としては、糖尿病の治療中でインスリンや経口血糖降下薬を使用している人、食事の間隔が長い、過度な運動をした後、アルコールを摂取した後などが挙げられます。

低血糖の症状が出た場合、どのような対処をすれば良いですか?

低血糖の症状が出た場合、速やかに砂糖や甘い飲み物を摂取することで血糖値を上げることが推奨されます。
また、症状が重い場合は医療機関を受診することが必要です。

低血糖になりやすい体質を改善する方法はありますか?

低血糖になりやすい体質の改善方法としては、定期的な食事、適度な運動、アルコールの摂取を控える、糖尿病の治療を適切に行うなどが考えられます。

低血糖と高血糖の違いは何ですか?

低血糖は血糖値が正常値よりも低くなる状態を指し、高血糖は血糖値が正常値よりも高くなる状態を指します。
それぞれの症状や原因も異なりますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

低血糖になりやすい人の特徴のまとめ

今回は、低血糖になりやすい人の特徴についてご紹介しました。
低血糖になりやすい人の特徴についての要点を以下にまとめます。

  • 低血糖になりやすい人は、女性、高齢者、細い子供
  • 糖尿病、偏食、血糖スパイクの方は、低血糖・高血糖になりやすい人
  • 低血糖になりやすい人は、ぶどう糖を常備しておくとよい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク