ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>目の病気>視覚障害者の生活を理解し、支援するための包括的ガイド

視覚障害者の生活を理解し、支援するための包括的ガイド

世界には数多くの視覚障害者がおり、彼らは日常生活で様々な困難に直面しています。
私たちが困難と聞くと、まず思い浮かぶのは視界の不良でしょう。

しかし、視覚障害の種類や等級、視覚障害者が使用する道具や支援技術はどうでしょうか?
これらの疑問について、私たちは十分な知識を持っているでしょうか?

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 視覚障害の定義
  • 視覚障害者が抱える日常的な困難
  • 視覚障害者のための支援

最後まで読んでいただければ、視覚障害者の生活を改善するための具体的な提案やアイデアについても学べるでしょう。

下記では、障害にはどれくらい種類があるのかについて詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

私たちの社会にはさまざまな障害を持つ人々が存在します。それぞれの障害には、独自の特徴や困難があります。障害の種類について知ることは、理解や共感を深めるための第一歩となります。しかし、障害にはどのような種類があるのでしょうか?本記[…]

スポンサーリンク

視覚障害とは何か?

視覚障害は、眼球、視神経、大脳視中枢など視覚系の一部に障害があるために、見ることが困難または不可能な状態を指します。
これには全盲や弱視が含まれ、視覚情報の取得が極めて限られる状態です。

視覚障害者は音声、触覚、嗅覚など他の感覚を利用して情報を得ており、日常生活やコミュニケーションには特別な支援や技術が必要とされます。

視覚障害の定義

視覚障害の定義は、視覚系の一部に障害があるために、見ることが困難または不可能になる状態を指します。
これには「盲」と「弱視」が含まれます。

盲は、視覚的な情報をまったく、またはほとんど得られない状態を指し、弱視は、限られた視力を補助具でサポートする必要がある状態を指します。

視覚障害の診断は、視力検査、視野検査、色覚検査などを通じて行われ、障害の程度や種類に応じた支援が提供されます。
視覚障害者は、点字や音声読み上げソフト、白杖、盲導犬などの支援を利用して、日常生活や社会参加を行います。

視覚障害の原因

視覚障害の原因は多岐にわたりますが、主には遺伝的要因、病気、事故や外傷などがあります。
病気には緑内障、白内障、糖尿病網膜症などがあり、これらは視力低下や視野の喪失を引き起こすことがあります。

また、早産による未熟児網膜症や感染症、栄養不足なども視覚障害の原因となることがあります。
これらの原因によって視覚障害が引き起こされると、視力の低下、視野の狭窄、色覚異常など様々な症状が現れます。

視覚障害の予防や治療には、定期的な眼科検診、適切な治療や手術、生活習慣の改善などが重要です。
また、既に障害を持つ人に対しては、適切なリハビリテーションや支援が必要とされます。

スポンサーリンク

視覚障害の種類と等級

視覚障害は、その程度によって様々な生活上の支障をきたします。
身体障害者手帳による支援制度を理解し、適切なサポートを受けることが重要です。

以下では、視覚障害の種類と等級について、具体的な説明と生活への影響を解説します。

視覚障害の種類

視覚障害には、視力障害視野障害があり、それぞれに特徴があります。
視力障害は、視力の低下を主とし、視野障害は視野の一部または大部分が欠ける状態を指します。
これらは、病気や事故、遺伝など様々な原因によって引き起こされることがあります。

視覚障害の種類を理解することは、適切な治療やサポートを受けるために不可欠です。
また、障害の種類によって、日常生活や仕事への影響も異なり、個々に合わせた対策が求められます。

障害者を支援する制度に障害者手帳というものがあります。
では、障害者手帳所持の条件に視覚障害は含まれているのでしょうか?
下記で詳しく解説しています。

関連記事

障害者手帳所持の条件は全ての障害に当てはまるわけではありません。また、症状の種類や重さによって交付される障害者手帳も異なります。では、具体的にはどのような障害・症状の方にどのような障害者手帳が交付されるのでしょうか。そこ[…]

視覚障害の等級

視覚障害の等級は、障害の程度を示す指標であり、1級から6級まであります
等級は、視力の低下の程度や視野の欠損の範囲によって決定され、等級が重いほど障害の程度が重いことを意味します。

等級によって、医療費助成や税金の控除、交通機関の割引など、受けられるサービスの内容が異なります。
視覚障害者本人だけでなく、家族や支援者もこれらの等級制度を理解し、適切なサポートを受けることが大切です。
また、障害の等級に応じた生活の工夫や、社会参加のための支援も重要なポイントとなります。

身体障害の等級の分け方について、詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

身体の一部が思うように動かない経験をしたことはありますか?「身体の障害」とは、身体の一部または全体の機能が損傷している状態を指します。日常生活の中で「階段の昇降が難しい」「物を掴むのが困難」といった症状を感じることがあります[…]

IMG

視覚障害者の見え方と症状

視覚障害は、その程度や種類によって、人々の日常生活に様々な影響を及ぼします。
全盲から弱視まで、視覚障害者の見え方は一様ではありません。

以下では、視覚障害者がどのように世界を見ているのか、また、どのような症状が存在するのかを詳しく探ります。

視覚障害者の見え方

視覚障害者の見え方は多岐にわたります。
全盲の人は何も見えないわけですが、多くの視覚障害者はある程度の視力を持っており、その見え方は人それぞれ異なります

例えば、中心暗点では中心部分の視野が欠けているため、文字を読むことが困難ですが、周辺視野は比較的残っているため、歩行は可能です。
視野狭窄では、中心部は見えるものの、周辺視野が欠けているため、歩行時に周囲の状況を把握するのが難しくなります。

その他、ゆがみや羞明など、様々な見え方が存在し、これらは日常生活において特有の課題をもたらします。

視覚障害の症状

視覚障害の症状は、視力の低下だけでなく、視野の狭窄、部分的な視野欠損、夜間や暗所での視力低下、色覚異常など多岐にわたります。
これらの症状は、日常生活における読書、移動、仕事、コミュニケーションなどに影響を及ぼし、それぞれの症状に応じた支援や対策が必要です。

視覚障害者は、これらの症状に適応しながら生活するために、様々な技術やツールを使用し、また日々の活動において工夫を凝らしています。

スポンサーリンク

視覚障害者が日常生活で困ること

視覚障害者は、日々の生活の中で多くの困難に直面しています。
まったく見えない全盲から、見えにくい弱視まで、障害の程度は様々ですが、共通して直面するのは、日常生活の中での様々な制約と障壁です。

以下では、視覚障害者が直面する生活上の困難と社会的な困難に焦点を当て、その実態と対策について詳しく掘り下げていきます。

視覚障害者の生活上の困難

視覚障害者が日常生活で直面する困難は多岐にわたります。

  • 人の顔が識別しにくい
  • お金や値札が見えにくい
  • 料理や家事がこなしにくい
  • 本や新聞が読みにくい
  • 階段の始まりや境目でつまずく
  • 信号機や駅の案内表示が見えにくい

このように、生活のあらゆる場面で支障をきたします。

これらの困難は、視覚障害者にとって日々の生活を送る上で大きなストレスとなり、自立した生活を営むためには、適切な支援や工夫が必要です。
視覚障害者自身の工夫や、家族、友人、地域社会のサポートによって、これらの困難は軽減されることもありますが、社会全体での理解と支援の充実が求められています。

視覚障害者の社会的な困難

視覚障害者が社会参加やコミュニケーションを行う上で直面する困難も少なくありません。

  • 慣れない場所での移動困難
  • 人の視線や表情が理解できずコミュニケーションに苦労する
  • 文字の読み書きの困難
  • タッチパネル式の機械操作の難しさ

などがあります。

これらの困難は、社会的な活動や人との関わりにおいて大きな障壁となり、孤立や社会参加の機会の減少につながることもあります。
視覚障害者が社会の一員として活躍できるよう、アクセシビリティの向上、適切な情報提供、理解あるコミュニケーションの取り組みなど、社会全体での配慮が必要です。

健達ねっとECサイト

視覚障害者を支援するための道具と技術

視覚障害者が日常生活を送る上で直面する様々な課題を克服するため、多くの支援道具や技術が開発されています。
これらは視覚障害者の自立を支え、社会参加を促進する重要な役割を果たしています。

以下では、これらの支援道具と技術について詳しく解説していきます。

視覚障害者を支援する道具

視覚障害者を支援するための主な道具には、点字ブロック、音響信号機、点字、音声パソコンなどがあります。

点字ブロックは、歩行の助けとなる表面が凹凸でできており、特に交通量の多い都市部での移動に役立っています。
音響信号機は、交差点での安全な横断を支援するために設置されており、進行方向に応じた異なる音で視覚障害者に情報を提供します。

点字は、1825年にフランスのルイ・ブライユによって考案され、視覚障害者にとって読み書きの基本となっています。
音声パソコンは、画面上の文字を音声で出力し、視覚障害者が情報を取得しやすくするための技術です。

これらの道具は、視覚障害者がより自立した生活を送るために不可欠なものとなっています。

視覚障害者を支援する技術

視覚障害者を支援するための最新技術には、スマートフォンやタブレットのアクセシビリティ機能、音声認識技術、触覚フィードバック技術などがあります。

スマートフォンやタブレットのアクセシビリティ機能には、画面読み上げや拡大表示、色の調整などがあり、視覚障害者が情報を得やすくするために設計されています。

音声認識技術は、音声コマンドによるデバイスの操作を可能にし、視覚障害者が手を使わずに情報を取得したり、コミュニケーションを取ったりするのに役立っています。
触覚フィードバック技術は、物理的な触覚を通じて情報を伝える技術で、特に触覚に依存する視覚障害者にとって重要な技術です。

これらの技術は、日々進化し、視覚障害者の生活の質を向上させるために貢献しています。

点字ブロックなどのバリアフリー、ユニバーサルデザインについては、下記で詳しく解説していますので合わせてお読み下さい。

関連記事

近年、都市のインフラや施設のアクセス性が高まってきましたが、それでもまだ「バリアフリー」について十分に理解していない人は多いです。「バリアフリー」は、すべての人が平等に社会に参加できるようにするための重要なステップです。障害を持つ人[…]

関連記事

近年、ユニバーサルデザインの重要性が高まってきています。多くの人々が、なぜこれが必要なのか、どのような場面で活用されているのかを疑問に思っているかもしれません。ユニバーサルデザインは、すべての人々が平等に利用できるように設計され[…]

関連記事

ユニバーサルデザインの商品は、すべての人々が平等に利用できることを目指しています。これにより、高齢者や障害を持つ人々も、同じ商品をストレスなく使用できるのです。しかし、ユニバーサルデザインの商品は、本当にその目的を達成しているの[…]

薬の使い方

視覚障害者における身体障害者手帳の概要とその利点

身体障害者手帳は、日常生活や社会活動における障害のある方々への支援を目的としています。
この手帳を持つことで、様々な福祉サービスや支援が受けられるようになり、視覚障害者の方々の生活の質の向上を図れます。

以下では、視覚障害者における身体障害者手帳の具体的な概要と利点について、詳しく解説していきます。

視覚障害者における身体障害者手帳の概要

身体障害者手帳は、視覚に障害のある方が、社会的な支援やサービスを受けるための証明書です。

手帳の交付は、視覚障害の程度に応じて、都道府県知事や指定都市市長などが行います。
障害の程度は、視力や視野の損失の度合いによって定められ、具体的な基準に基づき障害等級が分けられています。

手帳の取得条件には、視覚障害の程度が一定以上であること、そしてその状態が永続することが要件とされています。

視覚障害の種類には、両眼の視力が極めて低い、一方の眼が非常に低視力で他方も視力が低い、視野が極端に狭いなどがあります。
これらの条件を満たす方が、手帳の交付対象となります。

身体障害者手帳を持つことで、医療費の助成、税制上の優遇、交通機関の利用時の割引、特別な教育や就労支援など、生活を支える多くの福祉サービスを受けることが可能になります。
また、社会参加や自立を促進するための様々なプログラムにアクセスしやすくなるなど、視覚障害者の方々の生活の質を向上させるための重要なツールとなっています。

身体障害者手帳の申請方法について詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

障害者手帳はご存じですか。持っていると、障害者総合支援法の対象となり、様々な支援が受けられます。ですが、勿論対象者には基準があります。誰でも貰えるものではありません。では、障害者手帳の配布基準はどのようなものでしょうか。[…]

身体障害者手帳の利点

身体障害者手帳を持つことの利点は、様々な福祉サービスや支援を受けられることです。
これにより、視覚障害者の方々は日常生活をより快適に、そして自立して過ごすことが可能になります。

具体的な利点としては以下のようなものがあります。

  • 医療費の助成:身体障害者手帳を持つと、医療費の自己負担が軽減される場合があり、必要な治療や健康管理をより手軽に受けられる
  • 税制上の優遇:所得税や住民税など、税金の軽減措置を受けられる
  • 交通機関の利用時の割引:鉄道やバスなどの公共交通機関を利用する際に割引が適用されることが多く、移動の自由度が高まる
  • 特別な教育や就労支援:視覚障害に特化した教育機関へのアクセスや、就労を目指す際の支援サービスを受けられる

障害者手帳のメリットについて、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
障害者手帳で、具体的にどのようなサポートを受けられるのでしょうか?

関連記事

障害者手帳は、障害を抱える個人やその家族にとって、豊かな生活をサポートする重要なツールです。この手帳を持つことには、知られていない多くのメリットが存在します。では、障害者手帳のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?本記事では、障害[…]

視覚障害者の教育と職業訓練

視覚障害者にとって、教育と職業訓練は自立した生活を送るために不可欠です。
支援と環境が整えられれば、彼らも多様な職業に就くことが可能になります。

以下では、視覚障害者が利用できる教育機会と職業訓練施設について、その重要性とともに詳しく解説します。

視覚障害者の教育

視覚障害者が受けられる教育の機会は多岐にわたります。
特別支援学校や専門の訓練施設では、基礎教育から職業技能まで、様々なプログラムが提供されています。

例えば、筑波技術大学では、視覚障害者を対象にした理療やICT技術を中心とした教育が行われており、大学院教育も提供されています。
また、全国の盲学校では、あん摩マッサージ指圧師、きゅう師の資格取得を目指す教育が行われています。

これらの教育機会は、視覚障害者が社会で活躍するための基盤を築くとともに、彼らの自信と自立を促進します。

視覚障害者の職業訓練と就労支援

職業訓練は、視覚障害者が就労するための重要なステップです。
全国各地には視覚障害者専門の職業訓練施設が設置されており、パソコンを利用した事務処理やあん摩マッサージ指圧師など、様々な職種に対応した訓練が行われています。

日本視覚障害者職能開発センターでは、PCを利用した事務職に挑戦する視覚障害者のための職能開発訓練を行っており、就労に必要なスキルと自信を身につけられます。

また、これらの施設では就労移行支援や就労定着支援など、就労に向けた総合的なサポートが提供されています。
視覚障害者が社会に出て活躍するためには、こうした訓練と支援が不可欠です。

下記では、障害者手帳をお持ちの方が受けられるサービスについて解説していますので合わせてお読み下さい。

関連記事

障害者手帳を提示することで様々なサービスを受けられることはご存じですか。生活シーンの至る所で、実は割引が適用されます。では、具体的にはどのようなサービスが受けられるのでしょうか。そこで、本記事では以下の点を中心に解説します。[…]

スポンサーリンク

弱視とその対策

弱視は、眼球に病気がなくとも十分な視力が得られない状態を指します。
特に子どもの成長期に視力が十分に育たないことで起こり、日常生活に支障をきたすことがあります。

以下では、弱視の定義と症状、そしてその対策と治療について、専門的な内容をわかりやすく解説します。

弱視の定義と症状

弱視は、視力の成長期に何らかの原因で視力が育たない状態を指します。
特に、遠視性不同視弱視が問題となることが多く、片方の目がよく見えているため、子ども自身や親が気づきにくいことがあります。

弱視の原因には、視性刺激遮断弱視遠視による弱視などがあります。
視性刺激遮断弱視は、乳児期に片目だけを閉じた状態が続くことで起こり、遠視による弱視は、両眼の遠視の程度に差がある場合に片方の目が弱視になることがあります。
これらの状態は、斜視を引き起こすこともあります。

弱視の対策と治療

弱視の治療には、早期発見が重要です。
3歳児健康診断や入学時の検診は、弱視の早期発見に有効です。

治療方法としては、適切な眼鏡の使用や健眼遮蔽(利き目の遮蔽)があります。
これらの治療は、4〜6歳の間に行う必要があり、10歳以後では効果が薄れるため、早期の対応が必要です。

また、弱視の予防策としては、乳児期の不用意な眼帯の使用を避ける、定期的な視力検査を受けるなどがあります。

弱視について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
どのような症状があり、どのような検査、治療を受けるのでしょうか?

関連記事

視覚障害は、私たちの日常生活において大きな影響を及ぼす可能性がある重要な健康問題の一つです。その中でも、「弱視」という状態は、視覚に関する困難さを抱える多くの人々にとって、日常生活に大きな負担となっています。では、弱視の症状にはどの[…]

スポンサーリンク

視覚障害者の生活を改善するためのアドバイス

視覚障害者の生活を支援するための新しいアプローチとして「デジタルビジョンケア外来」が注目されています。
この外来は、iPadなどのデジタル機器を活用し、視覚障害者が直面する日常生活の課題を解決するための個別のケアプランを提供します。

ここでは、そのようなデジタルビジョンケアが視覚障害者の生活改善にどのように貢献しているのか、具体的なアドバイスやアイデアを探ります。

生活改善のためのアドバイス

視覚障害者の生活を改善するためには、日常生活で直面する様々な課題に対して具体的な解決策を提供することが重要です。
デジタルビジョンケア外来では、視覚障害者一人ひとりのニーズに合わせたデジタル機器の活用方法を提案しています。

例えば、視覚補助具の使用、照明の調整、音声機器や触読機器の利用など、視覚以外の感覚を活用する方法があります。

また、情報入手の手段の改善や生活改善のための福祉制度の利用など、社会的支援も重要な役割を果たします。
これらの支援を通じて、視覚障害者が自立した生活を送れるよう、具体的な提案を行います。

視覚障害者について社会全体の理解と協力

視覚障害者の生活を改善するためには、社会全体の理解と協力が不可欠です。
視覚障害者が直面する課題を理解し、それに対する支援を提供することで、より快適な社会生活を送ることが可能になります。

これには、教育や就労面での支援、視覚障害者同士での情報交換の場の提供、心理的側面からの支援などが含まれます。
また、デジタルビジョンケアのような新しい概念を社会に広め、視覚障害者への理解を深めることも重要です。

社会全体が視覚障害者の生活を支援する意識を持つことで、より包括的な支援体制を構築できます。

スポンサーリンク

視覚障害のまとめ

ここまで視覚障害についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 視覚障害の定義は眼球、視神経、大脳視中枢など視覚系の一部に障害があるために、見ることが困難または不可能な状態を指し、その中でも見える度合いによって盲と弱視の2つがある
  • 視覚障害者が抱える日常的な困難としては、人の顔が識別しにくい、お金や値札が見えにくいといった物の判別に困る点がよく見られる
  • 視覚障害者のための支援として、公共では点字ブロックや音響信号機、民間ではデバイスのアクセシビリティ向上などが普及している

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク