ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>転職>看護師に転職するなら!看護師について知っておきべきことと転職準備

看護師に転職するなら!看護師について知っておきべきことと転職準備

現代社会では、多くの人々が自分のキャリアパスを再評価し、新たな挑戦を求めています。
その中で、「看護師」に転職を考える人が増えています。

看護師という職業は、人々の健康と直接関わる重要な役割を果たします。
そのため、この職業に対する尊敬と共感は、多くの人々から得られます。

しかし、看護師に転職することは本当に良い選択なのでしょうか?
それはどのような準備と努力を必要とするのでしょうか?

この記事では、看護師への転職について以下の点を中心に解説します。

  • 看護師の仕事内容と需要
  • 看護師に転職するメリット
  • 看護師に転職するためのステップ

ぜひ最後までお読みください。

看護師の転職サイトに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

看護師が転職時に利用すると便利な「看護師転職サイト」ですが、希望に合わない求人紹介をされる場合があります。担当者は、自分の将来を預ける相手になります。もし希望と違う求人が来た場合でも、上手にコミュニケーションをとって様々な求人を紹介し[…]

スポンサーリンク

看護師に転職することについて

看護師への転職は、多くの人々が考える重要なステップです。
看護師は医療現場で不可欠な役割を果たし、その需要は高まっています。

以下では、看護師の仕事とその需要について詳しく解説します。

看護師の仕事内容

看護師の仕事は、患者さんのケアを中心に行われます。

具体的には、医師の指示に基づいて治療を行ったり、患者さんの健康状態を観察したりします。

また、患者さんやその家族への情報提供も重要な役割です。

看護師は、医療チームの一員として、患者さんの生活の質を向上させるために日々努力しています。
看護師の仕事は、専門的な知識と技術を必要とするだけでなく、コミュニケーション能力や思いやりも求められます。

看護師の仕事は、医療現場での直接的なケアだけでなく、患者さんやその家族とのコミュニケーションチームワーク教育リーダーシップなど、多岐にわたります。

看護師の需要

近年、高齢者が増加するにつれて、看護師の需要はさらに高くなると予想されます。
特に、地方では看護師不足が深刻化しており、新たな看護師の確保が急務となっています。

また、看護師は医療現場だけでなく、在宅ケアや健康増進活動など、さまざまな場面で活躍することが期待されています。
これらの事情から、看護師への転職は、多くのチャンスと可能性を秘めています。

看護師としてのキャリアを追求することは、自己の成長だけでなく、社会貢献にもつながります。
看護師の需要は、今後も増加傾向にあると予想されます。

これは、看護師が果たす役割が多岐にわたり、そのスキルと経験が多くの分野で必要とされているからです。

看護師の転職方法についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

看護師の方がいざ転職したいと思っても、転職活動の仕方が分からないこともあります。結果、「転職自体を諦めた…」というケースも多くみられます。看護師の方が転職活動を成功させるには、どのような方法をとればよいのでしょうか。本記事では、看護[…]

スポンサーリンク

看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師は、医療現場で患者のケアを担当する重要な役割を果たします。
しかし、これら二つの職種は何が違うのでしょうか?

それぞれの職種がどのような役割を果たし、どのような違いがあるのかを詳しく解説します。

准看護師とは?

准看護師は、医師や看護師の指示に従って、患者のケアを提供する医療従事者です。
准看護師は、都道府県知事が発行する免許を取得することで資格を得ます。
そのため、准看護師の教育課程は比較的短期間で、中学卒業後に進学できる養成学校や高等学校の衛生学科で2年間の教育を受けることが一般的です。

准看護師は、病院やクリニック、介護施設などで活躍しており、その活躍の幅は非常に広いです。

准看護師の主な業務は、

  • 医師の診療補助
  • 患者の健康管理
  • 採血
  • 点滴の管理

などです。
しかし、准看護師は自分の判断で業務を行うことができず、業務を行う際は必ず医師か看護師から指示を受けなければなりません。

看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師の最大の違いは、資格の種類とその取得方法です。
看護師は厚生労働大臣の免許を取得するために、高校卒業後に看護大学や看護系の短大、専門学校に進学し、最低でも3年間の教育を受ける必要があります。

一方、准看護師は都道府県知事の免許を取得するために、中学卒業後に進学できる養成学校や高等学校の衛生学科で2年間の教育を受けることが一般的です。

また、看護師と准看護師の業務範囲にも違いがあります。
看護師は自分の判断で業務を行うことができますが、准看護師は医師や看護師の指示を受けて業務を行うことしかできません

この違いは、看護師が自ら計画し、実行することが求められる一方、准看護師は指示を受けて業務を行うことが前提とされているためです。

給与についても、看護師の方が准看護師よりも高く設定されています。
これは、看護師が国家資格を持ち、自己判断で業務を遂行できることから、給与が高い水準となっているためです。

以上のように、看護師と准看護師は、

  • 資格の種類
  • 教育課程
  • 業務範囲
  • 給与

など、多くの面で違いがあります。
しかし、どちらも医療現場で重要な役割を果たし、患者のケアを提供することに変わりはありません。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれ[…]

病院だけじゃない!看護師としての転職先

看護師としてのキャリアは、病院の壁を超えて広がっています。
多様な職場環境でスキルを活かすことができます。

以下では、その一部を詳しく解説します。

病院・診療所

病院や診療所は、看護師の主な職場です。
しかし、これらの施設は、一般的に想像される以上に多様です。
大規模な総合病院から、専門的な治療を提供する小規模なクリニックまで、看護師が活躍できる場は広範にわたります。

また、看護師の役割も、患者のケアから、医療チームとの連携、医療技術の適用など、多岐にわたります。
病院や診療所で働く看護師は、患者の健康状態を評価し、医師の指示に基づいて治療を行い、患者やその家族に健康状態や治療法について教えるなど、多岐にわたる業務を担当します。

訪問看護

訪問看護は、看護師が直接患者の自宅を訪れ、必要なケアを提供するサービスです。
この職種では、看護師は患者の日常生活に密接に関わり、その健康状態を維持・改善するための支援を行います。

訪問看護師は、患者だけでなくその家族とも深く関わるため、人間関係のスキルが求められます。
訪問看護師は、患者の自宅で直接ケアを提供するため、患者の生活環境を理解し、それに合わせたケアを提供する能力が求められます。

介護施設

高齢化社会の進展に伴い、介護施設での看護師の需要は増加しています。
介護施設では、看護師は高齢者の健康管理を担当し、医療スタッフと連携して患者のケアを行います。

また、看護師は、患者のQOL(Quality of Life)の向上にも寄与します。
介護施設で働く看護師は、高齢者の健康状態を評価し、必要に応じて医療スタッフと連携してケアを提供します。

また、高齢者やその家族に健康状態やケア方法について教えるなど、教育的な役割も果たします。

保育園

保育園でも看護師の役割は重要です。
子どもたちの健康管理はもちろん、怪我や病気の際の対応保護者への健康教育など、看護師の知識と技術が求められます。
子どもたちと接する機会が多いため、コミュニケーション能力や思いやりの心も大切です。

保育園で働く看護師は、子どもたちの健康状態を評価し、必要に応じてケアを提供します。

また、保護者に対しては、子どもの健康状態やケア方法についての教育的な役割を果たします。

看護師の病院以外の職場についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

看護師の職場といえば多くの人が病院を思い浮かべますよね。しかし、人々の健康や命を支える看護の仕事は、多くの場で必要とされており、病院以外にも様々な活躍の場があります。これから就職、転職を考えている看護師の方で、病院以外の職場[…]

スポンサーリンク

看護師に転職するメリット

看護師という職業は、その特性から多くのメリットを提供します。

特に、

  • 再就職や転職の容易さ
  • 高収入の可能性
  • 社会人としての経験を活かせる

などがあります。

以下では、これらのメリットについて詳しく説明します。

再就職・転職しやすい

看護師は医療業界で非常に需要の高い職種であり、そのため再就職転職がしやすいという大きなメリットがあります。
厚生労働省が定めた教育課程を修了し、看護師国家試験に合格すれば、社会人からでも看護師を目指すことが可能です。

また、看護師の仕事は地域によらず需要があり、都市部だけでなく地方でも働く機会が豊富にあります。
これは、看護師が医療チームの中心的な役割を果たし、患者のケアを担当するため、医療機関にとって看護師は不可欠な存在だからです。

さらに、看護師は様々な専門分野で活躍することが可能で、その経験とスキルは転職市場でも高く評価されます。
これらの要素が組み合わさることで、看護師は再就職や転職がしやすい職種となっています。

高収入

看護師は専門的なスキルと知識を必要とする職業であり、その報酬は一般的に高いとされています。

看護師の給与は、

  • 勤務地
  • 勤務形態
  • 経験年数

などにより異なりますが、一般的には安定した高収入を得ることが可能です。

また、看護師は夜勤休日勤務が多い職種であり、これらの勤務形態により手当が支給されるため、基本給以上の収入を得ることも可能です。
さらに、看護師は専門的な知識と技術を持つことから、その能力は高く評価され、それに見合った報酬が支払われます。

これらの要素が組み合わさることで、看護師は高収入を得ることが可能な職種となっています。

社会人経験を活かせる

看護師という職業は、社会人としての経験を活かす絶好の機会を提供します。
看護師は患者のケアを担当するだけでなく、患者やその家族、他の医療スタッフとのコミュニケーションも重要な役割を果たします。

これには、

  • 人間関係の構築
  • 問題解決
  • チームワーク

など、社会人としての経験が大いに役立ちます。

また、看護師は患者の心身の状態を観察し、適切なケアを提供する能力が求められます。

これには、

  • 観察力
  • 判断力
  • 忍耐力

など、社会人として培ったスキルが活かされます。

これらの要素が組み合わさることで、看護師は社会人としての経験を最大限に活かすことが可能な職種となっています。

看護師の転職時期について詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

看護師の方で、転職をお考えの皆さん、こんにちは。「転職をしたいけど今のタイミングってどうなんだろう・・・」と、お悩みの方もいらっしゃると思います。実際何年目の看護師さんが転職を考えていて、いつのタイミングで転職をするのが良いのでしょ[…]

健達ねっとECサイト

看護師に転職すると給料はどれくらいになる?

看護師としてのキャリアを積むことで、給料はどの程度変わるのでしょうか。

以下では、看護師が転職した場合の給料について詳しく解説します。

看護師の平均年収

看護師の平均年収は、勤務地や経験年数、専門性などにより異なります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、

  • 平均年収:約5,081,700円
  • 平均月給:約352,100円
  • 平均賞与:年間約856,500円

となっています。

また、看護師の年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。
しかし、これらの数値はあくまで平均であり、個々の看護師の給料は、その人が持つスキルや経験勤務地勤務形態などにより大きく変動します。

また、転職を機に給料が上がるケースもあります。
転職時には、自身のスキルや経験をアピールし、適切な給料を交渉することが重要です。

薬の使い方

看護師に転職したいなら!転職までのステップ

看護師という職業は、医療現場で患者さんのケアを担当し、その健康と生活の質を支える重要な役割を果たします。
そのため、看護師になるためには専門的な知識と技術が必要となり、それを身につけるための一連のステップを踏む必要があります。

ここでは、そのステップを詳しく解説します。

看護師免許の取得を目指す

看護師になるためには、まず看護師免許を取得することが必要です。
免許を取得するためには、大学や短期大学、看護師養成所などの専門の教育機関で3年以上の学びを経て、国家試験に合格する必要があります

学びの中で、人間や社会の仕組みを理解する基礎分野と、看護師になるために必要な専門分野を学びます。

また、看護師には医療に関する知識や技術だけでなく、患者の生活をサポートするための知識や技術、患者やその家族に向き合うコミュニケーション能力など、さまざまな要素が求められます。
これらの知識や技術を身につけるためには、専門的な教育が必要となります。

そのため、看護師免許を取得するためには、専門的な教育を受けることが必要となります。

准看護師資格を取得後、看護師免許の取得を目指す

准看護師とは、「医師や看護師の指導のもと」業務を行う職業で、看護師とは異なり、都道府県が行う試験に合格し、都道府県知事が免許を発行する資格です。
准看護師資格を取得した後、看護師免許を目指すことも可能です。

このルートを選ぶ場合、2年制の看護系学科やコースを修了し、その後、看護師養成所で2年間学ぶことになります。
このルートを選ぶことで、看護師になるための学びの時間を短縮することができます。

また、准看護師資格を取得することで、看護師になるための基礎的な知識や技術を身につけることができます。

社会人から看護師に転職するための費用

看護師になるためには、教育費用が必要です。
大学や短期大学、看護師養成所などの教育機関の学費は、一般的には数百万円程度となります。
しかし、政府や地方自治体、各種団体からの奨学金や給付金など、教育費用を補助する制度も存在します。

これらの制度を利用すれば、学費負担を軽減し、社会人から看護師への転職を実現することが可能です。

また、看護師になるための教育費用は、将来的に看護師として働くことで得られる収入によって回収することが可能です。
そのため、看護師になるための費用は、投資と考えることもできます。

現役看護師の実際の声!看護師のお仕事ってどうなの?

看護師という仕事は多くの人にとって、尊敬と共感の対象です。
しかし、その充実感や達成感と同時に、キャリアパスや仕事の継続に関する悩みも存在します。

レバレジーズメディカルケア株式会社が行った、看護師960人を対象とした「キャリアに関する意識調査」から見えてくる現役看護師のリアルな声をお届けします。

今のキャリアに悩みがある看護師は?

今のキャリアについて悩みがありますか?
ある57.5%
どちらかといえばある24.2%
ない10.2%
どちらかといえばない8.1%

調査によると、看護師のうち81.7%キャリアに関して何らかの悩みを抱えていると回答しています。
この高い割合は、看護師という職業が直面している課題の大きさを物語っています。

主な悩みの内容としては、人間関係の問題給与に関する不満が挙げられています。

また、結婚や出産などのライフステージの変化に伴う、今後のキャリアパスに関する不安も看護師たちが直面する大きな課題です。
これらの悩みは、働く環境の改善や、キャリア支援の充実が求められるところです。

看護師をずっと続けたいと思う?

ずっと看護師を続けたいと思いますか?
続けたいと思う
(とても思う、そう思う、どちらかといえば思う)
75.7%
わからない・どちらでもない18%
続けたいと思わない
(全く思わない、そう思わない、どちらかといえば思わない)
6.3%

看護師の仕事に対する情熱は、多くの現役看護師に共通する感情です。
調査結果では、75.7%の看護師が「ずっと看護師を続けたい」と回答しています。

この高い割合は、看護師という職業が多くの人にとってやりがいのある仕事なことを示しています。

看護師を続けたいと思う理由として、

  • 「看護師の仕事が好きだから」
  • 「苦労して取得した資格なので続けられる限り続けたい」
  • 「患者さんと接するのは楽しい」

といったポジティブな意見が多く寄せられています。
これらの声は、看護師としてのキャリアを充実させたいと考える多くの人々にとって、大きな励みとなるでしょう。

また、看護師としての長いキャリアを望む人々にとって、仕事の継続に対する不安や悩みを解決するための支援や環境の整備がますます重要になってきます。

ですが、看護師に転職してすぐに辞めたくなる可能性もありますよね。
看護師に転職後にすぐ辞めることについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

看護師が転職してすぐ辞めることについてご自身のキャリアアップやご自身に合った働き方ができるように看護師の人は転職に踏み切ることもあります。転職して満足している人もいれば、逆に「イメージしていたものと違っていた」などの理由から[…]

スポンサーリンク

看護師に転職についてよくあるQ&A

ここでは、よくある質問に答えていきます。

看護師の転職は難しいですか?

看護師のスキルは非常に需要が高いため、適切な準備とリサーチがあれば、転職は比較的容易です。

看護師の転職を考える適切な時期はいつですか?

これは個々の状況によりますが、一般的には、現在の職場での成長が停滞したと感じたり、新たな挑戦を求めているときが転職を考える良い時期かもしれません。

看護師として転職する際の重要な考慮事項は何ですか?

転職先の勤務時間給与福利厚生教育と研修の機会、そして職場の文化などを考慮することが重要です。

看護師の転職において、給与交渉は可能ですか?

はい、給与交渉は可能です。
しかし、それはあなたの経験、スキル、資格などに基づいています。

看護師の転職において、どのような資格が有利ですか?

特定の専門分野の認定資格(例えば、小児看護師や救急看護師など)を持つと、転職市場で競争力を持つことができます。

スポンサーリンク

看護師に転職まとめ

ここまで看護師への転職についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 看護師は、主に医師の指示に基づいて治療を行ったり、患者さんの健康状態を観察したりし、高齢者社会の今、需要は今後も増加傾向にあると予想される
  • 看護師に転職すると、再就職・転職しやすい、高収入、社会人経験を活かせるなどのメリットがある
  • 看護師に転職するためのステップとして、看護師免許の取得を目指す、准看護師資格を取得後、看護師免許の取得を目指すなどの方法がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク