ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>アフターピルの値段はいくら?オンラインで安く処方が受けられるクリニックのおすすめ6選!

アフターピルの値段はいくら?オンラインで安く処方が受けられるクリニックのおすすめ6選!

PR:情報の提供「クリニックフォア」

アフターピルは何らかの原因で避妊に失敗した際に妊娠を防ぐための薬です。

では、はたしてアフターピルの値段はいくらくらいなのでしょうか?
またアフターピルを安く購入できる方法はあるのでしょうか?

そこで本記事では以下のことを中心に、解説していきます。

  • アフターピルの値段の相場
  • アフターピルの購入方法
  • アフターピルの効果とそのメリット・デメリット

最後にアフターピルに関するよくある質問をまとめています。
ぜひ最後までご覧ください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら

まとめて知りたい方必見!アフターピルが買えるおすすめオンラインクリニック早見表

 
クリニック名mederiスマルナDMMオンラインクリニッククリニックフォアエニピルエミシアクリニック
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル
アフターピル処方代9900円~9480円~8998円~8778円~9900円~
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
9:30~20:3010:00〜24:0024時間対応
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短即日配送最短当日発送最短当日発送翌日到着最短当日発送
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

編集部おすすめアフターピルが買えるオンラインクリニックは【mederi

mederi(メデリ)

mederi
初月無料のオンラインクリニックなら

CMで話題のメデリピルって?

mederiは、ピル初心者の方でも始めやすいオンラインクリニックです。
取り扱うピルの種類も多く、低用量ピルの初月1シートは無料(送料別途550円かかります)となっています。

診療は産婦人科医によるもので、オンラインながら手厚い診療を受けることができます。

また、診察代は何度でも無料で、アプリのダウンロード等もなくLINEで気軽に予約を取ることができます。

クリニック名mederi
ピルの種類超低用量ピル/低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン:1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
アフターピル処方代9900円~
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着

アフターピルとは

アフターピルは、「緊急避妊薬」を指します。

避妊に失敗した場合や性犯罪に巻き込まれたなど、妊娠を希望しない場合に服用される薬です。

コンドームの脱落など問題となる性行為を行った72時間以内に飲めば妊娠を防げます。
服用が早ければ早いほど、妊娠の成立を防ぐ効果が期待できます。
しかし、妊娠阻止率は100%ではなく、95%程度だといわれています。

アフターピルには、黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれています。
黄体ホルモンが排卵を抑制したり、着床を防いだりすることにより妊娠を阻止するのです。

関連記事

ピルは避妊薬として知られていますが、生理不順などの治療にも用いられます。また、ピルには種類があり用途に応じて用法・容量が決まっています。そもそもピルにはどのような種類のものがあるのでしょうか。アフターピルにはどのような効[…]

アフターピルの値段はいくらが相場?

薬名服用可能時間特徴避妊率mederiDMMオンラインクリニッククリニックフォアスマルナエニピルマイピルオンラインエミシアクリニック
ヤッペ法
「プラノバール」
72時間以内24時間以内で70%程度の避妊成功率
副作用が強い
24時間以内:77%
48時間以内:36%
72時間以内:31%
1,980円4,378円5,478円2,900円5,478円4,378円-
レボノルゲストレル法
「ノルレボ」
72時間以内0〜72時間以内で80%程の避妊成功率
副作用が軽い
24時間以内:95%
48時間以内:85%
72時間以内:58%
11,000円11,979円9,240円9,480円9,900円10,978円-
エラ・エラワン120時間以内服用可能時間が120時間以内で長い
副作用が強い
24時間以内:99%
48時間以内:99%
72時間以内:97.9%
120時間以内:85%
-8,998円9,240円-13,200円10,978円15,950円
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

(出典:お薬なび

アフターピルは1万円から1万5千円が相場

アフターピルは医師の処方が必要であるため、クリニックで購入することになります。

アフターピルの値段相場は、1〜1万5千円ほどです。
クリニックによって値段が異なります。
しかし、大体どのクリニックも上記の値段ほどで提供していることが多いです。

上記の数値には、診察料と薬代を合わせたものになります。
保険が適用されないため、比較的高い値段になってしまうのです。

さらにオンラインクリニックであれば、送料も費用としてかかってきます。
アフターピルには、様々な種類の薬があるため、薬が違うと値段も異なってきます。

アフターピルの値段が高い理由

アフターピルは、避妊に失敗した場合や性犯罪の被害者など、望まない妊娠を防ぐための緊急避妊薬です。

しかし、その価格は一般的に高いとされています。
その理由は、アフターピルが「自由診療」に分類されるため、健康保険の適用外となり、全額自己負担となるからです。
自由診療とは、公的な医療保険が適用されない医療技術や薬剤による治療のことを指します。

さらに、アフターピルは自由診療であるため、各クリニックがそれぞれ自由に価格を設定することが可能です。
そのため、クリニックによってアフターピルの価格は異なります。
これらの要素が、アフターピルの価格が高い理由となっています。

そのため、同じ薬でもクリニックによって全く値段が違うということも少なくありません。
他のクリニックと差別化するために、独自の強みを設けているクリニックも多いです。

例を挙げると、クリニックフォアはオンライン診察でアフターピル処方が可能で、最短翌日に薬が届きます。
クリニックによって値段や特徴に違いがあるため、病院選びが重要となります。
出典:クリニックフォア「クリニックフォアのオンライン・アフターピル自由診療

アフターピルの値段が安い病院では6千円から8千円

日本でも安いクリニックでは6〜8千円ほどでアフターピルを受け取ることができます。
例を挙げると、ウェメンズヘルスケアオンラインクリニックはレボノルゲストレル錠が6,000円で利用可能です。

値段が安いアフターピルは、ジェネリック薬であることが多いです。

また薬の費用が安いクリニックは、その分診察料がかかってしまうこともよくあります。
他の費用が高いこともあるため、薬以外の費用もよく確認するようにしましょう。
出典:ウィメンズヘルスケアオンラインクリニック「料金表

アフターピルの値段が高い病院では2万円かかることもある

高いクリニックでは、アフターピルの値段が2万円以上かかってしまうことがあります。
先発医薬品は高くなる傾向にあります。

通常は1万5千円ほどでも、休日診察費が加算されて2万円ほどになるクリニックも少なくありません。

また薬の費用が高いクリニックは、その分サポートが充実していることがあります。
例えば吐き気止め薬の無償処方、返金保証などです。

値段が高いからと敬遠せず、他にどのような強みがあるか確かめておくことが重要です。

こちらの記事でも、ピルの値段相場について解説しています。

関連記事

ピルのオンライン処方を利用したことがある方も多いのではないでしょうか。ピルのオンライン処方は、安く購入できます。では、ピルのオンライン処方が安い理由には、どのようなものがあるでしょうか。本記事では、ピルのオンライン処方が[…]

アフターピルは種類によって値段や特徴が違う

アフターピルには、主に「ヤッぺ法」、「レボノルゲストル法」、「エラ・エラワン」の3種類があります。
ここでは、3種類のアフターピルの値段と、先発品・後発品の値段を解説していきます。

アフターピルの種類ヤッペ法「プラノバール」レボノルゲストレル法「ノルレボ」エラ・エラワン
 
値段相場6000円10000円9000円
含有成分卵胞ホルモンと黄体ホルモン黄体ホルモン黄体ホルモン
服用可能時間72時間以内72時間以内120時間以内
特徴24時間以内で70%程度の避妊成功率
副作用が強い
0〜72時間以内で84%の避妊成功率
副作用が軽い
服用可能時間が120時間以内で長い
副作用が強い

ヤッペ法の値段相場は6千円

ヤッぺ法は、中用量ピルに該当し「プラノバール」という薬を服用する緊急避妊方法です。
2錠の錠剤を12時間おきに2回服用することが特徴です。

避妊成功率は、性行為から24時間以内で70%程度です。
72時間以内では30%まで落ちてしまいます。
さらに、レボノルゲスト法より副作用が強いことがデメリットです。

ヤッペ法の費用相場は6千円程度です。
アフターピルの中では、費用が安いことがメリットになります。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンを内服

ヤッぺ法の「プラノバール」には、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」が含まれています。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの数が増えると、脳が妊娠したと錯覚します。
脳が錯覚した結果、排卵が抑えられることで避妊の効果が期待できます。

中用量ピルであるため、低用量ピルより含まれているホルモン数が多いです。
そのため避妊効果が高く、副作用が起きる可能性も高くなります。

プラノバールは、1錠服用することで子宮内膜症や月経困難症にも効果が期待できます。
2錠服用することで、緊急避妊の効果が期待できます。

緊急避妊効果はレボノルゲストレル法に劣る

ヤッぺ法の避妊成功率は、性行為から24時間以内で70%ほどとなります。
72時間以内では30%まで落ちてしまいます。

これは、ヤッペ法の副作用が理由の1つです。
服用すると吐き気を催し、嘔吐してしまった結果、効果が弱まってしまうことが少なくありません。

レボノルゲストル法の避妊成功率は、性行為から24時間以内で95%です。
緊急避妊効果はレボノルゲストル法に劣ります。

副作用リスクを理解した上で服用するようにしましょう。
出典:アイシークリニック「ヤッペ法は緊急避妊法の一つ!ピルの飲み方や副作用、アフターピルとの違いを解説

レボノルゲストレル法の値段相場は1万円

レボノルゲストレル法は、「ノルレボ」という薬を服用する緊急避妊方法です。
WHOに緊急避妊における必須薬とされていて、評価の高いアフターピルになります。

避妊成功率は、性行為から0〜72時間以内で84%です。
使用上の注意としてできる限り速やかに服用することが挙げられています。

服用方法は、性行為から72時間以内に1錠です。

ヤッペ法より副作用が軽く効果が期待できます。
そのため、アフターピルとして最もよく用いられています。

また、レボノルゲストレル法の料金相場は1万円程度です。
ヤッペ法の費用相場は6千円程度です。
つまり、ヤッペ法よりは費用が高くなるといえます。
出典:厚生労働省「資料5 レボノルゲストレル

黄体ホルモンを内服

レボノルゲストレル法の「ノルレボ」には「黄体ホルモン」のみが含まれています。
その黄体ホルモンこそがレボノルゲストレルなのです。

レボノルゲストレルは、受精卵を作ることや受精卵の着床を邪魔します。
邪魔した結果、妊娠を防げます。

脳を錯覚させるヤッぺ法と違って、直接的に妊娠を防ぐ作用があります。

黄体ホルモンが多く体に含まれることで、体温上昇の副作用が生じる可能性があります。
最大で3日ほど続くこともありますが、次第に戻っていくでしょう。

1回の投与で効果が得られる

レボノルゲストレル法は、1回1錠の投与で効果が期待できます。
費用がヤッぺ法より高いですが、レボノルゲストレル法は効果面と副作用の面で優れています。

ヤッぺ法は、2錠を2回服用しなければならず、身体への負担がかかります。
レボノルゲストレル法に関しても副作用のリスクがありますが、少ないでしょう。

ただし、レボノルゲストレル法を含めたアフターピルは、常用を想定して作られていません。
あくまで非常事態の際にのみ、服用することが大切です。

エラ・エラワンの値段相場は9千円

エラ・エラワンは、緊急避妊薬の一種で、その値段相場は約9千円となっています。

エラ・エラワンは、性交後120時間以内に服用することで、高い避妊効果を発揮します。
特に、BMI30以上の肥満の人でも高い避妊効果が期待できるとされています。

しかし、日本では未承認のアフターピルであり、重大な副作用が起きた場合の治療費は自己負担になるというリスクが存在します。
また、費用も比較的高いため、性交後時間が経ってしまった人におすすめです。

黄体ホルモンを内服

エラ・エラワンは、黄体ホルモンの一種であるウリプリスタール酢酸エステルを主成分としています。
この成分は、女性の体内で排卵を抑制し、受精卵の着床を防ぐことで避妊効果を発揮します。

エラ・エラワンは、性交後120時間以内に1錠を服用することで、その効果を最大限に引き出すことができます。
ただし、副作用として消退出血、吐き気、頭痛、胸の圧痛、経血量の増加などが報告されていますので、使用には注意が必要です。

120時間以内の服用でも効果が得られる

エラ・エラワンは、性交後120時間以内に服用することで、高い避妊効果を発揮します。
これは、エラ・エラワンの主成分であるウリプリスタール酢酸エステルが、排卵を抑制し、受精卵の着床を防ぐ働きを持っているためです。

しかし、エラ・エラワンは緊急避妊薬であり、定期的な避妊手段としての使用は推奨されていません。
また、性交後すぐに服用した方が効果は高まるとされています。
そのため、エラ・エラワンは、他の避妊手段が利用できなかった場合や、避妊手段が失敗した場合のバックアップとして考えるべきです。

また、エラ・エラワンを服用した後は、次の月経が来るまで別の避妊手段を使用することが推奨されています。

先発品ノルレボは1万5千円~2万円が相場

アフターピルには、先発品と後発品の2種類があります。
先発品は、レボノルゲストレル法の「ノルレボ」などが該当します。

ノルレボの料金相場は1万5千〜2万円程度です。

先発品は最も早く開発された新薬のことです。
後発品はジェネリック薬ともいわれ、先発薬の特許期間の20年間が経過した後に開発されます。

成分自体は先発品と後発品に違いがありません。

後発品(ジェネリック)レボノルゲストレルは1万円が相場

後発品は「レボノルゲストレル錠」が該当します。

レボノルゲストレル錠の料金は、1万円前後が相場になります。
先発品の「ノルレボ」よりも料金が安いです。

先発品の方が高くなるのは、薬の開発に膨大な費用がかかることが理由です。
一方で後発品は開発費用が安く済むことから、料金が安く設定されます。

成分量や安全性については先発品と後発品共に同じです。
異なる点は、価格と薬の名前ぐらいになります。

そのためアフターピルは後発品の方がおすすめです。

関連記事

ピルは、避妊や生理痛の緩和などを目的として用いられる薬です。ピルは保険適用外となるため、価格が高くクリニックによって値段が異なります。ピルの値段は、いくらくらいなのでしょうか?ピルを安く購入できる方法は、あるのでしょうか[…]

アフターピルを早急に飲む理由:避妊の効果時間と確率

アフターピルとは、性交後に飲むことで避妊効果を発揮する緊急避妊薬のことです。
アフターピルには、主に2種類のタイプがあります。
レボノルゲストレル配合錠の72時間タイプと、ウルイプリストール配合錠の120時間タイプです。

どちらも、性交後に1錠飲むだけで避妊効果があるとされていますが、その効果は時間とともに低下していきます。
つまり、性交後にどれだけ早く飲むかによって、避妊効果が変わってきます。

レボノルゲストレル配合錠の72時間タイプは、性交後24時間以内に飲むと、避妊率は99.5%と非常に高いです。
48時間以内に飲むと避妊率は98.0%、さらに、72時間以内に飲むと避妊率は97.0%に下がります。
そして、72時間を過ぎてしまうと避妊率は急激に低下し、120時間以内に飲んでも避妊率は63.0%にしかなりません。

ウルイプリストール配合錠の120時間タイプは、性交後24時間以内に飲むと、避妊率は99.5%と同じく高いです。
48時間以内に飲むと避妊率は98.4%、72時間以内に飲むと避妊率は97.9%になります。
そして、120時間以内に飲むと、避妊率は95.0%になります。

つまり、ウルイプリストール配合錠の120時間タイプは、レボノルゲストレル配合錠の72時間タイプよりも、時間が経っても避妊効果が期待できるということです。

どちらのタイプも、性交後48時間以内であれば、避妊率の差は大きくありません。
しかし、避妊に失敗した恐れがある場合は、できるだけ早くアフターピルを飲むことが重要です。

アフターピルは、緊急避妊薬であって、常用避妊薬ではありません。
アフターピルは、副作用があることや、妊娠を完全に防げるわけではないことを理解して、正しく使用するようにしましょう。

アフターピルの購入方法

ここではアフターピルを入手する方法について解説していきます。
ぜひ参考にしてください。

医師の診察と処方が必要

アフターピルを入手するためには、必ず医師による診察と処方が必要です。
逆にいえば、医師の診察なしにアフターピルを入手することは危険です。

アフターピルは妊娠を防げますが、副作用が生じる可能性も否定できません。

医師の診察では、最終月経日や問題となる性行為の発生日、既往歴、不安点などを聞かれます。
また、医師から薬の服用方法や副作用、再来院となる場合の症状の説明などがあります。

スムーズに入手するために、診察で聞かれることをあらかじめ考えておく等の準備をしておきましょう。

かかりつけの産婦人科を受診する

かかりつけの産婦人科がある場合、かかりつけ医に相談することがベストです。
かかりつけ医である場合、問診で確認する事項が少なく済みます。

そのため、スムーズにアフターピルを入手できます。
また、自分の身体に負担の少ないアフターピルを処方してくれる可能性が高いです。

かかりつけ医を受診すると、アフターピル服用に関する不安も相談しやすいです。
もしアフターピルの副作用が起きても、再受診しやすいなどのメリットもあります。

休診日の場合は当番医を受診する

クリニックの休診日や遠出している場でアフターピルが必要な場合、その地域の当番医を受診しましょう。

遠出から帰ってきて、さらに休診日が明けてから受診すると、妊娠を防げないことも否定できません。

アフターピルは72時間以内の服用で効果が期待できます。
また、早ければ早いほど、妊娠成立の可能性が低くなります。

そのため、すぐに受けられる病院を探して、受診することが重要なのです。
アフターピルを入手するときには、スピードを重視しましょう。

オンライン診療を受ける

アフターピルはすぐに受けられるクリニックを探すことが重要です。

しかし、そもそも近くにアフターピルの処方が可能なクリニックがないことがあります。
その場合は、オンライン診察が可能なクリニックを探して診察を受けることが有効です。

オンライン診察は、薬の自宅配送が必要となります。
早く服用できるか不安になる方もいらっしゃるでしょう。

オンライン診察が可能であるクリニックは、スピード感を重視しているクリニックが多いです。
診察時間を短く手軽に受けられることや、薬の当日発送が可能なことなど様々な工夫をしています。

病院に行く時間が取れないという方は、オンライン診察がおすすめです。

ネットショッピングや海外でのアフターピルの購入はやめよう

アフターピルは、ネットショッピングや海外通販で入手することも可能です。
しかし、アフターピルを海外から輸入することは、リスクが大きく危険な行為になります。

海外通販のデメリットとしては以下の通りです。

  • 未承認薬、偽薬、粗悪品のリスク
  • 重篤な副作用が生じた際に保障が使えない
  • 到着まで時間がかかる

ネットショッピングやネット上で知り合った人からの譲渡はトラブルにつながります。

重篤な副作用などトラブルが起きてしまっても頼る場所がありません。
クリニックで医師に診察を受けることが最善です。

アフターピルは薬局でも購入できる?値段は?

アフターピルは、性交後72時間以内に服用する必要があります。
そのため、すぐに手に入れることができる薬局やドラックストアで購入できると便利ですよね。

しかし、実際にはアフターピルは薬局でも購入できるのでしょうか?

ピルはマツキヨなどの薬局で購入できる?

残念ながら、アフターピルはマツキヨなどの薬局では購入できません

アフターピルは、厚生労働省の指定する処方箋医薬品に分類されており、医師の診察と処方箋が必要です。
ドラックストアでは、一般用医薬品や第2類医薬品などの市販薬しか販売できません。
したがって、アフターピルはドラックストアでは手に入らないのです。

ピルを購入するのはオンラインクリニックがおすすめ

では、アフターピルはどこで購入できるのでしょうか?
アフターピルを購入するには、基本的には産婦人科や婦人科などの医療機関で診察を受けて処方箋をもらう必要があります。
しかし、医療機関に行くのは時間がかかるだけでなく、恥ずかしいと感じる方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、オンラインクリニックです。

オンラインクリニックとは、インターネット上で医師とのやりとりができるサービスです。
オンラインクリニックでは、アフターピルの服用に必要な問診票を入力し、医師の判断によって処方箋が発行されます。
その後、処方箋をもとに、オンラインクリニックが提携する薬局からアフターピルが郵送されます。

オンラインクリニックの利点は、以下のようなものがあります。

  • 時間や場所を選ばずに利用できる
  • 対面での診察がないので恥ずかしくない
  • 個人情報の保護が徹底されている
  • 薬の値段が安い

オンラインクリニックでアフターピルを購入する場合は、信頼できるサービスを選び、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

関連記事

ピルは避妊だけでなく、生理痛や子宮内膜症の治療にも有効です。実際に近年は月経や更年期に伴う不調を改善するためにピルを利用する方も増えています。ところで、ピルは一体どこで買えるのでしょうか?本記事では、ピル[…]

アフターピルを安い値段で購入したい人必見!おすすめオンラインピルクリニック5選

 
クリニック名mederiスマルナDMMオンラインクリニッククリニックフォアエニピルエミシアクリニック
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル
アフターピル処方代9900円~9480円~8998円~8778円~9900円~
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
9:30~20:3010:00〜24:0024時間対応
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短即日配送最短当日発送最短当日発送翌日到着最短当日発送
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないように行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【12シートおまとめプラン】
※2024年6/30までの期間限定価格
【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額1,963円/シート
総額:23,556円
2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間18,684円お得年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiの超低用量ピル各料金

ピルの種類料金(税込)
フリウェルULD¥4,180
ルナベルULD¥6,980
ドロエチ¥4,580
ヤーズ¥8,880
ヤーズフレックス¥9,980

mederiの口コミ

口コミ

オンライン診療だから隙間時間に受けられてとても便利。
再診は無料なので、いつでも相談できて◎
(引用元:mederi公式サイト)


婦人科にかかるハードルは低いけれど、mederiは全てオンラインで家から出なくてOKなのが嬉しい。
(引用元:mederi公式サイト)

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類超低用量ピル/低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12シートおまとめプラン:1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
アフターピル処方代9900円~
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
アフターピル処方代9480円~
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
アフターピル処方代8998円~
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

「提供:クリニックフォア」

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
アフターピル処方代8778円~
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
アフターピル処方代9900円~
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

こちらの記事では、さらに多くのクリニックを紹介しています。
気になる方は、ぜひご覧ください。

関連記事

予期せぬ妊娠を避けるための薬「アフターピル」をご存じでしょうか。アフターピルの効果は時間との競争だといわれています。アフターピルの購入先など、いざというときに知っておけば安心ではないでしょうか。本記事ではアフターピルのお[…]

アフターピルを格安の値段で買う方法

アフターピルは保険適用外のため、値段が高くなります。
ここでは、アフターピルを格安の値段で買う方法を解説していきます。

アフターピルを安く買う方法|安い値段で処方している病院を探す

1つ目の方法は、安い値段で処方してくれる病院を探すことです。
アフターピルは自由診療に該当するため、値段はクリニックで異なります。
自由診療では、病院がアフターピルの価格・診察料を決定します。

同じ薬でもクリニックによって全く値段が違うこともあるため、クリニック選びは重要です。

例えばエニピルはアフターピルの料金が9,900円で、クリニックフォアは9,480円です。
一見すると、クリニックフォアの方が安くみえます。

クリニックフォアは診察代が1,500円かかりますが、エニピルは無料となっています。
診察代を含めると、エニピルの方が安くなるのです。

薬の値段だけでなく、診察代や送料も含めて安いクリニックを探すようにしましょう
出典:エニピル「アフターピルについて
出典:クリニックフォア「クリニックフォアのオンライン・アフターピル自由診療

アフターピルを安く買う方法|割引やキャンペーンを利用する

オンラインクリニックでは、様々な割引やキャンペーンが行われています。
これらを利用することで、通常よりも安くピルを購入することが可能となります。

例えば、初回購入者向けの割引や、定期購入をすることで適用される割引などがあります。
また、特定の期間に開催されるセールやキャンペーンを利用することも一つの方法です。

これらの割引やキャンペーンは、オンラインクリニックの公式ウェブサイトやメールマガジン、SNSなどで告知されることが多いので、定期的にチェックすることをおすすめします。

ただし、割引やキャンペーンの内容はクリニックによって異なるため、詳細は各クリニックのウェブサイトやカスタマーサポートに問い合わせることが必要です。
また、割引やキャンペーンを利用する際には、その条件や有効期限を確認することも重要です。

アフターピルを安く買う方法|オンライン診療のクリニックを受診する

オンライン診察のクリニックを受診するのも費用を安く済ませる1つの手です。

オンライン診察では、人件費やその他の経費がかかりません
そのためオンライン診察は、対面診療より安上がりになる場合が多いです。

例として、あしたのクリニックはオンラインでの診察で診察費用がかかりません。
逆に婦人科で診察を受けるときに対面の場合、無料であることの方が少ないです。

オンラインは自宅で受信できるので、交通費を安く抑えられるポイントです。

オンライン診察も医師との診察は可能であるため、安く済ませたい方におすすめします。

アフターピルを安く買う方法|通常診療時間内に受診する

通常診療時間内に受診するのも費用を安く済ませる1つの手です。

アフターピルは早めの服用で緊急避妊効果を高められます。
早く処方できるよう、24時間365日いつでも診察を行っているクリニックが多いです。

一般的に病院では日曜日・祝日の受診は2,500円、深夜は4,800円の料金が加算されます。
薬局で薬を貰うことも例外ではありません。

性行為から72時間以内に服薬できる場合は、通常の診療時間内に受診すれば安くなります。

オンラインでの診察可能なクリニックは、無料なこともあります。
婦人科など一般的な病院では料金が加算されることが多いため、注意しましょう。
出典:全国健康保険協会「10月 時間外受診は割増料金がかかる

アフターピルを安く買う方法|電子マネーやQRコード決済できる薬局で受け取る

電子マネーやQRコード決済など電子決済できる薬局や病院で受け取るのも1つの手です。
キャッシュレス決済は、ポイントを獲得・利用して通常より安く薬を購入できます。

クリニックフォアは、クレジットカードとAmazon payなどで支払うことが可能です。
クレジットカードで支払うと、ポイントが貯まります。
Amazon payは、Amazonギフト券やAmazonポイントで使って支払えます。

クリニックを探す際に、支払い可能手段も併せて見ておくことが重要です。

いくら安くても医師の処方なしは危険

アフターピルは、ネットショッピングや海外通販で入手することも可能です。
安くアフターピルを入手できることもありますが、非常に危険であるためおすすめできません。

特にSNSを用いてアフターピルを売買すると、対人トラブルが起こり得ます。
医師の処方がないことによる危険性は以下の通りです。

  • 薬の品質や安全性が不明
  • 健康被害のリスク
  • 服用方法が理解できず、正しい効果を得られない可能性がある
  • 副作用が生じた際の対応が分からない

実際に個人輸入による薬の被害は多数報告されています。

厚生労働省も薬の個人輸入は危険としています。
そのため、必ず医師の処方を受けるようにしましょう。

おすすめ記事

ピルは避妊薬として知られていますが、生理不順などの治療にも用いられます。また、ピルには種類があり用途に応じて用法・容量が決まっています。そもそもピルにはどのような種類のものがあるのでしょうか。アフターピルにはどのような効[…]

安いアフターピル値段一覧

アフターピルは緊急避妊薬として知られ、産婦人科やクリニックで処方されるものです。
その価格や費用は場所やブランドによって異なります。

以下は、アフターピルの価格一覧です。

アフターピルの価格比較

アフターピルの種類価格有効成分服用時間避妊成功率用法
レボノルゲストレル錠(海外製)7,000円/2錠(税込)レボノルゲストレル0.75mg 72時間以内約97%(72時間以内)1回2錠服用
エラ8,000円/1錠(税込) ウリプリスタル酢酸エステル30mg120時間以内約98.9%(120時間以内)1回1錠服用
レボノルゲストレル錠(日本製)12,000円/1錠(税込)レボノルゲストレル1.5mg72時間以内約97%(72時間以内)1回1錠服用

アフターピルは自由診療のため、保険が適用されず、クリニックにより価格に差があります。
現在、10,000〜15,000円程度で提供しているクリニックが多いとのことです。

アフターピルを安い値段で買うメリット

ここではアフターピルを安い値段で購入するメリットを3つ解説していきます。
ぜひ参考にしてください。

躊躇せず薬を入手できる

アフターピルは1回の服用で1万円以上の費用がかかります。
そのため、躊躇する方もいるでしょう。

しかしアフターピルを安く入手できるとなると、躊躇せずアフターピルを入手できます。

アフターピルは高い確率で妊娠を阻止できます。
現在は副作用が軽い薬も多いです。
妊娠を望まない場合は、アフターピルを服用するようにしましょう。

お金を工面しなくて済むので早く買える

費用を安く抑えることで、お金を工面しなくてもよく早く購入できるメリットがあります。
学生の方は特にこの恩恵が大きいでしょう。

繰り返しになりますが、アフターピルは性行為を行った72時間以内に飲めば妊娠を防げます。
しかし時間が経てば経つほど、避妊成功率は低くなります。

妊娠を防ぐためには、素早く行動することが重要です。
お金が足りない方は、まず安くアフターピルを入手する方法を試してみてください。

経済的な負担が軽くなる

アフターピルの購入費が削減できると、経済的な負担を軽くできます。
数千円の節約が可能であるため、経済的な負担への恩恵は大きいです。

しかし、妊娠を望まない場合に一番重要なことは、しっかり避妊することになります。
きちんと避妊できれば、アフターピルの購入費用自体がかかりません。

避妊をしっかり行った上で、非常事態に対する備えとしてアフターピルを活用しましょう。

アフターピルの値段が安い場合のデメリット

値段が安くてもデメリットがあるため注意しましょう。
以外で詳しくご紹介します。

診察が丁寧ではない場合もある

アフターピルの値段が安いと、診察が丁寧でないことが考えられます。
しかし、アフターピル処方はスピードが重要なため、仕方ない部分もあります。

クリニックのホームページは、良いところしか書いていないことがほとんどです。
そのため診察を含め、クリニックの実際の雰囲気が掴みづらいです。

診察の丁寧さを確かめたい場合は、クリニックの口コミ評価やSNSを確かめることをおすすめします。
口コミ評価やSNSであれば、良い点悪い点を広い視野で見られます。

副作用が出やすい薬の可能性がある

アフターピルの値段が安い分、副作用が出やすいことも否定できません。

ヤッピ法に該当するアフターピルは、値段が他のアフターピルより安いです。
しかしヤッピ法のアフターピルは、吐き気などの副作用リスクが出やすくなっています。

副作用が出にくい薬の中で、値段が安いクリニックを探すようにすると良いでしょう。
あるいは、吐き気薬の無償処方を行っているクリニックなどがおすすめです。

医師の処方以外で購入すると危険

医師の処方なしでアフターピルを購入することは危険です。
安さばかりを重視して、危険な薬を購入しないように注意しましょう。

また、海外から輸入する薬は偽薬の可能性があります。
偽薬は知的財産権を侵害するもので、処罰の対象になってしまう可能性も否定できません。

偽造薬を判別することは不可能に近いため、医師の処方を必ず受けるようにしましょう。

避妊効果がある成分が含まれていないこともある

アフターピルを個人輸入すると、避妊効果のない成分が含まれていないこともあります。
そうなると妊娠を防げません。
どのような成分が含まれているかどうかは、実際に判別することが不可能です。

望まぬ妊娠につながらないよう、クリニックで診察を受けて薬を貰うことが非常に重要です。

有害な物質が入っていることもある

アフターピルを個人輸入すると、有害な物質が含まれていることもあります。
妊娠を防げなかったり、健康被害が生じることもあります。

輸入代行業者から購入することも個人輸入と同様に危険な行為です。
代行業者はアフターピルの安全性について責任を持つ必要がありません。

成分に問題がなくても、体質に成分が適していないのに服用してしまうこともあり危険です。
自分の身体を守るためにも、アフターピルの輸入は止めましょう。

アフターピルを服用するメリット

アフターピルを服用するメリットは、主に3つです。
ここではアフターピルを服用するメリットを詳しく解説していきます。

予期せぬ妊娠を防げる

アフターピルの最大のメリットは、妊娠を防げることです。
コンドームが破れてしまうなど避妊に気を付けていても、避妊に失敗してしまうこともあります。

アフターピルは、そういった非常事態にでも対応できるのです。
性行為から24時間以内と早めに服用できれば、95%の確率で避妊できます。

避妊の失敗は誰にでも起こり得るものです。
恥ずかしがらずに、クリニックを受診するようにしましょう。

妊娠したかも?という不安を軽減できる

健康な男女が避妊せずに性行為を行った場合の妊娠率は、20〜30%程度です。
確率をみれば、妊娠する可能性の方が低いです。
妊娠する可能性の方が低いだけで、妊娠してしまう可能性は否定できません。

そのため避妊をしなかったり、性行為に問題があったりすれば不安な気持ちを抱き続けるでしょう。
アフターピルを服用すれば、妊娠を防げるため妊娠したかどうかの不安を軽減できます。

そもそも正しい避妊方法をしていれば、妊娠を心配する必要がありません。
アフターピルを服用しない避妊方法を心がけるようにしましょう。

今後の避妊について考える機会になる

アフターピルを用いた避妊方法は、いわば最終手段になります。
避妊をしなかったり、コンドームが破れてしまったりと服用理由は人によって様々です。

アフターピルを用いた避妊を経験することで、今後の避妊方法について考えるきっかけになります。

低用量ピルを用いたり、正しいコンドームのつけ方を確認できたりと様々です。
パートナーと避妊方法を話し合うきっかけにもなります。

アフターピルを服用したから終わりではなく、今後の避妊方法を考えることが重要です。

こちらの記事では、避妊目的でのアフターピルの使用方法について詳しく解説しています。
気になる方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

ピル避妊目的についてどのような目的でピルを服用するのか疑問に思ったことはありませんか?避妊目的のみでピルを服用して良いのかわかりませんよね。避妊目的のみでピルを服用するのはおかしいことなの?[…]

アフターピルを服用するデメリット

アフターピルの服用はメリットだけではありません。
もちろんデメリットも存在します。

ここではアフターピルを服用するデメリットを主に2つご紹介します。

体に負担がかかる

アフターピルは体に負担がかかってしまうことが最大のデメリットです。
ホルモンバランスに影響を与えるため、体への負担は避けられません。

しかし近年は副作用が少なく、体への負担が少ないアフターピルも増えてきました。
アフターピルは中絶よりも、体への負担を大幅に減らせます。

また中絶は、PTSDなどの後遺症が起こる可能性が否定できません。
アフターピルは体へ負担がかかるものの、後遺症はなく副作用も自然に回復していきます。

副作用が出ることもある

アフターピルを服用した場合、様々な副作用が生じる可能性があります。
人によって副作用の有無や程度は異なるため、服用するまでは分かりません。

副作用が起きてしまう理由は、主にホルモンバランスが急に乱れてしまうことです。

多くの場合、副作用で生じる症状に問題ありません。
しかし長く続く場合や、症状が重い場合には病院受診が必要となります。

ヤッぺ法は、レボノルゲストレル法より副作用が起きる可能性が高いです。
副作用が不安な方は、レボノルゲストレル法のアフターピルを選びましょう。

吐き気

吐き気は、アフターピルの服用で起こる副作用で最も多い症状になります。
多いというだけで、全員に起こるわけではありません。

実際にアフターピルを服用して嘔吐してしまう確率はごく僅かです。
さらに時間の経過とともに自然と治まります。
通常は24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

ただし、ヤッペ法の場合は副作用が生じやすく、吐き気に関しては14%の確率で起こります。
不安な方は、アフターピルと吐き気止めを併せて処方してくれるクリニックを選びましょう。
(出典:厚生労働省「資料5 レボノルゲストレル」)

胸が張る

アフターピルの副作用には、胸の張りも挙げられます。
胸の張りとは、乳房の張りを指します。
ただし胸の張りは、重篤な副作用ではありません。

また、副作用が少ないとされているレボノルゲストレル法は、ほぼないといえます。

胸の張りはアフターピルを服用後、数時間のうちに起こります。
吐き気などと同様で、通常は24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

しかしヤッペ法の場合は、胸の張りが起こってしまうことがあります。
不安な方は、レボノルゲストレル法のアフターピルの服用がおすすめです。

倦怠感を感じる

アフターピルの副作用には、倦怠感も挙げられます。
倦怠感の他に疲労感などが生じることもあります。
ただし倦怠感や疲労感は、重篤な副作用ではありません。

また副作用が少ないとされているレボノルゲストレル法は、ほぼない症状といえます。

倦怠感や疲労感は、アフターピルを服用後、数時間のうちに起こります。
吐き気などと同様で、通常は24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

しかしヤッペ法の場合、少し異なります。
ヤッぺ法は副作用の症状として倦怠感や疲労感を感じることがあります。

不安な方は、レボノルゲストレル法のアフターピルの服用がおすすめです。

不正出血

アフターピルの副作用に、不正出血も挙げられます。
性器から少量の出血がある形になります。

多くの場合血の色は茶色で、少量です。
上記に当てはまる場合であれば重篤な副作用ではなく、問題ありません。

しかし、生理のような鮮やかな血の色である場合は、別の病気の可能性が高いです。
その場合は必ず婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血は、どの種類のアフターピルでも起こり得る副作用になります。
しかし起こる確率としては低く稀です。

不正出血はアフターピルを服用後、数日経って起こります。

肌が荒れる

アフターピルの副作用には、肌荒れも挙げられます。

ただし肌荒れは、重篤な副作用ではありません。

肌の状態にはホルモンバランスが大きく関わっています。
肌荒れは、どのアフターピルでも起こる可能性があります。
肌荒れの理由は、アフターピルが女性ホルモンのバランスを乱すことです。

肌荒れはアフターピルを服用後、数日のうちに起こります。
他の副作用と同様で、通常は数日のうちに良くなることがほとんどです。

胃腸の調子が悪くなる

アフターピルの副作用に、胃腸の調子が悪くなることも挙げられます。
腸が少し緩くなる程度で済む場合や下痢などを起こしてしまう場合など症状の程度は個人差が大きいです。

こちらの副作用の理由も、ホルモンバランスが急に乱れてしまうことにあります。
胃腸の調子が悪いという副作用は、重篤な副作用ではないため問題ありません。

お腹が緩くなる副作用は、アフターピルを服用後、数時間のうちに起こります。
他の副作用と同様で、通常は1日程度で良くなることがほとんどでしょう。

眠気が強くなる

アフターピルの副作用には、眠気が強くなることも挙げられます。
倦怠感・疲労感とともに生じることが多い症状です。

これはアフターピルで基礎体温が高くなることが原因です。
基礎体温の上昇は、黄体ホルモンが引き金となります。

そのため、ヤッぺ法とレボノルゲストレル法は共に眠気が起こる可能性があります。

ただし眠気自体は、重篤な副作用ではありません。

眠気はアフターピルを服用後、数時間のうちに起こります。
吐き気などと同様で、眠気は通常24時間以内に良くなることがほとんどでしょう。

不安な方は、レボノルゲストレル法のアフターピルの服用がおすすめです。

以下の記事では、アフターピルの副作用について詳しく解説しています。
ピルを服用する前に副作用について十分に理解しておくことをおすすめします。

関連記事

アフターピルは避妊失敗後の妊娠を予防する緊急避妊薬です。アフターピルにはどのような副作用があるのでしょうか?本記事では、アフターピルの副作用について以下の点を中心にご紹介します。 アフターピルの一時的な副作用 副[…]

アフターピルの避妊率は?

アフターピルとは、性交後に服用することで妊娠を防ぐことができる薬のことです。
アフターピルには、ヤッペ法、レボノルゲストレル法、エラ・エラワンの3種類があります。

それぞれのアフターピルの避妊率はどのくらいなのでしょうか?

非妊娠率と妊娠阻止率ってなに?

非妊娠率とは、アフターピルを服用した女性のうち、妊娠しなかった割合のことです。

例えば、100人の女性がアフターピルを服用したときに、妊娠しなかったのが80人だった場合、非妊娠率は80%となります。

非妊娠率は、アフターピルの効果だけでなく、性交のタイミングや排卵の有無など、妊娠に関係する様々な要因に影響されます。
そのため、非妊娠率は、アフターピルの避妊効果を正確に反映しているとは言えません。

妊娠阻止率とは、アフターピルを服用しなかった場合に妊娠する可能性があった女性のうち、アフターピルを服用したことで妊娠を防げた割合のことです。

例えば、100人の女性がアフターピルを服用したときに、妊娠しなかったのが70人だった場合、妊娠阻止率は70%となります。

妊娠阻止率は、アフターピルの避妊効果を直接的に表す指標ですが、アフターピルを服用しなかった場合に妊娠する可能性があったかどうかを判断するのは難しいため、妊娠阻止率を算出するのは困難です。

ヤッペ法の非妊娠率・妊娠阻止率

ヤッペ法とは、低用量ピルを性交後に2回に分けて服用する方法です。

ヤッペ法の非妊娠率は、性交後72時間以内に服用した場合で57%から77%とされています。
妊娠阻止率は、性交後72時間以内に服用した場合で59%から94%とされています。

ヤッペ法の避妊効果は、性交後の時間が経つほど低下するといわれています。
また、ヤッペ法は、副作用として吐き気や嘔吐などが起こりやすいという欠点があります。

レボノルゲストレル法の非妊娠率・妊娠阻止率

レボノルゲストレル法とは、レボノルゲストレルという成分を含むアフターピルを性交後に1回服用する方法です。

レボノルゲストレル法の非妊娠率は、性交後72時間以内に服用した場合で85%から95%とされています。
妊娠阻止率は、性交後72時間以内に服用した場合で52%から85%とされています。

レボノルゲストレル法の避妊効果は、ヤッペ法よりも高いと考えられています。
また、レボノルゲストレル法は、ヤッペ法よりも副作用が少ないという利点があります。

エラ・エラワンの非妊娠率・妊娠阻止率

エラ・エラワンとは、ウリプリストールという成分を含むアフターピルを性交後に1回服用する方法です。

エラ・エラワンの非妊娠率は、性交後120時間以内に服用した場合で98%とされています。
妊娠阻止率は、性交後120時間以内に服用した場合で85%とされています。

エラ・エラワンの避妊効果は、レボノルゲストレル法よりも高いと考えられています。
また、エラ・エラワンは、性交後の時間が経っても避妊効果が低下しないという特徴があります。

アフターピルの正しい飲み方とその重要性

アフターピルは、避妊をしなかった場合や避妊が十分にできていなかった場合に服用する緊急避妊薬です。
しかし、飲み方によっては十分な避妊効果が得られない可能性もあります。

ここでは、アフターピルの正しい飲み方と、それぞれのアフターピルの特性について詳しく解説します。

アフターピル【ヤッペ法】の正しい飲み方

ヤッペ法は、ホルモン配合剤(卵胞ホルモン+黄体ホルモン)を内服する方法で、プラノバールという薬を使用します。

プラノバールは1回2錠を服用し、12時間後に再度2錠を服用します。

副作用として吐き気が出ることがあります。また、アフターピル内服後は、多くの女性に月経予定日近くで生理様の出血があります。

アフターピル【レボノルゲストレル法】の正しい飲み方

レボノルゲストレル法は、レボノルゲストレル(黄体ホルモン)を内服する方法で、ノルレボやその後発品を使用します。

レボノルゲストレルは1回1錠を服用します。

副作用として吐き気が出ることは少ないです。
また、アフターピル内服後は、多くの女性に月経予定日近くで生理様の出血があります。

アフターピル【エラ・エラワン】の正しい飲み方

エラはウリプリスタル酢酸塩を内服する方法で、120時間以内に1回1錠を服用します。

副作用として頭痛、吐き気、疲労感、腹痛などがあります。
ウリプリスタル酢酸塩は母乳に排泄されるため、内服から7日以内の授乳は推奨されません。

こちらの記事では、ピルでの避妊失敗例について紹介しています。

関連記事

「ピル」は広く使われている避妊方法の一つですが、時に避妊失敗が起こることもあります。そもそも「ピル」を服用しているのに避妊に失敗する理由はなんでしょうか?また、避妊に失敗している場合どのような症状が現れるのでしょうか?[…]

アフターピルの処方・購入の流れは?

それぞれの状況に応じて、アフターピルの入手方法を理解しておくことは重要です。
具体的には、医療機関オンラインの手段が考えられます。

医療機関を利用する場合|近場にあるなら診察が最善策 直接医療機関へ

  • 産婦人科あるいは一部の内科に診察を受ける
  • 問診を経て処方箋を受け取る
  • その場の薬局またはアフターピルを扱っている薬局で購入

アフターピルの提供が可能な医療機関は、主に産婦人科と一部の内科となります。
そのため、事前にどの医療機関でアフターピルが手に入るのか調べておくと、さらに効率的です。

特に、医療機関を利用する利点は、スピード感にあります。
診察からピルの受け取りまでの時間が短く、速やかに服用することができます。

オンラインを利用する場合|最速であれば同日中に利用可能

  • オンラインクリニック・サービスを選ぶ (一部サービスでは問診表・フォームの記入で処方が可能)
  • 診察時間を予約して診察を受ける
  • ピルが送られてくる

現代では、オンラインクリニック・サービスを介してピルを取得する方法が増えています。
病院に直接足を運ばなくても良いという利便性があり、手間なくピルを入手することが可能です。

基本的には翌日配送が多いですが、サービスによっては最短で同日中に届く場合もあり、急いでいる場合でも便利です。
ただし、確実に即日に欲しい場合は、医療機関への直接訪問が推奨されます。

アフターピルの選び方と注意点

アフターピルを選ぶ際には、自身の体調や生活環境を考慮することが重要です。
また、正しい飲み方を守ることで、避妊効果を最大限に引き出すことが可能です。

ここでは、アフターピルの選び方と注意点について解説します。

ヤッペ法の選び方と注意点

ヤッペ法は、避妊率が96%と高い一方で、妊娠阻止率は57%と他の方法に比べて低めです。
そのため、性行為後すぐに服用することが推奨されます。
また、副作用として吐き気が出ることがあるため、飲むタイミングや食事内容に注意が必要です。

レボノルゲストレル法の選び方と注意点

レボノルゲストレル法は、避妊率が98%、妊娠阻止率が85%と非常に高い効果があります。
副作用として吐き気が出ることは少ないため、体調を崩しやすい人におすすめです。
ただし、服用後の生理様の出血に注意が必要です。

エラ・エラワンの選び方と注意点

エラ・エラワンは、120時間以内に1回1錠を服用することで、避妊率98%、妊娠阻止率85%の効果があります。
しかし、副作用として頭痛、吐き気、疲労感、腹痛などがあるため、体調管理に注意が必要です。
また、授乳中の人は内服から7日以内の授乳を避けることが推奨されます。

アフターピルの正しい飲み方を理解し、自身の体調や生活環境に合った方法を選ぶことで、安全かつ確実に避妊を行うことができます。
不明な点があれば、医療機関に相談しましょう。

アフターピルと生理の関係性

 

 

緊急避妊薬として広く知られるアフターピル。
しかし、その服用が生理周期にどのような影響を及ぼすのか、多くの女性が疑問を抱いています。

アフターピルと生理の間の密接な関連性について詳しく解説します。

アフターピル服用後に生理はいつ来る?

アフターピルは、緊急の避妊手段として使用されるホルモン剤です。
そのため、服用後の生理周期に変動が生じることが一般的です。
多くの場合、アフターピルの服用後、約3週間以内に生理に似た出血が観察されることがあります。

この出血は、アフターピルのホルモン作用により子宮内膜が排出される結果として生じるものです。
しかし、全ての女性がこのような出血を経験するわけではありません。
体質や健康状態、アフターピルの種類によっても変動が生じることが考えられます。

生理予定日を過ぎても大丈夫?

アフターピルの服用により、生理のタイミングが変わることがあります。
特に、アフターピルを生理予定日の近くで服用した場合、生理の開始が遅れることが一般的です。
しかし、生理予定日を過ぎても生理が来ない場合、必ずしも妊娠を意味するわけではありません。

アフターピルのホルモン作用が生理周期に一時的な変動を引き起こすことが考えられます。
ただし、生理予定日から1週間以上経過しても生理が来ない場合、妊娠の可能性も考慮し、妊娠検査薬を使用するか、医師の診察を受けることをおすすめします。

関連記事

生理痛がひどい方や旅行などで生理を止めたいと思っている方もいるのではないでしょうか。生理を止めるには、ピルを服用するのが一般的です。では、生理を止める方法には、どのようなものがあるのでしょうか。本記事では、生理を止める方[…]

アフターピルの値段でよくある質問

ここではアフターピルに関するよくある質問を2つご紹介します。
アフターピルを服用することを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

アフターピルを服用すれば確実に避妊できますか?

アフターピルを服用しても、100%避妊できるわけではありません
あくまでも緊急処置として用いるものだと認識しておきましょう。

アフターピルの服用は、早ければ早いほど避妊成功率が高くなります。
妊娠を望まない方は、早めの病院受診を意識しましょう。

アフターピルには副作用がありますか?

吐き気、嘔吐、頭痛、下腹部痛、倦怠感、眠気、めまい、不正出血などが起こる場合があります。
これらの副作用の多くは時間経過に伴って24時間以内に収まる場合がほとんどです。

アフターピルを服用した後に吐いてしまったのですが?

服用後2,3時間以内に吐いてしまった時は、再度アフターピルを服用しましょう。
アフターピルの服用後に吐いてしまうことはよくあることですので、2回分処方してくれるクリニックもあります。

避妊できたかの判断はどうすればいいですか?

生理が来るか来ないかで、避妊ができたか判断できます。

早い人では4、5日で生理が来る場合がありますが、10日前後で生理が来ることが多いです。

またアフターピルを服用した後は、「消退出血」という出血が起こります。
消退出血は、生理の出血より少量で粘性があることが特徴です。

アフターピルを使用した後は、生理の周期が乱れやすくなります。
これは、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが原因です。

そのためいつもの生理周期と異なる可能性も考えられます。
3週間経過しても生理が来ない場合は、妊娠検査薬を使用して妊娠を確かめましょう。

アフターピルは高校生でも購入できますか?

ピルは医師の診察を経て、高校生でも取得可能です。
初潮を迎えた10歳から12歳以上の女性なら、医師の指導のもとで服用が許されます。
高校生にとっても、ピルは生理痛の軽減や生理日の調整など、多くの利点を提供します。

対面診療とオンライン診療のどちらでも利用できるので、自分に合った方法とクリニックを選んでください。
ただし、クリニックによっては未成年者へのピルの処方を行わない場合や、診察時に保護者の同席を要求する場合もあります。

未成年者へのピルの処方についてはクリニックや医師の方針により異なるので、受診前に確認することが重要です。
未成年者が受診できるクリニックを選び、親権者とも十分に話し合った上で、ピルの処方について医師に相談してみてください。

アフターピルを服用する所定時間を過ぎてしまったのですが?

それぞれの薬に定められている時間を過ぎてしまった場合には、避妊成功率は低下します。
しかし、一定の効果は期待できるため服用をおすすめします。

アフターピルの処方に保険証は必要ですか?

アフターピルは自費診療なので、保険証は不要です。

アフターピルの値段まとめ

ここまでアフターピルの値段についてお伝えしてきました。
今回解説した中で特に重要な要点は以下の通りです。

  • アフターピルの相場は1~1万5千円
  • アフターピルはクリニックで診察を受けて入手する
  • アフターピルは妊娠を防げることがメリットで身体に負担がかかることがデメリット

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!アフターピルが買えるおすすめオンラインクリニック早見表

 
クリニック名mederiスマルナDMMオンラインクリニッククリニックフォアエニピルエミシアクリニック
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
ピルの種類超低用量ピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル
アフターピル処方代9900円~9480円~8998円~8778円~9900円~
ピル処方代12シートおまとめプラン
1,963円/シート
※2024年6/30までの期間限定価格
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
9:30~20:3010:00〜24:0024時間対応
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短即日配送最短当日発送最短当日発送翌日到着最短当日発送
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク