ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>介護お役立ち記事>在宅介護>介護ベッドの総合ガイド|選び方、補助金まで徹底解説

介護ベッドの総合ガイド|選び方、補助金まで徹底解説

高齢化社会が進む中で、介護ベッドの需要は年々増加しています。
介護ベッドは、高齢者や身体に障害を持つ人々が安全かつ快適に過ごすために不可欠なアイテムです。
そのため、選び方一つで生活の質が大きく変わることもあります。

しかし、多くの人々はどのような介護ベッドが適しているのか、何を基準に選べばいいのか疑問に思っています。
そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 介護ベッドの種類
  • 介護ベッドの補助金
  • レンタルと購入の違い

最後までお読みいただければ、適切な介護ベッドの選び方がきっと見つかるでしょう。

スポンサーリンク

介護ベッドとは

介護ベッドは、高齢者や障害を持つ人々が安全かつ快適に過ごすための特別なベッドです。
一般的なベッドとは異なり、多機能性と調整可能な設計が施されています。

使用者の体調やニーズに応じて調整が可能な機構を備えています。
高さ調整、傾斜角度の変更、サイドレールの追加など、多くの機能が組み込まれています。

主に要介護の状態にある高齢者や障害を持つ人々のために用いられ、時には手術後のリハビリテーションなど、一時的な状況での使用も考えられます。

スポンサーリンク

介護ベッドの基本機能

介護ベッドは、高齢者や障害を持つ人々が安全かつ快適に過ごすための特別なベッドです。
医療機関、介護施設、そして自宅での介護に広く使用されています。

介護ベッドのモーター機能の役割

モーター機能は介護ベッドにおいて非常に重要な要素です。
この機能によって、ベッドの高さや角度を簡単に調整できます。

寝たきりの状態や移動が困難な人にとっては、モーター機能があることで多くの負担が軽減されます。
食事の際に上体を起こす、または足元を高くするなど、日常生活の多くの場面で活躍します。

介護ベッドの電動機能とは

電動機能は、モーター機能を一歩進めたものであり、リモコン操作でさまざまな動作をコントロールできます。
この機能によって、看護師や介護者が物理的な力をかけずにベッドの調整が可能になります。

緊急時には迅速な対応が可能となり、安全性が高まります

介護ベッドのマットレスの種類と特性

介護ベッド用のマットレスにはいくつかの種類があります。
一般的には、硬さや素材、寸法などが異なります。
硬すぎるマットレスは身体に負担をかける可能性がありますが、柔らかすぎると寝返りが打ちづらくなります。

そのため、使用する人の体調や好みに応じて選ぶことが重要です。

おすすめ記事

自宅での自立した生活を援助することを居宅介護支援と言います。少子高齢化が進む日本で、居宅介護支援は重要な役割を担っています。居宅介護支援事業所とはどのような役割を持つのでしょうか?また、どのようなサービスを提供するのでしょうか?[…]

介護ベッドの種類

介護ベッドは、高齢者や障害を持つ人々が安全かつ快適に過ごすための重要なアイテムです。
市場にはさまざまな種類の介護ベッドがあり、それぞれに特有の特徴やメリットがあります。

介護ベッドの種類|1モーターベッド:基本的なケアに

モーターベッドは、最も基本的な介護ベッドの一つです。
このタイプのベッドは、通常、背もたれの角度を調整ができる一つのモーターを備えています。
価格が比較的安く、操作も簡単であるため、基本的なケアニーズに適しています。

しかし、機能が限られているため、高度なケアが必要な場合には不向きです。

介護ベッドの種類|2モーターベッド:多機能で快適性アップ

2モーターベッドは、背もたれと脚部の角度を独立して調整できるモーターを二つ備えています。
これにより、より多くのポジションで快適に過ごすことが可能です。

特に、長時間ベッドに横たわっている場合や、特定の医療状態に対応する必要がある場合に有用です。

介護ベッドの種類|3モーターベッド:介護者にも優れた機能

3モーターベッドは、さらに高度な調整機能を持っています。
通常、背もたれ、脚部、そしてベッド全体の高さを調整できます。
これにより、介護者が楽に介護作業を行えるようになります。

ただし、価格が高くなる傾向があります。

介護ベッドの種類|4モーターベッド:高い機能性と利便性

4モーターベッドは、最も高機能な介護ベッドとされています。
背もたれ、脚部、ベッド全体の高さ、さらには傾斜角度まで調整可能です。
これにより、非常に多様なケアニーズに対応できます。

価格は高いですが、その分多くの機能と利便性があります。

介護ベッドの種類|1+1モーターベッド:基本機能にプラスα

1+1モーターベッドは、基本的な1モーターベッドに追加の機能がついた形です。
通常、背もたれと脚部の角度を独立して調整できますが、それ以外の特別な機能はありません

このタイプのベッドは、基本的なケアニーズに対応しつつ、少しの追加機能を求める場合に適しています。

関連記事

高齢者人口が急速に増加する中、介護ベッドの重要性は日増しに高まっています。介護ベッドは、高齢者や介護を必要とする人々が安心して休むことができる場所であり、その品質と機能性は、その人の生活の質に直結しています。しかし、どのようにして介護[…]

スポンサーリンク

介護ベッドの購入と補助金

介護ベッドの購入は、高齢者が自宅で安全に暮らすための重要なステップです。
このプロセスには、補助金はどのように申請するのか、医療費控除はどのような条件で受けられるのか、といった疑問があります。

安全かつ効率的に介護ベッドを購入する方法を解説します。

介護ベッド補助金の申請方法

補助金の申請は、介護保険制度をうまく利用するための重要なステップです。

具体的には、要介護度に応じて支給される補助金の額が異なります
補助金を受けるためには、自治体から指定を受けた業者を利用する必要があります。

医療費控除の条件と手続き

医療費控除は、介護ベッドやその他の福祉用具を購入した際に、一定の条件下で受けられる税制上の優遇措置です。

具体的には、同一年度内で上限10万円までの自己負担分が、要介護度に関係なく支給されます。

健達ねっとECサイト

介護ベッドのレンタル vs 購入

介護ベッドをレンタルするか購入するか、この選択は個々の生活環境や希望、そして介護保険の適用など多くの要素に影響されます。

介護ベッドレンタルのメリットとデメリット

介護ベッドをレンタルする最大のメリットは、費用を抑えられることです。
月に1,000〜2,000円程度でレンタルが可能で、機種の変更も容易です。
さらに、メンテナンスやアフターサービスも受けられます。

一方で、介護保険の適用が限られており、条件によっては利用できない場合もあります。

要支援1の場合の介護ベッドのレンタルオプション

要支援1の状態でのレンタルは、一般的には介護保険の適用外です。
しかし、「例外給付」という制度を利用することで、特定の条件下で介護保険が適用される場合もあります。
この制度を利用するには、ケアマネジャーに相談し、市区町村に届け出をする必要があります。

自費での介護ベッドのレンタル料金の相場

自費でのレンタル料金は機種や付属品によって異なりますが、年間15,000〜20,000円程度でレンタルが可能です。

例えば、楽匠プラス3モーション(ベッド)とYHオリジナルマットレス、ベッドサイドレールなどを組み合わせた場合、月の合計費用は1,706円となります。

薬の使い方

介護ベッドのデメリットと注意点

介護ベッドは高齢者や障害を持つ人々にとって非常に便利なアイテムですが、その使用にはいくつかのデメリットと注意点があります。

介護ベッドの維持費と修理:隠れたコストに注意

介護ベッドは初期投資だけでなく、維持費もかかります。
特に、高機能なモデルを選ぶと、その維持費はさらに高くなる可能性があります。
長期間使用すると、部品の摩耗や故障が起こる可能性があり、その修理費用も考慮する必要があります。

節約のためには、定期的なメンテナンス部品の交換が必要です。

介護ベッドの使用上のリスクと対策:安全第一で選ぶべき

介護ベッドは便利ですが、使用上のリスクも存在します。

例えば、ベッドの高さ調整が不適切だと転落のリスクがあります。

また、電動式のベッドを使用する場合、電源トラブルや故障が起こる可能性もあります。
これらのリスクを最小限に抑えるための対策としては、定期的なメンテナンスや、使用者と介護者双方での注意喚起が必要です。

介護ベッドのサイズと設置について

介護ベッドのサイズと設置は、家庭での介護において非常に重要な要素です。
特に初めて介護ベッドを選ぶ方にとって、どのサイズが適しているのか、どれだけのスペースが必要なのか、多くの疑問があります。

一般的な介護ベッドのサイズ

介護ベッドのサイズは、一般的にはシングルベッドと同じくらいです。

具体的には、長さが約200cm、幅が約100cmとなっています。
これは、日本の畳で言えば、約1畳分のスペースが必要ということです。
ただし、セミダブルやキングサイズのベッドを使用している場合は、それよりも基本的に小さくなることを覚えておいてください。

また、高さが高くなる場合や、デザインによっては少し大きく見えることもありますが、基本的なサイズは変わりません。

介護ベッドの設置スペースと注意点

介護ベッドを設置する際には、ベッド自体のサイズだけでなく、周囲のスペースも考慮する必要があります。
特に、看護師やヘルパーがベッドの周りで動きやすいように、余裕を持ったスペースが必要です。

また、ベッドの昇降機能によっては、頭側や脚側にもスペースが必要な場合があります。
これらの点は、介護ベッドの購入やレンタルを検討する際に、専門の業者としっかりと相談することが重要です。

スポンサーリンク

介護ベッドのまとめ

ここまで介護ベッドについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 介護ベッドはモーターの数によって種類分けされ、それぞれ使える機能に差がある
  • 介護ベッドの補助金は自治体から指定された業者から購入することで受けたり、医療費控除によって賄ったりすることができる
  • レンタルは購入に対して月ごとでは安い費用負担になるが、介護保険が限定的な場合がある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク