ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ダイエット>ダイエット方法には何がある?おすすめのダイエットについて解説!

ダイエット方法には何がある?おすすめのダイエットについて解説!

ダイエット方法には、さまざまなものがあります。
しかし、どのダイエット方法が効果的なのかわからない方も多いでしょう。
自分に合わないダイエット方法で挫折やリバウンドを繰り返す方もいます。

自分に合ったダイエット方法とはどんなものでしょうか?
無理せずにできるダイエット方法はあるのでしょうか?

本記事ではダイエット方法について以下の点を中心にご紹介します。 

  • ダイエット方法の種類とは
  • 自分に合ったダイエット方法の探し方とは
  • 短期間でダイエットする方法とは

 ダイエット方法について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ダイエット方法の大まかな種類別一覧

ひとくちにダイエット方法といっても、さまざまなものがあります。
ダイエット方法は、大きく分けて「運動」「食事」「その他」に分類されるでしょう。
それぞれ詳しくみていきましょう。

運動で消費カロリーを増やすダイエット

運動によって摂取したカロリー以上を消費すれば、当然ダイエットに効果があります。
また、筋肉を増やすことによって、基礎代謝をアップできます。
運動によるダイエット方法はいろいろありますが、とくにおすすめは下記のとおりです。

筋トレダイエット

筋トレダイエットのメリットは、筋肉量の増加によって基礎代謝がアップすることです。
基礎代謝がアップするということは、じっとしていてもより多くエネルギーを消費します。
さらに、筋トレするとメリハリのあるフォルムになって、理想のスタイルが目指せます。

 筋トレのダイエット方法では、筋肉ムキムキを想像しがちです。
しかし、女性はホルモンの関係で、筋肉が付きにくくなっています。
ダイエットは、細くなるだけでは成功したとはいえません。
筋トレダイエットを継続すれば、引き締まった体型を維持できます。

有酸素運動ダイエット

有酸素運動は、酸素を多く消費することによって脂肪の燃焼を促すダイエット方法です。
ウォーキングやジョギング、水泳などが代表的です。
筋トレや食事制限のように、それほどハードではなく、続けやすいのがメリットです。

水泳でダイエット

水泳は有酸素運動の中でも運動強度が高いため、脂肪の燃焼効果が期待できます。
脂肪燃焼の他にも、水泳で期待できるのは下記のとおりです。

  • 内臓脂肪の減少
  • 呼吸循環系の機能向上など

浮力によってダイナミックな動きができ、腰や膝に負担をかけません。
水の抵抗によって体全体に負荷をかけられ、シェイプアップ効果も期待できます。

ヨガ

ヨガは、呼吸法を重点的に行う有酸素運動です。
ヨガは、腹式呼吸することによって、脂肪や糖質を燃焼していきます。
さらに、血流をよくして新陳代謝をアップさせるため、ダイエット効果が期待できます。

 ヨガは激しい運動ではありません。
しかもヨガのポーズによっては、全身の筋肉量をアップさせることもできます。
インナーマッスルを鍛えるダイエット方法なので、リバウンドも少ないのが特徴です。

食事内容を見直すダイエット

 ダイエットはしたいけれど、運動は苦手だという方もいるでしょう。
そのような方は、食事内容を見直すダイエット方法はいかがでしょう。

摂取カロリーを抑えるのが最も早いダイエット方法です。
また、手軽にスタートできるのも食事内容を見直すダイエットのメリットです。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、糖質をできるだけ控えるというシンプルなダイエット方法です。
ご飯、パン、麺類、イモ類といった炭水化物や甘いものを控えます。
そのかわり、肉、魚、チーズ、豆腐といったタンパク質や野菜類を積極的に食べます。
お腹が空くという辛さがないので、ストレスが少ないダイエット方法といえます。

置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、1食分をカロリーの低い食べ物や飲み物に置きかえるダイエット方法です。
カロリー制限ダイエットの一種といえます。
1食を置き換えるだけなので、手軽にスタートできます。

摂取カロリー制限ダイエット

摂取カロリー制限ダイエットは、ダイエット効果が非常に高いダイエット方法です。
消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくするというシンプルな方法です。

ただし、無理し過ぎると体調を崩してしまう危険があります。
栄養バランスの取れた食事と筋肉を減らさないようにタンパク質を摂るのが成功のカギです。

特殊な方法のダイエット

運動や食事でダイエットをがんばっても、なかなか効果が出ないという場合もあります。
健康面に問題を抱えているため、確実にダイエットしなくてはならないという方もいるでしょう。
そのような場合には、特殊な方法のダイエットを検討してみるのも選択肢のひとつです。

脂肪燃焼サプリ

脂肪燃焼サプリを摂取することで、消費エネルギーの代謝を促進させる効果があります。
代謝が悪く、脂肪をため込みやすい体質の方におすすめです。

 ただし、脂肪燃焼サプリは、飲むだけで脂肪を減らしてくれるものではありません。
運動前、運動中に摂取することが重要となります。
運動ダイエットと併用して行うことが大切です。

脂肪吸引

脂肪吸引とは、余分な皮下脂肪を取り除く手術です。
「二の腕」「太もも」「お腹」「顔」などの脂肪を短時間で確実に取り除けます。
部分痩せをしたい方や短期間で痩せたい方、リバウンドを繰り返したくない方におすすめです。

減量手術

減量手術とは、内科的治療がうまくいかなかったり、近い将来命の危険性がある場合に適用する手術です。
胃を小さく切除するなど、外科的に手術します。

減量手術のメリットは下記のとおりです。

  • 体重の減少
  • リバウンドの回避
  • 肥満による合併症の改善など

ダイエット方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

コロナ禍で体重が増加して、お腹周りの脂肪が目立ってきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、運動しても挫折して続かなかったり、食欲が増加して食べすぎたりしてしまうことはありませんか?そこで無理せず取り組むことがで[…]

スポンサーリンク

ダイエット方法で自分にあうものの探し方

ダイエット方法にはいろいろありますが、自分に合ったダイエット選びが大切です。
ダイエットは継続することが重要ですが、自分に合っていないと継続することが難しいからです。

自分の性格に合わせてダイエットを探す

人にはそれぞれ、性格があります。
性格によって、ダイエットも向き不向きがあります。

運動が苦手で食事に好き嫌いがない人

運動が苦手で食事に好き嫌いがない人は、食事制限ダイエットがおすすめです。
食事制限ダイエットは、単にカロリーを減らすだけでは健康を損ねてしまいます。
栄養不足となるため、かえって痩せにくい体質になる危険性もあります。

 効率よくダイエットする方法は、制限する食事の質にもこだわることです。
栄養のバランスを考えたうえで、1食置き換えダイエットをするといいでしょう。
たとえば、ダイエット中に不足がちになる栄養素を含むドリンクなどで置き換えましょう。

運動が好きで食事はしっかりと取りたい人

運動が好きで食事はしっかり食べたい人は、カロリー消費を目的としたダイエットをしましょう。
有酸素運動、無酸素運動など、運動を積極的に取り入れることです。

 下記のような方法です。

  • いつも降りる駅のひとつ前の駅で降りて徒歩で会社まで行く
  • エレベーターは使わず、階段で上り下りする
  • 電車やバスを使わず、自転車通勤する

ジムなどに通わなくてもできる運動はたくさんあります。

自分でダイエットしきれる自信がない場合

「ダイエットしようと思っても、3日坊主になってしまいそうだ。」
このように続けられるかどうか自信がない人は、続けられる環境を作ってしまいましょう。

ジムに通う

思い切ってジムに通うのはいかがでしょう。
自分の生活ペースに合わせたジム選びも大切ですが、生活ペースに合わせすぎるとサボってしまうという方もいます。
確実にジムに行く日を決めるコースを選びましょう。
そうすれば、三日坊主にならずに継続できるのではないでしょうか。

パーソナルトレーナーを付ける

ダイエットを1人で実践して成功させるには、かなり強い意志がなければなりません。
本気でダイエットを考えているなら、パーソナルトレーナーを付けることです。

プロのトレーナーから、正しい筋トレや食事方法を教えてもらえます。
挫折しそうになっても、パーソナルトレーナーがいれば支えてくれることでしょう。

体型からダイエット方法を考える

自分に合ったダイエット方法は、体型によっても違ってきます。
ここでは以下のような3種類の体型に合ったダイエット方法を紹介しましょう。 

  • 筋肉質がっちり型
  • むくみ系むっちり型
  • 貧相系のっぺり型

筋肉体質がっちり型

運動部などに所属していて運動経験があり、体を動かすことが得意なタイプです。
継続した運動ができていないため、筋肉が固まってしまっているのが特徴です。
固まった筋肉をもみほぐすことが先決です。

おすすめのダイエット方法は、ランニングとソフトヨガです。
ランニングは、新陳代謝を促進して固まった筋肉を柔らかくしてくれます。
また、ソフトヨガはリラックス効果が高く、筋肉の張りを改善します。

むくみ系むっちり型

むくみ系むっちり型は、ポッチャリ系で筋肉が少なめなのが特徴です。
とくに、下半身がむくみやすく、猫背、巻き肩というのも特徴です。

筋肉が少ないため、とくに下半身の筋トレを中心に運動しましょう。
お尻、太ももを鍛えるスクワットなどで筋トレすると、むくみも解消されます。

ウォーキングとランニングを交互に行うダイエット方法もおすすめです。
ウォーキングで筋肉をつけ、ランニングで余分な体内の水分を排出します。

貧相系のっぺり型

ダイエットとは、美しく痩せることです。
貧相系のっぺり型の人は、メリハリのあるボディを目指してダイエットしましょう。

このタイプの人は、運動習慣がほとんどなく、筋肉量が少ないのが特徴です。
冷え性で肌もカサカサしています。

まずは、運動で筋肉量を増やすことが大切です。
初めから筋トレするのはハードルが高いので、ウォーキングで筋肉をつけましょう。
できるだけ速歩を心がけるのがポイントです。

ですが、まずは食事から改善する方も多いのではないでしょうか。
その中でも炭水化物抜きダイエットは多くの方が取り入れています。

炭水化物抜きダイエットに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

簡単に痩せる効果があるとして、炭水化物抜きダイエットがあります。誰でもすぐに簡単に始められる方法として人気があります。しかし、実際に炭水化物抜きダイエットに効果はあるのでしょうか?本記事では、炭水化物抜きダイエットの効果につ[…]

ダイエット方法を短期間で簡単に行うには

本来、ダイエットは時間をかけて少しずつ体重を減らしていくのが理想です。
しかし、何かのイベントがあって、どうしてもこの日までには痩せたいという場合もあります。
短期間で簡単に行えるダイエット方法を紹介しましょう。

1食置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、1食分の食事を低カロリーの食事、あるいはドリンクに置き換えるダイエット方法です。
朝・昼・晩のうち1食を置きかえることで、トータル1日分のカロリーを抑えられます。
早くダイエット効果を感じたいという人は短期集中で取り組みやすいダイエット方法です。

プロテインを摂取する

食事の一部をプロテインに置きかえることで、摂取カロリーを抑えられます。
食事量を減らしてもタンパク質などの栄養素を補充できます。

また、太りやすい脂質を減らせます。
プロテインは満足感を得やすく、食事量を減らしてもストレスを感じにくくします。

大きい筋肉を鍛える

代謝が上がれば、カロリー消費も増え、痩せやすい体質となります。
身体の中で大きな筋肉は

  • 太ももの前の部分である「大腿四頭筋」
  • ふくらはぎの部分である「下腿三頭筋」
  • 裏太ももである「ムストリングス」
  • お尻である「大殿筋」

 これらを意識して鍛えることです。

運動後には必ずタンパク質を取ることでより効果がでる

運動をした後は、身体が疲弊しています。
トレーニングによって使われた栄養素を必ず補給しましょう。

とくに、タンパク質は、傷ついた筋肉の修復になくてはならない栄養素です。
とくに筋トレなど強度の高いトレーニングのあとは、タンパク質の補給を心がけましょう。

下記では、プロテインダイエットについて解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

アスリートには必要不可欠なのがプロテインです。また、筋肉を育てるプロテインでダイエットを目指そうというのがプロテインダイエットです。なぜ、プロテインはダイエットに良いとされているのでしょうか。本記事ではプロテインダイエットに[…]

AGA

運動系でおすすめのダイエット方法

運動系にはいろいろなダイエット方法があります。
自分に合ったダイエット方法を見つけることと、複数組み合わせて行うことでダイエット効果が早くあらわれます。

有酸素運動

有酸素運動とは、酸素をエネルギー源として活用する運動のことです。
酸素を使って脂肪を燃焼させるダイエット方法です。
負荷は軽度~中度くらいで、継続することでダイエット効果があらわれます。

ジョギング

ジョギングは、有酸素運動のなかでも負荷の高い運動です。
はじめはウォーキングで、ある程度持久力や筋力がついてから始めるといいでしょう。

息が上がってしまうほどの速いペースで走る必要はありません。
隣の人と軽く会話ができる程度のペースを維持していきましょう。
できれば30分以上走り続けると、ダイエット効果もアップします。

ウォーキング

運動が苦手な方でも気軽に始められるのが、ウォーキングによるダイエット方法です。
ただし、ウォーキングは散歩ではありません。

姿勢、歩幅、速度を意識した歩きをしなければ、ダイエット効果は得られません。
ダイエット効果を高めるためには、30~60分歩き続けることです。

水泳

ジョギングやウォーキングは膝や腰に負担がかかるという方もいるでしょう。
そのような方には、水泳がおすすめです。

水中では水圧や水の抵抗があるので、思った以上にハードな運動ができます。
一方で浮力があるので、自重が減って動きやすくなるというメリットがあります。
泳げない方でも、水中ウォーキングだけでダイエット効果があります。

無酸素運動

無酸素運動とは、呼吸しない運動かと誤解している方も多いようです。
筋肉を収縮させるためのエネルギーを作るのに酸素を必要としないため、無酸素運動と呼ばれています。

筋トレ

筋トレすることで筋肉量が増え、基礎代謝がアップして痩せやすい体質を作ります。
筋トレを継続することによって、脂肪の燃焼を促せられます。
なによりも、メリハリのあるボディで美しい身体づくりをするのに効果があります。

短距離走

実は、短距離走は筋肉を発達させる無酸素運動です。
筋肉には「速筋」と「遅筋」という2種類があります。
短距離走に必要な速筋は、収縮が早く、大きなパワーはありますが長続きしません。
短距離走のダッシュは、筋トレと同様に瞬発力を発揮する運動です。

ながら運動

本格的な運動は苦手だ、あるいは運動する時間がないという方も多いでしょう。
そのような方には、ながら運動をおすすめします。
ながら運動を習慣にしてしまえば、日常生活の中で気軽に継続できます。

片足立ち

立っているときに、片足立ちをしながらする運動です。
たとえば、歯を磨きながら片膝を高く上げましょう。
これを片足ずつ交互に30秒~1分続けます。
お腹に力を入れることで骨盤が立ち、腹筋や骨盤周りの筋肉を鍛えます。

座り腹筋

座っているときも、腹筋を意識した筋トレができます。
背筋を伸ばして、お腹をグッと引っ込めたまま1分間キープしましょう。
これはドローインという呼吸法で、体幹トレーニングのひとつです。

下記では、ウォーキングと筋トレの組み合わせについて解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ウォーキングと筋トレは健康に良い影響を与え、体力向上や健康維持に役立ちます。しかし、ウォーキングと筋トレを組み合わせる際は、効果的な方法について考える必要があります。では、ウォーキングと筋トレの効果的な組み合わせには、どのようなものがあ[…]

健達ねっとECサイト

運動しないダイエットは食事が大事

ダイエットの基本は消費カロリーを増やすことです。
つまり運動して消費カロリーを増やすのですが、運動なしで食事だけでダイエットする方法もあります。

食事の内容を変える

運動しないと、当然消費カロリーが少なくなります。
その分、摂取カロリーを少なくすればダイエット効果があらわれます。
食事の量を通常よりも少なくしたり、カロリーの少ない野菜中心にしたりするなど食事内容を変えましょう。

摂取カロリーを抑える

摂取カロリーを抑えるために、積極的に摂りたい食べ物があります。
空腹を感じることなく、ダイエット効果が得られます。

野菜

ダイエット中に野菜を摂取するメリットは、何といっても低カロリーであることです。
野菜には健康を維持するためのミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富です。

ただし、野菜なら何でもダイエットにいいわけではありません。
じゃがいも、さつまいも、にんじんなどの根野菜には、炭水化物が多く含まれています。
ダイエット中には、できるだけ控えた方が賢明です。

果物

間食するなら、ケーキやスナック菓子などではなく果物にしましょう。
果物には、食物繊維やビタミンなど美容に効果的な栄養素も多く含まれています。

ダイエットのために果物を摂取するなら、血糖値を上げにくい果物にしましょう。
おすすめは「グレープフルーツ」「りんご」「梨」「いちご」です。

タンパク質

タンパク質は、筋肉の原料となる栄養素です。
筋肉は、基礎代謝をアップさせ、脂肪を燃焼する働きがあります。

また、食事制限のあるダイエット方法では、どうしてもタンパク質不足になりがちです。
タンパク質は脂肪になりにくいので、積極的に摂取しましょう。

食事の食べ方を工夫する

お腹が空いているときは、食欲も旺盛になってしまいます。
食欲が旺盛になった結果、食べ過ぎてしまいます。

食事するときには、初めにスープやサラダでお腹を満たしてしまいましょう。
食物繊維は、満足感を得やすく食べ過ぎを防ぐ働きがあります。

空腹感が収まったところで肉や魚類を食べ、最後に糖質を多く含むご飯などの炭水化物を食べましょう。
食べる順番を工夫するだけで、食べ過ぎを防げます。

下記では、味噌汁、きのこ、スムージーダイエットについても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

味噌汁ダイエットは、主に味噌汁を摂りながら健康的な体重減少を目指すダイエット方法です。味噌汁ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか?味噌汁ダイエットにおすすめの具材は?そこで、本記事では以下の項目を中心に解説しま[…]

関連記事

きのこダイエットは、健康的なダイエット方法として注目を集めています。その魅力は、美味しく飲みながら栄養を補給できる点にあります。本記事では、スムージーダイエットについて以下の点を中心にご紹介します。 きのこダイエットの取り組み方[…]

関連記事

スムージーダイエットは、健康的なダイエット方法として注目を集めています。その魅力は、美味しく飲みながら栄養を補給できる点にあります。本記事では、スムージーダイエットについて以下の点を中心にご紹介します。 スムージーダイエットのメリ[…]

薬の使い方

ダイエット方法の前に体重減量を決める

ダイエットを成功させるためには、ダイエット方法を実行する前にやるべきことがあります。

自身のBMI値を確認する

まずは、現状を客観的に直視することです。
どれくらいのダイエットが必要なのかを知るために、自身のBMI値を確認しましょう。
BMI値は以下の式で確認できます。

 BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

 BMIが25以上の人は「肥満」に分類されます。
25以上になると脂質異常、糖尿病、高血圧といった生活習慣病のリスクが高まります。
30を超えると、高度肥満症として減量治療が必要となります。

5%以内を目安にして減量の数を決める

1ヶ月の減量目安は、基本的に体重の5%以内にとどめておくことです。
たとえば、体重が60㎏ならマイナス3㎏以内、70㎏なら3.5㎏以内となります。
これ以上の減量は、体調不良やリバウンドの原因となります。

何か月後を最終目標とするか決める

最終目標を設定することで、モチベーションの維持ができます。
また、ダイエットの着地点から逆算すれば、月ごと、週ごと、中間目標も設定できます。
5%以内を目安にしながら、最終目標を設定しましょう。

下記では、ダイエットの停滞期についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ダイエットの停滞期についてダイエットを頑張っていると、思うように体重が減らない時期があります。思うように体重が減らない時期は、「停滞期」と呼ばれ、ダイエットする誰にでも起きる自然な現象です。停滞期が起きる原因は何でしょうか?停[…]

ダイエットの方法について医師に相談してみる

ダイエットの成功をさせるためには、正しいアプローチを取ることが重要です。
しかし、個々の体質や状況によって効果が異なる場合があります。
方法によっては、まったく効果が出ないということもあり得ます。

自身にあったダイエット方法が分からなかったり、既にダイエットを試して効果が出なかったりした場合は、専門家のアドバイスを受けることが有益です。
オンライン診療を活用することで、ダイエットに関する個別のサポートを受けることができます。

オンライン診療では、経験豊富な医師や栄養士に個別の相談ができます。
あなたの状況や体質に合わせた適切なアドバイスやカスタマイズされたプランを提供してもらえるでしょう。
また、特定のサプリメントや製品についても専門家の意見を聞くことができます。

一人で悩まずに専門家の知識とサポートを頼ることが大切です。
オンライン診療は、そのようなサポートを手軽に受けることができる便利な方法です。

オンライン診療に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ダイエットは多くの人々が取り組んでいる課題であり、その方法は様々です。最近ではオンライン診療を利用したダイエットが注目を集めています。オンライン診療を利用すると、自宅からでも医師のアドバイスを受けられ、自分に合ったダイエット方法[…]

スポンサーリンク

オンラインのメディカルダイエットとは?

ダイエットに挑戦しても、なかなか結果が出ないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、オンラインのメディカルダイエットです。
オンラインのメディカルダイエットでは、内服薬や注射を使用する場合があります。

オンラインのメディカルダイエットとは

オンラインのメディカルダイエットとは、インターネットを通じて医師や栄養士などの専門家と連絡を取りながら、個人に合わせたダイエットプランを提供してもらう方法です。

オンラインのメディカルダイエットの特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 内服薬や注射を用いて、代謝を上げたり、食欲を抑えたりすることができる
  • オンラインで相談や指導を受けられるので、通院の手間や時間が省ける
  • 専門家によるサポートを受けられるので、安全かつ効果的にダイエットできる

オンラインのメディカルダイエットでは、以下のような流れで進められます。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインでカウンセリング

まずは、オンラインで専門家とカウンセリングを行います。
現在の体重や体脂肪率、食生活や運動習慣などを伝えます。
また、ダイエットの目標や期限、希望する方法なども相談します。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインで診察

次に、オンラインで医師に診察を受けます。
健康状態や病歴などを確認し、必要に応じて血液検査などの検査を受けます。
また、内服薬や注射を使用する場合は、処方箋を発行してもらいます。

オンラインのメディカルダイエットの流れ|オンラインで指導

最後に、オンラインで専門家から指導を受けます。
ダイエットプランや食事メニュー、運動プログラムなどを提供してもらいます。
また、定期的にオンラインで体重や体脂肪率などの測定や報告を行い、フィードバックやアドバイスを受けます。

オンラインのメディカルダイエットでは、内服薬や注射を用いて、ダイエットをサポートする場合があります。
内服薬や注射には、様々な種類がありますが、その中でも、最近注目されているのが、GLP-1という物質です。

GLP-1って?

GLP-1とは、グルカゴン様ペプチド1というホルモンのことです。
GLP-1は、食事を摂ると腸から分泌されるホルモンで、以下のような効果があります。

  • インスリンの分泌を促進することで、血糖値を下げる
  • 胃の動きを遅らせることで、満腹感を持続させる
  • 脳に作用することで、食欲を抑える

GLP-1は、ダイエットに有効なホルモンと言えますが、残念ながら、自然に分泌されるGLP-1は、非常に短い時間で分解されてしまいます。
そのため、GLP-1の効果を長く持続させるためには、GLP-1アナログという人工的に作られたGLP-1を内服薬や注射で摂取する必要があります。

GLP-1アナログは、日本では糖尿病の治療薬として承認されていますが、肥満の治療薬としても使用されています。

オンラインメディカルダイエットのデメリット

オンラインメディカルダイエットには、以下のようなデメリットがあります。

費用がかかる

オンラインメディカルダイエットのサービスは、無料で提供されているものもありますが、多くの場合は有料です。
サービスの内容や期間によって、料金は異なりますが、一般的には数千円から数万円程度かかります。

また、オンライン診療やオンライン栄養指導では、検査やサプリメントなどの追加費用も発生する場合があります。

コミュニケーションが不十分になる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家とオンラインでコミュニケーションを行いますが、オンラインでのコミュニケーションは、対面でのコミュニケーションに比べて、表情や声のトーン、ボディランゲージなどの非言語的な情報が伝わりにくいです。

そのため、オンラインでのコミュニケーションでは、相手の感情や意図を正しく理解できない場合や、信頼感や親近感が生まれにくい場合があります。

自己管理が必要になる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家からアドバイスやサポートを受けますが、最終的には自分でダイエットプランを実践する必要があります。
そのため、オンラインメディカルダイエットでは、自分で自分のダイエットの進捗や効果を管理し、問題や困難に対処する能力が必要になります。

オンラインメディカルダイエットでは、専門家や他のダイエット仲間からのサポートはありますが、自分の意志や責任がなければ、ダイエットを継続することは難しいです。

オンラインメディカルダイエットのメリット

オンラインメディカルダイエットには、以下のようなメリットがあります。

時間や場所に制限されない

オンラインメディカルダイエットでは、インターネットがあれば、いつでもどこでも専門家とコミュニケーションを行うことができます
そのため、忙しい人や遠方に住む人でも、ダイエットに関する専門的なアドバイスやサポートを受けることができます。

また、オンラインメディカルダイエットでは、自分の都合に合わせて、コミュニケーションの方法や時間帯を設定することができます。

個人に合わせたダイエットプランを作成できる

オンラインメディカルダイエットでは、専門家とオンラインでコミュニケーションを行うことで、自分の健康状態や目標、好みなどに合わせたダイエットプランを作成することができます。

オンラインメディカルダイエットでは、一般的なダイエット方法ではなく、自分に適切なダイエット方法を選ぶことができます。
また、オンラインメディカルダイエットでは、ダイエットの進捗や効果に応じて、ダイエットプランを柔軟に変更することができます。

専門的なアドバイスやサポートを受けられる

オンラインメディカルダイエットでは、医師や栄養士、コーチなどの専門家とオンラインでコミュニケーションを行うことで、ダイエットに関する専門的なアドバイスやサポートを受けることができます

オンラインメディカルダイエットでは、ダイエットの方法や食事・運動の指導だけでなく、ダイエットに対するモチベーションや意識、習慣などの改善もサポートしてもらうことができます。
また、オンラインメディカルダイエットでは、他のダイエット仲間ともオンラインで交流を行うことで、情報交換や励まし合いを行うことができます。

オンラインでのメディカルダイエットについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

ダイエットは多くの人々が取り組んでいる課題であり、その方法は様々です。最近ではオンライン診療を利用したダイエットが注目を集めています。オンライン診療を利用すると、自宅からでも医師のアドバイスを受けられ、自分に合ったダイエット方法[…]

スポンサーリンク

ダイエットオンライン診療おすすめクリニック3選

ダイエットをサポートするオンライン診療の中から、おすすめの3つをご紹介します。
自宅で手軽に受けられる、効果的なダイエットプログラムを提供しています。
ダイエットの方法を模索する際に是非参考にしてください。

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

  • 24時間診療に対応
  • 診療から処方までオンラインで完結
  • らくらく定期便でお得に継続

DMMオンラインクリニックはDMMグループが運営するオンライン診療サービスです。

DMMオンラインクリニックは24時間オンライン診療に対応しています。
予約の空きがあれば当日の診療も可能です。
また、診察は初診・再診ともに0円で受けられます。

経口GLP-1は月8,228円〜25,058円から始められます。
3mg、7mg、14mgプランがあり、自身の現状に合わせて選択できます。

定期配送にも対応しています。
定期配送では割引を受けられるほか、継続しやすい環境を整えられます。

プラン料金(月額)内訳お試しプラン(15日分)
メディカルダイエット3mgプラン8,228円リベルサス(3mg)/30錠
メディカルダイエット7mg移行プラン15,180円リベルサス(3mg)/10錠

リベルサス(7mg)/20錠

メディカルダイエット14mgプラン15,708円リベルサス(14mg)/30錠
脂肪燃焼プラン5,588円防風通聖散/90包

防已黄耆湯/90包

大柴胡湯/60包

※いずれか1つ

3,520円
糖質カットプラン15,180円ジャディアンス/30錠5,478円
内服バランスプラン3,828円シナール/30錠

ビタノイリン/90錠

ハイチオール錠(80mg)/90錠

2,640円
脂肪吸収抑制プラン6,248円オルリファストカプセル(120mg)/30カプセル3,630円
ダイエットサプリプラン8,448円BBX/30錠4,983円
ご予約はこちらから

clinicfor

clinicforが選ばれる理由

  • GLP-1は内服薬だけでなく注射薬にも対応
  • 当日診療に対応
  • 薬は最短翌日にお届け

clinicforは医療法人社団エムズが運営するオンライン診療から対面診療にも対応するクリニックです。


clinicforのGLP-1は内服薬プランと注射薬プランから選択できます。
内服薬は月9,350円〜から始められます。
定期配送を選択すると15%OFF割引を受けられます。

注射プランは24,750円〜始められます。
3本セットで購入すると15%OFFの割引を受けられます。
内服薬は毎日摂取しますが、注射薬は週1回で自己注射を行います。

最短翌日のお届けに対応しています。
支払いはクレジットカードほか、コンビニ・LINE Payなどで可能です。

プラン料金(月額)内訳トライアルプラン(2週間分)
GLP-1毎日服用プラン3mg/9,350円

7mg/18,700円

14mg/30,885円

リベルサス(内服薬)
GLP-1効果重視プラン3mg/24,310円

7mg/33,660円

14mg/45,815円

リベルサス(内服薬)

ルセフィ

GLP-1週1回投与プラン3本/63,112円オゼンピック(注射薬)
脂肪燃焼漢方プラン5,591円防風通聖散4,378円
糖質カットプランルセフィ10,428円
内服バランスプラン防風通聖散

ルセフィ

14,278円

eLife

eLifeが選ばれる理由

  • 錠剤タイプと注射タイプのGLP-1を提供
  • 診療代および送料が無料
  • 2か月目以降のキャンセルは無料

eLifeはeLife株式会社が運営するオンライン処方に特化したメディカルプラットフォームです。
eLifeは錠剤タイプと注射タイプのGLP-1を提供しています。

錠剤タイプは3mg、7mg、14mgから選択できます。
注射タイプは1本〜3本から選択できます。

eLifeの診療は無料で受けられます。
全国どこでも送料は無料です。
また、2か月目以降のキャンセルはいつでも無料です。
お薬代以外料金がかからない、不要な縛りがない点がeLifeの魅力です。

プラン料金内訳
錠剤タイプ3mg/14,900円

7mg/24,900円

14mg/39,800円

リベルサス/30錠
注射タイプ1本/17,800円

2本/34,800円

3本/51,600円

サクセンダ

スポンサーリンク

危険なダイエット方法と注意点

無理にダイエットすると心も体も危険な状態になってしまいます。
注意が必要とされているダイエット方法は、正しく行う必要があります。

危険なダイエットを行うとどうなる?

危険なダイエットを行うと、さまざまな不調や健康障害がおこります。

リバウンド

最も多いのがリバウンドではないでしょうか。
リバウンドとは、努力して痩せたにもかかわらず、体重が元に戻ってしまうことです。
リバウンドが繰り返されると、以前以上に太ってしまう危険性もあります。
筋肉が減ってしまうため基礎代謝が落ちて、逆に太りやすい体質になります。

生理が来なくなる

危険なダイエットを行うと、身体だけでなく脳にも負担がかかります。
ホルモンの分泌をコントロールする視床下部がダメージを受けてしまいます。
女性ホルモンにも影響を与えるため、生理が来なくなることも少なくありません。

体重の増加

危険なダイエットで無理に痩せてしまうと、脂肪だけでなく筋肉もしぼんでしまいます。
筋肉量が減ってしまうと基礎代謝が低くなるため、食事制限しても体重が増加してしまいます。

注意が必要とされているダイエット

ダイエットのやり方を間違えてしまうと、逆にリバウンドや体調不良になるダイエット方法があります。
それぞれ詳しく説明しましょう。

糖質制限ダイエット

今人気の糖質制限ダイエット方法は、過度に取り入れると危険です。
炭水化物ダイエットやロカボダイエット、糖質オフダイエットなどと呼ばれています。
糖質の代わりにタンパク質、脂質などを摂取するダイエット方法です。

 糖質制限ダイエットの危険性は、低血糖症を起こすことです。
脳の栄養源は糖質だけです。
不足すると、頭痛や眠気、倦怠感、思考力の低下などを起こしやすくなります。

下記では、炭水化物ダイエットの効果について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

長時間の有酸素運動ダイエット

有酸素運動は、ダイエット方法としてよく使われる方法です。
有酸素運動によって脂肪を燃焼しやすくし、カロリー消費を増やせます。

しかし、長時間の有酸素運動は脂肪だけでなく、タンパク質の過剰消費になります。
その結果、筋肉の量が減って基礎代謝を下げてしまいます。

食事制限ダイエット

食事制限ダイエットの中でも、単品ダイエットといわれるダイエット方法は危険です。
すべての食事をひとつの食品だけ食べ続けるという極端なダイエットです。
たとえば、ゆで卵、バナナ、リンゴなどだけを食べ続けます。

食べ物の種類は制限しなくても、1日1食しか食べないのも危険なダイエット方法です。
栄養が偏るため、低栄養になりリバウンドの原因となります。

美容医療ダイエットについて

最近は美容医療ダイエットとして、サプリメントなどがSNSなどで広告されています。
医療用のサプリメントは安全基準によって品質管理されていますが、市販品については注意が必要です。

本来の用途と違う理由で治療薬を使うダイエットは危険性が高い

美容医療ダイエットをする方には、肥満が原因の糖尿病予備軍の方が多くいます。
サプリメントによっては、糖尿病を悪化させてしまう危険性があります。

 さまざまなサプリメントがありますが、ほとんど安全性が補償されていません。
サプリメントは本来の用途と違うことがあり、健康被害の可能性も高くなります。

安全性が認められた美容医療ダイエットもある

もちろん、安全性や効果が認められたダイエットサプリメントもあります。
特定保健用食品や処方箋によるサプリメントです。
ただし、これらのサプリメントはあくまでも補助的で、運動や食事制限が必要です。

過剰な効果を出している広告には注意する

ダイエット方法に関する広告は、非常に多くあります。
そのなかには全く効果がない、あるいは健康被害をもたらすものもあります。

 「飲むだけで痩せる」という広告には注意が必要です。
飲むだけで痩せられるのであれば、誰も苦労はしません。
過剰な効果を出している広告は、信頼できないことを改めて認識しましょう。

厚生労働省のホームページにあるチェックリストなどで確認できます。

出典:厚生労働省【確認してください!美容医療を受ける前にもう一度】

若い時からダイエットが必要ないようにすることが大事

若い時には、代謝が活発なのでダイエットを考えなくてもいいかもしれません。
しかし、若い時から自分の適正体重を知っておくことは、非常に大切です。

若いときには、ファッション面で痩せたいと思う人も多いでしょう。
しかし、無理にダイエットすると、生理不順や摂食障害など心にも体にも悪影響を及ぼします。

 無理なダイエットをしないようにするためには、毎日の体重管理が大切です。
そのためには、朝食を必ず食べ、偏食しないことです。
できるだけ新鮮な野菜を食べるようにして、タバコやお酒は控えましょう。

 若いうちから定期的な運動習慣をつけるのは、とても大切です。
社会人になっても続けられる運動を見つけましょう。

スポンサーリンク

ダイエット方法のまとめ

ここでは、ダイエット方法について紹介してきました。
その要点を以下にまとめます。 

  • ダイエット方法の種類には、運動と食事、特殊な方法がある
  • 自分に合ったダイエット方法は、性格や体型から選ぶ
  • 短期間ダイエットでは置き換えダイエット、プロテイン、筋トレがおすすめ

 これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク