ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>認知症を学ぶ>認知症の症状>解離性健忘症とは?症状や原因、種類についても解説!

解離性健忘症とは?症状や原因、種類についても解説!

スポンサーリンク

解離性健忘症について

「解離性健忘症」という言葉を聞くと、一部の人々は不安や混乱を覚えるかもしれません。
この症状は、個人の記憶が一時的に消失し、何が起こったか、自分が誰なのか、または自分がどこにいるのかさえ思い出せなくなる、まさに「記憶喪失」の一形態です。

解離性健忘症は、どの年齢層の人々にも影響を及ぼす可能性があり、原因はストレス、トラウマ、脳の損傷などさまざまです。
しかし、この現象についての知識が不足していると、適切な対策を講じるのは困難になります。

本記事では、以下のような観点から解離性健忘症について詳しく説明します。

  • 解離性健忘症の症状
  • 解離性健忘症の原因と対策
  • 解離性健忘症の予防

この記事が、解離性健忘症についての理解に役立つと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

解離性健忘症とは

解離性健忘症は、特定の出来事や期間の記憶が失われるという症状を主に示す精神的な疾患です。
この病状は、通常、心的外傷や強いストレスを伴う出来事の後に発生します
解離性健忘症は、その特性や症状、原因、治療法など、多くの面で他の健忘症とは異なります。

解離性健忘症の特徴

解離性健忘症は、通常、心的外傷や強いストレスを伴う出来事の後に発生し、その出来事に関する記憶が部分的または完全に失われる症状を示します。

この病状は、器質的脳障害、中毒、あるいは過度の疲労が存在しない状況で発生します。

解離性健忘症にはいくつかの形態があり、その中には限局性健忘、選択的健忘、全般性健忘などが含まれます。
これらの症状は、臨床的に意味のある苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こすことがあります。

解離性健忘症と他の健忘症との違い

解離性健忘症は、特定の出来事や期間の記憶が失われるという特性を持つ一方で、他の健忘症とは異なり、その原因は心的外傷や強いストレスによるものであることが多いです。

また、解離性健忘症は、記憶の失われ方によっていくつかの種類に分けられ、それぞれが異なる症状を示します。

これに対して、他の健忘症は、通常、脳の物理的な損傷や疾患、または加齢によるものであり、記憶の喪失は一般的に広範で一貫しています。

関連記事

年を取ると忘れっぽくなるのはなぜでしょう。私たちの脳は、どのようにして記憶するのでしょう。記憶のメカニズムはとても複雑です。 本記事では記憶のメカニズムについて以下の点を中心にご紹介します。  なぜ忘れてしまうのか[…]

解離性健忘症の症状

解離性健忘症は、自己感覚の喪失や現実感の欠如など、自分が自分であるという感覚が失われる状態を指します。
この症状は、ある時期の記憶が全く思い出せない、いつの間にか自分の知らない場所にいる、もう一人の自分が話したり行動したりすることを眺めるなど、生活のさまざまな面で支障をきたすことがあります。

解離性健忘症の主な症状

解離性健忘症の主な症状は特定の時間や出来事についての記憶の欠落です。
これは突然起こり、一時的かつ一部の記憶に限定されることが多いです。

記憶の欠落は、一般的にはストレスやトラウマと関連した出来事についてのものです。
症状は個々の体験や状況により異なりますが、一部の共通する特徴を持っています。

例えば、記憶の欠落は自己のアイデンティティや個人的な経験に関連していることが多く、また、記憶の欠落が起こった時間の間に行われた行動についての記憶も欠落していることがあります。

解離性健忘症のチェックシート

解離性健忘症の自己チェックシートの項目には以下のようなものがあります。

  • 自分が自分であるという感覚が失われることがある
  • ある時期の記憶が全く思い出せないことがある
  • いつの間にか自分の知らない場所にいることがある
  • 自己感覚の喪失を感じる
  • 解離性健忘を感じる

これらの項目に当てはまるものが複数ある場合、解離性健忘症の可能性が高いと考えられます。
ただし、これらの症状があるからといって必ずしも解離性健忘症であるとは限らず、専門的な診断が必要です。

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

スポンサーリンク

解離性健忘症の原因

解離性健忘症は、自己に関する記憶を一時的に失う状態を指します。
この症状は、心的外傷や強いストレスの結果として発生します。

この章では、解離性健忘症の主な原因と、ストレスがこの症状の発症にどのように関連しているかについて詳しく説明します。

解離性健忘症の発生原因

解離性健忘症は、一度または度重なる外傷体験(例:戦争、子どもの虐待、災害、強制収容所への抑留、大量虐殺)が一般的な先行要因となります。

特に、小児期の不適切な体験として身体的、性的な虐待が多い場合、暴力がある人間関係の場合に生じやすいことがわかっています。
遺伝要因や生理学的要因についての研究はまだ行われていません。

ストレスと解離性健忘症の関連性

ストレスは解離性健忘症の発症に大きく関わっています。
特に、トラウマ的またはストレス性の強い出来事が記憶喪失の引き金となることが多いです。

心的外傷をもたらす環境から離れることは、記憶を急速に回復させることがあります。
しかし、回復した記憶がフラッシュバックして辛い思いをする可能性もあります。

これは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の発症によって、健忘の症状が改善する場合もあります。

関連記事

ストレスは、人に緊張感や責任感を与え、人が成長するために必要不可欠な要素といわれています。しかし、強いストレスは心身に異常をきたしてしまうため、適切に対処していく必要があります。ストレスと上手に付き合っていくための対処法には、どのよ[…]

健達ねっとECサイト

解離性健忘症の治療法

解離性健忘症の治療法は、個々の症状や患者の状態により異なります。
その中心には薬物療法と心理療法があり、これらはしばしば組み合わせて使用されます。

この章では、解離性健忘症の一般的な治療法、日常生活での自己管理や生活習慣の改善、そして治癒の可能性と期間について詳しく説明します。

解離性健忘症の一般的な治療法

解離性健忘症の治療として最も一般的に行われるのは薬物療法心理療法です。

薬物療法では、解離症状を生じさせる起因となった心的外傷後ストレス障害などに対して、SSRIといった抗うつ薬を処方することがあります。
これらの薬は、患者の精神状態を安定させ、解離症状の発生を抑制します。

一方、心理療法は、患者が自身の感情や記憶に直面し、それらを理解し受け入れるように補助する治療法です。
これにより、解離症状の根本的な原因を解決し、再発を防ぐことが可能となります。

自己管理と生活習慣の改善

解離性健忘症の治療には、日常生活での自己管理や生活習慣の改善も重要な役割を果たします。

ストレス管理、適切な睡眠、健康的な食事、定期的な運動など、健康的な生活習慣を維持することで、精神状態は改善されます。

また、自己認識や感情認識のスキルを向上させることで、解離症状が発生した際にそれを認識し、適切に対処する能力を身につけることが可能となります。

解離性健忘症が治る可能性と期間

解離性健忘症の治癒は個々の患者により異なります。
一部の患者では、適切な治療と自己管理により、数週間から数ヶ月で症状が改善することがあります。

しかし、他の患者では、症状の改善には数年を要することもあります。
重要なことは、解離性健忘症は治療可能な疾患であり、適切な治療とサポートがあれば、患者は健康な生活を取り戻すことが可能であるということです。

薬の使い方

解離性健忘症の体験談

解離性健忘症は、極度のストレスやトラウマによって引き起こされる、一時的な記憶喪失の症状を指します。
この症状は、患者が自身の経験や感情から一時的に「解離」することで、心理的な防衛機制として機能します。

この章では、実際の患者の体験談を紹介し、解離性健忘症の現実を詳しく探ります。

解離性健忘症の体験談

とある女性は、自身のブログで解離性健忘の体験を語っています。

彼女は、関東から関西に帰省した際、郵便物の書類を見た途端に文字が読み取れなくなり、パニックに陥ったと述べています。
彼女は、これが以前経験した記憶喪失と同じ感覚であると気づき、健忘の原因となる環境から離れることを決意しました。

彼女の体験談は、解離性健忘が突然発生し、日常生活に深刻な影響を及ぼすことを示しています。

解離性健忘症の記憶の回復

解離性健忘症の患者は、しばしばフラッシュバックや記憶が戻る経験をします。
これは、記憶が突然戻ってくる現象で、しばしば混乱や恐怖を引き起こします。

また、記憶が戻る経験は、患者が自身のアイデンティティを再確認し、過去の経験を認識できる機会となります。
しかし、これらの経験はしばしば混乱や恐怖を引き起こすため、適切なサポートと理解が必要です。

解離性健忘症と周囲の人々

解離性健忘症の患者との関係性は、治療プロセスにおいて極めて重要な要素となります。
患者の両親や配偶者、友人など、患者のサポートシステムとなる人々は、症状について正確に理解し、患者の感情に寄り添った協力体制を整えることが求められます。

また、患者の家庭環境が解離性健忘症の引き金となっている場合には、家族との関わり方を見つめ直す必要があります。

解離性健忘症患者との適切な接し方

解離性健忘症の患者との適切な接し方は、患者の感情に寄り添い、協力体制を整えることが重要です。

例えば、ある患者がパニックに陥ったときには、信頼出来る人に電話をし、決まったセリフを口にしてもらうという仕組みを作ることで、パニックから解放される対処法を身につけられます。

また、解離性健忘症の患者は、抑うつ気分と自殺を考えてしまうことが特徴的であり、治療を進める中で、健忘のために忘れていた出来事を思い出し、そのたびに気分が不安定になることもあります。
そのため、患者のストレスを出来るだけ減らせるような環境を整えることが大切です。

恋人や家族が直面する問題と対処法

解離性健忘症の患者の恋人や家族が直面する可能性のある問題とその対処法について考えてみましょう。

例えば、家庭内で虐待を受けている子どもの場合、繰り返し虐待され何度も恐ろしい経験をします。
その中で、恐怖感や辛い感情を感じないようにするため、現実から解離していくのです。

このような状況に対して、家族や周囲の人々は、専門家に相談しながら症状を持つ子どもに安心を提供できるようにすることが重要です。

また、解離性健忘症の患者のサポートは、周りの人にとって過度の負担となる可能性もあります。
そのため、「出来る範囲内のサポートをする」と心がけることが大切です。

スポンサーリンク

解離性健忘症についてのよくある質問

解離性健忘症はどのくらいの頻度で発生しますか?

解離性健忘症は、解離性障害の中でも比較的稀で、全人口に対する発生率は具体的には明らかになっていません。
ストレスや心的外傷が原因となることが多く、個々の環境や生活経験に大きく依存します。

解離性健忘症の主な症状は何ですか?

解離性健忘症の主な症状は、自分自身についての記憶の喪失です。
特に、自分が誰であるかや自分が何をしてきたかなど、個人的な情報や経験について忘れることが多いです。

解離性健忘症はどのように診断されますか?

解離性健忘症の診断は主に患者の症状と医療歴に基づきます。

また、他の精神疾患や脳の物理的な損傷を排除するために、神経学的検査や心理学的評価も行われることがあります。

解離性健忘症は治療可能ですか?

解離性健忘症の治療は、主に心理療法を通じて行われ、個々の症状や原因に対応したアプローチが必要となります。
場合によっては薬物療法も使用されますが、必ずしも全ての患者に有効というわけではありません。

解離性健忘症を予防する方法はありますか?

解離性健忘症の発症を直接防ぐ方法は現在のところ明らかになっていません。
ただし、ストレスの管理や適切なメンタルヘルスのケアを通じて、解離性障害のリスク全般を減らすことは可能です。

スポンサーリンク

解離性健忘症まとめ

ここまで解離性健忘症についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 解離性健忘症とは特定の出来事や期間の記憶が失われるという症状を主に示す精神的な疾患
  • 解離性健忘症は一度または度重なる外傷体験が一般的な要因
  • 解離性健忘症の予防としてストレス管理を行いストレスに対処できる準備をする

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク