ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>認知症の症状>一過性全健忘とは:適切な対処法や体験談を紹介

一過性全健忘とは:適切な対処法や体験談を紹介

スポンサーリンク

一過性全健忘について

「一過性全健忘」は、個人が突然、自分の過去の記憶を失い、新しい情報を記憶できなくなる種類の記憶喪失を指します。
多くの人々がその存在を知らず、経験した場合には混乱や恐怖を感じるかもしれません。
しかし、その性質や対策方法についての知識が不足していると、適切な対応をとることが困難になります。
本記事では、以下の点を中心に「一過性全健忘」について詳しく解説します。

  • 一過性全健忘の症状
  • 一過性全健忘の原因と対策
  • 一過性全健忘の予防

この記事が、一過性全健忘についての理解を深める手助けになれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

一過性全健忘とは

一過性全健忘は、頭部の外傷を原因とせず、一時的に新たな記憶が形成できなくなる状態を指します。
自分自身や家族の名前、職業、年齢などの基本的な情報は覚えているものの、現在自分がどこにいて何をしているのかがわからなくなるという記憶障害が主な症状です。
この症状は通常24時間以内に自然に回復しますが、発症中のできごとを思い出すことはほとんどありません。

一過性全健忘の定義

一過性全健忘は、新たな記憶が一時的に形成できなくなる状態を指します。
この症状は頭部の外傷などの物理的な原因ではなく、脳の特定の部分、特に記憶や学習能力に関わる海馬の機能が一時的に停止することで発生します。
この状態は通常、24時間以内に自然に回復しますが、発症中のできごとを思い出すことはほとんどありません。
再発することは少ないですが、脳梗塞やてんかんなど他の重大な病気が隠れている可能性もあるため、注意が必要です。

一過性全健忘の特徴

一過性全健忘の主な特徴は、自分や家族の名前、職業、年齢などの基本的な情報は覚えているものの、現在自分がどこにいて何をしているのかがわからなくなるという記憶障害です。
発症している間は、自分が何をしているのかを記憶することもできません。
そのため、自分が何をしていたか人に尋ね続けたことで一過性全健忘が発覚することもあります。

また、この病気は中年以降の男性に多く見られます。

一過性全健忘の症状と発作

一過性全健忘の症状は突然発生し、その特徴的な症状は新しい記憶が全く形成できなくなることです。
発作は通常数時間から24時間以内に自然に解消しますが、その間に失われた記憶は一生戻らないことが多いです。
この症状は非常に恐ろしいと感じる人も多いですが、適切な対処法を理解することで、その恐怖を軽減することが可能です。

一過性全健忘の主な症状

一過性全健忘の主な症状は、新しい記憶が全く形成できなくなることです。
具体的には、「今日は何日か」「今何をしていたか」ということを繰り返し尋ねる、同じ質問や言葉を繰り返す、時間や場所についての混乱が見られるなどの症状があります。

一過性全健忘の発作

一過性全健忘の発作は、突然新しい記憶が全く形成できなくなる状態を指します。
この発作は通常、数時間から24時間以内に自然に解消します
しかし、発作が解消した後も、発作中に失われた記憶は一生戻らないことが多いです。
この発作は多くの人が生涯に一度しか経験しないもので、画像検査では異常なしとされ、治療は通常不要とされています。

一過性全健忘が怖いと感じる理由と対処法

一過性全健忘が怖いと感じる理由は、突然新しい記憶が全く形成できなくなるという症状と、その間に失われた記憶が一生戻らないという事実によるものです。
このような状況は非常に不安を感じるもので、自分の身に何が起こったのか理解できないため、恐怖を感じることがあります。
対処法としては、まずは落ち着いて深呼吸をすること、周囲の人に症状を伝えて支えてもらうこと、必要であれば専門の医師に相談することが推奨されます。

また、再発防止のためにはストレス管理や健康的な生活習慣の維持も重要です。

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

スポンサーリンク

一過性全健忘の原因

一過性全健忘の原因は完全には解明されていませんが、いくつかの可能性が提唱されています。
原因は、脳の特定の部分、特に記憶に関わる海馬の機能が一時的に停止することで発生すると考えられています。

また、ストレスや激しい運動、入浴などによる静脈うっ滞が一過性全健忘を引き起こす可能性も指摘されています。

一過性全健忘の主な原因

一つは、脳の海馬という部分が一時的に機能を停止することです。
海馬は記憶の形成に重要な役割を果たしており、この部分が機能しなくなると新たな記憶が形成できなくなります。

また、静脈うっ滞という現象も一過性全健忘の原因として考えられています。
これは、激しい運動や入浴、精神的なショックなどにより血流が一時的に停滞する状態を指します。
この静脈うっ滞が海馬の機能を一時的に停止させ、一過性全健忘を引き起こすと考えられています。

ストレスと一過性全健忘の関連性

ストレスは一過性全健忘の発症に影響を及ぼす可能性があります。
ストレスが高まると、体は「戦うか逃げるか」の状態に入り、結果として血流が一時的に停滞する静脈うっ滞が起こることがあります。
この静脈うっ滞が脳の海馬の機能を一時的に停止させ、一過性全健忘を引き起こすと考えられています。

また、ストレスは脳の化学物質のバランスを崩すこともあり、これが記憶の形成に影響を及ぼす可能性もあります。
したがって、ストレス管理は一過性全健忘の予防にも役立つと言えるでしょう。

関連記事

一定期間の記憶が抜け落ちる記憶障害。認知症や貧血、脳腫瘍など、原因は様々です。その中で、日々のストレスが記憶障害の原因になり得ることをご存知ですか?本記事では、記憶障害とストレスの関係性について以下の内容を中心に解説します。[…]

健達ねっとECサイト

一過性全健忘の体験談

一過性全健忘は、突然発症し、数時間から24時間程度で自然に解消する珍しい症状です。
その間、新たな記憶を形成できず、発症中の記憶も失われます。
しかし、再発率は低く、他の脳障害を引き起こす可能性も低いとされています。
ここでは、一過性全健忘を経験した人々の体験談を紹介し、その経験から学べることを解説します。

一過性全健忘の経験者の体験談紹介

一過性全健忘を経験したある男性は、母親が突然、自分が送った荷物のことを全く覚えていないという状況に遭遇しました。
彼はその状況を認知症の初期症状と思い込み、大いに動揺しました。
しかし、母親が受けた検査の結果、その症状は一過性全健忘であることが判明しました。
彼はその結果に安堵し、母親の健康に対する見守りを改めて誓いました。

一過性全健忘が繰り返す場合の対処法

一過性全健忘は再発率が低いとされていますが、もし繰り返す場合は、まず医療機関に相談し、必要な検査を受けることが重要です。

また、ストレスを避ける、十分な休息をとる、健康的な生活習慣を保つなどの生活改善も効果が期待できます。
特に、一過性全健忘の発症はストレスが関連していると考えられているため、ストレス管理は重要と言えます。

一過性全健忘を経験した後の生活

一過性全健忘を経験した後も、日常生活に大きな影響はありません。
しかし、その経験は自身の健康状態に対する意識を高めるきっかけになります。
例えば、前述の男性の母親は、一過性全健忘の経験を通じて、自身の健康に対する意識を改めて高め、より健康に気をつけるようになりました。

また、家族間のコミュニケーションも増え、家族全員が互いの健康状態を気にかけるようになったと言います。

薬の使い方

一過性全健忘の治療法

一過性全健忘は、突然発症する記憶障害で、特に中高年に多く見られる現象です。
その特徴的な症状は一時的なもので、多くの場合、数日で完全に回復します。
しかし、その原因は多様で、けいれん、片頭痛、脳梗塞や静脈性のうっ滞などが関与することがあります。

一過性全健忘の治療法と、治療後の生活について詳しく解説します。

一過性全健忘の治療法

一過性全健忘の治療法は、その原因によりますが、多くの場合は経過観察が主となります。
突然の逆行性・前行性健忘を認めた場合はすぐに病院を受診し、脳神経内科で脳梗塞などの原因がないか精査をすることを推奨します。
検査では、磁気共鳴画像診断装置(MRI)により海馬に異常が見つかることが多く、脳波の検査も行い、てんかんなどの他の病気と見分けます。

治療後の生活と対処法

一過性全健忘の治療後の生活は、大きな制限なく過ごすことが可能です。
しかし、再発した場合には内頸(けい)静脈弁不全などの可能性も考えられるため、定期的な医療機関でのチェックが必要となります。

また、一過性全健忘は心理的なストレスや激しい運動などが誘因となることもありますので、ストレス管理や適度な運動が重要となります。
健康的な生活習慣を心がけ、再発予防に努めましょう。

関連記事

出来事や思い出がすっぽりと抜け落ちていく記憶障害。一口に記憶障害といっても、種類によって症状や原因は様々です。その中でも、意味記憶障害についてご存知でしょうか?本記事では、意味記憶障害についてご紹介します。意[…]

一過性全健忘についてのよくある質問

Q:一過性全健忘はどのくらいの頻度で発生しますか?

A:一過性全健忘は比較的稀な状態で、全人口の約0.1%に影響を与えると推定されています。
特に50歳以上の人々に多く見られます。

Q:一過性全健忘の主な症状は何ですか?

A:一過性全健忘の主な症状は突然の短期的な記憶喪失で、患者は新しい情報を記憶したり、近過去のできごとを思い出したりできなくなります。
しかし、自己認識や他人の認識、言語能力等、その他の認知能力は通常影響を受けません。

Q:一過性全健忘はどのように診断されますか?

A:一過性全健忘の診断は主に臨床的なもので、医師は患者の症状や経過、身体検査や脳の画像検査などの情報を基に診断します。

Q:一過性全健忘は治療可能ですか?

A:一過性全健忘はその名の通り一過性のもので、多くの場合、数時間から24時間以内に自然に解消します。
特別な治療が必要な場合は少なく、大切なのは患者の快適さを確保することです。

Q:一過性全健忘を予防する方法はありますか?

A:一過性全健忘の具体的な原因はまだ完全には解明されていないため、特定の予防策を提供するのは難しいです。
しかし、一般的に健康的なライフスタイルを維持し、ストレスを管理し、十分な休息をとることで脳の健康を維持することは可能でしょう。

スポンサーリンク

一過性全健忘まとめ

ここまで一過性全健忘についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 一過性全健忘とは一時的に新たな記憶が形成できなくなる状態
  • 一過性全健忘は脳の海馬という部分が一時的に機能を停止することで起きる
  • 一過性全健忘の予防としてストレス管理や健康的な生活習慣が重要

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク