ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>生活習慣病>皮下脂肪の落とし方は?効率よく減らせる筋トレや食生活も解説!

皮下脂肪の落とし方は?効率よく減らせる筋トレや食生活も解説!

皮下脂肪は肥満の原因の1つです。
なぜ皮下脂肪は増えるのでしょうか。

また、一度ついた皮下脂肪を落とすにはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。
本記事では、皮下脂肪について以下の点を中心にご紹介します。

  • 皮下脂肪がつく原因
  • 皮下脂肪を落とす方法
  • 皮下脂肪と内臓脂肪の違い

皮下脂肪について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

皮下脂肪とは

皮下脂肪とは、皮膚の下につく脂肪のことです。
特に蓄積しやすいのは、二の腕ももお尻などの普段あまり動かす機会がない部位です。

皮下脂肪は体表面近くにつくことから、体型を左右する要素でもあります。
たとえば下半身に大量の皮下脂肪がつくと、洋なし型と呼ばれる体型になります。

皮下脂肪は肥満度をあらわす指標でもありますが、一方で身体を守る役割も果たします。
たとえば外部の衝撃から内臓を守る役割が代表的です。
皮下脂肪には、体温を保つ役割もあります。

皮下脂肪は、内臓脂肪などよりも時間をかけて身体に蓄積されます。
皮下脂肪は一度つくと、なかなか落ちにくいのも特徴的です。

下記では、内臓脂肪についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

近年は食生活の欧米化によって、体の「脂肪」増加に悩んでいる方が増えてきています。一言に脂肪と言っても、脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があります。そもそも内臓脂肪とはどういったものなのでしょうか?内臓脂肪が付くと、なぜ身体[…]

スポンサーリンク

皮下脂肪が増える要因は?

皮下脂肪は身体を守る重要な器官ですが、一方で増えすぎると肥満になります。
皮下脂肪が増える要因とは、どのようなものでしょうか。
代表的なものを3つご紹介します。

食事からのエネルギーを摂りすぎる

皮下脂肪がつく最大の原因は、過剰な食事です。
たとえば高脂質・高糖質な食事が代表的です。

食事から摂取した脂質・糖質は、基本的にはエネルギーに変換されます。
しかし脂質・糖質を過剰摂取すると、エネルギーに変換しても余りが出ます。

余った脂質・糖質は、皮下脂肪や内臓脂肪として身体に蓄積されます。
身体に蓄積された脂肪は、エネルギー不足になったときに順次分解されて消費されます。

もしエネルギー不足にならない場合は、もちろん皮下脂肪の分解は行われません。
結果として、皮下脂肪はずっと身体に蓄積したままになります。
いわゆる「太る」という現象が起こります。

運動による消費エネルギーが少ない

皮下脂肪がつくのは、摂取した脂質や糖質がエネルギーとして消費されないときです。
特に消費エネルギーが少ない方は、皮下脂肪がつきやすくなります。

代表的なのが、運動不足の方です。
運動時には大量のエネルギーが消費されるため、摂取した脂質・糖質は積極的に燃焼されます。

一方、運動不足になると消費エネルギーが少なくなるため、体内のエネルギー変換効率は落ちます。

結果、摂取した脂質・糖質などが消費されずに皮下脂肪に変換されやすくなります。
たとえ食事量がさほど多くない方でも、運動量が少ない場合は皮下脂肪がつきやすくなります。

食べたエネルギーを消費しないと脂肪になる

皮下脂肪は、摂取したエネルギーが消費されない場合に合成されます。
たとえば暴飲暴食をすると、摂取カロリーが消費エネルギーを上回るため皮下脂肪がつきやすくなります。

さほど食事を摂っていなくても、極端に運動量が少ない場合はやはり皮下脂肪が増加しやすくなります。

生活習慣病予防のための運動に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

肥満や生活習慣病は、皆さんにとって関心の高い話題ではないでしょうか。「生活習慣病は、運動で治せるの?」と疑問を持つことがあると思います。実は、正しい運動法と生活習慣の改善で防止できます。今回は「生活習慣病予防のための運動[…]

おすすめ記事

生活習慣病になっているかもしれないと気になる方も多いのではないでしょうか。生活習慣病になってしまう原因がわかれば、予防ができます。本記事では生活習慣病の原因について以下の点を中心にご紹介します。 生活習慣病の原因とは 生活習[…]

皮下脂肪の増加による健康への影響

皮下脂肪は主に下腹部や太もも、お尻など下半身につきやすい傾向があります。
皮下脂肪が増えると体重が増加し膝や股関節、背骨などに障害を起こす可能性があります。

また、皮下脂肪は首周りに増えてしまうと気道が狭く圧迫されてしまうかもしれません。
結果、睡眠時無呼吸症候群を発症させてしまう原因になります。

女性の場合、皮下脂肪が増えると女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があります。
結果月経異常や不妊につながるかもしれません。
また、乳がんの発症を高めてしまうとの報告があります。

下記では、女性ホルモンを増やす食べ物について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

女性は、更年期を迎えると女性ホルモンが急激に減ってしまいます。女性ホルモンが減ると、さまざまな体調不良で悩む方も多いようです。食べ物で女性ホルモンを増やすことはできるのでしょうか。本記事では女性ホルモンを増やす食べ物について[…]

AGA

皮下脂肪の効率良い落とし方

皮下脂肪は体型を左右するため、なんとか落としたいという方も多いでしょう。
しかし皮下脂肪は一度つくと、なかなか落ちにくいのが特徴です。

今回は、皮下脂肪を効率的に落とす方法をご紹介します。
肥満を解消したい方・体型をスッキリさせたい方はぜひ参考にしてください。

出典:厚生労働省【脂質異常症を改善するための運動 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

生活習慣を改善すればリバウンド知らず

皮下脂肪がつく原因の多くは生活習慣の乱れです。
具体的には、食べ過ぎ運動不足が原因であることがほとんどです。

生活習慣を変えなければ、たとえダイエットで皮下脂肪を落とせたとしても、リバウンドする可能性があります。

皮下脂肪を落とし、かつ体型をキープしたい場合は、まず生活習慣を見直しましょう。
たとえば高カロリー・高脂質・高糖質な食事は控えてください。

反対に積極的に摂取したいのは、筋肉の原料となるタンパク質です。
代謝を向上させるビタミンや、脂質・糖質の吸収を和らげる食物繊維も摂りましょう。

普段運動不足気味の方は、適度な運動を心がけてください。
特に有酸素運動は皮下脂肪を燃焼させる効果が期待されています。

安易な薬物服用を避ける

最近はダイエット用の薬剤・サプリメント・漢方薬なども広く販売されています。
しかし、安易な薬剤使用は避けてください。

薬剤には多かれ少なかれ副作用があるためです。
体質に合わないものや、用法用量を誤った場合は重大な副作用も起こり得ます。

また、薬剤を飲むだけでは皮下脂肪は落ちません。
ダイエット用の薬剤のほとんどは、体質を改善して脂肪の燃焼効率を上げる効果しかありません。

仮に薬剤で体重が減ったとしても、身体の水分が一時的に減っただけの場合が多いです。
そもそも脂肪の燃焼を行わなければ、高価な薬剤を飲んでも効果は半減します。
脂肪を燃焼させるためには、運動などが必要です。

皮下脂肪を落とすには、あくまで生活習慣を改善する必要があります。
どうしても薬剤を使用したい場合は、ダイエットの補助的に用いるようにしましょう。

食べて痩せるはあり得ない

健康食品などで「食べるだけ・飲むだけで痩せる」などと広告されているものもあります。
しかし基本的には特定の食品を食べるだけで痩せることはありません。

たしかにダイエット効果のある食品はあります。
しかしダイエット用健康食品の効果は、脂肪の燃焼効率を上げたり、糖質や脂質の吸収を和らげたりするものが一般的です。

簡単にいえば「痩せやすい身体」に役立つだけで、実際に痩せることは少ないのです。
痩せる健康食品を食べ過ぎると、かえってカロリーオーバーを起こすこともあります。
皮下脂肪を落とすには、食事のコントロール・適度な運動が1番の近道です。

毎日30分の有酸素運動を続ける

皮下脂肪を落とすのに有効なのが運動です。
特に有酸素運動は皮下脂肪を落とす高い効果が期待されています。

有酸素運動をすると、脂肪が優先的にエネルギー源として利用されるためです。
ただし即効性はないため、コツコツと継続して運動を続けることが大切です。

有酸素運動にはもう1つのメリットがあります。
運動することで、全身に適度な筋肉がつくことです。

筋肉は代謝を向上させる効果があります。
簡単にいえば、筋肉が多いほど脂肪が燃焼されやすくなります。
筋肉がつくと体型が引き締まって見えるため、シェイプアップも期待できます。

1日の有酸素運動の目安は30分です。
できれば毎日取り組みましょう。

なお、運動で消費カロリーを増やしても、摂取カロリーが上回れば皮下脂肪は落ちません。
皮下脂肪を落としたいなら、運動に加えて適切な食事制限も必要です。

筋トレで普段動かさない部位を鍛える

皮下脂肪を落とすなら、普段動かさない部位を筋トレで鍛えてみましょう。
皮下脂肪は、普段動かさない部位にこそつきやすいためです。
代表的な部位は二の腕お尻太ももなどです。

普段動かさない部位を意識して動かすと、その部位の脂肪が燃焼されやすくなります。
筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝がアップして皮下脂肪がつきにくくなります。

特におすすめなのは下半身の筋トレです。
お尻・太ももには大きな筋肉があるためです。

大きな筋肉を鍛えることで、全身の基礎代謝がアップしやすくなります。
下半身の皮下脂肪撃退におすすめな筋トレメニューには次があります。

  • スクワット
  • プランク
  • クランチ
  • クロスランチ
  • レッグレイズ

主食の量を固定する

皮下脂肪を落とすには、適切な食事制限をすることが大切です。
たとえば主食(糖質)の量を固定するやり方があります。

糖質は皮下脂肪の原料です。
そのため、摂りすぎには注意が必要です。

一方で、糖質を完全にカットするとかえって痩せにくくなることがあります。
理由は、身体が栄養不足になって基礎代謝が下がりやすくなるためです。
基礎代謝が下がると脂肪の燃焼効率も低下しやすくなります。

効率的に皮下脂肪を落とすなら、糖質は適度に摂取することが大切です。
主食の量をあらかじめ決めておくと、食べ過ぎを防ぎやすくなります。

たとえば主食は朝・昼だけにしたり、お茶碗半分を心がけたりしてみましょう。

腹八分に慣れる

皮下脂肪を落とすには、食べ過ぎないことが大切です。
日頃食べ過ぎてしまう方は、意識して腹八分目を心がけましょう。
腹八分目とは、満腹の一歩手前の状態です。

腹八分目になれるためのポイントは次の通りです。

  • よく噛む
  • 時間をかけて食べる
  • 最初に食物繊維を摂る

食事はよく噛んでゆっくり食べましょう。
満腹中枢が刺激されて満足感を得やすくなります。

少量で満腹感を得るには、食事の最初に食物繊維を食べることも大切です。
食物繊維は胃で膨らみやすいためです。
食物繊維を先に食べると、腸での糖質・脂質の吸収を穏やかにする作用も期待できます。

皮下脂肪の落とし方について、さらに知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

皮下脂肪の落とし方について皮下脂肪は、皮膚の下の皮下組織に蓄積する脂肪で、お尻や太ももなどに付きやすくなります。お尻や太もも周りの脂肪を気にしている方も多いのではないでしょうか。皮下脂肪を無理なく落とすには、どのような方[…]

健達ねっとECサイト

皮下脂肪と内臓脂肪の違いとは?

皮下脂肪とセットで注意したいのが内臓脂肪です。
ところで、皮下脂肪と内臓脂肪の違いとはなんでしょうか。

ここからは皮下脂肪と内臓脂肪についてご紹介していきます。

皮下脂肪は体表面に近い場所につく

皮下脂肪も内臓脂肪も体脂肪の1種です。
体脂肪とは、身体につく脂肪の総称です。

体脂肪のうち、体表面近くの皮下につくものが皮下脂肪と呼ばれます。
皮下脂肪は下半身につく傾向があり、触るとぷよぷよしています。
皮下脂肪の蓄積は男性より女性に目立ちます。

内臓脂肪は内臓の周りに蓄積する

内臓脂肪は、体脂肪のうち内臓の周りに蓄積するものです。
多くの場合、内臓脂肪は胃腸の膜に蓄積します。

内臓脂肪が蓄積すると、お腹がぽっこり出やすいのが特徴です。
内臓脂肪でお腹が出た体型は、リンゴ型体型とも呼ばれています。
内臓脂肪は、どちらかというと男性につきやすい脂肪です。

皮下脂肪はつきにくく落としにくい

皮下脂肪は、内臓脂肪よりも蓄積されるまでに時間がかかります。
また、皮下脂肪は一度つくと落ちるのに時間がかかる点も特徴的です。
皮下脂肪が落ちるのにかかる期間は、平均で3ヶ月~6ヶ月です。

皮下脂肪が落ちにくい理由は、利用の優先順位が低いためです。
生き物がエネルギーを生み出すときには、体内の糖・脂肪などが消費されます。

エネルギーとして優先的に消費されるのは、糖質です。
糖質が不足しているときは、次に血液中・内臓の脂肪が消費されます。

皮下脂肪が消費されるのはほぼ最終段階です。
そのため、皮下脂肪はダイエットをしてもなかなか落ちにくいのです。

内臓脂肪はすぐ身につき落としやすい

内臓脂肪は皮下脂肪よりも蓄積されやすいのが特徴です。
一方で、内臓脂肪は落ちやすいという特徴もあります。

理由は、内臓脂肪は皮下脂肪よりもエネルギー源としての優先順位が高いためです。
内臓につく脂肪は、体表面近くにある皮下脂肪より取り出しが簡単です。

そのためエネルギーが不足した際は、皮下脂肪より内臓脂肪が優先的に燃焼されます。

皮下脂肪がつくと太って見える

皮下脂肪は体表面近くにつくため、体型に大きく影響します。
簡単にいえば、皮下脂肪が多いと太って見えます

一方、内臓脂肪は皮下脂肪のように目に見えにくい脂肪です。
一見太っていないようでも、検査すると内臓脂肪が大量に蓄積している場合もあります。
見た目は太っていないものの、内臓脂肪が多い方は隠れ肥満症と呼ばれます。

内臓脂肪は体型を左右することもあります。
内臓脂肪が多いと胃腸が張り出すため、お腹がぽっこり丸く突き出します。

出典:厚生労働省【内臓脂肪型肥満 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

内臓脂肪は生活習慣病の発症リスクを上げる

内臓脂肪は生活習慣病のリスクを高めます。
代表的なのは高血糖脂質異常高血圧です。

内臓脂肪は心筋梗塞や脳卒中の要因となることもあります。
内臓脂肪による生活習慣病のリスクを可視化するために生まれたのがメタボリックシンドロームの概念です。

メタボリックシンドロームの基準は腹囲です。
腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上ある場合は、メタボリックシンドロームが疑われます。

皮下脂肪と内臓脂肪の違いについて、さらに知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

内臓脂肪レベルはメタボリックシンドロームとも深い関係があります。内臓脂肪レベルが高いとさまざまな病気のリスクも高くなります。内臓脂肪レベルとは、どのようなものなのでしょうか?内臓脂肪レベルを測るにはどうしたらよいのでしょうか?本[…]

薬の使い方

皮下脂肪と体脂肪率の関係

健康管理のためには体脂肪率を気にすることも大切です。
ところで、体脂肪率とは一体なんなのでしょうか。

ここからは皮下脂肪と体脂肪率についてご紹介していきます。

体脂肪率は皮下脂肪と内臓脂肪を含む

体脂肪率とは、身体に占める体脂肪の割合です。
より具体的には、体脂肪とは体重における皮下脂肪・内臓脂肪の割合を表したものです。

体脂肪率を知るには、体脂肪率が表示される体重計・体組成計を利用する方法があります。
また、体脂肪率は次のような計算式でも求められます。

体脂肪率%=体脂肪量(kg)÷体重(kg)×100

体脂肪率は肥満の指標となる数値でもあります。
たとえば男性は体脂肪30%以上、女性は40%以上で肥満に該当します。

男女別の体脂肪率の細かい分類は次の通りです。

【男性】
軽度肥満:20%以上
中等度肥満:25%以上
重度肥満:30%以上

【女性】
軽度肥満:30%以上
中等度肥満:35%以上
重度肥満:40%以上

出典:厚生労働省【体脂肪率 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

皮下脂肪が増えれば体脂肪率も高くなる

体脂肪率は皮下脂肪と内臓脂肪をあわせた比率です。
したがって、皮下脂肪・内臓脂肪のどちらかが増えれば体脂肪率は高くなります

体脂肪について興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

体脂肪について体脂肪と聞くと悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、体脂肪には役割もあります。また、体脂肪が低すぎたり高すぎたりするとさまざまなリスクがあります。そもそも体脂肪にはどのような役割があるのでしょうか?[…]

男性女性別|おすすめな皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪は肥満のもとです。
肥満は生活習慣病などのリスクを高めます。

もし皮下脂肪が標準よりも多い場合は、すこし落とすことが大切です。
皮下脂肪の落とし方は、男女で違いがあります
それぞれの効率のよい皮下脂肪の落とし方をご紹介します。

女性が皮下脂肪を減らすには

女性が皮下脂肪を落とすときのポイントを3つのポイントご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

セルライトを作らないようにする

セルライトとは皮下脂肪が変形した組織です。
具体的には、脂肪細胞が老廃物や水分を含んでブロック状になったものをセルライトと呼びます。

セルライトは、指でつまむと表面がボコボコしているのが特徴です。
女性は男性より皮膚が薄いため、セルライトが目立ちやすい傾向があります。

セルライトは脂肪の中でも落とすのが難しいとされています。
そのためセルライトによる肥満を防ぎたいなら、そもそもセルライトを作らないことが大切です。

【セルライトの予防法】

  • マッサージでむくみを予防する
  • 身体を冷やさないようにする
  • 有酸素運動・ストレッチで血行をよくする
  • 筋肉をつける

筋肉を増やす

皮下脂肪を落とすには筋肉を増やすことが大切です。
筋肉が増えると、基礎代謝が上がって脂肪が燃焼しやすくなるためです。

筋肉をつけるには、スクワット腕立て伏せなどが有効です。
あるいはウォーキングなどの有酸素運動も筋肉増強に役立ちます。

お菓子を毎日食べる習慣をやめる

皮下脂肪がつく原因の多くは食べすぎです。
特にお菓子などの甘いものは皮下脂肪の大きな原因となります。

もし普段から甘いものを摂る機会が多い場合は、食べる頻度を落としましょう。

男性におすすめな皮下脂肪の減らし方

男性が皮下脂肪を落とすためのポイントをご紹介します。
皮下脂肪が気になる男性は、ぜひ次のような方法をお試しください。

栄養バランスが偏らない食事を摂る

男性の皮下脂肪の原因として、偏った食生活が挙げられます。
たとえば脂っこい食事が代表的です。

皮下脂肪を落とすには、まず栄養バランスのよい食事を心がけましょう。
具体的には、高脂質高カロリーな食事は控えてください。
丼・ラーメンなどの炭水化物中心の食事も皮下脂肪の原因となります。

栄養バランスを整えるには、品数の多い食事を摂るのがおすすめです。
たとえば一汁三菜の食事は食品数が多いため、自然と栄養バランスが整いやすくなります。

飲酒量を減らす

飲酒も皮下脂肪が増える原因です。
アルコールは皮下脂肪の原料である中性脂肪を増やすためです。

特にビールなどの糖質酒は、脂肪の増加に一役買います。
頻繁にお酒を飲む男性は、飲酒量を減らすなどの工夫をしましょう。

皮下脂肪を減らしたい部位を鍛える

皮下脂肪を減らすには、筋トレなどで筋肉をつけるのもよい方法です。
筋肉が増えると脂肪燃焼効率が上がるため、全身のダイエットにもつながります。

たとえば筋トレなどに励むとよいでしょう。
激しい運動が苦手な方は、有酸素運動などに取り組んでください。

スポンサーリンク

皮下脂肪を増やさないマッサージ6選

皮下脂肪、特にセルライトは多くの人が悩むポイントです。
セルライトは硬くなった脂肪細胞と繊維組織によって肌がデコボコして見える状態を指し、

オレンジの皮のように見えることもあり「オレンジピールスキン」とも呼ばれます。
セルライトの主な原因には、加齢、血行不良、自律神経の乱れ、運動不足、遺伝などが挙げられます。

特に、血行不良や自律神経の乱れ、運動不足はセルフケアが可能な部分であり、適切なマッサージや生活習慣の改善によって、セルライトの予防や改善が期待できます。

下記では、セルライトを増やさないためのマッサージ方法を6つ紹介します。

太もものマッサージ

太ももには、滑りやすいオイルやクリームを塗布し、両手を使って太ももの上部から下部へとゆっくりとマッサージします。
特に、膝の内側から太ももの付け根に向かってのマッサージは、セルライトの蓄積を予防するのに効果的です。

ふくらはぎのマッサージ

座った状態で、足首から膝にかけての部分を両手で優しくマッサージします。
特に、ふくらはぎの下部から上部へと流す動きは、老廃物の排出を助けます

お尻のマッサージ

お尻の部分を片手で上方向にマッサージし、その後、お尻から太ももの前側に向かってマッサージを行います。
これにより、血行が促進され、セルライトの蓄積を予防します。

お腹部マッサージ

おへそを中心に、下方向へマッサージします。
さらに、みぞおちから左右の脇腹に向かってマッサージを行うことで、お腹周りのセルライトを予防します。

二の腕のマッサージ

一方の手で他方の手首を持ち、上腕部から脇にかけて滑らせる動きをします。
その後、脇の部分を親指で優しく揉み解します。

足首のマッサージ

足首周辺を両手で円を描くようにマッサージします。
この動きを20回ほど繰り返すことで、足首周辺の血行が促進されます。

セルライト対策の情報

セルライトの予防や改善には、筋膜リリースや体温を上げること、日常的なストレッチや運動、食事の見直しも有効です。

これらの方法を組み合わせることで、より効果的なセルライト対策が期待できます。

スポンサーリンク

皮下脂肪を減らす努力をサポートする方法

皮下脂肪は落ちにくいのが特徴です。
そのため、皮下脂肪を落とすには継続的な努力が必要です。

具体的には生活習慣の改善などに取り組みましょう。
あわせてサプリメントや漢方薬を利用すると、効率よく皮下脂肪を落とせることもあります。

ここからは、皮下脂肪を効率的に落とすコツをご紹介します。

脂肪燃焼を促すサプリメントを飲む

皮下脂肪を落とすには、運動などによって脂肪を燃焼させる必要があります。
脂肪燃焼を促進するサプリメントを飲むと、効率的に脂肪を落としやすくなります。

脂肪燃焼を促進するサプリメントにはさまざまな種類があります。
たとえばαリポ酸・コエンザイムQ10配合のサプリメントは、加齢などによって基礎代謝が落ちた方におすすめです。

運動を併用する方には、L-カルニチン・アルギニンなどが配合されたサプリメントが適しています。

より高い効果を狙うなら、保険機能食品に認定されているサプリメントを検討してみましょう。

代謝を高める漢方薬を飲む

漢方薬も脂肪燃焼に役立ちます。
たとえば基礎代謝をあげる漢方薬がおすすめです。

  • 防風通聖散
  • 防已黄耆湯
  • 大柴胡湯
  • 桂枝茯苓丸
  • 桃核承気湯

漢方薬は体質などによって相性が悪いものとよいものがあります。
相性が悪い漢方薬は、特に副作用を引き起こすことがあります。

ご自身にあった漢方薬を選ぶには、医師や薬剤師に相談することが大切です。

緑茶を飲んでカテキンを摂取する

脂肪の燃焼効率を上げるには緑茶を飲むのも1つの方法です。
緑茶には、脂肪の燃焼を促す成分が含まれているためです。

代表的な成分はカテキン・カフェインです。
カテキンには褐色細胞を活性化させて脂肪燃焼を促す作用があります。
さらに、カテキンは脂肪の吸収を抑制する作用も期待されています。

カフェインには基礎代謝アップの効果が期待できます。
カフェインには利尿作用があるため、むくみの改善も期待できます

下記では、体脂肪を減らす方法についても解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

体脂肪を減らす方法について体重の増加とともに体脂肪も増えてきて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。体脂肪を減らすには、食事や運動などの生活習慣を変える必要があります。体脂肪を減らす方法にはどのようなことがあるので[…]

スポンサーリンク

痩せ始めのサインはあるの?

痩せ始めの兆候が見られる場合でも、ここでダイエットを諦めるのは勿体無いです。
痩せ始めのサインは、体重や体形だけでなく、体の調子などにも現れます。

  • 脂肪が柔らかくなる
  • 手首や足首がスッキリしてくる
  • 便通が改善される
  • 肌が健康的になる
  • 睡眠が深くなり目覚めが良くなる

これらの変化は、ダイエットの進行状況を示すものであり、痩せ始めていることを知ることでモチベーションも高まります。
これらのサインが現れたら、あなたはもうすぐ痩せている可能性があります。
痩せ始めの兆候を見逃さないようにしましょう。

脂肪が柔らかくなる

ダイエットを始めたら、脂肪の柔らかさをチェックすることをおすすめします。
特に気になる部位の脂肪を触ってみましょう。

気になる部位の脂肪をつまんでみて、それが柔らかく感じるでしょうか?
もし硬いと感じるのであれば、水分や老廃物が蓄積している可能性があります。
この状態では脂肪が燃焼しにくくなっています。

しかし、ダイエットを進めていくと、柔らかくつまみやすい脂肪に変化してくることがあります。
血行やリンパの流れが良くなり、老廃物の排出がスムーズになるため、脂肪が燃焼しやすくなっています。

つまり、柔らかくなった脂肪は、運動によって燃焼され、痩せていく可能性が高いです。

手首や足首がスッキリしてくる

手首や足首がスッキリしてくると感じた場合、これも痩せ始めの兆候かもしれません。

脂肪の燃焼は特定の順序で進行します。
手首や足首から始まり、次にふくらはぎ、肩や二の腕、太もも、お腹やお尻のように内臓に近い部分脂肪が痩せていきます。
脂肪は内臓を保護する役割があるため、内臓から遠い部分から順番に痩せていくのです。

手首や足首がスッキリしてきたということは、他の気になる部位も順調に痩せていく可能性があります。

便通が改善される

便通が改善されることも、痩せ始めの兆候の一つです。

便通の改善は、食事改善がうまくいっている証拠です。
便通が良くなると、腸の環境が改善され、痩せやすい状態になります。

腸は、糖や脂質の代謝などの重要な役割を果たしており、腸の機能が低下すると肝臓の代謝機能も低下します。
便通が改善されている場合、腸内環境が整い、代謝機能が活発になっている可能性があります。

肌が健康的になる

肌の改善を感じることも、ダイエットが順調に進んでいるサインかもしれません。

食事は肌の状態に大きく影響を与えます。
タンパク質は肌の構成に必要ですし、脂質は肌の健康と艶を保つ役割を果たし、老廃物の排出も重要な役割を担っています。

ニキビや肌トラブルの改善が見られる場合、バランスの取れた食事を摂っている可能性があります。

また、睡眠不足やストレスも肌に影響を与えるため、肌がきれいになっていることは睡眠の質が改善されている兆候でもあります。

バランスの取れた食事は痩せやすい体を作るために重要ですので、肌の改善が見られる場合は、痩せるためのサインとして見逃さないようにしましょう。

睡眠が深くなり目覚めが良くなる

睡眠とダイエットには密接な関係があります。
睡眠不足は肥満と関連しています。
睡眠不足は、寝つきの改善や夜中の目覚めの回数の増加など、さまざまな形で現れます。

睡眠不足は、ダイエットに悪影響を及ぼす可能性があります。
そのため、睡眠を十分に取ることは重要です。

睡眠が十分にとれていて、目覚めが良くなったと感じる場合、ダイエットが順調に進んでいる証拠かもしれません。

以上の兆候は、痩せ始めの兆候として考えられますが、個人の体質や状況によって異なる場合もあります。
自分自身の体の変化を注意深く観察し、健康的なダイエットを実践してください。

皮下脂肪まとめ

ここまで皮下脂肪についてお伝えしてきました。
皮下脂肪の要点を以下にまとめます。

  • 皮下脂肪がつく原因は、食べすぎ・運動不足など
  • 皮下脂肪を落とす方法は、適切な食事制限・運動など
  • 皮下脂肪と内臓脂肪の主な違いは、脂肪がつく部位・つきやすさ・落としやすさ

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク