ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>運動>ランニングと筋トレの両立方法と効果的なメニュー

ランニングと筋トレの両立方法と効果的なメニュー

ランニングと筋トレ、どちらも体づくりには大切ですよね。
しかし、ランニングと筋トレ、どのような組み合わせで行って良いのかわからない方も多いかと思います。

この記事では、ランニングと筋トレについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ランニングと筋トレの関係性
  • ランニングと筋トレ、どちらが先?
  • ランニングと筋トレする際の注意点

ランニングと筋トレによる効果を理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ランニングと筋トレの関係性:効果的なトレーニング法を探る

ランニングと筋トレは、一見すると異なるトレーニング方法のように思えますが、実は深い関係性があります。
これらを組み合わせることで、ランニングパフォーマンスの向上や、筋力の強化が可能となります。

以下では、ランニングが筋肉に与える影響と、筋トレがランニングパフォーマンスに及ぼす影響について詳しく解説します。

ランニングが筋肉に与える影響:全身運動としての効果

ランニングは全身運動であり、体全体の関節を動かすことで大きな力を発揮します。
特に、ランニングは小さなジャンプの繰り返しとも言え、その動作には多くの筋肉が関与します。

例えば、腕を振り下ろしながら体を縮める動作には広背筋や腹筋が、地面を踏み込む動作には大腿四頭筋やハムストリングスが関与します。

これらの筋肉は瞬時に短縮性収縮伸張性収縮等尺性収縮を切り替え、関節を複雑な3次元の動きに対応させます。
したがって、ランニングは筋肉の働きを高め、筋力を強化する効果があります。

筋トレがランニングパフォーマンスに及ぼす影響:筋力強化とスピードアップ

一方、筋トレはランニングパフォーマンスに大きな影響を与えます。
筋トレにより筋肉が発達すると、ランニング時に大きな力を発揮できるようになります。

特に、筋肉と腱の連携を強化することで、ランニングの作用点に大きな力を伝え、反力を獲得することが可能となります。
これは、筋肉が縮むことによって力を出し、その力が腱を通じて関節に伝わり、地面に力を加えるという流れによるものです。

また、筋トレにより速筋が鍛えられると、一瞬で大きな力を発揮する能力が向上し、スピードが出やすくなります。

これらの効果により、筋トレはランニングパフォーマンスの向上に寄与します。

関連記事

筋トレはある程度継続することで、痩せ効果が期待できます。しかし、やり方を間違えると思ったほど痩せられない可能性もあります。痩せるには、どのような筋トレを行うべきでしょうか。本記事では、筋トレで痩せる方法について、以下の点を中心にご紹[…]

スポンサーリンク

ランニングと筋トレの順番:最適な組み合わせで効果を最大化

ランニングと筋トレ、どちらを先に行うべきかは、運動の目的や個々の体調によります。
しかし、これらの順番は運動の効果に大きな影響を与えることが知られています。

ここでは、ランニングと筋トレの順番について詳しく解説します。

ランニングと筋トレのどちらを先に行うべきかについての議論

ランニングと筋トレのどちらを先に行うべきかは、運動の目的によります。
例えば、脂肪燃焼効果を高めたい場合、筋トレなどの無酸素運動の後に、ランニングなどの有酸素運動が良いとされています。

その理由は、筋トレを先に行うことで「成長ホルモン」が分泌され、このホルモンが脂肪細胞を分解する作用を持つからです。

また、筋トレで筋肉に負荷を与えることでホルモンが分泌され、その状態で有酸素運動をすると、脂肪燃焼効果が高まります。

一方、有酸素運動後の無酸素運動は、筋肉エネルギーが不足している状態での筋トレは効果が期待できません。
有酸素運動の後で筋肉エネルギーが不足した状態で行っても、筋肉に適切な刺激が入らないためです。

したがって、脂肪燃焼効果を高めるためには、筋トレ→有酸素運動の順番が効果的言えます。

順番による効果への影響についての解説

ランニングと筋トレの順番は、運動の効果に大きな影響を与えます。
筋トレを先に行うことで成長ホルモンが分泌され、その後に有酸素運動を行うと、脂肪燃焼効果が高まるという事実は、運動の順番が重要であることを示しています。

また、有酸素運動の後に無酸素運動を行うと、筋肉エネルギーが不足している状態での筋トレは効果が期待できません。
これは、有酸素運動が筋肉エネルギーを消費し、その後の無酸素運動で必要なエネルギーが不足するためです。

したがって、運動の目的によりますが、一般的には筋トレを先に行い、その後に有酸素運動を行うという順番が効果的と言えます。
この順番により、筋肉の成長と脂肪の燃焼を最大限に引き出すことが可能になります。

関連記事

皮下脂肪は肥満の原因の1つです。なぜ皮下脂肪は増えるのでしょうか。また、一度ついた皮下脂肪を落とすにはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。本記事では、皮下脂肪について以下の点を中心にご紹介します。 皮下脂[…]

ランニングと筋トレの両立方法をマスターしよう

ランニングと筋トレは、それぞれがもたらす効果を最大限に引き出すために、適切な組み合わせとスケジューリングが必要です。

ランニングは有酸素運動であり、心肺機能を向上させ、脂肪を燃焼させる効果があります。
一方、筋トレは無酸素運動であり、筋肉を強化し、基礎代謝を向上させる効果があります。


これらを適切に組み合わせることで、健康的な体づくりとパフォーマンスの向上を同時に達成することが可能です。

メニューの組み合わせやスケジュールのつくり方についての解説

ランニングと筋トレを組み合わせる際には、目的により効果的な順番や運動方法が異なります。
例えば、脂肪を燃焼させたい、体重を落としたい場合は「筋トレ→ランニング」の順番が効果的です。

筋トレは成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンには脂肪を分解する作用があります。
そのため、先に筋トレを行うと、ランニング時の脂肪燃焼効果がより期待できます。

一方、心肺機能を高めたい場合は、「ランニング→筋トレ」の順番でトレーニングを行います。
先にランニングを行うと、多くの酸素を取り込んだ状態で筋トレに取り組めるため、効率良く筋肉を鍛えられます。

また、筋力をしっかりとつけたい場合は、ランニングの回数と時間は少なめのほうが良いでしょう。
ランニングを長時間行うと、筋トレの効果が減少するとされています。

そのため、筋肉の肥大効果を狙う際には、サイクリングマシンなどの利用がおすすめです。

ターゲットとする筋肉群に応じたトレーニング方法の提案

ランニングと筋トレの組み合わせでは、ターゲットとする筋肉群によってもトレーニング方法が変わります。

例えば、脂肪燃焼を目指す場合、全身をバランス良く鍛える筋トレを行った後にダイエット効果の高いランニングをすることで、筋肉量を増加させつつ、消費カロリーを引き上げることが可能です。

一方、心肺機能を高めたい場合は、ランニングを先に行い、その後に特定の筋肉群をターゲットにした筋トレを行うことが効果的です。

また、筋肉をつけたい場合は、有酸素運動は軽く取り入れ、筋トレに重点を置くことがポイントとなります。

ランニングと筋トレの調整ポイントや注意事項についてのアドバイス

ランニングと筋トレを組み合わせる際の調整ポイントとしては、まず自分の目標を明確にすることが重要です。
脂肪燃焼、心肺機能向上、筋力増強など、目的に応じてふさわしいメニューが異なります。

また、運動の順番や強度、時間なども目的によって変わるため、それらを考慮に入れてトレーニング計画を立てることが大切です。
注意事項としては、適度な休息を取ることが挙げられます。

ランニングと筋トレを同時に行うと、体への負荷が大きくなるため、適切な休息時間を設けることで、体の回復を促し、効果的なトレーニングを継続することが可能となります。


また、適切な栄養摂取も重要で、特にプロテインは筋肉の修復と成長を助けるため、トレーニング後の摂取が推奨されます。

関連記事

そもそも、初心者でもできる筋トレメニューにはどのようなものがあるのでしょうか。効果的とされる筋トレを行うにはどうすればいいのでしょうか。本記事では筋トレ初心者でもできる筋トレメニューについて以下の点を中心に紹介します。 初心者に[…]

AGA

ランニングと筋トレのタイミングの最適化

ランニングと筋トレのタイミングは、それぞれの効果を最大限に引き出すために重要な要素です。
適切なタイミングを理解し、それに基づいてトレーニングを計画することで、より効率的に体を鍛えることが可能になります。

トレーニング前後の最適なタイミングについての解説

筋トレの最適なタイミングは、個々のライフスタイルや目標によります。
一般的には、朝、昼、夕方、夜の各時間帯にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。

例えば、朝の筋トレは、テストステロンという筋肉増強に関わるホルモンの分泌が増える時間帯であるため、効果が高いとされています。
しかし、朝は関節や筋肉がまだ硬い状態であるため、ケガのリスクも高まります。

また、昼の筋トレは体温が上昇し、体が柔らかくなっているため、強い負荷をかけることが可能です。
夕方の筋トレは筋トレ効果が高く、ケガをしにくいとされています。

一方、夜の筋トレは時間が取りやすく、集中しやすいというメリットがありますが、激しい筋トレは睡眠に影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。

ウォーミングアップやクールダウンの重要性についての説明

ウォーミングアップとクールダウンは、トレーニングの効果を最大化し、ケガを防ぐために重要な要素です。
ウォーミングアップは、筋肉や関節を動かしやすくするため、トレーニング前に行います。

一方、クールダウンは、筋肉の緊張を和らげ、心拍数を落ち着かせるため、トレーニング後に行います。

筋トレ後のクールダウンは特に重要で、適切なストレッチやリラクゼーションを行うことで、筋肉の回復を促進し、次回のトレーニングへの準備を整えられます。

関連記事

ウォーキングと筋トレは健康に良い影響を与え、体力向上や健康維持に役立ちます。しかし、ウォーキングと筋トレを組み合わせる際は、効果的な方法について考える必要があります。では、ウォーキングと筋トレの効果的な組み合わせには、どのようなものがあ[…]

健達ねっとECサイト

ランニングと筋トレのメニュー例:初心者から上級者まで

ランニングと筋トレは、健康維持やパフォーマンス向上のために組み合わせることが推奨されています。
しかし、その組み合わせ方やメニューは、個々の目標や経験レベルによって異なります。

以下では、初心者から上級者、さらにはマラソンや長距離ランナー向けの特別なトレーニングメニューを提案します。

初心者向けのランニングと筋トレの組み合わせメニューの提案

ランニングと筋トレの初心者向けメニューでは、まずは体を動かす習慣をつくることが重要です。
ランニングは週に2〜3回1回あたり20〜30分から始め、徐々に距離や時間を伸ばしていきましょう。

筋トレは、全身を使う基本的なエクササイズから始め、徐々に難易度を上げていきます。
例えば、スクワット、プッシュアップ、プランクなどがおすすめです。

これらのエクササイズは、体の基礎的な筋力を鍛え、ランニングパフォーマンスの向上に役立ちます。

中級者・上級者向けのメニューの紹介

中級者や上級者のランニングと筋トレのメニューでは、より具体的な目標に向けてトレーニングを進めていきます。

ランニングでは、週に4〜5回のトレーニングを目指し、その中にはインターバルトレーニングやヒルトレーニングを含めると良いでしょう。

筋トレでは、ランニングパフォーマンスを向上させるために、特定の筋群をターゲットにしたエクササイズを取り入れます。
例えば、腹筋や背筋、脚の筋肉を鍛えるエクササイズが有効です。

マラソンや長距離ランナー向けの特別なトレーニングメニューの提案

マラソンや長距離ランナー向けのトレーニングメニューでは、耐久力とスピードを同時に高めることが重要です。
ランニングでは、ロングランを週1回は行うことをおすすめします。

また、LT走(乳酸閾値走)を取り入れることで、より高い速度で長時間走る能力を鍛えられます。
筋トレでは、特に下半身とコアの強化に重点を置くと良いでしょう。

また、フレキシビリティとバランスを向上させるためのエクササイズも重要です。
これには、ヨガやピラティスが有効です。

関連記事

肩こりは日本人の国民病と呼ばれるほど、悩まされている方が多い症状のひとつです。そんな肩こりが筋トレで改善されることをご存じでしょうか。そもそも肩こりには筋トレが効くのでしょうか?また、効果的な筋トレはどういったものなのでしょ[…]

薬の使い方

筋トレでのランニングまとめ


今回は、ランニングと筋トレについてご紹介しました。
ランニングと筋トレについての要点を以下にまとめます。

  • ランニングと筋トレの関係性は、ランニングは筋肉の働きを高め、筋力を強化する効果があり、筋トレにより筋肉が発達すると、ランニング時に大きな力を発揮できるようになるため、相乗効果が期待できる
  • ランニングと筋トレ、どちらが先?は、脂肪を燃焼させ、体重を落としたい場合は「筋トレ→ランニング」、心肺機能を高めたい場合は、「ランニング→筋トレ」の順番
  • ランニングと筋トレを行う際の注意点は、ランニングと筋トレを同時に行うと体への負荷が大きくなるため、適度な休息を取ること

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク