ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>きゅうりの栄養全解明|真実と誤解、最適な摂取方法まで

きゅうりの栄養全解明|真実と誤解、最適な摂取方法まで

きゅうりは、そのさっぱりとした味わいから、サラダやおつまみ、さらにはスムージーの材料としても人気があります。
しかし、その栄養価については意外に知られていないかもしれません。
きゅうりは水分が豊富でカロリーが低いことから、ダイエット食としてもよく知られています。
しかし、それだけではなく、きゅうりには私たちの健康に役立つさまざまな栄養素が含まれています。

一方で「きゅうりには栄養がない」という話も耳にします。
これは本当なのでしょうか?

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • きゅうりの栄養情報
  • きゅうりに関する誤解
  • きゅうりの食べ方

きゅうりの栄養についての真実を知り、健康的な食生活に役立てるために、ぜひ最後までお読みください。

栄養素について詳しく知りたい方は下記の記事も併せてお読みください。

関連記事

栄養素は、健康を保つために欠かせない成分です。栄養素には具体的にどのような働きがあるのか御存じですか。本記事では栄養素について、以下の点を中心にご紹介します。 五大栄養素とは 五大栄養素の働き 一日あたりの[…]

スポンサーリンク

きゅうりの栄養とその効果

きゅうりは、低カロリーでありながら、多くの栄養素を含む野菜です。
その栄養価と健康への効果を深く理解することで、日々の食生活においてきゅうりをより効果的に活用することができます。

きゅうりの基本的な栄養情報

きゅうりは、その95%以上が水分であり、低カロリーながらもビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。
特に、カリウム、ビタミンK、ビタミンCが注目されており、これらは体内の浸透圧維持、血液凝固の助け、コラーゲンの合成などに重要な役割を果たします。

また、食物繊維は腸内環境を整え、便秘を防ぐ効果があるとされます。
さらに、銅やモリブデンなどの微量ミネラルも含まれており、これらは貧血予防やタンパク質の代謝に関わる重要な栄養素です。

きゅうりの栄養がもたらす健康効果

きゅうりの栄養素は、私たちの健康に多方面で貢献します。

カリウムは体内の余分な塩分を排出し、高血圧むくみの予防に役立ちます。
ビタミンKは骨を丈夫にし、ビタミンCは抗酸化作用を持ち、肌の健康を保つのに役立ちます。
食物繊維は腸内環境を整えることで、便秘の予防や肌荒れの改善にも効果が期待できます。

また、これらの栄養素は、糖質や脂質の代謝を助けることで、肥満や生活習慣病の予防にも寄与します。
これらの効果を最大限に引き出すためには、きゅうりを丸ごと食べることが推奨されています。

ビタミン、ミネラルについて興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

「ビタミン」は、私たちが生きていく上で必要不可欠な「栄養素」です。ビタミンは身体の中で作られないため、食材などから摂取しなくてはなりません。いざビタミンを取り入れようと思っても、どんなビタミンがあるのか?なぜ摂取しなければならないの[…]

関連記事

ミネラルは、体にとって重要な役割を担っている五大栄養素の1つになります。ミネラルには、どのような特徴や効果があるのでしょうか?ミネラルは、どのような食品に含まれているのでしょうか?本記事では、ミネラルについて以下の点を中[…]

スポンサーリンク

きゅうりの栄養がないといわれる理由

フォトフェイシャルを受けるメリット

きゅうりは日本の食卓に欠かせない野菜でありながら、「栄養がない」という誤解が広まっています。
この誤解は、きゅうりの低カロリー性と高い水分含有率に由来しているようです。しかし、実際にはきゅうりには多くの栄養素が含まれています。

きゅうりの栄養価に関する誤解の原因と、実際に含まれる栄養素について詳しく解説します。

きゅうりの栄養価に関する誤解

きゅうりが「栄養がない」と誤解される主な理由は、その低カロリー性と高い水分含有率にあります。
実際に、きゅうりは95%以上が水分で、100gあたりのカロリーは14キロカロリーと非常に低いです。
このため、多くの人々は栄養価が低いと誤解しています。
しかし、低カロリーであることが必ずしも栄養が少ないことを意味するわけではありません。

きゅうりには、カリウム、ビタミンK、食物繊維など、身体に有益な栄養素が含まれています。
これらの栄養素は、体内の浸透圧の維持血液の凝固整腸作用など、重要な役割を果たします。

そもそもカロリーとはどのように計算されるのでしょうか?
カロリーについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

基礎代謝・摂取カロリーについて基礎代謝は人間が生活していく上で最低限必要なエネルギーのことです。ダイエットを成功させるためには、基礎代謝と摂取カロリーを考えて進めていくことが重要です。では基礎代謝と摂取カロリーはどのような関係性[…]

きゅうりの誤解を解く

きゅうりに関する誤解を解くためには、栄養価とカロリーの関係を正しく理解することが重要です。
低カロリーであることは、必ずしも栄養が少ないことを意味しません。

また、きゅうりは世界中でさまざまな料理に使用されており、その用途の多様性も理解することが大切です。
日本国内でも、きゅうりは「冷や汁」や「ぬか漬け」など、地域によって異なる食べ方があります。

食物繊維が不足しているとどうなるのかについて興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

食物繊維は、炭水化物やタンパク質などの五大栄養素に次いで「第六の栄養素」といわれています。食物繊維はおなかの調子を整え、便秘の解消に効果的です。では、食物繊維とは具体的にどのような栄養素なのでしょうか。本記事では食物繊維につ[…]

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

1本のきゅうりに含まれる栄養素

下記は、きゅうり100gあたりに含まれる栄養を表でまとめました。

栄養素量 (100gあたり)
エネルギー13 kcal
ダンパク質1.0 g
炭水化物3.0 g
食物繊維1.1 g
ナトリウム1 mg
カリウム200 mg
カルシウム26 mg
マグネシウム15 mg
リン36 mg
ビタミンA330 μg
ビタミンK34 μg
ビタミンB10.03 mg
ビタミンB20.03 mg
ビタミンB60.05 mg
ビタミンB120 μg
葉酸25 μg
ビタミンC14 mg

スポンサーリンク

きゅうりの栄養を最大限に摂取するための食べ方

きゅうりの栄養を最大限に活用するためには、調理法や食べ合わせが重要です。
生での摂取や皮ごと食べること、栄養素の相乗効果を考慮した食べ合わせが効果的とされます。

生で食べることの重要性

きゅうりは生で食べることで、ビタミンCやカリウムなどの水溶性栄養素を逃さずに摂取できます。
加熱するとこれらの栄養素が失われやすいため、サラダや酢の物など、生で楽しむレシピがおすすめです。

皮ごと食べるメリット

きゅうりの皮には、ビタミンミネラルが豊富に含まれています。
皮を剥かずに食べることで、これらの栄養素を余すことなく摂取できます。

また、皮に含まれる食物繊維は消化器系の健康にも良い影響を与えます。

栄養素の相乗効果を考慮した食べ合わせ

きゅうりを他の食材と組み合わせることで、栄養素の相乗効果が期待できます。

例えば、オリーブオイルやアボカドと合わせると、脂溶性ビタミンの吸収が促進されます。

また、レモンやトマトとの組み合わせは、ビタミンCの摂取を助けます。

健達ねっとECサイト

きゅうりの栄養成分とその効果

きゅうりは、そのシンプルな外見に反して、多くの栄養素を含んでいます。
カリウムやビタミンC、ビタミンKなど、健康に必要な栄養素が豊富に含まれており、これらの栄養素はむくみ予防や美肌効果にも寄与します。

また、低カロリーでありながら、体に必要な水分や電解質を補給することができるため、健康的な食生活において重要な役割を果たします。

きゅうりの主要な栄養成分

きゅうりには、カリウム、マグネシウム、ビタミンC、ビタミンK、食物繊維など、多くの栄養素が含まれています。
これらの栄養素は、身体のさまざまな機能をサポートし、健康維持に寄与します。

例えば、カリウムはナトリウムの体外排出を助け、筋肉の収縮血圧の調整に役立ちます。
マグネシウムは筋肉の収縮や体温の調整に関与し、ビタミンCは体の酸化を防ぎ、コラーゲンの生成を助けます。
ビタミンKは血液の凝固を促し、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。

また、食物繊維は食後のコレステロールの吸収を抑え、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果があるとされます。

栄養成分がもたらす健康効果

きゅうりに含まれる栄養成分は、さまざまな健康効果をもたらします。
カリウムはむくみの予防に役立ち、ビタミンCは美肌効果をもたらし、抗酸化作用により動脈硬化の予防や老化防止にも寄与します。

食物繊維は便秘解消に効果的とされ、善玉菌のエサとなり腸内環境の改善にも役立ちます。

また、βカロテンは体内でビタミンAに変換され、免疫力の向上夜間の視力維持に効果があるとされます。

ホスホリパーゼという酵素は脂肪の分解を促し、脂肪の代謝を助ける効果が期待できます。
これらの栄養成分は、きゅうりを日常の食事に取り入れることで、健康維持に大きく寄与します。

カリウムとむくみの関係について解説していますので、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

夕方になると、身体のむくみで足が痛くなった経験はありませんか?カリウムは、むくみの原因となる塩分を身体から排出してくれる役割をもっています。本記事は、カリウムとむくみの関係について以下の点を中心にご紹介します。 カリウ[…]

薬の使い方

きゅうりと他の野菜の栄養比較

きゅうりは、その水分量の多さから「水の野菜」とも称されますが、その一方で他の野菜と比べて栄養価が低いと思われがちです。
しかし、実際にはどうなのでしょうか。

今回は、きゅうりの栄養価を他の主要な野菜と比較し、その差異を明らかにします。

栄養価の比較

きゅうりの栄養価を他の主要な野菜と比較すると、一見するときゅうりの栄養価が低いように見えます。
しかし、その見た目に反して、
きゅうりには他の野菜にはない独自の栄養価があります。

例えば、きゅうりにはビタミンKが豊富に含まれており、これは骨の健康を維持するのに重要な栄養素です。

また、きゅうりにはカリウムも含まれており、これは血圧の管理に役立つとされています。

他の野菜と比較すると、トマトはリコピンが豊富で、心臓病や癌の予防に役立つとされています。
また、ほうれん草には鉄分が豊富で、これは赤血球の生成に必要な栄養素です。

野菜ごとの特色

きゅうりを含む各野菜が持つ独自の栄養特性について解説します。
きゅうりは、その水分量の多さから「水の野菜」とも称されますが、その一方でビタミンKやカリウムなど、他の野菜にはない独自の栄養価を持っています。

これらの栄養素は、骨の健康を維持したり、血圧を管理したりするのに重要です。

一方、トマトはリコピンが豊富で、これは抗酸化作用があり、心臓病や癌の予防に役立つとされています。また、ほうれん草は鉄分が豊富で、これは赤血球の生成に必要な栄養素です。

トマトの栄養に興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、トマトは栄養が豊富な食材です。数ある野菜の中でも人気が高く、手軽に食べられ、体に良い影響をもたらしてくれます。ではトマトにはどのような栄養が含まれているのか、この機会に知っておきま[…]

きゅうりに含まれるビタミンCとカリウムの効果

きゅうりは、そのみずみずしさと爽やかな風味で、さまざまな料理に欠かせない食材です。
しかし、その風味だけでなく、きゅうりにはビタミンCとカリウムという、私たちの健康にとって重要な栄養素が豊富に含まれています。

ビタミンCの効果

きゅうりに含まれるビタミンCとカリウムは、私たちの身体にとって非常に重要な役割を果たします。
ビタミンCは、抗酸化作用があり、免疫系の機能を強化し、皮膚や血管の健康を維持するのに役立ちます。

ビタミンCには、その他にどのような効果があり、不足すると健康にどのような影響があるでしょうか?
以下の記事でさらに詳しく解説しています。

カリウムの効果

きゅうりには、カリウムが豊富に含まれています。
カリウムは、細胞内液の浸透圧の調節や神経伝達、筋肉の収縮などさまざまな働きに関わるミネラルの一つです。

また、カリウムは、むくみや高血圧の原因ともいわれる過剰な塩分を体外に排出する役目を果たし、利尿作用も有しています。
これらの効果により、カリウムは心臓や筋肉、細胞など体内の重要な臓器の調節に必要な栄養素となります。

したがって、きゅうりを食べることで、これらの健康効果を享受することができます。

カリウムについてより興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

体の中には様々な栄養分があり、カリウムもその1つです。カリウムは普段の食事から十分に摂取が可能なため、不足や過剰摂取になることは少ないとされています。では、カリウムが不足したり過剰摂取になるとどのような症状が見られるのでしょうか?本[…]

スポンサーリンク

きゅうりの保存方法

きゅうりはその特性上、正しい保存方法を知ることが重要です。
鮮度を保つためには、適切な温度と湿度の管理が必要です。

ここでは、きゅうりを新鮮な状態で長持ちさせるための基本的な保存方法を紹介します。

常温保存のコツ

常温での保存は、比較的短期間の保存に適しています。
きゅうりは水分を多く含むため、乾燥を防ぐことが重要です。
キッチンペーパーや新聞紙で包み、冷暗所に立てて保存する方法が効果的とされます。

この方法により、きゅうりの鮮度を2日程度保つことができます。

冷蔵保存のポイント

冷蔵保存は、きゅうりを長期間保つのに適した方法です。
5日から7日程度の保存が可能です。

こでは、低温による傷みを防ぐためのポイントを紹介します。
キッチンペーパーで水分を拭き取り、ポリ袋に入れて野菜室で保存する方法が有効です。

冷凍保存の方法

冷凍保存は、最も長期間の保存が可能な方法です。
適切に処理すれば、1か月程度の保存が可能です。

スライスして塩もみした後、水気をしっかり絞り、ラップで包んで保存袋に入れることで、鮮度を保つことができます。

スポンサーリンク

きゅうりの栄養まとめ

ここまできゅうりの栄養についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • きゅうりは非常に低カロリーで、ビタミンCとカリウムを中心とした栄養を摂取できる
  • きゅうりは95%以上が水分で、カロリーが非常に少ないため栄養もないと誤解されているが、低カロリーと低栄養は同一でなく、きゅうりはしっかりと栄養を摂取できる
  • きゅうりは生で皮ごと食べると余すことなく栄養を摂取できる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク