ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>栄養>スイカの栄養力を最大限に引き出す!保存方法から摂取タイミングまで

スイカの栄養力を最大限に引き出す!保存方法から摂取タイミングまで

夏の暑い日には、冷たいスイカを食べることが多いですよね。
スイカは美味しくて、さらに水分補給にも最適な果物です。

しかし、スイカの栄養価についてはあまり知られていません。
スイカにはさまざまな栄養素が含まれています。

では、スイカには具体的にどのような栄養素が含まれているのでしょうか?
また、それらの栄養素は私たちの体にどのような影響を与えるのでしょうか?

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • スイカに含まれる栄養素
  • スイカの種の栄養
  • スイカの持つ利尿作用

スイカの栄養価を理解することで、より健康的な食生活を送るための一助となることでしょう。ぜひ最後までお読みください。

栄養素について詳しく知りたい方は下記の記事も併せてお読みください。

関連記事

栄養素は、健康を保つために欠かせない成分です。栄養素には具体的にどのような働きがあるのか御存じですか。本記事では栄養素について、以下の点を中心にご紹介します。 五大栄養素とは 五大栄養素の働き 一日あたりの[…]

スポンサーリンク

スイカの栄養とその効能

夏の風物詩であるスイカは、その爽やかな味わいだけでなく、さまざまな栄養素を含んでいます。
これらの栄養素は、私たちの健康に多くの良い影響をもたらします。

スイカに含まれる基本的な栄養成分と、それらがもたらす健康効果について掘り下げていきます。

スイカの基本的な栄養成分

スイカは、水分が豊富で低カロリーながら、多くの栄養素を含んでいます。
特に、

  • ビタミンC
  • ビタミンA
  • カリウム
  • リコピン

などが豊富です。
これらの栄養素は、美肌効果やエイジング、免疫力向上に寄与するとされています。

また、スイカに含まれるシトルリンというアミノ酸は、血流改善に効果的とされ、動脈硬化の予防にも役立ちます
さらに、スイカの種や皮にも栄養が含まれており、これらを活用することで、栄養摂取の幅を広げられます。

スイカの栄養がもたらす健康効果

スイカの栄養成分は、私たちの健康にさまざまな良い影響を与えます。
カリウムはむくみ解消や高血圧予防に役立ち、β-カロテンはエイジング効果が期待できます。

ビタミンCは皮膚や血管の老化を防ぎ、コラーゲンの生成を助けることで美肌効果をもたらします。
リコピンは生活習慣病の予防や肌のシミやしわの予防にも効果的とされます。

また、スイカはダイエット中の方にもおすすめで、適量を守ることで健康的な食生活の一部として取り入れられます。
妊婦にも安心して食べられる食品であり、むくみ防止や鉄分の吸収を助ける効果があるとされます。

ビタミン、カリウムについて興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

「ビタミン」は、私たちが生きていく上で必要不可欠な「栄養素」です。ビタミンは身体の中で作られないため、食材などから摂取しなくてはなりません。いざビタミンを取り入れようと思っても、どんなビタミンがあるのか?なぜ摂取しなければならないの[…]

関連記事

体の中には様々な栄養分があり、カリウムもその1つです。カリウムは普段の食事から十分に摂取が可能なため、不足や過剰摂取になることは少ないとされています。では、カリウムが不足したり過剰摂取になるとどのような症状が見られるのでしょうか?本[…]

スポンサーリンク

スイカの栄養成分とその効果

下記は、スイカ100gあたりに含まれる栄養を表でまとめました。

スイカの栄養成分の詳細

栄養素量(100gあたり)
エネルギー41 kcal
水分89.6 g
たんぱく質0.6 g
脂質0.1 g
炭水化物9.5 g
食物繊維総量0.3 g
ナトリウム1 mg
カリウム120 mg
カルシウム4 mg
マグネシウム11 mg
リン8 mg
0.2 mg
亜鉛0.1 mg
ビタミンA (β−カロテン)830 μg
ビタミンC10 mg
ビタミンB10.03 mg
ビタミンB20.02 mg
ビタミンB60.07 mg
葉酸3 μg

各栄養成分が体に及ぼす効果

スイカの栄養成分は、私たちの体に多くの健康効果をもたらします。
まず、ビタミンCは、免疫システムを強化し、風邪や感染症から体を守るのに役立ちます。
また、鉄の吸収も助けるため、貧血の予防にも効果的とされます。

ビタミンAは、目の健康をサポートし、夜盲症やその他の視覚障害のリスクを減らします
また、皮膚の健康を維持し、若々しい外見を保つのにも役立ちます。

スイカに含まれるカリウムは、心臓の健康に重要な役割を果たします。
高血圧のリスクを減らし、心臓病の予防に役立つことが知られています。
また、筋肉の機能をサポートし、筋肉痛やけいれんを防ぐのにも効果的とされます。

スイカに含まれる水分は、脱水を防ぎ、体温の調節を助けます。
また、消化を促進し、便秘の予防にも役立ちます。
食物繊維も便通を良くし、消化器系の健康をサポートします。

これらの栄養成分の組み合わせにより、スイカは全体的な健康とウェルビーイングをサポートする素晴らしい食品です。
夏の暑い日に、スイカを楽しむことで、美味しさだけでなく、これらの健康効果も得られます。

ビタミンCには、その他にどのような効果があり、不足すると健康にどのような影響があるでしょうか?
以下の記事でさらに詳しく解説しています。

おすすめ記事

タンパク質について筋肉づくりや維持の為に、タンパク質を凝縮したプロテインを摂取する方も多いでしょう。しかし、タンパク質の特徴や過不足などを知らないと、健康のためのタンパク質摂取が逆効果になってしまうことがあることをご存じでしょうか。[…]

スイカの種と皮の栄養価

スイカは、その甘みと爽やかな食感で夏の風物詩として親しまれています。
しかし、多くの人が見過ごしているのが、スイカの種と皮に隠された栄養価です。

スイカの種と皮に含まれる栄養成分と、それらが私たちの健康にもたらす利点について詳しく掘り下げていきます。

スイカの種の栄養とその利点

スイカの種は、単なる邪魔な存在ではありません。
実は、これらの小さな種には驚くべき栄養価が秘められています。
スイカの種には、たんぱく質、脂質、ミネラル(マグネシウム、亜鉛、鉄)、ビタミンEやビタミンB群などが豊富に含まれています

これらの栄養素は、体内のさまざまな機能をサポートし、特にビタミンEは細胞の健康を守るのに役立ちます。
また、スイカの種にはリノール酸も含まれており、コレステロールの低下にも効果が期待できます。

スイカの種を食べる方法としては、生でそのまま食べる、オーブンやフライパンで軽く焼いて食べる、ローストして食べる、粉状にして料理に利用するなどがあります。

ただし、種にはカロリーも含まれているため、適量を摂取することが重要です。
また、アレルギー反応や消化の問題がある場合は注意が必要です。

スイカの皮の栄養とその利点

スイカの皮もまた、捨ててしまうにはもったいない栄養が詰まっています。
スイカの皮には、果肉よりも利尿作用が期待できる成分が含まれています

これは、スイカの皮に豊富に含まれるシトルリンやカリウムによるものです。

シトルリンは血流を改善し、動脈硬化の予防にも役立ちます。
また、カリウムは塩分を尿中に排泄する働きがあり、むくみ解消や高血圧予防に効果的とされます。

スイカの皮を美味しく食べる方法としては、浅漬けやピクルスにすることがおすすめです。
これにより、普段捨ててしまう皮を無駄なく活用し、スイカの栄養を余すことなく楽しめます。

たんぱく質、脂質、ミネラルについて興味のある方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

健康や美容への意識は社会全体で広がり、さまざまな栄養素への関心が高まってきています。その中でもタンパク質への関心も高まり、サプリメント以外にもタンパク質が含まれているプロテインバーなどがスーパーでも並ぶようになりました。なぜタン[…]

関連記事

ダイエットにおいて「脂質こそがダイエットの大敵」と考えていませんか?脂質はタンパク質、炭水化物とならび3大栄養素の1つです。しかし脂質を摂るうえで、過剰摂取にも気をつけなければいけません。脂質の過剰摂取により、健康が損な[…]

関連記事

ミネラルは、体にとって重要な役割を担っている五大栄養素の1つになります。ミネラルには、どのような特徴や効果があるのでしょうか?ミネラルは、どのような食品に含まれているのでしょうか?本記事では、ミネラルについて以下の点を中[…]

スポンサーリンク

スイカの栄養素とその摂取方法

フォトフェイシャルの注意点

スイカは夏の代表的な果物で、そのシャリシャリとした食感と甘さで多くの人に愛されています。
しかし、その栄養価や摂取方法についてはあまり知られていないかもしれません。

スイカに含まれる栄養素と、それらを最大限に摂取する方法について詳しく解説します。

スイカに含まれる主要な栄養素

スイカは、低カロリーでありながら多くの栄養素を含んでいます。
特にビタミンA、ビタミンC、カリウム、鉄分などが豊富で、これらは皮膚の健康維持や免疫力向上に役立ちます。

またβカロテンやリコピンも含まれており、これらは老化防止やがん予防に効果が期待されます。
さらに、スイカにはシトルリンというアミノ酸も含まれており、これは血流を改善し、疲労回復にも効果的とされます。

スイカの栄養素を最大限に摂取する方法

スイカの栄養素を最大限に摂取するためには、食べ方に工夫が必要です。
まず、スイカは冷蔵庫で冷やしすぎると甘みが減少するため、適度に冷やすことが大切です。

また、スイカの皮近くには栄養素が多く含まれているため、できるだけ皮ギリギリまで食べることをおすすめします。

さらに、スイカはットした後は早めに食べることが重要で、長期間保存する場合は冷凍保存が適しています。
冷凍したスイカはシャーベットやスムージーとしても楽しめます。

がんを予防する方法についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

日本人の2人に1人が一生のうち1度はがんを発症するといわれています。また、がんは生活習慣病のひとつでもあります。なぜがんになるのでしょうか。本記事ではがんと生活習慣病について以下の点を中心にご紹介します。 がん[…]

健達ねっとECサイト

スイカの水分と栄養素の重要性

スイカは、その高い水分含有率と豊富な栄養素で知られています。
この果物は、夏の暑い日に特に人気があり、そのみずみずしさと栄養価の高さが健康に多くの利点をもたらします。

以下では、スイカの水分含有率と栄養素のバランスの重要性について、詳しく掘り下げていきます。

スイカの高い水分含有率とその意義

スイカは水分含有率が非常に高く、その割合は最大で92%にも上ります。
この高い水分含有率は、暑い日の水分補給に非常に効果的とされ、脱水状態の予防に役立ちます。

また、スイカに含まれる水分は、体温の調節、内臓機能の維持、老廃物の排出、細胞への栄養素の運搬など、体の基本的な機能をサポートする重要な役割を果たします。

スイカの水分は、単なる水とは異なり、電解質や栄養素も含まれています
これにより、スイカはただの水分補給源以上の価値を持ち、特にスポーツ後のリカバリーや暑い日の健康維持において重要な役割を果たします。

しかし、スイカの水分だけではナトリウムなどの一部の電解質は補給できないため、バランスの良い飲料選びが重要です。

ナトリウムの効果とナトリウムを多く含む食品についてをより詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

ナトリウムは、体内に必要不可欠な栄養素です。身体を動かすことや、頭を働かせることにもナトリウムは欠かせません。そもそもナトリウムとはどういう栄養素なのでしょうか?ナトリウムはどのような効果を持つのでしょうか?本記事で[…]

関連記事

ナトリウムは、体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持している必須ミネラルの1つです。ナトリウムはどのような食品に多く含まれるのでしょうか?ナトリウムは体内でどのような働きをしているのでしょうか?この記事では、ナトリウ[…]

水分と栄養素のバランスの重要性

スイカに含まれる栄養素は、β-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、カリウムなど多岐にわたります。
これらの栄養素は、血圧の調節、心臓の健康、免疫力の向上など、多くの健康効果をもたらします。

特に、スイカに豊富に含まれるリコピンは、細胞をダメージから守る効果があるとされます。
これにより、心臓病や脳卒中、さまざまながんのリスクを減少させる可能性があります。

また、スイカに含まれるシトルリンは、血管を拡張させ血流を改善する効果があるとされ、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。
さらに、ビタミンCは肌の弾力や血流を改善し、美容効果も期待できます。

スイカの栄養素は、健康だけでなく美容にも良い影響を与えるため、日々の食生活に取り入れることが推奨されます。

カロテンについてより詳しく解説していますので、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

カロテンは緑黄色野菜に多く含まれる健康に良い色素成分です。カロテンの特徴は抗酸化作用が強いことです。カロテンにはどのような健康効果があるでしょうか?カロテンはどのようにして摂れば良いのでしょうか?本記事ではカロテンに[…]

薬の使い方

スイカのシトルリンとその効果

スイカに含まれるシトルリンは、私たちの健康に多大な影響を与える成分です。
シトルリンがどのようなもので、どのような健康効果をもたらすのかを詳しく解説します。

シトルリンとは何か?

シトルリンは、スイカをはじめとするウリ科の植物に多く含まれるアミノ酸で、特にスイカには豊富に含まれています。

この成分は、血管の機能維持に不可欠であり、「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。
シトルリンは血管を拡張し、血流を促進する効果があるとされ、これによりさまざまな健康効果が期待されています。

また、シトルリンは一酸化窒素(NO)の生成を促進し、これが血管の拡張や血流の改善に寄与します。
スポーツ科学の分野では、持久力の向上や疲労回復に効果があるとされ、アメリカなどのスポーツ科学先進国で注目されています。

シトルリンの健康効果

シトルリンの摂取は、血流の改善により多くの健康効果をもたらします。

  • 運動パフォーマンスの向上
  • 疲労回復
  • 持久力のアップ
  • 筋肉量の増加

など、スポーツに関連する効果が特に注目されています。

また、血管の拡張により動脈硬化の緩和や冷え性、むくみの改善、エイジング効果も期待されています。

さらに、シトルリンは脳への血流を増やすことで、記憶力や集中力の向上にも寄与する可能性があります。
美肌効果も報告されており、皮膚のコラーゲンを保護し、天然保湿因子の一部として皮膚の健康をサポートします。

これらの効果は、シトルリンが血管を拡張し血流を改善することによるもので、日常生活においても積極的に摂取することで健康維持に役立つと考えられます。

必須アミノ酸についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてお読みください。

関連記事

必須アミノ酸は体内で合成されません。必須アミノ酸は食品などから摂取する必要があります。そもそも必須アミノ酸とはどのようなアミノ酸なのでしょうか。必須アミノ酸はどのような食品に含まれているのでしょうか。本記事では必須アミノ[…]

スイカの栄養と野菜の比較

スイカは夏の風物詩として親しまれていますが、その栄養価については意外にも知られていない面が多いです。

スイカの栄養成分と他の野菜との比較し、スイカが持つユニークな栄養的特徴を探ります。

スイカと他の野菜の栄養比較

スイカは、水分が約90%を占める低カロリーな果物です。
他の野菜や果物と比較して、ビタミンやミネラルの含有量は相対的に低いとされています。

しかし、スイカにはビタミンC、ビタミンA、カリウムなどが含まれており、特にリコピンという抗酸化物質が豊富です。
これは、トマトと比較しても1.5倍の量が含まれているとされ、抗酸化作用により皮膚や細胞の健康を保つのに役立ちます。

他の野菜と比較すると、トマトやキュウリなどはビタミンCや食物繊維が豊富です。
スイカはこれらの栄養素を少なく含む代わりに、水分と糖分が豊富で、夏の暑さ対策や水分補給に適しています。
また、スイカの皮の白い部分には、アミノ酸の一種であるシトルリンが多く含まれており、これは血流改善や動脈硬化の緩和に効果があるとされています。

スイカが他の野菜と異なる点

スイカが他の野菜と栄養的に異なる主な点は、その水分量の多さと低カロリーであることです。
これにより、スイカは喉の渇きを癒すだけでなく、食事の満足感を与える健康的なスナックとしても人気があります。

特に、夏の暑い時期には、スイカの爽やかな味と水分補給効果が重宝されます。

また、スイカに含まれるリコピンは、トマトと比較しても高い含有量を誇ります。
リコピンは皮膚や細胞の健康を保つのに役立ちます。

さらに、スイカに含まれるシトルリンは血管をしなやかにする作用があり、血流改善や動脈硬化の緩和に効果が期待されます。

ところでカロリーとはどのように計算されるのでしょうか?
カロリーについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

基礎代謝・摂取カロリーについて基礎代謝は人間が生活していく上で最低限必要なエネルギーのことです。ダイエットを成功させるためには、基礎代謝と摂取カロリーを考えて進めていくことが重要です。では基礎代謝と摂取カロリーはどのような関係性[…]

スポンサーリンク

スイカの保存方法と栄養の保持

スイカは夏の風物詩であり、その保存方法はスイカの味わいを大きく左右します。
適切な保存方法を知ることで、スイカの美味しさを最大限に引き出し、栄養価を保持できます。

スイカの保存方法とその栄養に与える影響について詳しく解説します。

スイカの正しい保存方法

スイカを新鮮に保つためには、保存方法が重要です。
スイカは、丸ごとの状態では冷暗所での保存が適しています。

理想的な保存温度は12〜15度とされており、この温度範囲を保てる場所が最適です。
しかし、一般家庭でこの温度を維持するのは難しいため、冷房の効いた部屋や北側の部屋など、涼しい場所に置くことが推奨されます。

大玉スイカの場合、バケツや保冷剤を活用する方法もあります。
水を張ったバケツに入れたり、保冷剤を使って冷やすことで、適度な温度で保存できます。
保冷剤を使用する際は、直接スイカに触れないように注意しましょう。

カットしたスイカは、ラップで包んで冷蔵保存するのが最適です。
皮が厚いため、丸ごとの状態では日持ちしますが、カットすると劣化が進むため、早めに食べることが重要です。

また、スイカは冷凍保存も可能です。
食べきれない量がある場合は、1口サイズにカットして冷凍すると良いでしょう。
冷凍したスイカは、半解凍の状態でシャーベットのようにして食べたり、スムージーにすると美味しくいただけます。

保存方法がスイカの栄養に与える影響

スイカの栄養価は、保存方法によって影響を受けます。
スイカは、ビタミンCやリコピンなどの栄養素を豊富に含んでいますが、これらの栄養素は熱や光に弱いため、適切な保存方法が重要です。

常温での長期保存は、スイカの栄養価の低下を招く可能性があります。
特に高温多湿の環境下では、栄養素の劣化が進みやすくなります。
そのため、涼しい場所での保存が推奨されます。

冷蔵保存の場合、低温が栄養素の劣化を抑える効果があるとされますが、過度の冷却はスイカの甘みや風味を損なう可能性があります。
適度な冷却が栄養価を保ちつつ、美味しさも保つ鍵となります。

冷凍保存は、栄養素の損失を最小限に抑える方法の一つです。
ただし、解凍時には水分が抜け出し、食感が変わることがあります。
凍ったままの状態で利用することで、栄養素の損失を防ぎつつ、美味しくいただけます。

スポンサーリンク

スイカの利尿作用とそのタイミング

スイカは夏の風物詩であり、その爽やかな味わいだけでなく、健康にも良い影響を与える食品です。
特に、その利尿作用は多くの人に知られています。

スイカの利尿作用のメカニズムと、その効果を最大限に活用するためのタイミングについて詳しく掘り下げていきます。

スイカの利尿作用のメカニズム

スイカには、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富に含まれており、これが利尿作用を促進します。

また、スイカに含まれるシトルリンとアルギニンというアミノ酸も、尿の生成を助ける役割を果たします。

これらの成分が組み合わさることで、スイカは膀胱炎や腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓病、高血圧や妊娠時のむくみを軽減する効果を持つとされています。
さらに、スイカは90%以上が水分で構成されており、この高い水分含有量も利尿作用を促進する重要な要素です。

利尿作用を最大限に活用するタイミング

スイカの利尿作用を最大限に活用するためには、タイミングが重要です。

一般的に、朝起きてすぐや食事の後など、体が水分を必要としているタイミングでスイカを摂取することが推奨されます。
また、運動後の水分補給としてスイカを食べることも、利尿作用を活用する上で効果的とされます。

ただし、スイカは冷え性の方には向かない場合があるため、体質に合わせて適量を摂取することが大切です。
また、スイカの摂取量には注意が必要で、過剰に摂取すると体を冷やしすぎたり、下痢を引き起こす可能性があるため、適量を守ることが重要です。

スポンサーリンク

スイカの過剰摂取とそのリスク

スイカは夏の代表的な果物で、その甘さとジューシーさが多くの人々に愛されています。
しかし、スイカの過剰摂取は健康に様々な影響を及ぼす可能性があります。

スイカの過剰摂取がもたらすリスクと、健康を維持するための適切な摂取量について探求します。

スイカの過剰摂取がもたらす可能性のあるリスク

スイカは水分と糖分が豊富な果物で、低カロリーながらも栄養価が高いことで知られています。

しかし、過剰に摂取すると、その糖分が健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
スイカに含まれる糖分は天然のものですが、大量に摂取すると総カロリー摂取量に影響を与え、肥満や糖尿病のリスクを高めることがあります。

また、スイカの過剰摂取は脂肪肝や心血管疾患のリスクを増加させることも指摘されています。

スイカにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンB群などの栄養素が含まれており、これらは皮膚の健康や免疫機能の維持に寄与します。

しかし、これらの栄養素を過剰に摂取することは、体内のバランスを崩す原因となることもあります。
特に、ビタミンAの過剰摂取は肝臓に負担をかけることが知られています。

スイカの摂取量

スイカの適切な摂取量は、個人の健康状態や体重管理の目標によって異なります。

一般的に、スイカは低カロリーで水分も豊富に含まれているため、適度な量であれば太る心配はありません
しかし、糖尿病や血糖値管理に関心がある場合は、医師や栄養士と相談して適切な摂取量を確認することが重要です。

スイカのカロリーは100g当たり約30カロリー、糖質は約8グラムです。
これを他の果物や一般的な食品と比較すると、スイカはカロリーや糖質が低いことがわかります。

適度な量を摂取することが重要で、食事全体のバランスと摂取カロリーの管理が体重管理や健康状態において重要です。
バランスの取れた食事と適度な運動を組み合わせることで、スイカを含む健康的な食品を適切な量で摂取することが大切です。

スイカの栄養のまとめ

ここまでスイカの栄養についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • スイカは水分が豊富で低カロリーながら、多くの栄養素を含んでいて特に、ビタミンC、ビタミンA、カリウム、リコピンなどが豊富
  • スイカの種はたんぱく質、脂質、ミネラル(マグネシウム、亜鉛、鉄)、ビタミンEやビタミンB群などが豊富だが、アレルギーの可能性や、カロリーに気を付けた方が良い
  • スイカにはシトルリンとアルギニンというアミノ酸が含まれ、これらの成分が組み合わさることで、スイカは膀胱炎や腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓病、高血圧や妊娠時のむくみを軽減する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク