ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>介護お役立ち記事>介護施設>介護施設の種類一覧と特徴|選び方のポイントも解説!

介護施設の種類一覧と特徴|選び方のポイントも解説!

介護施設を探しているけど、
種類が多くて違いが分からない…
どこが適しているのか分からない…
と、悩んでいる方は少なくないと思います。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 介護施設とは
  • 介護施設の種類について
  • 介護施設選びのポイントについて

介護施設の種類と特徴について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

介護施設とは

介護施設は、高齢者や障害を持つ人々が安全で快適に生活できるように設計された施設です。
医療ケア、生活支援、リハビリテーションなど、多様なサービスが提供されています。

以下では、介護施設の基本的な定義と、高齢者や障害者の介護ニーズにどのように応えるのかについて詳しく説明します。

介護施設の定義と役割

介護施設は、高齢者や障害者が必要とするケアを提供する場所です。
これには、医療ケア、生活支援、心のケアなどが含まれます。

施設には、専門の医療スタッフや介護士が常駐しており、利用者の健康状態や生活状況に応じたケアを提供します

また、施設によってはリハビリテーションプログラムやレクリエーション活動も提供されています。
これにより、高齢者や障害者は安心して生活を送ることができます。

高齢者の介護ニーズと施設の重要性

高齢者が直面する問題は多岐にわたりますが、その中でも介護が必要な状況は特に重要です。
高齢者が自宅で過ごすことが困難な場合、介護施設は良い選択肢となることが多いです。

施設は、高齢者が安全で快適に生活できるように、多様なサービスを提供しています。
これにより、高齢者自身だけでなく、その家族も安心して生活を送ることができます。

スポンサーリンク

介護施設・サービスの主な種類

訪問介護

介護施設は多種多様であり、それぞれの施設が提供するサービスや特徴も異なります。
以下では、主な介護施設の種類について詳しく解説します。

それぞれの施設がどのような特徴や利点を持っているのかを理解することで、自分や家族に合った施設を選ぶ際の参考にしてください。

有料老人ホームの特徴と利点

有料老人ホームは、自宅での生活が困難な高齢者が安心して暮らせる場所です。
特に、独自のサービスやアメニティが充実している点が多く、一定の費用を支払うことで高度なケアを受けられます。

利点としては、24時間体制での医療ケアやレクリエーション活動、美味しい食事サービスなどがあります。
また、プライバシーが守られた個室での生活が可能で、自分らしい生活を送ることができます。

有料老人ホームの利用対象者とおおよその費用

有料老人ホームは、自立しているか、あるいは少しの介護が必要な高齢者が対象です。
月額費用は施設によって異なりますが、一般的には30万円から50万円程度です。
多くの場合、入居一時金も必要とされます。

グループホームの特徴と利点

グループホームは、認知症の高齢者が小規模な集団で共同生活を送る施設です。
特に、家庭的な環境を重視しており、スタッフとの距離も近いため、安心感があります。

利点としては、認知症の症状に特化したケアが受けられることや、少人数での生活なので、一人ひとりに対するケアが手厚いです。

グループホームの利用対象者とおおよその費用

グループホームは主に認知症の高齢者が対象です。
月額費用は約20万円から30万円と、有料老人ホームよりも手頃です。

ケアハウスの特徴と利点

ケアハウスは、自立した生活に不安がある高齢者や介護が必要な高齢者が自立した生活を送ることができる施設です。
特に、介護型では介護スタッフが常駐しているため、必要なケアを即座に受けられます。

利点としては、自分で洗濯するなどの日常生活ができる環境が整っていること、また、多様なレクリエーションやイベントがあり、社交的な活動も充実しています。

ケアハウスの利用対象者とおおよその費用

ケアハウスは、日常生活において支援や一定の介護が必要な高齢者が対象です。
月額費用は約25万円から40万円です。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴と利点

サービス付き高齢者向け住宅は、自立した高齢者が安全かつ快適に生活できるように設計された施設です。
特に、バリアフリー設計や24時間体制のセキュリティが整っています。

利点としては、必要に応じて介護や医療サービスを受けられる柔軟性があります。
また、共用スペースでの交流や各種イベントが豊富にあり、社会参加も容易です。

サービス付き高齢者向け住宅の利用対象者とおおよその費用

サービス付き高齢者向け住宅は、一定の自立が可能な高齢者が対象です。
月額費用は約20万円から35万円です。

デイサービスセンターの特徴と利点

デイサービスセンターは、日中のみ高齢者が利用できる施設で、多様なケアやレクリエーションが提供されます。
特に、専門のスタッフがプログラムを組んでおり、身体機能の維持や向上を目指します。

利点としては、自宅での生活を続けながら必要なケアや社交活動ができる点が挙げられます。

デイサービスセンターの利用対象者とおおよその費用

デイサービスセンターは、日中のみ介護が必要な高齢者が対象です。
月額費用は約5万円から10万円です。

ショートステイ施設の特徴と利点

ショートステイ施設は、一時的に高齢者が滞在できる施設です。
特に、家族が旅行や入院で不在の際に利用されます。

利点としては、短期間でも質の高いケアが受けられること、そして家族にとっての負担軽減があります。

ショートステイ施設の利用対象者とおおよその費用

ショートステイ施設は、一時的な介護が必要な高齢者が対象です。
一泊あたりの費用は約1万円から2万円です。

特別養護老人ホーム(特養)の特徴と利点

特別養護老人ホームは、重度の介護が必要な高齢者が生活する施設です。
特に、医療スタッフや介護スタッフが常駐しており、24時間体制でのケアが可能です。

利点としては、高度な医療ケアが受けられることや、多様なレクリエーションが提供される点があります。

特別養護老人ホーム(特養)の利用対象者とおおよその費用

特別養護老人ホームは、重度の介護が必要な高齢者が対象です。
月額費用は約8万円から14万円です。

軽費老人ホーム(軽ホーム)の特徴と利点

軽費老人ホームは、比較的健康な高齢者が低コストで生活できる施設です。
特に、自分での食事や洗濯などが可能で、少ない費用で生活できます。

利点としては、費用が安く、また自分での生活が主体であるため、自立心を保つことができます。

軽費老人ホーム(軽ホーム)の利用対象者とおおよその費用

軽費老人ホームは、比較的自立しているが一定のサポートが必要な高齢者が対象です。
月額費用は約15万円から25万円です。

介護老人保健施設の医療的ケアと特徴と利点

介護老人保健施設は、医療ケアと介護が密接に連携した施設です。
特に、リハビリテーションや療養が必要な高齢者が多く利用します。

利点としては、医療スタッフと介護スタッフが連携しているため、総合的なケアが受けられる点があります。

介護老人保健施設の医療的ケアと利用対象者とおおよその費用

介護老人保健施設は、医療的なケアが必要な高齢者が対象です。
月額費用は約40万円から60万円です。

訪問介護サービスの特徴と利点

訪問介護サービスは、高齢者が自宅で受けられる介護サービスです。
特に、自宅での生活を維持しながら、必要なケアを受けられます。

利点としては、自宅での生活が続けられること、そして必要な時にすぐに専門のケアを受けられる柔軟性があります。

訪問介護サービスの利用対象者とおおよその費用

訪問介護サービスは、自宅での介護が必要な高齢者が対象です。
月額費用はサービス内容によって異なりますが、一般的には10万円から20万円です。

関連記事

介護施設への入所は、それなりの費用がかかります。満足のいくサービスを受けるためにも、介護施設ごとの特徴やサービス、費用を比較したうえで、入所先を決めましょう。本記事では、介護施設の費用やサービスについて以下の点を中心に解説します[…]

おすすめ記事

日本では少子高齢化が社会問題となっており、高齢者の割合が年々増加しています。そんな中、認知症の高齢者を専門にケアする施設も増えてきました。その施設の一つが「グループホーム」です。今回の記事では、「家族が認知症になって自宅で介護を続[…]

介護施設選びのポイント

介護施設を選ぶ際には、多くの要素が影響します。
費用、入居条件、立地、設備、スタッフの質など、一つ一つのポイントが全体の生活品質に直結します。

以下では、それぞれの要素について詳しく解説し、どのように施設を選ぶべきかのポイントをお伝えします。

介護施設選びのポイント|費用と支払い方法

介護施設にかかる費用は主に「入居一時金」と「月額利用料」です。

入居一時金は、平均余命や経済状況を参考に一定の「想定居住期間」を設定し、その期間の賃料や介護費などを前払いする仕組みです。
月額利用料は、日常生活費や介護保険サービス費、医療費など毎月支払う費用です。

費用の平均値や中央値を確認し、自分の資産と将来の収入を照らし合わせて、無理なく払える施設を選びましょう。

介護施設選びのポイント|入居条件

老人ホームを選ぶ際には、入居条件や退去条件を事前に確認することが重要です。

特に、要介護度が上がったときや医療依存度が高まったとき、長期間入院したときなど、入居を継続できるかどうかを確認することが大切です。

介護施設選びのポイント|施設の立地

施設の立地条件は、本人が住みたいと思う場所、家族が訪れやすい場所など、多くの要素に影響します。
最寄り駅からの距離やタクシー料金、緊急時に駆け付けられる距離などを確認しましょう。

介護施設選びのポイント|施設の設備

設備の充実度は、要介護状態となってからも安心して生活を続けるために重要です。
館内の廊下の広さ、ドアの形状、床材の材質、浴室設備のクオリティなど、多くの点に注意が必要です。

介護施設選びのポイント|スタッフの質と対応力

スタッフの質と対応力も、施設選びにおいて重要な要素です。
見学時にスタッフや入居者との対話を通じて、施設の雰囲気やスタッフの対応力を確認しましょう。

介護施設選びのポイント|利用者の口コミと評判

口コミや評判は、施設の実際の様子を知る有用な情報源です。
ただし、口コミには個々の主観が色濃く反映されている場合もあるため、複数の情報を総合的に判断することが重要です。

関連記事

一口に介護施設といっても種類は様々であり、入居条件や費用などがそれぞれ異なります。そのため、いざ入居を考えても実際にどの介護施設を選べば良いのか分からないですよね。被介護者に合った介護施設を見つけるためには、それぞれの施設の特徴[…]

スポンサーリンク

厚生労働省の介護施設に関する基準と規制

厚生労働省が定める介護施設の基準と規制は、高齢者が安全かつ質の高いサービスを受けられるようにするための重要なガイドラインです。
これらの基準と規制は、施設の運営者にとっても、施設を選ぶ消費者にとっても、参考にすべき重要なポイントです。

以下では、その概要と、施設がどのようにこれらの基準と規制に対応しているのか、そして厚生労働省が今後推進していく方針について詳しく解説します。

厚生労働省の介護施設に関する指針の概要

厚生労働省が定める介護施設の基準は、施設の種類(有料老人ホーム、高齢者向け施設、公的施設など)によって異なります。
これらの基準は、入居に関わる費用、要介護レベル、提供されるサービスなどを規定しています。

例えば、公的施設では要介護レベル3〜5の高齢者が主な対象であり、医療スタッフも配置される場合が多いです。
一方で、高齢者向け施設は、一人暮らしが不安な高齢者や、独立した生活を送りたい高齢者が対象となります。

介護施設の運営基準と安全対策の重要性

施設の運営基準と安全対策は、高齢者が安全で快適な生活を送るために非常に重要です。
例えば、公的施設では医療スタッフが配置され、健康管理が徹底されます。

また、施設によっては機能訓練のプログラムがあり、高齢者が身体機能を維持・向上させることができます。
安全対策としては、バリアフリー設備の整備、緊急時の対応体制、スタッフの研修などが考慮されます。

厚生労働省が推進する介護施設の改善方針

厚生労働省は、介護施設の質を向上させるために様々な改善方針を推進しています。
これには、施設の運営基準の見直し、スタッフの資格向上、新しいサービスの導入などが含まれます。

特に、高齢者が自宅での生活に近い環境で過ごせるように、家庭的な雰囲気を大切にした施設作りが進められています。
これにより、高齢者自身もその家族も、より快適に介護と向き合えるようになると期待されています。

健達ねっとECサイト

介護施設の種類と特徴についてまとめ

ここまで介護施設の種類と特徴についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 介護施設とは、高齢者や障害を持つ人々が安全で快適に生活できるように設計された施設のこと
  • 介護施設には、有料老人ホームやグループホーム、デイサービスセンターなどさまざまな種類の施設がある
  • 介護施設選びの際には、費用、入居条件、立地、設備、スタッフの質などをしっかり確認することが重要である

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

薬の使い方

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク