ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>介護お役立ち記事>在宅介護>介護脱毛はするべき?メリットや適切な時期など幅広く解説!

介護脱毛はするべき?メリットや適切な時期など幅広く解説!

男性女性問わず、脱毛を検討したことがある方も多いと思います。
実は最近、介護脱毛が注目を集めていることをご存知でしょうか?

特に40代から50代の方の間で「介護脱毛」を受けている方は増えています。

「介護」と「脱毛」には一体どのような関わりがあるのでしょうか?

本記事では、介護脱毛について以下の点を中心にご紹介します。

  • 介護脱毛とは
  • 介護脱毛のメリット
  • 介護脱毛のデメリット
  • 介護脱毛をする適切な時期

将来介護が必要となったときのためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

関連記事

日本では、介護の需要が高まっているのが現状です。介護に関して不安ばかりという方も多いのではないでしょうか?介護保険制度を活用すれば、さまざまなサービスを利用できます。今回は、介護するときの流れについて以下の点を中心にご紹[…]

介護をする画像

スポンサーリンク

介護脱毛とは


介護脱毛について詳しく見ていく前に、「介護脱毛が何か分からない」と感じている方もいると思います。

そもそも介護脱毛とは、将来介護が必要となったときに備え、アンダーヘア(陰毛)を脱毛することをさします。

介護脱毛は必ず行わないといけないものではありません。
しかし、施術を行っていると将来「介護される側」の方も「介護する側」の方も、両者にとってそれぞれメリットがあります。

スポンサーリンク

介護脱毛のメリット


介護脱毛を施術することで、具体的にどのようなメリットを受けることができるのでしょうか。
ここからは、
「介護する側」と「介護される側」のそれぞれのメリットについてご紹介していきます。

介護する側のメリット

まずは「介護する側」のメリットを挙げていきます。

負担軽減

介護脱毛の効果を実感することができるのは、多くの場合が「排泄をケアするとき」であるといえます。

例えば、紙パッドや紙おむつの中ですでに排泄されている場合、拭き取りや陰部洗浄でケアすることが多いです。
アンダーヘアの汚れは落ちにくいので、場合によってはかなり時間がかかってしまうでしょう。

さらに、施設で働く介護者の場合、同じ時間帯に排泄ケアを行わなければならない入居者の方が複数人いることも珍しくはありません。
そのため、介護者が負担を感じてしまう可能性があります。

しかし、介護脱毛を行っていると排泄ケアを行いやすくなるため、介護者の負担を軽減することができます。

肌の状態をチェックしやすい

排泄ケアと併せて、介護者は紙パンツや紙おむつが当たっている部分などの肌の状態も確認します。

しかし、アンダーヘアが何もケアされていない状態だと肌の状態が見にくいため、チェックがしにくいです。
そうなると、トラブルを見逃してしまう可能性があります。

介護脱毛を行っていると肌の状態が見やすくなるため、肌のトラブルを見逃してしまうリスクを減らすだけでなく、早めの治療に繋げることも可能となります。

感染症のリスクが減少

アンダーヘアの汚れは落ちにくいですが、デリケートゾーンは肌が弱いです。

そのため、例えばこすって落とそうとする際にかかる圧や摩擦によって、傷や内出血などのトラブルが起きる可能性があります。

また、アンダーヘアに残った汚れから雑菌が繁殖し、尿路感染症のリスクも高くなってしまうので注意が必要です。
介護脱毛を行っているとスムーズで清潔な排泄ケアが行いやすくなるため、感染症を引き起こすリスクを軽減させることができます。

関連記事

「介護するのは大変だ」「もっと楽な方法はないものだろうか」このようなお悩みを持つ介護者はとても多くいらっしゃいます。介護技術とは、介護される方だけでなく介護する方にとって負担を減らし、大きなメリットをもたらしてくれるものです。介[…]

介護される側のメリット

次は介護される側のメリットを挙げていきます。

肌トラブルの予防

デリケートゾーンの肌にトラブルが起きると、些細な傷であっても不快に感じるものです。
また、汚れが落ちないなどの理由で排泄介護に時間がかかり、デリケートゾーンに摩擦や圧を受けるのも、介護される側にとってかなりの負担となります。

しかし、介護脱毛により肌が見やすくなることで、肌トラブルに早めに気づいてもらえるようになるので、肌トラブルの悪化を防ぐことができます。

かゆみやにおいの軽減

デリケートゾーンに排泄などの汚れが残っていると、刺激となってかゆみが起きることがあります。
また、アンダーヘアに絡みついた汚れが長時間付着し、蒸れることによって雑菌が繁殖し、においの原因となる可能性もあります。

不快な状態で長時間過ごすのは辛いので、ソワソワやイライラの原因となってしまう可能性も否定できません。

しかし、介護脱毛を行っているとかゆみやにおいを軽減させることが可能となりますので、快適に過ごせるようになります。

おすすめ記事

自宅での自立した生活を援助することを居宅介護支援と言います。少子高齢化が進む日本で、居宅介護支援は重要な役割を担っています。居宅介護支援事業所とはどのような役割を持つのでしょうか?また、どのようなサービスを提供するのでしょうか?[…]

介護脱毛のデメリット

ここまで介護脱毛のメリットを挙げてきましたが、実はデメリットもあります。
両方を知った上で利用を検討いただければと思いますので、次はデメリットをご紹介します。

脱毛中は多少の羞恥心を伴う

介護脱毛は、クリニック(医療機関)やサロンなどで施術してもらえますが、脱毛してもらうには医師にデリケートゾーンをみせる必要があるため、羞恥心を伴う方も多いでしょう。

しかし、クリニックでは下半身にタオルをかけるなどの対策を行っているので、安心して利用することができます。

照射に痛みを伴う

レーザーなどでアンダーヘアに刺激を与えることで脱毛を施術します。

特にデリケートゾーンは皮膚が薄いうえに痛みも感じやすいため、照射時は痛みを伴います。
したがって、痛みを感じることを考慮し、脱毛を申し込むようにして下さい。

時間や費用がかかる

脱毛は一回の施術で終わらないことが多いですので、時間と費用がかかります。

具体的な目安をまとめておりますので、以下を参照ください。

場所一回の費用合計費用
クリニック(レーザー脱毛)1万~5万円/回5万~30万円/5~6回
サロン(光脱毛)1万~2万円/回11万~24万円/11~12回

施術を依頼するお店によって金額や通う回数は変わってきますが、少なくとも5回以上は通うことが多いです。
金額も最低で5万円以上かかることが分かります。

時間や費用がかかることも考慮したうえで、利用を検討することをおすすめいたします。

スポンサーリンク

医療脱毛がおすすめ


きちんとした効果を得たい方には医療脱毛がおすすめです。
医療脱毛は、医療用レーザー脱毛器で施術を行うため、照射の痛みは強いですが、しっかりとした効果を得ることができます。

また、クリニックで施術を行うと医師や看護師が必要に応じて麻酔の使用や黒ずみケアを行ってくれます。

効果とアフターケアの充実度を重視している方には医療脱毛がおすすめです。

健達ねっとECサイト

介護脱毛をする適切な時期は?


一体いつ介護脱毛をしたら良いのかを悩んでいる方もいると思います。
ここからは介護脱毛に適した年齢などについてご紹介します。

適した年齢

介護脱毛を行うタイミングは、いつでも良いわけではありません。
脱毛には時間がかかるため、早めに終わらせておくに越したことはありません。

事実、45歳くらいから介護脱毛を始める方はかなり多いです。
40〜50代は介護をされるには早い年齢ですが、いつ病気が発覚し介護が必要になるのか分かりません。

不安要素を減らしておくためにも、早めに介護脱毛をすることがおすすめです。

アンダーヘアが白髪になる前に

早い方だと40歳前後でアンダーヘアに白髪が生え始めますが、一般的な脱毛器は白髪を脱毛してくれないので、注意が必要です。

そもそも脱毛器は、黒い色素である「メラニン」を認識して脱毛処理を行います。
しかし、白髪にはメラニンが含まれていないため、脱毛が難しくなります。

白髪を脱毛する施術が全くないわけではありませんが、「レーザー脱毛」や「光脱毛」以上に費用と時間がかかってしまう場合が多いです。

そのため、アンダーヘアが白髪になる前に施術されることをおすすめいたします。

薬の使い方

VIOは全て介護脱毛するべき?


正直「どこまで脱毛すべきなのか」を悩む方が多いと思います。

まず、ムダ毛がないと排泄しやすい部分を「Vライン」「Iライン」「Oライン」の中で順位を付けましたので、ご覧ください。

1位:Iライン
2位:Oライン
3位:Vライン

特に、IラインとOラインは汚れが絡みやすい位置にあります。
排泄時に介護の負担を軽減させるための脱毛をお考えの方は、IOラインの脱毛がおすすめです。

備考ですが、VIOはそれぞれ以下のような部分のことを指しますので、あわせて覚えておくことをおすすめします。

・Vライン:へそよりも少し下側に位置する両側の「腰骨」と「股」を、太ももの付け根に沿いながら三角に結びます。
三角の内側に位置している部分を「Ⅴライン」と呼びます。

・Iライン:太ももに沿っている部分から膣の両サイドの部分を「Iライン」と呼びます。
Iラインは、VラインとOラインの間にあります。

・Oライン:肛門のまわりの部分を「Oライン」と呼びます。

おすすめのセルフムダ毛ケア光美容器【YA-MAN レイボーテヴィーナス ビューティープラス】

YA-MANのレイボーテヴィーナス ビューティープラスのおすすめポイント

業務用機器メーカーが新発想で造り出した、2023年の最新モデルの機器を今回は紹介していきます。
おすすめのポイントがたくさんありますので、3つほど厳選してお伝えしたいと思います。

ぜひ、参考にしてください。

安全性・信頼性の高いブランド

YA-MANは光美容器の部門で、全国有力家電量販店の販売実績集計の結果2年連続1位を獲得している実力のある美容機器メーカーです。
また、実際に使用後も満足いかなければ90日間は全額返金の保証もありますので安心ですね。

痛みが少ないムダ毛ケア方法

光の波長は様々あり、その中でヤーマンは580nm付近の波長を含んだ、 キセノンフラッシュを使用しています。

フェイシャルアタッチメントはカットフィルター搭載で、低刺激で顔のムダ毛ケアが可能。
VI・Oアタッチメントは医師監修フィルターの優しい光でデリケードゾーンをケアが可能です。

自宅で手軽にできる

使いやすさにこだわって開発された機器なので、コードレスはもちろんのこと、防水(IPX7)も備わっているので家で使用の際はリビングやお風呂など場所を問わず使用が出来ます。
また、管理専用アプリと連携することでケア日やケアの箇所を記録することも可能です。

レイボーテヴィーナス ビューティープラスの効果的な使い方

充電式コードレスなので、気になったときにサッと使用も出来ます
防水(IPX7)なので、お風呂で肌が濡れてる状態でシェービングし、その後、清潔な状態で照射するのもおすすめです。

また、VIOケアに適した光を照射する医師監修カットフィルターを搭載しているのでデリケートな部位もケアしてくれます。

介護を見据えてレイボーテヴィーナス ビューティープラスでムダ毛ケアを始めよう

2023年3月3日(金)〜2023年2月28日(水)

上記期間に応募することで、90日間全額返金保証キャンペーンが利用できます。
期間に余裕はありますが、いつ終了するかわからないお得なキャンペーンなので迷っている方はぜひHPから応募用紙のダウンロードをしましょう。

YA-MAN オンラインサイト
公式サイトはこちら

スポンサーリンク

介護脱毛におすすめのクリニック5選!

介護脱毛を行うのにおすすめのクリニックを5つご紹介します。

痛みなしでVIO医療脱毛ができる!『ブリリアスキンクリニック』

ブリリアスキンクリニックは女性のVIO専門の医療脱毛クリニックです。
VIOなしの全身脱毛・顔のみの脱毛にも対応していますが、ユーザーのおよそ8割の方はVIO脱毛をプラスしています。

他のクリニックにはない特徴は、生理中も施術OKな点です。
生理中の施術を希望する場合は、タンポンの利用が条件となります。

ブリリアスキンクリニックのVIO脱毛は、痛みが少ないのも魅力の1つです。
痛みが少ない理由は、蓄熱式の最新脱毛機器を採用しているからです。

個人差はありますが、施術中は痛みというより、ほんのりと温かみを感じる程度です。
毛包にはしっかりアプローチするため、痛みはなくとも脱毛効果は抜群です。

ブリリアスキンクリニックでは施術時の麻酔にも対応しています。
「やっぱり痛みが気になる…」という方は、遠慮なくスタッフに相談してみましょう。

ブリリアスキンクリニックでは、施術後のアフターケアも万全です。
使用するのはVIO専用クリームで、気になる黒ずみなどもしっかりケアしてくれます。

ブリリアスキンクリニックの施術室は全室個室です。
プライバシーが気になるという方にも安心してご利用いただきやすいクリニックです。

公式サイトはこちら

【VIO付き】全身医療脱毛ならジェニークリニック!

医療用最新の蓄熱式レーザー脱毛機を導入し「痛くない最短60分脱毛」を可能にしました。
月々4,900円から始められる低価格で、2ヵ月に1度の通院でOK!

アクセスの良い横浜・新宿・池袋の駅近くにクリニックを構え、最短8ヶ月で全身脱毛を完了することができます。
医療従事者がお肌の状態を判断してくれるので、ひとりひとりに合った全身脱毛の施術を受けることができます。

公式サイトはこちら

医療脱毛のジュノ ビューティークリニック

全身脱毛が月々1,500円(税込)で通院できるうれしい低価格が魅力のクリニックです。
追加料金が不要で、施術期間の途中でも満足した場合は「途中解約」もOKです。

医師の診察やカウンセラーによるひとりひとりに合うプラン提供などサービスも充実しています。
熱破壊式と蓄熱式の切り替え可能な医療脱毛機を導入し、痛みを軽減しながらも太い毛や産毛の除去もしっかり効果を発揮します。

公式サイトはこちら

【アリシアクリニック】

アリシアクリニックの最新の医療レーザー脱毛機は、毛の太さに合わせ照射するため、従来の脱毛機よりも1〜2回少ない施術で同等の効果が期待できます。

VIO脱毛を含めた月々2,500円で全身脱毛が可能で頭金の必要もありません。
「行きたい時に行ける」予約のしやすさと、当日キャンセルの場合でも「キャンセル料0円」で安心です。

医療脱毛の専門として12年の実績と、全国22医院を展開し通院のしやすさも人気です。

公式サイトはこちら

脱毛効果なら「医療脱毛」の美容クリニック【ルシアクリニック】

ルシアクリニックの魅力は、医療従事者によって承認を受けた脱毛機器による施術を受けることができ、久賀の高さと安産性が保障されている点にあります。
また、一度の施術で全身照射するため、結果的に低コストかつ忙しい方など頻繁に通院できない方におすすめです。

オープン以来人気急上昇中で、口コミでも高評価を獲得しており、今後も関東エリアを中心に新店舗を開設する予定です。

公式サイトはこちら

スポンサーリンク

介護脱毛を希望する理由は?

介護脱毛を希望する理由には、男性は最期まで自分らしく生きたいという理由があります。
女性は、おむつ着用による不衛生を防ぎたいという理由があります。

介護脱毛を希望されるのは、主に女性の方でした
しかし、近年では介護脱毛を行ったパートナーからのすすめや、テレビをきっかけに知り、介護脱毛を希望される男性も増加傾向にあります。

また、最近の傾向では快適に衛生的に過ごしたい、少しでも綺麗に整えておきたいなど美を追求する方が増えています。

年齢などに関係なく脱毛に対する抵抗は少なくなりつつあります。
介護脱毛をするという選択肢が当たり前になる日がくるかもしれません。

スポンサーリンク

介護脱毛のまとめ

まとめ
ここまで、介護脱毛についてお伝えしました。
記事のポイントをおさらいすると以下の通りです。

  • 介護脱毛とは、将来介護が必要となったときに備え、アンダーヘア(陰毛)を脱毛すること
  • 介護脱毛のメリットは負担と肌トラブルが減ること
  • 介護脱毛のデメリットは施術に羞恥心と痛みを伴い、時間と費用がかかること
  • アンダーヘアが白髪になると脱毛器が反応しなくなるため、早めの施術がおすすめ

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク