ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>転職>看護師の転職ランキング|成功させるための方法とエージェント活用法

看護師の転職ランキング|成功させるための方法とエージェント活用法

看護師として働く方々の中には、自分のキャリアをより良くするために転職を考えているひともいるかもしれません。
しかし、多くの看護師さんがどの転職サイトを選べば良いのか迷っているともいわれています。

看護師の転職ランキングは、看護師の皆さんが転職サイトを選ぶ際の重要な参考情報です。
これにより、各サイトの求人数やサービスの質などを比較し、自分に適切なサイトを見つける手助けをしてくれます。

しかし、どのように転職ランキングや転職サイトを参考にし、選べば良いのでしょうか?

そこで、本記事では看護師の転職ランキングの活用方法について以下の項目を中心に解説します。

  • 看護師が転職する際の注意点やポイント
  • 美容業界への転職や看護師以外への転職について
  • ランキングや転職サイトの活用について

ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

【編集部厳選】看護師転職サイトおすすめ3選

看護師転職サイトにすぐに登録したい方は下記の3つから選ぶのがおすすめです。
求人数、その他各種転職サイトのサービスのメリット、デメリットを考慮した上でTOP3をあげました。
看護師転職サイトを選ぶ際の参考にしてください。

 

順位看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社

スポンサーリンク

看護師の転職ランキングとは

看護師の転職は、キャリアアップや働き方の改善を目指す看護師にとって重要なステップです。
業界の状況を考えると、看護師の需要は高まっており、転職市場は活発といわれています。

看護師が転職する重要性

看護師の転職は、個々の看護師が自分のキャリアパスを形成し、より良い労働環境を求めるための重要な手段です。
現在、医療業界は人手不足が深刻化しており、看護師の需要は増加傾向にあるとされています。

このような状況下で、看護師は自分のスキルや経験を活かし、より良い条件を求めて転職を考えることが多くなっています。

看護師の転職にある課題と解決策

看護師が転職を考える際、多くの課題が存在します。

例えば、

  • 新しい職場での人間関係の構築
  • 勤務形態の変更に伴う生活リズムの変化

などが挙げられます。

これらの課題を解決するためには、転職支援サービスの利用や、事前の情報収集が有効とされます。
また、自分の希望や条件を明確にし、それに合った職場を探すことも重要です。

おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれ[…]

看護師の転職サイトの選び方

看護師の転職は一生に一度か二度の大きな決断です。
そのため、転職サイトの選び方は非常に重要です。

以下に、その選び方のポイントと、使わない方がいい転職サイトの特徴とその対策について詳しく説明します。

看護師の転職サイト選び方ポイント

看護師が転職サイトを選ぶ際のポイントは、まずサイトの信頼性です。
信頼性は、サイトが提供する情報の正確さや、ユーザーのプライバシーをどの程度保護しているかなどで判断します。

また、サイトが提供する求人の数や種類、そしてそれらの求人が自分の希望や条件に合っているかも重要なポイントです。
さらに、サイトが提供するサポートの質や範囲、例えばキャリアアドバイスや面接対策なども考慮するべきです。

使わない方がいい転職サイトの特徴

使わない方がいい転職サイトの特徴として、そのサイトが提供する情報の信頼性が低いか、ユーザーのプライバシーを十分に保護していない場合があります。

また、求人の数や種類が少ない、または自分の希望や条件に合う求人が少ない場合も、そのサイトを使わない方がいいでしょう。

これらの問題を避けるための対策として、複数の転職サイトを比較検討し、自分のニーズに合ったサイトを選ぶことが推奨されます。
また、サイト選びだけでなく、自分自身のキャリアプランを明確にすることも重要です。

看護師転職サイトの選び方について、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

看護師の方が転職を行う際に便利なサービスとして看護師転職サイトを利用する方法があります。看護師転職サイトを利用することで手厚いサービスが受けられ、希望する条件に合った転職に繋がることもあります。そもそも看護師転職サイトとはどんな[…]

スポンサーリンク

編集部おすすめ!看護師の転職サイトランキング【Top10】

看護師転職に強い大手看護師転職サイト10サイトの、

  • 公開求人数
  • 口コミでの評価(星の数で評価)
  • 拠点の有無

看護師転職サイトランキングを作成しました!

看護師転職に強い転職サイトランキング

おすすめランキング看護師転職サイト名公式サイト特徴求人数運営会社
1位
レバウェル看護に登録
求人を探すやりとりはLINEで可能約120,000件レバレジーズメディカルケア(株)
2位
医療ワーカーに登録
求人を探す非公開求人が豊富約60,000件株式会社トライトキャリア
3位
ナースではたらこ
求人を探す残業や給与などの代理確認可能約97,000件ディップ株式会社
4位
マイナビ看護師に登録
求人を探す条件交渉や日程調整の代行可能約48,000件(公開求人数)株式会社マイナビ
5位
看護roo!に登録
求人を探す登録不要で求人を探せる約60,000件株式会社クイック
6位
ジョブメドレーに登録
求人を探す看護師以外の医療従事者の求人多数約37,000件株式会社メドレー
7位
看護プロに登録
求人を探す経験豊富なエージェント約8,000件(公開求人数)株式会社ローザス
8位
MCナースネットに登録
求人を探す病院以外の求人も豊富約14,000件株式会社メディカル・コンシェルジュ
9位
ナースジョブに登録
求人を探す逆指名システムあり約30,000件株式会社メディカルジョブセンター

1位:レバウェル看護(旧・看護のお仕事)

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
運営会社の営業時間9:00-21:00 (土日祝除く)
展開地域札幌、仙台、水戸、船橋、さいたま、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
(2022年4月現在、営業所含む)
求人数10万件以上
利用料金完全無料
求人職種正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応雇用形態正社員、契約社員、パート
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・年4000回を超える職場訪問で、働きやすさがわかる
・求人数10万件なので、妥協せずに自分にあった職場を探せる
・lineでの相談が出来るので、自分のペースで転職活動ができる
公式サイト
公式サイトはこちら

2位:医療ワーカー

運営会社株式会社 トライトキャリア
運営会社の営業時間平日9:30〜18:30
展開地域全国
求人数59743件(2023年02月13日現在)
利用料金完全無料
求人職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・短期・単発・夜勤専従
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・求人紹介(非公開求人含む)が多い
・専任アドバイザーによる無料サポートで履歴書添削、面接対策ができる
・面接の日程調整や給与・条件交渉の代行
公式サイト
公式サイトはこちら

3位:ナースではたらこ

運営会社ディップ株式会社
運営会社の営業時間※お問い合わせは専用フォームから
展開地域全国
求人数203,861件(2023年1月現在)
利用料金完全無料
求人職種正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・短期・単発・夜勤専従
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション・企業保育園
特徴・地方やクリニックの求人を多く扱っている
・看護師満足度第1位に選ばれたことがある
・転職者から医療機関へ求人確認ができる『逆指名制度』がある
公式サイト
公式サイトはこちら

4位:マイナビ看護師

運営会社株式会社マイナビ
運営会社の営業時間平日:9:30~20:30; 土曜:9:30~17:30
展開地域全国(拠点20ヵ所)
求人数47,123件(2023年1月現在)
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・短期・単発・夜間専従
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション・企業・保育園
特徴全国展開で都市部にも地方にも強く、病院以外の職場など求人の種類も豊富
・対面での面談を基本としており出張相談会やWeb面談も定期的に実施している
・一般企業や保育施設の求人も多く保有している
公式サイト
公式サイトはこちら

5位:看護roo!

運営会社株式会社クイック
運営会社の営業時間月~金曜日 9:00~18:00
展開地域全国対応(拠点4ヵ所) ※ただし関東・東海・関西限定の転職サポートあり
求人数60,365件(2023年1月現在)
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・短期・
単発・夜勤専従
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・病院や訪問看護の求人数が多いのが特徴
・担当業務別に求人検索ができる
・看護師と医療機関の採用担当者の双方を担当する「一気通貫システム」
公式サイト
公式サイトはこちら

6位:クラッチナース

運営会社株式会社クラッチコミュニケーション
運営会社の営業時間
展開地域全国
求人数11000件
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・単発・短期・
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・元大手転職エージェントのキャリアアドバイザーが立ち上げた近年急成長中の看護師転職サービス
・LINEで求人情報の確認や面接の日程・条件交渉などがカンタンに行える
・熟練の専任担当者がフルサポート
公式サイト
公式サイトはこちら

7位:ジョブメドレー看護師

運営会社株式会社メドレー
運営会社の営業時間平日午前9時から午後6時
展開地域全国
求人数25000件
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・事業所からのスカウト制度
・勤続支援金制度がある
・応募が事務所に届くためいち早く選考に進める
公式サイト
公式サイトはこちら

8位:MCナースネット

運営会社株式会社 メディカル・コンシェルジュ (Medical Concierge Co.,Ltd.)
運営会社の営業時間(月~金)9:00~18:00
展開地域全国(拠点25カ所)
求人数2万以上
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート・短期・単発・夜勤専従
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション・企業、 コールサンタ―、イベント、治験、健診、旅行添乗
特徴・医師が立ち上げた会社のため、現場に詳しい
・首都圏だけだはなく、北海道から沖縄までの単発求人が充実している
・常勤の求人数は大手に比べて少なめ。
公式サイト
公式サイトはこちら

9位:看護プロ

運営会社株式会社ローザス
運営会社の営業時間平日 10:00~21:00
土日 10:00~19:00
展開地域全国
求人数7000件
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・内部情報などのリアルな職場環境を熟知している
・看護師が選ぶ人材紹介会社No.1
・登録者限定でハローワーク非公開求人がある
公式サイト
公式サイトはこちら

10位:ナースジョブ

運営会社株式会社メディカルジョブセンター
運営会社の営業時間平日 9:30~19:00
展開地域全国(拠点5カ所)
求人数300000件
利用料金完全無料
求人職種正看護師・准看護師・保健師・助産師
対応雇用形態正社員・契約社員・パート
掲載施設病院・クリニック・介護施設・訪問看護ステーション
特徴・ママナース・扶養内求人が多い
・厚生労働省認可で安心
・ナースジョブだけの非公開求人あり
公式サイト
公式サイトはこちら
健達ねっとECサイト

看護師が転職するときのポイント

看護師としてのキャリアを次のステージに進めるためには、転職活動が重要な一歩となります。

ここでは、転職成功のためのポイントを3つ、具体的に解説します。

志望動機の作り方

志望動機は、自分がその職場で何を達成したいのかどのように貢献できるのかを明確にするための重要なステップです。

まず、自分のキャリアゴールを明確にし、それがなぜその職場で実現可能なのかを考えます。

次に、自分の経験やスキルがどのようにその職場に貢献できるのかを具体的に述べます。
最後に、その職場が提供する独自の価値や機会が自分の成長にどのように役立つのかを説明します。

履歴書の書き方

看護師の履歴書作成では、自分の経歴とスキルを正確に伝えることが重要です。

まず、基本情報を正確に記入します。

次に、学歴と職歴を明確に記述し、各職歴での主な業務と成果を具体的に書きます。
資格や研修の情報も詳細に記載します。

そして、自己PR欄では、自分の強みや特技、看護師としての熱意を具体的に述べます。

面接の対策

看護師の面接では、自分のスキルと経験をどのようにその職場に活かせるかを具体的に示すことが求められます。

面接前には、自分がその職場で何を達成したいのか、どのようにチームに貢献できるのかを明確にしておきます。

また、具体的な業務経験や事例を用意して、自分の能力を示す準備をします。
面接では、自分の考えを明確に伝えるだけでなく、質問に対するリスニングスキルも重要です。

薬の使い方

看護師以外の職種への転職

看護師のスキルと経験は、医療業界だけでなく、他の多くの職種でも非常に価値があります。
看護師が他の職種に転職することは、新たなキャリアパスを開く大きな一歩となります。

看護師以外の職種という選択肢

看護師の経験とスキルは、他の多くの職種で活用できます。

例えば、薬剤師や医療事務などの医療関連の職種、または一般企業の福利厚生部門や人事部門など、看護師の知識と経験が活かせる職種は数多く存在します。
薬剤師ならば、患者の薬物治療の管理と指導が主な仕事で、看護師の経験が直接活かせます。

一方、一般企業での福利厚生や人事の仕事では、看護師としてのコミュニケーション能力や人間理解が大いに役立ちます。

看護師以外の職種へ転職するメリットとデメリット

看護師から他の職種への転職には、様々なメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、

  • 新たなスキルの習得
  • キャリアの拡大
  • 働き方の多様化

などが挙げられます。
また、看護師の仕事が体力的に厳しいため、体力的な負担が軽減されることも大きなメリットといえます。

一方、デメリットとしては、

  • 新たな職種に適応するための学習コスト
  • 初期の給与が下がる可能性

などが考えられます。

しかし、これらのデメリットは時間とともに解消されることが多く、長期的に見れば看護師以外の職種への転職は有益な選択となることが多いです。

看護師から美容業界への転職

美容業界への転職は、自分のキャリアを新たな方向へと導く魅力的な選択肢です。
この業界は、技術だけでなく、お客様への接遇やサービス精神も重視されるため、多くの人々にとって興味を引く選択かもしれません。

美容業界への転職の流れ

美容業界への転職は、まず自分が何を求め、どのようなスキルを持っているのかを明確にすることから始まります。

次に、美容クリニックの種類(美容外科、美容皮膚科、脱毛クリニックなど)を理解し、自分がやりたいことが何かを確認します。

その後、求人情報をチェックし、自分の希望とマッチする職場を見つけます。
面接では、自分のスキルと美容業界での目標を明確に伝えることが重要です。

美容業界で求められるスキル

美容業界で求められるスキルは、専門的な知識と技術だけでなく、お客様への接遇スキルやコミュニケーション能力も含まれます。

具体的なスキルとしては、美容外科では手術の補助、美容皮膚科ではレーザーや注射を用いた施術、美容脱毛ではレーザー照射による脱毛などがあります。
これらのスキルは、実際の現場で経験を積むことで習得できます。

また、美容クリニックで働くメリットとして、

  • 夜勤がなく規則的に働けること
  • 高給与、福利厚生が整っていること
  • 働きながら美容に関する知識を深められること

などが挙げられます。

スポンサーリンク

看護師の転職エージェントの活用方法

看護師転職エージェントは、看護師の転職をサポートする専門のサービスです。
これらのエージェントは、看護師のキャリアパスを理解し、適切な転職先を見つけるための助けとなります。

転職エージェントの役割

看護師転職エージェントの主な役割は、看護師が自分のキャリア目標に合った転職先を見つけることを支援することです。

これは、

  • 看護師のスキル
  • 経験
  • 希望する勤務地や勤務形態

などを考慮に入れて、適切な求人を提供することを含みます。

また、エージェントは看護師が転職プロセスをスムーズに進めるためのアドバイスやサポートも提供します。

活用方法と注意点

看護師転職エージェントを活用する際の基本的なステップは、まずエージェントに登録し、自分のキャリア目標や希望する職場環境を明確に伝えることです。
エージェントはその情報を基に、適切な求人を探し出し、紹介します。

しかし、全てのエージェントが同じレベルのサービスを提供するわけではないため、エージェント選びは慎重に行うべきです。
また、エージェントから提案された求人が必ずしも自分に適切なものとは限らないため、自分自身で情報を確認し、判断することが重要です。

人材紹介会社について

看護師転職エージェントの中には、多くの求人を持つ大手のエージェントから、特定の地域や専門分野に特化した小規模なエージェントまで、さまざまなタイプのものがあります。

例えば、「レバウェル看護(旧:看護のお仕事)」や「ナース人材バンク」、「マイナビ看護師」などがあります。

レバウェル看護について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「レバウェル看護」は、看護の世界で新たなトピックとして注目を集めています。しかし、その具体的な内容や意義については、多くの人々がまだ理解していないかもしれません。レバウェル看護は、患者さんのリハビリテーションを看護の視点から支え[…]

スポンサーリンク

転職支援の進化と市場需要増|マッチングサービスの探求

現代の労働市場では、多様な職種での転職が活発に行われており、その過程を支援する多数の転職エージェントや人材派遣会社が存在します。
特に看護師などの専門職に特化したサービスは、そのニーズの高さから注目を集めています。

看護師専門の転職支援サービスは、専門性の高い知識を活用して、求職者と医療機関の双方に適切なマッチングを提供し、利用者からの評価も高いです。

これらのサービスは、求人情報の提供だけにとどまらず、

  • 履歴書の添削
  • 面接対策
  • 待遇交渉

といった転職活動全般をサポートすることで、忙しい職業人の時間と労力を節約します。

また、インターネットを利用した手軽なアクセス性も、これらのサービスが好評である理由の一つです。

未来に向けて、転職市場の需要はさらに高まると予測されています。
そのため、転職エージェントや人材派遣会社は、より洗練された技術を駆使して、個々の職業人のキャリアと生活スタイルに合致したサービスの提供を目指すことが期待されています。

こうした進化は、転職市場のさらなる活性化を促すことに繋がり、多くの職業人にとって有益な選択肢となるでしょう。

この動向は、今後も多くの関心を集めることになると考えられます。

(出典:オリコン顧客満足度ランキング – 満足度の高い『転職エージェント』『看護師転職』『ハイクラス・ミドルクラス転職』『人材派遣会社』『製造派遣』ランキング発表

スポンサーリンク

看護師の転職ランキングについてよくある質問:Q&A

以下では、看護師の転職ランキングについてよく調べられている疑問や質問をピックアップします。

看護師転職サイトのランキングはどのように決まるのですか?

看護師転職サイトのランキングは、

  • サービスの質
  • 求人数
  • 利用者の評価
  • サポート体制

など、さまざまな要素に基づいて決定されます。

ランキング上位の転職サイトを利用すべきですか?

ランキングは参考の一つですが、自分のニーズに最も適したサイトを選ぶことが重要です。
サイトの特徴や提供するサービスをよく調べ、自分の求める条件に合うか確認しましょう。

看護師転職サイトのランキングはどのくらい信頼できますか?

ランキングは多くの場合、客観的なデータと利用者のフィードバックに基づいています。
しかし、ランキングだけでなく、自分の経験や直感も大切にすることをおすすめします。

ランキング以外に看護師転職サイトを評価する方法はありますか?

はい、ランキング以外にも、ユーザーレビュー、口コミ、専門家の意見などを参考にするのをおすすめします。

看護師転職サイトのランキングが低い場合、そのサイトは避けるべきですか?

必ずしもそうではありません。
ランキングは一つの指標ですが、それが全てではありません。そのサイトがあなたのニーズに合っているかどうかが最も重要です。

看護師の転職ランキングまとめ

ここまで看護師の転職ランキングについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 看護師などを含む医療業界は人手不足により需要が増加傾向にあるとされている
  • 看護師転職サイトを選ぶ際は、サイトの信頼性、求人数、サービス内容、ユーザー評価を考慮するべき
  • 看護師以外にも薬剤師や医療事務、美容クリニックへ転職する選択肢もある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク